活動報告メッセージ■


<848> 「令和2年 第3回定例会(後半の部)」 スタート
★11月25日から12月17日までの開会予定



 11月25日(水)に、神奈川県議会「令和2年 第3回定例会(後半部)」が始まりました。

 12月17日(木)までの開会予定です。


 私は、この定例会の中では、「防災警察常任委員会」と「社会問題・県土強靭化対策特別委員会」にて、質疑を行う予定です。


 何卒、、神奈川県議会の議論に、ご関心をお寄せ願います。




                     (令和2年 11月29日 記)




<847> 令和3年度の神奈川県の予算に対する要望活動 ②
★【 多摩川会 】 として



 【 多摩川会 (川崎市内選出の超党派の神奈川県議会議員の議員連盟。今年度の代表幹事は相原高広が務めています。) 】として、11月25日(水)に、幹事全員(代表幹事1名・幹事3名)で、「川崎市からの神奈川県の来年度予算に対する要望書」を、黒岩祐治知事に直接届けました。

 11月20日に川崎市(市長ならびに市幹部)から貰いました予算要望を、知事に届け・知事と意見交換をしました。



★多摩川会の今年度の代表幹事(相原)、幹事の土井議員(多摩区選出、自民党)、君嶋議員(中原区選出、共産党)、栄居議員(川崎市選出、立憲民主党)の4名で、黒岩佑治知事に対して予算要望。







                     (令和2年 11月月28日 記)




<846> 令和3年度の神奈川県の予算に対する要望活動 ①
★【 県政会 神奈川県議会議員団 】 として



 これから、神奈川県の令和3年度の予算の編成が本格化してきます。

 神奈川県議会では、この予算編成作業の進み具合を睨みながら、10月・11月・12月は、会派等から、予算要望を「予算要望書」を提出する時期になっています。


 私が所属しています【 県政会 神奈川県議会議員団 (無所属の神奈川県議会議員で構成する神奈川県議会内の会派。現在の団長は私・相原高広が務めています。) 】では、11月19日(木)に、黒岩祐治知事に対して、来年度・令和3年度の予算・施策に関する要望書を提出をしました。


 行政(知事)に対して、議会の正式な会議(本会議や委員会等)の場にて提言等を行うのが私達・議員の最も重要な活動ですが、文書による方法や議会の正式な会議以外の場での発言による要望活動も大切になっています。



全員での写真撮影の瞬間だけマスクを外し、その他(意見交換等)はマスク着用で行いました。






                   (令和2年 11月28日 記)




<845> <ミニ県政報告会>の次の開催について
★次回は、令和3年度に入ってからの開催予定です



 平成7年(1995年)4月に神奈川県議会議員にさせていただいて以来、「県民の皆様の声を聴く議員活動」を強く意識しながら議員活動を展開しており、その中心の具体的な活動として、【 ミニ県政報告会・・・少人数のオープンミーテイング 】を開催しているところでございます。


 新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえまして、今年2月23日(土)を最後に開催を見合わせていました<ミニ県政報告会>を、10月下旬と11月前半に開催いたしました。


 本日・11月10日(火)をもって、今年度最後の<ミニ県政報告会>とさせていただきます。


 「新型コロナウイルス+インフルエンザ感染拡大予防」の為、冬の期間は開催しないことといたしました。


 次は、令和3年度に入ってから、開催する予定にしております。


 ご関心のある方は、是非、来年度、ご参加を心よりお待ちしております。






                    (令和2年 11月10日 記)




<844> <ミニ県政報告会>開催のご案内
★11月の開催日程



 新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえまして、今年2月23日(土)以降、開催を見合わせておりました<ミニ県政報告会>でございますが、先月・10月に再開いたしました。


 今月・11月の開催日程をお知らせいたします。


 
尚、「新型コロナウイルス+インフルエンザ」への感染予防の一つとして、冬の期間は、<ミニ県政報告会>を開催しない事といたしました。

 11月の<ミニ県政報告会>が終わりますと、次回は、春(3月~5月)になってから、開催する考えでございます。




◆ 11月の開催日程 ◆  ★当初の日程から、下記の通り、一部変更になっております。

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  11月 7日(土)  13時30分    麻生市民館  第4会議室
  11月 7日(土)  14時40分    麻生市民館  第4会議室
  11月 7日(土)  15時50分    麻生市民館  第4会議室
  11月 7日(土)  17時    麻生市民館  第4会議室
  11月 7日(土)  18時10分    麻生市民館  第4会議室
  11月 7日(土)  19時20分    麻生市民館  第4会議室
   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  11月10日(火)  14時    麻生市民館  第4会議室
  11月10日(火)  15時10分    麻生市民館  第4会議室
  11月10日(火)  16時20分    麻生市民館  第4会議室
  11月10日(火)  17時30分    麻生市民館  第4会議室
  11月10日(火)  18時40分    麻生市民館  第4会議室



 平成7年(1995年)4月に神奈川県議会議員にさせていただいて以来、「県民の皆様の声を聴く議員活動」を強く意識しながら議員活動を展開しており、その中心の具体的な活動として、【 ミニ県政報告会・・・少人数のオープンミーテイング 】を開催しているところでございます。


 開催を始めた当初は、参加人数自体を強く意識していたところもありましたが、議員活動を続けいく中で、大変に有難い事に、知り合いの方・面識のある方・お付き合いをいただく方が段々と増えてまいりましたので、10年ほど前からは、<ミニ県政報告会>の趣旨を少し変えております。

 10年程前からは、基本的に、お会いする機会が多い方・十分に面識のある方には、お会いする機会にご意見・ご質問等を直接いただく事を中心として、面識のない方・面識の少ない方を強く意識しながら、<ミニ県政報告会>を、【神奈川県政に対するご質問・ご意見・ご要望を聴く場】・【率直な意見交換をする場】として、開催を継続しているところです。

 ですので、参加者の人数は3人前後を基本に考えて、会場は最大でも20人程度しか入れない場所を選んでおります。

 勿論、どなたのご参加も可能ですし、大歓迎でございます。


 尚、過去の参加人数を振り返りますと、最大で13人の参加者の方、少ない時は参加者ゼロであり、参加者ゼロの時が幾度もありました。

 平均しますと、3人前後となっているところです。



★今般、<ミニ県政報告会>の開催を決めましたが、開催に当たっては、新型コロナウイルス感染対策に出来る限りの注意を払ってまいります。


 今回の告知の方法につきましては、より広く多くの人に案内をするのではなく、私のHPとfbのみでのご案内とさせていただきました。



 大変に恐縮でございますが、参加される方にも、ご協力をお願いいたします。


  【 相原高広が実施する対応 】

 ●衛生関係用品の用意 ・・・・ 手指の消毒液、物用の消毒液、薬用ハンドソープ、除菌用ウエットティシュ、ペーパータオル、布タオル、ティシュペーパー、ゴミ袋等を用意いたてます。

  *いずれもドラッグストアで購入できる市販のものです。

 ●窓の開放 ・・・ 少し寒くなりますが、窓を頻繁に開けさせていただきます。

 ●参加人数は、1回につき、最大で3名とさせていただきます。 ・・・・ 座席の間隔を十分に確保する為です。

  *今回に限り、麻生区在住の方のみの参加に限らせていただきます。

  *勿論、1人でも、参加者がおられれば、開催いたします。



  【 参加される方へのお願い 】

 ●今回に限り、麻生区在の方のみの参加に限定させていただきます。

 ●入室される前の手洗い・うがいの実施のお願い。

 ●マスクの用意とマスクの着用のお願い。 (マスクの用意はございません)。

 ●体調の十分な管理のお願い。 (体温計の用意はございません)。

 ●「参加者名簿」へのお名前とご住所のご記帳のお願い。・・・・ これまで、参加者の方のお名前とご住所には拘っておりませんでしたが、今回は、原則として、ご記入をお願いいたします。



★新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえますと、参加者がゼロの可能性も十分に考えられるところでございますが、ご関心がある方には、是非、ご参加をいただければ存じます。

 ご参加を心よりお待ちいたしております。


★日程等が変わる場合は、このHPにて、お知らせいたします。




*10月に開催しました<ミニ県政報告会>の開始15分前の会議室の様子です。



                     (令和2年 10月31日 記、 一部変更=11月1日・3日)




<843> <ミニ県政報告会>の開催のご案内
★10月下旬と11月前半に開催いたします



 新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえまして、今年2月23日(土)を最後に約7カ月間、開催を見合わせていました<ミニ県政報告会>を、10月下旬と11月前半に開催する事にいたしました。


 平成7年(1995年)4月に神奈川県議会議員にさせていただいて以来、「県民の皆様の声を聴く議員活動」を強く意識しながら議員活動を展開しており、その中心の具体的な活動として、【 ミニ県政報告会・・・少人数のオープンミーテイング 】を開催しているところでございます。


 開催を始めた当初は、参加人数自体を強く意識していたところもありましたが、議員活動を続けいく中で、大変に有難い事に、知り合いの方・面識のある方・お付き合いをいただく方が段々と増えてまいりましたので、10年ほど前からは、<ミニ県政報告会>の趣旨を少し変えております。

 10年程前からは、基本的に、お会いする機会が多い方・十分に面識のある方には、ご意見・ご質問等を直接いただく事を重視して、面識のない方・面識の少ない方を意識しながら、<ミニ県政報告会>を、神奈川県政に対するご質問・ご意見・ご要望を聴く場として・率直な意見交換をする場として、開催しているところです。

 ですので、参加者の人数は3人前後を基本に考えて、会場は最大でも20人程度しか入れない場所を選んでおります。

 勿論、どなたのご参加も可能ですし、大歓迎でございます。


 尚、過去10年位の参加人数を振り返りますと、最大で13人の参加者の方、少ない時は参加者ゼロであり、参加者ゼロの時が幾度もありました。

 平均しますと、3人前後となっているところです。



★今般、<ミニ県政報告会>の開催を決めましたが、開催に当たっては、新型コロナウイルス感染対策に出来る限りの注意を払ってまいります。


 今回の告知の方法につきましては、より広く多くの人に案内をするのではなく、私のHPとfbのみでのご案内とさせていただきました。



 大変に恐縮でございますが、参加される方にも、ご協力をお願いいたします。


  【 相原高広が実施する対応 】

 ●衛生関係用品の用意 ・・・・ 手指の消毒液、物用の消毒液、薬用ハンドソープ、除菌用ウエットティシュ、ペーパータオル、布タオル、ティシュペーパー、ゴミ袋等を用意いたてます。

  *いずれもドラッグストアで購入できる市販のものです。

 ●窓の開放 ・・・ 少し寒くなりますが、窓を頻繁に開けさせていただきます。

 ●参加人数は、1回につき、最大で3名とさせていただきます。 ・・・・ 座席の間隔を十分に確保する為です。

  *今回に限り、麻生区在住の方のみの参加に限らせていただきます。

  *勿論、1人でも、参加者がおられれば、開催いたします。



  【 参加される方へのお願い 】

 ●今回に限り、麻生区在の方のみの参加に限定させていただきます。

 ●入室される前の手洗い・うがいの実施のお願い。

 ●マスクの用意とマスクの着用のお願い。 (マスクの用意はございません)。

 ●体調の十分な管理のお願い。 (体温計の用意はございません)。

 ●「参加者名簿」へのお名前とご住所のご記帳のお願い。・・・・ これまで、参加者の方のお名前とご住所には拘っておりませんでしたが、今回は、原則として、ご記入をお願いいたします。



   <<   開 催 日 程   >>


★新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえますと、参加者がゼロの可能性も十分に考えられるところでございますが、ご関心がある方には、是非、ご参加をいただければ存じます。

 ご参加を心よりお待ちいたしております。


★日程等が変わる場合は、このHPにて、お知らせいたします。



◆ 10月の開催日程 ◆

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  10月22日(木)  14時   麻生市民館  第4会議室
  10月22日(木)  15時10分   麻生市民館  第4会議室
  10月22日(木)  16時20分   麻生市民館  第4会議室
  10月22日(木)  17時30分   麻生市民館  第4会議室
  10月22日(木)  18時40分   麻生市民館  第4会議室
   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  10月28日(水)  14時    麻生市民館  第4会議室
  10月28日(水)  15時10分    麻生市民館  第4会議室
  10月28日(水)  16時20分    麻生市民館  第4会議室
  10月28日(水)  17時30分    麻生市民館  第4会議室
  10月28日(水)  18時40分    麻生市民館  第4会議室
   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  10月30日(金)  14時    麻生市民館  第4会議室
  10月30日(金)  15時10分    麻生市民館  第4会議室


◆ 11月の開催日程 ◆

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  11月 4日(水)  14時    麻生市民館  第4会議室
  11月 4日(水)  15時10分    麻生市民館  第4会議室
  11月 4日(水)  16時20分    麻生市民館  第4会議室
  11月 4日(水)  17時30分    麻生市民館  第4会議室
  11月 4日(水)  18時40分    麻生市民館  第4会議室
   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  11月 7日(土)  13時30分    麻生市民館  第4会議室
  11月 7日(土)  14時40分    麻生市民館  第4会議室
  11月 7日(土)  15時50分    麻生市民館  第4会議室
  11月 7日(土)  17時    麻生市民館  第4会議室
  11月 7日(土)  18時10分    麻生市民館  第4会議室
  11月 7日(土)  19時20分    麻生市民館  第4会議室
   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  11月10日(火)  14時    麻生市民館  第4会議室
  11月10日(火)  15時10分    麻生市民館  第4会議室
  11月10日(火)  16時20分    麻生市民館  第4会議室
  11月10日(火)  17時30分    麻生市民館  第4会議室
  11月10日(火)  18時40分    麻生市民館  第4会議室




                    (令和2年 10月15日 記)




<842> <ミニ県政報告会>の再開に向けて
★県民の皆様の声を聴く議員活動の実践



 平成7年(1995年)4月に神奈川県議会議員にさせていただいて以来、「県民の皆様の声を聴く議員活動」を強く意識しながら、議員活動を展開してきております。

 その為の具体的な活動の柱に、<ミニ県政報告会>の開催を位置付けています。


 大変に残念ながら、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今年2月の開催を最後に、開催をすることが出来ておりません。


 夏(8月と9月)には、会場の予約を行い、必要な衛生用品等を購入して、開催に向けて準備を進めたのですが、結局は、開催を断念しました。


 改めて、10月下旬から11月前半の間での開催を計画しているところです。

 現時点では、会場の予約を済ませ(キャンセルは可能な状態にして)、参加者の皆様用の衛生用品等を追加購入したところです。


 来週の前半(10月15日まで)には、開催するかどうかの最終決定をする予定です。

 開催が決定しましたら、改めて、このHPにて、開催の案内をさせていただきます。


 引き続き、様々な方法を模索しながら、「県民の皆様の声を聴く議員活動の実践」を展開してまいります。







                        (令和2年 10月9日 記)




<841>  神奈川県議会「令和2年 第3回定例会」
★神奈川県議会の議論にご注目ください


 
9月7日(月)から12月17日(木)までの予定で、「第3回定例会」が、開催されます。


 神奈川県議会の定例会の中で、「第3回定例会」が、会期の一番長い定例会になります。

 この定例会の中でも、勿論、最重要課題は、「新型コロナ対策」ですが、神奈川県政に課せられた他の課題も重要となります。


 私は、「防災警察常任委員会」と「社会問題・県土強靭化対策特別委員会」にて、質疑をする予定です。

 *加えて、神奈川県議会の運営に関して議論する、「団長会」・「議会運営委員会」・「災害等対策会議」にて、発言することになると思います。


 どうぞ、神奈川県議会の議論に強いご関心をお寄せ願います。





                     (令和2年 9月5日 記)




<840>  コロナ禍の議員活動について
★各種行事等への参加を除けば、基本的には、例年と同様の議員活動をしております


 新型コロナウイルス感染拡大を受けて、議員活動に関して、様々なご質問をいただきます。


 「この状況下で、議員活動は支障なく出来ていますか?」・「神奈川県議会は予定通り開催していますか?」等のご質問をいただきます。

 中には、「議会が開催されていないのならば、給料を全額返すべきだ。」等のご批判もいただくところです。


 実際は,神奈川県議会は日程を変更することなく、本会議・委員会等の会議を開催しております。

 詳細な状況を言えば、これまでの神奈川県議会の会議に加えて、新たに特別委員会(「新型コロナウイルス感染症対策特別委員会」)を設置して議論を行い、また、新型コロナウイルス対策の為に「神奈川県議会・災害等対策会議」(私もメンバーの一員です)を開いていますので、議会の会議の開催数としては、以前よりも増えている状況にあります。

 また、本会議・委員会の為の打ち合わせや資料の読み込み等の準備活動も十分に行っています。


 加えて、議会開催日以外であっても、神奈川県庁を含め行政機関の業務は通常通りに行われていますので、神奈川県政に関するご質問・ご意見・ご要望を受けた場合には、神奈川県庁等の関係機関に行っています。

 ただし、コロナ禍以前と同じ様に神奈川県庁等の関係機関に躊躇なく行く事は難しいところがありますので、神奈川県政に関するご質問ご意見ご要望への対応には、以前よりも数倍の時間がかかっているところでございます。

 この点につきましては、何卒、県民の皆様のご理解を宜しくお願い申し上げます。



 例年と大きく違う点は、県主催の各種の式典や行事や地元・麻生区での各種の地域行事等が中止になっている事です。

 各種の式典・行事が中止になっている事により、ここに参加する時間が無くなっています。

 例年と比較しますと、平日については大きな変わりはなく、土曜日・日曜日・祝日に時間が空く事が多くなっています。



 コロナ禍により、議員活動に一定の制約はかかる状態ではございますが、引き続き、神奈川県議会議員としての議員活動に全力で邁進してまいります。





                     (令和2年 8月30日 記)




<839>  「ミニ県政報告会」の再開に関して
★引き続き、県民の皆様の声を聴く議員活動を実践してまいります


 新型コロナウイルス感染の拡大を受けて、2月23日(日)以降、<ミニ県政報告会>の開催を中断しております。


、これまで、<ミニ県政報告会>の再開に向けて、手指の消毒液の確保等の衛生面の準備を行い、次に、
会場(会議室)については、8月と9月で予約をしたところです。


 その後、検討をしました結果、大変に残念ながら、今日の新型コロナウイルス感染状況を踏まえまして、8月と9月につきましては、開催しない事といたしました。


 引き続き、様々な方法を模索し、「県民の皆様の声を聴く議員活動の実践」を展開してまります。


 何卒、ご理解の程を宜しくお願いいたします。





                         (令和2年 8月29日 記)




<838> 神奈川県議会 「令和2年 第2回定例会」 報告

★(1)議会費の削減について★



 7月10日(金)に、「令和2年 第2回定例会」が終了しました。


 最終日に成立した「補正予算」の中には、議会費の削減が盛り込まれてます。

 議会費のうち、議員のボーナスや各種視察のうち海外分等を削減して、その削減分を、新型コロナウイルス感染症対策に振り向けるという主旨です。(金額は約1億円です。)



 これは、梅沢(前)議長と嶋村(現)議長の提案によつて議論が始まり、団長会の議論を経て、全ての交渉会派が合意して、正式提案に至ったものです。


 団長会では、自民党の敷田(前)団長・国松(現)団長から「今年度の夏と冬のボーナスの10%削減」と「県政調査の海外分の自粛」の具体的な提案がありました。

 私からは、ボーナス等の報酬関係に関しては、「今後の状況によっては、追加の削減もある。」との提案を行いました。

 また、視察関係では、「今年度は、県政調査だけにとどまらず、海外友好訪問団・委員会視察・政務活動費等の全ての海外視察を自粛すべき。」との提案をさせていただいたところです。


 改めて言うまでもない事ではありますが、今は、新型コロナウイルス感染症対策に力を注入する時です。



★(2)委員会質問について・・・質問項目★


 この定例会の中では、<防災警察常任委員会>と<社会問題・県土強靭化対策特別委員会>にて、質問を行いました。


 < 防災警察常任委員会 >

 ① 6月25日(木)  「新型コロナウイルス感染症に関係する消費者問題について」

 ② 7月 7日(火)  「交通安全対策施設整備について・・・新型コロナウイルス感染症による企業活動の停滞による交通安全施設整備への影響について」


 < 社会問題・県土強靭化対策特別委員会 >

 ① 7月 2日(木)  「災害対策・・・急傾斜地崩壊対策事業の一層の促進について」





                     (令和2年 7月31日 記) *8月24日掲載

■事務所のパソコンの故障により、約2か月間、ホームページの更新が出来ませんでした。
 ようやく、パソコン環境が概ね元の状態になりましたので、今後、順次、ホームページの更新をしてまいります。
 引き続き、相原高広のホームページをご覧いただきます様、宜しくお願いいたします。
 何卒、宜しくお願い申し上げます。 





<837> 神奈川県議会 「令和2年 第2回定例会」 スタート
★ご関心をお寄せ下さります様、お願いいたします


 神奈川県議会の「令和2年 第2回定例会」は、5月15日(金)に始まり、7月10日(金)までの予定で、開催しております。


 この定例会の最重要になります議論は、勿論、「新型コロナウイルス感染症対策」に関わる課題です。


 神奈川県議会の議論に、何卒、ご感心をお寄せいただきます様、宜しくお願い申し上げます。






                     (令和2年 5月21日 記)




<836> 今年の5月・6月・7月の相原高広の議員活動について
★新型コロナウイルス感染症に対して強い注意が求められる中で


 誰もが、新型コロナウイルス感染症を警戒をしながらも、毎日、生活をし、仕事をしていかなければならない状況にあります。

 外出の自粛・人との接触を減らす事が強く求められている状況を踏まえまして、私の5月・6月・7月の議員活動について、数点、報告をさせていただきます。

 何卒、ご理解の程を宜しくお願い申し上げます。

 引き続き、麻生区選出の神奈川県議会議員として、神奈川県と麻生区の発展の為に、全力で議員活動に取り組んで参ります。






1、 神奈川県議会 「令和2年 第2回定例会」への出席

 5月15日(金)から7月10日(金)までの予定で、「令和2年 第2回定例会」が開催されます。

 この定例会の期間中、本会議と委員会が約20日間、開催されます。

 原則として、神奈川県議会は、平日にしか会議を開催しませんので、定例会開催期間中の平日のうち、本会議と委員会で約20日、加えて、その為の議案調査や打ち合わせ等で5日から10日、合計で、25日から30日、神奈川県議会のある神奈川県庁(横浜市・中区)に行く事になります。

 定例会開催中の平日の3分の2前後は、神奈川県議会に参ります。

 議会の本会議と委員会は、議員の最も重要な職務ですので、体調不良や親族の死亡等の余程の事情が無い限りは、必ず、出席いたします。

 何卒、神奈川県議会の議論に、ご関心をお寄せ下さります様、お願い申し上げます。



2、 新型コロナウイルス感染症への神奈川県の対応に関する相原高広からの情報提供について

 新型コロナウイルスに対する神奈川県の対応について、様々なお問い合わせをいただきます。

 神奈川県としての基本となる方針等が頻繁に変化する様な事はありませんが、具体的な情報に関しましては変化が急なところがあります。

 現時点では、新型コロナウイルス感染症に関する神奈川県内の詳細な状況や神奈川県が行う具体的な対策について、私から情報提供する事を、出来るだけ慎重に行っているところでございます。

 日々、神奈川県として、状況報告を行っていますし、また、対策も頻繁に打ち出しているところでありますので、私から報告を行う事(特に、私の『神奈川県議会レポート』等での報告)は、結果として、古くなった情報を出す事になり、誤解を生じさせてしまう等の可能性が十分に考えられるからです。

 よって、私のHPや『神奈川県議会議会レポート』を使っての報告につきましては、慎重に対処しております。

★現時点では、神奈川県の各種の発表や対策について確認する場合は、
【 神奈川県のホームページ 】をご利用いだくのが最良の方法と考えております。



3、 新型コロナウイルス感染症への神奈川県の対策へのご質問・ご意見・ご要望に対して

 新型コロナウイルスに対する神奈川県の対応について、しばしば、ご質問・ご意見・ご要望を頂戴しております。

 通常ですと、ご連絡をいただきましたら、ご自宅や事業所へ訪問してお話を伺ったり、関係資料を持って訪問をする等の各種の対応をしているところでございますが、当面は、直接お会いする事が困難な状態でございます。

 当面の間は、ご質問・ご意見・ご要望等のお問い合わせをいただいた方には、直ぐに出来る対応として、該当する神奈川県の状況や対策についての資料や広報物等を、郵便にて送付させていただいているところでございます。


★ 相原高広への連絡につきましては、郵便もしくはFAXによる方法を、最優先に考えていただけますと大変に助かります。 ★

 
電子メールにつきましては、<不審な物・安全性に疑問のある物・なりすまし・迷惑メールと思われる物>が多く来る状況です。

 電話につきましては、<架空や嘘の氏名や住所を名乗る物・氏名や住所を名乗らない物・全く知らないところからの営業の電話>が多くある状況です。

 何卒、ご理解の程を宜しくお願い申し上げます。


   
 【 FAX番号 】  ① 044-966-3355   ② 045-210-8913


 何卒、宜しくお願いいたします。  



4、 <ミニ県政報告会>の開催について

 「県民の皆様の声を聴く議員活動の実践」を、議員活動の大きな柱の一つにしており、具体的な方法として、<ミニ県政報告会>を継続して開催しているところでございます。

 特に、今期の4年間(平成31年4月30日から令和5年3月までの4年間の任期中)は、<ミニ県政報告会>を出来るだけ多く開催する事にしておりました。

 しかし大変に残念ながら、現在、新型コロナウイルス感染症の拡大防止への対応の観点から、2月23日(日)を最後に開催を凍結して最中です。

 今後3か月間(5月と6月と7月)についても、開催をしないことといたしました。

 何卒、ご理解の程をお願い申し上げます。

                     (令和2年 5月11日 記)




<835> 新型コロナウイルス感染症対策の最前線で働く皆様に心から感謝
★神奈川県議会からの感謝のメッセージ


 医療従事者、福祉関係者をはじめ新型コロナウイルス感染症対策の最前線で、県民のいのちと健康を守るため働く皆様に対して、神奈川県議会が一つとなって感謝のメッセージを伝える動画を公開しました。


 医療従事者、福祉関係者をはじめ新型コロナウイルス感染症対策の最前線で働かれている皆様、本当に有難うございます。


【 YouTube 】に、動画が公開されています。

   
*YouTubeの「神奈川県議会議長からのメッセージ」で、検索をお願いいたします。


 私(相原高広)も、<県政会 神奈川県議会議員団>の団長として、数秒間ですが出ております。

 是非、ご覧ください。



◆感謝の気持ちを表す<ブルーのライトアップ>


 新型コロナウイルス感染症対策の最前線で働かれている医療従事者・福祉関係者をはじめとする関係者の方々への感謝の気持ちを表す為、様々な施設でブルーのライトアップが行われています。


 写真は、神奈川県庁から車で約5分の<横浜みなとみらい コスモワールドの観覧車>です。


 本当に有難うございます。




                   (令和2年 5月1日 記)




<834> 全国47都道府県の知事に対する評価
★新型コロナウイルス感染症に立ち向かう知事の評価に対する質問への回答


 ここ最近、新型コロナウイルス感染症への対応に関する、神奈川県の黒岩祐治知事を含めた全国の47人の知事に対する評価の質問を、マスコミの方を含めて、受ける事が多くあります。


 先日は、雑誌『FLASH』から、知事に対する評価をズバリ5段階で回答を求める等のアンケートが送られてきました。



★この『FLASH』のアンケートへの回答も含めて、現時点では、概ね次の様な3点の回答をしております。


(1)基本的には、現在、対応の真っ最中であり、評価をするのは難しいところです。

 全ての知事に大いに期待をしています。


(2)全ての知事が全力で対応をしているところであり、高く評価をしているところです。

 敢えて言えば、現時点で、100点満点の知事も0点の知事もいないと思う。

(*この意味で、無理やりに5段階の評価をしろと言うのならば、本県の黒岩祐治知事を含め、全国の知事とも、5段階で4の評価としか回答のしようがない。)


(3)いずれ、様々な結果が出てくるので、それをもって評価すべきと認識しています。

 例えば、人口当たりの死亡者の人数は極めて重要な指標だと考える。

 その都道府県で、<大変に残念な話となりますが>、<仮に>、結果として多くの死亡者が出た場合に、そこの知事が高い評価を受けるという事は許されないと考える。

 死亡者を出さない事・死に至る事を止める事は、評価を行う際の根幹だと考えています。


 本県の黒岩祐治知事を含め全国の全ての知事のご尽力に心から感謝を申し上げ、より一層の奮闘を強く期待しているところでございます。




                  (令和2年 4月28日 記)




<833> 神奈川県の新型コロナウイルス感染症対策に関して
★私(相原高広)からの情報提供に関する考え方


 新型コロナウイルスに対する神奈川県の対応について、私の所にも、様々なお問い合わせがございます。


 現時点では、新型コロナウイルス感染症に関する神奈川県内の詳細な状況や神奈川県が行う具体的な対策について、私から報告をする事を、出来るだけ慎重に行っているところです。

 神奈川県の基本となる方針等が頻繁に変化する事はありませんが、具体的な情報に関しては変化が急なところがあります。

 日々、神奈川県として、状況報告を行っていますし、また、対策も頻繁に打ち出しているところでありますので、私から報告を行う事(特に、私の『神奈川県議会レポート』等での報告)は、結果として、古くなった情報を出す事になり誤解を生じさえてしまう等の可能性が十分に考えられるからです。


 私のHPや『神奈川県議会議会レポート』を使って報告する事を慎重にしておりますが、[特に、私の『神奈川県議会議会レポート』を使って報告は控えております。]、お問い合わせをいただいた方には、直ぐにできる対応として、神奈川県が発行している資料や対策に関する広報物等を郵便にて送付させていただいているところでございます。



★現時点では、神奈川県の各種の発表や対策について確認する場合は、先ずは、
【神奈川県のホームページ】をご利用いだくのが最良の方法と考えております。


【 神奈川県のホームページ ・・・ 新型コロナウイルス感染症について 】


 何卒、ご理解の程を、宜しくお願いいたします。


                  (令和2年 4月19日 記)




<832> 【 外 出 自 粛 】  STAYHOME
★出来る限りの最大限の努力をして参りましょう


 4月10日(金)の深夜から4月13日(月)の午後2時まで、約2日半の間、自宅から一歩も出ませんでした。


 この間、仕事の方は、電話で済む事以外は全くしておらず、新聞・テレビだけをよく観ていたところです。


 3月25日(水)に「神奈川県議会 令和2年 第1回定例会」が終了しましたので、次の日の3月26日(木)からは出来るだけ外出しないと考えていたのですが、改めて、外出をしない事の難しさを痛感いたしました。


 3月26日以降、県庁に登庁した日が数日ありました。

 また、マスクや消毒薬を探し求めて、ほぼ毎日の様に、ドラッグストア・スーパー・コンビニを、1日3軒前後回っていました。


 外出自粛を推進する一つの方法として、5月6日までの期間は、「公的機関に出さなければならない全ての書類は、提出期限に間に合わなくても罰則は無し。」とする様な特段の決定が出来れば話は別でしょうが、そうは簡単にいかないのが実際のところかと思います。


 外出を自粛する事は決して容易ではありませんが、出きる限りの最大限の努力をして行く事が重要と考えております。



  【 臨時休業 】  小田急線「百合ヶ丘駅」








 私の事務所の最寄駅であります小田急線の「百合ヶ丘駅」には、改札口を出て直ぐの所(駅構内と言っていいと思います)に、蕎麦屋さん(「箱根そば」)・コンビニ(「セブンイレブン」)・理髪店がありあますが、現在は臨時休業の状態です。


 良識の判断ゆえの休業と受け止めています。


 ちなみに、私は、通常時、箱根そば・セブンイレブンには、週に数回は行っています。


 新型コロナウイルス問題が落ち着き、1日も早く、再開できる状態になる事を願っているところです。



★3月の後半から、個人的には、特に注意していたのが、各種の支払関係でした。

 万が一、私が新型コロナウイルスに感染する様な事があれば、相手方に多大な迷惑をかけてしまう事になってしまいます。

 また、相手方が、<現在のこの様な状態>だからとの理由で、請求を出すのを遠慮されない様に、私の方から「直ぐに、請求書を送って下さい。」と依頼して、請求書が届いたら直ちに振込を実行したところです。

 何とか、迷惑をかけないで済ます事が出来ました。


                     (令和2年 4月16日 記)




<831> 
新型コロナウイルス感染症への神奈川県の対応について
★是非、神奈川県のホームページをご参照ください


 現在、新型コロナウイルス感染症に対する神奈川県の対応について、様々なお問い合わせをいただいております。


 大変に残念ながら、通常時の様に、資料等を持って、直ぐに伺うという事は、ほぼ不可能な状況でございます。


 私なりに可能な範囲内で対応をさせていただいておりますが、現時点では、神奈川県の各種の発表や対応に関しましては、
【神奈川県のホームぺージ】 にて、ご確認いただくのが一番良い方法と考えております。


【 神奈川県のホームページ ・・・ 新型コロナウイルス感染症について 】


 
何卒、宜しくお願い申し上げます。

                       (令和2年 4月9日 記)




<830> 令和2年度も、何卒、宜しくお願いいたします
★麻生区の桜・・・来年は麻生区の皆様と一緒に見たいと願っております






 令和2年度が始まりました。

 何卒、令和2年度も、ご指導ご鞭撻の程を宜しくお願い申し上げます。



 例年ですと、新年度の始まりとともに、気持ちを新たに励んでいく事を決意するところでございますが、今年はそんな心境になれないのが正直なところでございます。

 新型コロナウイルス問題の出来るだけ早期の収束を強く願います。

 来年の今頃は、麻生区の皆様と一緒に桜を見れることを心から期待しているところです。




 【  麻 生 区 の 桜  】


 私の地元・麻生区では、毎年、3月の最終の土日・4月の最初の土日は、桜の花見で賑わいます。


 麻生区内の最大の桜の花見の場所であります麻生川では、今年は、少人数グループの散歩の方が多く出ておられますが、宴会は皆無の状況です。

 麻生区観光協会の皆様のご尽力により毎年開催されます「麻生川桜まつり」は中止となりました。

 また、3月22日から4月5日まで予定されていました「夜桜ライトアップ」も中止です。

 本当に残念です。


 来年の「麻生川桜まつり」を心から期待しているところです。





                     (令和2年 4月4日 記)




<829> 神奈川県議会「令和2年 第1回定例会」・・・その③
★相原高広の議会活動報告・・・委員会での質問項目


 令和2年2月12日(水)から開催されました「神奈川県議会 令和2年 第1回定例会」は、3月25日(水)に終了いたしました。


 第1回定例会における私の議会活動報告として、委員会での質問項目について、報告させていただきます。



 2月28日開催 【防災警察常任委員会】 <警察関係質疑日> 神奈川県警察の機動力の向上の為の基盤整備について・・・具体的には、警察車両の維持管理等について


② 3月 3日開催 
【防災警察常任委員会】 <くらし安全防災局関係質疑日> くらし安全防災局が民間団体等と結んでいる協定について、新型コロナウイス感染拡大に伴う消費者行政について


③ 3月 5日開催 
【防災警察常任委員会】 <警察関係> 自動車警ら隊について、 <くらし安全防災局関係> 不就労外国人対策キャンペーンについて


④ 3月10日開催
 【社会問題・安全安心推進特別委員会】 神奈川県の65歳以上の人の居住地の移動の状況について


⑤ 3月12日開催 
【予算委員会】 指定管理者制度について


⑥ 3月13日開催
 【予算委員会】 本県の訴訟に関して


⑦ 3月16日開催 
【予算委員会】 歳入予算の計上について


⑧ 3月17日開催 
【予算委員会】 本県が民間企業等と締結する契約について



 *この他にも、神奈川県議会の運営に関する会議=団長会、議会運営委員会、議会改革検討会議にて、発言をしております。



★ 【 予算委員会 】 での質問の様子です。



                   (令和2年 4月2日 記)




<828> 新型コロナウイルス対策 ②
★がんばれコロナファイターズ


 大変に残念な事実がある様です。


 神奈川県のHPより、そのまま引用しますと、

  「現在、新型コロナウイルス感染症患者の治療に当たる医療機関および、医師や看護師等の皆様が偏見や風評被害に苦しんでいます。」 


  これは、本当に酷い情けない話です。


 そこで、神奈川県では、いわれのない差別や偏見を受けている医療従事者やそのご家族を応援するための
【 ステッカー (下記の物です) 】を作成しました。


 新型コロナウイルス感染症患者の治療にあたる医療従事者を応援しましょう!




                   (令和2年 3月29日 記)




<827> 新型コロナウイルス対策 ①
★私達一人一人が出来る事


 専門家の方に期待される職務は別として、普通の私達一人一人が出来る事は相当限られるのかと思います。


 先ずは、辛抱強く、日々の生活を律していくしかありません。

 しかし、これは、一見簡単そうでありますが、大変な苦労や困難さが伴います。

 私自身、強い自信がある訳では全くありませんが、とにかく、慎重な行動を心がけている最中でございます。



★ 政府広報より ★



                   (令和2年 3月26日 記)




<826> 今年の4月・5月・6月の議員活動について
★【4年間の任期中の基本活動方針】に関するレポートを発行します


 前回、このぺージに、2月29日に掲載しました<825>にて、今年の2月・3月・4月の議員活動について、報告をさせていただきました。


 現在の状況からは、それ以降の4月・5月・6月も、新型コロナウイルスの感染拡大に対して相当の注意を払いながら、議員活動をする必要があるのかと推測しております。


 全ての人が、あと数か月の間、新型コロナウイルスの感染に対して相当の注意を払いながら、生活や仕事や勉強等をする事が、新型コロナウイルス感染拡大対策の成功につながると信じているところです。


 例年の4月・5月・6月と同じ様に、<ミニ県政報告会>の開催による方法、あるいは、駅頭活動や家庭訪問等の方法により、議会報告・議員活動報告をする事は難しいと感じておりますので、急遽、私の「7期目の神奈川県議会議員としての4年間の任期中の議員活動の基本方針」を説明する『神奈川県議会レポート 第7-①号』を作成する事にしました。


 新聞折込等の方法にて、配布をする予定でございます。

  (発行作業の方は、校正が既に完了しています。)



 今般の新型コロナウイルス問題が収束するまでの間は、様々な事に留意する必要があり、当然、議員活動にもある程度の制約がかかるかと思います。

 しかし、その様な状況であっても、出来る範囲で、議会報告・議員活動報告をしていきたいと考えております。

 引き続き、ご指導の程を宜しくお願いいたします。




★「ミニ県政報告会」でしばしば使用する会議室 (麻生市民館 第4会議室)。



                  (令和2年 3月24日 記)




<825> 今年の2月・3月・4月の議員活動について
★1年間の議員活動報告


 平成7年4月に神奈川県議会議員になってから、毎年、2月・3月・4月の3か月間は、1年間の議員活動の報告を、しばしばお会い出来る方を別として、<多くの方の所へ直接訪問>や<ミニ県政報告会の開催>等の方法にて、行ってきたところでございます。


 しかしながら、今年は、今日の新型コロナウイルスの感染の危惧等を考えますと、なかなか難しい状況にあります。


 ですので、今年は、2月・3月・4月に行う1年間の議員活動報告等は、郵便等の方法を中心に、行いたいと考えております。


 但し、現在まで、活動報告レポートをまとめて印刷をして、一斉に郵便を出す準備を一切してきていませんので、パソコンにて作成した<ミニ・レポート>を、今後、切手を貼りながら、毎日少しづつ、郵送をする予定でございます。



 引き続き、ご指導ご鞭撻の程を宜しくお願いいたします。


*当然の事でありますが、3月25日(水)までの予定で開催されております「令和2年 第1回定例会」に対しましては、全力で取り組んで参ります。



★写真は、神奈川県議会が開催されます「神奈川県庁・新庁舎」です。



                      (令和2年 2月29日 記)




<824> 神奈川県議会「令和2年 第1回定例会」・・・その②
★2月28日(金)から委員会審議が始まります


 2月12日(水)から3月25日(水)までの予定で開会しています「神奈川県議会 令和2年 第1回定例会」は、2月28日(金)から、委員会での審議に入ります。


 私は、この定例会の中では、
 
  ● 防災警察常任委員会 (開催日 2月28日、3月3日、3月5日、3月18日)

  ● 社会問題・安全安心推進特別委員会 (開催日 3月10日)

  ● 予算委員会 (開催日 3月12日、3月13日、3月16日、3月17日)

 にて、質問をする予定です。    (*予算委員会については、発言通告期限が未だ来ていませんので、正式には、最終決定していません。)


 何卒、神奈川県議会の議論に、強いご関心をお寄せいただきます様お願い申し上げます。





                   (令和2年 2月27日 記)




<823>  「ミニ県政報告会」のご案内 (令和2年2月中の開催日程)
★県民の皆様の声を聴く議員活動を実践しております



 既に、このHPの「イベント・会合のお知らせ」のページにて、告知をしているところでございますが、2月23日(日)の夕方、<ミニ県政報告会>を開催します。

 ご参加を心からお待ちしております。


*相原高広のミニ県政報告会の詳細につきましては、このホームページの【イベント・会合のお知らせ】のぺージにて、ご確認をお願いいたします。


  開催情報につきましては、決定次第、このHPの【イベント・会合のお知らせ】のページに、掲載しております。

  概ね、開催日の1~2週間前に、掲載しているところです。



 ★★★ 2月23日(日) ★★★

   <開催日>    <開始時間>       <開催場所>
  2月23日(日)   17時35分   麻生市民館  第4会議室
  2月23日(日)   18時45分   麻生市民館  第4会議室
  2月23日(日)   19時55分   麻生市民館  第4会議室


 *開催時間は、いずれも、1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
     <但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。>

 *途中退出も構いません。



★写真は、会場として使用いたします「麻生市民館 第4会議室」です。



                   (令和2年 2月16日 記)




<822> 神奈川県議会「令和2年 第1回定例会」・・・その①
★会期は、2月12日(水)から3月25日(水)まで


 「神奈川県議会 令和2年 第1回定例会」が、2月12日(水)から始まりました。

 初日・2月12日は、本会議にて、黒岩知事から、提案説明がありました。

 2月17日(月)からは本会議での代表質問と一般質問が実施され、その後は、委員会(常任委員会・特別委員会・予算委員会)での審議に入って行きます。


 私は、この定例会の中では、「防災警察常任委員会」と「社会問題・安全安心推進特別委員会」と「予算委員会」にて、質問をする予定です。
  (*未だ、最終決定はしていませんが・・・。)

 加えて、議会運営に関係する「団長会」・「議会運営委員会」・「議会改革検討会議」にて、発言する機会があります。


 何卒、神奈川県議会の議論に、強いご関心をお寄せいただきます様お願いいたします。



★神奈川県議会・定例会の<告知用ポスター>です。

 写真の中央は、【清川村(宮ケ瀬湖畔園地)】です。




                     (令和2年 2月14日 記)




<821> 横浜市営地下鉄3号線延伸早期完成期成同盟会
★あざみ野駅から新百合ヶ丘駅までの延伸の早期実現の為に


 1月29日(水)、「横浜市営地下鉄3号線延伸早期完成期成同盟会」の同会が開催され、仰せつかっております顧問の立場で、参加させていただきました。


 この事業は、横浜市営地下鉄(3号線)をあざみ野駅から新百合ヶ丘駅まで延伸するものであり、先日、横浜市と川崎市で延伸ルートと中間駅の概略に関しての合意の発表があったところでございます。


 期成同盟会の名称の通り、早期の完成を強く願うところであり、実現に向けて、麻生区選出の神奈川県議会議員の立場から、引き続き取り組んで参ります。


 大型の公共事業は、当初の予定から完成が遅れる事が時々ありますので、一抹の不安を覚えない訳ではございません。

 麻生区の皆様が大きな期待を持っている事業である事をしっかりと受け止めて、1日も早い早期の完成の為に、今後も全力で臨んで参ります。



★写真は、期成同盟会の会長(小塚様)のご挨拶の様子です。



                     (令和2年 2月1日 記)




<820>  「ミニ県政報告会」のご案内 (令和2年1月中の開催日程)
★令和2年の最初の開催となります



 既に、このHPの「イベント・会合のお知らせ」のページにて、告知をしているところでございますが、1月29日(水)の夕方、<ミニ県政報告会>を開催します。


 今年最初の<ミニ県政報告会>となります。


 ご参加を心からお待ちしております。


*相原高広のミニ県政報告会の詳細につきましては、このホームページの【イベント・会合のお知らせ】のぺージにて、ご確認をお願いいたします。

  開催日時につきましては、このHPの【イベント・会合のお知らせ】のページに、開催日の概ね1~2週間前に、掲載しております。



 ★★★ 1月29日(水) ★★★

   <開催日>    <開始時間>       <開催場所>
  1月29日(水)   17時35分   麻生市民館  第4会議室
  1月29日(水)   18時45分   麻生市民館  第4会議室
  1月29日(水)   19時55分   麻生市民館  第4会議室


 *開催時間は、いずれも、1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
     <但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。>

 *途中退出も構いません。



★写真は、会場として使用いたします「麻生市民館 第4会議室」です。



                   (令和2年 1月24日 記)




<819> 私事で恐縮でございます
★1月22日で、56歳になりました


 私事の報告で誠に恐縮でございますが、令和2年(2020年)1月22日で、56歳となりました。


 どうぞ、より一層のご指導ご鞭撻の程を心よりお願い申し上げます。



★私の facebook へは、多くの誕生日のお祝いのメッセージをいただきまして、本当に有難うござます。

                    (令和2年 1月23日 記)




<818> 横浜市営地下鉄の新百合ヶ丘駅までの延伸について
★概略ルートと中間駅の場所について発表がありました



 横浜市と川崎市は、横浜市営地下鉄3号線(ブルーライン)の新百合ヶ丘駅までの延伸について、「概略ルート・中間駅の位置について合意した」と発表しました。


 この事業は、川崎市北部と横浜市北部の方にとって強い関心がありますが、発表されましたルートや中間駅の設置場所は、多くの人が予想した通りかと思います。


 関係者の皆様のご尽力に心から感謝申し上げます。



 ★ 横浜市と川崎市の 【 記者発表資料 (1枚目) 】 です。 ★

    
詳細は、横浜市と川崎市のHPで、ご確認願います。





 この事業は、制度的には、神奈川県が直接実施する事業ではありませんが、広域鉄道ネットワークの構築と地域活性化の観点から、私は、平成7年4月に神奈川県議会議員になって以来、神奈川県議会・本会議にて、必要性と推進について、発言し続けてきたところです。


 今後は詳細な設計や建設が順調に進み、1日も早く開通する事を心から願っているところです。


★ この件につきましては、明日・1月22日(水)の新聞各紙の朝刊(地方版)にて、報道があると思いますので、ご参照願います。 ★


                   (令和2年 1月21日 記)




<817> 県民の皆様と自然な対話が出来る貴重な機会です
★地元行事・各種の式典に積極的に参加中



 今月1月と2月の前半は、<地元・麻生区での様々な地域行事>や<麻生区内外の各種団体の賀詞交歓会等の式典>が多く開催されます。

 県民の皆様との貴重な意見交換の機会と位置付けて、可能な限り参加する様にしているところでござします。


 2月に入りますと、「神奈川県議会 令和2年 第1回定例会」の準備が本格的に始まり、県庁の建物の中で仕事をする時間が大幅に増えますので、それまでの間が、県民の皆様と自然な形で対話が出来る貴重な時間となります。

 是非、神奈川県政に対する率直なご意見をお聞かせ下さい。




★1月19日(日)に、【 日本ボーイスカウト神奈川連盟 (連盟長は、黒岩祐治・神奈川県知事) 】の創立70周年の記念式典が、横浜市内で開催され、「スカウト神奈川振興議員連盟の副会長」として、参加させていただきました。

 ボーイスカウト活動・ガールスカウト活動の発展の為に、神奈川県議会議員の立場から、引き続き、取り組んで参ります。

 本当におめでとうございます。 より一層のご発展を心よりお祈り申し上げます。





                  (令和2年 1月21日 記)




<816>  本年最初の神奈川県議会の公式会議に出席しました
★神奈川県議会議員の一番重要な仕事に邁進してまいります



 私にとりましての今年・令和2年の最初の<神奈川県議会の公式な会議>に出席しました。


 今年最初の正式な会議は、1月10日(金)午前10時30分から開催されました「議会運営委員会」でした。


 当然の事でありますが、神奈川県議会議員の一番重要な仕事は、本会議や委員会等の議会の公式の会議です。


 本年も、神奈川県議会の公式な会議に、しっかりと精励して参ります。


★神奈川県庁の本会議・正面玄関では、<かながわの花々>が、新年の出迎えをしてくれています。



                    (令和2年 1月13日 記)




<815>  是非、様々なご意見をお聞かせ下さい
★「麻生区賀詞交歓会」に参加しました



 1月8日(水)、地元・麻生区の「麻生区賀詞交歓会」が開催され、出席をいたしました。


 毎年、この「麻生区賀詞交歓会」から、新年の本格的な活動開始という気持ちになります。


 今月は、各種団体の賀詞交歓会や出初式やどんと焼き等で、多くの方とお会いする機会があります。


 貴重な意見交換の場として、出来る限り参加したいと考えております。


 お会いしました際は、是非、神奈川県政に対するご質問・ご意見・ご要望を、お聞かせ下さい。




                   (令和2年 1月8日 記)




<814>  謹 賀 新 年
★令和2年も宜しくお願いいたします



 新年明けまして、おめでとうございます。


 昨年は、4月に神奈川県議会議員選挙が行われ、大変に慌ただしい年でした。

 昨年1年間の議員活動・選挙活動等、お陰様で、何とか、乗り切ることが出来ました。

 心から感謝を申し上げます。


 何卒、令和2年(2020年)も、ご指導ご鞭撻の程を心よりお願い申し上げます。



★神奈川県庁・本庁の玄関に飾られている門松です。

 「かなテクカレッジ(東部総合職業技術校)」の皆さんの素晴らしい作品です。




                     (令和2年 正月  記)






 今年(平成31年・令和元年)、1年間、大変にお世話になりまして、本当に有難うございました。

 心より感謝を申し上げます。

 来る令和2年も、引き続き、ご指導ご鞭撻の程を、宜しくお願い申し上げます。

 どうぞ、良いお年をお迎え下さい。


     令和元年12月31日   相原 高広






<813>  相原高広事務所の年末年始の休みについて
★12月28日(土)から1月5日(日)までの事務所運営


 
私の事務所(相原高広事務所)は、主に、相原高広の政務活動をする為の個人事務所になっております。


 事務所の休みの日や開所時間は、特に定めておりません。

 常勤の事務所スタッフは置いておりません。

 ですので、私が事務所に一日中いる日もあれば、数十分しかいない日、全くいない日もあります。


 
何末年始の休みの期間(12月28日~1月5日)は、完全に休みではなく、時々は、私が事務所に来る予定にしております。

 大変にお手数をおかけいたしますが、年末年始の期間の相原高広への連絡につきましては、【 郵便 】( 〒215-0011  麻生区 百合丘 1の23の7の2階 )、もしくは、【 FAX 】( 044-966-3355 )にて、お願いいたします。





         
       (令和元年 12月28日 記)




<812>  定例会終了後から御用納めまで
★12月19日から12月27日までの活動


 令和元年内の最後の神奈川県議会の会議が終わった12月18日(水)から27日(金)の神奈川県庁の年内最後の開庁日(御用納)までの10日間は、私の活動は、県議会の会派の控室での資料整理が中心でした。


 加えて、各種の行事に参加いたしました。  



★所属しているライオンズクラブ(川崎白百合LC)のクリスマス・ファミリィーパーティの一コマ。





sayaさんのライブ(野毛にて)。

 大学時代に所属していたサークル(「早稲田大学 雄弁会」)の2人の先輩と忘年会も兼ねて。

 ピアノは塩入俊哉さん。 パーカッションは楯直己さん。




                      (令和元年 12月27日 記)




<811>  神奈川県議会 本会議 採決
★法律的には、地方議員の最も重要な職務となります



 地方自治法にて「議事機関」として規定されている地方議会は、議会としての意思を、最終的には、本会議での採決によって決定します。


 法律により、地方自治体の運営では、ほとんどの場合において、議会の同意が不可欠になっています。

 例えば、都道府県の行政において、予算の編成権や議会の提案権は、知事のみに与えられていますが、最終的には議会の議決が必要となります。


 地方議会・地方議員の最終的な権限は、本会議での採決権の行使にあるとも言えます。

 実際には、知事が議会に条例案等を議会に提出にいたるまでには、議会の本会議や委員会等での様々な議論が行われますので、議会で否決されるような議案が突如として議会に提案されることはほとんどありません。



★<令和元年 第3回定例会>の最終日(12月18日)の本会議での採決の風景です。

本会議場の私の議席は、演壇に向かって一番右側の最終列です。 

   (写真では、一番奥になります。)




                   (令和元年 12月26日 記)




<810>  「ミニ県政報告会」のご案内 (令和元年12月 開催分)
★令和元年の年内の最後の開催となります



 既に、このHPの「イベント・会合のお知らせ」のページにて、告知をしているところでございますが、12月25日(水)の午後から夕方にかけて、<ミニ県政報告会>を開催します。


 今年最後の<ミニ県政報告会>となります。


 ご参加を心からお待ちしております。



*相原高広のミニ県政報告会の詳細につきましては、このホームページの【イベント・会合のお知らせ】のぺージにて、ご確認をお願いいたします。


  ★ 12月25日(水) ★

   <開催日>    <開始時間>       <開催場所>
 12月25日(水)   13時30分   麻生市民館  第4会議室
 12月25日(水)   14時40分   麻生市民館  第4会議室
 12月25日(水)   15時50分   麻生市民館  第4会議室
 12月25日(水)   17時   麻生市民館  第4会議室
 12月25日(水)   18時10分   麻生市民館  第4会議室 


 *開催時間は、いずれも、1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
     <但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。>

 *途中退出も構いません。




★写真は、会場として使用いたします「麻生市民館 第4会議室」です。



                   (令和元年 12月21日 記)




<809>  神奈川県議会「令和元年 第3回定例会」 終了
★令和元年内の神奈川県議会の会議は全て終了しました



 12月18日(水)に、「第3回定例会(後半の部)」が、終了しました。


 私は、この中では、常任委員会と特別委員会にて、質疑を行いました。


  【 12月9日 ・・・ 防災警察常任委員会 】


① 県庁の各局で持っている情報の他局での活用について

② 先の台風での原子力関連施設と石油コンビナート関連施設における被害状況について

③ 自衛官の募集活動について (自衛官の募集の事務の一部を、都道府県が担っています。)


  【 12月11日 ・・・ 社会問題・安全安心推進特別委員会 】

① 県内米軍基地の建物の床面積の確認について (土地の面積については情報が十分にあるが、建物については十分ではない。)

② 交通安全に関する県民運動の重要性について (交通安全の確保の為には、一人一人の意識が極めて重要。)


  
【 12月13日 ・・・ 防災警察常任委員会】

① 飲酒運転について (飲酒運転の取り締まりや事故の状況、国の対応(法律による厳罰対処化)と県警察の取組について)




 12月18日をもちまして、令和元年内の神奈川県議会の会議は全て終了いたしました。


 令和2年の神奈川県議会の会議は、1月10日(金)の議会運営委員会の会議から、始まります。


 引き続き、令和2年も、神奈川県議会の議論に対しまして、強いご関心をお寄せ下さります様、心からお願い申し上げます。





                    (令和元年 12月20日 記)




<808>  神奈川県の令和2年度の予算・施策に関する要望
★知事に対し、会派として『予算要望書』を提出しました



 私が所属しています神奈川県議会の会派(「県政会 神奈川県議会議員団」・・・・無所属の議員で構成する会派。 会派の代表を私が務めています。)として、12月4日に、黒岩祐治知事に対しまして、「令和2年度の神奈川県の予算・施策に関する要望書」を提出しました。


 神奈川県の来年度の当初予算の編成作業は、現在、終盤に入ろうする段階です。

 例年ですと、来年の1月の終わりか2月の初めに、予算案が完成します。


 そして、編成が完了した予算案は、知事から、来年2月から開催される予定の「神奈川県議会  令和2年 第1回定例会」に提案され、議会で審議される事になります。




                    (令和元年 12月14日 記)




<807>  「早稲田大学 雄弁会」OB会 総会 開催
★学生時代を思い出しながら参加しました



 大学時代に所属をしていましたサークルであります「早稲田大学 雄弁会」のOB会・総会に参加しました。


 この会は、1~2年に1度のペースで開催されますが、大勢の先輩・同期・後輩に久々にお会いする事が出来、心にエネルギーを貰う大変に良い機会になります。



★写真は、有志で開催した2次会の終了後に撮影したものです。



                  (令和元年 12月13日 記)




<806>  「黒岩知事を励ます集い」 開催
★黒岩知事のパーティに参加しました


 12月3日に開催されました 「黒岩祐治君を励ます集い」(黒岩祐治後援会 主催)に参加しました。


 当初は10月の開催予定でしたが、台風被害の発生があり、それへの対応に専念する為、延期の決定をし、12月3日(火)の開催になったとの事でした。

 日程変更があったにもかかわらず、大変に盛会な会でした。


 改めて、黒岩知事のより一層のご活躍を心から期待しているところです。





                   (令和元年 12月12日 記)




<805>  八柳祐孝君を偲ぶ会
★松下政経塾の同期の偲ぶ会を開催しました


  <八柳祐孝君を偲ぶ会>を、八柳君の妹さんにも御出席をいただいて、松下政経塾の同期により、11月25日(月)に、開催いたしました。


 八柳祐孝君(松下政経塾の同期生・9期生)は、大変に悲しい事に、志半ばで、平成23年(2011年)11月2日に、八郎潟町議会議員(3期目)の現職のまま、肝臓癌で亡くなってしまいました。


 彼の事を忘れず、彼の分まで頑張れればと強く思っているところです。



★毎年11月に、【八柳祐孝君の偲ぶ会】を同期で開催していますが、今回は、同期で東京在住の太田清五郎君が経営する大変に素敵なお店(銀座の「結絆」)で開催することが出来ました。

 いつも幹事を務めてくれる松下政経塾・9期生のまとめ役の木内均君(長野県在住)には、心から感謝です。





                   (令和元年 11月30日 記)




<804>  県民の皆様声を聴く議員活動を実践しております
★11月の<ミニ県政報告会>のご案内


     【 皆様の声を聴くのは議員の責務です 】

   【 活動報告をするのは議員の責務です 】




 既に、ご案内をしています通り、「ミニ県政報告会」を、下記の通り開催いたします。


 麻生区の皆様のご来場を心よりお待ちしております。



*相原高広の「ミニ県政報告会」につきましては、このホームページの「イベント・会合のお知らせ」のページにて、ご確認をお願いいたします。


★ 11月26日(火) ★

   <開催日>    <開始時間>       <開催場所>
 11月26日(火)   13時30分   麻生市民館  第4会議室
 11月26日(火)   14時40分   麻生市民館  第4会議室
 11月26日(火)   15時50分   麻生市民館  第4会議室


 *開催時間は、いずれも、1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
     <但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。>

 *途中退出も構いません。



★写真は、会場として使用いたします<麻生市民館 第4会議室>です。



                 (令和元年 11月22日 記)




<803> 「社会問題・安全安心推進特別委員会」 県外調査
★鹿児島県で実施


 11月19日(火)から21日(木)まで、神奈川県議会の「社会問題・安全安心推進特別委員会」の県外調査(鹿児島県)に参加して参りました。


  【 調 査 先 】

 1、 鹿児島大学 地震火山地域防災センター 南西島弧地震火山観測所 (鹿児島県 鹿児島市)

 2、 垂水市役所 (鹿児島県 垂水市)

     *1と2の調査テーマは、「災害対策(主に、火山地震対策)」。


 3、 公益財団法人 鹿児島市シルバー人材センター

     *3の調査テーマは、全国にあるシルバー人材センターの中で会員数が一番多い「鹿児島市シルバー人材アセンター」の活動について。


4、 鹿児島市役所

     *4の調査テーマは、「自転車交通の安全確保」。



*下の1枚目の写真は、 「鹿児島大学 地震火山地域防災センター 南西島弧地震火山観測所」での調査風景。

*下の2枚目の写真は、 同観測所の屋上から見える桜島の風景。







                    (令和元年 11月21日 記)




<802>  <神奈川県議会 友好代表団> ドイツ訪問
★バーデン・ビュルテンベルク州との連携強化の為に


 11月10日(日)から15日(金)までの日程で、ドイツの【バーデン・ビュルテンベルク州】と神奈川県との友好提携30周年を記念し、両県州の友好と信頼を深め一層の交流を図る為の「神奈川県議会 友好代表団 (団長は議長、議長を含め8人の議員で構成)」の一人として、ドイツを訪問して参りました。



★ 公式行事としては、次の2か所への訪問です。

 1、 州の議会 ・・・・・ 州議会の副議長が対応

 2、 州の政府 ・・・・・ 州の州務長官が対応

 この2つの訪問では、レセプションも開催されたところです。



 【 ザビーネ・クルツ州議会の副議長と友好代表団 (州議会・本会議場にて) 】

      *ザビーネ・クルツ州議会・副議長は、CDU(キリスト教民主同盟)に所属。





 
【 テレサ・ショッパー州務大臣と友好代表団 (州・迎賓施設にて) 】

     *テレサ・ショッパー州務大臣は緑の党に所属。





★ 加えて、次の機関で、現地調査を実施してきたところです。

 ① 横浜市フランクフルト事務所

 ② 在フランクフルト日本総領事館

 ③ ベネクス・ヨーロッパ

 ④ バーデン・ビュルテンベルク歴史博物館

 ⑤ ダイムラーAG本社

 ⑥ ベンツ博物館

 ⑦ 在ミュンヘン日本総領事館

 ⑧ フラウンホーファー研究所の本部


 写真は、 【 フラウンホーファー研究所の本部(ミュンヘン) 】での現地調査の様子。

 *フラウンホーファー研究所は、欧州最大の産業技術系の応用研究機関であり、世界中(日本を含む)で事業を展開。

  当日は、アジア担当マネージャーのMrsホッフマンより、ブリーフィングを受けた後、日本でのプロジェクトの課題と展望等についてに質疑応答と意見交換を実施。





                   (令和元年 11月17日 記)




<801>  県民の声を聴く議員活動を実践しております
★11月のミニ県政報告会のご案内


   【 皆様の声を聴くのは議員の責務です 】

  【 活動報告をするのは議員の責務です 】



★ 11月26日(火) ★

   <開催日>    <開始時間>       <開催場所>
 11月26日(火)   13時30分   麻生市民館  第4会議室
 11月26日(火)   14時40分   麻生市民館  第4会議室
 11月26日(火)   15時50分   麻生市民館  第4会議室


 *開催時間は、いずれも、1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
     <但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。>

 *途中退出も構いません。



★写真は、会場として使用いたします<麻生市民館 第4会議室>です。



                 (令和元年 11月7日 記)




<800> 神奈川県議会の<会派の控室>の改修と整理
★4年に1回の作業になります


 現在、神奈川県議会の各会派(全ての会派ではありませんが)の控室の改修が行われています。  

 4年に1回、神奈川県議会議員選挙が行われますと、各会派の所属議員数に変更が生じますので、所属議員数に応じた控室面積にする為の改修工事が行われます。

 20年前位までは、相当の費用をかけて改修工事をしていましたが、現在は、費用を出来る限り抑制して、対応をしているところです。



★私が所属しています無所属議員の会派である「県政会 神奈川県議会議員団」(所属議員5人、私が会派の代表である団長を務めています)では、改修工事自体はごく簡単なもので済みましたが、資料や書類や事務用品の整理には相当の時間がかかります。


 特に、注意と時間を要するのが、過去の政策資料の整理です。

 全て保管し続けたいところですが、スペース的に困難ですので、段ボール箱を順番に開け、資料を一つ一つ見ながら、整理を進めている最中です。

 作業の方は、未だ、2割程度しか終了していません。








                   (令和元年 11月3日 記)




<799> 神奈川県議会「令和元年 第3回定例会」 ②
★前半部分(9月6日~10月16日)終了


 9月6日(金)から12月18日(水)まで開催予定の「神奈川県議会 令和元年 第3回定例会」は、前半部分が終了し、現在は「決算特別委員会」の終盤を迎えています。

 「決算特別委員会」が終わりますと、11月の終わりから、<後半部分>が始まります。

 <前半部分>と<後半部分>を合わせますと、以前で言うならば、定例会2回分の開催日数になりますので、神奈川県議会の定例会の中で、毎年の「第3回定例会」が最長の会期となります。



★私は、<前半部分>では、以下の課題について質問いたしました。

(1) 9月27日 <防災警察常任委員会> ・・・・・ 交通安全対策ー道路標示の維持補修について

(2) 10月1日 <防災警察常任委員会> ・・・・・ 消費者行政について

(3) 10月4日 <社会問題・安全安心推進特別委員会> ・・・・ 災害対策ー社会インフラの緊急点検


 どうぞ、神奈川県議会の議論に関心をお寄せ下さります様、宜しくお願い申し上げます。




                    (令和元年 10月31日 記)




<798>  県民の声を聴く議員活動を実践しております
★10月のミニ県政報告会のご案内


   【 皆様の声を聴くのは議員の責務です 】

  【 活動報告をするのは議員の責務です 】



★ 10月17日(木) ★

   <開催日>    <開始時間>       <開催場所>
 10月17日(木)   13時30分   麻生市民館  第4会議室
 10月17日(木)   14時40分   麻生市民館  第4会議室
 10月17日(木)   15時50分   麻生市民館  第4会議室
 10月17日(木)   17時   麻生市民館  第4会議室
 10月17日(木)   18時10分   麻生市民館  第4会議室 
 10月17日(木)   19時20分   麻生市民館  第4会議室 

 *開催時間は、いずれも、1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
    <但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。>

 *途中退出も構いません。




★写真は、会場として使用いたします<麻生市民館 第4会議室>です。



                 (令和元年 10月4日 記)




<797>  乳がん対策の推進
★ピンクリボンかながわ2019 実施


 <ピンクリボンかながわ>・・・・・乳がんの早期発見・早期治療の普及啓発及びがん検診の促進に向けて、啓発イベントやライトアップを実施するものです。


 現在、乳がんへの対応の重要性は一層高まっています。

 引き続き、神奈川県議会議員の立場から、取り組んでまいります。



*ピンクリボンかながわ2019で、ライトアップアされる建物の一つに、神奈川県庁の本庁舎があります。

 各種の啓発事業の為に、神奈川県庁の本庁舎はライトアップに活用されますが、今では、神奈川県庁・本庁舎のライトアップはすっかり定着しているところです。



                      (令和元年 9月23日 記)





<796>  <ミニ県政報告会>のご案内
★9月15日(日)と16日(月)に開催いたします


 9月15日(日)と16日(月ー敬老の日)の2日、<ミニ県政報告会>を開催いたします。


 
【 当初の予定と日程が一部変更になっておりますので、ご確認をお願いいたします。 】


 この時期は、秋祭り等の地域行事が多く開催されておりますが、会場の確保等の関係で、この日程になりました事を、ご理解をいただければ幸いでございます。


 ご参加を心よりお待ちしております。



  【 皆様の声を聴くのは議員の責務です 】

  【 活動報告をするのは議員の責務です 】



 ★ 9月15日(日) 開催分 ★

   <開催日>    <開始時間>       <開催場所>
  9月15日(日)   14時30分   麻生市民館  第4会議室
  9月15日(日)   15時40分   麻生市民館  第4会議室
  9月15日(日)   16時50分   麻生市民館  第4会議室
  9月15日(日)   18時   麻生市民館  第4会議室
  9月15日(日)   19時10分   麻生市民館  第4会議室 

 *開催時間は、いずれも、1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
    <但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。>

 *途中退出も構いません。




 ★ 9月16日(月ー敬老の日) 開催分 ★

   <開催日>    <開始時間>       <開催場所>
  9月16日(月)   14時30分   麻生市民館  第4会議室
  9月16日(月)   15時40分   麻生市民館  第4会議室
  9月16日(月)   16時50分   麻生市民館  第4会議室
  9月16日(月)   18時   麻生市民館  第4会議室
  9月16日(月)   19時10分   麻生市民館  第4会議室 

 *開催時間は、いずれも、1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
    <但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。>

 *途中退出も構いません。



★写真は、会場として使用いたします<麻生市民館 第4会議室>です。



                 (令和元年 9月11日 記)




<795> 神奈川県議会「令和元年 第3回定例会」 ①
★9月6日から12月18日までの会期


 神奈川県議会「令和元年 第3回定例会」が、9月6日(金)から12月18日(水)までの予定で、開催されます。


 私は、この定例会の中では、<防災警察常任委員会>と<社会問題・安全安心推進特別委員会>で、質疑を行う予定です。


 何卒、神奈川県議会の議論に、ご関心をお寄せ下さります様、お願い申し上げます。






                    (令和元年 9月8日 記) 





  *************************



      【 榎 並 寛 先生  ご逝去 】


 大変にお世話になりました榎並寛先生(第93代 神奈川県議会 議長、元自民党 神奈川県連 幹事長)が、8月31日にお亡くなりになりました。


 謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。


 榎並寛先生は、私にとりまして、神奈川県議会議員の大先輩であり、また、大学時代に所属していた早稲田大学雄弁会の大先輩でもあり、大変にお世話になりました。


 本当に有難うございました。


 心から御礼申し上げます。



    
<<  葬  儀  >>


 
 ◆ お通夜   9月5日(木) 午後 6時から

  ◆ 告別式   9月6日(金) 午前10時から


   *場所  「葬儀の板橋 保土ヶ谷ほうさい殿」

           (住所 横浜市保土ヶ谷区天王町1の1)




  *************************





<794> (故)永安幸正先生 十三回忌
★ゼミOB有志で墓参


 8月31日(土)、大学時代に所属していた演習・ゼミ(テーマは「社会システムの研究」)の指導教授であった永安幸正先生(早稲田大学 教授、麗澤大学 教授、モラロジー研究所 経済研究室長)の十三回忌に合わせて、永安ゼミOB有志でお墓参りをいたしました。


 その後、早稲田大学・大隈タワーにあるレストランにて、永安先生を偲んでの食事会を開催したところです。


 大変に残念ながら、永安幸正先生は、66歳にて若くしてお亡くなりになりました。 


 可能であったならば、もっともっと多くの事を学ばせていただきたかったところです。


 今後は、永安先生が遺された著書・論文をしっかりと読み込んでまいります。






                     (令和元年 9月1日 記)




<793> 地元・麻生区・・・秋到来!
★秋の雰囲気になってきました


 8月24日(土)に、麻生区・細山にある香林寺の「五重塔盆踊り」に伺わせていただきました。

 私の中では、香林寺の五重塔盆踊りが終わると、毎年、秋到来という感じです。







★麻生区・早野にある「早野景観保全圃場」のヒマワリも秋の雰囲気です。







★麻生区の水田の稲を見ますと、素人目には「例年並み」と感じますが、農林水産省の今月・8月にあった発表ですと、確か、神奈川県は「やや不良」であったかと思います。



                   (令和元年 8月29日 記)




<792> 防災警察常任委員会 県外調査
★岡山県と兵庫県で実施


 8月26日(月)から28日(水)まで、防災警察常任委員会の県外調査に行ってまいりました。


    【 調査先 】

 ① 高梁市役所 (岡山県高梁市)

 ② 岡山県警察 本部 (岡山県岡山市)

 ③ 海上保安庁 第五管区海上保安本部 (兵庫県神戸市)

 ④ 人と防災未来センター (兵庫県神戸市)



 この調査にて、今年の夏の期間の現地調査(視察)は終了となります。


 いずれの場所でも大変に有意義な調査をすることが出来ました。


 ご協力を下さった方々に心から感謝です。



 ★写真は、<海上保安庁 第五管区海上保安本部>での説明風景です。



                   (令和元年 8月28日 記)




<791> 秋田県(八郎潟町)へ
★(故)八柳祐孝君の所へ


 秋田での「県政調査」の1日目の現地調査が終了した後、急いで電車に乗り込み、JR八郎潟駅の近くにある(故)八柳祐孝君の実家に伺わせていただきました。





 八柳君の御両親様はお元気で大変に安堵したところです。


 (故)八柳祐孝君(松下政経塾の同期生)は、大変に悲しい事に、志半ばで、平成23年(2011年)11月2日、八郎潟町議会議員(3期目)現職のまま亡くなってしまいました。


 彼の事を忘れず、彼の分まで頑張れればと強く願っているところです。





★八柳君の亡くなった年の八郎潟町議会の『議会だより』です。

 八柳君の最後の議会活動となりました。


https://www.town.hachirogata.akita.jp/upload/download/download.pdf1066.pdf

https://www.town.hachirogata.akita.jp/upload/download/download.pdf1117.pdf

                   (令和元年 8月25日 記)




<790> 県政調査 (8月20日~8月22日)
★秋田県にて実施しました


 8月20日(火)から8月22日(木)まで、神奈川県議会の「県政調査」制度を活用して、<県政会 神奈川県議会議員団>所属議員5人で、秋田県内で現地調査を実施いたしました。


 視察(現地調査)に行きたい場所は沢山ありますが、費用面や時間面等を考えますと、全ての場所を訪問する事は困難なところです。


 この「県政調査」制度での現地調査や委員会での現地調査は、大変に貴重な有難い機会であり、また、費用は県民の皆様からの税金から支出されております(勿論、飲食代等は自己負担です)。

 心から感謝いたしているところです。



  【 調 査 先   *いずれも、秋田県秋田市内。 】

 1、 秋田県庁

 2、 秋田県動物愛護センター

 3、 国際教養大学

 4、 秋田県立美術館

 5、 秋田県立図書館



 ★写真は、秋田県動物愛護センターの金所長様(中央)と「県政会 神奈川県議会議員団」所属議員5名



                    (令和元年 8月24日 記)




<789> 7期目の任期の最初のミニ県政報告会を実施しました
★今後とも<ミニ県政報告会>を開催してまいります


 今年(平成31年)4月の神奈川県議会議員選挙で7回目の当選をさせていただき、選挙後初めての<ミニ県政報告会>を、8月11日と12日の2日間連続で開催しました。


 平成7年4月に神奈川県議会議員になって以来、継続して開催をしているものです。


   【 活動報告をするのは議員の責務です 】

   【 皆様の声を聴くのは議員の責務です 】



 今後とも、<ミニ県政報告会>を開催して参りますので、ご関心のある方は、是非、ご参加願います。

 ご参加を心からお待ちしております。



★写真は、会場として使用した「麻生市民館 第4会議室」です。

   部屋の中には、大矢画伯(麻生区在住の日本画家)の絵が飾られています。





                 (令和元年 8月13日 記)




<788> 7期目の任期の最初のミニ県政報告会
★今後も、<ミニ県政報告会>を開催します


 平成7年4月に神奈川県議会議員になってから随時開催しています<ミニ県政報告会>を、引き続き、開催して参ります。


 既に、このHPの「イベント・会合」のページにて、ご案内をしておりますが、7期目の任期の最初の<ミニ県政報告会>を開催いたします。

 ご参加を心からお待ちしております。


  【 活動報告をするのは議員の責務です 】

  【 皆様の声を聴くのは議員の責務です 】




   8月11日(日) 開催分 ★

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  8月11日(日)   13時30分   麻生市民館  第4会議室
  8月11日(日)   14時40分   麻生市民館  第4会議室
  8月11日(日)   15時50分   麻生市民館  第4会議室
  8月11日(日)   17時   麻生市民館  第4会議室
  8月11日(日)   18時10分   麻生市民館  第4会議室 
  8月11日(日)   19時20分   麻生市民館  第4会議室


  ★ 8月12日(月) 開催分 ★

   <開催日>    <開始時間>       <開催場所>
  8月12日(月)   13時30分   麻生市民館  第4会議室
  8月12日(月)   14時40分   麻生市民館  第4会議室
  8月12日(月)   15時50分   麻生市民館  第4会議室
  8月12日(月)   17時   麻生市民館  第4会議室
  8月12日(月)   18時10分   麻生市民館  第4会議室 
  8月12日(月)   19時20分   麻生市民館  第4会議室


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
   <但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。>

 *途中退出も構いません。



★写真は、会場として使用します「麻生市民館 第4会議室」です。



                 (令和元年 8月6日 記)




<787> 夏の期間の議員活動 (その5)
ミニ県政報告会を開催します


  【 ミニ県政報告会 】を開催いたします。

 平成7年4月に神奈川県議会議員になってから随時開催しています<ミニ県政報告会>を、夏の期間に、出来るだけ多く開催する予定にしております。


 今年の4月の神奈川県議会議員選挙で7期目の当選をさせていただいてから、私自身の日程と会場の空き具合が上手く合わず、3か月間が経過してしまいましたが、ようやく日程調整が出来ました。


 県民の声を聴く政治の実現を目指して参ります。



★写真は、会場として使用する事が多い「麻生市民館 第4会議室」の風景です。



                    (令和元年 8月5日 記)




<786> 夏の期間の議員活動 (その4)
地元行事への参加


 夏の時期、週末は、<盆踊り・夏祭り>が、各地で盛んに行われています。


 私の地元・麻生区では、8月3日(土)が一番のピークで、私は、10ヵ所の会場に伺わせていただきました。


 屋外で、飲食をともにしながら、その地域の様々なお話しを伺い、時には、厳しいご意見やご要望を賜りながら、大変に有意義な時間を過ごさせていただいております。


 我々・議員にとりまして、様々な声を聴かせていただく事が、議員活動の大きな参考となります。



★写真は、早野地区の夏祭り・盆踊り大会の風景です。 大変に風情があります。



                  (令和元年 8月4日 記)




<785> 夏の期間の議員活動 (その3)
来年度の県の予算への要望ヒアリング活動


 会派(「県政会 神奈川県議会議員団」)として、来年度の神奈川県の予算に対する、県内の幾つかの市町・各種団体から要望を聴取し、意見交換を実施しました。


 過去の例から、神奈川県の来年度の当初予算は、知事(行政側)から、来年2月に議会に提案されますが、行政内部では夏の時期から予算の編成作業が少しづつ行われていきます。

 これに合わせた形で、議会側でも、各会派で県内の市町村や各種団体から、来年度予算に対する要望をヒアリングし行きます。

 より良い予算を作り上げるための情報収集活動の一つと言えます。



★写真は、大磯町での予算要望ヒアリング活動の風景です。 (場所は、大磯町役場。)



                   (令和元年 8月3日 記)




<784> 夏の期間の議員活動 (その2)
委員会および県政調査での県内調査と県外調査


 <委員会の県内調査および県外調査>と<「県政調査」制度を活用しての県外調査>は、県内・県外を調査する事が出来る大変に貴重な機会となっています。


 私は今年度、委員会は、「防災警察常任委員会」と「議会運営委員会」と「社会問題対策特別委員会」に所属しています。

 このうち、夏の期間に、防災警察常任委員会の県内調査・県外調査と議会運営委員会の県外調査が実施されます。

 また、「県政調査」制度を活用しての県外調査として、8月に、秋田県に行く予定になっております。



★写真は、防災警察常任委員会の県内調査として行った「海上自衛隊 横須賀方面総監」の調査風景です。



                  (令和元年 8月2日 記)




<783> 夏の期間の議員活動 (その1)
暑い夏ですが体調に気を付けて邁進します


 神奈川県議会は、7月8日に「令和元年第2回 定例会」が閉会し、9月6日から「令和元年第3回 定例会」が開会します。


 この間の約2か月間は、夏の期間の議員活動となります。


 今年も大変に暑い夏ですが、体調に留意して、議員活動に邁進してまいります。



  【 私の今年の夏の議員活動は、概ね以下となります。 】


 ① 県議会の委員会の県内調査および県外調査

 ② 県議会の「県政調査」制度を活用しての県外調査

 ③ 会派の来年度の神奈川県の予算に対する予算要望ヒアリング活動・・・県内市町村および各種団体から

 ④ ミニ県政報告会の開催

 ⑤ 夏祭り・盆踊り等の地元行事への参加

                  (令和元年 8月1日 記)




<782> 神奈川県議会 「令和元年 第2回定例会」
選挙後初めて・令和時代初めての<定例会>が終了しました


 4月に実施されました神奈川県知事選挙および神奈川県議会議員選挙後の初めての神奈川県議会の定例会であります「令和元年 第2回定例会」は、5月14日(火)に始まり、7月8日(月)に終了しました。


 この定例会の中で、私は、<防災警察常任委員会>と<社会問題対策特別委員会>と<予算委員会>で、質問を行ったところです。


 【 質 問 項 目 】


1、防災警察常任委員会

 ① くらし安全防災局 関係

 ■知事から提案された「神奈川県地震災害対策推進条例」の改正について

 ② 警察 関係

 ■川崎市北部で起こった児童の学校登校時の殺傷事件の犯罪被害者支援について、特に、警視庁との協力連携について
  (この事件の被害者は、県内だけではなく、東京都内にもおられる事から、被害者支援の充実の為の警視庁の協力連携について)

 ■犯罪被害給付制度について
  (全国と神奈川県の活用状況について)


2、社会問題・安全安心推進特別委員会

 ■神奈川県内で行う大規模災害対策訓練における今後の会場確保について


3、予算委員会

 ■留保財源について
  (知事選挙が行われたため、当初予算において留保した財源の活用とあり方について)


*この他に、神奈川県議会の運営にかかわる会議(団長会、議会運営委員会等)で発言をしております。



  
★ 写真は、予算委員会での、相原高広の発言風景です。 ★



                (令和元年 7月30日 記)




<781> 参議院議員選挙 ⑨ 
応援した候補者が当選すのは本当に嬉しいものです


 昨日(7月21日)参議院選挙が実施されました。

 日が変わって、本日(7月22日)の午前中に、全ての当選者が決まりました。




 応援した候補者が当選するのは本当に嬉しいものです

 今回の参議院選挙では、応援しました<神奈川選挙区>の
佐々木さやか候補、<比例区(全国区)>のしばた巧(柴田巧)候補とも当選しましたので、大変に喜んでいるところです。



 私は、政党に所属していない無所属の政治家ですので、応援する候補者は、政党ではなく、候補者本人を十分に観察して決定しております。

 ですので、どんなに素晴らしい候補者であったとしても、会った事がない・話をした事がない候補者を応援する事はありません。

 常に、日本の政治の発展を願い、良識的な候補者・知性的な候補者を、支援をすることにしています。

 勿論、候補者から直接応援の要請が来て初めて、推薦や応援について検討をするところです。



  
 【 神奈川選挙区 】

 神奈川選挙区(定数4)では、私は、
佐々木さやか候補(現職、弁護士)が、良識派であり知性派であると強く確信して、応援したところですが、見事に、再選(2期目の当選)をされました。

 佐々木さやか参議院議員のご活躍を心からお祈りしているところでございます。





   
【 比例区 (全国区) 】

 比例区では、全ての当選者が決まるまでに相当の時間がかかり、結果が全て判明したのは完全に朝になってからでした。
   (徹夜のテレビ観戦となりました。)

 比例区(定数50)では、私は、
しばた巧(柴田巧)候補・・(元職、参議院議員1期、富山県議会議員3期)を、応援したところですが、見事に、返り咲き(2期目の当選)を果たされました。

 しばた巧(柴田巧)参議院議員のご活躍を心からお祈りしているところでございます。



                  (令和元年 7月22日 記)




<780> 参議院議員選挙 ⑧ 
明日(7月21日)が投票日です


 明日(7月21日)が、今回の参議院選挙の投票日です。


 皆様がお持ちになっている投票の権利は、大きな価値があります。

 是非、行使されて下さい。



 【 多くの方から、選挙情勢について聞かれます。 】


◆ 神奈川選挙区 (定数 4) ◆


 現職の候補者が強いのが基本ですので、変化や波乱が何も無ければ、現職(50音順)の佐々木さやか、島村大、牧山ひろえ、松沢成文の4人が当選で、あさか由香(共産党)が次点という事になります。

 しかし、マスコミ各社の選挙情勢報道を観ると、あさか由香(共産党)が当選圏に入っているとの報道も一部にありますので、もしかすると変化や波乱が起き始めているのかもしれません。

 この部分は、開票してみないと分からないのが、率直なところだと思います。



 ★ 私自身は、
 佐々木 さやか 候補 (現職、弁護士、2期目に挑戦)を応援し、当選を確信しているところです。






◆ 比例区(全国区)  定数50 ◆


 マスコミ報道によれば、自民党が18議席前後で第1党で、立憲民主党が第2党という事ですが、私には、実感が湧かないところです。

 比例区は、候補者と有権者の距離が遠いですので、大きな団体の支援を受ける候補者もしくは芸能人・スポーツ選手・マスコミ出身者等の知名度の高い人が有利とされています。



 ★ 私自身は、
 しばた 巧(柴田巧)候補 (元職、参議院議員1期、富山県議会議員3期)を応援しているところですが、当落線上の位置につけているところだと思います。 ★



                    (令和元年 7月20日 記)




<779> 参議院議員選挙 ⑦ 
7月21日(日)が投票日です


 参議院選挙の投票日(7月21日)が迫ってきました。


 皆様が持っておられる大切な1票を、無駄にせず、是非、投票に行かれて下さい。



【 今回の参議院選挙では、2つの投票があります。 】

   1枚目の投票用紙・・・・選挙区(都道府県別)の選挙。

   2枚目の投票用紙・・・・比例区(全国区)の選挙。



 どうぞ、宜しくお願いいたします。




                   (令和元年 7月18日 記)




<778> 参議院議員選挙 ⑥ 
期日前投票


 参議院選挙は、いよいよ、終盤に入りました。

 どうぞ、皆様のお持ちになっている貴重な選挙権を行使されて下さい。


 私は、本日(7月17日)、麻生区役所にて、期日前投票を行ってきました。




 毎回、選挙の度に感じる事ではありますが、投票用紙に候補者の氏名を記入する際は、応援する候補者が必ず当選する事を強く信じて、候補者の名前を投票用紙に書きますので、大いに緊張いたします。




★★★  <神奈川選挙区>の 【 佐々木 さやか 候補】  ★★★

           (現職、 弁護士、 2期目に挑戦)








★★★ <比例区(全国区)>の 【 しばた 巧 (柴田 巧) 候補】 ★★★

 (元職、 参議院議員1期、 富山県議会議員3期、 捲土重来を期す元職)





                    (令和元年 7月17日 記)




<777> 参議院議員選挙 ⑤ 
選挙ポスター貼りについて


  ◆ 神奈川選挙区の選挙ポスター ◆

 今回の参議院議員選挙(神奈川選挙区)の選挙ポスターの掲示場の数は、1万を超えて、12,316です。


 神奈川県内の全てのポスター掲示場に、選挙ポスターを貼り切るのには、大変な労力が必要になりますが、何と言っても、選挙ポスターを貼る人が、選挙ポスターを持って、公営掲示場まで行かなければならないのが大変です。

 掲示場まで行けば、決まっている場所(立候補の届け出の時に貼る場所が決まります。)に貼る事になります。


 今回、公示日(7月4日)の内に、全てを貼り終えたのは、【主要政党の候補者の陣営】と【いき愛子(幸福実現党)陣営】だけだった様に思われます。

 選挙戦も後半戦に入り、神奈川選挙区の14人の候補者の選挙ポスターは概ね貼られたのかと思います。
  (貼らない候補者も居る様です。)


 公営掲示場の選挙ポスターは、法律で認められている正式な広報媒体ですので、十分にご覧願います。



★写真は、【神奈川選挙区の公営掲示場の全景】と【 佐々木 さやか 】候補の選挙ポスターです。










  ◆ 比例区の選挙ポスター ◆

 比例区の選挙ポスターの方は、公営掲示場は一切無く、中央選挙管理委員会が発行する証紙を選挙ポスターに貼り、各候補者の努力により、全国どこにでも貼る事が出来ます。

 同じ場所に何枚でもまとめて貼る事は出来ます。

 但し、場所の確保については候補者の自己努力で全て行わなければなりません。



★写真は、比例区に立候補している【 しばた 巧 (柴田 巧) 】候補の選挙ポスターです。

  
  (場所は、私の事務所が入っている建物です。)



                 (令和元年 7月14日 記)




<776> 参議院議員選挙 ④ 
後半戦に入りました


 今回の参議院議員選挙は、7月4日(木)から始まりましたが、折り返し点を過ぎ、後半戦に突入しました。


 大変に重要な選挙ですので、是非、皆様のお持ちになっている貴重な投票権を行使されて下さい。




★ 比例区(全国区)に立候補している 【 
柴田 巧 (しばた たくみ) 】 (元職、 参議院議員1期、富山県議会議員3期) 候補。







★ 神奈川選挙区に立候補している 【 佐々木 さやか 】 (現職、 2期目に挑戦、弁護士) 候補。




                   (令和元年 7月13日 記)




<775> 参議院議員選挙 ③ 
私の国政選挙に対する対応について


 今回の参議院議員選挙の投票日は、7月21日(日)です。

 大変に重要な選挙ですので、是非、強いご関心を、お願い申し上げます。

 私自身は、今週中に、<期日前投票>に行く予定です。


 私は、政党に所属しない無所属の政治家(神奈川県議会議員)ですので、国政選挙で応援する候補者については、政党ではなく候補本人により、決定しています。


 加えて、選挙が近くになりますと推薦や支援の打診の様なものが来ますが、明確に推薦・支援の要請があった候補者に対してのみ、支援・推薦について検討する事にしているところです。



 ★今回の参議院議員選挙では、次の2人の候補者の当選を強く願い、応援して最中です。

 御二人とも、大変に素晴らしい方であり、当選をしたならば、参議院議員として、国民の為になる仕事をすると強く確信をしております。




■ 神奈川選挙区(定数4)では、 【 
佐々木 さやか (ささき さやか) 現職、 2期目に挑戦。 弁護士。 】 候補





■ 比例区(定数50)では、 【 
柴田 巧 (しばた たくみ) 元職、 参議院議員1期、 富山県議会議員3期 】 候補



                   (令和元年 7月10日 記)




<774> 参議院議員選挙 ② 
比例区 (定数50)


 参議院議員選挙の比例区の方は、政党名でも候補者名でも投票できる制度です。

 今回の比例区の選挙では、200近い選択肢の中から、1人だけ(政党名もしくは候補者名)に、投票する事になります。


 最善の候補者(政党もしくは候補者名)を選択して投票するのに難しさがあります。

 200の選択肢を全て確認する事は困難を極めます。

 また、開票作業も莫大な労力となります。


 私は、比例区に立候補している 【
 柴田 巧 (しばた たくみ・・・・元職、 参議院議員1期、富山県議会議員3期 】候補の参議院への復帰を強く願っているところです。




                   (令和元年 7月9日 記)




<773> 参議院議員選挙 ① 
神奈川選挙区 (定数4)


 本日(令和元年7月4日)、参議院議員選挙が公示されました。

 大変に重要な選挙ですので、是非、強いご関心を、お願いいたします。



 私は、政党に所属しない無所属の政治家(神奈川県議会議員)ですので、国政選挙において応援する候補者は、政党ではなく候補本人を十分に観て、決定しています。


 加えて、主要政党の中では、公明党と共産党以外は、所属政党をコロコロと変える人が多くいますので、政党で選ぶとバカバカしい結果になる場合があると考えています。

 何度も何度も頻繁に所属政党を変える政治家に対しては、余り信用をする事が出来ませんので、距離を置いて、付き合う様にしているところでもあります。



 本日は、川崎市議会議員(副議長)の花輪孝一先生からご案内を賜り、神奈川選挙区(定数4人)に立候補良されている【
 佐々木 さやか候補(現職、2期目に挑戦) 】の新百合ヶ丘駅での街頭演説会に伺わせていただきました。


 法律家(弁護士)でもある【
 佐々木 さやか候補 】の演説を聞いて、改めて、立法府である国会の議員に大変に相応しい候補者であると強く認識したところです。



★写真は、【 佐々木 さやか 候補】と応援演説の外務大臣の河野太郎衆議院議員です。










                  (令和元年 7月4日 記)




<772> 神奈川県議会「令和元年 第2回定例会」 その
★本格的な議論(本会議・代表質問)が始まります


 6月17日(月)から3日間、本会議で代表質問が行われ、本格的な議論が展開されます。


 どうぞ、神奈川県議会の議論に対しまして、ご関心をお寄せ願います。



★県議会での本格的な議論の始まりの前に、会派(「県政会 神奈川県議会議員団」)として、大変に限られた時間でしたが、黒岩祐治知事と意見交換を行いました。




                   (令和元年 6月17日 記)




<771> 神奈川県議会「令和元年 第2回定例会」 その
★5月14日から7月8日までの開催予定


 統一地方選挙後、初めての神奈川県議会の定例会となります(「令和元年 第2回定例会」)が、5月14日から7月8日までの予定で、開催されています。


 この定例会では、先ず最初に、議長に始まる議会の役職を決定します。


 
私は、会派(「県政会 神奈川県議会議員団」)の代表者である団長の他、

  ● <議会運営委員会> 委員

  ● <防災警察常任委員会> 委員

  ● <社会問題・安全安心推進特別委員会> 委員

  ● <予算委員会> 委員

 になりました。



 所属いたします各委員会にて積極的に議論を展開して参ります。

                (令和元年 6月15日 記)




<770> 会派の届出
★県政会 神奈川県議会議員団



 4月の神奈川県議会議員選挙で当選した議員の任期は、既に、4月30日から始まっています。


 神奈川県議会では、現在、4年に1回の任期開始日(4月30日)に、「記章交付式(初登庁)」を行い、その日に、「会派結成届」を提出することにしています。

 国政政党の会派(例・・・「自由民主党 神奈川県議会議員団」)等を含め選挙前から存在している全ての会派が、改めて、「会派結成届」を提出します。

 新たに結成される会派も同様になります。


 私が所属しています、【 県政会 神奈川県議会議員団 】(無所属の神奈川県議会議員が中心となり構成する神奈川県議会内の会派。会派の結成は昭和26年=1951年。)は、今期は、所属議員5人で活動を開始いたしました。

 私は、引き続き、会派の代表である<団長>を務めております。



 
 【 県政会 神奈川県議会議員団 】 所属議員5人

*神奈川県議会の本格的議論の開始前に、神奈川県議会・本会議場にて、集合写真を撮影。 (令和元年6月5日 撮影)



                    (令和元年 6月10日 記)




<769> 川崎市議会 (新)議長・副議長 誕生
★山崎議長と花輪議長が誕生しました


 川崎市議会では、【 山崎 なおふみ 議長 】・【 はなわ 孝一 副議長 】が誕生しました。


 お二人とも、地元・麻生区の選出で、大変に素晴らしい先生です。


 麻生区にとりまして大きな喜びであります。


     
<<  山崎 なおふみ  川崎市議会 議長  >>




      <<  はなわ 孝一  川崎市議会 副議長  >>




 お二人の先生には日頃より暖かいご指導を賜っており、心から尊敬しているところでございます。


 【 山崎議長 】と【 はなわ副議長 】の大いなるご活躍を、心からご期待申し上げます。


                  (令和元年 5月23日 記)




<768> 7期目の神奈川県議会議員としての任期 スタート
★平成31年4月30日より新たな任期が始まりました


 平成時代の最後の日であります平成31年(2019年)4月30日より、新たな神奈川県議会議員としての任期が始まりました。


 私にとりましては、7期目の神奈川県議会議員としての任期の始まりです。


 引き続き、麻生区選出の神奈川県議会議員として、神奈川県と麻生区の発展の為、議員活動に邁進してまいります。


 より一層のご指導の程を心よりお願い申し上げます。



*任期初日の4月30日は、午前10時から、神奈川県庁・本庁舎の玄関にて、議員記章(議員バッチ)の交付式が行われました。


 議会局の職員の方に記章をつけて貰うのが慣例的ですが、毎回、緊張するとともに気合が入って行きます。







                    (令和元年 5月1日 記)




<767> 6期目の神奈川県議会議員としての任期終了
★平成31年4月29日で任期が終了します


 現在の神奈川県議会議員の任期は、平成27年(2015年)4月30日から平成31年(2019年)4月29日までです。

 この4年間の暖かいご指導ご支援に心から感謝申し上げます。

 本当に有難うございました。



 平成31年(21019年)4月30日から、新たな神奈川県議会議員としての任期(私にとりましては、7期目の任期になります。)が、始まります。

 任期の終わりは、令和5年(2023年)4月29日までとなります。

 引き続き、ご指導ご鞭撻の程を心よりお願い申し上げます。 



★現在、選挙で訴えてきた事を鮮明に記憶する為に、敢えて、事務所の外観を選挙期間中から変えておりません。
   (もう暫くの間、続ける予定です。)







                     (平成31年4月29日 記)




<766> 麻生区の神奈川県議会議員選挙を振り返る (その4)
★麻生区の皆様から言われた事・候補者として感じた事ーその


◆ 一番多く言われた事。


 選挙期間中に、最も多く言われたことは、「今回の麻生区の神奈川県議会議員選挙は、【 相原さん 】と【 笠さん(衆議院議員、神奈川9区選出) 】と【 中山さん(衆議院議員、南関東ブロック選出) 】の3人の選挙みたいですね。」でした。


 実態がどうかは別として、麻生区の皆様がその様に感じられているとすれば、あまり良い話とは思えませんので、残念に感じるところです。

 しかしながら、これも、一つの現実として受け止めなければならいと、考えているところでございます。


 引き続き、神奈川県と麻生区の発展の為に、麻生区選出の神奈川県議会議員として、全力で議員活動に取り組んでまいります。














                   (平成31年4月28日 記)




<765> 麻生区の神奈川県議会議員選挙を振り返る (その3)
★麻生区の皆様から言われた事・候補者として感じた事ーその


◆ 言われて一番嬉しかった事。



 私の選挙運動の大原則は、マイク1本で、有権者の皆様に直接訴える事です。





 今回の選挙期間中で、麻生区の有権者の方から、言われて一番嬉しかった事は、「他の候補者は名前の連呼ばかりだが、相原さんは政策や政治理念を真面目に話していたので、投票しました。」でした。


 今後の選挙においても、私の政治理念や政治姿勢や政策を、真面目に訴えてまいります。


                 (平成31年4月28日 記)




<764> 麻生区の神奈川県議会議員選挙を振り返る (その2)
★麻生区の皆様から言われた事・候補者として感じた事ーその


◆ 不可解な情報の流通=悪質な情報操作なのか?





 選挙期間に入る前には、「相原さんが圧倒的に強い。相原さん以外の2人で、残りの1議席を争う情勢。」といった話が多く耳に入って来ました。

 その後、選挙期間に入った途端、「自民党の候補者がトツプ当選の勢い。」といった話を多くの所で聞いたところです。


 選挙の当事者(候補者)としては、どう考えても、<あり得ない様な情勢分析(情報)>であり、何らかの悪意を感じたところでした。


 おかしな選挙になっている様に感じましたので、選挙期間中は、<当選ラインの2万票>を、確実に得る事に専念しました。


 結果的には、良い判断をしたと考えています。


★但し、候補者である私はともかくとして、有権者の一部の方に混乱を与えていた様に感じられましたので、大変に遺憾に思うところです。


                   (平成31年4月28日 記)





<763> 麻生区の神奈川県議会議員選挙を振り返る (その1)
★麻生区の皆様から言われた事・候補者として感じた事ーその


◆ 思い切った判断は正しかったのか?


 私は、【あるべき選挙運動】と【麻生区の上品で文化的な街に相応しい選挙運動】を追求する中で、数回前の選挙から、選挙カー・街宣車を、使用していません。


 加えて、今回の選挙では、麻生区の静寂な環境を守る観点から、また、新百合ヶ丘駅・南口以外の麻生区内の各駅では駅の直ぐ近くに住宅が建っている実態から、思い切って、午前中は、新百合ヶ丘駅の南口以外では、拡声器を一切使用しない事にしました。





 集票活動という観点では、良かったのか、評価が難しいところです。


 今後も、【あるべき選挙運動】と【麻生区の上品で文化的な街に相応しい選挙運動】を、具体的に追求し、実践して参ります。

                   (平成31年4月28日 記)




<762> 麻生区の川崎市議会議員選挙を振り返る
★麻生区の皆様から多くの質問をいただきました


 麻生区の川崎市議会議員選挙が終わってから、麻生区の川崎市議会議員選挙の結果を受けて、麻生区の皆様から、主に以下の4つの点について、聞かれました。


 【麻生区の多くの方が感じられた点】と【私が感じた点】は、全く一致しているところでした。






(1)老沼さん(自民党)の落選について

 柿生地域の皆様の暖かい支援を受けて、議員活動を順調に進めていただけに、ご本人や支援者の皆様にとっては、大変に大きなショックであったと推測しています。

 私も当選されると思っていましたが、但し、ご自身の選挙と同時に、県議選の方にも相当のエネルギーを割いていた様子でしたので、若干の心配を感じていました。

 大変に残念な事に、心配していた通りになってしまいました。

 捲土重来を期待をしているところでございます。



(2)鈴木さん(立憲民主党)の2位当選について

 <リベラルで知的な人が多く住んでいると言われる麻生区>と<鈴木さんが待たれている雰囲気>と<立憲民主党の勢い>が上手く合致したからだと思っています。

 多くの人が予想した結果だとも感じています。



(3)雨笠さん(国民民主党)が順位を下げた事について

 麻生区のほとんどの方が、「実績から言って、雨笠さんは楽勝だよ。」と言われておりましたので、こういう空気の中では、どんな素晴らしい候補者であっても、得票数は下がる傾向にあります。

 また、国民民主党から雨笠さんを含め2人の方が立候補をされていましたので、2人当選への配慮があったとも推測しているところです。



(4)山崎さん(自民党)のトップ当選について

 山崎さんと山崎後援会の皆様の活動の堅実な積み重ねの成果だと思っています。

 当然、山崎さんの優れた仕事ぶりと素晴らしいバランス感覚が前提にあります。


★山崎さんの選挙公報にあった文言、「その候補、選挙の時だけ目立っていませんか?」は、秀逸でした。

 考えてみれば、確かに議員の中には、議会では存在感の無い人でも、その人が選挙区内で配布しているビラを見ると、「議会で大活躍。」・「豊富な実績。」の様な話が書かれていて、大変に驚く事があります。

 現在、「実績の横取り」や「実績泥棒」という言葉が存在しています。

                 (平成31年4月28日 記)




<761> 6期目の任期の最後の議員活動
★<ミニ県政報告会>を開催いたします


 現在の神奈川県議会議員の任期は、平成31年4月29日(月)までです。

  私にとりましては、6期目の任期です。


 既に、このHPの「イベント・会合」のページにて、ご案内をしておりますが、6期目の任期の最後の議員活動として、4月28日(日)の午後に、麻生市民館・第4会議室にて、<ミニ県政報告会>を開催いたします。

 ご参加を心からお待ちしております。


  【 活動報告をするのは議員の責務です 】

  【 皆様の声を聴くのは議員の責務です 】



  <ミニ県政報告会> 開催日程 ★

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  4月28日(日)   13時30分   麻生市民館  第4会議室
  4月28日(日)   14時40分   麻生市民館  第4会議室
  4月28日(日)   15時50分   麻生市民館  第4会議室
  4月28日(日)   17時   麻生市民館  第4会議室
  4月28日(日)   18時10分   麻生市民館  第4会議室 
  4月28日(日)   19時20分   麻生市民館  第4会議室

 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
    <但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。>

 *途中退出も構いません。



*写真は、会場として使用します「麻生市民館 第4会議室」です。




 4月30日(火)からは、7期目の神奈川県議会議員としての任期が始まります。

 7期目の任期中も、この<ミニ県政報告会>を継続して開催してまいります。


                 (平成31年4月28日 記)




<760> 選挙の御礼について
★法律を順守しておりますので、何卒、ご理解の程をお願い申し上げます


 選挙の御礼の為の活動につきましては、法律(公職選挙法)により、厳しく制限されております。


 今回の選挙で大変にお世話になった皆様全員に、御礼の為に、家庭訪問をしたい気持ちを強く持っておりますが、法律を順守しているところでございます。


 お許しを賜りまして、神奈川県と麻生区の発展の為に、議員活動に全力で邁進する事により、御礼に代えさせていただければと存じます。


 何卒、ご理解の程を宜しくお願い申し上げます。





                        (平成31年4月13日 記)






 4月7日(日)に実施されました神奈川県議会議員選挙(川崎市麻生区選挙区)におきまして、 <良識の麻生区>の皆様のお陰様をもちまして、7期目の当選をする事が出来ました。

 引き続き、神奈川県と麻生区の発展の為に、議員活動に全力で取り組んで行く決意ですので、より一層のご指導の程を心よりお願い申し上げます。


     神奈川県議会議員(無所属)  相 原 高 広



 
★6期目の神奈川県議会議員の任期は、平成31年(2019年)4月29日までとなります。

 ★7期目の任期は、平成31年(2019年)4月30日から、令和5年(2023年)4月29日までです。











<759> 麻生区の神奈川県議会議員選挙
★何卒、ご投票をお願い申し上げます


     ★★★  第一声の一部  ★★★


 今回の麻生区の神奈川県議会議員選挙は、3人の候補者の中から1人を選んで、投票していただく選挙となりました。

 麻生区の皆様の厳しい目で、3人の候補者を見つめていただきまして、厳正なご選択を、心からお願い申し上げます。


 勿論、麻生区の皆様の中には、3人の県会の候補者、いずれに対しても、「期待が持てない」・「投票する気持ちになれない」と思われている方も多いかと思います。

 過去の選挙の投票率をみましても、50%を下回っていますので、率直な感想かと存じます。

 これは、私達・候補者に魅力が不足しているからであり、もっともっと研鑽を積まなければと、自己反省をしているところでございます。


 しかしながら、選挙という制度は、あくまでも立候補した人の中から・立候補者という限られた選択肢の中から、一番良いと思う人・(厳しい表現で言えば)、一番マシな人に投票する制度でございます。

 候補者には、100点満点の人もいませんし、0点の人もいません。

 相対評価の中で、比較考量の中で、より良いと思う人に投票するのが選挙という仕組みですので、この点もご理解をいただきまして、今回の麻生区の県議会議員選挙では、3人のいずれかの候補者にご投票を下さります様、心からお願いいたします。


 私は、<良識の麻生区>の皆様の投票が増えれば増えるほど、政治に良識の声が届きますので、間違いなく、神奈川県や川崎市や麻生区の発展につながると確信をしております。


 どうぞ、<良識の麻生区>の皆様がお持ちになっている価値ある一票を、投票という形で、行使していただきます様、心よりお願い申し上げます。




  
■ 3人の候補者 (五十音順) ■

 1、 相 原 高 広 (無所属・現職)

 2、 石 川 ひ ろ の り (国民民主党・現職)

 3、 小 野 倫 太 郎 (自由民主党・新人)










                  (平成31年4月6日 記)





<758> 麻生区の川崎市議会議員選挙
★是非、投票に行かれて下さい


 神奈川県議会議員選挙と同時に実施されています、麻生区の川崎市議会議員選挙(定数7人)は、<7人の現職の候補者>と<1人の新人の候補者(立憲民主党の公認)>の合計8人の候補者による戦いなっています。


 過去、麻生区の川崎市議会議員選挙では、最下位当選者と次点の候補者との差が、僅か数票という事がありました。


 今回も、同じ様な事になる可能性が無いとは、決して言えません。


 良識の麻生区の皆様が持っておられます<価値のある一票>を、投票という形で、行使して下さります様、宜しくお願いいたします。




                   (平成31年4月6日 記)




<757> 選挙戦は終盤に入りました
★良識の麻生区に相応しい選挙運動を心がけております


 今回の統一地方選挙においては、政令指定都市内では、都道府県議会議員選挙と市議会議員選挙が、同時に実施されています。


 麻生区においても、神奈川県議会議員選挙と川崎市議会議員選挙が、同時に実施されているところです。


 それ故に、麻生区内は騒々しい感があり、また、各陣営の場所取り等が過熱する場合があります。




 私は、麻生区は閑静な住宅地域であり、加えて、麻生区内のほとんどの駅の至近場所には住宅が建っていますので、今回の選挙では、新百合ヶ丘駅の南口だけを除いて他の場所では、一切、午前中は拡声器を使用せず、肉声で挨拶をしているところです。



★ 今回の選挙では、川崎市議会議員の候補者の方々に、様々な場面で、ご配慮をいただいており、心から感謝しているところでございます。 ★



◆ 先日、新百合ヶ丘駅(南口)で街頭演説をしていますと、現職の花輪孝一候補の街頭演説のマイクの音と少し重なってしまった事に気が付かないでいますと、花輪孝一候補から、「マイクの音が重なってしまい、大変に申し訳ございません。」とのお言葉をいただきました。

 しかし、考えてみれば、私の声の方が大きいに決まっていますので、私の方から先にお詫びに行くべきでありました。

 大変に恐縮をしながら、心から感謝しているところでございます。


◆ また、同じく、新百合ヶ丘駅(南口)で街頭演説をしていますと、現職の雨笠祐治候補が来られましたので、「この場所を使われますか?」と伺いましたところ、「相原さん、思う存分、演説をして下さい。私は北口に行きますので、大丈夫ですよ。」と言っていただき、大変に感謝しているところでございます。


 実績のある議員・ベテラン議員の【あるべき振る舞い方】を学ばせていただきました。



◆ 4月5日(金)の朝の駅頭

 今朝の駅頭は、予定していた場所を確保できず、どうしようか迷っていたところ、市議会議員候補(現職の山崎なおふみ候補)の陣営にご配慮をいただきまして、百合ヶ丘駅の北口(世田谷街道側)で実施する事が出来ました。

 百合ヶ丘駅の北口で7時30分から1時間、その後、南口に移り8時30分から1時間、実施したところです。


*現職の山崎なおふみ候補は、「初志貫徹」という四字熟語だけを、ノボリに書いておられます。



 
「初志貫徹」・・初めに心に決めた志を最後まで貫き通す事。

 このノボリを見る度に、「初志貫徹」と心の中で呟いているところです。


                  (平成31年4月5日 記)




<756>  【選挙違反(ダブル・マイク)】 について
★<良識の麻生区>に相応しい選挙が進行していると信じています


 全国的に昔から今日まで続いているとの指摘の声が入ってくる【選挙違反】に、いわゆる<ダブル・マイク>という物があります。


 法律上、候補者は、拡声器(マイク)は、一つしか使用できず、同時に2つ以上を使用する事が出来ません。


 分かり易い例で言いますと、街宣車(選挙カー)で拡声器を使用し、同時に、候補者等が駅頭で拡声器を使用することです。


 私の所に、「選挙違反だ。警察に通報すべきだ。」等の情報が寄せられて来ていますが、私としては、相原高広が積極的に関与すべき話ではないと捉えています。


 情報提供自体には大変に感謝しておりますが、相原高広の対処方針に対しまして、何卒、ご理解をお願いいたします。


 そもそも、<良識の麻生区>の候補者の中には、その様な人はいないと信じております。



★拡声器については、選挙管理委員会から「拡声機」の標記が、各候補者に1枚だけ交付されています。

 使用する拡声器には、この標識を備えておかなければなりませんので、本来、<ダブル・マイク>などはありえない話なのです。





 私は、今回の選挙も含めて、ここ数回の選挙では、街宣車(選挙カー)を用意していません。


 その理由の一つが、ここに有ります。


 街宣車を初めから用意しなければ、そもそも、<ダブル・マイク>などという疑惑は一切発生しません。


 私は、引き続き、<マイク1本>勝負で、前進して参ります。





 どうぞ、最後の最後まで、ご支援の程を宜しくお願いいたします


                 (平成31年4月5日 記)




<755>  吉田信解(本庄市長)に応援していただきました
★多くの気づきをいただく貴重な街頭演説会になりました


 4月3日(水)、吉田信解(埼玉県・本庄市)市長に、1時間たっぷり応援演説をしていただきました。





 早稲田大学・雄弁会で2年後輩でした吉田信解・本庄市長が応援に入っていただきました。


 吉田市長から「どんな話をしたら良いですか?」との問いがありましたので、私からは「相原高広の応援演説だけでは無く、折角の機会なので、地方議員や地方議会についても話しをしてほしい。」と依頼しましたところ、「市長や行政の立場から見た、より良い地方議員・地方議会」について時間をかけて話をしてくれました。


 吉田市長の話を聞いていて、自分の不足している点・あまり意識していなった点について、気が付き、大変に良い学びの機会になりました。


 中身の濃い迫力ある演説でしたので、相当数の方に立ち止まっていただき、話を聞いていただきました。


 吉田信解市長、本当に有難うございました。

                  (平成31年4月4日 記)




<754>  麻生区の神奈川県議会議員選挙
★定数2人 ・・・・・ 立候補者は3人


 今回の麻生区の神奈川県議会議員選挙(定数2人)の立候補者は、3人となりました。



  
【 3人の立候補者 ・・・50音順 】


1、 相 原 高 広 (無所属・現職)





2、 石 川 ひ ろ の り (国民民主党・現職)





3、 小 野 倫 太 郎 (自由民主党・新人)





 麻生区の有権者の皆様に、3人の中から一人を選んでいただき、投票して貰う選挙となりました。


 麻生区の有権者の皆様におかれましては、3人の候補者を十分に見つめていただきまして、良識のご選択を下さります様、心よりお願いいたします。

                     (平成31年4月2日 記)




<753>  【 個人演説会(出陣式) 】 の御礼
★心より御礼申し上げます


 3月30日(金)に開催いたしました、相原高広の「個人演説会(兼出陣式)」に、大変にご多忙の中、多くの方にご出席をいただきまして、本当に有難うございました。


 心より御礼申し上げます。










      ★ 中 山 厚 夫  様 (相原高広後援会 会長)





      ★ 大 木 哲  様 (大和市 市長)



 私の通常の議員活動の中では、いわゆる「動員」をかけて何かの会を開催する事が全くありませんので、<動員力>は私の最大の弱点であります。

 そんな中、昨日の「個人演説会(兼出陣式)」には、会場の座席数と同じ50人丁度の方に、ご参加をいただきました。

 本当に有難うございました。

 勇気100倍です。


 選挙戦最終日の4月6日(土)まで、前進して参ります。


★応援に駆けつけていただきました、平成7年4月に共に神奈川県議会議員に初当選した大木哲さん(現在は、大和市長)の応援演説には、涙が出そうになりました。

 大木市長、本当に有難うございました。


                  (平成31年3月31日 記)




<752>  【 個人演説会(出陣式) 】 のご案内
★3月30日(土) 午後7時15分 スタート


 3月30日(土)の午後7時15分より、「新百合21」(小田急線・新百合ヶ丘駅の北口より徒歩3分)の第1会議室にて、「個人演説会(兼出陣式)」を開催いたします。


 皆様のご参加を心よりお待ちしております。


 私は、ここ数回の選挙では、告示日に行う出陣式に代えて、「個人演説会(兼出陣式)」を開催しているところです。

   *着座方式にて開催しております。


 これは、私の考え方・今回の統一地方選挙の状況・神奈川県政の現状等について、出来る限り、丁寧に説明をさせていただきたいと願っているからです。


 何卒、ご理解をいただきまして、ご参加の程をお願い申し上げます。 




 
*写真は、会場として使用します「新百合21」の建物を、麻生区役所側から撮影したものです。

                   (平成31年3月30日 記)




<751>  神奈川県議会議員選挙が告示されました
★届出完了 ⇒⇒⇒ 公営掲示板への選挙ポスター貼りへ


 本日・3月29日(金)午前8時30分に、神奈川県議会議員選挙が告示されました。


 立候補の届出が完了し、本日の午前中は、ご支援を下さっている皆様に、公営掲示板のポスター貼りの作業をしていただいております。



 公営掲示板のポスターの掲示番号は、後援会長の中山様にクジを引いて貰い、【 3 】番になりました。

 気分だけで言えば、【1】番は良いのですが、実際にポスターを貼る作業を考えますと、【1】番は貼る位置が大変に高く、身長182センチの私でも大変に苦労するところです。

 【3】は、実際の作業の観点から良い位置にあり、後援会長に感謝しているところです。


 毎回の選挙で、数枚は自分自身で貼るようにしていますが、今回、自分で貼った新百合ヶ丘駅周辺の3か所とも、一番早く貼ることが出来ました。

 選挙結果とは全く関係しない話ですが、大変に気持ちの良いものです。


 今日から、9日間、気合を入れて頑張って参りますので、より一層の力強いご支援の程を宜しくお願いいたします。


                    (平成31年3月29日 記)




  3月29日(金)、神奈川県議会議員選挙が告示されます。

 私にとりましては、7期目への挑戦となります。

 前回の選挙(平成27年4月)から今日までの4年間の議員活動について、麻生区の皆様に率直に報告して、併せて、次の4年間の私の決意をお伝えをし、<良識の麻生区>の皆様の厳正なご審判を賜りたいと考えております。

 <良識の麻生区>の皆様の多数の投票により、投票率が上がり、<良識の麻生区>の皆様の声が政治により一層反映されれば、間違いなく、神奈川県と麻生区は発展すると強く信じております。


   神奈川県議会議員(無所属)  相 原 高 広







<750> 「神奈川県議会 平成31年・第1回定例会」 終了
★4年間の任期中の定例会は全て終了しました


 3月15日(金)に、「神奈川県議会 平成31年・第1回定例会」が終了しました。


 これをもちまして、4年間の任期中の神奈川県議会の正式な会議(本会議、委員会)は、全て終了しました。

 少し大げさに言えば、「平成時代」の神奈川県議会の正式な会議が、全て終了したことになります。


 勿論、大きな災害や事件が発生すれば、臨時の議会を開催する事になりますが、その様な事態が行らない事を心から願っているところです。


 4年間に賜りました皆様からの暖かいご指導ご鞭撻に心から感謝申し上げます。

 本当に有難うございました。



*下の写真は、任期満了を前に、神奈川県庁・本庁舎の玄関前で、全議員と知事とで写真撮影したものです。

      【 最前列の左から6人目が、相原高広です。 】


  私は、議員の中では当選回数(当選6回)が多い方となりました。

  本会議場での議席は最後列ですし、こういった写真撮影をする時は最前列なります。

  しかし、年齢的(55歳)には、全ての神奈川県議会議員の中で、真ん中位になります。


 引き続き、麻生区選出の神奈川県議会議員として、神奈川県と麻生区の発展の為に、全力で議員活動に取り組んで参る決意でございます。




                    (平成31年3月23日 記)




<749> 麻生区に春到来!
★香林寺の「春の五重塔まつり」に伺わせていただきました


 麻生区で大変に有名な香林寺の「春の五重塔まつり」が開催されました。


 大変に盛会でした。

 素敵な桜でした。





 3月21日(木)は、黒岩祐治知事候補(無所属・現職)の出陣式に参加した後、麻生区の香林寺の「春の五重塔まつり」に伺わせていただきました。


 細山地域の重鎮の皆様にご挨拶を申し上げ、桜が素敵だったので15分ほど眺め、まつり会場で家族全員分の焼きそばをまとめ買いして自宅で昼食をとり、その後、床屋に行き、「選挙公報」用の写真を撮影して、帰宅となりました。



 選挙前の数週間は、私の準備活動が緩慢なゆえに、毎回、バタバタしてしまいます。

 毎回、「次回の選挙こそは、準備万端で臨もう」と反省するのですが、実現困難なのが実状です。


 せわしい日々の中、香林寺の桜に心が癒されました。

                     (平成31年3月22日 記)




<748> 神奈川県知事選挙 告示
★神奈川県知事選挙への対応について


 3月21日(木)に、神奈川県知事選挙が告示されました。


 私が所属する<無所属の神奈川県議会議員>で構成する神奈川県議会の会派である【県政会 神奈川県議会議員団】では、黒岩祐治候補(無所属・現職)を推薦しています。


 <県政会 神奈川県議会議員団 (略称は、県政会)>は、政党ではなく、神奈川県議会内の会派ですので、会派としては、選挙に関して、神奈川県知事選挙を含め限定した選挙のみしか対応しておりません。

 加えて、候補者から推薦願が出された場合のみ、推薦に関して協議をすることにしております。


 今回の知事選挙では、黒岩祐治候補から推薦願が出された後、2月末(2月28日)まで他の候補者からの推薦が出されるかどうかを待った上で、黒岩祐治候補(無所属・現職)の推薦を、強い確信を持って、決定しました。

  〔黒岩祐治候補以外からの推薦願はありませんでした。〕



 私達は、黒岩祐治・知事候補(無所属・現職)に、大いに期待しております。

 当然の事ながら、政治家に対する評価ですので、「100点満点」や「絶対」という事はありえませんが、しかし、今回の知事選挙で、黒岩知事が交代しなくてはならない理由は、全く見つからないと考えています。


 勿論、黒岩知事・黒岩県政に問題があれば、厳正に対応をして参ります。











 黒岩祐治候補(無所属・現職)の出陣式では、自民党・公明党・国民民主党の神奈川県組織の代表者、連合神奈川の会長さんと、並んで、県政会の会派代表(議員団 団長

)として挨拶(応援演説)をいたしました。

                 (平成31年3月21日 記)




<747> ミニ県政報告会
★神奈川県議会議員選挙前の最後のミニ県政報告会を実施


  【 活動報告をするのは議員の責務です 】

  
【 皆様の声を聴くのは議員の責務です 】



 3月20日(水)に、神奈川県議会議員選挙前の最後の<ミニ県政報告会>を開催しました。

 今期(6期目)の4年間で、100回以上の<ミニ県政報告会>を開催する事が出来ました。

 これまでに開催しました<ミニ県政報告会>にご参加をいただきました方に、心より感謝申し上げます。





 4月7日投票の神奈川県議会議員選挙の終了後も、引き続き、<ミニ県政報告会>を開催し続けてまいります。

 どうぞ、ご参加の程を宜しくお願いいたします。

                  (平成31年3月20日 記)




<746> 政治家の顔つき ・・・ 初心を忘れずに!
★印刷物等で使用する顔写真について


 現在、私は、自分自身で発行する印刷物等の中の幾つかに、敢えて、神奈川県議会議員になった時(平成7年4月)の写真を使用しています。


 勿論、<選挙公報の顔写真>等、写真撮影時期の指定のルールのある物を除いてです。







 初心を忘れない様にする為ですが・・・・・、(経費節減の理由も若干はあります)。


 こうする事にした経緯を、もう少し詳しく報告いたしますと、

 平成7年4月に神奈川県議会議員になり、当時の麻生区において大きな尊敬を集めておりました小島一也先生(故人、元川崎市議会議長・柿の実幼稚園理事長)に、初めてご挨拶に伺った際、小島先生から、「相原さん、良い顔をしていますね。 政治家は経験を重ねると、顔つきが段々と悪くなる人が多いです。 今の顔を忘れないで下さい。 最初の選挙の時のポスターを常に見れる場所に置くといいですよ。」という旨の御指導をいただきました。


 小島先生から賜りました御指導を、私なりに実践しているところです。


 私の顔つきが悪くなった時は、ご遠慮なく、ご指摘いただきます様、宜しくお願いいたします。


                   (平成31年3月19日 記)




<745> ピンク シャツ デー
★いじめ反対運動・・・こどもを守る


 先月(2月)は、<Pink Shirt Day>でしたので、ピンク色のシャツやトレーナーを着られた方が多くおられました。

 <ピンクシャツデー・ピンクシャツ運動>が、日本において、相当浸透してきた表れだと思います。


 私は、10年程頃に、ピンクシャツ運動の事をたまたま知る機会があり、直ぐに持っている衣類を全て調べたのですが、ピンク色の物はハンカチも含めて一切在りませんでした。

 少し残念に思っていましたところ、5年位前に、何かの時に、薄いピンク色のワイシャツが安価で売っていたたので、まとめ買いをして、これ以後、出来る限り、この薄いピンク色のワイシャツを着用しているところです。


 当初は、「相原さん、イメージ・チェンジですか?」とか「相原さんにはピンクのシャツは似合わない。」等と言われましたが、ここ数年間は、「ピンクシャツデーですね。」・「相原さんはいじめ問題に強い関心があるんですね。」と、声をかけられ事が多くなりました。


 こどもを守るため、あらゆる場面で、いじめ反対運動を展開するのが極めて重要と考えております。


 似合っている・似合っていないとかは、全く気にせず、引き続き、ピンク色のワイシャツを着続けますので、ご理解をお願いいたします。


 <いじめ>は、永遠のテーマとの指摘が確かにありますが、「永遠のテーマ」と言って、諦める事や力を抜く事は、一切許されません。







      【 ピンク シャツ デー 】  

 ★ 日本ピンクシャツデー公式サイトからの引用 ★

 ピンクシャツが運動のシンボルとなったのは、カナダの学生が起こした行動に由来します。

 舞台は2007年、カナダ・ノバスコシア州のハイスクールです。9年生(中学3年生)の男子生徒がピンク色のポロシャツを着て登校したことをきっかけに、ホモセクシャルだとからかわれ暴行を受け、たえきれずに帰宅してしまいました。
 その出来事を聞いた上級生のデイヴィッド氏とトラヴィス氏。12年生(高校3年生)の彼らにとっては、その学校で過ごす最後の年でした。

 「いじめなんて、もう、うんざりだ!」「アクションを起こそう!」
 そう思ったふたりは、その日の放課後、ディスカウントストアへ行き75枚(∗)のピンク色のシャツやタンクトップを買いこみました。
 そしてその夜、学校のBBS掲示板やメール等を通じてクラスメートたちに呼びかけました。

 「明日、一緒に学校でピンクシャツを着よう」と。 
 翌朝、ふたりはピンク色のシャツやタンクトップを入れたビニール袋を手に登校しました。
 学校について校門で配りはじめようとしたふたりの目に映った光景・・・
 それはピンクシャツを着た生徒たちが次々と登校してくる姿でした。
 ピンクシャツが用意できなかった生徒たちは、リストバンドやリボンなど、ピンク色の小物を身につけて登校してきました。
 頭から爪先まで、全身にピンク色をまとった生徒もいました。

 ふたりの意思は一夜のうちに広まっていたのです。
 ふたりが呼びかけた人数より遥か多く、数百人もの生徒たちがピンクシャツやピンク色のものを身につけ登校してきたことで、その日、学校中がピンク色に染まりました。
 いじめらた生徒は、ピンク色を身につけた生徒たちであふれる学校の様子を見て、肩の荷がおりたような安堵の表情を浮かべていたそうです。
 以来、その学校でいじめを聞くことはなくなりました。

 いじめに対して、学生たちは言葉や暴力ではなく行動で意思表示をしようと立ち上がったのでした。
 カナダの学生たちが起こした行動が地元メディアで取り上げられると、瞬く間にカナダ全土へと広がり、アメリカのトークショーやスペイン最大の新聞でも紹介されるなどして、世界へと広がっていきました。
 メディアで彼らのことが紹介された翌日には、アメリカ、イギリス、ノルウェー、スイスから彼らの元へ多数の賞賛や感謝を伝えるメールが届いたといい、大きな反響が伺えます。
 この行動がきっかけとなり、現在、カナダでは毎年2月最終水曜をピンクシャツデ―とし、この日、学校・企業・個人を含めた賛同者がピンクシャツを着て「いじめ反対」のメッセージを送っています。

                    (平成31年 3月16日 記)




<744>
 友人(先輩)の結婚披露パーティに出席しました
★人生100歳時代の結婚


 友人(しかも先輩)の結婚披露パーティに出席しました。

 大学時代に所属をしていたサークル(早稲田大学 雄弁会)の先輩の結婚披露パーティです。


 この年(55才)になり、先輩の結婚披露パーティに参加するのは、想定外の驚きであり、大きな喜びです。





 パーティの冒頭に新郎新婦のご挨拶があり、次に、スピーチと乾杯の音頭を取られた黒岩祐治知事(新郎の早稲田大学・雄弁会の先輩)の話(「人生100歳時代の結婚」)に、出席者の皆さんが、妙に聞き入っていたのが、印象的でした。


 黒岩知事の話は、「人生100歳時代。 新郎は62歳。 これから約40年間、素敵な奥様と、長い幸せな時間をお過ごし下さい。」という主旨で、これに硬軟織り交ぜた話がついておりました。


 大変に素敵なパーティでした。

 現在の私にとりましては、これから始まる激しい選挙戦を前にして、心が大変に和みました。


 小室先輩、本当におめでとうございます。

 永遠にお幸せに!


                    (平成31年3月15日 記)






 本日は3月11日です。

 平成23年(2011年)の同じ日に、発生した東日本大震災から、丸8年が経過しました。

 あらためて、犠牲となられた皆様のご冥福をお祈りするとともに、ご家族・ご関係者の皆様に心からお悔やみを申し上げます。

 そして、今なお避難されている皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。


           
平成31年(2019年) 3月11日

             
 神奈川県議会議員  相原 高広






<743> 神奈川県議会「平成31年 第1回定例会」 進行中
★『タウンニュース』の記事より


 『タウンニュース(麻生区版)』(平成31年3月8日号)に、麻生区の神奈川県議会議員選挙に関する記事(立候補予定者の顔写真入りで)がありました。

    *下記の青色の文字の部分が、記事の抜粋です。


 改めて、選挙が近づいてきているのだと実感させられます。


 しかしながら、選挙は近づいてきてはいますが、現職の神奈川県議会議員は、現在開催されています「神奈川県議会 平成31年 第1回定例会」に、全力投球すべきです。

 私は、2月28日(木)と3月1日(金)の両日、「防災警察常任委員会」にて、質問を行ったところです。


 3月15日(金)に閉会予定の「神奈川県議会 平成31年 第1回定例会」は、4年間の任期中の最後の定例会であり、平成時代の最後の定例会でもあります。

 3月15日(金)の最終日まで、「神奈川県議会 平成31年 第1回定例会」に、全力で取り組んで参ります。



★ 『タウンニュース(麻生区版)』 (平成31年3月8日号)より抜粋 ★


 県議選麻生区 現職2氏と新人の争いに 4月7日投開票


 
3月29日告示、4月7日に投開票される神奈川県議会議員選挙。

 麻生区からは現職2氏と新人1氏が立候補の意向を表明しており、定数2議席を争う構図となっている(3月4日起稿)。


 今回の県議選は、無所属の相原高広氏(55歳・6期)、国民民主党の石川裕憲氏(50歳・1期)両現職に加え、自由民主党新人の小野倫太郎氏(41歳)の3氏によって行われる見込みだ。


 相原氏は1995年の初当選以来、県議会議員を6期務め、県議会副議長も歴任。
 「県議が担う役割すべてに対応するのが責務」と前置きしたうえで、「経済や治安といった麻生区の豊かさを守るために、交通事故や自然災害、犯罪への対応にこれまで同様取り組んでいきたい」と訴える。

 石川氏は約20年の会社員経験を経て代議士秘書や政策秘書を務め、前回選挙で初当選。
 4年間の活動を踏まえ「待機児童や病児保育施設といった子育て環境整備、地域の魅力を増進させる施策として横浜市営地下鉄延伸工事の早期着工や都市農業支援などに取り組みたい」と主張する。

 新人の小野氏は元自民党本部職員。
 党幹事長の政策・政務スタッフとして従事し、現在は自民党川崎市連の青年局長、県政政策委員などを務める。
 「麻生区の健康長寿社会を確固たるものにして、将来の不安を減らしたい。
 子育てまで含めた、社会福祉の充実を訴えていきたい」と話す。


 2015年に行われた前回の県議選で麻生区の投票率は44・59%で、川崎市内では最も高い投票率だった。


                   (平成31年3月9日 記)




<742> 神奈川県議会「平成31年 第1回定例会」 スタート
★任期中の最後の神奈川県議会の定例会です


 2月13日(水)から、3月15日(金)までの予定で、「神奈川県議会 平成31年 第1回 定例会」が開催されます。





 この定例会は、4年間の任期(平成27年4月30日から平成31年4月29日まで)の最後の定例会です。

 加えて、少し大げさに言えば、平成時代の最後の神奈川県議会の定例会となります。

 大変に感慨深いものが有ります。


 この定例会の中では、私は、「防災警察常任委員会」(委員会開催日:2月28日、3月1日、3月12日)にて質疑を行う予定ですが、任期中の最後の定例会ですので、気合を入れて取り組んで参ります。


 引き続き、神奈川県と麻生区の発展のため、全力で取り組んでいく決意でございます。


               (平成31年2月16日 記)




<741>  ミニ県政報告会 (平成31年2月後半開催分のご案内)
★4年間の活動報告として


 麻生区の皆様から、前回(平成27年4月)の神奈川県議会議員選挙で、私に与えていただきました神奈川県議会議員(6期目)の任期は、平成31年4月29日(月)までです。


 任期満了が近くになってきていますので、4年間の活動報告を、<ミニ県政報告会>をはじめ様々な方法で実施しているところでございます。


  
【 活動報告をするのは議員の責務です 】

  
【 皆様の声を聴くのは議員の責務です 】




 既に、このHPの「イベント・会合のお知らせ」のページにて報告をさせていただいておりますが、平成31年2月後半(2月15日~2月28日)の期間では、下記の通り開催いたします。

 皆様のご参加を心よりお待ちしております。


  <ミニ県政報告会> 平成31年2月15日の開催日程 ★

   <開催日>    <開始時間>       <開催場所>
  2月15日(金)   17時40分   麻生市民館  第4会議室
  2月15日(金)   18時50分   麻生市民館  第4会議室
  2月15日(金)   20時   麻生市民館  第4会議室

 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
    <但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。>

 *途中退出も構いません。


                  (平成31年2月10日 記)




<740>  ミニ県政報告会 (平成31年2月10日 開催分)
★4年間の活動報告として


 麻生区の皆様から、前回(平成27年4月)の神奈川県議会議員選挙で、私に与えていただきました神奈川県議会議員(6期目)の任期は、平成31年4月29日(月)までです。


 任期満了が近くになってきていますので、4年間の活動報告を、<ミニ県政報告会>をはじめ様々な方法で実施しているところでございます。


  
【 活動報告をするのは議員の責務です 】

  
【 皆様の声を聴くのは議員の責務です 】



 既に、このHPの「イベント・会合のお知らせ」のページにて、報告をさせていただいておりますが、平成31年2月10日(日)に、ミニ県政報告会を開催いたします。

 皆様のご参加を心よりお待ちしております。



  <ミニ県政報告会> 開催日程 ★

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  2月10日(日)   17時40分   麻生市民館  第4会議室
  2月10日(日)   18時50分   麻生市民館  第4会議室
  2月10日(日)   20時   麻生市民館  第4会議室


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
    <但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。>

 *途中退出も構いません。



*写真は、会場として使用します「麻生市民館 第4会議室」です。



                  (平成31年2月9日 記)




<739>  黒岩知事 知事選挙出馬表明
★黒岩祐治知事が三選出馬を表明されました


 2月6日(水)に、黒岩知事が知事選挙三選出馬の記者会見をされました。


 これに関して、各党・各会派の代表者に対し、新聞各社からコメントを求められました。

 「県政会 神奈川県議会議員団」(無所属の議員による神奈川県議会内の会派)の代表(団長)を務めています私にも、コメントを求められました。


 ★私のコメント内容につきましては、2月7日(木)の新聞各紙の朝刊にて、ご確認をお願いいたします。


 コメントを求められた時点では、黒岩知事が出馬表明の記者会見をしたという事だけで、黒岩知事が出馬表明で話した内容が分からない状態でコメントを求められましたので、多くは語りませんでしたが、基本的には、「黒岩知事には、大いに期待している。」と回答したところです。


 それにしても、どの新聞社にも同じ内容の話をしましたが、実際の記事では量・内容とも、新聞により随分と違うものです。

                     (平成31年2月8日 記)




<738>  ミニ県政報告会 (平成31年2月開催分のご案内)
★4年間の活動報告として


 麻生区の皆様から、前回(平成27年4月)の神奈川県議会議員選挙で、私に与えていただきました神奈川県議会議員(6期目)の任期は、平成31年4月29日(月)までです。


 任期満了が近くになってきていますので、4年間の活動報告を、<ミニ県政報告会>をはじめ様々な方法で実施しているところでございます。


  
【 活動報告をするのは議員の責務です 】

  
【 皆様の声を聴くのは議員の責務です 】




 既に、このHPの「イベント・会合のお知らせ」のページにて、報告をさせていただいておりますが、平成31年2月は下記の通り、ミニ県政報告会を開催いたします。

 皆様のご参加を心よりお待ちしております。


  <ミニ県政報告会> 平成31年2月の開催日程 ★

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  2月 1日(金)   16時30分   麻生市民館  第4会議室
  2月 1日(金)   17時40分   麻生市民館  第4会議室
  2月 1日(金)   18時50分   麻生市民館  第4会議室
  2月 1日(金)   20時   麻生市民館  第4会議室
   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  2月10日(日)   17時40分   麻生市民館  第4会議室
  2月10日(日)   18時50分   麻生市民館  第4会議室
  2月10日(日)   20時   麻生市民館  第4会議室
   <開催日>    <開始時間>       <開催場所>
  2月15日(金)   17時40分   麻生市民館  第4会議室
  2月15日(金)   18時50分   麻生市民館  第4会議室
  2月15日(金)   20時   麻生市民館  第4会議室

 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
    <但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。>

 *途中退出も構いません。



*写真は、会場として使用いたします「麻生市民館 第4会議室」です。



                  (平成31年2月1日 記)




<737>  神奈川県議会 防災警察常任委員会 委員として
★関係する式典に参加


 神奈川県議会では、全ての議員(議長を除く)は、一つの常任委員会に必ず所属する事になっております。


 私は、平成28年度から本年度・平成30年度まで、<防災警察常任委員会>に所属しています。 


 今週、横浜にて、防災警察常任委員会の委員として、2つの式典(表彰式、総会)に、出席しました。



★1月29日(火)

 「神奈川県犯罪のない安全・安心まちづくり推進協議会(会長は、黒岩祐治・神奈川県知事)」の功労者表彰式に出席。

 この中で、麻生区の万福寺町内会が表彰され、斎藤会長様が知事から表彰状を受けられました。



★1月31日(木)

 「神奈川県交通安全対策協議会(会長は、黒岩祐治・神奈川県知事)」の総会に出席。

 この中で、表彰式があり、麻生区交通安全対策協議会が、「年間の交通事故者数をゼロに抑止した市区町村協議会」として表彰され、関口会長様が知事から表彰状を受けられました。


 麻生区の治安の向上と交通安全の確保に大きな貢献をされている事に心から敬意を表しますとともに感謝を申し上げます。




写真は、「神奈川県交通安全対策協議会」の総会風景です。







                    (平成31年1月31日 記)




<736> 横浜市営地下鉄3号線延伸早期完成期成同盟会発足
★新百合ヶ丘駅までの延伸の早期完成の為に


 1月30日(水)に、「横浜市営地下鉄3号線延伸早期完成期成同盟会」の設立総会が、新百合21にて、開催されました。





 私は、他の麻生区選出議員の方々とともに、顧問に就任いたしました。


 平成7年4月に神奈川県議会議員になって以来、大変に微力ながらも、この課題に24年間継続して向き合ってきました。


 引き続き、横浜市営地下鉄3号線の新百合ヶ丘駅までの延伸の早期完成の為、麻生区選出の神奈川県議会議員として、全力で取り組んで参ります。

                     (平成31年1月30日 記)




<735>  どんと焼き (岡上西町会)
★麻生区で今年最後のどんと焼き


 1月26日(土)は、岡上西町会のどんと焼きに、伺わせていただきました。

 おそらく、地元・麻生区で、今年最後のどんと焼きだと思います。


 心身ともに本当に温まりました。

 場所(水田)を提供されている土地所有者の方、岡上西町会の皆様、消防団(麻生消防団・岡上班)の団員の方々、警察(岡上駐在所)等の関係者の皆様に心から感謝です。








 都市化の進行中である麻生区内で、どんと焼きを開催する事には困難が伴いますが、参加者は年々増えており盛り上がっているのも間違いの無いところです。


 関係者の皆様(場所を提供する土地所有者の方、運営する町内会・自治会の方々、消防団の方々、警察の方々)に心から感謝申し上げます。

                    (平成31年1月26日 記)




<734>
 麻生警察署 武道初式
★麻生区の治安の確保に貢献し続ける麻生警察署に感謝


 平成31年1月23日(水)、<麻生警察署 平成31年 武道初式>に伺わせていただきました。


 365日・24時間、麻生区の治安の確保の為に貢献されている麻生警察署の皆様に心から感謝申し上げます。

 本当に有難うございます。





                  (平成31年1月24日 記)




733> 私事で恐縮でございます
★本日で55歳となりました


 私事の報告で誠に恐縮でございますが、本日、平成31年(2019年)1月22日で、55歳となりました。


 私の facebook へは、多くの誕生日のお祝いのメッセージをいただきまして、本当に有難うござます。





 
*写真は、大変に尊敬しております麻生区選出の川崎市議会議員の方からいただいた素敵な花束です。  
       但し、写真データでですが (WITH SMILE)。


 今年は選挙の年であり、誕生日ではありますが、大変にバタバタしているところです。


 素晴らしい年になる様に努力してまいります。


 何卒、ご指導ご協力の程を宜しくお願い申し上げます。

                    (平成31年1月22日 記)




<732>  活 動 報 告
★本日で55歳となりました


 今月、『神奈川県議会レポート 第6-⑦号』と『神奈川県議会レポート 第6-⑧号』を発行しました。


 「活動報告をするのは議員の責務」と考え、1年間に2回前後のペースでレポートを発行しておりますが、4年間の議員の任期が残り数か月間となりましたので、今後発行するレポートについては、4年間の任期を通しての活動報告の為の物となります。











 今回は、主に、DM・新聞折り込み・麻生区のタウン誌の『マイタウン』への折り込みの方法で、配布をしております。


 是非、お読みをいただきまして、ご意見・ご感想をお願いいたします。

              (平成30年1月22日 記)




<731> 相原高広の<ミニ県政報告会>について
★随時、開催しております


  平成7年4月に、神奈川県議会議員にさせていただいてから今日まで、【 活動報告をするのは議員の責務 】・【 皆様の声を聴くのは議員の責務 】の活動方針で、<ミニ県政報告会>を開催し続けております。



 既に、相原高広のHP(「イベント・会合のお知らせ」のページ)では、開催の告知をしておりますが、

★ 本日の午後5時40分から、麻生市民館の第4会議室にて、
相原高広の<ミニ県政報告会>を開催いたします。 ★




 麻生区は、文化活動・市民活動が盛んな地域であり、会議室等の会場が予約で埋まっている場合が多く、会場の確保の点から、相原高広の<ミニ県政報告会>の開催日は平日であったり・土日祝日であったりして定まらず、大変にお手数をおかけしております。

 出来るだけ多くの回数の開催を強く心がけております。


 何卒、ご理解の程を宜しくお願いいたします。


★詳細は、相原高広のHPにて、ご確認ください。


   【 写真は、会場(過去の開催分)の風景です。 】




                     (平成31年1月17日 記)




<730> 神奈川県議会の平成31年の会議 スタート
★今年も気合を入れて臨みます


 神奈川県議会の平成31年の会議が、1月10日(木)から始まりました。


 1月10日は、午前10時からの団長会に始まり、議会運営委員会、各会派の団会議、県幹部との賀詞交歓会、県政記者クラブの年頭記者会見がありました。


 平成31年は、4年間の任期の最後の年・総括の重要な年ですので、気合を入れて臨んで参ります。



★昼食時間に、私が所属しています、無所属議員による神奈川県議会の会派であります「県政会 神奈川県議会議員団」の所属議員6人で、集合写真を撮りました。

   (場所は、神奈川県議会・本会議場です。)





                 (平成31年1月12日 記)




<729> 横浜市営地下鉄(3号線)の「新百合ヶ丘駅」までの延伸について
★実現へ・・・・・お正月の新聞記事より


 横浜市営地下鉄(3号線)の「あざみの駅」から麻生区の「新百合ヶ丘駅」までの延伸については、横浜北部と川崎北部にとって、特に、「新百合ヶ丘駅」のある川崎市麻生区と「あざみ野駅」のある横浜市青葉区にとっては、極めて大きな重要課題です。



 大きな事業ゆえに、過去には賛否両面からの様々な意見があったかと思いますが、私は、平成7年に神奈川県議会議員になって以来、「積極的に推進すべき」の立場を取ってきており、積極推進派の一人でした。


 昨年の秋冬頃から、あちらこちらから、「問題ない。」・「事実上、決まった。」・「内定と思っていい。」等の明確な根拠は分かりませんし・正式でもなく・確定的な話でもありませんでしたが、大いに期待の持てる声が耳に入ってきていましたので、大きな期待を持って、正式な発表を待っていたところです。


 そんな中、『神奈川新聞』が、元旦の1面のトップ記事で、本事業について、「横浜市が方針を固めた」と報じました。


 鉄道事業者の横浜市が正式に発表した訳ではありませんが、地元紙の『神奈川新聞』が1面のトップ記事で報道したところでありますので、記事内容の細部は別として、基本部分は間違いないの無いところだと認識しています。

 大変に喜んでおります。


*この様な大事業は、少数の特定の人間の意志や努力により実現する次元のものではなく、大勢の人の意見の一致が最低限必要となりますので、私のこれまでの取り組みなどは大変に小さなものですが、私としては、麻生区の一人の住民として、積極推進派の中の一人として、素直に喜んでいるところです。


 近いうちに、鉄道事業者であります横浜市から正式な発表がある筈ですので、麻生区に皆様とともに、正式な発表を大いに楽しみにしながら待っていたいと思います。


 正式な発表があった次の段階では、「可能な限り早期に利用出来る様にする事」と「街づくりに出来るだけ大きく貢献する延伸にする事」の2つの検討が重要だと考えております。



★ 『神奈川新聞』 平成31年(2019年)1月1日(火)







 加えて、1月5日(土)の『東京新聞』では、以下の報道がございました。



★ 参考資料  『東京新聞』 平成31年(2019年)1月5日(土)


あざみ野-新百合ケ丘 地下鉄延伸に期待

 川崎市長「地域へのインパクト大」


 横浜市営地下鉄の小田急線新百合ケ丘駅(麻生区)までの延伸計画について、川崎市の福田紀彦市長は四日の記者会見で、三月末までの事業化決定に向けて、中間駅の位置やルート案を横浜市とともに比較検討していることを明らかにした。

 「市北部地域へのインパクトは大きい。首都圏全体の交通ネットワークへの影響も大きい」と期待感を示した。

 福田市長は会見で、今年前半の最大の政策判断を問われ、地下鉄延伸計画を挙げた。

 一方で、具体的な判断時期や中間駅の位置候補、費用負担などは「相手(横浜市)があることだ」「事業化の判断のタイミングでお伝えしたい」などと明言を避けた。

 延伸計画は、あざみ野(横浜市青葉区)-新百合ケ丘間の約6キロ。

 国土交通省交通政策審議会は2016年4月の答申で、「地域の成長に応じた鉄道ネットワークの充実に資するプロジェクト」と位置付け、両市の合意形成を課題に挙げていた。


                       (平成31年1月6日 記)




<728> 平成31年1月の<ミニ県政報告会>のご案内
★是非、麻生区の皆様の声をお聴かせ下さい


 平成31年1月に開催する<ミニ県政報告会>のご案内です。


 この<ミニ県政報告会>は、平成7年4月に神奈川県議会議員になってから、継続的に開催しているものです。

 相原高広の<ミニ県政報告会>は、数人の参加者の方との座談会形式のタウンミーティングです。

 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願っております。


 
■ 詳細につきましては、 【 相原高広のHP 】にて、ご確認をお願いいたします。 ■


 ★ <ミニ県政報告会>の開催趣旨 ★


  相原高広は、【 議会報告をするのは議員の責務 】 と考えております。

  相原高広は、【 皆様の声を聴くのは議員の責務 】 と考えております。




             【 過 去 の 会 場 風 景  】




 <ミニ県政報告会>開催日時・場所

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  1月5日(土)    17時40分  麻生市民館  第4会議室にて
  1月5日(土)    18時50分  麻生市民館  第4会議室にて
  1月5日(土)    20時  麻生市民館  第4会議室にて
   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  1月17日(木)   17時40分  麻生市民館  第4会議室にて


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
    <但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。>

 *途中退出も構いません。

                       (平成31年1月4日 記)




<727> 謹 賀 新 年
★何卒、本年も宜しくお願い申し上げます


 明けましておめでとうございます。

 本年が貴方様・貴女様にとって、素晴らしい一年となりますように衷心よりお祈り申し上げます。


 昨年は大変にお世話になりまして本当に有難うございました。

 何卒、より一層のご指導の程を宜しくお願い申し上げます。




 
★ 大晦日と元旦とも有意義に過ごす事が出来ました ★


◆ 平成最後の大晦日 (平成30年12月31日) ◆


 平成30年12月31日(平成最後の大晦日)は、相原高広事務所(個人事務所)のある地元の高石の<潮音寺>様の除夜の鐘をつかせていただきました。

 早くに到着しましたので、数人目につくことが出来ました。

 本当に厳粛な気持になります。





◆ 平成最後の元旦 (平成31年 元旦) ◆


 元旦は、事務所のある<高石神社>と自宅のある<琴平神社>に、初詣にまいりました。


 毎年、大変に寒い中で警備等をされます警察関係・消防団・交通指導員等の皆様に、心から感謝申し上げます。














 その後、午前5時から、(一般社団法人)実践倫理宏正会の元朝式に出席させていただきました。


 今年の仕事は、1月4日(金)から始まりますが、麻生区の皆様とは、1月5日(土)の消防出初式から様々な賀詞交歓会等の会合でお会い出来ます事を、楽しみにしております。

                     (平成31年1月2日 記)




<726> 今年も大変にお世話になりました
★心より感謝申し上げます


 今年・平成30年も、大変に多くの方に、お世話になりました。

 心より感謝申し上げます。

 本当に有難うございました。

 引き続きのご指導を心よりお願い申し上げます。

 どうぞ、良き新年・平成31年をお迎え下さい。



*12月30日(日)は、今年最後の忘年会(飲み納め)でした。

 高校時代の同級生・後輩と、小田原にて。

 
【 写真は、小田原駅前(新幹線側)にある北条早雲像です。 】



                        (平成30年12月31日 記)




<725> 「黒岩知事を励ます会」に参加
★統一地方選挙の雰囲気が段々と出てきました


 12月27日(木)に開催されました「神奈川県知事 黒岩祐治君を励ます会」に参加しました。


 会場内は、黒岩知事に対する、来年4月の知事選挙への出馬(3選出馬)への期待の空気で充満していました。

 但し、黒岩知事は挨拶の中で、この件について、全く触れられませんでした。








 来年の4月に、統一地方選挙が実施されます。


 神奈川県全域では、神奈川県知事選挙と神奈川県議会議員選挙が行われます。

 また、川崎市内では、川崎市議会議員選挙が行われます。

 よって、麻生区では、<神奈川県知事選挙、神奈川県議会議員選挙、川崎市議会議員選挙>の3つが行われる事になります。


 これらの中でも、有権者の関心が最も集まるのが神奈川県知事選挙ですので、神奈川県知事選挙へ正式に名乗りを上げる人が出てきますと、いよいよ<統一地方選挙・直前>という空気になります。

                           (平成30年12月29日 記)




<724> 年内最後の<ミニ県政報告会> 終了
★次回は、平成31年1月中に開催する予定です


 昨日(12月26日)に開催しました<ミニ県政報告会>で、平成30年内の相原高広の<ミニ県政報告会>は全て終了しました。



 今回は、久しぶりに麻生市民館の会議室で開催しましたが、参加される方からは、麻生区役所と同じ敷地内にあります「麻生市民館」の方が、「新百合21」より場所が分かり易かった様子でした。


                 
   【 会 場 風 景  】




 本年中の相原高広の<ミニ県政報告会>にご参加を下さった皆様に心から感謝申し上げます。



 今後とも、 【 議会報告をするのは議員の責務 】・【 皆様の声を聴くのは議員の責務 】 の信念で、<ミニ県政報告会>を開催し続けて参ります。

 是非、相原高広の<ミニ県政報告会>に、ご参加をお願い申し上げます。



 次回は、平成31年1月中の開催を予定しております。

 日程が決まり次第、このHPにて、ご案内させていただきます。


                       (平成30年12月27日 記)




<723> 平成30年の年内最後の<ミニ県政報告会>のご案内
★是非、麻生区の皆様の声をお聴かせ下さい


 12月26日(水)に、<ミニ県政報告会>を、開催いたします。


 平成30年の年内で、自分で主催する活動としては最後となります<ミニ県政報告会>を開催します。


 この<ミニ県政報告会>は、平成7年4月に神奈川県議会議員になってから、継続的に開催しているものです。

 相原高広の<ミニ県政報告会>は、数人の参加者の方との座談会形式のタウンミーティングです。

 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願っております。


 今回の会場は、いつも使用している(「新百合21」・・写真を参照)ではなく、久しぶりに、麻生市民館の会議室です。  



 
■ 詳細につきましては、【 相原高広のHP 】にて、ご確認をお願いいたします。 ■


 ★ <ミニ県政報告会>の開催趣旨 ★


  相原高広は、【 議会報告をするのは議員の責務 】 と考えております。

  相原高広は、【 皆様の声を聴くのは議員の責務 】 と考えております。







 <ミニ県政報告会>開催日時・場所

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
 12月26日(水)   13時20分  麻生市民館  第1会議室にて
 12月26日(水)   14時30分  麻生市民館  第1会議室にて
 12月26日(水)   15時40分  麻生市民館  第1会議室にて
 12月26日(水)   16時50分  麻生市民館  第1会議室にて
 12月26日(水)   18時  麻生市民館  第1会議室にて
 12月26日(水)   19時10分  麻生市民館  第1会議室にて


 
*開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
    <但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。>

 *途中退出も構いません。

                       (平成30年12月23日 記)




<722> 神奈川県議会「平成30年 第3回定例会」 終了
★年内の神奈川県議会の会議は全て終了しました


 12月21日(金)をもちまして、「神奈川県議会 平成30年 第3回定例会(後半の部)」が閉会しました。


 私は、「第3回定例会(後半の部)」では、「防災警察常任委員会」にて,質問を行ったところです。



   【 防災警察常任委員会ー質問項目 】


 1、くらし安全防災局関係

 ①防犯カメラ事業の推進について

  (質問の主旨) 

 県が市町村と連携して、地域の防犯力の向上の為に、自治会等が設置する防犯カメラに対して補助金を交付する<防犯カメラの設置推進事業>を高く評価している。

 この事業は、今年度までの3年間の事業であるが、来年度以降も継続するべきである。 


 2、警察関係

 ①麻生区内の東柿生駐在所の移転・建替えについて

  (質問の主旨)

 川崎市の道路事業(道路拡幅予定地に東柿生駐在所がある)により移転・建替えの必要のある「東柿生駐在所」に関する現在の状況と今後の見通しについて。


 ②交通信号機の新設・更新・LED化を推進するための経費縮減努力について

  (質問の主旨)

 交通安全対策で重要となる信号機については、 < ①必要な場所への信号機の新設、 ②既存の信号機の維持管理の為の更新、 ③信号機のLED化・・・信号機の見やすさの向上と経費削減に効果がある> が重要であるが、これを促進するためには、経費縮減の対応を行い、信号機の対応数を多くする必要がある。







 これで、平成30年の神奈川県議会の会議は全て終了しました。


 来年・平成31年も、神奈川県議会の議論に積極的に取り組んで参ります。

                  (平成30年12月22日 記)




<721> 県政記者クラブによる選挙用の顔写真撮影
★そういう季節になりました









 先日、神奈川県庁内の「県政記者クラブ」(報道各社が所属)による、来年4月の神奈川県議会議員選挙向けの立候補予定者の顔写真の撮影が、県庁内・記者会見室にて、行われました。 


 選挙の際に、報道各社が使う顔写真の撮影です。

 選挙自体は、約3~4ヶ月も先ですが、4年ごとの恒例行事の様に、毎回、この時期に実施されます。


 この日は、私の所属する「県政会 神奈川県議会議員団」と「一人会派の議員」の写真撮影会となったところです。



 加えて、報道各社から要請があった「立候補予定者共通表」(一言で言えば履歴書)を記入いたしました。

 この「立候補予定者共通調査表」の記入に関しては、「過去および現在の主な経歴」を書く欄があるのですが、欄の数に限りがあり、全てを書くことが出来ません。

 取捨選択の必要があります。

 顔写真は、報道各社のカメラマン(実際には記者の皆さん)が撮影するので、カメラマンに全てお任せするしかありませんが、履歴書は自分自身で記入しますので、思い悩むところです。



 いずれにしても、 いよいよ、そういう季節になったという事です。

 気合を入れて活動に励んで参ります。

 より一層のご指導の程をお願い申し上げます。

                (平成30年12月16日 記)




<720> 「早稲田大学 雄弁会 OB会」に参加
★感謝と自己研鑽の継続


 先日(11月30日)、大学時代に所属をしていました「早稲田大学 雄弁会」のOB会に出席しました。


 これまでの人生の中で経験した事が、間違いなく、現在に生きている筈ですが、OB会等に参加しますと、過去の様々な事を思い出し、色々な事を確認できる絶好の機会となります。





 私の場合、過去に経験した事が、直接的に現在の仕事(神奈川県議会議員)に関係していますので、大変に有難い事だと、いつも感謝しております。


 子どもの頃の経験(特に、中学校・高校時代の野球部の経験)、 大学時代の経験、 早稲田大学雄弁会での経験、 松下政経塾での経験、 イギリス自由民主党の党本部・政策部でのインターン経験、 国家公務員(カンボジア国際選挙監視要員ーPKO要員、南アフリカ国際選挙監視要員ー外務省職員)としての経験等、 今も強く記憶に残り、現在の仕事にも生かされていると信じているところです。


 これまで経験させていただいた事に常に感謝をしながら、経験を活かし、さらに、自己研鑽を継続的に行い、今後も邁進して参ります。

                     (平成30年12月2日 記)




<719> 神奈川県議会「平成30年 第3回定例会」 後半の部スタート
★年内最後の神奈川県議会の定例会です


 神奈川県議会の「平成30年・第3回定例会」は、決算特別委員会での審議が終了して、昨日(11月28日)より、後半の部が始まりました。

   *「後半の部」という表現は、正式な神奈川県議会の用語ではありませんが、内容を分かり易くする為に、便宜的に使用しています。


 昨日は、黒岩祐治知事より、当面の県政の課題について、所信表明がありました。

 12月21日(金)までの開催予定です。

 これが、平成30年の年内最後の神奈川県議会の定例会となります。


 
私は、<防災警察常任委員会>にて、12月12日(水)に【くらし安全防災局】関係について、12月18日(火)に【警察】関係について、質疑をする予定です。








 どうぞ、神奈川県議会の議論に、ご関心をお寄せ下さい。


                    (平成30年11月29日 記)




<718> 黒岩知事に対し『予算要望書』を提出 (その2)
★相原高広が特に力を入れている課題









 11月22日(木)に、会派(「県政会 神奈川県議会議員団」 団長:相原高広)として、黒岩祐治知事に提出した、「来年度の神奈川県の施策・予算に対する要望書」の中に、私が強く求めている課題として、下記の課題を盛り込みました。


    < 順不同 >

 1、 防犯カメラの設置推進について

 2、 交通安全施設の維持管理・更新等の促進について

 3、 川崎市麻生区の「東柿生駐在所」の建替えの推進について

 4、 急傾斜地崩壊対策事業の促進について

 5、 横浜市営地下鉄3号線の延伸の促進について


 いずれも大変に重要な課題ですので、推進・実現の為に、引き続き、全力で取り組んで参ります。

                    (平成30年11月27日 記)




<717> 黒岩知事に対し『予算要望書』を提出 (その1)
★来年度・平成31年度の神奈川県の予算について


 会派(「県政会 神奈川県議会議員団」)として、黒岩祐治知事に対しまして、神奈川県の『平成31年度の予算・施策に対する要望書』を、11月22日に、提出しました。



★私の所属しています「県政会 神奈川県議会議員団」(団長 相原高広)は、昭和26年(1951年)に実施されました戦後2回目の神奈川県議会議員選挙の直後に結成されました神奈川県議会内の会派です。

 政党に所属しない無所属の議員を中心に構成される会派で、一党一派に偏らない、いわゆる<県民党>の立場で議員活動をしております。



    * 写真は、黒岩知事と「県政会 神奈川県議会議員団」所属議員(6人)。 * 

          【 中央が、団長の私・相原高広と黒岩知事。 】





 来年度・平成31年度の当初予算は、来年1月後半から2月上旬の間に予算案が出来上がり、来年2月から開催予定の「神奈川県議会 平成31年 第1回定例会」にて、審議・決定されます。

                     (平成30年11月23日 記)




<716> 県政調査を実施
★長崎県にて実施しました


 神奈川県議会の県政調査の制度を活用して、11月19日(月)と20日(火)の1泊2日で、長崎県に調査に行かせていただきました。


   【 今回の調査項目 】


1、長崎県庁の文化国際観光部への組織再編・部内における連携について

 神奈川県では、組織再編を行い平成30年度から「国際文化観光局」を創設した。
 長崎県では、平成27年度から、「文化観光国際部」が設置されている。
 長崎県庁の<国際>と<文化>と<観光>の連携等について確認を行った。


2、全国に先駆けて導入した長崎県の文化施設への指定管理制度について

 ①長崎県歴史文化博物館について

 長崎県では、平成16年4月に、長崎美術館に指定管理を導入。(都道府県レベルの美術館・博物館での最初の事例)




 ②長崎県美術館について

 長崎県では、平成17年4月に、博物館の指定管理者として(株式会社)乃村工藝社を指定。(民間企業の指定の第1号)



*今回の視察は、来年4月までの任期の中での最後の県外調査になるかと思います。 


                  (平成30年11月21日 記)




<715> 11月の<ミニ県政報告会>のご案内
★是非、麻生区の皆様の声をお聴かせ下さい


 11月18日(日)に、<ミニ県政報告会>を、開催いたします。

 相原高広の<ミニ県政報告会>は、数人の参加者の方との座談会形式のタウンミーティングです。

 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願っております。



 ★ <ミニ県政報告会>の開催趣旨 ★


 1、 相原高広は、【 議員活動の報告をするのは議員の責務 】と考えております。

 2、 相原高広は、【 県民の皆様の声を聴く広聴活動は極めて重要 】と考えております。






 <ミニ県政報告会>開催日時・場所

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
 11月18日(日)    16時20分   新百合21  第2会議室にて
 11月18日(日)    17時30分   新百合21  第2会議室にて
 11月18日(日)    18時40分   新百合21  第2会議室にて
 11月18日(日)    19時50分   新百合21  第2会議室にて


 *開催時間は1回1時間以内です。


 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
    <但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。>

 *途中退出も構いません。

                       (平成30年11月月14日 記)





<714> 任期(4年間)が、残り半年間となりました
★4年間の任期のまとめの時期に入りました


 【平成27年(2015年)4月12日(日)投票日】の前回の神奈川県議会議員選挙で6回目の当選させていただいてから、約3年半が経過しました。




 法令により、この選挙にて、私を含め全ての神奈川県議会議員(定数は105人)に与えられた任期は、平成31年(2019年)4月29日(月)までです。

  *この任期は、次の神奈川県議会議員選挙(平成31年4月実施予定)の投票日の日程に関わらず、変更はありません。

  ですので、先月・10月30日で、残りの任期は、丁度6か月間となりました。



 任期の残り6か月間の議員活動は、引き続き、神奈川県と麻生区の発展に尽くす事に加えて、4年間の議員活動の報告をしていく事になります。


 これまで、私は、随時、『神奈川県議会レポート』の発行・「ミニ県政報告会」を開催を通して、議員活動の報告をしてきておりますが、今後は、4年間の任期を通しての活動報告をして参ります。


★残りの任期の6か月間、神奈川県議会議員として、全力で議員活動に取り組んで参りますので、より一層のご指導ご鞭撻の程を心よりお願い申し上げます。

                     (平成30年11月10日 記)




<713> 東京六大学野球 早慶戦 観戦
★大学スポーツの発展を心から願っています


 10月29日(月)は、午前中は地元活動、午後は神宮球場で大学野球(早慶戦)の観戦、夜は横浜市内で用件をこなす一日でした。 


 早慶戦の方は、大方の予想を覆し、大逆転で早稲田大学が慶応義塾大学を破り、勝ち点を挙げたため、慶応の3シーズン連続の優勝がなくなり、法政大学の優勝となりました、



★今年は、大学のスポーツ部での不祥事が相次いだ年でしたが、それらを払拭してくれる様な最高の試合でした。

 
大学スポーツへの信頼回復と一層の発展を心から願っているところです。



 こういう素晴らしい試合では、選手も応援団も観客も最大限の気合が入るものです。



*神宮球場は、4年間の大学時代に、野球をよく観に来た球場であり、同時に、人生で初めての本格的なアルバイト(警備会社でのアルバイト)の貴重な社会体験をした場所でもあります。


*学生時代を思い出して、ホープ軒のラーメンを食べました。











                  (平成30年10月30日 記)




<712> 関西方面視察
★10月24日~26日で実施しました


 <神奈川県議会・がん議連>の10月25日の大阪での現地視察に前後1日を加えて、10月24日(水)~26日(金)の2泊3日で、関西方面へ視察に行ってきました。



◆関西視察  第1日目(10月24日)


 1日目は、有志の議員4人で、神戸にある、「株式会社メディカロイド」と「理化学研究所 生命機能科学研究センター」の2か所訪問しました。

 いずれも、最先端医療の領域の話を伺うことが出来ました。


 
             < 理化学研究所・生命機能科学研究センターにて >





関西視察  第2日目(10月25日)


 神奈川県議会・がん議連の視察にて、<小野薬品工業株式会社>と<公益財団法人大阪国際がん治療財団 大阪重粒子線センター>の2か所を訪問。

 オポジーボの開発で話題沸騰中の<小野薬品工業株式会社>、及び、日本で一番新しい重粒子線センターの<大阪重粒子線センター>の現地調査でしたので、前向きの空気が充満している中での活気溢れる視察となりました。


          
< 小野薬品工業株式会社にて >




 < 公益財団法人大阪国際がん治療財団 大阪重粒子線センターにて >






◆関西視察  第3日目(10月26日)


 京都にある<公益財団法人 松下社会科学振興財団・松下資料館>を訪問しました。

 先ずは、松下資料館の中の展示を全て見て、次に、松下幸之助が国家社会や政治について語っているビデオを時間が許す範囲で視聴してきました。







 「経営の神様」といわれた偉大な経営者(パナソニックグループの創立者)であった松下幸之助が、最初に行った国家社会への提言活動は、昭和27年(1952年)の「観光立国の提唱」でした。

 「日本の富のいちばん大きなものは景観美だと思う。これは天与のものであって、われわれがつくろうとしてもつくれない。この景観美を世界の人に鑑賞してもらおうというわけである。それには鑑賞する施設をつくらねばならない。それをつくってやれば、景観の美は永遠に尽きない。交通も便利になり、飛行機で飛べばすぐに日本に来られるから、サービスさえよくすればたくさんの人が外国から訪ねてきて、いあゆる“観光立国“ができるであろう。」という約65年前の提言は、今でも、輝きを全く失っていないと感じます。



 その後は、新幹線に乗り、急いで神奈川県庁に行き、現在開催されている<神奈川県議会・決算特別委員会>を傍聴。

                  (平成30年10月27日 記)




<711> 神奈川県議会 「平成30年 第3回定例会」
★<前半の部>が終了しました


 9月7日(金)から始まり12月21日(金)までの予定で開催されています「神奈川県議会 平成30年 第3回定例会」は、本日(10月16日)、「前半の部」が終了しました。


 私は、9月13日(木)には、本会議にて代表質問を、9月28日(金)に「防災警察常任委員会」にて【警察関係】の質問・10月2日(火)には「防災警察常任委員会」にて【くらし安全防災局関係】の質問を行ったところです。





 神奈川県議会は、今後は、11月上旬まで開催されます「決算特別委員会」での、平成29年度の神奈川県の決算の認定の議論が中心になります。

 その後、「後半部の部」は、11月下旬から、開催される予定になっています。


 どうぞ、引き続き、神奈川県議会の議論にご関心をお寄せ下さい。

                    (平成30年10月17日 記)




<710> 相原高広の<ミニ県政報告会>について
★議員の責務


~ 議員活動の報告をするのは議員の責務です ~





 「議会活動の報告をするのは、議員の責務」と考え、議会日程等と調整を図りながら、継続的に、<ミニ県政報告会>を開催しております。


 同時に、<議員活動について報告をする事>は、<県民の皆様の声を聴く広聴活動>でもあります。


★【議員活動の報告=広聴活動】 

 「県民の皆様の声を受け止め・議会へ反映させる事、県議会・県行政への理解を高める事、県民の皆様の衆知を集める事」等の大きな効果があると確信をしております。



 是非、相原高広の県政報告会にご参加下さい。

 開催日程につきましては、相原高広のHPにて、ご確認をお願いいたします。

*10月下旬の開催予定につきましては、既に、このHPの「イベント・会合のお知らせ」のページに掲載してございます。

                  (平成30年10月14日 記)




<709> 10月中旬の<ミニ県政報告会>のご案内
★是非、麻生区の皆様の声をお聴かせ下さい


 10月13日(土)に、<ミニ県政報告会>を、開催いたします。


 相原高広の<ミニ県政報告会>は、数人の参加者の方との座談会形式のタウンミーティングです。


 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願っております。


 是非、麻生区の皆様の声をお聴かせ下さい。





 <ミニ県政報告会>開催日時・場所

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  10月13日(土)  12時   新百合21  第3研修室にて
  10月13日(土)  13時10分   新百合21  第3研修室にて
  10月13日(土)  14時20分   新百合21  第3研修室にて
  10月13日(土)  15時30分   新百合21  第3研修室にて
  10月13日(土)  16時40分   新百合21  第3研修室にて
  10月13日(土)  17時50分   新百合21  第3研修室にて
  10月13日(土)  19時   新百合21  第3研修室にて


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
    <但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。>

 *途中退出も構いません。

                       (平成30年10月月10日 記)




<708> 芸術の秋を満喫
★イラストレーターの土谷尚武氏の個展を鑑賞


 10月3日(水)は、表参道にて、数時間を過ごしました。

 以前より注目をしている、イラストレーターの土谷尚武氏の個展(「PRIMITIVE IMAGE OF NEW GODS」)を鑑賞するためです。

       *場所は、神宮前のHB Gallery。


 有意義な時間を過ごすことが出来ました。




                       (平成30年10月6日 記)




<707> 防災警察常任委員会 報告
★神奈川県議会では、委員会議論が行われています


 神奈川県議会の定例会の方は、現在、委員会(常任委員会・特別委員会)での議論が行われている真っ最中です。


 私は、所属をしております「防災警察常任委員会」にて、9月28日(金)と10月2日(火)に質問を行ったところです。


 ● 9月28日(金)・・・【 警察 】関係

  神奈川県警察の認知症高齢者の行方不明者対策について


 ● 10月2日(火)・・・【 くらし安全防災局 】関係

  ① 消費者行政・・・かながわ中央消費者センターの実績について

  ② 地域防犯事業(防犯カメラ事業)について


 引き続き、神奈川県の防災行政・警察行政の推進に取り組んで参ります。

                   (平成30年10月5日 記)




<706> 麻生区の皆様の声をお聞かせ下さい
★平成30年9月開催の<ミニ県政報告会> 終了


 平成30年9月に開催を予定しておりました<ミニ県政報告会>は、本日(9月29日)で、全て終了しました。


 次回は、来月・10月に、開催する予定です。

 日程が確定次第、このHPにて、ご案内させていただきます。


 相原高広の<ミニ県政報告会>に少しでもご関心のある方は、是非、ご参加下さい。

 ご参加を心からお待ちしております。



 
*写真は、会場として使用いたしました「新百合21」
   (小田急線・新百合ヶ丘駅の北口より徒歩数分)の様子です。














                     (平成30年9月30日 記)




<705> <ミニ県政報告会>のご案内
★麻生区の皆様の声をお聴かせ下さい


 9月29日(土)に、<ミニ県政報告会>を、開催いたします。


 相原高広の<ミニ県政報告会>は、数人の参加者の方との座談会形式のタウンミーティングです。


 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願っております。


 是非、麻生区の皆様の声をお聴かせ下さい。





 <ミニ県政報告会>開催日時・場所

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  9月29日(土)   11時40分   新百合21  第3研修室にて
  9月29日(土)   12時50分   新百合21  第3研修室にて
  9月29日(土)   14時   新百合21  第3研修室にて
  9月29日(土)   15時10分   新百合21  第3研修室にて
  9月29日(土)   16時20分   新百合21  第3研修室にて
  9月29日(土)   17時30分   新百合21  第3研修室にて
  9月29日(土)   18時40分   新百合21  第3研修室にて
   9月29日(土)   19時50分   新百合21  第3研修室にて


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
    <但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。>

 *途中退出も構いません。

                       (平成30年9月月23日 記)




<704> 神奈川県政について話をしませんか?
★<ミニ県政報告会>を開催します


 9月22日(土)に、<ミニ県政報告会>を、開催いたします。


 相原高広の<ミニ県政報告会>は、数人の参加者の方との座談会形式のタウンミーティングです。


 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願っております。





 <ミニ県政報告会>開催日時・場所

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  9月22日(土)   12時30分   新百合21  第3研修室にて
  9月22日(土)   13時40分   新百合21  第3研修室にて
  9月22日(土)   14時50分   新百合21  第3研修室にて
  9月22日(土)   16時   新百合21  第3研修室にて
  9月22日(土)   17時10分   新百合21  第3研修室にて
  9月22日(土)   18時20分   新百合21  第3研修室にて
  9月22日(土)   19時30分   新百合21  第3研修室にて


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
    (但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)

 *途中退出も構いません。

                       (平成30年9月月19日 記)




<703> 本会議・代表質問
★本会議にて、代表質問を行いました


 9月13日(木)に、本会議にて、代表質問を行いました。


 今回は、知事・教育長・警察本部長に対する質問です。


 9月8日(土)より風邪をひいており、また、カゼ薬も飲んでいましたので、体調としては大変に酷い状態でしたが、質問の方は無事に終える事が出来ました。





   
★ 質 問 要 旨 (概略) ★


1 県政の重要課題について   <答弁者・・・知事>


 (1)  障害福祉に従事する人材の確保と育成について

 平成30年第2回定例会の特別委員会や常任委員会においても議論となった書籍である『開けられたパンドラの箱 やまゆり園障害者殺傷事件』を読んで、改めて、障害福祉の現場で働く人の確保と育成が極めて大切であると認識したところである。
 そうした中、「神奈川県障がい福祉計画 第5期」において、人材の確保と育成では、「指定障害福祉サービス等に従事する者の確保又は資質の向上等のために講ずる措置」として位置付けており、現在改定作業中の「かながわ障害者計画」においても、人材の確保と育成の観点での適確な対応を大いに期待している。
 そこで、障害福祉サービスに従事する人材の確保と育成に関して、県議会を含め議論のあった本についての感想や「かながわ障害者計画」の改定における対応を含め、所見を伺いたい。


 (2)  県職員の公務災害について

 仕事に関しては、いつの時代、いかなる状況でも、労働災害及び公務災害への対策が極めて重要であると考えている。
 本県においては、通勤災害を含む公務災害に対して、各任命権者が、未然防止の為の十分な対策を実施しているものと認識しているが、現実には、公務災害の発生を完全にゼロにするのは不可能である。
 そこで、本県の常勤職員と非常勤職員の通勤災害を含む公務災害の認定状況と補償の状況等について、報告を願う。
 その上で、各任命権者とも公務災害防止対策を十分に実行していると考えているが、知事部局における公務災害防止対策の現状と今後の対応について、所見を伺いたい。



2 教育問題について   <答弁者・・・教育長>


 (1)  教員の採用について

  ア  教員採用試験の面接試験について

 採用から数年間で猥褻事件で懲戒免職を受ける教員については、教員に向いていない人間を教員として採用した県教育委員会の採用の判断自体に問題があったと考える。
 そのような状況を踏まえ、平成30年第1回定例会において、県教育委員会の最高幹部が面接試験に加わるべきと提言をしたが、今年の「神奈川県公立学校教員採用候補者選考試験」の面接試験に、教育長が加わったことについては、高く評価している。
 そこで、教育長が教員採用試験の面接試験に実際に加わった経験を踏まえ、県教育委員会が行う教員採用試験の面接試験に対する所感を伺いたい。
 その上で、教員採用試験の面接試験の今後について、所見を伺いたい。


  イ  県立学校教員の再任用について

 再任用制度の基本趣旨については一定の理解をするが、過去に不祥事があった教員を定年退職後に機械的に再任用として採用することに疑問を持つ。
 特に、猥褻や体罰等の問題で、地方公務員法上の懲戒処分を受けた教員を再任用することに対しては、生徒、保護者や県民は疑問を持つものと確信している。
 そこで、再任用された県立学校の教諭等の地方公務員法上の処分の状況について、そのうち特に、猥褻と体罰の処分状況について、報告を願う。
 その上で、猥褻と体罰で地方公務員法上の処分を受けた教員の再任用について、また、再任用された場合の監督指導について、所見を伺いたい。



 (2)  経済的な困難を抱えた県立高校生徒への配慮について

  ア  高等学校等就学支援金及び高校生等奨学給付金について

 高等学校等就学支援金制度及び高校生等奨学給付金制度は、経済的な困難を抱えた県立高校生徒を支援する制度として大変に有意義であると認識しており、要件に該当する生徒が、一人も漏れること無く制度の恩恵を受けるべく、県教育委員会の一層の対応を強く期待するところである。
 そこで、高等学校等就学支援金制度及び高校生等奨学給付金制度の要件に該当する生徒の申請の実態について、申請漏れやあるいは最終的に申請漏れにならなくとも申請手続きの遅れ等をどの様に推測しているのか、所見を伺いたい。
 その上で、両制度ともに、要件に該当する生徒の申請漏れが完全に解消する為の対応、さらには、要件に該当しながら申請が遅れた生徒に対する配慮について、所見を伺いたい。


  イ  県立高校における授業料の滞納について

 本県の県立高校の平成29年度末現在の授業料の未済額は、全日制の合計で約5,000万円、定時制の合計で約900万円、両方合わせて約5,900万円になっており、学校数と滞納者の人数では、全日制で61校572人、定時制で19校300人である。
 現在、県教育委員会では、授業料滞納者に対して「納入誓約書」の提出を求める等の対応をしている。
 授業料滞納者には様々な状況があることと想像するが、卒業時には、この「納入誓約書」の提出を、是非、実行してほしいと強く願うところである。
 そこで、授業料の滞納があったまま卒業した生徒の状況と納入誓約書の提出状況について、報告を願う。
 その上で、今後の県立高校の授業料の滞納対策について、所見を伺いたい。



3  認知症高齢者支援における県警察の対応について   <答弁者・・・警察本部長>

 (1)  認知症高齢者の行方不明者対策について

 全国における行方不明者の届出受理数のうち、認知症に係る届出受理数は年々増加している。
 県内でも全国と同様の傾向が見られ、認知症高齢者の行方不明事案の増加は、現場の警察官の負担等を増大させており、厳しい状況にあると認識している。
 今後、高齢者人口の増加に伴い、認知症の高齢者も増加していくことが推定されるが、警察や関係機関、地域の方々が連携して認知症の高齢者を見守り、行方不明となった場合には早期に発見するなど、認知症の高齢者が安心して暮らせる地域社会づくりに取り組む必要があると強く考えている。
 そこで、認知症が関係する本県内の行方不明者の届出状況とこれまでの県警察の取組について、報告を願う。
 その上で、認知症が関係する行方不明者対策の今後の対応について、所見を伺いたい。


 (2)  認知症高齢者の交通事故防止対策について

 全国における高齢運転者に係る交通事故の情勢は、全年齢層の死亡事故件数が減少傾向にあるのに対し、ほぼ横ばい傾向にあり、その占める割合が増加するなど、厳しい状況にあると承知している。
 高齢運転者の運転免許保有数は、今後も、より一層、増加することが見込まれており、これらに対する交通事故防止対策は喫緊の課題である。
 中でも、認知症高齢運転者の事故防止は極めて重要な課題であり、十分な取組が必要と強く考えている。
 そこで、認知症が関係する本県内の交通事故の発生状況とこれまでの県警察の取組について、報告を願う。
 その上で、認知症に関係する交通事故防止対策の今後の対応について、所見を伺いたい。


                   (平成30年9月19日 記)




<702> 9月13日、本会議にて代表質問を実施
★「発言通告書」を提出しました


 9月13日(木)の午後に、本会議にて、代表質問を行います。

 提出期限の昨日(9月10日)、「発言通告書」を提出してきました。



   【 質問項目は以下の通りです 】


1 県政の重要課題について   <答弁者・・・知事>

 (1)  障害福祉に従事する人材の確保と育成について

 (2)  県職員の公務災害について


2 教育問題について   <答弁者・・・教育長>

 (1)  教員の採用について

  ア  教員採用試験の面接試験について
  イ  県立学校教員の再任用について

 (2)  経済的な困難を抱えた県立高校生徒への配慮について

  ア  高等学校等就学支援金及び高校生等奨学給付金について
  イ  県立高校における授業料の滞納について


3  認知症高齢者支援における県警察の対応について   <答弁者・・・警察本部長>

 (1)  認知症高齢者の行方不明者対策について

 (2)  認知症高齢者の交通事故防止対策について



 
 ★ 写真は、実際の「発言通告書」です。 ★




                      (平成30年9月11日 記)




<701> 第3回定例会 スタート
★9月7日(金)から第3回定例会が始まりました


 9月7日(金)から、神奈川県議会の「平成30年 第3回定例会」が始まりました。

 この定例会は、12月21日(金)までの開催予定です。


 現在、私は、9月13日(木)に行う<本会議・代表質問>の最後の調整をしている最中です。

   *「質問通告書」の提出期限は、9月10日(月)の午後5時となっています。



 ★下記の写真は、神奈川県議会の定例会告知のポスターです。★      




                   (平成30年9月8日 記)









  この度の台風21号、北海道胆振東部地震におきまして、犠牲になられました方々のご冥福をお祈り申し上げますとともにご家族様のご心痛をお察し申し上げます。
 また、被災された皆様にお見舞いと一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

    平成30年9月7日   神奈川県議会議員 相 原 高 広 









<700> 夏の期間の議員活動 報告⑪
★防災警察常任委員会 県外調査(台湾にて)実施


 9月3日(月)から6日(木)まで、神奈川県議会の「防災警察常任委員会」の県外調査で、台湾を訪問してきました。

 大変に有意義な現地調査となりました。



 
★  調 査 先  ★

1、台湾警察専科学校(台北市)

2、内政部消防署訓練センター(南投県)

3、921地震教育園区(台中市)

4、台湾能美防災股分有限公司生産工場(桃園市)

5、台北市防災科学教育館(台北市)

6、新北市議会(新北市)

                  (平成30年9月6日 記)




<699> 夏の期間の議員活動 報告⑩
★五重塔盆踊り・・・麻生区に秋の気配


 8月26日(日)に、麻生区において「五重塔」で有名な香林寺にて、盆踊りが開催されました。








 毎年、「五重塔盆踊り」が終わりますと、残暑が厳しくとも、麻生区に秋の訪れを感じます。


 私の今年の夏の期間の議員活動は、あとは、「防災警察常任委員会の県外調査」を残すのみとなりました。


 これからは、9月7日(金)から始まる「神奈川県議会 平成30年 第3回定例会」の準備に本格的に取り掛かります。

                     (平成30年8月27日 記)




<698>
 夏の期間の議員活動 報告➈
★<ミニ県政報告会>を開催しました





 昨日・8月16日(木)は、「新百合21」の研修室を一日中使用して、<ミニ県政報告会>を開催しました。

 1回につき1時間以内で、8回の開催をしたところです。


 私は、「良識の麻生区の皆様の声を聴く広聴活動」を重視しており、その一つの方法として、<ミニ県政報告会>を開催しているところです。

 今後も継続して、<ミニ県政報告会>を開催して参りますので、是非、麻生区の皆様の声をお聴かせください。


 但し、当然の事でありますが、麻生区の皆様からどの様な意見が出されたとしても、政治家としての最終判断は、自己責任で行わなければなりません。

                     (平成30年8月17日 記)




<697> 夏の期間の議員活動 報告⑧
★<ミニ県政報告会>を開催します


 8月16日(木)に、<ミニ県政報告会>を、開催いたします。

 相原高広の<ミニ県政報告会>は、数人の参加者の方との座談会形式の会です。

 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願っております。





 私は、神奈川県議会議員の活動として、<広聴活動>を大変に重要と考えております。

 麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく広聴活動を、この<ミニ県政報告会>の開催を含めて、引き続き、様々な方法で実施して参ります。



<ミニ県政報告会>開催日時・場所

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  8月16日(木)   11時10分   新百合21  第1研修室にて
  8月16日(木)   12時20分   新百合21  第1研修室にて
  8月16日(木)   13時30分   新百合21  第1研修室にて
  8月16日(木)   14時40分   新百合21  第1研修室にて
  8月16日(木)   15時50分   新百合21  第1研修室にて
  8月16日(木)   17時   新百合21  第1研修室にて
   8月16日(木)   18時10分    新百合21  第1研修室にて
  8月16日(木)   19時20分    新百合21  第1研修室にて


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
    (但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)

 * 途中退出も構いません。

                       (平成30年8月14日 記)




<696> 夏の期間の議員活動 報告⑦
★読書・・・酷暑への対応として有意義です


 今年の夏は、大変な酷暑で天候不順もありますので、屋外での活動が難しい時は、読書が大切な時間の過ごし方になっています。



 ★ 読 書 ① ・・・・・ 特に、読みたい思っていた本。








 『仕事としての学門  仕事としての政治 (マックス・ウェーバー 著、 野口雅弘 訳)』 (講談社学術文庫) を読み始める。

 本の帯には、「ウェーバー先生が説く、立派な生き方。 従来のイメージを一新する画期的な新訳!」とある。

 当然ながら、傍らに、『職業としての学門(マックス・ウェーバー 著、 尾高邦雄 訳)』と『職業としての政治(マックス・ウェーバー著、 脇圭平 訳)』 を置く。




 ★ 読 書 ② ・・・・・ 1人の神奈川県議会議員として読もうと考えた本。








 個人としては、決して、喜んで読みたいと思う本ではありませんが、一人の神奈川県議会議員としては、読もうと考えた本です。


 (1) 『開かれたパンドラの箱 やまゆり園障害者殺傷事件』(月刊「創」編集部)

 (2) 『妄信 相模原障害者殺傷事件』(朝日新聞取材班)

                   (平成30年8月13日 記)




<695> 夏の期間の議員活動 報告⑥
★麻生区の夏の行事(盆踊り等)・・・今がピークです


 8月4日(土)は、約10か所の麻生区内の<夏祭り・盆踊り>に、参加させていただきました。


 麻生区内の<夏祭り・盆踊り>は、毎年、8月の第1土曜日・日曜日が、ピークです。


 夏祭り・盆踊り等の地域行事は、私達・議員にとって、地域の皆様と意見交換をする事が出来る絶好の場で、大変に有意義な機会となります。

 是非、神奈川県政に対する、麻生区の皆様のご質問・ご意見・ご要望を、お聞かせ下さい。



 ★ 写真は、早野町会の盆踊りの風景。

  早野の盆踊りは、昔ながらの風情のある素敵な盆踊りです。




                   (平成30年8月6日 記)




<694> 夏の期間の議員活動 報告⑤
★防災警察常任委員会の県内調査を実施


 8月3日(金)に、「神奈川県議会 防災警察常任委員会」の県内調査が実施され、<海上保安庁 第3管区海上保安本部 横浜海上防災基地>と<神奈川県 総合防災センター>を訪問しました。


 海上保安庁は、海上の治安確保の為に、密輸・密航対策・国内密漁対策・不審船対策・工作船対策・テロ対策を業務としていますが、この日は、海上保安官が、日々、目的遂行の為に過酷な訓練を行っている事を垣間見ることが出来ました。



 ★ 写真は、引き上げられた後に、<海上保安庁 第3管区海上保安本部 横浜海上防災基地>に展示されている、北朝鮮の工作船。

 平成13年に九州南西海域で、海上保安庁が、北朝鮮の工作船不審船情報を入手し巡視船と航空機で追尾。
 不審船が停船命令を無視して逃走を続け、巡視船の威嚇射撃に対して不審船は自動小銃やロケットランチャーで反撃した。
 最終的に、不審船は自爆と思われる爆発を起こして沈没した。
 翌日に発見された乗組員の遺体の状況などから不審船は北朝鮮の工作船だと見られていたが、それが確認されたのは、船体を海底から引き揚げた後の事。





                    (平成30年8月5日 記)




693> 夏の期間の議員活動 報告④
★来年度の神奈川県の予算編成に向けて・・・予算要望ヒアリングの実施


 現在、私の所属する神奈川県議会の会派(「県政会 神奈川県議会議員団」)では、来年度の神奈川県の当初予算の編成に向けて、県内の市町村や各種団体から、予算要望ヒアリングを実施しています。


 神奈川県の来年度の当初予算の編成は、夏から徐々に始まり、12月・1月に最終的な編成作業が行われ、来年2月から始まると見込まれる「第1回定例会」で議会に提案されます。


 県民の皆様・市町村・各種団体から要望される全ての事を予算に反映するのは困難ですが、何よりも先ずは、多くの要望を聴く事が重要と考えているところです。


 素晴らしい神奈川県の予算が完成する様に、神奈川県議会議員の立場で取り組んで参ります。



 ★ 写真は、7月31日(火)に実施した、箱根町・真鶴町・湯河原町でのヒアリング活動の様子。



                   (平成30年8月1日 記)




<692> 夏の期間の議員活動 報告③
★議会運営委員会の県外調査を実施


 神奈川県議会の議会運営委員会の県外調査にて、7月26日(木)・27日(金)の2日間で、福井県議会と石川県議会を訪問しました。


 地方議会の運営方法については、原則となる基本的な運営方法はどの議会も同じですが、詳細の部分については、各議会で相当異なるものがあります。

 勿論、議会運営の詳細部分に関しては、絶対的な正解というものは在りません。


 各議会を訪問する度に感じるのは、各議会とも長い歴史の蓄積により現在の姿があるという事です。

 各議会とも議会運営方法の詳細部分には違いが有り、その経緯について話を聴く度に、感心するところです。



 
★ 写真は、石川県議会の正面ロビーにて。 





                   (平成30年7月28日 記)




<691> 夏の期間の議員活動 報告②
★麻生区の夏の行事(盆踊り等)も本格的にスタート


 麻生区内の<夏祭り・盆踊り>の行事が本格的に始まりました。


 7月21日(土)は、上麻生東町会の納涼盆踊り大会に伺わせていただきました。

 上麻生東町会の納涼盆踊り大会は、地元では、花火が盛大な事で知られています。






★私達・議員にとって、各種の地域行事は、住民の皆様の様々な声を聴かせていただく絶好の機会となります。

 会議室等において神奈川県政に関するご意見・ご要望・ご質問をいただく事は大変に重要でありますが、少し砕けた雰囲気の中で地域の皆様の声を聴くことも大切な議員活動の一つだと考えております。

 どうぞ、お会いしました時には、是非、率直なお声をいただければと思います。

                    (平成30年7月24日 記)




<690> 夏の期間の議員活動 報告①
★県政調査(北海道網走市を中心)を実施しました


 7月18日(水)から20(金)までの2泊3日間、「神奈川県議会の県政調査」にて、北海道網走市に現地調査に行ってきました。



 ★調査先は、下記の通り。


  ① 網走市役所・・・「WHOの健康都市」等の説明を伺う。

  ② 日本体育大学附属高等支援学校

  ③ 網走スポーツ・トレーニングフィールド

  ④ 東京農業大学オホーツクキャンパス

  ⑤ 北海道開発局網走開発建設部

  ⑥ シーニックハイウェイに関する現地調査

  ⑦ 道の駅メルヘンの丘めまんべつ

  *①~⑥は、網走市内。  ⑦は、大空町内。





*写真は、網走市役所前にて、水谷洋一・網走市長(中央右)と私(中央左)と参加議員(県政会所属議員)。

*今回の調査では、大学時代の先輩である水谷洋一市長には、大変に忙しい中、多くのご配慮をいただき、心から感謝しているところです。


                  (平成30年7月20日 記)




<689> 夏の期間の議員活動について
★第2回定例会が終了しました


 7月11日(水)に、「神奈川県議会 平成30年 第2回定例会」が終了しました。

 次の神奈川県議会の定例会は、9月7日(金)に始まる「第3回定例会」です。

 よって、7月12日(木)から9月6日(木)までは、夏の期間の議員活動となります。



*私の<夏の期間の活動>の主な物は、概ね以下の通りです。  < 順不同 >


  ① 議会運営委員会の県外調査

  ② 防災警察常任委員会の県内調査と県外調査

  ③ 県政調査 (行先:北海道網走地域)

  ④ 会派(県政会)として、各種団体および市町村から来年度の予算への要望のヒアリング活動

  ⑤ 第3回定例会での質問の準備。

  ⑥ 「(ミニ)県政報告会」の開催

  ⑦ 地域活動(各種の行事への参加等) 


 大変に暑い夏ですが、健康に留意しながら、精力的に活動に励んでいきたいと思います。


                   (平成30年7月15日 記)




<688> 本会議・代表質問 報告 (個別課題)
★困難を抱えた生徒への支援の充実の為に


 6月20日の本会議・代表質問の中で、「様々な困難を抱えた県立高校の生徒への支援の充実」を教育委員会へ要請しました。


 質疑内容が、7月2日(月)の『朝日新聞』(朝刊・地方版)に掲載された事から、多くの方から連絡をいただきました。

   *記事の内容につきましては、『朝日新聞』にて、ご確認を願います。


 その多くは、私の発言に賛同の物であり、生徒支援をより一層を充実すべきとの強い期待の声でした。





 引き続き、経済的困難を含む様々な困難を抱えた県立高校の生徒への支援の充実の為に、神奈川県議会議員の立場から取り組んで参ります。

                   (平成30年7月11日 記)




<687> 本会議・代表質問 報告 (質問内容・・・全体概略)
★6月20日、本会議にて、代表質問を実施しました









*<質問内容ー要旨(概略)>は、以下の通りです。


 【神奈川県民の安全と安心の確保のための取組に関わる諸課題について】


(1) ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックに向けて、対応をより一層強化すべき課題について

 ① 国民保護共同訓練について

 国民保護法に基づく国民保護措置は、地方公共団体が国と相互に連携協力し、的確かつ迅速な実施に万全を期さなければならない法定受託事務であり、地方公共団体は、国民保護措置に関する訓練を行うよう努めることとされている。
 本県においては、平成20年度に、最初の訓練を図上訓練により実施しており、2019年ラグビーワールドカップ及び2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催都道府県であることから、平成27年度以降は毎年実施している。この事については、高く評価しているところである。
 そこで、本年度実施を予定している国民保護共同訓練の内容について及び来年度の国民保護共同訓練の実施について、所見を伺いたい。

 ② サイバーセキュリティ対策について

 インターネットを中核的な基盤とするサイバー空間は、経済社会の今後の持続的な発展の重要基盤になっている一方で、悪意ある主体が引き起こす種々のリスクへの対処として、サイバーセキュリティに関する取組が極めて重要になっている。
 この様な状況を踏まえ、国では、平成27年9月に閣議決定されたサイバーセキュリティ戦略の次期戦略を策定中であり、来月には閣議決定される重要な段階にある。
 本県のサイバーセキュリティのレベルは、全国の地方自治体の中でもトップレベルと聞くが、莫大な住民情報を扱う地方自治体は常に危機意識をもって対応をすべきと強く確信している。
 そこで、本県のサイバーセキュリティのレベルに対する認識について、また、今後の本県のサイバーセキュリティ対策について、所見を伺いたい。


(2) 架空請求詐欺への対策強化について

 架空請求詐欺については、相談件数は順調に減少してきたが、残念な事に、5年ほど前から再び増加に転じている。
 架空請求詐欺への対応の一つとして、本県も架空請求に関わる事業者名をホームページに掲載しているが、対応に要する時間の短縮や架空請求事業者の網羅的な対応を期待するとともに、架空請求事業者への直接的なアプローチに関して十分に検討すべきと考える。
 そこで、架空請求事業者の県のホームぺージへの掲載に関して、相談が入ってから掲載されるまでの所要時間について、報告願う。その上で、この所要時間を短縮する取組について、また、全ての架空請求事業者を網羅的にホームページに掲載する事について、所見を伺いたい。併せて、県自らが架空請求事業者へ直接アプローチをする事及び他の効果策を検討する事について、所見を伺いたい。


(3) 教育問題について

 ① 県立学校での教育実習生に対するセクシュアル・ハラスメントについて

 教育実習生に対するセクハラは、教育実習が教員免許取得上の必修事項になっている以上、強い問題意識を持ち続けるべきと考える。
 県教委育委員会は、平成20年度に「教育実習生対象のスクール・セクハラ実態調査」を実施しており、それ以降は、教育実習生に対するセクハラ問題が発生したとは聞いておらず、これまでの取組の成果であると推測しており、評価しているところである。
 そこで、平成20年度の実態調査の実施から、今日まで同様の調査が実施されていないが、この10年間の県立学校における教育実習生に対するセクハラの実態について及び県教育委員会の取組の成果について、所見を伺いたい。併せて、県立学校での教育実習生に対するセクハラ問題に対する今後の取組について、所見を伺いたい。

 ② 県立高校での生徒支援としての居場所カフェ等について

 県立高校には、経済面も含め、多様な困難を抱えている生徒がいると考えており、そうした生徒の相談やアドバイスの相手となる人が、県立高校内に多種多様に存在している事が大切と考える。
 多様な人達の関わりの実現を目指す中で、高校内居場所カフェには、大変期待しているところであるが、一方で、運営する団体には物理的な余裕が少ないと聞く。
 県教育委員会が、該当する県立高校と一緒になり、既存の高校内居場所カフェに加え、新たに高校内居場所カフェを始めたいと考える団体への協力支援を行う事を強く期待するところである。
 そこで、困難な状況を抱えた生徒への支援の充実の為に、高校内居場所カフェに対する協力支援について、所見を伺いたい。併せて、生徒支援の充実のために、校内居場所カフェを含め外部の団体との連携協力について、所見を伺いたい。


(4)
生活安全産業について


 ① 警備業の育成について

 我が国における警備業は、昭和39年に開催された東京オリンピックの警備によってその存在が広く認識され、国民に幅広く生活安全サービスを提供している重要な産業となっている。
 2019ラグビーワールドカップや2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会などの大規模イベントでは、相当数の警備員が必要となる事が予想されることから、警備員の質と量の確保は、喫緊の課題であると認識している。
 そこで、過去5年間に、警備業法違反等により、神奈川県公安委員会が行った行政処分の状況について、報告を願う。その上で、警備業者の健全な育成を図るための県警察の今後の取組について、所見を伺いたい。

 ② 古物営業及び質屋営業について

 減少している状況にある刑法犯のうち、窃盗犯は全体の7割以上を占めており、盗品等の主な処分先は、その半数以上が古物商及び質屋である。
 警察白書によると、質屋営業の許可件数は減少傾向であるものの、古物商の許可件数は年々増加しており、県民の生活に根付いた身近な存在になっている一方で、盗品等の被害品が混入し、犯罪の助長につながる危険性がある。県警察が指導監督を徹底し、営業者等に盗品等の売買の防止や速やかな発見に努めさせることが、窃盗等の犯罪の防止と被害の回復につながるものと考える。
 そこで、県内の古物商や質屋における盗品等の取扱い状況と行政処分の状況について、報告を願う。その上で、古物商や質屋に対する指導監督等に関する県警察の今後の取組について、所見を伺いたい。



★(1)と(2)は、知事へ、(3)は教育長へ、(4)は警察本部長への質問です。

                  (平成30年7月1日 記)




<686> 平成30年 第2回定例会 代表質問
★6月20日、本会議にて、代表質問を行います


 6月20日(水)に、本会議にて、代表質問を行います。



★下の写真は、6月15日(金)に提出した、実際の「発言通告書(質問通告書)」です。





*質問項目は、以下の通りです。


 【神奈川県民の安全と安心の確保のための取組に関わる諸課題について】


 (1)ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックに向けて、対応をより一層強化すべき課題について

  ア 国民保護共同訓練について

  イ サイバーセキュリティ対策について


 (2)架空請求詐欺への対策強化について


 (3)教育問題について

  ア 県立学校での教育実習生に対するセクシュアル・ハラスメントについて

  イ 県立高校での生徒支援としての居場所カフェ等について


 (4)生活安全産業について

  ア 警備業の育成について

  イ 古物営業及び質屋営業について


★(1)と(2)は、知事へ、(3)は教育長へ、(4)は警察本部長への質問です。


                  (平成30年6月19日 記)




<685> 平成30年 第2回定例会 スタート
★私の平成30年度の役職等


 神奈川県議会の平成30年度の最初の定例会(「平成30年 第2回定例会」)が、5月16日(水)から始まっています。

 7月11日(水)までの予定です。



  この定例会の中で、過日、
平成30年度の役職・担当等が決まりました。


   <<  私の役職・担当等は以下の通りです。 >>


 1、 【会派】  県政会 神奈川県議会議員団 団長 (6回目)

  無所属の神奈川県議会議員が中心になり構成している神奈川県議会内の会派であります「県政会 神奈川県議会議員団」の団長(=代表)を、引き続き、務めます。


 2、 【常任委員会】  防災警察常任委員会 委員

  平成28年度・平成29年度と同じく、「警察」と「くらし防災局」に関して審議する常任委員会に所属します。

 神奈川県議会では、議員(議長を除く)は、いずれか一つの常任委員会に所属する事になっています。


 3、 【その他】  議会運営委員会 委員

  平成27年度・平成28年度・平成29年度に続いて、議会運営委員会の委員を務めます。


 引き続き、平成30年度も、神奈川県議会議員の立場から、神奈川県政の発展に取り組んで参ります。

                   (平成29年6月1日 記)





<684> 
平成30年度 スタート
★平成30年度も宜しくお願いいたします


 平成30年度に入りました。


 平成30年度は、私達・神奈川県議会議員とりましては、1期4年間の任期の最終年度となります。

 4年の任期の最終年度は、神奈川県政の発展の為に議員活動を引き続き展開するとともに、同時に、任期・4年間の活動報告をする年でもあります。


 引き続き、平成30年度も、神奈川県政の発展の為に、神奈川県議会議員として、全力で取り組んで参ります。

 何卒、より一層のご指導の程を宜しくお願いいたします。



【 神奈川県庁・本庁舎の上部 (日本国旗と神奈川県旗) 】





 
【 神奈川県庁・本庁舎正面入口前の花壇 】        



                  (平成30年4月14日 記)




<683> 麻生川桜まつり
★麻生区 本格的な春の到来


 3月31日(土)、<麻生川桜まつり (麻生区観光協会 主催)>が開催されました。


 例年ですと、麻生区の春の訪れと同じ頃に開催されます<麻生川桜まつり>ですが、今年の麻生区は既に完全な春です。

 麻生区の桜は満開です。


 大変に気持ちの良い一日を過ごさせていただきました。

 主催者であります麻生区観光協会をはじめとする関係者の皆様に心から感謝申し上げます。



【 麻生川の染井吉野桜は、麻生区および小田急線沿線の桜の名所として有名です。 】



                 (平成30年4月1日 記)




<682> 県政調査
★(栃木県)日光市と矢板市で実施しました


 3月26日(月)から28日(水)まで、県政調査にて、栃木県の日光市と矢板市に行って参りました。


 ここ数年間、私の所属する神奈川県議会内の会派である<県政会>の県政調査では、「スポーツと地域の活性化」をテーマの1つに設定しております。

 今回は栃木県の日光市(1日間)と矢板市(2日間)の調査です。

 両市の新しい力を入れている取り組みの一つは、「自転車(自転車とスポーツ、自転車と観光、自転車と健康等)」です。


 他自治体の取り組みの調査は、本当に良い参考になり、同時に、大きな刺激になります。



★写真は、矢板市での調査の一つとして、矢板市の行政全般について、市長と意見交換会を行った時のものです。

 市長は大変に多忙な職務ですが、齋藤淳一郎・矢板市長は私の早稲田大学・雄弁会の後輩ですので、無理をお願いして時間を取って貰い、昼食を取りながら、意見交換会を実施したところです。 
     (後輩に大感謝です!)

 【 齋藤淳一郎・矢板市長(中央左の赤いネクタイ)と5人の神奈川県議会議員 】



                    (平成30年3月29日 記)




<681> 平成30年 第1回定例会 終了
★今年度の神奈川県議会の会議は終了しました


 神奈川県議会の「平成30年 第1回定例会」が、3月23日(金)に終了しました。


 これで、平成29年度内の神奈川県議会の定例会は全て終了です。


 次回の神奈川県議会の定例会は、5月から7月まで開催予定の「平成30年 第2回定例会」です。


 引き続き、神奈川県政の発展の為に、議会でしっかりと議論をして参ります。

                  (平成30年3月25日 記)




<680> 本会議 代表質問 報告
★教員の不祥事について
    ・・・ 特に、採用から数年間で懲戒免職処分を受ける教員について


 私は、神奈川県の公立学校教育の向上の為に、神奈川県議会議員の立場から、全力で取り組んでおります。



【 相原高広の質問内容概略 】


 教員の不祥事について


   (1) 採用から数年間で懲戒処分になった教員の状況について

 採用数年間で猥褻関連で懲戒処分を受ける教員がいることは、採用した教育委員会に大きな問題がある。
 そこで、24年度以降毎年度の懲戒処分者数、採用から数年間以内で不祥事を起こし懲戒処分を受けた教員数の状況、本県では教員採用試験の受験者の選考区分が一般選考、特別選考、身体障害者特別選考、大学推薦の4つになっており、特別選考には社会人経験者、スポーツ・芸術実績者、かながわティーチャーズカレッジ修了者等の区分があるので、採用から数年間で懲戒処分を受けた教員の採用時の選考区分毎の懲戒処分の状況、採用から数年間で懲戒免職を受けた教員数、猥褻事件で懲戒免職となった教員の状況について、報告願う。
 その上で、採用から数年間で、猥褻事件で懲戒免職となる教員について、県教育委員会の採用の判断自体に問題があったと考えるが、所見を伺いたい。(教育長)


   (2) 教員の採用試験における面接試験について

 採用から短期間で猥褻事件の様な不祥事を起こし懲戒処分を受ける人物を教員として絶対に採用しない様にすべきと強く求める。
 そこで、当面の対応に関して、面接試験の厳粛性を確保し面接官の緊張感を高める為、また、県教育委員会の最高幹部が面接試験現場を十分に認識する為に、さらには、受験者の志に応える為に、教育長あるいは教育局長等の県教育委員会の最高幹部が面接試験に加わる事を強く期待をする。
 また、教員採用者の採用試験におけるデータは、現在は数年間しか全てを保管していないが、退職時まで保管を行い、採用・研修・能力開発等の精度を高める為の貴重な資料とすべきだと考える。
 次に、中期的な対応としては、公立学校教員の採用試験の方法について、特に面接試験の在り方について、検討を行うべきと考える。
 以上、提案した事について、所見を伺いたい。



★★  参考資料  <教育長の答弁> 『神奈川新聞』(平成30年2月17日) 抜粋  ★★


  
*詳細内容につきましては、『神奈川新聞』にて、ご確認をお願いいたします。


< 教員のわいせつ処分36人 県教委、採用改善へ >


 県教育委員会は、県立高校や市町村立小中学校(政令市を除く)などに勤務する教員のうち、過去6年間に119人が懲戒処分を受けたと明らかにした。

 児童生徒らに対するわいせつ行為での処分は36人で、このうち12人は採用5年未満だった。


 桐谷教育長は、「採用の判断に誤りがあったと言わざるを得ない」と述べ、面接試験の改善を図る意向を示した。

 県教委によると、2012年度から6年間で最も懲戒処分が多かったのは12,16年度の26人で、17年度は今月(平成30年2月)時点で20人。

 119人のうち採用5年未満は33人で、10人がわいせつ行為で懲戒免職となった。


 教員の採用は、筆記試験や模擬授業をはじめ、面接で意欲や使命感などに関する質問をして個性を判断している。

 児童生徒への接し方は「2人きりで指導して連絡先を伝えられた場合はどう対処するか」といった質問で確認するが、不適格な要素を見抜くのは困難なのが実情という。

 桐谷教育長は、「採用間もない教員の不祥事に強い危機感を抱いている」と説明。

 臨床心理士に本質の見抜き方を学ぶなどして面接のノウハウを身につけるほか、面接員の自覚を促すため自身を含む幹部が面接に加わる意向も示した。


 県議会本会議で、相原高広氏(県政会)の代表質問に答えた。

                 (平成30年3月18日 記)




<679> 神奈川県政について話をしませんか?
★<ミニ県政報告会>のご案内


 このHPの<イベント・会合のお知らせ>のページにて、既に案内を掲載中ですが、2月24日(土)に、<ミニ県政報告会>を開催いたします。

 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願っております。


 私は、神奈川県議会議員の活動として、<広聴活動>を大変に重要と考えております。

 引き続き、麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく広聴活動を、この<ミニ県政報告会>の開催を含めて、様々な方法で実施して参ります。


<ミニ県政報告会>開催日時・場所

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  2月24日(土)  午前11時   新百合21  第2研修室にて
  2月24日(土)  午後12時15分   新百合21  第2研修室にて
  2月24日(土)  午後 1時30分   新百合21  第2研修室にて
  2月24日(土)  午後 2時45分   新百合21  第2研修室にて
  2月24日(土)  午後 4時   新百合21  第2研修室にて
  2月24日(土)  午後 5時15分   新百合21  第2研修室にて
   2月24日(土)  午後 6時30分    新百合21  第2研修室にて
  2月24日(土)  午後 7時45分    新百合21  第2研修室にて


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
    (但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)

 * 途中退出も構いません。

                       (平成30年2月24日 記)




<678> 本会議 代表質問
★2月16日に、本会議にて、代表質問を行いました


 2月16日(金)に、知事・教育長・警察本部長に対して、代表質問を行いました。









   <<  質問内容・・・概略  >>



1、 天皇の退位等に関する皇室典範特例法に関わる本県の対応について   【知事】

 今上陛下の御即位に際して本県は、様々な対応を行ったと記憶している。(お祝い品として鎌倉彫の飾り盆「山ゆりの図柄」の献上等)
 大嘗祭の中心的な儀式である大嘗宮の儀と大饗の儀については、当時の長洲知事は、「政教分離の原則に反する」旨の理由で欠席した。
 同理由での欠席は全国の知事の中でも北海道の横路知事と長洲知事の2人だけだったと記憶しており、革新知事と言われた長洲知事の政治性と推測する。
 天皇陛下の退位、皇太子殿下の即位に際して、知事を筆頭として本県関係者が行う全てについて、910万神奈川県民の慶賀の誠を表す厳粛な気持ちで臨むことが最重要と考える。
 そこで、今上陛下の御即位に関連しての本県の対応について、報告をいただきたい。
 そして、天皇陛下のご退位と皇太子殿下のご即位に際しての本県としての心構えや対応について、所見を伺いたい。



2、 拉致問題に対する本県の取組について   【知事】

 本県では、これまで、「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」に規定された地方公共団体の責務である国民世論の啓発を図るために、様々な取組をしてきた。
 今年度では、毎年12月10日から16日までの北朝鮮人権侵害問題啓発週間の初日に、「すべての拉致被害者救出を!」めぐみさんと家族の写真展を、県と横浜市の主催、川崎市・相模原市・県議会有志の会の後援で開催した。
 また、2月16日には、映画「めぐみー引き裂かれた家族の30年」の上映会が、県立保健福祉大学にて、県と政府拉致問題対策本部の主催、横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町の後援で、開催される。
 本県として、拉致問題を風化させない取組を、より一層展開すべきと確信する。
 そこで、拉致問題を風化させない為の来年度・平成30年度の本県の取組について、所見を伺いたい。



3、 かながわグランドデザイン第2期実施計画と平成30年度当初予算案について  【知事】


  (1) プロジェクト事業費について

 計画期間が、平成27年度から30年度までの「かながわグランドデザイン第2期実施計画」の4年間のプロジェクト事業費の規模は、4,800億円となっている。
 既に、本年度までの3年間で、予算化された率は、5つの柱別に言えば、柱1の健康長寿では79.5%、柱2の経済のエンジンでは108.3%、柱3の安全・安心では74.7%、柱4のひとのチカラでは84.6%、柱5のまちづくりでは76.7%であり、合計では79.5%の予算化率になっている。
 そこで、平成30年度当初予算案における23のプロジェクト事業費及び4年間合計での予算化率について、報告をいただきたい。
 その上で、4年間の予算化に対する所見を伺いたい。



  (2) 予算化率が低いプロジェクトへの対応について

 第2期実施計画の23のプロジェクトの3年間の合計予算化率は79.5%だが、予算化率が70%未満のプロジェクトが3つある。
 3年間の予算化率が65.3%の「高齢者福祉」、67.7%の「雇用」、68.5%の「自然」である。
 プロジェクトの着実な推進の為に最も重要な鍵は、プロジェクトに位置付けられる事業を予算化して執行する事であり、3年間の予算化率が低い、3つのプロジェクトについては大変に気になる。
 そこで、3年間での予算化率の低い「高齢者福祉」と「雇用」と「自然」の3つのプロジェクトに対する平成30年度の当初予算対応について、及び、これら3つのプロジェクトの目標達成見込みに関して、所見を伺いたい。



4、
 教員の不祥事について   【教育長】


   (1) 採用から数年間で懲戒処分になった教員の状況について

 採用数年間で猥褻関連で懲戒処分を受ける教員がいることは、採用した教育委員会に大きな問題がある。
 そこで、24年度以降毎年度の懲戒処分者数、採用から数年間以内で不祥事を起こし懲戒処分を受けた教員数の状況、本県では教員採用試験の受験者の選考区分が一般選考、特別選考、身体障害者特別選考、大学推薦の4つになっており、特別選考には社会人経験者、スポーツ・芸術実績者、かながわティーチャーズカレッジ修了者等の区分があるので、採用から数年間で懲戒処分を受けた教員の採用時の選考区分毎の懲戒処分の状況、採用から数年間で懲戒免職を受けた教員数、猥褻事件で懲戒免職となった教員の状況について、報告願う。
 その上で、採用から数年間で、猥褻事件で懲戒免職となる教員について、県教育委員会の採用の判断自体に問題があったと考えるが、所見を伺いたい。(教育長)


   (2) 教員の採用試験における面接試験について

 採用から短期間で猥褻事件の様な不祥事を起こし懲戒処分を受ける人物を教員として絶対に採用しない様にすべきと強く求める。
 そこで、当面の対応に関して、面接試験の厳粛性を確保し面接官の緊張感を高める為、また、県教育委員会の最高幹部が面接試験現場を十分に認識する為に、さらには、受験者の志に応える為に、教育長あるいは教育局長等の県教育委員会の最高幹部が面接試験に加わる事を強く期待をする。
 また、教員採用者の採用試験におけるデータは、現在は数年間しか全てを保管していないが、退職時まで保管を行い、採用・研修・能力開発等の精度を高める為の貴重な資料とすべきだと考える。
 次に、中期的な対応としては、公立学校教員の採用試験の方法について、特に面接試験の在り方について、検討を行うべきと考える。
 以上、提案した事について、所見を伺いたい。



5、 県民が犯罪に不安と感じる場所への対策について  【警察本部長】

 昨年9月に内閣府が実施した「治安に関する世論調査」の中の、「犯罪の被害に遭うかもしれない不安になる場所は」との質問に対し、過去の同じ調査と比べて、著しく増加している場所が、「サイバー空間」と「電車、バス、飛行機などの乗り物の中」の2つであった。


   (1) サイバー犯罪対策について

 サイバー空間の脅威に対し、県警察では、昨年ランサムウェアを作成した被疑者を、全国で初めて検挙するなどサイバー犯罪の取締りを積極的に推進しているほか、サイバー教室や、民間事業者、学術機関、行政機関と連携した被害防止対策等、様々な対策を推進している。
 日々新たなサービスや情報技術が展開されると同時に、より高度で複雑・巧妙な手口の犯罪が出現するなど、サイバー空間の脅威が増大していく中、警察における対処能力の向上を図るための組織基盤の強化は、一刻の猶予も許されない状況であり、今後も各種の取組を強力に推進していく必要がある。
 そこで、サイバー犯罪対策に関して、本県の現状と県警察の今後の取組について、所見を伺いたい。


   (2) 鉄道等の乗り物に関わる犯罪対策について

 内閣府が実施した「治安に関する世論調査」の結果では、「犯罪の被害に遭うかもしれない不安になる場所は」との質問に対し、「電車、バス、飛行機などの乗り物の中」は順位としては4番目だが、16年の同様の調査結果の15.9%から34.6%へと約19%も増加しており、とりわけ女性の増加の割合が高く、乗り物内を犯罪の被害場所として不安視する傾向が強く見て取れる。
 鉄道という多数の人が集中する大量輸送手段の場所では、諸外国の例から考えられる新たな種類の犯罪を含め様々な犯罪対策が求められており、警察の対応に対して、一層の期待が高まっていると認識している。
 そこで、鉄道等における犯罪の発生状況及び今後の取組について、所見を伺いたい。

                   (平成30年2月23日 記)




<677> 平成30年 第1回定例会 スタート
★2月16日、本会議・代表質問を行います


 神奈川県議会の「平成30年 第1回定例会」が、2月9日(金)に始まりました。

 3月23日(金)まで、開催される予定です。


 この定例会の中心となる議題は、来年度・平成30年度の当初予算です。


 私は、2月16日(金)に、本会議にて、代表質問を行います。


 この定例会におきましても、神奈川県政の発展の為に、十分な議論をして参ります。


               (平成30年2月14日 記)




<676> 柳井さん(元駐米大使)のお祝い
★瑞宝大綬章ご受章祝賀会を開催


 柳井俊二様(元駐米大使、元外務省 事務次官、現国際海洋法裁判所 判事)が、昨秋、瑞宝大綬章をご受章されましたので、元カンボジア国際選挙監視要員一同でお祝いの会を開きました。  【 1月27日 開催 】


 もう25年前になりますが、平成5年に、私は、カンボジア国連PKO活動に、文民部門の一員(日本政府が派遣した選挙監視要員の一人)として、参加しました。

 この当時、総理府・国際平和協力本部の事務局長をされていたのが柳井俊二さんで、カンボジア国際選挙監視要員一同が大変にお世話になりました。


 これまでも2~3年に1回は懇親会を開いていましたが、今回は大きなお祝いの会であり、43人いたカンボジア国際選挙監視要員(2人が故人)のうち首都圏在住者を中心に20人が参加し、盛大な会となりました。








★柳井さん   本当におめでとうございます。 お元気で、益々のご活躍を心からお祈りいたしております。

               (平成30年2月5日 記)




<675> 報告・・・・・私事です
★54歳となりました


 私事の報告で誠に恐縮でございますが、1月22日(月)で、54歳となりました。


 私の facebook の方へは、多くの誕生日のお祝いのメッセージをいただきまして、本当に有難うござました。


 何卒、今後とも宜しくお願い申し上げます。




★1月22日(月)は、神奈川県を含めまして関東地域は大雪になりました。

 大雪の誕生日でしたが、昼頃に県庁に行き、県庁内の県議会の会派控室で仕事をしておりました。
  (普段と全く同じ1日でした。)


   【 1月22日(月)夕方の神奈川県庁 】






                 (平成30年1月25日 記)




<674> 活動報告
★『神奈川県議会レポート 第6-⑤号』を発行しました


 私の<平成29年4月1日から11月30日までの期間>の活動報告として、『神奈川県議会レポート 第6-⑤号』を発行しました。





 「活動報告をするのは、議員の責務」と考えて、1年間に数回のペースでレポートを発行しております。

 今回は、主に、新聞折り込みや地元・麻生区のタウン誌の『マイタウン』への折り込みの方法で、配布をしております。

 是非、お読みをいただきまして、ご意見・ご感想をお願いいたします。


 今後とも、年に数回の割合でレポートを発行して参ります。


              (平成30年1月16日 記)




<673> 地元の地域行事への参加
★可能な限り参加させていただいております


 本日・1月14日(日)は、麻生区内の数か所の<どんと焼き>に参加させていただきました。

 <どんと焼き>は、参加させていただきます地域行事の中でも、大変に好きな地域行事の一つです。



 【 麻生区・栗木のどんと焼きの風景 】

 仕舞の時間ですが、団子を焼くには良い炎の状態です。


 本当に、心身ともに大変に温まります。





  ★★  地域行事への参加に関して  ★★★


 私は、地元・麻生区内の地域行事には、議会活動を優先しながら、可能な限り、参加する様にさせていただいております。


 しかしながら、間違っても、「あの議員は、名前と顔を売る事だけには大変に熱心。」・「選挙活動は大変に熱心」・「議会活動をしっかりやっているのか。」・「私たちの代表として議会で何をやっているのか」・「十分に勉強しているのか。」・「政策が分かっているのか。」等の批判が出る様な地域行事への参加は厳しく戒めております。



 一部には、「選挙に勝つには、議会活動よりも地元活動」との声がある様ですが、間違いなく、「議員の最大の職務は議会活動」です。

 何卒、良識ある麻生区の皆様のご理解の程を宜しくお願い申し上げます。

                 (平成30年1月14日 記)




<672> 平成30年 神奈川県議会 始動
★平成30年の神奈川県議会の会議が始まりました


 1月10日(水)から、平成30年の神奈川県議会の会議が始まりました。

 初日の1月10日には、議会運営委員会、団長会、県幹部との新年賀詞交換会、各会派の団会議が開催されました。


 その後、県政記者クラブの<議長・副議長・議会運営委員会の正副委員長・交渉会派(自民党・民進党・公明党・県政会・共産党)の団長>の記者会見が行われました。

 記者からの各会派の団長への質問は、「①黒岩県政への評価 ②県議会の定数問題 ③政務活動費問題」の3つでした。

 各会派の団長の回答は、②と③については大きな違いは有りませんでした。

 しかし、①については相当の温度差がありました。

 私は、「大いに期待している。リーダーシップをより一層発揮してほしい。」旨の回答をしたところです。
    *『神奈川新聞』(平成30年1月11日)をご参照下さい。


 引き続き、気合を入れて、神奈川県議会の議会活動に臨んで参ります。


                  (平成30年1月13日 記)




<671> 謹 賀 新 年
★平成30年(2018年)も宜しくお願いいたします


 新年、明けましておめでとうございます。

 平成30年(2018年)も、何卒、ご指導の程を宜しくお願い申し上げます。




 
 < 神奈川県庁の本庁舎・玄関 風景 >



 平成30年の神奈川県議会の最初の会議は、1月10日(水)午前10時30分からの「議会運営委員会」です。


 引き続き、神奈川県政の発展の為に、全力で取り組んで参ります。

                    (平成30年1月1日 記)




<670> 神奈川県議会「平成29年 第3回定例会」 終了
★神奈川県議会の平成29年内の会議は全て終了しました


 神奈川県議会の「平成29年・第3回定例会」が、12月21日(木)に閉会しました。

 これで、平成29年内の神奈川県議会の会議は全て終了しました。


 12月21日(木)の定例会最終日には、「日本共産党神奈川県議会議員団の議会運営に対する行為に対し更なる猛省を求める決議」が成立しました。

 賛成会派は、自民党・民進党・公明党・県政会の4会派です。

 決議は、神奈川県議会の意見を公式に表明するものです。

 決議の通り、「日本共産党・神奈川県議会議員団」に対して、猛省を求めるところです。



   日本共産党神奈川県議会議員団の議会運営に対する行為に対し更なる猛省を求める決議


 
日本共産党神奈川県議会議員団は、本県議会における交渉団体として、議会運営を担う責任ある立場の会派であるにもかかわらず、これまでにも、本会議や委員会での誤った発言などにより議会運営を停滞・混乱させる様々な事態を引き起こしてきた。

 本県議会は、同議員団に対し、交渉団体として重い責任を持つ会派であることを十分自覚し、これまで引き起こしてきた事態についての猛省を求めてきたところである。

 しかしながら、平成29年11月22日の本会議における質疑に先立つ議会運営委員会において確認した事項を逸脱し、結果的に自己の意見を述べるとともに、質疑の終結発言のみ許すという議長の2度にわたる発言を無視し、議事整理権を侵す行為を引き起こした。

 このような行為に対して、同議員団が、終結発言のみを認める議長の指示を無視して発言した部分について、議長の議事整理権を侵したことを認めたにもかかわらず、会議録からの削除を受け入れていないことは矛盾している。

 こうした一連の行為は、円滑な議会運営に協力する姿勢が見られないばかりか、議長の権威をおとしめ、権限を軽視した行為であると指摘せざるを得ない。

 さらに、こうした行為を看過することは、将来にわたり悪しき前例を残すこととなり、断じて容認できるものではない。

 よって神奈川県議会は、日本共産党神奈川県議会議員団に対し、交渉団体としての重い責任を改めて自覚することを求めるとともに、議会運営を混乱させた責任を重く受け止め、これまで引き起こしてきた事態について更なる猛省を強く求めるものである。

 以上のとおり決議する。


                      平成29年12月21日    神 奈 川 県 議 会

                   (平成29年12月26日 記)




<669> 本会議 代表質問
★12月4日に、本会議にて、代表質問を行いました


 12月4日(月)、本会議にて、知事・教育長・警察本部長に対しまして、代表質問を行いました。










  <<  質問内容要旨  >>


1  県政の諸課題について  【知事】


(1)「未病」に関する今後の広報について

 「未病」が最初に県のたよりに登場したのは平成25年7月号であるが、4年が経ち、平成29年10月号では、1面をフルに使い、「「未病」は、いまや、世界の言葉になった。」と高らかに宣言し、「未病」の概念が相当に浸透したとの自信の表れと感じる。
 「未病」については、普遍性を持つ言葉であり、いずれは社会に定着すると確信するが、一定の広報を実施する事により社会的定着が促進されるものと考える。
 あと6年間位、トータルで10年間位の一定の期間は、「未病」という言葉について、言葉の概念の説明も含めて、十分に広報する事が肝要だと確信するが、その後については、後年の歴史の評価に委ねれば、良いと考える。
 そこで、「未病」に関する今後の広報について、どの様に考えているのか、所見を伺いたい。


(2)労務問題について


 ① 職員給与条例の改正時期と労使交渉の概要の公開時期について

 多くの年において、予算が成立する前に、職員の給与額は確定しており、違和感を覚える県民は相当数いると推測する。
 給与条例の改正時期は、年明けの方が良いと率直に感じる。
 また、職員給与決定の重要なプロセスである労使交渉については、早期に公開すべきである。現在、本県では、給与条例が改正された後に、県のHPに交渉の概要が掲載されるが、掲載時期は、労使合意から相当の時間が経過してからである。もっと早くに掲載する事は十分に可能であり、労使合意から1~2週間での、HPへの掲載を望む。
 そこで、職員給与条例の改正時期と労使交渉の概要の公開の時期について、所見を伺いたい。


 ② ラスパイレス指数を用いた説明について

 職員給与の説明方法では、ラスパイレス指数による比較は、以前ほど重視されていない。この指数による比較方法では、高い指数の自治体を問題視する傾向があるが、目指すべきは「賃金構造基本統計調査の都道府県別賃金」や、「1人当たり県民雇用者報酬」の指標が全国1位になり、指数も1位になる事と確信している。
 職員の給与水準の説明では、比較による説明を最大限に活用し、県民の共感を得る様に務めるべきである。
 そこで、県民の皆様からの共感を得るために、県の最重要広報媒体である『かながわ県のたより』への掲載等を通じて、職員給与をラスパイレス指数を用いて十分に説明する事について、所見を伺いたい。


 ③ 本県の会計年度任用職員制度の導入について

 国は、臨時・非常勤職員の適正な任用・勤務条件を確保する事を目的に、地方公務員法等を改正した。その中で、新たに会計年度任用職員が制度化されたことにより、各自治体では、これまでの臨時・非常勤職員制度の運用を見直す必要がある。
 平成29年度の本県の職員数は、知事部局で、再任用職員347人、臨時任用職員246人、非常勤職員1,527人であり、相当数の会計年度任用職員が誕生するものと推測される。既に総務省から事務処理マニュアルが示され、県当局では制度導入に向けての準備が確実に実施されると確信しており、制度導入に向けた具体的スケジュール・会計年度任用職員の規模・導入により増加するであろう人件費増等に強い関心を持つ。
 そこで、本県の会計年度任用職員制度の導入について、所見を伺いたい。



2  教育行政について  【教育長】


(1)県立高校の施設の学校間格差の解消について

 文部科学省から状況が公表された学校トイレの洋式化等のトイレ環境や空調設備の充実等の関心の高い施設に対して、相当の配慮をすべきと考える。新まなびや計画では、「トイレ環境の改善」では、「県立学校の魅力向上のため、洋式化をはじめ、現代の生活様式等を踏まえた県立学校のトイレ環境の改善に取り組む。」として、平成35年度までに完了する事になっている。「新まなびや計画」自体は、県立高校の施設の学校間格差の解消を目的にした計画ではないが、「新まなびや計画」の早期の目標達成は、県立高校間の施設の学校間格差の解消に大きく寄与するものである。
 そこで、県立高校の施設の学校間格差の解消に向けた取組について、及び、関係性の強い「新まなびや計画」の早期の目標達成について、所見を伺いたい。


(2)県立近代美術館について


 ① 県立近代美術館の問題について

 近代美術館自体が、二つ大きな問題を抱えていると感じている。
 第一に、専門的職員として学芸員の力量である。複数の学芸員は、棟方志功作の版画がカラーコピーにすり替えられた際、このコピーを何度も観ているのに、偽物と見抜くことが出来ず、専門的職員としての価値を自ら崩壊させた。代々の館長は学芸員等の専門家が務めており、学芸員の専門性を高く評価しての人事と理解するが、一時的に事務職から館長を出した方が良い。
 第二は、近代美術館では、平成26年2月に寄託図書資料の紛失事件が発生しており、版画紛失事件とこの事件は、事件の判明した時期も、近代美術館の職員も重なっている。一体どういうことなのか、困惑する。
 そこで、二つ程指摘をした県立近代美術館自体の問題に対して、所見を伺いたい。


 ② 県立近代美術館の展覧会の今後の開催について

 近代美術館の展覧会は、自らの所蔵品と他所からの美術品により開催されている。近代美術館が他所の作品を使って展覧会を開催することを否定しないが、現状は事件が発生中であり、未だ解決出来ずにいる。展覧会の開催について、一度立ち止まって、自らの足下を固め、先ずは、自らの所蔵品の管理の徹底を完全なものにし、その上で自らの所蔵品の最大限の活用を図る展覧会を開催する事が最優先されるべきである。
 大変に残念な事件が全く解決されない状況で、来年度以降もこれまでと全く同じ様に展覧会を開催する事に、大きな違和感を覚える。
 そこで、来年度を含め今後数年間の県立近代美術館の展覧会の開催について、どの様に考えているのか、所見を伺いたい。



3  子供の安全安心の確保について  【警察本部長】


(1)子供を犯罪被害から守るための取組について


 子供を被害者とする犯罪は、地域に大きな不安を与える犯罪であり、地域の方々の関心も高く、大事件として受け止められている。
 子供を対象とした犯罪から身を守るためには、平素から、子供たちに危険な事態に直面した時の対応方法を教え、咄嗟の場合に、適切な対応が取れる様にする事が重要である。また、兆候的な事案を認知した時に、迅速に対処する事で、大きな事件の発生を未然に防ぐ事もできる。同時に、子供の安全のためには、学校や自治体との連携も重要である。県警察では、学校や自治体などと連携して、見守り活動や合同パトロールなど、子供の被害防止に向けた取組をされているが、県警察の取組に大いに期待している。
 そこで、子供を犯罪被害から守るための取組について、本県の現状を踏まえた県警察の対策について、所見を伺いたい。


(2)子供の交通安全対策について

 子供の交通事故は、家族や学校関係者が悲しむだけでなく、社会的反響も大きいため、限りなくゼロに近づけることが重要である。子供の交通事故の実態を踏まえ、警察では、心身の発達段階に応じた段階的かつ体系的な交通安全教育を推進している。特に、児童に対しては、歩行者及び自転車利用者として必要な技能・知識を習得させるとともに、道路交通における危険を予測し、これを回避して安全に通行する意識及び能力を高めるため、小学校・PTA等と連携して交通安全教育を実施しているが、新たに交通社会に参加する小学生を悲惨な交通事故から守る為に、特に小学生に対する交通安全教育を拡充していく事が最重要である。
 そこで、県内における子供が関係した交通事故の発生状況、及び、本県の現状を踏まえた子供の交通安全対策について、所見を伺いたい。

                 (平成29年12月11日 記)




<668> 県の来年度予算  予算編成進行中
★予算要望書を提出しました


 神奈川県の来年度の予算編成が進行中です。

 今後、詰めの段階に入って行き、来年2月前半には予算案が最終的に完成し、知事から、県議会に提出されます。



 私の所属する会派(「県政会 神奈川県議会議員団」。無所属の神奈川県議会議員を中心に9議員で構成。団長は私が務めています。)では、11月30日(木)に、黒岩祐治知事に対して、平成30年度の神奈川県の予算に対する「予算要望書」を提出しました。


 麻生区内の課題では、川崎市の道路事業に協力する為に移転と建替えの必要がある麻生警察署の「東柿生駐在所」の移転・建替えの促進を強く要望したところです。


 併せて、知事と意見交換を行ったところです。



 【 予算要望書の提出 ・・・ 知事室にて 】










                   (平成29年12月6日 記)




<667> 2週続けて県外調査を実施
★大変良い勉強になりました


◆社会問題対策特別委員会 県外調査 (11月8日~11月10日)


 11月8日(水)から10日(金)の日程で、神奈川県議会「社会問題対策特別委員会」の県外調査で、広島県・滋賀県・愛知県に行ってきました。

 一番印象に残っているのは、藤田保健衛生大学での調査(AIを活用した糖尿病対策)です。


 【 藤田保健衛生大学 医学部長からの説明 】




◆県政調査 (11月14日~16日)


 県政会神奈川県議会議員団に所属する8議員で調査団を編成し、神奈川県議会の県政調査の制度を活用して、福岡県(福岡市と久留米市を訪問、メインは久留米市)に行ってきました。

 福岡県久留米市は、全国的に見て、医療機関・医師が大変に多い地域であり、以前から時間をかけて調査をしてみたいと考えていた地域であり、充実した調査が出来ました。 


 【 調査個所 】


1、福岡県庁(新産業振興課)
    福岡県のバイオ産業の育成について

2、久留米市役所(安全安心推進課)
    セーフコミュニティについて

3、久留米リサーチパーク (1の実際の拠点)

4、福岡県バイオ産業拠点推進会議 (1の実際の拠点)

5、古賀病院21
    医療ツーリズムについて

6、久留米大学がんワクチンセンター
    がんワクチンについて


【 久留米大学がんワクチンセンター 伊東所長と 】


              (平成29年11月19日 記)




<666> 神奈川県議会(施設)の今日
★建物の修繕が進行中


 現在、神奈川県議会は、平成28年度の決算を審議する「決算特別委員会」での議論が終盤に差し掛かって来ています。



 さて、話は変わりますが、神奈川県議会は、神奈川県庁の新庁舎の5階から9階に在りますが、この神奈川県庁・新庁舎の耐震補強を中心とする修繕工事が相当進んできました。

 完成の姿が見えてきました。


 案内板は、既に、新しい物が設置されています。







                    (平成29年11月6日 記)




<665> 神奈川県議会 「平成29年 第3回定例会」
★決算特別委員会にて審議中


 神奈川県議会の「平成29年 第3回定例会」は、10月13日(金)に、本会議を一度閉めて、10月23日(月)から「決算特別委員会」にて、昨年度・平成28年度の決算について審議をしている最中です。


 次回の本会議は、11月29日(水)に開かれる予定です。








                  (平成29年10月24日 記)





<664> 川崎稲門会
★年次大会に参加しました


 一昨日・10月21日(土)は、衆議院選挙と川崎市長選挙の最終日でしたが、川崎稲門会の年に1回の年次大会が開催されましたので、出席しました。







 こういう会に時々出席するのは、精神的に良いです。

 同窓会・同期会・OB会等、たまには良いものです。

                (平成29年10月21日 記)




<663> 衆議院議員選挙  明日・10月22日が投票日
★親友達が大激戦 (長野3区宮城2区)



◆長野3区  木内ひとし (自民党公認・公明党推薦) 大激戦!


  親友が、大激戦を展開しています。

  神奈川の地から、必勝を心から願っているところです。






◆宮城2区  秋葉けんや (自民党公認・公明党推薦) 大激戦!


  親友が大激戦を展開しています。

  神奈川の地から、必勝を心から願っているところです。




                   (平成29年10月21日 記)




<662> 川崎市長選挙への私の対応 ④(明日・10月22日が投票日)
★川崎市初の女性市長を!


 一昨日(10月19日)に実施した吉沢章子候補の地元の多摩区で開催された個人演説会は、地元・多摩区ゆえに大変に盛り上がりました。


 吉沢章子候補が川崎市初の女性市長になる為には、先ずは、吉沢章子候補の地元・多摩区において支援の熱が爆発的に高まり、さらに、その熱が他の6区(麻生区、高津区、宮前区、中原区、幸区、川崎区)に大きく拡張する事が必要です。




                  (平成29年10月21日 記)




<661> 川崎市長選挙への私の対応 ③
★吉沢章子個人演説会 大成功


 川崎市長選挙に立候補している吉沢章子候補(川崎市議会議員を4期務めて、今回、川崎市長選挙に挑戦)の個人演説会が、昨日・10月19日に開催されました。


 参加者で会場が満員になり、立ち見みの方まで出る、大変に熱気のある大成功の個人演説会になりました。



★ 小泉一郎先生 【(元)神奈川県議会議員、(元)セレサ川崎農業協同組合 組合長】を特別ゲストに迎えての開催。 ★





 私も、吉沢章子候補を支援する議員の1人として、「吉沢章子さんの今回の勇気ある立候補の決断への感謝」と「川崎市初の女性市長誕生への大きな期待」を込めて、少し話をさせていただきました。

                 (平成29年10月20日 記)




<660> 川崎市長選挙への私の対応 ②
★私の過去の川崎市長選挙への対応


 私の過去の川崎市長選挙への対応について、報告いたします。


 私が、平成7年4月に神奈川県議会議員になって以来、今回で6回目の川崎市長選挙が実施されます。



 【  私が過去の川崎市長選挙で支援した候補者と選挙結果は以下の通りです。  】


1、 平成  9年(1997年)   高 橋 清 (現職)  【当選】


2、 平成 13年(2001年)   阿 部 孝 夫 (新人、大学教授・自治省)  【当選】


3、 平成17年(2005年)   阿 部 孝 夫 (現職)  【当選】


4、 平成21年(2009年)   原 修 一 
                    (新人、川崎市議会議員・自民党川崎市連会長。 現、セレサ川崎農業協同組合 組合長。)  【落選】


5、 平成25年(2013年)   秀 嶋 義 雄
                    (新人、川崎市財政局長・自治省)  【落選】


*******************************


6、 平成29年(2017年)  吉 沢 章 子 (新人、川崎市議会議員4期) 

 

   ★ 投票日は、10月22日です。  結果が大変に楽しみです ★ 


*******************************

                (平成29年10月19日 記)




<659> 川崎市長選挙への私の対応 ①
★女性の活躍、川崎市初の女性市長の誕生を大いに期待しています


 衆議院選挙と同じ投票日(10月22日)で、川崎市長選挙が実施されます。


 当初は、<福田さん(現職)と市古さん(共産党系の候補者)>の候補者2人の選挙になるとの話であり、完全に無風選挙になりそうでしたが、吉沢章子さん(多摩区選出の川崎市議会議員、川崎市議会議員4期)が立候補した事により、現実に選択肢のある意義のある選挙になっています。
 活気のある選挙になっています。


 今回の川崎市長選選挙で、市民・有権者の方に、自ら、価値ある選択肢を提示した吉沢章子さんの勇気と決断には、心から感謝をしております。


 私は、吉沢章子さんからの支援要請を受け、「女性の活躍」・「川崎市初の女性市長の誕生」を大いに期待する立場から、吉沢章子さんを応援しているところです。


 私は、選挙対策本部のメンバーではなく、選挙対策会議に出席していませんので、吉沢陣営の選挙戦略や選挙情勢等については全く把握していませんが、「女性の活躍、川崎市初の女性市長」を期待する立場で、吉沢章子さんを全力で応援しています。




                  (平成29年10月18日 記)




<658> 衆議院選挙(小選挙区・神奈川9区)の選挙情勢
★質問を受けた際の私の回答について


 地元の方から、衆議院・神奈川9区(小選挙区)の選挙情勢や見通しについて、しばしば質問をいただきます。

 時間が十分にあれば丁寧に回答するのですが、時間が少ない場合が多いですので、新聞報道を平均した内容で、かつ、断定的に決めつけない様にして、以下の様に回答しております。


1、 笠さんと中山さんの接戦。

 片方が小選挙区で当選して、片方が比例区で復活して当選する可能性が高いと思う。
 結局、顔ぶれとしては、同じになる可能性が高いのではと考える。


2、 但し、希望の党が失速している様子なので、笠さんは小選挙で落選した場合、比例復活も出来ない可能性はゼロではないと思う。


3、 さらに、「相原さんは、小選挙区で、最後は誰が勝つと予想しているの? 相原さんの予想が聴きたい。」と質問されることが多いのです。
 これに対しては、「投票率が高ければ、笠さん。投票率が低ければ、中山さん。」と回答しています。



 いずれにいたしても、神奈川9区の有権者の皆様には、選挙情勢など意識せず、神奈川9区の3人の候補者(共産党の斉藤さん、中山さん、笠さん)を十分に観察していただき、最良の候補者に、ご投票をお願いいたします。 










                (平成29年10月18日 記)




<657> 衆議院選挙(神奈川9区・小選挙区)の私の対応について
★再度、念の為、申し上げます


 私の地元の選挙区である神奈川9区(麻生区・多摩区・宮前区の一部)への対応については、これまで、このホームページやフェイスブックで、あるいは、マスコミからの取材に対して、明確に回答しているところです。

 しかしながら、今日時点でも、問い合わせが来ますので、改めて、私の対応について、明確に表明させていただきます。



  【  私の今回の神奈川9区(小選挙区)の衆議院議員選挙への対応について  】


1、 <どの候補者からも支援要請は無い>ので、特定の候補者を支援することは全く有りません。


2、 個人の価値観としては、支援の要請が無くとも、<恩・義理・仮り等が有る候補者、お世話になった候補者、親しくお付き合いのある候補者>がいれば、相当の対応をすべきと強く考えています。

 しかしながら、今回の神奈川9区の候補者の中で、これに該当する候補者は一人もいませんので、この意味でも、特定の候補者を支援することは一切ありません。


3、 自分との関係が何であろうとも、突出した素晴らしい候補者がいるのならば、国の為・地域の為、その候補者に対して、何らかの応援をすべきと考えています。


 しかしながら、今回は、これに該当する選挙でないと捉えています。


4、 一人の有権者としては、何が有ろうとも、必ず、投票に行く。


                 (平成29年10月16日 記)




<656> 衆議院選挙 公示
★大変に重要な選挙です


 本日・10月10日(火)に、衆議院選挙が公示されました。

 同時に、最高裁判所の裁判官の国民審査も実施されます。(こちらも、大変に重要です。)



 【 私の地元・神奈川9区(麻生区・多摩区・宮前区の一部)の候補者は、公営掲示板にある3人です 】





 私は、今回の神奈川9区の衆議院議員選挙に関しては、<どの候補者からも支援要請が無かった>ので、特定の候補者を支援することは一切ありません。


 また、私の個人として価値観として、支援の要請が無くとも、<恩・義理・仮り等が有る候補者、お世話になった候補者、親しくお付き合いのある候補者>がいれば、党派を超えて、相当の対応をすべきと強く確信していますが、神奈川9区の候補者の中で、これに該当する候補者は一人もいませんので、この意味でも、一切関与することはありません。

 加えて言えば、自分との関係が何であろうとも、突出した素晴らしい候補者に対しては、投票行動で示すべきと考えています。


 私は、今回の衆議院選挙期間は、神奈川県議会の会議が10月13日(金)まで開催され、週末は以前より予定が入っていますので、16日(月)以降で、ご縁のある候補者の所に陣中見舞に行ったり、厳しい選挙情勢になっている親しい友人の所に応援に行く予定にしています。



 尚、有権者の立場から言えば、大変に重要な事は、以下の事だと思います。

 ほとんどの有権者の方は、候補者との直接的な強い関係はない筈です。
  (あるとしても、薄い関係であったり、利害的な関係かと思います。)

 候補者と有権者の関係は、ほんの一部の方を除けば、こういうものであり、これが普通の姿であり常識的な関係だと思います。

 ですので、有権者の方は、結局は、自分自身で考える事が一番重要だと思います。

                  (平成29年10月10日 記)




<655> 川崎市長選挙 告示
★重要な選挙です


 10月8日(日)に、川崎市長選挙が告示されました。



 【 候補者は、公営掲示板のポスターにある3人です】




 川崎市長選挙は以前から決まっていた選挙ですが、後から実施されることになった衆議院選挙(9月28日に解散)により、川崎市長選挙への関心は大変に低くなっています。


 本来であるならば、大変に重要である現職市長の4年間の評価や3人の候補者(吉沢候補、福田候補、古市候補)の政策の比較という事に、関心が全く向いていないのが正直なところです。

 日本で一番重要な選挙である衆議院選挙と重なれば、関心が薄れるのも避けられない現実かと感じます。

 私の耳に入ってくる事は、<川崎市に初の女性市長が誕生するのだろうか?>・<最後は現職候補が強いだろう。>の2つ位です。


 但し、今回の川崎市長選挙は、衆議院選挙と同日選挙になった為、間違いなく、投票率は大変に高くなります。

 いつもの約2倍の投票率が予想されますので、この点については、大いに期待しているところです。




*私は、4年前の前回の川崎市長選挙では、秀島義雄候補(新人)を支援いたしました。 (結果は、大変に残念ながら、落選でした。)


 【 公営掲示板のポスター 】






 【 当時の私の事務所の扉 】



                  (平成29年10月10日 記)




<654> 衆議院選挙と川崎市長選挙が実施されます
★私の選挙への対応について


 私の地元(川崎市・麻生区)では、<衆議院選挙(全国で実施)>と<川崎市長選挙(川崎市内で実施)>が、共に、10月22日(日)投票日で、実施されます。


1、 衆議院選挙   9月28日(木)・解散 ⇒ 公示日・10月10日(火) ⇒ 投票日・10月22日(日) 

   
*同時に、最高裁判所の判事に対する国民審査も行われます。(大変に重要です。)


2、 川崎市長選挙           告示日・10月8日(日) ⇒⇒⇒⇒⇒⇒  投票日・10月22日(日)



 【 既に、麻生区内には、両方の選挙の選挙ポスターの公営掲示板が設置済みです。 】 





 私は、いずれの政党にも所属していない無所属の神奈川県議会議員ですので、選挙が近くなりますと、新聞記者さん達が、「誰を支援するのか?」の確認に来られます。

 私の<地元の選挙への対応>は、いつも同じ対応を取っていますが、明確に、<私の対応基本方針>を下記の通り、明記しておきたいと思います。 



  
★ 私の地元の選挙への基本対応方針 (毎回、同じです) ★


1、 候補者本人から真剣な「推薦願」が提出された場合のみ、選挙への対応を検討します (無ければ、検討する事さえ一切行いません。)


 今般の衆議院選挙では、9月28日(木)に衆議院が解散されていますが、地元の神奈川9区(麻生区と多摩区と宮前区の一部で構成)の候補者からは、推薦願が来ていませんので、どの候補者も一切支援いたしません。

 また、何よりも、政治家としてというより一人の人間として、神奈川9区の候補者の中に、「お世話になった人。義理がある人。借りがある人。」は特に居りませんので、何も気にする事なく、どの候補者も一切支援いたしません。

 マスコミの記者さんに、選挙情勢について質問をすると、「笠さん(希望の党)が圧倒的に強いでしょう。」との話を聞きます。

 記者さんには、「私も同じ様な評判を地元で多く聞きますので、多分、そういう選挙情勢だと思います。しかし、選挙は何が起こるか分からないですよ。」と指摘しているところです。


 尚、当然の事ですが、私は、一人の有権者としては、全ての選挙において、必ず、投票に行きます。


 全国各地で多くの友人・知人が衆議院選挙に挑戦しますので、その中でも親しい友人で、かつ、選挙情勢が厳しい所へ、陣中見舞・応援に行こうと考えています。



2、 神奈川県議会議員としての議員活動を優先します


 神奈川県議会議員としての議会活動・議員活動を最優先に取り組みます。

 10月13日(金)まで神奈川県議会の定例会(第3回定例会の前半部)が開催されますので、それまでの間は、議会活動に専念します。

 また、既に10月14日(土)は相当以前より丸1日予定が入っていますので、物理的にも、10月15日(日)以降しか、時間が空いていない状態です。
  (10月15日以降も、既に、幾つかの予定が入っているところです。)

                       (平成29年9月4日 記)




<653> 神奈川県議会 日程 変更
★衆議院解散に伴う日程変更です


 衆議院が解散され総選挙が実施される事により、神奈川県議会の日程の一部が変更されました。

 日程変更はされますが、審議日数には変更は一切有りません。
 衆議院選挙が実施されるからと言って、審議日数が減少することは全くありません。


 私は、9月27日(水)の「防災警察常任委員会(警察関係)」、9月29日(金)の「防災警察常任委員会(安全防災局関係)」に続き、来週・10月3日(火)に開催される「社会問題対策特別委員会」にて質疑を行う予定です。


 衆議院の総選挙が実施されることになりましたので、私の地元の川崎市・麻生区では、今月・10月には、<衆議院選挙(9月28日解散・10月10日公示・10月22日投票)、選挙区は神奈川9区=麻生区と多摩区と宮前区の一部。>と<川崎市長選挙(10月8日告示・10月22日投票)>の2つの大きな選挙が行われます。

 私は無所属の神奈川県議会議員ですので、政党に所属してはおらず政党活動はしておりませので、神奈川県議会の定例会が一度閉じる10月13日(金)までの間は、神奈川県議会の議会活動のみに完全に専念いたします。

 それまでの間は、両方の選挙に、一切関与いたしません。

                 (平成29年10月1日 記)




<652> 本会議 代表質問 報告 (個別政策課題 ②)
★国民保護法に基づく避難施設の指定について


 【 相原高広の質問内容の概略 】


  < 国民保護法に基づく避難施設の指定について >

 国民保護法に基づく避難施設について、本県では平成28年4月1日現在で1,682か所が指定されている。
 関東地方の都県との比較では、東京都が3,421か所、埼玉県が3,166か所、千葉県が2,360か所、茨城県が1,876か所であり、本県は、単純な人口比だけで言えば、関東地方の他都県と比べて大変に少ない状況にある。
 神奈川県国民保護計画の中で「県は、避難施設の指定に当たっては、できるだけ多くの施設の確保に努める。」と規定しており、今般の北朝鮮ミサイル問題により県民の関心が大変に高まっていることを大きな契機として、本県の国民の保護の為に、避難施設の指定について、より一層の検討を加え、避難施設の可能な限り最大限の確保に努めるべきである。
 そこで、国民保護法に基づく避難施設の指定について、所見を伺いたい。


  < 避難施設の指定に関する情報の公表について >

 内閣官房の国民保護ポータルサイトの中で、都道府県毎に避難施設の一覧が掲載されているが、この情報は平成28年4月1日現在のものである。
 北朝鮮がミサイルを連続して発射している状況の中で、スピード感が欠如した対応に疑問や違和感を覚えている。
 今年度、本県は既に回答済みでありしっかりと対応を行っていることを高く評価するが、国によると、更新・公表は、昨年度の9月21日よりも遅れる可能性があり、現段階では未定とのことである。
 早期に情報を更新・公表すべきと県は国に強く要請すべきである。
 加えて、避難施設の掲載方法に、一部分かりづらいところがある。
 記載方法が国から定められていることから発生している様だが、県民が一番理解しやすい掲載方法にすべきである。
 そこで、避難施設の指定に関する情報の公表について、所見を伺いたい。



★★  参考資料  <知事の答弁【神奈川県の方針】> 『神奈川新聞』(平成29年9月14日) 抜粋  ★★


 < 避難施設指定拡大へ 北ミサイル巡り県、国に先駆け独自公開 >


 北朝鮮の弾道ミサイル発射や核実験実施を踏まえ、黒岩知事は13日の、国民保護法に基づく避難施設の指定数を増やす考えを示した。 
 最新の県内避難施設リストは今週中にも県ホームページで公開する。

 同法は武力攻撃が発生する危機が迫っている事態を想定し、住民の避難や救援のためのセ施設をあらかじめ指定すると定めている。
 県によると、県内の避難施設は昨年4月1日現在で1682か所。
 横浜、川崎、相模原の3政令市を除く県所管域は市町村が施設を選定した上で県が指定している。

 知事は「北朝鮮情勢の先行きが不透明な中、国民保護のための施設を少しでも多く確保していことが円滑な避難のために必要」と強調。
 現状は市町村の選定段階で小規模な町内会館や公園などの空き地が除かれるケースもあるという。
 リストは内閣官房の国民保護ポータルサイトで公開されているが、最新のものを国に先駆けて独自に公開する考えも示した。

 13日の県議会本会議で、相原高広氏(県政会)の代表質問に答えた。


                 (平成29年9月23日 記)




<651> 本会議 代表質問 報告 (個別政策課題 ①)
★津久井やまゆり園の再生について


 【 相原高広の質問内容概略 】


  < 津久井やまゆり園の建替え費用の額と確保方法について >

 費用の額は、再生基本構想案では2か所に施設を建設するため、当初示された約60億円から80億円よりも金額が大きくなる可能性を感じるが、事件の衝撃の大きさから、十分な資金を確保すべきである。
 尚、障害福祉サービスを直接提供する部分には十分な費用をかけるべきだが、事務業務等の部分では費用を節約すべきである。

 費用の確保方法は、起債等による財源確保が一番だが、補助金等国の資金獲得も重要であり、また、政令指定都市との費用面での分担議論も有り得るのか、かながわ共同会が物理的貢献を検討しているのか、と想像する。
 必要ならば、知事や議員等の特別職も含め、職員の人件費抑制・削減も選択肢の一つである。
 そこで、津久井やまゆり園の建替え費用関連について、費用の額と費用の確保方法に関し、どの様に考えているのか、現時点での所見を伺いたい。



★★  参考資料  <知事の答弁【神奈川県の方針】> 『神奈川新聞』(平成29年9月14日) 抜粋  ★★


 
< やまゆり園再生の費用「今後精査」  県議会本会議で知事 >


 県議会第3回定例会は13日、本会議を開き、県政会の相原高広(川崎市麻生区)が代表質問を行った。


 
45人が殺傷された県立障害者施設「津久井やまゆり園」を現在地と横浜市港南区の芹が谷地域に分散整備する費用について、黒岩知事は「それぞれの施設規模や整備手法によって変わるので、現時点で確たるものは示せないが、当初の概算費用(60億~80億円)をベースに今後精査していきたい。」と述べた。

 
財源確保に向けては、国への働き掛けのほか、民間資金を活用した整備手法の検討などを含め対応していく考えを示した。

                 (平成29年9月23日 記)




<650> 本会議 代表質問 報告 (全体報告)
★9月13日、本会議・代表質問を行いました









   << 質問内容の概略 >>  *正確な内容は、後日公表されます、「神奈川県議会の議事録」にて、ご確認下さい。



1 北朝鮮の核・ミサイル問題に関して  【 知事 】


(1)北朝鮮の核・ミサイル問題および本県の対応に関する基本認識について

 我が国を飛び越える北朝鮮のミサイル発射は、これまでにない深刻で重大な脅威である。
 特に、神奈川県として強く意識すべきは、今年3月に北朝鮮国営の朝鮮中央通信が「在日米軍を攻撃する弾道ミサイル4発を同時に発射する訓練が実施され、成功した。」と発表したことである。
 本県内には、日米安全保障体制に基づき合衆国横須賀海軍施設等の在日米軍の施設が多くあるため、神奈川県は、北朝鮮の核・ミサイル問題に対して、全国47都道府県の中でも、特段の危機意識と強い憤りを持つべきである。
 そこで、北朝鮮の核・ミサイル問題および本県の対応に関する基本認識について、合衆国軍施設が多くある神奈川県の知事としての所見を伺いたい。


(2)国民保護法に基づく避難施設の指定について

 国民保護法に基づく避難施設について、本県では平成28年4月1日現在で1,682か所が指定されている。
 関東地方の都県との比較では、東京都が3,421か所、埼玉県が3,166か所、千葉県が2,360か所、茨城県が1,876か所であり、本県は、単純な人口比だけで言えば、関東地方の他都県と比べて大変に少ない状況にある。
 神奈川県国民保護計画の中で「県は、避難施設の指定に当たっては、できるだけ多くの施設の確保に努める。」と規定しており、今般の北朝鮮ミサイル問題により県民の関心が大変に高まっていることを大きな契機として、本県の国民の保護の為に、避難施設の指定について、より一層の検討を加え、避難施設の可能な限り最大限の確保に努めるべきである。
 そこで、国民保護法に基づく避難施設の指定について、所見を伺いたい。


(3)避難施設の指定に関する情報の公表について

 内閣官房の国民保護ポータルサイトの中で、都道府県毎に避難施設の一覧が掲載されているが、この情報は平成28年4月1日現在のものである。
 北朝鮮がミサイルを連続して発射している状況の中で、スピード感が欠如した対応に疑問や違和感を覚えている。
 今年度、本県は既に回答済みでありしっかりと対応を行っていることを高く評価するが、国によると、更新・公表は、昨年度の9月21日よりも遅れる可能性があり、現段階では未定とのことである。早期に情報を更新・公表すべきと県は国に強く要請すべきである。
 加えて、避難施設の掲載方法に、一部分かりづらいところがある。記載方法が国から定められていることから発生している様だが、県民が一番理解しやすい掲載方法にすべきである。
 そこで、避難施設の指定に関する情報の公表について、所見を伺いたい。



2 津久井やまゆり園に関して  【 知事 】


(1)
津久井やまゆり園の建替え費用の額と確保方法について

 費用の額は、再生基本構想案では2か所に施設を建設するため、当初示された約60億円から80億円よりも金額が大きくなる可能性を感じるが、事件の衝撃の大きさから対応する資金を確保すべきである。
 障害福祉サービスを直接提供する部分には十分な費用をかけるべきだが、事務業務等の部分では費用を節約すべきである。
 費用の確保方法は、起債等による財源確保が一番だが、補助金等国の資金獲得も重要であり、また、政令指定都市との費用面での分担議論も有り得るのか、かながわ共同会が物理的貢献を検討しているのか、と想像する。
 必要ならば、知事や議員等の特別職も含め、職員の人件費抑制・削減も選択肢の一つである。
 そこで、津久井やまゆり園の建替え費用関連について、費用の額と費用の確保方法に関し、どの様に考えているのか、現時点での所見を伺いたい。


(2)現在居住している施設での障害福祉サービスの提供について

 津久井やまゆり園の入所者は、現在、2つに分かれ居住しているが、ここで受ける障害福祉サービスの充実が極めて重要と考える。
 事件で大きな被害を受けた分、充実した障害福祉サービスが受けられるべきと確信しており、県とかながわ共同会は、利用者の方が、現在の居住場所で十分な障害福祉サービスを間違いなく受けられるよう、最大限の努力をすべきである。
 新たな施設が建設されるまでの今後数年間という時間は、建物の建替えという意味では暫定的な期間・仮入所先の時間とも言えるが、受ける障害福祉サービスの面では暫定的とか仮であるということは絶対に許されず、万全の対応を強く求めるところである。
 そこで、津久井やまゆり園利用者の方に対する、現在居住されている施設での障害福祉サービスの十分な提供について、所見を伺いたい。



3 高齢者の犯罪被害対策に関して  【 警察本部長 】


(1)高齢者に関わる金銭被害の現状と対策について

 高齢者の犯罪被害の中でも、老後の生活のために高齢者が懸命に貯めた大事なお金を奪い取るもので、許せない卑劣なものである。犯罪の発生件数は減少しているが、超高齢社会に入り、高齢者の人口割合が増えていけば、高齢者をターゲットにした犯罪は必然的に増えていくものと予想でき、特殊詐欺は、手口を巧妙化・悪質化させ、被害額は、昨年より増加したと聞いている。
 県警察では、関係機関等と連携し、抑止と検挙の両面から、工夫を凝らした様々な対策に取り組んでいるが、超高齢社会を想定し、高齢者を狙った全ての犯罪に対し、早め早めの対策が求められる。
 そこで、高齢者に関わる窃盗や特殊詐欺など金銭被害の現状を踏まえた県警察の対策について、所見を伺いたい。


(2)高齢者虐待の現状と対策について

 厚生労働省は本年3月、全国の都道府県知事あてに、高齢者虐待に係る調査の結果と高齢者虐待の状況を踏まえた対応の強化を通知しており、県当局においては様々な対策に取り組んでいると認識している。
 県警察も県担当部局と連携の上、高齢者が暴力を振るわれた等の通報を受けた際、いち早く警察官が現場に駆けつけ、状況に応じて事件化等の適切な対応や行政への確実な通報に尽力していると承知しているが、超高齢社会に突入した今、警察の対応する高齢者虐待事案は、益々増加していくと考える。
 そこで、高齢者虐待の現状を踏まえた県警察の対策について、所見を伺いたい。



4 給与勧告の県民への説明に関して  【 人事委員会 委員長 】

 人事委員会の給与勧告について、民間給与との較差額をそのまま全ての給料額に加えるならば、明確であり誰でも理解できるが、実際は単純な数的処理により給料表は作成されておらず、数的処理の方法は、勧告の中で具体的に明記されていない。
 勧告を一字一句全て読み込んだとしても、勧告される給料表を県民が作成することは不可能である。
 これは、説明の仕方も人事院勧告に倣っているからであり、説明の詳細な記述方法まで人事院勧告と同じにする必要はなく、地方自治体の人事委員会勧告は、国の人事院勧告よりも住民から理解しやすく親しみやすくすべきである。
 そこで、来月10月に勧告されると予想される本年度の給与勧告では、県民が計算可能となる様な説明を付して給料表を提示すべきと考えるが、この点を含め、人事委員会勧告の具体的な内容が県民からより一層理解される為の取組について、所見を伺いたい。

                  (平成29年9月15日 記)




<649> 
平成29年 第3回定例会 スタート
★9月13日、本会議・代表質問を行います


 9月8日(金)より、神奈川県議会の「平成29年 第3回定例会(前半)」が始まりました。


 私は、13日(水)に、本会議で代表質問を行います。

 質問通告期限は、11日(月)の午後5時です。


 私の場合、質問原稿のパソコンへの文書入力が終わった段階で、本会議質問の窓口である<政策局>へ、電子メールにて、原稿を送っています。

 入力の段階では横書きを用い、本番では原稿を縦書きにして質問しています。


 質問通告期限は最終の締め切りの期限であり、その前に、質問内容を当局に伝える事は全く問題ありませんので、入力が終わった時点で電子メールにて送付しています。

 今回も既に送付済みです。



★質問原稿の作成と送付に関しては、最近は大変に便利になり、本当に助かっています。

 私が、神奈川県議会議員になった平成7年の頃は、パソコンではなく、ワープロで、質問原稿を作成していました。

 しかも、私はパナソニックのワープロを使用、神奈川県庁では東芝のワープロ(東芝ルポ)を使っていましたので、私は作成した質問原稿をフロッピーで当時の本会議質問の窓口であった総務部・財政課の担当職員に渡し、担当職員はパソコンを使って拡張処理をしていました。

 この頃に比べると、数十倍、便利になっています。 



★小池さん(東京都知事)が、以前、「今後は、都の職員が、議員の質問作成に関与しない。」という類の話をしていたと記憶しています。

 当然ですが、神奈川県議会では議員が質問を作成しています。









                    (平成29年9月10日 記)




<648> 川崎市医師会 会館落成
★川崎市の都市構造の変化の予感


 本日・9月9日、川崎市医師会の新会館の落成の式典・祝賀会がありました。

 素晴らしい新会館の落成の祝賀会に参加させていただきました。


 同時に、新会館の建設場所から、川崎市の都市構造の大きな変化の予感を感じたところです。

 川崎市の歴史は、行政的には、海側(現在の川崎区や幸区)から合併により内陸部(現在の麻生区や多摩区)に市域を拡大しました。

 川崎市で最北部・最西部に当たる私の地元の<当時の柿生村と岡上村(現在の麻生区の相当部分になります)>が、一番最後に、川崎市に入っています。

 経済的には、臨海部の京浜工業地帯が川崎経済の発展の大きな役割を担いました。


 以上の様な事から、川崎市の中心は南部地域であり、市役所をはじめ主な団体の本部は川崎区・幸区にあります。

 その中で、市内の主要団体の一つである医師会が、市内中央部の中原区内に新会館を建設したことは特筆すべき事だと思っています。

 人口動態では中原区や高津区が市内で大変に勢いがあるところであり、川崎市の重心が市内中央部の中原区や高津区に移っていく予感を感じます。







                   (平成29年9月9日 記)




<647> 防災警察常任委員会 県外調査
★夏の期間の議員活動は終了

 9月4日(月)から6日(水)までの2泊3日で、神奈川県議会「防災警察常任委員会」の県外調査で、福岡県と熊本県へ行ってきました。


  < 調査先 >


1、海上保安庁 第七管区海上保安本部

2、福岡県庁

3、陸上自衛隊 第8師団

4、熊本県庁


★下の写真は、熊本地震の際に、陸上自衛隊・第8師団の自衛隊員が、災害現場で行った作業ついての説明です。(パイプの切断等の作業です。)

 実際に使用した装備品を使って説明していただきました。


 


 


*この県外調査をもって、今年の夏の期間の議員活動は終了になります。



 今後は、9月8日(金)から始まる「神奈川県議会 平成29年・第3回定例会」に、全力投球いたします。

                          (平成29年9月7日 記)




<646> 大学時代のゼミの先生の墓参
★改めて、もっと勉強すればよかったと痛感しました


    【 永安幸正先生の墓参 (平成29年9月2日) 】


 大学時代のゼミの先生である永安幸正先生(
早稲田大学 教授、麗澤大学 教授。社会システム論、社会哲学、経済道徳論。)が、平成19年9月3日に、66歳の若さでお亡くなりになり、没後丁度10年になることから、ゼミのOB有志で、千葉県八千代市の先生の所へ墓参をいたしました。

 一番先輩の島田先輩(学校法人文京学園 理事長、文京学院大学 教授)から一番下の私(昭和63年3月卒)までの有志での墓参でした。


 墓石に表れている通り、大変にユニークな先生で、知的好奇心旺盛な先生でした。
   (ユニーク・変わり者の先生と言われていました・・・。)

 先生が66歳の若さで早くにお亡くなりになられましたので、私としては、「もっと、もっと、教えを賜りたかった。」との後悔の思いで一杯です。

 今更大変に遅すぎますが、大学時代に、ゼミで、もっと勉強すべきでした。










                          (平成29年9月3日 記




<645> 広聴活動
★今後とも<ミニ県政報告会>を開催してまいります


★8月12日(土)の<ミニ県政報告会>で使用した会議室





★建物(新百合21)入口の案内掲示板




 先週・8月12日(土)に、<ミニ県政報告会>を開催しました。


 毎回、上記と同じ位の規模の会議室を使用し、少人数の座談会形式により、神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話をする目的で、開催しています。

 私は、平成7年に神奈川県議会議員になった時から、<広聴活動>を大変に重要と考え、この<ミニ県政報告会>を開催してきております。


 引き続き、麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく広聴活動を、この<ミニ県政報告会>の開催を含めて、様々な方法で実施して参ります。

                         (平成29年8月13日 記)
 


<644> 神奈川県政について話をしませんか?
★<ミニ県政報告会>の開催


 このHPの<イベント・会合のお知らせ>のページで既に案内を掲載中ですが、8月12日(土)に、<ミニ県政報告会>を開催いたします。

 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願い、開催いたします。


 私は、神奈川県議会議員の活動として、<広聴活動>を大変に重要と考えております。

 引き続き、麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく広聴活動を、この<ミニ県政報告会>の開催を含めて、様々な方法で実施して参ります。



 
<ミニ県政報告会>開催日時・場所

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  8月12日(土)  午前11時   新百合21  第1研修室にて
  8月12日(土)  午後12時15分   新百合21  第1研修室にて
  8月12日(土)  午後 1時30分   新百合21  第1研修室にて
  8月12日(土)  午後 2時45分   新百合21  第1研修室にて
  8月12日(土)  午後 4時   新百合21  第1研修室にて
  8月12日(土)  午後 5時15分   新百合21  第1研修室にて
   8月12日(土)  午後 6時30分    新百合21  第1研修室にて
  8月12日(土)  午後 7時45分    新百合21  第1研修室にて


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
    (但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)

 * 途中退出も構いません。

                       (平成29年8月7日 記)




<643> 麻生区の皆様との触れ合い
★麻生区の夏まつりスタート



 昨日・7月22日(土)から、麻生区の夏まつりが、本格的にスタートしました。


 昨日・7月22日(土)は、上麻生東町内会の納涼会に参加しました。

 昨年を遥かに上回る人出に、大変に驚きました。





 麻生区では、盆踊り等の夏まつりを開催するにあたり、音や光の害を考慮する必要が有り、主催者の方達には大変な苦労が有ります。

 上麻生東町内会の夏祭りは、制約条件の中で、最大の豪華さを誇るものでした。

 主催者である上麻生東町内会の皆様と消防団をはじめとする関係者の皆様方に心から感謝申し上げます。



★私達・議員にとって、各種の地域行事は、住民の皆様の様々な声を聴かせていただく絶好の機会となります。

 会議室等において神奈川県政に関するご意見・ご要望・ご質問をいただく事は大変に重要でありますが、少し砕けた雰囲気の中で地域の皆様の声を聴くことも大切な議員活動の一つだと考えております。

 どうぞ、お会いしました時には、是非、率直なお声をいただければと思います。

                    (平成29年7月23日 記)




<642> 夏の時期の議員活動について
★今年の夏の活動(概略)


 A 調査活動


 神奈川県議会では、毎年度、「第2回定例会」の終了から「第3回定例会」の開始までの期間に、各種の調査活動が行われます。

 この時期は、議会の会議(本会議・委員会)の開催が一番少ない時期であり、委員会や議員連盟や会派での調査活動を集中的に行います。


 < 調査活動は大きく2つに分類できます >


1、現地調査

 私で言えば、「議会運営委員会の県外調査」、「防災警察常任委員会の県内調査」、「防災警察常任委員会の県外調査」等です。


2、来年度の予算に対する市町村と各種団体からのヒアリング活動

 会派(「県政会 神奈川県議会議員団」=無所属の神奈川県議会議員が中心になって構成している神奈川県議会内の会派)で、来年度の当初予算に対する県内の市町村と県内の各種団体からの予算要望のヒアリング活動を行います。



 B 地域での各種行事等を通じての広聴活動


 夏の時期は、各種の地域行事を通じて、地域での触れ合いの中から、住民の皆様の様々な声を聴かせていただく時期でもあります。


 夏の時期は、「納涼祭り」・「盆踊り」といった地域行事が多く開催されます。

 各種の地域行事を通じて地域での触れ合いの中から住民の皆様の様々な声を聴かせていただく絶好の機会となります。

 会議室等において神奈川県政に関するご意見・ご要望・ご質問をいただく事は大変に重要と考えています。

 また、少し砕けた雰囲気の中で地域の皆様の声を聴くことも大切な議員活動の一つだと考えております。



 議会の公務が絶対・最優先でありますので、全ての地域行事に参加する事は不可能ですが、出来る限り参加するように心がけています。

 お会いした際には、どうぞ、お気軽に声をおかけ下さい。

 率直なご意見をお待ちしております。

                    (平成29年7月12日 記)




<641> 神奈川県議会 「平成29年 第2回定例会」ー④
★7月6日に閉会しました


 神奈川県議会の平成29年度の最初の定例会(「平成29年 第2回定例会」)は、7月6日(木)に、予定通り、閉会しました。



 【  この定例会での私の主な議員活動は以下の通りです  】


 ① 6月19日(月) 「本会議」での代表質問  *既に報告済み。


 ② 6月27日(火) 「防災警察常任委員会」(安全防災局関係)」での質問。

      < 質問項目 ・・・ Jアラートに関して >


 ③ 6月29日(木) 「社会問題対策特別委員会」での質問

      < 質問項目 ・・・ 県職員・教職員のボランティア休暇に関して >


 ④ 7月3日(月) 「防災警察常任委員会(警察関係)」での質問

      < 質問項目 ・・・ 振り込め詐欺に関して >



 今後とも、神奈川県議会議員として、本会議・委員会にて、質の高い議論を展開して行きます。

                 (平成29年7月8日  記)




<640> 神奈川県議会 「平成29年 第2回定例会」ー③
★本会議にて代表質問を行いました


 6月19日(月)、本会議にて、<知事>と<教育長>と<県民局長拉致問題担当局長>の3人に対して、代表質問を行いました。







 <<  質 問 内 容 (概略)  >> *概略ですので、正確な内容は、議事録にて、ご確認ください。


1 拉致問題および特定失踪者問題への取組に関して 【知事】


 家族会結成から既に20年間も経過しているが、拉致問題および特定失踪者問題は解決の糸口が見出せない。
 そうした中、北朝鮮が国際社会の度重なる警告を無視して、相次ぐ弾道ミサイル発射等の挑発を続けており、この様な事は断じて容認できるものではない。
 本県では、知事の強い意志により平成24年度より理事・局長の拉致問題担当を置いている。
 また、「拉致問題地方議会全国協議会」の会長を本県議会の松田良昭議員が務めている。
 拉致問題と特定失踪者問題の解決に強い意志を持つ本県は、北朝鮮問題そして拉致問題と特定失踪者問題が大変に混迷を深めている今、国民世論の啓発について、取組をより一層強めるべきである。
 そこで、最近の北朝鮮動向を踏まえて、拉致問題と特定失踪者問題に対する本県の取組について、所見を伺いたい。



2 津久井やまゆり園に関して 【知事】


  (1)  津久井やまゆり園の建替え問題について

 入所者御本人の意向を尊重するならば、県にはあらゆる選択肢を物理的に担保する責務があり、入所者全員が再度入所する可能性を実現出来る施設内容にすべきである。
 大規模施設を建設しても、将来的には、部分的に内部の形態を変更する事があって良いと考える。
 建替える施設の規模の大小の問題は、事件の前の状態に拠るべきであり、事件前日の施設規模は、大規模であったと認識している。
 また、事件の大きさから、対応もそれに見合ったものになるべきであり、大神奈川に相応しい立派な施設を建設する選択肢もある。
 そこで、丁寧に行われている入所者御本人の意向の確認が完了する時期と建替える施設の内容を決定する時期の関係が重要と考えるので、この点も含め、津久井やまゆり園の建替え問題についての現時点の所感を伺いたい。


  (2)  指定管理者(かながわ共同会)について

 昨年12月、かながわ共同会から県に指定管理業務の改善計画書の提出があった。県が承認した改善計画書の内容では、職員の採用に関する問題意識が弱いと気になっている。
 犯人である元職員は、採用から数年後に事件を起こしているため、採用段階の選考に問題があったと感じている。応募者数58名の中から21名を採用しており、相当数の応募者の中から犯人の元職員を選考し採用している。
 採用選考に関与したかながわ共同会の役員や職員には、採用選考において自らの判断が完全であったのか十分に顧みるべきである。
 そこで、かながわ共同会の「指定管理業務の改善計画」の進捗状況や過去の職員の採用選考を含め、かながわ共同会の指定管理業務の適切な遂行について、所見を伺いたい。



3 県立近代美術館に関して 【教育長】


  (1)  県教育委員会との関係について

 近代美術館では、棟方志功の版画がカラーコピーと判明した平成26年4月の2か月前に寄託図書資料の紛失事件も発生している。
 版画紛失事件では、近代美術館の県教育委員会への連絡は、カラーコピーと判明し県民ホールへ搬送された後であり、報告がこれ程までに遅れたのか理解出来ない。
 近代美術館は学芸員の集団として県教育委員会からの独立という欲求があると感じるが、どの教育機関も、教育長をトップとする教育委員会に統制されるべきである。
 そこで、県立近代美術館で平成26年2月に発覚した寄託図書資料の紛失事件のその後の状況について、報告願う。
 併せて棟方志功作の版画紛失事件において、県立近代美術館から県教育委員会への報告が遅れたことについて、所見を伺いたい。
 その上で、これまでの県教育委員会と県立近代美術館の関係についておよび県教育委員会の県立近代美術館に対する今後の関係について、所見を伺いたい。


  (2)  県立近代美術館が持つべき自覚と責任について

 問題が発覚した作品展では、開始から少し経ったところで、棟方志功の版画がカラーコピーであったと判明しその展示を止めた。
 近代美術館は、報道機関へ公表せず、判明後に謝罪文をホームページに掲載しているが、カラーコピーを見せられた来場者への謝罪は一切書かれていない。
 来場者に対する不十分な謝罪に対しては、極めて遺憾に思う。
 近代美術館が、事件発覚後直ちに県教育委員会に報告すれば、県教育委員会の指導助言により、誠実な謝罪がなされたと確信している。
 そこで、県立近代美術館が、この問題で取った謝罪対応について、所見を伺いたい。
 その上で、県立近代美術館として兼ね備えるべき自覚と責任について、所見を伺いたい。



4 朝鮮学校に関して 【県民局長拉致問題担当局長】


  (1)  最近の動向について

 2月の産経新聞に「朝鮮学校の教科書記述をめぐる騒動を理由に、朝鮮総連神奈川県本部のトップが解任されたことは、朝鮮総連の学校への強い関与を改めて浮き彫りにした」とある。
 そこで、朝鮮学校を巡る幾つかの状況について、報告願いたい。
 具体的には、教科書改訂の状況についておよび朝鮮学校での授業での拉致問題の取扱い状況について、補助金に関する朝鮮学校からの要望等について、本年2月7日の『産経新聞』の記事の内容に対する認識について、報告願う。
 その上で、朝鮮学校の教科書に拉致問題を明確に記述するという前知事の時代から現在に至るまでの本県の方針は、引き続き堅持すべきと考えるが、朝鮮学校の教科書に拉致問題を明確に記述する本県の方針についておよび教科書の改訂実現のための本県の取組について、所見を伺いたい。


  (2)  行政事務の所轄庁について

 朝鮮学校への補助金の世論は、北朝鮮への評価や認識と切り離すことはできず、「国政の問題」と言える。
 また、朝鮮学校に関する情報を本県が収集し内容を十分に把握することは無理がある。
 さらに、都道府県の朝鮮学校への補助金の議論が大きく巻き起こったのは、文部科学省の高校授業料無償化制度が大きな引き金になっている。
 朝鮮学校に関わる私学行政は、課題の特殊性や困難性を率直に認識した上で、一部法改正が必要となるが、国が全国の朝鮮学校を一括的に対応する方向にすべきであり、県として内部で検討を行い、その上で、国・文部科学省に要望すべきと考える。
 そこで、朝鮮学校に関する行政事務の所轄庁について、私の提案も含めて、今後の本県の対応について、所見を伺いたい。

                    (平成29年6月30日 記)




<639> 神奈川県議会「平成29年 第2回定例会」ー②
★平成29年度の役職・担当が決定


 神奈川県議会の平成29年度の最初の定例会(「平成29年 第2回定例会」)が、5月15日(月)から始まっています。

 7月6日(木)までの予定です。



  この定例会の中で、先日、
各議員の平成29年度の役職・担当等が決まりました。


   <<  私の役職・担当等は以下の通りです。 >>


 1、 【会派】  県政会 神奈川県議会議員団 団長

  無所属の神奈川県議会議員が中心になり構成している神奈川県議会内の会派であります「県政会 神奈川県議会議員団」の団長(=代表)を引き続き務めます。


 2、 【常任委員会】  防災警察常任委員会 委員

  昨年度と同じく、警察と防災局に関して審議する常任委員会に所属します。


 3、 【特別委員会】  社会問題対策特別委員会 委員


 4、 【予算委員会】 予算委員会 委員


 5、 【その他】

   神奈川県都市計画審議会 委員

   議会改革検討委員会 委員



 引き続き、平成29年度も、神奈川県議会議員の立場から、神奈川県政の発展に取り組んで参ります。

                   (平成29年6月1日 記)




<638> 神奈川県議会「平成29年 第2回定例会」ー①
★5月15日から7月6日まで開催予定


 5月15日(月)から7月6日(木)までの予定で、「神奈川県議会 平成29年 第2回定例会」が開催されます。

 新年度・平成29年度の最初の定例会になります。

 どうぞ、神奈川県議会の議論に関心をお寄せ下さい。

                  (平成29年5月14日 記)





<637> 平成29年4月30日
★4年間の任期の後半がスタートしました


 2年前の神奈川県議会議員選挙で、有権者の皆様から与えていただきました神奈川県議会議員としての任期は4年間です。


 正確に言えば、神奈川県議会議員の任期は、平成27年4月30日から平成31年4月29日までの4年間です。

  (選挙で当選した日から、議員としての任期が始まる訳ではありません。) 

 ですので、4月30日(日)から、4年間の任期の後半がスタートしました。


 引き続き、神奈川県政の発展に全力で取り組んで参ります。

 今後とも、ご指導の程を宜しくお願い申し上げます。


                  (平成29年5月1日 記)




<636>
 政務活動費
★平成28年度分の会計関係書類を提出


 政務活動費(平成28年度分)の会計関係書類の提出期限が4月28日(金)午後5時でした。

 無事、期限内に提出を完了したところです。


 地方議員の政務活動費に対しては、批判がこれまで多く出されていますので、会計関係の書類の作成と提出には相当の神経を使っています。

 私の場合は、例年、年末から3月31日までの3か月強の期間は、政務活動費の会計業務に相当のエネルギーを費やします。

 併せて、私は、例年、1年間の広報・広聴活動のまとめとして、年度末に、『神奈川県議会レポート』を発行していますので、これへの労力の投入も重なります。

 勿論、「神奈川県議会の第1回定例会(2月から3月まで開会)」への対応が最優先であることは、言うまでもありません。


 神奈川県議会議員の政務活動費は毎月53万円です。

 会計期間は、1か月毎ではなく、1年間です。

 1年間が終わり、その1か月後に収支報告書等の会計関係書類を提出する事になっています。

  (会計関係書類は相当の分量になり、私の場合は、A4サイズの用紙300枚前後です。)


 私の所属する会派では、毎月53万円の政務活動費のうち5%前後が、議会控室のコピー機等の事務機器の費用、事務用品の購入費用、書籍・雑誌類の購入費用等になります。

 会派分(会派所属議員の共通経費)です。

 それ以外の金額は、各議員が自己責任で支出します。



 【 私の場合の政務活動費の最終的な会計処理の方法は概ね以下の通りです。(毎年、概ね同じ方法で対応しています。) 】


 ①当初の段階では、1年間で政務活動費に該当すると考えられる支出が、700万円前後有ります。

 ②スタッフ(臨時アルバイト)が、「政務活動費の使途基準」の冊子を睨みながら、①の全ての支出を確認します。
  ここで、少しでも疑問が出た支出については、全て除外します。
   (金額的には、20万円~30万円が除外される事になります。)


 ③私とスタッフの二人、および、私一人で、全ての支出について、2度目・3度目のチェックを行う。
  ここで、少しでも疑問が出た支出についても、全て削除します。
   (金額的には、20万円~30万円が除外される事になります。)

 ④最終確認として、議会局の経理課の職員の方に、チェックとアドバイスをいただきます。
  ここで、疑問が指摘された支出についても、全て除外します。
   (金額的には、数万円が除外される事になります。)


 後になって批判を受けるのを避ける為に、3つの段階(数え方によっては4段階)で、少しでも疑問が出た支出について、全て除外の処理をします。

 最後には、1年間で620万円前後の支出になります。

 この金額(620万円前後)が、私の1年間の政務活動費の最終的な支出です。





★地方議員の政務活動費については、厳格な支出基準が、完全に確立されていない状況にあります。

 実態としては、各地で裁判が起こり、裁判所が出した判決の積み重ねが支出基準になっています。

 私としては、政務活動費で私腹を肥やす気など一切有りませんので、落ち着いて、神奈川県政の発展に取り組める環境が生まれる事を強く願っているところです。


 法により、全国一律で、政務活動費の使途基準を詳細かつ厳格に定めるのも、一つの方法だと考えております。



★国会議員に支給される立法調査費や文書通信費については、一つ一つの支出を公開する法的な義務が有りません。

 結果として、個々の支出について批判を受ける可能性は大変に低くなります。

 ここが、地方議員の政務活動費の制度と根本的に違う所です。

 地方議員の政務活動費の場合は、情報公開制度により個別の支出の内容を確認できます。

 また、この内容に疑問を持つ人は、住民監査請求を負担無しで行うことが出来ます。

 さらに、監査委員が出す監査結果に不満が有れば、損害賠償請求の裁判(住民訴訟)を起こす事が出来ます。

                  (平成29年4月28日 記)




<635> 新年度・平成29年度も宜しくお願いいたします
★平成29年4月1日・・・麻生川桜まつりに参加


 本日から新年度・平成29年度が始まりました。

 今後とも、<神奈川県と麻生区の発展>に全力で取り組んで参りますので、ご指導の程を宜しくお願い申し上げます。




 新年度の初日の4月1日は、地元・麻生区の<麻生川桜まつり>に参加しました。

 今年の麻生区の桜は、新入生を祝う様に、(数十年前の満開時期は学校の入学式の頃でした)、4月5日前後が最高かと思います。


                  (平成29年4月1日 記)




<634> 『神奈川県議会レポート』を発行しました
★平成28年度の私の活動報告


 『神奈川県議会レポート 第6-③号』と『神奈川県議会レポート 第6-④号』を発行しました

 先月・2月に『神奈川県議会レポート(第6-③)』を発行したのに続き、今月・3月は『神奈川県議会レポート(第6-④』を発行しました。


 2つのレポートをもって、平成28年度の私の議員活動報告を簡単に報告させていただきました。


 私の持つ資金力や組織力の関係で、頻繁に大量のレポートを発行する事は困難ですが、お手元に届きましたら、是非、お読み下さります様、お願いいたします。


 <活動報告をするのは議員の責務>と考えておりますので、今後とも、1年間に数回の割合で、私の活動報告として『神奈川県議会レート』を発行して参ります。

                  (平成29年3月31日 記)




<633> 神奈川県議会「平成29年 第1回定例会」 ー⑤
★平成28年度内の神奈川県議会の会議は全て終了しました


 定例会最終日の3月24日(金)、知事から提案された議案等の採決が行われました。

 主要な議案であります来年度・平成29年度の当初予算は、賛成多数で予算が成立しました。


 4月1日からは、県民福祉の向上の為に、<成立した予算を執行=個々の事業の実施>をしていくことになります。

 予算が成立しましたので、各事業の資金は確保されましたが、各事業の執行の細部も大変に重要です。

 今後は、予算額の範囲で、最大の効果を上げるように事業を進めて行くことになります。

                  (平成29年3月31日 記)




<632> 神奈川県議会「平成29年 第1回定例会」 ー④
★「県進会」という神奈川県議会内の会派が解散・・・
・・・私が所属しています「県政会」とは全く別の会派です



 3月23日(木)に、神奈川県議会内の「県進会」という5人の議員で構成している会派が解散しました。

 「県進会」という会派は、以前は別の会派名を名乗っていましたが、この会派名になってから約1年間が経過したばかりで解散という事態になりました。

 その後、5人の議員は、5人全員が、別々に、「一人会派」を結成しました。


 この事が、3月24日(金)の新聞各紙で報道されますと、3月24日(金)・25日(土)・26日(日)の3日間、連日、私の所へ、ご心配の連絡が有りました。

 この解散した会派は、現在、私が所属し・私が代表を務めています「県政会 神奈川県議会議員団」(略称は「県政会)とは、全く別の会派です。

 ご心配をいただきました方々には心から感謝を申し上げます。



*「県進会」という会派は、解散になってしまった位ですので、会派としては大きな問題を孕んでいましたが、所属していた議員一人一人(5人全員とまでは言いませんが)は素晴らしいものを持っています。

 会派は解散に至り大変に情けない事態になってしまいましたが、素晴らしいものを持つ個々の議員には、今回の件を糧として、頑張って行ってもらいたいと願っています。飛翔を期待しているところです。


*議員一人一人の活動とは別に、政党を結成する場合・議会内で会派を結成する場合には、改めて、組織の統制等が大変に重要である事を痛感したところです。

                    (平成29年3月27日 記)




<631> 神奈川県議会「平成29年 第1回定例会」 ー③
委員会の質問報告


 神奈川県議会「平成29年第1回定例会」における、私の委員会(常任委員会、特別委員会)での質問報告です。


① 2月27日(月) <防災警察常任委員会(警察関係)>にて、「道路整備に伴う、交番・派出所・駐在所の移転建替え」について質問。

② 3月1日(水)  <防災警察常任委員会(安全防災局関係)>にて、「国土強靭化地域計画」について質問。

③ 3月3日(金)  <防災警察常任委員会(警察関係)>にて、「信号機の老朽化対策」について質問。

④ 3月7日(火)  <健康・社会問題対策特別委員会>にて、「自殺対策、高齢者対策」について質問。


 今後とも、議会の正式な会議の場で活発に発言して参ります。


                 (平成29年3月23日 記)




<630> 神奈川県議会「平成29年 第1回定例会」 -②
来週から委員会審議に入ります


 現在、開会中の神奈川県議会の「平成29年 第1回定例会」(3月24日まで開会予定)は、本会議での代表質問・一般質問が終わり、来週・2月27日からは委員会(常任委員会・特別委員会・予算委員会)での審議が始まります。


 私は、「防災警察常任委員会」と「健康・社会問題特別委員会」で、質問を行う予定です。


 引き続き、神奈川県政の発展のために、議会の正式な会議の場で、発言し続けて参ります。

                 (平成29年2月25日 記)




<629> 神奈川県議会「平成29年 第1回定例会」 ー①
2月13日から3月24日まで


 2月13日(月)から3月24日(金)まで、神奈川県議会の「平成29年 第1回定例会」が開催されます。


 最主要議題は、神奈川県の平成29年度の当初予算です。


 議会の場で、活発な議論を展開して参ります。


                 (平成29年2月12日 記)




<628> インフルエンザに警戒
来週から神奈川県議会の定例会が始まります


 来週の2月13日(月)から、神奈川県議会の「平成29年第1回定例会」が始まります。

 主要議題は、来年度・平成29年度の神奈川県の当初予算です。


 ですので、今週は、私も含め全ての神奈川県議会議員にとって、「平成29年第1回定例会」の本会議・委員会での質問の準備の時間になります。

 早い人は、準備の終盤の時期の人もいると思います。

 私は、ようやく手を付けようという段階です。


 そんな中、あちこちで、インフルエンザにかかり、質問の準備が出来ない・打ち合わせが延期になったとの話しが聞こえてきます。

 インフルエンザにかかると、熱は下ったとしても、医師から数日間の外出禁止を求められますので、寝室内で出来る仕事以外は完全に止まってしまいます。


 体調に留意しながら、第1回定例会での質問の準備を進めて参ります。


 どうぞ、皆様、インフルエンザにご注意下さい。

                   (平成29年2月9日 記)




<627> 私事で恐縮ございますが・・・
1月22日(日)で、53歳になりました


 先週(平成29年1月22日)で、53歳になりました。


 今日まで、お世話になった全ての方に、心から感謝申し上げます。


 何卒、引き続き宜しくお願い申し上げます。


 53歳の今年も頑張って参ります。

                 (平成29年1月26日 記)




<626> 地元行事
どんど焼き(黒川)


   【 どんど焼き(平成29年1月14日) 】

 麻生区を代表する素晴らしい農業地域である黒川のどんど焼き(田圃の中でのどんと焼きです)に伺いました。





 昔と同じ風景のどんど焼きであり、昔ながらの風景に惹かれて地元以外の方も多く来られています。


 政令指定都市・川崎市の中で、かつ、小田急線の駅から徒歩10数分の田圃の中でのどんど焼きです。  

 美しい田園風景を長年に維持されてきた方々に心から感謝です。

                  (平成29年1月16日 記)




<625> 平成29年の神奈川県議会の会議 開始
1月10日から始まりました


 神奈川県議会の平成29年の会議が、一昨日・1月10日(火)の午前10時30分から始まりました。


<< 私が出席した1月10日の会議等 >>  *場所は全て県庁内です。

 ①議会運営委員会

 ②団長会

 ③団会議

 ④県幹部との賀詞交換会

 ⑤県政記者クラブの年頭記者会見
   (議長、副議長、各会派の団長、議会運営委員会の正副が出席)

 ⑥県政記者クラブとの賀詞交換会


 気合を入れて、今年も、神奈川県政の発展の為に、神奈川県議会議員の立場から取り組んで参ります。


                    (平成29年1月12日 記)




<624> 新年賀詞交歓会には可能な限り参加いたします
県政に対する率直なご意見をお聞かせ下さい


 毎年、1月には、各種団体の新年の式典(新年賀詞交歓会、新春の集い等)が多く開催されます。


 地元・麻生区では、昨日(1月6日)、区の賀詞交歓会が開催されました。




 麻生区では、1月6日(金)から、各種団体の新年賀詞交歓会・新春の集いが、本格的に始まりました。

 麻生区の皆様とお話しの出来る貴重な機会と捉え、ご案内をいただきました会には、可能な限り参加する様にいたしております。

 お会いしました際には、是非、神奈川県政に対する率直なご意見をお聞かせ下さい。

                 (平成29年1月7日 記)




<623> 明けましておめでとうございます
★平成29年も宜しくお願いいたします


 新年、明けましておめでとうございます。

 平成29年も、ご指導の程、宜しくお願い申し上げます。



 平成29年の神奈川県議会の最初の会議は、1月10日(火)午前10時30分からの「議会運営委員会」です。


 引き続き、神奈川県政の発展の為に活発に活動して参ります。

                    (平成29年1月4日 記)




<622> 第3回定例会 閉会
★年内の神奈川県議会の会議は全て終了しました


 今週・12月20日(火)をもって、平成28年の神奈川県議会の会議が全て終了しました。


 12月20日(火)に、11月から始まりました「神奈川県議会 平成28年第3回定例会(後半の部)」が閉会しました。


 *神奈川県議会の第3回定例会は、「前半の部」、「決算特別委員会の部」、「後半の部」の3部に大別できます。

  (この言葉は、私が説明用に便宜上つけている呼び名であり、神奈川県議会の正式な用語ではありません。)


 「後半の部」では、私は、12月1日(木)に<本会議>で代表質問、9日(金)に<防災警察常任委員会>にて安全防災局関係の質問、13日(火)に<健康・社会問題特別委員会>にて質問、15日(木)には<防災警察常任委員会>にて警察関係の質問を行ったところです。

*この他に、議会運営委員会にて発言をしました。 


 平成28年内の議会での発言は終了しましたが、引き続き、神奈川県政の発展の為に、議会の正式な会議で発言し続ける決意でございます。


                   (平成28年12月24日 記)




<621> 本会議・代表質問
★本会議にて代表質問を行いました


 12月1日(木)、本会議にて、知事・警察本部長・保健福祉局長に対して、質問を行いました。


 私の「大惨事の起きた津久井やまゆり園の指定管理者(かながわ共同会)」に関する質問、及び、それに対する知事・保健福祉局長の答弁が、12月2日(金)の『神奈川新聞』、『朝日新聞(朝刊)』、『読売新聞(朝刊)』、『毎日新聞(朝刊)』、『東京新聞(朝刊)』に掲載されています。

 お時間がある時に、お読みいただければ幸いでございます。


*尚、『神奈川新聞』の記事には質問者である私の名前が入っていますが、
他の新聞では私の名前は入っておらず質疑と答弁の内容だけが掲載されています。






    【  質 問 要 旨  】


1、津久井やまゆり園での殺傷事件に関して

(1)事件に関わる戦略的広報について

 今回の津久井やまゆり園の事件のような大事件の際には、発生当初は情報が錯綜する中で、いかに正確な情報を把握し伝えるかということが最も重要である。
 そのためには、マスコミに報道してもらうことは勿論の事、ホームページやSNSなど即時性の高い県の広報媒体を活用し、迅速且つ的確に伝えることが重要である。
 さらに、時間とともに広報すべき内容も変わってくるため、その時々に、何を、どのような方法で伝えていくかは、まさに戦略的広報であり、これまで広報に力を入れてきた成果が強く期待されるところである。
 そこで、本事件に対して、具体的にどのように戦略的広報を展開してきたのか伺いたい。併せて、本事件に関して、今後、どのような方向で広報を実施するのか、所見を伺いたい。


(2)津久井やまゆり園事件の対応や教訓等の共有、継承について

 平成13年の9月の定例会で、当時の岡崎知事は、大阪府の池田小学校の事件に触れ、「県としても、児童・生徒を初め、県民の安全を確保する観点から、すべての部局において、これまでの日常の対応を改めて点検し、できるだけ速やかに具体的な措置を講じてきた」と述べ、その際の教訓は、現在も活かされていると期待している。
 当然、津久井やまゆり園や担当部署でもその教訓等が今も継承されていると考える。
 そこで、大阪教育大学付属池田小学校での事件の際の県のとった対応や得られた教訓は、県行政の隅々まで浸透し、現在まで十分に継承されていたのか、所見を伺いたい。
 併せて、今回の津久井やまゆり園の事件を受けての県の対応や得られた教訓等を県行政の隅々までに浸透させ、絶対に忘れさせないで永久に活かしていくことに関して、どのように考えているのか、所見を伺いたい。


(3)かながわ共同会と県の今後の関係について

 現在、神奈川県立の障害者支援施設は6つ、障害児及び障害者支援複合施設が2つあるが、このうち、かながわ共同会は、4つの障害者支援施設の指定管理者であり、さらに、来年度からは秦野精華園が移譲されることからも、神奈川県の障害福祉行政におけるかながわ共同会の存在は一層高まることになる。
 このような中で、かながわ共同会が指定管理者となっている津久井やまゆり園で事件が発生したのであるから、かながわ共同会と県の関係について、県民が強い関心を持つのは当然である。
 そこで、「津久井やまゆり園事件検証報告書」の中のかながわ共同会に関わる部分に関して及び自らの組織変革等について、かながわ共同会から、報告や相談等が来ているのか伺いたい。
 併せて、今後のかながわ共同会に対する本県の関わりについて、所見を伺いたい。


(4)かながわ共同会に対する点検、監督について

 県は、指定管理者であるかながわ共同会に対して、今回の事件の発生に関わらず、社会福祉法や指定管理に関する協定に基づき、十分な点検や監督をする義務があるが、かながわ共同会では、過去にいくつかの事件が発生している。
 問題案件の発生が重なれば、点検や監督の厳格さが高まるのは当然のことであり、今回の津久井やまゆり園での事件を受けて、かながわ共同会に対する今後の県の点検や監督の厳しさは最大限のものとなるべきである。
 そこで、平成19年5月に起きた津久井やまゆり園で利用者が食べ物を喉に詰まらせて死亡した案件、平成25年の指定管理料の巨額の返金事案を受けて、かながわ共同会に対する点検や監督の厳格さはどのように高まったのか伺いたい。併せて、今回の津久井やまゆり園での大惨事を受けて、今後、かながわ共同会に対して県は点検や監督をどのように厳格に行っていくのか、所見を伺いたい。


(5)津久井やまゆり園事件検証報告書及びかながわ共同会からの経過報告書について

 先日、津久井やまゆり園事件検証委員会から「津久井やまゆり園事件検証報告書」が提出され、本県の対応の不十分な部分に関する指摘もあった。
 一方、かながわ共同会から提出された経過報告書は、この「検証報告書」の完全な理解や今回の事件の検証と再発防止の上で重要な資料だが、個人情報と捜査の観点から、県民の代表である議会に対しても一部非公開とされている。
 秘密保持の観点から少人数に限定されているかながわ共同会からの報告書を読むことができる人は、全文を精読し、対応に必ず活かしていただきたい。
そこで、かながわ共同会からの経過報告書を読むことができる人の範囲と人数について具体的に伺いたい。
また、この報告書を読むことができる人の責務について所見を伺いたい。併せて、「津久井やまゆり園事件検証報告書」で指摘された県の対応の不十分な部分に対する所見を伺いたい。


2、 大麻を中心とした県警察の薬物対策について

 津久井やまゆり園の事件では、犯人の身体から大麻成分が検出されたとのことであり、改めて大麻等の薬物対策の必要性を強く認識した。
 大麻事犯の増加の原因としては、国内において所持や栽培は規制されているが、吸引等の使用等については処罰対象となっていないことや、一部の国で大麻の使用等が認められており、国外で大麻を吸引した人間が帰国後も継続することが挙げられる。
 また、かつては特定の人間にしか入手できなかった薬物が、インターネットの普及等により容易に入手できることなどから、大麻等の薬物の拡散が深刻な社会問題となっている。
 そこで、県警察が摘発した大麻等違法薬物事犯の現状について伺いたい。
 併せて、県警察の違法薬物に対する取締り方策と広報啓発活動について所見を伺いたい。


3、 朝鮮学校の教科書改訂について

 平成28年度は教科書改訂問題の重要な年であるが、先月に神奈川朝鮮学園から県に「改訂は困難」との回答があった。
 この回答を受けて、知事が「改訂は学費補助交付の前提であり、前提が崩れている」として、朝鮮学校に通う児童・生徒に対する学費補助の交付決定を留保すると発表したことは高く評価しているが、今後の県の対応については、「県の教科書改訂についての主張は大原則として堅持すべきこと」、「教科書の改訂もしくはそれに匹敵する十分な対応が実行されない限り補助金は支給しないと予め明確にしておくこと」、「朝鮮学校に関する行政事務を国と都道府県のどちらが担うのが最適なのか、文部科学省と十分に議論を行うこと」の三点を提案したい。
 そこで、朝鮮学校への今後の県の対応について、私からの提案も含めて所見を伺いたい。

                   (平成28年12月3日 記)




<620> 神奈川県の来年度の予算編成
★会派として予算要望書を提出しました


 11月22日(火)、黒岩知事に、県政会(5人の無所属の神奈川県議会議員で構成する神奈川県議会内の会派。団長=相原高広。)として、神奈川県の来年度の予算に対する要望書を提出しました。





 今回のこの「予算要望書」は、会派所属議員の選挙区内の市町村ごとの個別要望をまとめたものです。


 この予算要望書に掲載した以外の予算要望については、別の機会(本会議や委員会等)を通じて、行います。


 来年度・平成29年度の当初予算の編成は来年の2月上旬頃に完了し、「平成29年 第1回定例会」に、知事から議会に提案され、審議されます。


 より良い予算が完成する様、努力して参ります。


                   (平成28年11月29日 記)




<619> 特別委員会 県外調査
★年内最後の県外調査となります


 神奈川県議会の<健康・社会問題対策特別委員会>で、県外調査を実施しました。


 11月16日(水)から11月18日(金)までの沖縄での現地調査でした。


   【 調査項目 】

 「ヘルスケア・ニューフロンティアの推進、子育て支援、青少年問題、子どもの貧困対策」をテーマに、特別委員会での調査の参考とするために、沖縄県において次の場所を訪問し、取組について調査を行いました。


 ①琉球大学(ゆい健康プロジェクト)における健康行動実践モデル実施事業の取組

 ②NPO法人エンカレッジにおける就学援助児童支援等の取組

 ③つきしろキリスト教会における子ども食堂の運営に関する取組

 ④浦添市立森の子児童センターにおける子どもの夜の居場所づくりに関する取組




 神奈川県議会の県外調査は、委員会調査・県政調査・政務調査費での調査等がありますが、どの調査も大変に貴重な機会となっていて、何処に行っても大変に勉強になり、感謝しているところです。


*この調査で、年内の県外調査は、最後となります。

                   (平成28年11月27日 記)




<618> 神奈川県議会 議会友好訪問団
★合衆国メリーランド州へ


 神奈川県議会のメリーランド州議会友好訪問団(団長は森正明・議長)の一員として、11月8日(火)出国・13日(日)帰国で、合衆国を訪問してきました。

 神奈川県とメリーランド州との友好提携35周年の一環として、議会の立場での訪問です。


 主たる公務は、<メリーランド州議会の下院議長との意見交換>ならびに<メリーランド州・メリーランド州立大学の幹部を招いての森議長主催の昼食会>です。

 併せて、現地調査(メリーランド州内、ワシントンDC内、ニューヨーク市内にて)も実施しました。


 大変に有意義な時間を過ごすことが出来、友好訪問団の一員になれたことに感謝しているところです。


                     (平成28年11月26日 記)




<617> 相原高広のHP
★ホームページの移転に伴う訪問者数の表示について


 先々月・9月に、相原高広のHPは下記のアドレスに移動しました。

   http://kokoroikigadaiji.world.coocan.jp


 これに伴い、ホームページへの訪問者数(アクセスカウンター)が、一度、ゼロになっています。



 ホームページを開設してから11月10日までで、約45,000件のアクセスが有りました。


 私のホームページをご覧いただきまして、誠に有難うございました。



 本日(11月20日)から、改めて、訪問者数のカウントを開始・表示しております。


 今後とも、相原高広のHPを宜しくお願いいたします。

               (平成28年11月20日 記)




<616> 神奈川県議会「平成28年 第3回定例会」
★決算特別委員会の部が終了


 先週・11月4日(金)に、平成27年度の神奈川県の決算を審議する「決算特別委員会」が終了しました。


 神奈川県議会では、一年間のうちで、第3回定例会(9月から12月まで)が日程の一番長い定例会になります。

 第3回定例会は、9月から10月にかけての「前半の部」、10月から11月にかけての「決算特別委員会」、11月から12月にかけての「後半の部」に大別できます。

  *「前半の部」、「決算特別委員会の部」、「後半の部」という言葉は、私が説明用に便宜上つけている呼び名です。
    (神奈川県議会の正式な用語ではありません。)


 今月・11月下旬からは、「後半の部」が始まります。

 私は、「後半の部」の本会議で、代表質問をする予定です。
  *現時点では、予定の段階であり、最終確定はしていません。


 引き続き、議会の正式な会議で質の高い議論を展開していきたいと考えています。

                  (平成28年11月8日 記)




<615> 神奈川県議会「平成28年 第3回定例会」
★前半の部が終了


 10月14日(金)に、平成28年第3回定例会の「前半の部」が終了しました。

 神奈川県議会では、一年間のうちで、第3回定例会(9月から12月まで)が日程の一番長い定例会になります。


 第3回定例会は、9月から10月にかけての「前半の部」、10月から11月にかけての「決算特別委員会」、11月から12月にかけての「後半の部」に大別できます。

   *「前半の部」、「後半の部」という言葉は、私が説明用に便宜上つけている呼び名です。(神奈川県議会の正式な用語ではありません。)


 10月14日に、「前半の部」が終了したところです。

 私は、「前半の部」の中では、「防災警察常任委員会」と「健康・社会問題対策特別委員会」において、質問を行ったところです。


   【 質問項目】


  <防災警察常任委員会>

   (安全防災局関係)
    1、消防団員の確保対策について(市町村への県の支援について)

   (警察本部関係)
    1、薬物事犯対策について


  <健康・社会問題対策特別委員会>

    1、ライフイノベーションセンターに進出する団体について 

    2、「未病」の普及啓発について


 引き続き、議会の正式な会議で質の高い議論を展開していきたいと考えています。

                (平成28年10月23日 記)




<614> 相原高広のホームページ
★ページ移転のご案内


 相原高広HPのページ移転のお知らせ◆


  相原高広のHPは、
下記のアドレスに移動しました。


   http://kokoroikigadaiji.world.coocan.jp


 ブックマークなどの登録変更をお願いいたします。


 今後とも、相原高広のHPを宜しくお願いいたします。

               (平成28年9月27日 記)




<613> 神奈川県議会「平成28年 第3回定例会」 開催中
★会期は12月20日迄です


 9月8日(木)から12月20日(火)までの予定で、「神奈川県議会 平成28年 第3回定例会」が開催されています。

 神奈川県議会の定例会では、一年間の中で、「第3回定例会」が、一番長い会期となります。



 神奈川県議会の「第3回定例会」は、概ね以下の3つの期間に区分できます。

  (「前半の部」・「中盤の部」・「後半の部」という用語は、私が説明用に便宜上使っているものです。)


  ①前半の部=「本会議(代表質問・一般質問)⇒委員会での審議⇒本会議(討論→採決)」 ・・・9月8日から10月14日まで。


  ②中盤の部=決算特別委員会での審議 


  ③後半の部=「本会議(代表質問・一般質問)⇒委員会での審議⇒本会議(討論→採決)」 ・・・11月28日から12月20日まで。 


 加えて、「特別委員会の県内調査と県外調査、議会運営委員会」等が行われます。



 引き続き、気合を入れて、議会の会議に臨んでいきます。


 私は、今月下旬から来月中旬にかけて開催される「防災警察常任委員会」と「健康・社会問題特別委員会」にて、委員会質問を行う予定です。


 是非、神奈川県議会の議論にご関心をお寄せ下さい。


               (平成28年9月24日 記)




<612> 神奈川県議会「平成28年 第3回定例会」
★9月12日より本会議での質疑が行われます


 「神奈川県議会 平成28年 第3回定例会」は、本日・9月12日(月)から26日(月)までの約2週間、本会議での代表質問と一般質問が行われます。


 どうぞ、「神奈川県議会 平成28年 第3回定例会」の議論に、ご注目下さい。

                  (平成28年9月12日 記)




<611> 民進党 代表選挙
★<蓮舫氏の二重国籍疑惑>問題について ②



 蓮舫氏(今回の民進党の代表選挙の候補者)の二重国籍疑惑に関しては、私は、「日本の首相候補としての覚悟と準備」の観点を最重視しています。


 <蓮舫氏(民進党の代表候補者)の二重国籍疑惑>について、様々な観点での議論が盛んに行われている様です。

 例えば、「国際化時代の国籍問題」、「二重国籍の各国の現状と課題」、「公務員の国籍のあり方」、「政治家の被選挙権と国籍について」、「蓮舫氏の行為の違法性・適法性」等です

 どの議論も大変に重要なものと考えていますが、私が今回の件で最重視しているのは、民進党の代表候補者(首相候補の一人であることを意味する)である政治家に「日本の首相候補としての覚悟と準備」が出来ているかです。 

 「日本を含め全ての国における重国籍(二重国籍)に関する考察」は確かに大切ですが、今回の件の一番の特徴は、「日本の首相候補の二重国籍疑惑問題」なのです。



 日本を含めどの国においても、政権交代は、時々(時期や頻度は別として)、起きるべきだと思います。

 過去においても未来においても全く同じです。


 数年前の自民党から民主党への政権交代の問題は、政権を率いる民主党の首相の準備不足であったと考えています。

 鳩山さんも菅さんも野田さんも、政権を担う十分な準備が整っていたとは思えませんでした。
 <勿論、彼ら個人だけの責任ではありません。>

 準備が十分に整っていない政権交代だったからこそ、現在の民進党の置かれた厳しい状況につながったと思っています。


 「政権交代の必要性」と「実際に政権を担う個々の首相の適格性」は別次元の話です。



 果たして、蓮舫さんに、「日本の首相候補としての覚悟と準備」が整っているのか不安を感じます。


 蓮舫さんは、彼女自身の国籍問題に関して、国会議員に立候補する時、国務大臣に就任する時、今回の民進党の代表選挙に出る時等、確認しようと考える契機が何回も有った筈ですので、大変に残念に感じます。

 首相になる準備は、実際に首相になる直前までに何とか間に合えば「問題なし」、では無い筈です。


 蓮舫さんが、野党第1党の民進党の代表を経て、我が国の首相を本気で目指しているのならば、今回の件は一日も早くスッキリさせるべき重大案件です。

 間違いなく、この問題を明確にする事は、日本国民の為であり、同時に、蓮舫さん個人の為でもあります。



 私が大学生時代(昭和の終わり頃)に首相を務めておられた中曽根康弘氏は、「将来、自分が首相になった時に行う事をノートに書き綴っていた。それも、かなり若い頃から行っていた。」という話を思い出しました。

                     (平成28年9月11日 記)




<610> 民進党 代表選挙
★<蓮舫氏の二重国籍疑惑>問題について ①


 蓮舫氏(民進党の代表候補者)の二重国籍疑惑問題が勃発しました。 

 一体どうなっているのか、私には、全く分かりません。


 異常な状態になっているのは間違いないところです。

 野党第1党の代表選挙の候補者である蓮舫氏が、「私は日本人です。」と記者会見等で叫ぶのは異様です。

 野党第1党の代表を目指すという事は、我が国・日本の最高指導者である首相を目指すのと同じ意味の筈ですので、その人が「私は日本人です。」と強調するのは、間違いなく異常です。



 <誰に問題があるのか?  どこに問題があるのか?>  一日も早くスッキリしてほしいものです。

 <蓮舫氏の側に問題があるのか。 それとも、 「蓮舫氏に問題がある」と主張している側に問題があるのか?>   早急に白黒明確にしてほしいと強く願っています。



 これは、国によっては、政治家の政治生命の危機になる可能性のある話だと思います。

 一国の首相を目指す国会議員が、このままの状態で良い筈がありません。

 蓮舫氏個人にとっても、スッキリさせた方が良いのは間違いありません。


 評価は次の段階として、何よりも先ず、蓮舫氏(民進党も含む)には事実自体を正確に報告して欲しいです。

 それも、民進党の新代表が決まる前に。


 民進党の新代表が決まる前に、この問題の白黒を完全につけて欲しいと強く願います。

 この件の結果が明確になる前に、民進党の新たな代表に、<前原さん・玉木さん・蓮舫さん>のいずれが選ばれても、素晴らしい代表選挙だったとは誰も感じないと思います。

 民進党の党勢回復には全く寄与しない代表選挙になる様にさえ感じるところです。


 一日も早くスッキリしてほしい事件です。



★私は、民進党の党員でも支持者でも全くありません。

 しかしながら、実態として、民進党に対しては、国民(私も含まれます)の多額の税金(政党助成金)が支給されています。

 その民進党の代表選挙ですので、日本国民の誰でもが、この件について発言・批評・批判する権利が十分にあると考えています。

                (平成28年9月9日 記)




<609> 神奈川県議会「平成28年 第3回定例会」
★9月8日(木)より開始します


 「神奈川県議会 平成28年 第3回定例会」が、明日・9月8日(木)から始まります。


 現在の神奈川県行政の重大案件は、「神奈川県立津久井やまゆり園」(指定管理者=かながわ共同会)です。


 どうぞ、「神奈川県議会 平成28年 第3回定例会」の議論に、ご注目下さい。

                 (平成28年9月7日 記)



<608> 防災警察常任委員会の県外調査 中止
★大きな被害が発生しない事を祈るばかりです



 8月22日(月)から24日(水)の3日間、北海道での現地調査を予定していた、「防災警察常任委員会」の県外調査が中止となりました。


 「防災警察常任委員会」は名前の通り「防災」と「警察」について審議をする委員会です。


 今回の県外調査では、北海道の災害対策と北海道警察の活動に関する現地調査を中心に予定が組まれていましたが、台風の影響により、<①交通手段の確保に困難な面がある事。 ②調査先である北海道に台風が上陸し、北海道庁も北海道警も台風対策に全力で取り組んでいる事。 ③関東地方への台風の上陸により、神奈川県においても台風への対応に万全を期す必要がある事。>等の理由から、中止となりました。


 私は、平成7年4月から今日まで神奈川県議会議員を務めていますが、私が所属する委員会の県外調査が中止になることは初めてだと思います。


 今般の台風で影響を受ける地域に大きな被害が出ないことを強く祈るばかりです。

                   (平成28年8月22日 記)




<607> 会派のヒアリング活動 ②(基礎自治体)
★県内の7つの町村から来年度予算への要望を伺いました


 8月18日(木)と19日(金)の2日間、会派(「県政会 神奈川県議会議員団」。無所属の神奈川県議会議員で構成。)で、県内の基礎自治体より来年度の神奈川県の予算への要望ヒアリング活動を実施しました。


 お伺いしたのは(訪問した順番で)、①箱根町、②湯河原町、③真鶴町、④二宮町、⑤大磯町、⑥清川村、⑦愛川町の7自治体です。



  ★写真は、村田・二宮町長をはじめ二宮町幹部との意見交換の一コマです。 (二宮町役場にて)




 私の所属する会派(「県政会 神奈川県議会議員団」)は、伝統的に、基礎自治体である市町村の声に耳を傾ける事を大切にしています。

 町長さん・村長さんをはじめ基礎自治体の幹部の皆さんから県に対する要望を伺う事は、大変に勉強になります。
  (勿論、個々の要望事項に対しては様々な意見がありますが・・・)

 引き続き、夏の議員活動に取り組んで参ります。


                   (平成28年8月21日 記)




<606> 神奈川県立津久井やまゆり園での事件への議会の対応
★急遽、常任委員会を開催します



 神奈川県立津久井やまゆり園の事件への神奈川県議会の対応として、急遽、8月8日(月)に、「厚生常任委員会」と「防災警察常任委員会」の2つの常任委員会を開催することになりました。


 私は、「防災警察常任委員会」の委員をしておりますので、8月8日(月)の委員会に出席いたします。



 神奈川県議会議員として、出来る事は、全力で実行して参ります。

                 (平成28年7月30日 記)




<605> 神奈川県立津久井やまゆり園での事件について
★余りにも酷い殺人事件です



  神奈川県立津久井やまゆり園におきまして、あまりにも酷い凄惨な殺人事件が起こりました。


 亡くなられた方々には心より哀悼の意を表します。

 負傷をされた方々の一日も早いご回復をお祈りいたします。


 この事件に対して、神奈川県議会議員として、しっかりと対応して参ります。



  << 神奈川県立津久井やまゆり園での殺傷事件についての知事のコメント >>


 本日早朝、県立津久井やまゆり園に男が侵入し、利用者の方を多数殺傷するという大変痛ましい事件が発生しました。

 この男は、同園の指定管理者である社会福祉法人かながわ共同会の元職員と見られます。

 被害に遭われた方をはじめ、ご家族・関係者の皆さまには、あまりに突然のことで、お慰めする言葉もありません。

 このような事件が起きたことについて、県は、施設設置者として指導監督する立場から、心からお詫びするとともに、亡くなられた方々には心より哀悼の意を表します。

 また、負傷された方々には、一日も早いご回復をお祈りいたします。

 今後、県として、指定管理者であるかながわ共同会と連携して、被害に遭われた方々への支援をできる限り行うとともに、警察の捜査に全面的に協力し、再発防止に全力を尽くしてまいります。

            平成28年7月26日
    神奈川県知事  黒 岩 祐 治


                  (平成28年7月30日 記)



<604> 会派のヒアリング活動 ①(各種団体)
★県内の各種団体から来年度予算への要望を伺いました


 7月26日(火)と28日(木)の2日間、会派(「県政会 神奈川県議会議員団」=無所属の神奈川県議会議員で構成する神奈川県議会内の会派)として、来年度の神奈川県の予算に対する県内の各種団体からの予算要望のヒアリング活動を行いました。





 各種団体からの切実な要望を真正面から受け止め、同時に、県の財政状況を踏まえて過大な期待を抱かせる発言をしない様に厳しく戒めながら、真剣な質疑応答・意見交換を行っていました。
          
 議員側は全員が自ずと難しい表情になってしまいます。

                  (平成28年7月29日 記)




<603> 夏の時期の議員活動について
★今年の夏の活動予定(概略)


 A 調査活動


 神奈川県議会では、毎年度、「第2回定例会」の終了から「第3回定例会」の開始までの期間に、各種の調査活動が行われています。

 この時期は、議会の会議(本会議・委員会)の開催が一番少ない時期であり、委員会や議員連盟や会派での調査活動を集中的に行います。


 < 調査活動は大きく2つに分類できます。 >


1、現地調査

 私で言えば、「議会運営委員会の県外調査」、「防災警察常任委員会の県内調査」、「防災警察常任委員会の県外調査」等です。


2、来年度の当初予算に対する各種団体からのヒアリング活動

 会派(「県政会 神奈川県議会議員団」=無所属の神奈川県議会議員で構成する神奈川県議会内の会派)で、来年度の当初予算に対する県内の市町村と県内の各種団体からの予算要望のヒアリング活動を行います。



 B 地域での触れ合いの中での広聴活動


 各種の地域行事を通じて地域での触れ合いの中から、住民の皆様の様々な声を聴かせていただく時期でもあります。


 夏の時期は、「納涼祭り」・「盆踊り」といった地域行事が多く開催されます。

 各種の地域行事を通じて地域での触れ合いの中から住民の皆様の様々な声を聴かせていただく絶好の機会となります。

 会議室等において神奈川県政に関するご意見・ご要望・ご質問をいただく事は大変に重要と考えています。

 また、少し砕けた雰囲気の中で地域の皆様の声を聴くことも大切な議員活動の一つだと考えております。


 議会の公務が絶対・最優先でありますので、全ての地域行事に参加する事は不可能ですが、出来る限り参加するように心がけています。

 お会いした際には、どうぞ、お気軽に声をおかけ下さい。

 率直なご意見をお待ちしております。

                  (平成28年7月29日 記)




<602> 東京都知事選挙 ②
★首都・東京都に相応しい都政を


 今回の東京都知事選挙に関して、私の最大の関心は、現在だけでなく過去も含めて、「(首都)東京都知事・東京都政は大丈夫なのか?」という事です。


 首都・東京都の知事には、全国の中の一つの自治体のトップの次元を遥かに超えた崇高さが求められる筈です。

 東京都は、政治・行政での首都であり経済面でも我が国の中で突出した存在の都市です。

 政治・行政・経済・文化、あらゆる側面での日本の首都です。 (世界で同様な都市はパリ位でしょうか・・・。)

 東京都政に携さわる都知事・都議会議員・都職員には首都に相応しい人間であることを強く期待しています。

 一自治体のトップ(知事)・議員・職員の次元では許されません。



 古今東西、<国の首都>は繁栄するものです。


 平成7年(1995年)に青島知事が誕生した時以来、「東京都政に関わる人たちは、首都であることによる東京都の繁栄に甘えているのではないか?」との疑問を持たない訳ではありません。

 新たな東京都知事には、「そんな甘えは一切無い」という事を、素晴らしい都政運営により、しっかりと証明してほしいと願っています。

                     (平成28年7月24日 記)




<601> 東京都知事選挙 ①
★選挙の行方


 最近、多くの方(神奈川県内の方)から、「東京都知事選挙は誰が勝つと思う?」との質問をいただきます。

 改めて、首都・東京都の知事を選ぶ選挙の全国的な関心の高さを感じるところです。



 私は、何の情報を持っていませんし、分析などは一切行っていませんが、以下の通り回答しております。

   ●「直感では、小池さんか・増田さんだと思います。」

   ●「小池さんが先行している、後は、増田さんが自公の組織力により追いつかどうかだ。」

 これは、単なる勝敗の予想であり、どの候補者が都知事に相応しいかではありません。
  (また、私の願望等は一切入っていません。)



 ここにきて、鳥越さんに関する「女性問題」の報道が幾つか出てきています。

 内容が事実かどうかは全く分かりません。

 「前代未聞の全面的な選挙妨害」なのか「大スクープなのか」は、いずれ明確になるとは思いますが、残念ながら、事実が明確になるのは都知事選挙終了後になると思われます。

 一連の報道を受けて、有権者が取る投票行動には強い関心があります。


 いずれにせよ、選挙としては上品な選挙にはなっておらず、というよりは下品な選挙になってきています。

 これにより、当初の選挙の雰囲気から変化が出て来ている様に感じます。  

 今日時点では、私には、鳥越知事誕生の可能性はかなり低いと感じられます。



 全国民が強い関心を持っているに相応しい東京都知事選挙が展開される事を願うばかりです。

                  (平成28年7月24日 記)




<600> 拉致被害者を取り戻すために
★地方議員の立場から全力で取り組みます


 7月17日(日)の午後、JR桜木町駅前で行われた<拉致被害者を取り戻すための署名活動>に参加しました。 


   ★写真が不鮮明ですが、街頭演説中の相原高広です。★


 神奈川県議会の<拉致議連>のメンバーの一人としての参加です。

 神奈川県議会の<拉致議連>の会長の松田良昭議員(横浜市金沢区)、事務局長の小島健一議員(横浜市青葉区)、鈴木秀志議員(前副議長、横浜市鶴見区)、藤間明男議員(茅ヶ崎市)と一緒に参加しました。


 全国の多くの地方議会には拉致問題に関する議員連盟(議連)が設立されていますが、全国の拉致問題に取り組む地方議員の議員連盟のトップを神奈川県議会の松田良昭議員が務めています。

 神奈川県議会では拉致問題に対して松田良昭議員を先頭に積極的に取り組んでいるところです。


 引き続き、この問題が解決するまで、全力で取り組んで参ります。


★参議院選挙から約2週間が経ち、選挙の余韻も無くなり、神奈川県議会議員としての活動に専念しております。
  (但し、東京都知事選挙の行方は大変に気になるところです。)

                  (平成28年7月23日 記)




<599> 参議院選挙の結果を受けて ②
★ 神奈川選挙区編


 神奈川選挙区は、定数4人です。

 定数4の神奈川選挙区の今回の選挙結果に対して、私としては、歓迎をしているところです。


 その理由を幾つか記しますと、


① 微力ながら私が支援をした2人の候補者(五十音順)の方が見事に当選した事です。


  【 
中西けんじ (現職、無所属・自民党推薦) 】さん

  【 
三浦のぶひろ (新人、公明党公認・自民党推薦) 】さん


 お二人とも大変に真面目な政策志向の強い素晴らしい政治家です。

 中西さんには、2期目の参議院議員として、今度の6年間の任期中では、大臣政務官や副大臣に就かれ政府の一員として実力を発揮される事を強く期待しているところです。

 三浦さんには、1期目の参議院議員ですが、まさに「即戦力」として、大活躍される事を強く期待しているところです。 


 支援した候補者が当選する事は、候補者は勿論の事でしょうが、支援した人間にとっても大きな喜びとなります。



② 躍進するとの予想があった日本共産党の候補者が落選した事。


 神奈川選挙区は定数が4人です。

 自分が支援した候補者が当選するだけで十分だとは、全く考えていません。

 4人の定数の全てが良い人になる事を強く望んでいます。 


 日本共産党に対しては、私は政治的立場を完全に異にしますが、多数の大変に真面目な議員・候補者がいると認識しています。
  (特に、農村部では地域に密着した党派を超えて信頼を得ている地方議員が多いと聞いています。)


 しかし、今回の参議院選挙では、選挙期間中に日本共産党の最高幹部の一人である政策委員長(当時)の藤野保史衆議院議員の「人を殺すための予算」という余りにも酷い暴言があり、今回の神奈川選挙区では日本共産党の候補者は落選するべきと強く願っていたところでした。

     
(平成28年7月12日 記)




<598> 参議院選挙の結果を受けて ①
★ 全国編


 選挙結果は、各報道機関の終始一貫した予想の通りとなりましたので、多くを語りようがないのが正直なところでありますが、しかし、その中で、私なりに感じた所を幾つか表すとすると、


① 安定が求められた・・・・・国民が政治の安定・政局の安定を求めた結果と受け止めています。


 <実際は、国民は日本社会の安定を求めているのだと思います。>

 世界中で続発するテロ(日本人も巻き込まれています)・英国のEUからの離脱・北朝鮮のミサイル実験の断行等を踏まえれば、安定を求める心理が強く働くのは当然だと思います。



② 民進党凋落傾向ストップ・・・・・民進党の民主党が政権を獲得した事に始まった著しい凋落傾向は歯止めがかかったと受け止めています。


 多くの人が大変に真面目と感じる岡田代表により、野党第一党としての安定感や存在感は取り戻したと思います。


 民主党の政権交代当時の私の感覚は、民主党の中で総理大臣を務める準備が出来ている人が居るのかという感じでした。

 実際に総理大臣になった鳩山さん・菅さん・野田さんの3人に準備が出来ていた様には感じませんでした。

 好き嫌いを全く別にして、当時、総理大臣になる準備が一応できていたのは、小沢さん・岡田さんの2人だったと感じていました。


 準備が出来ていないにもかかわらず、政権を担った事が、民主党の著しい凋落傾向の始まりになっています。

 ようやく、下げ止まったという感覚です。



③ 日本共産党の躍進ならず・・・・・大きく躍進との予想もあった日本共産党が思ったよりも伸びなかったと受け止めています。


 それなりの躍進が有ると、私も想像していましたが、そうなりませんでした。

 最大の原因は、日本共産党の政策委員長(当時)の藤野保史衆議院議員が「人を殺すための予算」という発言をした事です。

 政治家を含め、誰でも、<失言・言い間違い・真意が伝わらない・勘違い>の発言をする事がありますが、これは、限度を超えた酷過ぎるものでした。

 <失言・言い間違い・真意が伝わらない・勘違い>の発言については、悪意を持ったものでなければ、寛容に対応することも時には大切ですが、この発言は異常過ぎます。

 この暴言により、党員・党支持者以外で今回の選挙では日本共産党に投票しようと考えていた人は、投票行動を変えたと強く推測されます。

                      (平成28年7月12日 記)



<597> 支援した候補者の選挙結果 ②
★神奈川選挙区


     <<  五十音順  >>


 ■
 中西けんじ (現職、無所属・自民党推薦)さん  当選!


 中西健治さんには、引き続き、政策通の国会議員として、ご活躍いただきたいと、心から期待しているところです。



 ■ 
三浦のぶひろ (新人、公明党公認・自民党推薦)さん  当選!


 三浦のぶひろさんには、今日から、国会議員として、国民の為に大活躍していただきたいと、心から期待しているところです。

                  (平成28年7月11日 記)




<596> 支援した候補者の選挙結果 ①
★比例区(全国区)


 ■ 柴田 巧 (しばた たくみ)さん  (民進党公認、元富山県議会議員)

 本当に残念な結果となりました。


 選挙で落選すると、一番ショックを受けるのは間違いなく候補者本人ですが、支援した人間も相当のショックを受けます。

 本当に無念です。


 柴田巧さんには、一日も早く政界復帰していただきたいと、心から期待しているところです。

              (平成28年7月11日 記)




<595> 7月10日が参議院選挙の投票日です
★是非、投票に行かれて下さい・・・私は期日前投票を済ませました


 昨日(7月9日)、地元の麻生区の区役所で、期日前投票を行いました。

 少し大袈裟ではありますが、投票権を正々堂々と行使してまいりました。


 是非、投票に行かれて下さい。

 投票権を行使されて下さい。




 今回の参議院選挙で、私が当選を強く願っている神奈川選挙区・比例区(全国区)の候補者とも、激戦状態にあり当落線上にいます。


 貴重な一票なので、無効票にならないよう、投票用紙への記入ブースに貼ってある「立候補者の一覧表」を十分に確認しながら、候補者名を記入しました。
  (特に、候補者の氏名の中に難しい字がある訳ではありませんが。)


 2枚目の比例区の候補者名の記入の際に、一瞬戸惑いました。

 「立候補者の一覧表」の中に、<
 柴田 巧 >の名前が見当たら無いのです。

 落ち着いて確認すると、<
 しばた 巧 >で掲載されていました。



  ***********************************


 私は、自分の選挙では、戸籍そのままの<相原高広>で届け出をしています。
  (一部を平仮名にしたりせず戸籍名のままです。)

 選挙の度に、候補者名の登録については、それぞれの候補者・陣営で色々な工夫をしている様です。
  (時には、苦慮している様子です。)

 例えば、名前に難しい漢字が使われている場合や読み方が難しい時、旧姓や通称名を使う時などの様です。


 私の場合は、分かりやすい漢字の名前であり、名前を付けた親に感謝しています。
  (時々、政治家っぽい名前だとも言われ事があります。)


 ちなみに、約25年前、英国で英国の第3政党(Liberal Democrats)の党本部でインターンとして研修していた時、自分の名前の意味を説明する場合に、「 High Ambition and Broad Mind 」と言っていましたが、果たして妥当であったのか、心配です・・・。

                    (平成28年7月9日 記)




<594> 参議院選挙の対応について ⑥
★最終盤です ⇒⇒ 投票に行きましょう


 参議院選挙は最終盤です。

 7月10日(日)が投票日です。

 7月10日(日)の投票日に、もしくは、投票日前の期日前投票にて、是非、投票されて下さい。


 改めて、今回の参議院選挙における私の対応について明記いたします。



1、 私の参議院選挙への対応について (2つの基本方針)


① 私は、いずれの政党にも所属していない<無所属の地方議員>ですので、政党に関係なく・政党ではなく、候補者個人を見て、応援する人を決定しています。

 当然の前の事でありますが、政党に所属する地方議員は所属する政党の公認・推薦候補者を支援する事になります。


② 候補者の方から推薦・支援の要請があった場合のみ、支援するかどうかを検討する。

 これも、当然の事ではありますが、支援の要請が無ければ、支援に関して検討する事はありません。

 素晴らしい候補者は沢山いる筈ですが、支援の要請(その候補者との出会い)が無ければ、支援について検討する事はありません。

 誰からも支援の要請が無い場合は、一人の有権者として、最適だと考える候補者に投票します。




2、 神奈川選挙区(定数4人)への私の対応について


 今回は、12人の方が立候補しています。

 私に対しまして、2人の方から支援の要請がありました。


   【支援要請を受けた順に】


 ★ 三浦 のぶひろ さん  (新人、 公明党公認・自民党推薦)

     (元防衛大学校 准教授)

     
< 三浦のぶひろHP  https://miura-nobuhiro.com >

 三浦さんは、金属工学の専門家(工学博士)です。

 理系出身の政治家の多くは、医療系(医師・歯科医師・看護師等)か建設系(土木・建築・都市計画等)出身者ですが、三浦さんは金属工学の専門家です。

 また、自衛隊・防衛庁関係出身の方が立候補する場合は自民党からの場合が多いですが、三浦さんは公明党からの出馬です。

 貴重な経歴の持ち主であり、活躍が大変に楽しみな方です。


  中西 けんじ さん  (現職、 無所属・自民党推薦)

     (元JPモルガン証券 副社長)

     < 中西けんじHP  http://www.nakanishikenji.jp 

 中西さんにお会いしてみると、1期6年間の参議院議員の経験からくる安定感を大いに感じました。

 参議院議員になる前に国際金融の最前線で高度の仕事をされてきただけに、経済(特に金融)政策に強い信念を持たれている政策志向の大変に強い方です。


*三浦さんと中西さんのお二人には是非とも当選していただき、神奈川選挙区選出の参議院議員として、大いに活躍をしていただきたいと心から願っております。



3、 比例区【全国区】 (定数48人)への私の対応について


 今回は、候補者(個人)164人が立候補しています。


 私に対しまして、1人の方から支援の要請がありました。


    柴田 巧 (しばた たくみ) さん  (現職、 民進党公認)

      (元 富山県議会議員)

      < 柴田巧 HP   http://shibatatakumi.com  >

 比例区は、候補者の個人名でも政党名でも投票できますので、投票における選択肢は170以上も有ります。

 170以上の選択肢から一つ(個人名もしくは政党名)のみを選んで、投票するのですから、何とも言えない選挙です。

 世界的に見ても、稀な選挙制度だと認識しています。


*比例区では、柴田巧さん(現職1期、民進党公認、元富山県議会議員)お一人から支援の要請をいただきました。 
 私に対して支援要請のあった唯一の候補者ですので、柴田巧さんには是非とも当選をしていただきたいと強く願っています。
 柴田巧さんには、引き続き、参議院議員(比例区選出)として、ご活躍していただきたいと心から願っております。


                (平成28年7月8日 記)




<593> 藤野衆議院議員(共産党・政策委員長)の暴言
★大変に残念です


 藤野保史衆議院議員(日本共産党・前政策委員長)が信じられない暴言をしました。

    (下記の引用をご参照ください。)


 政治家を含め、誰でも、<失言・言い間違い・真意が伝わらない・勘違い>の発言をする事があります。

 しかし、藤野衆議院議員の今回の発言は限度を超えた酷過ぎるものであり、許容されません。


 その後、藤野衆議院議員本人は、発言を取り消し、謝罪をしました。

 さらに、党の役職(政策委員長)を辞職しました。

 また、藤野衆議院議員が所属している日本共産党は、「党の見解とは違う」としているところです。


 <失言・言い間違い・真意が伝わらない・勘違い>の発言については、悪意を持ったものでなければ、寛容に対応することも時には大切ですが、この発言は異常です。

 この発言は、藤野衆議院議員本人にとっても、所属している政党(日本共産党)にとっても大変に残念な事だと想像しますが、それよりも自衛隊員に対してあまりにも無礼な発言であり、さらに言えば全ての国民にとって大変に不幸な発言です。


 大変に残念です。



  *  livedoor ニュース (2016年6月26日 15時30分) 」より *


 < 共産党の藤野保史議員が防衛費を「人を殺すための予算」と発言 >


  26日放送の「参院選特集 政策を問う」(NHK総合)で、日本共産党・中央委員会政策委員長の藤野保史衆議院議員が、日本の防衛費について「人を殺すための予算」と発言し、各党の出演者から訂正を求められた。

 番組では、7月10日予定の参院議員選挙に向けて、9党の政策責任者が社会保障の在り方や憲法改正などをめぐって議論を交わしていた。

 労働者の賃上げについて話題が移ると、藤野氏は、大企業は3年連続で最高益を記録し、内部留保が300兆円も溜まっている反面、個人消費は2年連続でマイナスとなり戦後最悪の状態に陥っていると指摘した。

 藤野氏は、アベノミクスによるこうした結果に対する対策案として、自党の掲げる政策をプレゼンし始める。
 ここで税金の使い方を改めると主張しながら、防衛費が戦後初めて5兆円を突破したことに触れて、「『人を殺すための予算』ではなくて、『人を支えて、育てる予算』。これを優先していく」と発言したのだ。

 この発言に対して、すぐさま自民党・政務調査会長の稲田朋美衆議院議員を筆頭に、他党の出演者から反論の声が挙がった。

 まず、公明党・政務調査会長の石田祝稔(いしだ・のりとし)衆議院議員が発言を問題視して「まず、さっきの(発言)取り消した方がいいですよ。御党のために言っときますよ」と抗議する。
 続いて、おおさか維新の会・国会議員団政務調査会長の下地幹郎衆議院議員も「防衛予算が『人を殺すための予算』というのは訂正した方がいい」と藤野氏に進言。

 さらに、日本のこころを大切にする党・政策調査会長の和田政宗参議院議員も「『人を殺す予算』というのは、私は政治家の発言としてマズいとおもいます」と、それぞれ藤野氏に発言の撤回を求めたのだ。

 しかし、藤野氏は番組中、この発言を訂正撤回することはなかった。

                   (平成28年7月2日 記)




<592> 参議院選挙の対応について ⑤
★神奈川選挙区の対応について


 神奈川選挙区の定数は4人です。

 今回は12人の方が立候補しています。



*私に対しまして、2人の方から支援の要請がありました。


   【支援要請を受けた順に】


1、 
三浦のぶひろ さん  (新人、公明党公認・自民党推薦)

    (元防衛大学校 准教授)

    
★ 三浦のぶひろHP  https://miura-nobuhiro.com   ★


 三浦さんからは、立候補の表明の直後に、挨拶と支援の要請がありました。

 三浦さんは、金属工学の専門家(工学博士)です。

 理系出身の政治家の多くは、医療系(医師・歯科医師・看護師等)か建設系(土木・建築・都市計画等)出身者ですが、三浦さんは金属工学の専門家です。

 また、自衛隊・防衛庁関係出身の方が立候補する場合は自民党からの場合が多いですが、三浦さんは公明党からの出馬です。

 貴重な経歴の持ち主であり、活躍が大変に楽しみな方です。



2、 
中西けんじ さん  (現職1期、無所属・自民党推薦)
 
    (元JPモルガン証券 副社長)

    ★ 中西けんじHP  http://www.nakanishikenji.jp  ★


 三浦さんからの支援要請から少し経って、中西さんからも支援の要請がありました。

 中西さんにお会いしてみると、1期6年間の参議院議員の経験からか、安定感を大いに感じたところです。

 経済(特に金融)の専門家であり、政策志向の大変に強い方です。



★私に対しまして、三浦さんと中西さんのお二人から支援の要請をいただきましたので、三浦さんと中西さんのお二人には是非とも当選していただき、神奈川選挙区選出の参議院議員として、大いに活躍をしていただきたいと心から願っております。

                 (平成28年6月24日 記)




<591> 参議院選挙の対応について ④
★比例区の対応について


  
柴田 巧 (しばた たくみ) さんから、支援の要請をいただきました。

    柴田巧(略歴)・・・・現職1期、民進党公認。 (元)富山県議会議員。


     ★ 柴田巧 HP   http://shibatatakumi.com  ★


 比例区(全国区)の定数は48人。

 今回の選挙では候補者(個人)164人が立候補しています。

 比例区は、候補者の個人名でも政党名でも投票できますので、選択肢は約170有ります。

 約170の選択肢から一つ(個人名もしくは政党名)だけを選んで、投票するのですから、何とも言えない選挙です。

 世界的に見ても、稀な選挙制度です。


 
★比例区では、柴田巧さん(現職1期、民進党公認、元富山県議会議員)お一人から支援の要請をいただきました。 

 柴田巧さんは、私に対して支援要請のあった唯一の候補者ですので、柴田巧さんには是非とも当選をしていただきたいと強く願っています。

 柴田巧さんには、引き続き、参議院議員(比例区選出)として、ご活躍していただきたいと心から願っております。



                   (平成28年6月24日 記)




<590> 参議院選挙の対応について ③
★私の基本方針


 6月22日(水)に、参議院選挙が公示されました。 (投票日は、平成28年7月10日です。)


  
★ 私の参議院選挙への対応について  (私の2つの基本方針) ★


1、私は、いずれの政党にも所属していない<無所属の地方議員>ですので、政党に関係なく・政党ではなく、候補者個人を見て、応援する人を決定しています。

 当然の前の事でありますが、政党に所属する地方議員は所属する政党の公認・推薦候補者を支援する事になります。



2、候補者の方から推薦・支援の要請があった場合のみ、支援するかどうかを検討する。

 これも、当然の事ではありますが、支援の要請が無ければ、支援に関して検討する事はありません。

 すばらしい候補者は沢山いる筈ですが、支援の要請(その候補者との出会い)が無ければ、支援までには発展しません。

 誰からも支援の要請が無い場合は、一人の有権者として、最適だと考える候補者に投票します。


                (平成28年6月23日 記)




<589> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー⑩
定例会 閉会


 6月21日(火)をもって、神奈川県議会の「平成28年 第2回定例会」が閉会しました。

 私にとりましては、本会議での代表質問および常任委員会・特別委員会で委員会質問を行い、慌ただしくも充実した定例会となりました。


 6月22日(水)から7月10日(日)までの期間は、参議院議員選挙ですので、日本の政治の世界は参議院議員選挙一色になるかと思います。

 但し、東京都知事選挙の候補者選考は大変に気になるところです。


*次回の神奈川県議会の定例会は9月に始まります。

 引き続き、神奈川県議会の議論にご関心を下さい。



                (平成28年6月22日 記)




<588> 参議院議員選挙の対応について ②
公開討論会にて候補者を観察してきました


 日本青年会議所が、6月14日(火)夜に横浜・関内ホールで開催した「立候補予定者(神奈川選挙区)公開討論会」に参加しました。

 全ての立候補予定者が参加しての開催であり、候補者を比較できる大変に良い機会となりました。

 主催された日本青年会議所の皆様には心から感謝しているところです。


 各候補者の評価を詳細に書く訳にはいきませんが、一言でいえば、多くの人が予め予想していた通りの結果だと思います。

 私の感想と会場に来られていた方の感想は概ね一致していた様に感じました。



★★★ 但し、実際の選挙では、頭脳明晰だから・政策通だから・専門知識や知性があるから、当選できる訳ではありません。

 これが、選挙の何とも言えないところです。

 実際の選挙の結果はそんな状況ではありますが、そうであっても、私は、政策を中心に政治活動を貫く政策通の方に大いに期待します。

 そうでなければ、現在、国政に課せられている難解な政策課題は解決不能です。


 ここ数回の東京都知事選挙が「知名度競争」の様相を呈していますが、その結果は惨憺たるものです。

 今回の東京都知事選挙を、現在の日本の選挙の実態を見直す絶好の機会にしなければなりません。

                  (平成28年6月19日 記)




<587> 参議院選挙の対応について ①
候補者本人を見つめて対応しています


 参議院議員選挙が、6月22日(水)公示、7月10日(日)投票で、実施されます。


 最近、地元・麻生区の方やマスコミの方から、「今度の参議院議員選挙で、相原さんは、誰を支援するのですか? どの党を支援するのですか?」等の質問を多くいただきます。


<< 相原高広の回答 >>

 私は、ずっと、いずれの政党にも所属していない無所属の地方議員ですので、政党に関係なく、政党ではなく、候補者個人を見て、応援する人を決めています。

 勿論、大前提は、候補者の方から推薦・支援の要請があった場合です。



*私が応援する人について、私のFB(フェイスブック)もしくHP(ホームページ)にて掲載する様にする予定です。

 それ以外で、「私が誰を応援するのか」等の話が出ていた場合は、私の承知していないところですが、確認の一報をいただければ幸いでございます。

                   (平成28年6月18日 記) 




<586> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー⑨
委員会質問


 神奈川県議会の「平成28年 第2回定例会」が進んでいます。

 私の今週(6月13日・月曜日からの週)の議員活動は、委員会での質疑一色でした。


① 6月13日(月)  防災警察常任委員会(安全防災局関係)

  【質問事項】  東日本大震災時の東京電力福島第一原子力発電所事故の影響により県が要した費用の東京電力への損害賠償請求について。

 東京電力との損害賠償協議の遅れの解消や請求額の全額確保について、担当者の対応を強く求めました。


② 6月15日(水)  健康・社会問題対策特別委員会

  【質問事項】  子どもの貧困対策に係る取り組みについて。・・・特に、子どもを取り巻く現状と課題について。

 担当局が提示した統計資料に関しての質問が中心となりました。

 ある程度長い期間のデータの確認の重要性を指摘しました。


③ 6月17日(金)  防災警察常任委員会(警察関係)

  【質問事項】  国際テロ対策について

先日の本会議で警察本部長に質問した内容の続きとなります。

 年齢の若い(30歳代前半か)外事課長さんが的確に答弁されたのが印象的でした。



 今後とも、神奈川県議会の議論にご関心をお寄せ願います。

                    (平成28年6月17日 記)




<585> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー⑧
<本会議・代表質問>報告・・・質問要旨


1 私立大学の県内立地等に関して   <知事>

 大学の立地は、産業立地と同様の地域振興効果があることから、本県においても大学立地による効果を十二分に検証する意義は大きい。
 一方、最近の大学の都心への移転や、国による大都市圏への学生集中の抑制など、今後の本県への影響を注視すべき動きもある。
 県内私立大学の県外移転は地域の大きな損失である一方、県内への私立大学の進出や大幅な定員増は、地域に大きな恩恵をもたらすものである。
 そのため、全ての私立大学に対する支援は必要ないが、県内に新たに進出を考える私立大学や定員の大幅増を考える県内の既存の私立大学に対しては、積極的な支援を行うべきと考えている。
 そこで、首都圏内の私立大学の立地に関係する動きを見据えた上で、本県地域への将来の影響について知事の所見を伺いたい。
 また、県内への進出や大規模な定員増をする私立大学に対する支援策について、今後早急に検討すべきと考えるが、知事の所見を併せて伺いたい。


2 治安問題について   <警察本部長>

 (1)  国際テロ対策について

 国外では、昨年から、フランスでの同時多発テロやベルギーでの連続テロ事件など、依然として厳しいテロ情勢が続いている。
 国内では、9月まで続く関連閣僚会合に加え、3年後にはラグビーワールドカップ決勝が横浜で、4年後の東京オリンピック・パラリンピック競技大会では、セーリング競技の江ノ島開催が決定しており、大規模な国際イベントを無事に開催するためには、更に国際テロ対策を強化する必要があり、国際テロの未然防止のために、関係機関の連携や体制の強化、装備資器材の充実を計画的に行うことが重要である。
 そこで、県警察における国際テロ対策について、所見を伺いたい。

 (2)  オウム真理教問題について

 オウム真理教が引き起こした地下鉄サリン事件から21年が経過した。
 このような悲惨なテロ事件を2度と起こさせてはならないが、教団が新たな信者を獲得し、保有する資産が9億円を突破したとの
報道に接し、教団の勢力拡大に驚きと憤りを感じている。
 一方、県民の間では時間の経過とともに、教団に対する記憶や警戒心が薄れている感があり、再び地下鉄サリン事件のような凶悪な事件の発生が懸念される。
 教団に対する厳正な取締りと教団が過去に起こした凶悪事件の風化防止対策の継続的な推進を強く要望するところである。
 そこで、オウム真理教の現状と対策について、所見を伺いたい。


3 県立高校の入学者選抜の採点ミスについて  <教育長>

 (1) ミスの実態の県民への公表について

 これまでの教育委員会の発表では、殆どの教職員が採点ミスを犯したとの誤解を与えかねない。
 大多数の教職員は採点ミスなく業務を完遂している実態もあるのだから、県民に採点ミスを行った教職員の状況を詳細に伝えるべきである。
 そこで、平成28年度の入学者選抜において採点ミスを行った教職員の職種(職階)別に、全体の人数・採点に関わった人数・採点ミスを行った人数・採点ミスを行った教員の全体に対する割合を報告願いたい。
 また、平成28年度と27年度の入学者選抜の両方で採点ミスを行った教職員はいたのか報告をお願いしたい。
 その上で、その報告内容の詳細に加えて、県立高校毎の教職員の人数・採点に関わった人数・採点ミスを行った人数・採点ミスを行った教員の割合の実態について、教育委員会は明確に公表すべきと強く考えるが所見を伺いたい。

 (2) 答案用紙を廃棄した3校の問題について
 
 平成27年度入学者選抜では定められた保存期間前に答案用紙を廃棄した県立高校が3校あった。
 この問題は今般の入学者選抜での採点ミス問題のうちで最悪の事態であり、最も強く非難されるべきで
ある。
 この3校は事実自体を明らかにすることも一切不可能にした。採点ミスで合格者とすべき受検生を不合格としたことよりも遥かに重大な問題であり、合格者を不合格にしていた可能性もある。この3校の問題については、教育委員会として最も厳しい対応をすべきである。
 そこで、まず、答案を廃棄した3校では、受検生のうち不合格となった生徒に対して丁寧な説明を含めた十分な対応を既に行っているのか報告をお願いしたい。
 その上で、この3校の答案廃棄に関して、廃棄を実行した教職員と管理職への対処、及び一番大切である不合格とされている受検生への対応について、所見を伺いたい。


4 朝鮮学校について   <県民局長>

 (1) 国(文部科学省)からの通知に関して

 学校に関する国からの通知の前半部分に、「朝鮮学校に関しては、我が国政府としては、北朝鮮と密接な関係を有する団体である朝鮮総聯が、その教育を重要視し、教育内容、人事及び財政に影響を及ぼしているものと認識しております。」との記載があるが、都道府県では内容を詳細に把握することが難しい領域であり、内容を詳細に把握できない対象を、本県が担う行政事務の範囲に入れることは避けるべきと考える。
 朝鮮学校に関する行政事務を、国と県のどちらが担うのが最適か、文部科学省と議論を行うべきである。
 そこで、国からの通知の中の前半部分で指摘されている「北朝鮮と朝鮮総聨との関係、朝鮮総聨と朝鮮学校の関係」に関する所見を伺いたい。
 その上で、朝鮮学校については国と都道府県のどちらが担うのが最適な行政事務なのか、文部科学省と率直な意見交換を行うことについての所見を伺いたい。

 (2) 平成28年度に行われると言われている教科書の改訂問題について

 今年度に朝鮮学校の教科書改訂が予定されているが、前回改訂が行われるとされた平成25年度に改訂が実施されなかった事実を踏まえれば、県民局は、前回に行った対応に加えて新たな取組みを実施する必要がある。
 一つの方法としては、全国の朝鮮学校の教科書を作成しているとされる教科書編纂委員会に対して、県が直接要請を行うことである。
 そこで、まず、ここ半年間位の間に、朝鮮学校からの報告等何らかの動きがあったのか報告をお願いしたい。
 その上で、教科書改訂の実現性や自信について、及び、改訂の実現に向けての今後の取組みについて所見を伺いたい。

                   (平成28年6月3日 記)




<584> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー⑦
<本会議・代表質問>報告・・・質問項目





 6月1日(水)に、本会議にて、知事・警察本部長・教育長・県民局長に対して、質問を行いました。


 <質問項目>は、以下の通りです。   *印は答弁者。


1、私立大学の県内立地等に関して   <*知事>

2、治安問題について   <*警察本部長>
 ①国際テロ対策について
 ②オウム真理教問題について

3、県立高校の入学者選抜の採点ミスについて   <*教育長>
 ①ミスの実態の県民への公表について
 ②保管期限前に答案用紙を廃棄した3校の問題について

4、朝鮮学校について   <*県民局長>
 ①国(文部科学省)からの通知について
 ②今年度・平成28年度に行われると言われている教科書の改訂問題について


 引き続き、神奈川県政の発展の為に、神奈川県議会議員の立場から、取り組んでまります。


                   (平成28年6月2日 記)




<583> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー⑥
本会議・委員会での本格的な議論に入っていきます


 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」は、来週(5月30日から始まる週)から、<本会議での代表質問と一般質問>、その後は、<8つの常任委員会と4つの特別委員会での質疑>を実施します。

 本格的な議論に入ります。

 何卒、神奈川県議会の議論にご関心をお寄せ下さい。

                  (平成28年5月29日 記)




<582> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー⑤
「質問状」等への私の基本的な対応方針について


  <日本共産党・神奈川県議会議員団に関わる問題>に関する質問状への対応は基本的に終了しました。


 全く見ず知らずの方から、質問状等が、電子メール・FAX・電話・郵便等で送られてくる事があります。

 多くは、「氏名・住所が書かれていない物」・「質問状の形式を借りた抗議文や嫌がれせの文書」・「回答期限が理由も示されずに一方的に設定されている物」です。

 最近では、電子メールによる物が圧倒的に多いです。


 これに対する私の基本方針は、過去に偽の氏名や偽の住所で送付されてきた質問状が何回もあった事を踏まえまして、
 第一段階として、以下の様な対応をしています。

  「①氏名・住所を明記して郵便で送付する様に連絡する事。」

  「②回答期限を設定する場合は、その理由を明記する様に連絡する事。」

  「③不正や郵便物の不着を防ぐ為に、出来る限り、書留で送付する様に連絡する事。」等です。


 今般の<日本共産党・神奈川県議会議員団に関わる問題>でも、約10通の物が私へ送られてきました。

 私からの連絡が可能と思われるものについては、上記の私の基本方針を伝えたところです。

 その結果、数通、郵便により、私への質問状が送付されてきました。

 それに対しては、私なりの回答を記して、簡易書留郵便もしくは宅配便にて、送付をいたしました。

 私が回答を送った中で、1人の方からだけでしたが、<御礼>のメッセージが届きました。


 <日本共産党・神奈川県議会議員団に関わる問題>に関しての質問状への対応については、先週位から質問状等が送られてくる事が無くなった事。
 並びに、回答を簡易書留で送ったところ、宛先の氏名と住所の書き間違いがないのにかかわらず、「宛所に尋ねあたりません」との理由で郵便物が戻り大変にがっかりさせられた事から、対応を既に終了といたしました。 


 私は、<議員と有権者による対話>を大変に重要と考えております。

 そして、これを成立するためには、議員と有権者がお互いに基本的で常識的な態度が必要です。

 今後も、全く見ず知らずの方からの質問状への対応につきましては、引き続き、上記の<私の基本方針>通りに、対応して参ります。

 
                    (平成28年5月28日 記)




<581> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー④
「問責決議」が議決(成立)しました


 「日本共産党神奈川県議会議員団の議会運営に対し猛省を求める決議」が、議決されました<成立>。


 「自民党」・「かながわ民進党(旧民主党で構成)」・「公明党」・「県政会(私が所属している無所属の会派)」・「県進会(旧維新の党所属議員が中心となり構成)」・「わが町」・「神奈川絆の会」の7会派の賛成により、5月16日(月)に、「日本共産党神奈川県議会議員団の議会運営に対し猛省を求める決議」が、成立しました。

 なお、「神奈川ネットワーク運動」の所属議員(1人)の方は、採決の際、本会議場を退席されました。



  ★ 決議の内容は以下の通りです。★


   日本共産党神奈川県議会議員団の議会運営に対し猛省を求める決議


 日本共産党神奈川県議会議員団は、本県議会における交渉団体として、議会運営を担う責任ある立場の会派であるにもかかわらず、本会議や委員会での誤った又不適切な発言など議会運営を停滞・混乱させる様々な事態を引き起こしてきた。

 このことに対して、同議員団が自主的に議会運営委員会委員を交替したほか、代表質問の辞退や、個別の事態に対する謝罪の表明を行った。こうした行為を会派としての反省と受け止め、本年3月22日、議会運営委員会委員長が、議会運営を正常に戻し、議会の役割をしっかりと果たすため、それまでの経緯、協議内容を総括することにより、一応の事態の収拾を見たところである。

 しかしながら、その直後の本会議での討論において賛否の表明を誤ったほか、同議員団議員が自身のブログに不適切な内容を掲載するなど、議会運営に携わる交渉団体としては、不適格と言わざるを得ない事態を引き起こした。

 同議員団が原因となり、これ以上議会運営が混乱することは、県政に対するチェック機能、政策提言等、本県議会がその役割を十分に果たすことに支障を来たすものであり、伝統と権威ある本県議会として甚だ遺憾である。

 よって神奈川県議会は、同議員団に対し、交渉団体として重い責任を持つ会派であることを十分自覚し、その責務をしっかりと果たすことを求める。また、同議員団は、議会運営を混乱させてきたことを重く受け止め、再度このような事態を招いたときは、交渉の権利を有する団体の立場を辞する覚悟を持って議会運営に臨むとともに、これまで引き起こしてきた事態について猛省するよう求めるものである。

 以上のとおり決議する。

      平成28年 5 月16日    神 奈 川 県 議 会




  ***  参考資料 (新聞報道の一部)  ***

  この問題に対する理解を深めるための参考資料になればと願い、掲載いたします。

  『神奈川新聞』(平成27年7月15日)、 『神奈川新聞』(平成28年1月13日)、 『神奈川新聞』(平成28年2月9日)、 『朝日新聞』(平成28年2月9日)、 
 『東京新聞』(平成28年2月9日)、 『読売新聞』(平成28年2月9日)、 『神奈川新聞』(平成28年3月23日)、 『神奈川新聞』(平成28年4月16日)、 
 『神奈川新聞』(平成28年5月13日)、 『朝日新聞』(平成28年5月13日)、 『産経新聞』(平成28年5月14日)、 『東京新聞』(平成28年5月14日)、
 『毎日新聞』(平成28年5月17日)、 『東京新聞』(平成28年5月17日)。

 お時間がございます時に、是非、お読み下さい。


                    (平成28年5月20日 記)




<580> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー③
「問責決議(案)」が提案されました


 <日本共産党 神奈川県議会議員団>に対して、猛省を求める「問責決議(案)」が、5月16日(月)提案されました。


 決議案の提出会派は、「自民党」・「かながわ民進党(旧民主党で構成)」・「公明党」・「県政会(私が所属している無所属の会派)」・「県進会(旧維新の党所属議員が中心となり構成)」の5会派です。

 提出された決議案に対して、本会議にて、「提案説明」が自民党からあり、その後、共産党の「反対討論」、さらに、民進党・公明党・県政会・県進会の「賛成討論」が有りました。  

 「県政会」では、私(相原高広)が賛成討論を行いました。





★5月16日の本会議で行った私(相原高広)の賛成討論の内容(正式なものではありません)は、概ね以下の通りです。

 私の正式な発言内容は、唯一、神奈川県議会が発行する会議録に記録されているもののみです。

 ですので、私の正式な発言内容は、神奈川県議会が発行する会議録にてご確認下さい。



   << 相原高広の発言内容 ー概略ー  (公式なものではありません) >>


 議長のお許しをいただきましたので、私は、県政会神奈川県議会議員団を代表して、「日本共産党神奈川県議会議員団の議会運営に対し猛省を求める決議(案)」に対して、賛成の立場から、討論いたします。
 既に、提案会派の全てを代表して自由民主党の長田進治議員から的確な提案説明が有りました。
 ですので、私からは、補足的に幾つかの観点から意見を述べるものであります。

 決議案の冒頭の段落にあります通り、日本共産党神奈川県議会議員団の所属議員から「本会議や委員会での誤った又は不適切な発言」が多数発せられた訳でありますが、その一番初めは「県民企業常任委員会」での「水ビジネスの可能性や海外展開の調査、民間企業の支援策の模索は、県民福祉の向上につながるとは言えません。」旨の問題発言でした。
 私はこの発言に関する報告を受けた時に、大変な衝撃を覚えました。
 「県民福祉の向上にはつながらない」、言い換えれば、「あなたの意見は意味がない。」と、県民から正当な選挙により選出された、まさに県民福祉の向上の為に存在している議員に向かって言ったという事であります。
 議員の発言に対して、強い批判や厳しい指摘を加えるのは全く否定しませんが、県民の代表である議員の発言を全否定する事などは到底許されるものではありません。
 「県民企業常任委員会」の委員である、「自民党の竹内議員、小川議員、国松議員、新井議員、神倉議員、川崎議員。現在の民進党の髙谷議員、早稲田議員、中村議員。公明党の佐々木議員。現在の県進会の藤間議員、そして我が会派の楠議員」の強い憤りが十二分に伝わるところであります。12人の議員の先生方が被った莫大な不快感は永遠に消え去らないとも推測いたします。
 日本共産党神奈川県議会議員団に対して、県民の代表である県議会議員の発言に向き合う際の最低限かつ初歩的な態度を習得する事を強く求めておきたいと思います。
 また、この日本共産党神奈川県議会議員団の所属議員の発言は、勉強不足から来ているとも想像しています。該当の議員には、水ビジネスの過去と現状そして将来の可能性に関して十二分な知識や認識があったとは思えません。十分な理解が無い故に他者の発言の意味を完全に理解出来ない事から生まれた乱暴な発言とさえ感じます。

 県民福祉の向上の為に存在している議員の発言には、必ず、学ぶところ・得るものが有ります。
 私は、平成7年4月に神奈川県議会議員になりましたが、既に勇退された諸先生から、また、今日も議席を有しておられる久保寺議員、中村議員、堀江議員、牧島議員、松田議員、国吉議員の先輩議員の方々から、また、初当選が同じであり同期生とも言えます竹内議員、持田議員、はかりや議員、高谷議員、さらには、後輩議員の先生方の発言から、大いに学ばせていただいており、心から感謝しているところでございます。
 そもそも、県民福祉の向上の為に存在している議員の発言を全否定する様な言動を取れるのは、勉強不足により、一つ一つの議員の発言の意味や価値を完全に理解出来ていないからであります。
 私は、過去に、日本共産党所属の神奈川県議会議員の中に、高度な専門知識を有する優秀な議員がいたと記憶しています。私とは政治的立場が大きく異なり個人的な付き合いは皆無でありましたが、そうであっても、間違いなく学ばせていただいたと記憶しています。
 日本共産党神奈川県議会議員団には、現時点では他会派の議員からとまでは敢えて言いませんが、先ずは、自分達の会派の過去の優秀な先輩に学び、少しでも追い付ける様に研鑽する事を強く求めておきたいと思います。
 自己研鑽が不十分と断定せざるを得ません。

 次に、決議案の第2段落と第3段落にありますが、「同議員団が自主的に議会運営委員会委員を交替したほか、代表質問の辞退や、個別の事態に対する謝罪の表明を行った。こうした行為を会派としての反省」と、私共は受け止めましたが、残念ながら、その後の日本共産党神奈川県議会議員団の言動をみますと、実は反省してはいなかったのではと感じるものであります。
 反省すべき時に、十二分に反省しないと、同じ過ちを繰り返すだけの事であります。
 今後、日本共産党神奈川県議会議員団の所属議員が問題ある発言・行動を更に累積させれば、それに対する批判も益々厳しくなるのは必然であります。

 決議案の終わりに、「再度このような事態を招いたときは、交渉の権利を有する団体の立場を辞する覚悟を持って」と有りますが、「再度このような事態」が発生すれば、これまで以上の厳しい対応がなされるのは当然であります。
 日本共産党神奈川県議会議員団には十分な自己反省を求めるものです。

 さらに、加えて、申し述べたいと思います。
 この1年間に日本共産党神奈川県議会議員団が引き起こした問題を、もし仮に、他会派の議員が行うとすれば、会派自ら、それ以前にその議員が、言い訳などする事なく、厳しい対応を自ら進んで課すのは間違いありません。
 「もし他会派ならば、どの様に対処するのか」について、謙虚に思慮する事が日本共産党神奈川県議会議員団には求められます。
 日本共産党神奈川県議会議員団においては、他者に対して厳しく対峙するのは自由でありますが、自らへも同次元の厳しさを課す事が必要であります。


 最後に、本決議案の提案に至るまで、及び、本日の採決に至るまでの神奈川県議会を取り巻く環境について、さらに、それに対する議員の覚悟について申し述べたいと思います。

 数週間前から、県議会の私共の会派の控室と会派所属議員の事務所へ、電話・FAX・電子メール等が多数来ています。
 形式的には一応は質問書の形を装っているものの、批判の為の文書が大分部でした。
 しかも、その大部分は、最低限の礼儀を満たしていない、差出人の氏名と住所が書かれていないものであり、大変に残念に感じるところです。

 さらに、ここ数日は、形式的にも内容的にも、全く理解不可能な物ばかりが送られてきます。
 他会派の議員も同じ様な状況と伺っております。

 県政会の控室と私の事務所に、一昨日までの時点で、2枚の同じFAXが送り付けられて来ました。

 一つの中には、次の事が書かれています。   (注)FAXの内容の一部をそのまま読み上げる。

 「民主主義を思い出せ 決議は撤回!  賛成した議員の連絡先はネットで公開予定です」

 もう一つの中には、次の事が書かれています。  (注)FAXの内容の一部をそのまま読み上げる。

 「質問封殺を議決  可決されたら ここにあなたの名前を入れて 神奈川県のほか全国で配布します」

 これを受け取った議員の中には、「恫喝」や「脅迫」等と感じた方がおられたと聞いております。
 誠に遺憾であります。


 良識ある神奈川県議会議員の皆様に申し上げます。

 送りつけられて来たFAXによりますと、この決議に賛成すると、「賛成した議員の連絡先はネットで公開予定」だそうです。この決議が可決されたら、「賛成議員の名前を入れて神奈川県のほか全国で配布」するそうです。
 これらの事も踏まえまして、本決議案に対して、良識ある神奈川県議会議員のうち、責任ある議会運営の実現に対して確固たる信念がある議員の皆様が堂々と賛成されますことを心から期待するものであります。

 以上、意見を申し述べまして、「日本共産党神奈川県議会議員団の議会運営に対し猛省を求める決議(案)」に対して、県政会神奈川県議会議員団として、志を持って、賛成するものであります。

 ご清聴、誠に有難うございました。

                 (平成28年5月20日 記)




<579> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー②
「第2回定例会」進行中しています


 「平成28年 第2回定例会」を、現時点で、内容的に3区分するとすれば、以下の様になるかと思います。...
 
①議会運営上の問題(主に、いわゆる「共産党に関する問題」)への対応。
 
②平成28年度の議会内の人事。
 
③<本会議と委員会での当局との議論>と<提出議案に対する議会としての決定>。
 
 
*現在、定例会の最中であり、時間の余裕は十分にありませんが、今後、「平成28年 第2回定例会」の状況について、適時、私のHPやfacebookにて報告をさせていただきます。
                 (平成28年5月18日 記)




<578> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー①
5月11日から6月22日までの予定で開催


 明日・5月11日(水)から6月22(水)までの予定で、「神奈川県議会 平成28年 第2回定例会」が開催されます。

 新年度・平成28年度の最初の定例会になります。

 どうぞ、神奈川県議会の議論に関心をお寄せ下さい。

                  (平成28年5月10日 記)




<577> 「平成28年熊本地震」への神奈川県の対応について
★5月に入り、先ずは、一にも早く落ち着く事を強く願っています


 月が変わり5月となりましたが、余震が続いている状況です。

 余震が続いている中では、地震への対応に大きな困難が伴います。

 熊本市内在住の友人(大学時代の同級生)から入って来る話を聞き、大変に心配になります。


 先ずは、余震が1日でも早くおさまり、落ち着いていく事を強く願っています。


 実際には、熊本県内・大分県内の現地では、考えられる全ての対応が同時進行で行われているのだと思います。

 全ての対応が、何とか、上手く進むことを強く願っているところです。



 「平成28年熊本地震」に対する神奈川県の取り組みは以下の通りです。


 *現時点(5月1日時点)での神奈川県の取り組みにつきましては、<神奈川県のホームページ(下記)>にて、ご確認をお願いいたします。

        http://www.kanagawa.pref.kanagawa.jp/cnt/f534547/

                    (平成28年5月1日 記)




<576> 「平成28年熊本地震」への神奈川県の対応
★黒岩祐治知事を先頭に全力で対応いたします


 「平成28年熊本地震」に対して、神奈川県として、黒岩祐治知事を先頭に全力対応して参ります。


  *現時点(4月24日時点)での神奈川県の対応につきましては、<神奈川県のホームページ(下記)>にて、ご確認をお願いいたします。

        http://www.kanagawa.pref.kanagawa.jp/cnt/f534547/

                   (平成28年4月24日 記)




<575> 広聴活動の充実
★今後とも<ミニ県政報告会>を開催してまいります


 本日、今年度・平成28年度では最初の<ミニ県政報告会>を開催しました。

 私は、神奈川県議会議員の活動として、<広聴活動>を大変に重要と考えております。

 引き続き、麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく広聴活動を、<ミニ県政報告会>の開催を含めて、様々な方法で実施して参ります。


 <ミニ県政報告会>の開催案内につきましては、このHPの「イベント・会合のお知らせ」のページ等で、ご案内をいたします。

 是非、ご参加の程を宜しくお願いいたします。

                  (平成28年4月13日 記)




<574> 神奈川県政について話をしませんか?
★今年度最初の<ミニ県政報告会>開催


 このHPの<イベント・会合のお知らせ>のページで既にご案内をしておりますが、明日・4月13日(水)に、<ミニ県政報告会>を開催いたします。

 今年度・平成28年度の最初の<ミニ県政報告会>の開催です。

 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願い、開催いたします。


 私は、神奈川県議会議員の活動として、<広聴活動>を大変に重要と考えております。

 引き続き、麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく広聴活動を、この<ミニ県政報告会>の開催を含めて、様々な方法で実施して参ります。


 今回は平日の開催となります。

 年度末と年度初めは、各種団体の会合等が多く土曜日・日曜日に会場を確保することが難しく、今月・4月は平日の午後・夜間の開催となります。

 ご理解の程を宜しくお願いいたします。



<ミニ県政報告会>開催日時・場所

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  4月13日(水) 午後1時30分より   新百合21  第1研修室にて
  4月13日(水) 午後2時45分より   新百合21  第1研修室にて
  4月13日(水) 午後4時より   新百合21  第1研修室にて
  4月13日(水) 午後5時15分より   新百合21  第1研修室にて
  4月13日(水) 午後6時30分より   新百合21  第1研修室にて
  4月13日(木) 午後7時45分より   新百合21  第1研修室にて


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
   (但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)

 * 途中退出も構いません。

                       (平成28年4月12日 記)




<573> 激烈な政治の年度・平成28年度の始まり
4月12日(火) 衆議院議員補欠選挙 告示



 激烈な政治の年度・平成28年度の始まりは、4月12日(火)に告示される衆議院議員補欠選挙です。

 投票日は4月24日(日)。

 実施される選挙区は、北海道第5区と京都府第3区の2つ。


 両選挙区とも、共産党が候補者を擁立しない事が大きな注目点です。

  <いわゆる野党統一候補>の形が出来上がってきています。


 共産党は公認候補者の擁立を取り止めて、北海道第5区では <いわゆる野党統一候補>を支援。

 京都府第3区では、自主投票(自主投票は結果的には<いわゆる野党統一候補>に共産党の票が流れると予測されます)との事です。


 また、現在、7月の参議院議員選挙の地方区のうち1人区の選挙区での野党統一候補の擁立が進んできています。

 野党統一候補成立の行方の最大ポイントは、先日結成された「民進党(民主党+維新の党+その他の国会議員)」と「共産党」との協力度合いです。


 安倍総理がしばしば言及されている「自公VS民共」の構図になってきています。

 一連の流れは、選挙対策のための野党結集の側面は十分にありますが、同時に、国の政治の根幹の課題(憲法問題、安全保障問題等)での対立の構図と合致しています。

 私は、この対立を、自然かつ当然のものと考えています。

 「与党=自公を中心とする勢力」と「野党=民進党を中心とする野党勢力」の対立は、政治理念的に当然のものであり、選挙を通じて国民の前で真正面から政策論争を行い激しくぶつかり合う事を強く期待しています。

 憲法問題や安全保障問題は国の根幹ですので、この問題で激しい熱い論争が生まれなければ、国政は本来の役割を放棄したのと同じであり、国政は私利私欲で動いているのかと疑ってしまいます。


 選挙は議員の任期が来れば自動的に行われます。
 (参議院議員の任期は6年。衆議院議員の任期は4年で、解散がある。)

 ですので、選挙の時期によっては、大きな争点がない場合がありますが、今度の国政選挙は違います。

 今度の<衆議院議員補欠選挙(2選挙区で実施、今月4月実施)>、<参議院議員選挙(今年7月実施)>、<衆議院総選挙(時期は未定、衆参ダブルの可能性も有り)>が激しい選挙にならない様では話になりません。

                
  (平成28年4月10日 記)




<572> 激烈な政治の年に
意義ある激しい政治対立を期待して


 今年度・平成28年度は、「4月に衆議院の補欠選挙(2選挙区)が実施される事、7月には参議院議員選挙が実施される事、衆議院の解散が現実の話になっている事、野党の結集が焦点になっている事、憲法改正が話題に上がっている事」等から、熱い政治の年になるのが必至です。

 神奈川県議会において国政の動向による影響が出ると考えられます。



 国政では激しい政治対立の一年度になると間違いなく予測出来ます。

 神奈川県政にも一定の影響が出る筈です。

 意義のある政治対立には全力で臨むべきであり、意義の無い政治対立は避けるべきです。


 現在の「安保法制」・「立憲主義」・「憲法9条」・「憲法改正」等の議論は、政治の最も根幹ですので、激しい政治対立が生まれて当然です。

 「与党」・「野党」・「全ての政党」が立場を明確にした上で、全力で激しく意義深い政治対立を展開する事を強く願っています。

 国の根幹に関わる重大課題で、「与党」と「野党」が真正面から激しく対決するのは政治のあるべき姿であります。

 そうでなければ、「馴れ合い政治」です。

 対立すべき重要な政治課題で激しく対立しないので、スキャンダル等の追及だけに熱心になるのでは残念な話です。

 スキャンダル等の追及を激しく行うことに意義はありますが、国の根幹にかかわる政治課題で熱く語らない様では国会議員ではありません。


 意義のある烈々な政治対立から、日本の政治が更に発展すると強く確信しています。


                  (平成28年4月9日 記)




<571> 平成28年度も宜しくお願いいたします
4月11日(月)から議会運営委員会等 スタート


 神奈川県議会の平成28年度の公式会議は、4月11日(月)の午前10時からの「団長会」・午前10時30分からの「議会運営委員会」から始まる予定です。
  (勿論、議会内の打ち合わせ・会議は頻繁に実施されています。)

 「団長会」は、国政における「民主党」と「維新の党」と「両党以外の国会議員」により結成された「民進党」の発足に伴い、神奈川県議会における「民主党」系・「維新の党」系の会派の名称変更の件、及び、その他の議題での開催予定です。


 本年度・平成28年度も、神奈川県議会議員の立場から、神奈川県政の発展に全力で取り組んで参ります。


 引き続き、平成28年度もご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

                  (平成28年4月8日 記)




<570> 地元・麻生区の桜 満開
麻生川桜まつり(4月2日) 開催


 ◆  < 麻生川桜まつり (麻生観光協会 主催) >にて ◆







                   (平成28年4月3日 記)




<569> 『神奈川県議会レポート  第6-②号』 発行
現在、配布しております


 『神奈川県議会レポート 第6-②号』の印刷が今月後半に完了しましたので、配布をしております。


 麻生区の皆様には、新聞各紙とタウン紙『マイタウン』への折り込み等の方法で、配布いたします。

 是非、お読みをいただきまして、ご意見・ご感想をお願いいたします。


 今任期(6期目の神奈川県議会議員)に入り発行する第2号のレポートです。


 「活動報告をするのは議員の責務」と考えております。

 資金力の問題等もあり十分とはいきませんが、今後とも、可能な範囲で最大限の活動報告を実施して参ります。
                   (平成28年3月31日 記)



<568> <ミニ県政報告会>のご案内 (再告知)
★開催時間が一部変更となります


 明日・3月31日(木)に開催する、<ミニ県政報告会>の開催時間を、下記の通りに、一部変更させていただきます。


 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願っておりますので、ご参加を心よりお待ちしております。



<ミニ県政報告会>開催日時・場所

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  3月31日(木) 午後1時30分より   新百合21  第2研修室にて
  3月31日(木) 午後2時45分より   新百合21  第2研修室にて
  3月31日(木) 午後4時より   新百合21  第2研修室にて
  3月31日(木) 午後5時15分より   新百合21  第2研修室にて


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。
  開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
  途中退出も構いません。
                       (平成28年3月30日 記)



<567> 神奈川県政について話をしませんか?
★<ミニ県政報告会>開催のご案内


 3月31日(木)に、<ミニ県政報告会>を開催いたします。

 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願い、開催いたします。


 私は、神奈川県議会議員の活動として、<広聴活動>を大変に重要と考えております。

 引き続き、麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく広聴活動を、この<ミニ県政報告会>の開催を含めて、様々な方法で実施して参ります。


 今回は平日の開催となります。

 年度末の3月と年度初めの4月は、各種団体の会合等が多く土曜日・日曜日に会場を確保することが困難なので、今回は平日の午後・夜間の開催となります。

 ご理解の程を宜しくお願いいたします。



<ミニ県政報告会>開催日時・場所

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  3月31日(木) 午後1時30分より   新百合21  第2研修室にて
  3月31日(木) 午後2時45分より   新百合21  第2研修室にて
  3月31日(木) 午後4時より   新百合21  第2研修室にて
  3月31日(木) 午後5時15分より   新百合21  第2研修室にて
  3月31日(木) 午後6時30分より   新百合21  第2研修室にて
  3月31日(木) 午後7時45分より   新百合21  第2研修室にて


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。
  開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
  途中退出も構いません。
                       (平成28年3月27日 記)



<566> 『神奈川県議会レポート 第6-①号』 発行
現在、配布中です


 『神奈川県議会レポート 第6-①号』の印刷が今月前半に完了しましたので、現在、配布をしております。


 麻生区の皆様には、新聞各紙とタウン紙『マイタウン』への折り込み等の方法で、配布させていただきます。

 是非、お読みをいただきまして、ご意見・ご感想をお願いいたします。


 今期(6期目の神奈川県議会議員)に発行する最初のレポートとなります。


 「活動報告をするのは議員の責務」です。

 資金力の問題等もあり、十分とはなりませんが、可能な範囲で最大限、活動報告を継続的に実施して参ります。
                   (平成28年3月26日 記)



<565> 「平成28年 第1回定例会」 終了
知事の提案した予算等の議案が成立


 定例会最終日の3月24日(木)、知事から提案された議案等の採決が行われました。

 主要な議案は来年度・平成28年度の当初予算であり、賛成多数で予算が成立しました。

 4月からは、県民福祉の向上の為に、成立した予算を執行=個々の事業を進めていくことになります。

 予算が成立しましたので、各事業の資金は確保されましたが、事業の執行内容の細部も大変に重要です。

 今後は、予算額の範囲で、最大の効果を上げるように事業を進めて行くことになります。
                  (平成28年3月25日 記)



<564> 「平成28年 第1回定例会」 報告(委員会審議)
県立高校ー入学選抜での大量採点ミス


 私は、3月3日(木)・3月7日(月)・3月17日(木)に「文教常任委員会」にて、3月8日(火)に「行財政改革・地方分権特別委員会」にて、質疑を行いました。


 この定例会の主要な議案は来年度の当初予算ですので、どの常任委員会でも予算案に対する質疑が中心になりますが、「文教常任委員会」では予算案に対して以上に、<多くの報道がありましたので、ご承知の方も多いかと思いますが>、神奈川県の県立高校で過日行われた入学選抜での多数の採点ミス問題(本来ならば合格者を不合格にしていた事も含む)が、特に関心が集まったテーマとなりました。

 大変に残念な事態になっています。

 この問題は、3日間の文教常任委員会の質疑だけでは済まず、さらに、3月22日に「文教常任委員会調査会」を開催して議論を行ったところです。

 委員会と調査会では、私の立場から考えたことは一通り指摘をしました。


 ただし、この問題は、未だ未だ、収束という訳にはいきません。

 引き続きの厳しい議論が必要です。
                 (平成28年3月24日 記)



<563> 「平成28年 第1回定例会」
現在、委員会審議を行っています


 現在、神奈川県議会の方は、委員会での審査を行っています。

 私は、3月3日(木)と3月7日(月)に「文教常任委員会」にて、3月8日(火)に「行財政改革・地方分権特別委員会」にて、質問を実施する予定です。

 どうぞ、引き続き、神奈川県議会の議論に強いご関心をお願い申し上げます。
                   
 (平成28年3月2日 記)



<562> 「新春の集い・賀詞交歓会」 終了
今年の新春の集いが全て終了しました


 ご招待をいただいておりました<新春の集い・賀詞交歓会>が、2月28日(日)で全て終了いたしました。

 締めは、同じ会派(「県政会 神奈川県議会議員団」)の高橋延幸議員(足柄下郡=箱根町、湯河原町、真鶴町の3町の選出)の後援会の新春の集いでした。

 大変に盛り上がった素晴らしい新春の集いでした。





                   (平成28年2月29日 記)



<561> 「平成28年 第1回定例会」 進行中
委員会で質疑を行う予定です


 2月15日(月)から始まりました「神奈川県議会 平成28年 第1回定例会」は、今週(本日・2月19日まで)は本会議での代表質問を実施、来週は本会議での一般質問が行われます。


 私は、今定例会では、「文教常任委員会」(開催予定日=3月1日・3日・7日・17日)と「行財政改革・地方分権特別委員会」(開催予定日=3月8日)にて、質疑を予定しています。


 どうぞ、神奈川県議会の議論に強いご関心をお寄せ下さい。
                    (平成28年2月19日 記)



<560> 神奈川県議会 平成28年 第1回定例会
2月15日から3月24日までの予定で開催


 2月15日(月)から3月24日(木)までの予定で、「神奈川県議会 平成28年 第1回定例会」が開催されます。

 今回の定例会の最大の議題は、神奈川県の来年度・平成28年度の当初予算です。

 どうぞ、神奈川県議会の議論に関心をお寄せ下さい。



 *現在、神奈川県庁は、議会の入っている新庁舎を含め、建物の大規模修繕を実施中です。

  議会を傍聴するのには不便をおかけいたしますが、何卒、神奈川県議会の議論にご関心をお寄せ下さい。


    

                  (平成28年2月14日 記)



<559> 神奈川県立近代美術館・鎌倉館 観覧
日本で最初の公立近代美術館ー明日・閉館


  【神奈川県立近代美術館<鎌倉館>】を観覧。

 (今週) 明日・1月31日(日)をもって、長い歴史に終止符を打ち閉館する【神奈川県立近代美術館<鎌倉館>】を観覧しました。

 閉館の決定までには県議会内を含めて様々な議論があり、関心がありましたので、長い歴史を閉じる直前の今週、念願の観覧をしました。


 観覧券(一般、1000円)購入の為の長い列には大変に驚きました。(下記の写真通りです。)

 関心の高さが窺われます。

 明日の日曜日(1月31日)で長い歴史を閉じます。

 週末、お出かけされてはいかがでしょうか。





        【神奈川県立近代美術館<鎌倉館>】

 鎌倉市雪ノ下の鶴岡八幡宮境内に建つ<神奈川県立近代美術館の鎌倉館>は、日本で最初の公立近代美術館として1951年に開館しました。

 建物の設計は、20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエの愛弟子、坂倉準三(1901-1969)によるものです。

 八幡宮の歴史的な環境と見事に調和したその建物は、日本の近現代建築の代表として国際的にも有名なものです。

                    (平成28年1月30日 記)



<558> 私事でございますが・・・
昨日(1月22日)、52歳になりました


 昨日(平成28年1月22日)で、52歳になりました。


 今日まで、お世話になった全ての方に、心から感謝申し上げます。

 これからも、どうぞ、宜しくお願い申し上げます。


 52歳の年も頑張って参ります。

 今後ともご指導の程を宜しくお願い申し上げます。
                    (平成28年1月23日 記)



<557> 平成28年の神奈川県議会の会議が始まります
気を引き締めて、議会活動に臨みます


 平成28年の神奈川県議会の会議が、連休明けの1月12日(火)から始まります。


 初日の1月12日(火)には、団長会・議会運営委員会等が開催されます。


 気を引き締めて、議会活動に臨んで行く決意です。
                  (平成28年1月11日 記)



<556> 新年賀詞交歓会には可能な限り参加いたします
神奈川県政に対する率直なご意見をお聞かせ下さい


 毎年、1月には、各種団体の式典(新年賀詞交歓会・新春の集い等)が多く開催されます。

 今年は、今日・1月4日(月)から、各種団体の式典や新年賀詞交歓会・新春の集いが各地で開催されます。

 多くの皆様とお会いする貴重な機会となりますので、都合がつく限り出来るだけ参加する様にいたしております。

 お会いしました際には、是非、神奈川県政に対する率直なご意見をお聞かせ下さい。
                 (平成28年1月4日 記)



<555> 謹賀新年
★平成28年も宜しくお願いいたします


 新年、あけましておめでとうございます。

 昨年中は大変にお世話になりまして誠に有難うございました。

 何卒、本年もご指導の程を宜しくお願い申し上げます。
                (平成28年1月1日 記)



<554> 平成27年の活動 終了
★一年間本当に有難うございました


 基本的に、12月28日(月)をもって、年内の仕事を終了しました。

 年末・年始は、各種の連絡の確認や対応がある為に完全な休みという訳にはいきませんが、基本的には、昨日・12月28日(月)をもって、平成27年内の活動は終了いたしました。


 今年・平成27年4月には、4年に一度の神奈川県議会議員選挙が実施されました。

 今年は、神奈川県議会議員としての<4年間の任期の終了の年>であり<4年間の任期の開始の年>でもあり、大変忙しい一年となりました。


 今年一年、大変にお世話になりまして、本当に有難うございました

 心から御礼申し上げます。



  ◆◆ 神奈川県庁 仕事納め・御用納め ◆◆

 昨日・12月28日(月)は、神奈川県庁の仕事納めでした。

 神奈川県庁(本庁舎)玄関では、28日までに、<かなテクカレッジ東部(神奈川県立東部総合職業技術校)の造園コース>で作られた素晴らしい門松の飾りつけが完了しています。






 どうぞ、良い年末、そして、お正月をお迎え下さい。

                 (平成27年12月29日 記)



<553> 実質的に年内最後の議員活動
★12月27日に<ミニ県政報告会>を実施します


 私自身が企画して実施する年内最後の議員活動は、12月27日に開催します<ミニ県政報告会>です。

 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願いながら、開催いたします。


 私は、神奈川県議会議員の活動として、<広聴活動>を大変に重要と考えております。

 引き続き、麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく広聴活動を、この<ミニ県政報告会>の開催を含めて、様々な方法で実施して参ります。



 尚、神奈川県庁を含め役所は、12月28日(月)が年内の業務の最終日となります。

 私は、12月28日(月)は、神奈川県議会「県政会」控室にて、数時間、事務処理の仕事をする予定です。




    <ミニ県政報告会>のご案内

  <開催日時>   <開始時間>       <開催場所>
  12月27日(日) 午後1時15分より   新百合21  第2研修室にて
  12月27日(日) 午後2時30分より   新百合21  第2研修室にて
  12月27日(日) 午後3時45分より   新百合21  第2研修室にて


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。
  開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
  途中退出も構いません。
                       (平成27年12月25日 記)



<552> 本会議・代表質問 報告 (その9)
★小冊子「質問と答弁の要旨」を作成しました



 私は、神奈川県議会議員としての最重要職務の一つであります<本会議・質問>を実施した際には、出来限りの方法を用いて、県民の皆様にその内容を報告する事にしております。

 しかしながら、経費の都合で詳細な報告が困難なことから、詳しい内容をご希望される方向けに、小冊子(「質問と答弁の要旨」)=(A4サイズで15ページ前後)を作成しています。
 また、ご希望される方には、「質問原稿」もコピーして公表しております。


 私は、議会での議論を県民の皆様に出来るだけ詳細に報告したいと考えております。
 そうする事により、「神奈川県政に対する関心をより一層持っていただき、神奈川県政に対して厳正で良識ある評価をしていただく事。」と「県民の皆様の衆知を集める事。」が極めて重要と考えております。


 今回・12月4日(金)に本会議で、知事と教育長と警察本部長と人事委員会委員長に対して行った質問と答弁をまとめました小冊子(「質問と答弁の要旨」)を作成しましたので、ご希望の方は、ご遠慮なく、FAXか電子メールにて、ご連絡ください。
 FAX番号と電子メールアドレスは、私のHPの「トップページ」にあります。
 郵便(無料)にて、送付させていただきます。



 引き続き、神奈川県議会での議論を出来る限り詳細に報告してまいりますので、何卒、神奈川県議会に対しましてご関心をお寄せ下さい。

                     (平成27年12月24日 記)



<551> 本会議・代表質問 報告 (その8)
★質問内容⑦ 人事委員会の中立性・公平性


 人事委員会の中立性・公平性について、特に、職員団体に対する中立性・公平性の確保について。

 地方公務員法の規定により、人事委員会が、第三者機関として、人事委員会勧告を行い、勧告の策定にあたっては、職員団体との協議は行わないのは当然であります。
 実態として、職員団体は、人事委員会勧告作業に合わせた時期に面会や文書の方法により、人事委員会に対して要請・要望等を出しています。これは、全国的な傾向でもあります。
 既に述べました通り、人事委員会は中立・公正な立場を確保する必要がありますので、職員団体が人事委員会に対して要請・要望を行うという行為は、「協議」という位置づけではなく、要請・要望については「可能な限り斟酌する」という事であると想像しています。
 一見は、労務当局と職員団体との労使協議・労使交渉と似た感じが有りますが、法的には、根本的に異なります。
 間違っても、人事委員会と職員団体の協議との疑問が出てはなりません。

 私は、人事委員会が職員の給与を初めとする勤務条件が社会一般の情勢に適応するよう、厳格に第三者機関の立場を堅持し、適切な役割を果たしていく事を強く期待しています。

 そこで、人事委員会委員長にお伺いいたします。
 まず、人事委員会勧告にあたって職員団体からの要望・要請について、ここ数年間の状況を詳細に、ご報告をお願いいたします。
 次に、職員団体に対する人事委員会の中立性・公平性の確保のための取り組みについて、人事委員会委員長のご所見をお伺いいたします。
                 (平成27年12月12日 記)



<550> 本会議・代表質問 報告 (その7)
★質問内容⑥ 人事委員会勧告の説明責任


 私は、人事委員会勧告に関する人事委員会の説明責任では、広報と説得性が重要と認識しています。

  広報の点では、県民の皆様への広報自体が極端に不足をしていると感じますし、本県の他の政策の広報と比べても格段に少ないと考えています。
 さらに、人事委員会勧告を積極的に広報しない空気さえあるのではと感じるところであります。
  この事は、公務員給与に関し感情的な議論を生む一要因になっているとも捉えています。

 また、説得性の点では、特に給与実態調査の対象の企業規模に大きな疑問が出ています。
  府県人事委員会は人事院による給与実態調査にあわせ府県内の企業の給与実態調査を行っていますが、人事院の従業員50人以上の事業所から抽出したサンプルに上乗せした調査は行われておらず、当然、より小規模な事業所についての独自の給与実態調査は実施されません。労働基本権の制約に対する代替措置としての人事委員会による調査と勧告でありますが、従業員50人以上の事業所というのは府県内の給与実態を適切に反映しているのかという事です。
  その他にも、「公務員と民間との雇用の安定性の実態の違いが考慮されていない。現実の公務員の雇用の安定性は経済的価値に換算すれば莫大である。」、「その職場で定年まで働いているかの公務員と民間の実態の違いが考慮に入っていない。」等、あげればキリがありません。
 私は、県民の皆様が抱く疑問に対しては、人事委員会が説得力のある説明をすべきと考えています。
 人事委員会は、人事委員会勧告を説明する際に、「地方公務員法の規定に基づき、民間企業の給与実態について、国の人事院と全国の人事委員会が共同で調査を行い、その結果や国や他の自治体の勧告結果等を総合的に勘案して、長および議会に対して必要な措置を講ずるよう勧告する。」等の手続き論に重点を置きがちです。
  手続きに問題が無いのは十分に承知しているつもりです。
 しかしながら、手続きに一切問題が無ければ、勧告に十分な説得力が有るという事にはなりません。
 手続きの正当性と説得性とは全く別の話です。

  本県の性質別歳出では人件費が最大です。それ故に、県民の皆様が職員給与決定の最大の要素である人事委員会勧告を十分に納得しなければ、県政への信頼が揺るぎます。
 人事委員会勧告について、県民の皆様の納得が得られるよう、本県人事委員会の十分な広報と説得性を高める最大限の取り組みを強く求めるところであります。

 そこで、人事委員会委員長にお伺いいたします。
 まず、ここ数年間で人事委員会勧告に対して県民の皆様からの声はどのくらい寄せられているのか、ご報告をお願いいたします。その上で、広報は十分だと考えておられるのか、人事委員会勧告の広報についてのご所見をお伺いいたします。
 次に、人事委員会勧告の説得性を高めるための取り組みについて、人事委員会委員長のご所見をお伺いいたします。
                   (平成27年12月12日 記)



<549> 
本会議・代表質問 報告 (その6)
★質問内容⑤ 外国人犯罪対策の推進


  言うまでもなく、治安問題は県民の大きな関心事であります。
  治安の悪化には様々な要因が有りますが、このうち、国民の規範意識の低下に関係する犯罪については、国民の誰もが何らかの思いを持つべき要素があると認識しています。
  他方、外国人犯罪は、日本社会の規範意識の低下等とは関係性が弱いものでありますが、社会的な影響が大きく、県民の平穏な生活を脅かすなど、体感治安にも大きな影響を及ぼすものであり、対策が大変に重要であります。

 本県は国際都市としての性格が強く、多くの外国人の方が住んでおられ、また、外国から多くの方が訪れる地域です。
  さらに、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の決定により日本が世界から注目されており、今後、日本を訪れる外国人の方が増加すると見込まれます。
  外国人観光客の増加は、神奈川経済の活性化の観点からは、大変に喜ばしい事でありますが、日本を訪れる外国人の中には活性化する日本経済に目をつけ犯罪を企てようとする者も少なからずいる事は否定できません。

  外国人犯罪は、凶悪なものも多く、言語・習慣等の問題や国際情勢が関連するなど、その対応は永遠のテーマであり、それに対する取り組みは大変に難しいところがあります。また、その困難性は年々高まっていると認識しております。

  本年7月に発行された「平成27年度版 警察白書」では、「来日外国人の不法滞在者の検挙人数は大きく減少している。しかしながら、近年、来日外国人の数が増加する中、来日した外国人が不法に就労する事例も少なくなく、さらに、不法に就労するよりも効率的に金銭を得ることができるとして、犯罪に手を染めるようになる者も依然としてみられる。」、「近年の来日外国人犯罪の刑法犯検挙人数を国籍・地域別にみると、過去10年間、中国(台湾及び香港を除く。)が継続して最も高い割合を占めている。」、「来日外国人が組織的に犯罪を敢行している状況がうかがわれる。」等と指摘されています。

  こうした外国人犯罪に対して、県民の皆様は、県警察に大きな期待をしております。

 そこで、警察本部長にお伺いいたします。
 外国人犯罪について、先ず、全国及び本県の状況、犯罪の傾向について、ご所見をお伺いいたします。
  その上で、県警察としてどの様に取り組みを講じて行かれるのか、警察本部長のご所見をお伺いいたします。
                 (平成27年12月12日 記)



<548> 本会議・代表質問 報告 (その5)
★質問内容④ 県立学校の民間人校長登用


 民間人校長の登用を可能にする教育改革は、平成12年の学校教育法施行規則の改正により実現し、制度開始以降、全国的に展開され現在では定着した制度になっています。

  本県でも、これまでに行政職員出身者も含め延べ14人の民間人校長が誕生しています。
 特に前知事が知事選挙の公約に民間人校長の登用人数を掲げたのが要因と思いますが、前知事時代に多く採用されています。

  当初、私は、本県の民間人校長は、大学教授、裁判官、検察官、弁護士、官僚、有名企業の役員等の経験者が登用されると思いましたが、実際は、教員から校長になった方と同じ様な年齢の方、同じ様な経歴の方が登用されています。

  私は民間人校長制度の理念を高く評価をしていますが、しかし、現実の制度運用が制度の理念を完全に実現しているかは十分な検証が必要です。
  私は、昨年・平成26年6月に、この場から、民間人校長に関して外部の有識者を入れた検証の場を設置すべきと提案いたしました。
  その後、教育委員会では、「県立学校における民間人材登用検討会議」を設置し、本年年2月に検討結果を出しました。検討結果は、本県が行った民間人材登用に対する検証として妥当なものと高く評価しています。
  
  そこで、今後の本県の県立学校における民間人校長の登用のあり方について、提案をしたいと思います。
  民間人校長制度は一種の規制緩和政策であり、政策効果を最大限に生かすべきです。
  尚、この政策効果と民間人校長の人数の目標とは別の話と感じています。
  教員以外から校長を登用するのですから、教員出身者の校長とは全く違う経験・実績等を持った人を登用すべきであります。言い換えれば、突出した人材や異色の人材が登用されるべきと考えます。
  加えて、私は、本県の県立高校の大部分の教員は優秀で勤勉と信じていまので、だからこそ、民間からの校長登用は突出した人材や異色の人材でなければならないと確信してします。
 今後は、突出した人材や異色の人材の登用を追求し、該当しない人を登用する必要はないとも考えます。

 突出した人材・異色の人材の登用を実現する為には、先ず、採用時の年齢条件は撤廃すべきです。
  また、給与等の処遇に関しては、極端な厚遇は難しいと想像しますので、県立高校の校長の中の給与最高額に合わせるのが現実かと思います。
  そして、何よりも重要なのは、登用する学校を予め指定する事です。具体的には、現時点では伝統校を選択する事が妥当と考えます。伝統校ゆえに層の厚い卒業生の中から社会の各分野で相当の実績を挙げられた方が応募する事が期待されます。

 そもそも、県立学校の校長の人事については、学校の主人公である生徒本位であるべきであり、出身分野に拘る必要は全くありません。教員や本県の行政職員を含めて広い分野からより素晴らしい人材の登用がされるのが当然であります。

 そこで、教育長にお伺いいたします。
 県立学校における民間人校長の登用については突出した人材・異色の人材を集める様に対応すべきと確信しておりますが、教育長のご所見をお伺いいたします。
                (平成27年12月12日 記)



<547> 本会議・代表質問 報告 (その4)
★質問内容③ 私学行政・・・朝鮮学校の教科書改訂問題


 朝鮮学校は、本県内では(学校法人)神奈川朝鮮学園が運営していますが、平成22年度に、この朝鮮学校の日本でいえば高校生段階にあたる授業で使用されている教科書の記述に対して大きな問題が指摘されました。

  教科書に、「拉致問題に関する事。」、「大韓航空機事件については韓国による捏造とする記述。」等、大きな誤解を与える内容や国際社会における一般認識とは全く異なる記述があるとの指摘であります。
  この記述の問題性については議論を待たないところであり、記述内容が修正された新たな教科書の早期の発行が求められます。

  過去には、朝鮮学校から、平成25年度に教科書改訂が行われるとの説明があった訳ですが、実際には改訂は行われませんでした。
  その後、平成26年2月に、本県に対して、神奈川朝鮮学園から、「現代朝鮮歴史」の教科書改訂が平成28年度中になるとの回答があったとの事であり、今日に至っています。

 本県では、担当の県民局が神奈川朝鮮学園に対して教科書の改訂を要請し、神奈川朝鮮学園では「教科書編纂委員会」に対して教科書の改訂を要請しているとの事です。
 一部には、「朝鮮学校が過去に説明した平成25年度の教科書改訂が実際には実施されなかった事から、朝鮮学校が現在説明している平成28年度の教科書改訂も実現するのか怪しい。」との指摘がありますが、その指摘はそれとして、私としては来年度・平成28年度の教科書改訂こそは実現される様、県の対応を強く求めるところであります。

  本県がこれまで行ってきた神奈川朝鮮学園への教科書改訂の要請を継続する事は当然として、加えて対応すべき事として、幾つか提案をしておきたいと思います。
 第1に、教科書の編纂を行う「教科書編纂委員会」に対して、県として、直接要請を行う事。
  第2に、朝鮮学校で使用される教科書は全国共通との事であり、問題の教科書は神奈川県だけではなく、どの都道府県においても間違いなく問題です。
 よって、全国47都道府県のうち朝鮮学校が設置されている概ね半分の都道府県と連携する事。
  第3に、国民誰もが問題と認識する教科書でありますので、国・文部科学省と連携をすべきであります。

 また、朝鮮学校に対して、国際政治の場面でしばしば使われる言葉である「誤ったメッセージ」を送ってはいけないという事です。
  朝鮮学校から当初説明のあった平成25年度の教科書改訂に対して、当時、私は決算特別委員会で、「もし、平成25年度の教科書の改訂がなされなければ、当然、朝鮮学校への補助金の支給を停止すべき。」との趣旨の質問を行いましたが、それに対する県民局の答弁は、「明確に、支給を停止する」というものではなく、私は、この事が、朝鮮学校に対して、「教科書を改訂しなくても、補助金は打ち切られない。」との「誤ったメッセージ」として伝わったのではないかと疑問を持っています。

 さらに別の観点を言えば、私は、本県の補助金の支給は厳格であると信じていますが、そんな中、朝鮮学校への補助金は毎年の様に継続して問題が指摘され際立っています。このままでは本県の補助金行政全体の信頼性に悪い影響を与えかねません。

 私は、この朝鮮学校の教科書の改訂問題は、前知事の時代に発生しましたが前知事時代には解決されず、2代の知事に渡っての案件になってしまった事を憂いており、黒岩知事の下で早期に解決される事を強く願っています。

 日本と世界の常識に完全に反する記述内容の教科書が、学校に対してであろうと生徒に対してであろうと税金が投入されている朝鮮学校において使用されている事は全く許容できません。

 そこで、知事にお伺いいたします。
 神奈川朝鮮学園の説明によると来年度・平成28年度に実施される事になっている朝鮮学校の教科書の改訂に対して、私の提案に対するご所見を含めまして、本県として、どの様に対応されるのか、知事のご所見をお伺いいたします。
 併せて、来年度に教科書の改訂が実現しなかった場合には、本県として、どの様な対応をされるのか、現時点での、知事のご所見をお伺いいたします。
                (平成27年12月12日 記)



<546> 本会議・代表質問 報告 (その3)
★質問内容② 私学行政・・・私立学校への助成


 私は、私立学校に大いに期待する者の一人として、私学行政に強い関心を持っています。
  私立学校に対する本県の対応では、私立学校の自主性を尊重しながら出来る限り物心両面の支援をする事、かつ、公共性の確保が重要だと認識しています。

 本県では、教育条件の維持向上、学校経営の健全性の向上などを目的として、私立学校の経常的な経費に対して補助を行っています。

 この私立学校経常費補助は、実務的には「私立学校経常費補助金交付要綱」や要領等により行われますが、この要綱には、第5条に補助金の不交付等が定められており、具体的には「交付要綱第5条の取扱要領」が設けられています。法律による要請は当然ながら、本県の要綱・要領などによっても、私立学校の公共性の確保の責務が定められていると承知しています。

  私は、補助金の不交付制度の一方で絶対に必要となるのは、私立学校が神奈川の名誉を高めた時や社会に大きな貢献があった時などを含め私立学校として意義ある取り組みをした場合に、その功績等を称えると共に資金的な対応をする事だと考えています。この様な制度が存在してこそ、懲罰的な意味を含む補助金の不交付の制度と一体になって、私立学校の公共性をより高めると確信しています。

 本県では、本年度より、私立学校の経常費補助において、「各校の魅力向上や生徒の確保に向けた努力の反映が図れるよう、特に、教育条件の維持向上に重点的に補助すること。」として、新たな補正項目・補正係数等の設定をしています。

 この取り組みついては、私は高く評価しており、更なる拡充が重要だと確信しています。

 そこで、知事にお伺いいたします。
 まず、「私立学校経常費補助金交付要綱第5条の取扱要領」に基づき、事件・事故や法令等に違反・抵触して、私立学校経常費補助の一部を不交付とした学校が何件位あり、その金額はどの位になるのか、ここ数年間の概況について、ご所見をお伺いいたします。
 次に、今年度から開始した私立学校の経常費補助の新たな補正項目・補正係数等の設定については今後拡充すべきであり、さらに、神奈川の名誉を高めた場合や社会に大きな貢献があった場合等に対応した経常費補助の仕組みを検討すべきと考えますが、知事のご所見をお伺いいたします。
                    (平成27年12月12日 記)



<545> 本会議・代表質問 報告 (その2)
★質問内容① 未病産業の未来について


 黒岩知事の今日までの大きな実績は、「未病」を、政策過程で考慮すべき問題としての認知を意味する「議題」に昇格させた事です。
  社会運動は、自らの取り組みを「議題」にする事に多くの労力を費やしますが、「未病」が我が国の政治・行政における確固たる「議題」になったのは、黒岩知事の発信力が大いに貢献したと認識しております。

 「未病」を政治・行政の主要な「議題」にする取り組みは、本年10月の「未病サミット神奈川2015in箱根」国際シンポジウムをもって大きな区切りと感じています。
 今後は、「未病」が「未病産業」として我が国の産業分野の一つに発展する事を強く期待するところであります。
  また、確立された産業は相当高いレベルで自律的な経済活動を展開しますので、その意味では、いずれ、未病産業が本県の手から離れても全く支障が無い状態に早期に達する事を願っています。

 我が国の産業育成では、地場産業的な産業分野を除けば、多くの場合は中央省庁が担ってきましたが、本県の未病産業の取り組みは、国全体・世界的規模での展開を見込む産業分野の育成に、地方自治体として真正面から積極的に取り組むということであり、ここに、神奈川県としての志を大いに感じるところであります。


  本年度からの4年間の本県の取り組みについては、本年7月に策定されました、「かながわグランドデザイン 第2期実施計画」の中の「プロジェクト6の産業創出」に、「未病産業の創出・育成」として「神奈川発の未病産業の創出・育成を図るため、未病産業研究会の活動の推進や未病産業の創出に資するモデル事業、未病サミットの開催などの取り組みを推進します。」等の位置付をして、その取り組みは進んでいると承知しています。

  この成果については当然大きな