活動報告メッセージ


<669> 本会議 代表質問
★12月4日に、本会議にて、代表質問を行いました


 12月4日(月)、本会議にて、知事・教育長・警察本部長に対しまして、代表質問を行いました。










  <<  質問内容要旨  >>


1  県政の諸課題について  【知事】


(1)「未病」に関する今後の広報について

 「未病」が最初に県のたよりに登場したのは平成25年7月号であるが、4年が経ち、平成29年10月号では、1面をフルに使い、「「未病」は、いまや、世界の言葉になった。」と高らかに宣言し、「未病」の概念が相当に浸透したとの自信の表れと感じる。
 「未病」については、普遍性を持つ言葉であり、いずれは社会に定着すると確信するが、一定の広報を実施する事により社会的定着が促進されるものと考える。
 あと6年間位、トータルで10年間位の一定の期間は、「未病」という言葉について、言葉の概念の説明も含めて、十分に広報する事が肝要だと確信するが、その後については、後年の歴史の評価に委ねれば、良いと考える。
 そこで、「未病」に関する今後の広報について、どの様に考えているのか、所見を伺いたい。


(2)労務問題について


 ① 職員給与条例の改正時期と労使交渉の概要の公開時期について

 多くの年において、予算が成立する前に、職員の給与額は確定しており、違和感を覚える県民は相当数いると推測する。
 給与条例の改正時期は、年明けの方が良いと率直に感じる。
 また、職員給与決定の重要なプロセスである労使交渉については、早期に公開すべきである。現在、本県では、給与条例が改正された後に、県のHPに交渉の概要が掲載されるが、掲載時期は、労使合意から相当の時間が経過してからである。もっと早くに掲載する事は十分に可能であり、労使合意から1~2週間での、HPへの掲載を望む。
 そこで、職員給与条例の改正時期と労使交渉の概要の公開の時期について、所見を伺いたい。


 ② ラスパイレス指数を用いた説明について

 職員給与の説明方法では、ラスパイレス指数による比較は、以前ほど重視されていない。この指数による比較方法では、高い指数の自治体を問題視する傾向があるが、目指すべきは「賃金構造基本統計調査の都道府県別賃金」や、「1人当たり県民雇用者報酬」の指標が全国1位になり、指数も1位になる事と確信している。
 職員の給与水準の説明では、比較による説明を最大限に活用し、県民の共感を得る様に務めるべきである。
 そこで、県民の皆様からの共感を得るために、県の最重要広報媒体である『かながわ県のたより』への掲載等を通じて、職員給与をラスパイレス指数を用いて十分に説明する事について、所見を伺いたい。


 ③ 本県の会計年度任用職員制度の導入について

 国は、臨時・非常勤職員の適正な任用・勤務条件を確保する事を目的に、地方公務員法等を改正した。その中で、新たに会計年度任用職員が制度化されたことにより、各自治体では、これまでの臨時・非常勤職員制度の運用を見直す必要がある。
 平成29年度の本県の職員数は、知事部局で、再任用職員347人、臨時任用職員246人、非常勤職員1,527人であり、相当数の会計年度任用職員が誕生するものと推測される。既に総務省から事務処理マニュアルが示され、県当局では制度導入に向けての準備が確実に実施されると確信しており、制度導入に向けた具体的スケジュール・会計年度任用職員の規模・導入により増加するであろう人件費増等に強い関心を持つ。
 そこで、本県の会計年度任用職員制度の導入について、所見を伺いたい。



2  教育行政について  【教育長】


(1)県立高校の施設の学校間格差の解消について

 文部科学省から状況が公表された学校トイレの洋式化等のトイレ環境や空調設備の充実等の関心の高い施設に対して、相当の配慮をすべきと考える。新まなびや計画では、「トイレ環境の改善」では、「県立学校の魅力向上のため、洋式化をはじめ、現代の生活様式等を踏まえた県立学校のトイレ環境の改善に取り組む。」として、平成35年度までに完了する事になっている。「新まなびや計画」自体は、県立高校の施設の学校間格差の解消を目的にした計画ではないが、「新まなびや計画」の早期の目標達成は、県立高校間の施設の学校間格差の解消に大きく寄与するものである。
 そこで、県立高校の施設の学校間格差の解消に向けた取組について、及び、関係性の強い「新まなびや計画」の早期の目標達成について、所見を伺いたい。


(2)県立近代美術館について


 ① 県立近代美術館の問題について

 近代美術館自体が、二つ大きな問題を抱えていると感じている。
 第一に、専門的職員として学芸員の力量である。複数の学芸員は、棟方志功作の版画がカラーコピーにすり替えられた際、このコピーを何度も観ているのに、偽物と見抜くことが出来ず、専門的職員としての価値を自ら崩壊させた。代々の館長は学芸員等の専門家が務めており、学芸員の専門性を高く評価しての人事と理解するが、一時的に事務職から館長を出した方が良い。
 第二は、近代美術館では、平成26年2月に寄託図書資料の紛失事件が発生しており、版画紛失事件とこの事件は、事件の判明した時期も、近代美術館の職員も重なっている。一体どういうことなのか、困惑する。
 そこで、二つ程指摘をした県立近代美術館自体の問題に対して、所見を伺いたい。


 ② 県立近代美術館の展覧会の今後の開催について

 近代美術館の展覧会は、自らの所蔵品と他所からの美術品により開催されている。近代美術館が他所の作品を使って展覧会を開催することを否定しないが、現状は事件が発生中であり、未だ解決出来ずにいる。展覧会の開催について、一度立ち止まって、自らの足下を固め、先ずは、自らの所蔵品の管理の徹底を完全なものにし、その上で自らの所蔵品の最大限の活用を図る展覧会を開催する事が最優先されるべきである。
 大変に残念な事件が全く解決されない状況で、来年度以降もこれまでと全く同じ様に展覧会を開催する事に、大きな違和感を覚える。
 そこで、来年度を含め今後数年間の県立近代美術館の展覧会の開催について、どの様に考えているのか、所見を伺いたい。



3  子供の安全安心の確保について  【警察本部長】


(1)子供を犯罪被害から守るための取組について


 子供を被害者とする犯罪は、地域に大きな不安を与える犯罪であり、地域の方々の関心も高く、大事件として受け止められている。
 子供を対象とした犯罪から身を守るためには、平素から、子供たちに危険な事態に直面した時の対応方法を教え、咄嗟の場合に、適切な対応が取れる様にする事が重要である。また、兆候的な事案を認知した時に、迅速に対処する事で、大きな事件の発生を未然に防ぐ事もできる。同時に、子供の安全のためには、学校や自治体との連携も重要である。県警察では、学校や自治体などと連携して、見守り活動や合同パトロールなど、子供の被害防止に向けた取組をされているが、県警察の取組に大いに期待している。
 そこで、子供を犯罪被害から守るための取組について、本県の現状を踏まえた県警察の対策について、所見を伺いたい。


(2)子供の交通安全対策について

 子供の交通事故は、家族や学校関係者が悲しむだけでなく、社会的反響も大きいため、限りなくゼロに近づけることが重要である。子供の交通事故の実態を踏まえ、警察では、心身の発達段階に応じた段階的かつ体系的な交通安全教育を推進している。特に、児童に対しては、歩行者及び自転車利用者として必要な技能・知識を習得させるとともに、道路交通における危険を予測し、これを回避して安全に通行する意識及び能力を高めるため、小学校・PTA等と連携して交通安全教育を実施しているが、新たに交通社会に参加する小学生を悲惨な交通事故から守る為に、特に小学生に対する交通安全教育を拡充していく事が最重要である。
 そこで、県内における子供が関係した交通事故の発生状況、及び、本県の現状を踏まえた子供の交通安全対策について、所見を伺いたい。

                 (平成29年12月11日 記)




<668> 県の来年度予算  予算編成進行中
★予算要望書を提出しました


 神奈川県の来年度の予算編成が進行中です。

 今後、詰めの段階に入って行き、来年2月前半には予算案が最終的に完成し、知事から、県議会に提出されます。



 私の所属する会派(「県政会 神奈川県議会議員団」。無所属の神奈川県議会議員を中心に9議員で構成。団長は私が務めています。)では、11月30日(木)に、黒岩祐治知事に対して、平成30年度の神奈川県の予算に対する「予算要望書」を提出しました。


 麻生区内の課題では、川崎市の道路事業に協力する為に移転と建替えの必要がある麻生警察署の「東柿生駐在所」の移転・建替えの促進を強く要望したところです。


 併せて、知事と意見交換を行ったところです。



 【 予算要望書の提出 ・・・ 知事室にて 】










                   (平成29年12月6日 記)




<667> 2週続けて県外調査を実施
★大変良い勉強になりました


◆社会問題対策特別委員会 県外調査 (11月8日~11月10日)


 11月8日(水)から10日(金)の日程で、神奈川県議会「社会問題対策特別委員会」の県外調査で、広島県・滋賀県・愛知県に行ってきました。

 一番印象に残っているのは、藤田保健衛生大学での調査(AIを活用した糖尿病対策)です。


 【 藤田保健衛生大学 医学部長からの説明 】




◆県政調査 (11月14日~16日)


 県政会神奈川県議会議員団に所属する8議員で調査団を編成し、神奈川県議会の県政調査の制度を活用して、福岡県(福岡市と久留米市を訪問、メインは久留米市)に行ってきました。

 福岡県久留米市は、全国的に見て、医療機関・医師が大変に多い地域であり、以前から時間をかけて調査をしてみたいと考えていた地域であり、充実した調査が出来ました。 


 【 調査個所 】


1、福岡県庁(新産業振興課)
    福岡県のバイオ産業の育成について

2、久留米市役所(安全安心推進課)
    セーフコミュニティについて

3、久留米リサーチパーク (1の実際の拠点)

4、福岡県バイオ産業拠点推進会議 (1の実際の拠点)

5、古賀病院21
    医療ツーリズムについて

6、久留米大学がんワクチンセンター
    がんワクチンについて


【 久留米大学がんワクチンセンター 伊東所長と 】


              (平成29年11月19日 記)




<666> 神奈川県議会(施設)の今日
★建物の修繕が進行中


 現在、神奈川県議会は、平成28年度の決算を審議する「決算特別委員会」での議論が終盤に差し掛かって来ています。



 さて、話は変わりますが、神奈川県議会は、神奈川県庁の新庁舎の5階から9階に在りますが、この神奈川県庁・新庁舎の耐震補強を中心とする修繕工事が相当進んできました。

 完成の姿が見えてきました。


 案内板は、既に、新しい物が設置されています。







                    (平成29年11月6日 記)




<665> 神奈川県議会 「平成29年 第3回定例会」
★決算特別委員会にて審議中


 神奈川県議会の「平成29年 第3回定例会」は、10月13日(金)に、本会議を一度閉めて、10月23日(月)から「決算特別委員会」にて、昨年度・平成28年度の決算について審議をしている最中です。


 次回の本会議は、11月29日(水)に開かれる予定です。








                  (平成29年10月24日 記)





<664> 川崎稲門会
★年次大会に参加しました


 一昨日・10月21日(土)は、衆議院選挙と川崎市長選挙の最終日でしたが、川崎稲門会の年に1回の年次大会が開催されましたので、出席しました。







 こういう会に時々出席するのは、精神的に良いです。

 同窓会・同期会・OB会等、たまには良いものです。

                (平成29年10月21日 記)




<663> 衆議院議員選挙  明日・10月22日が投票日
★親友達が大激戦 (長野3区宮城2区)



◆長野3区  木内ひとし (自民党公認・公明党推薦) 大激戦!


  親友が、大激戦を展開しています。

  神奈川の地から、必勝を心から願っているところです。






◆宮城2区  秋葉けんや (自民党公認・公明党推薦) 大激戦!


  親友が大激戦を展開しています。

  神奈川の地から、必勝を心から願っているところです。




                   (平成29年10月21日 記)




<662> 川崎市長選挙への私の対応 ④(明日・10月22日が投票日)
★川崎市初の女性市長を!


 一昨日(10月19日)に実施した吉沢章子候補の地元の多摩区で開催された個人演説会は、地元・多摩区ゆえに大変に盛り上がりました。


 吉沢章子候補が川崎市初の女性市長になる為には、先ずは、吉沢章子候補の地元・多摩区において支援の熱が爆発的に高まり、さらに、その熱が他の6区(麻生区、高津区、宮前区、中原区、幸区、川崎区)に大きく拡張する事が必要です。




                  (平成29年10月21日 記)




<661> 川崎市長選挙への私の対応 ③
★吉沢章子個人演説会 大成功


 川崎市長選挙に立候補している吉沢章子候補(川崎市議会議員を4期務めて、今回、川崎市長選挙に挑戦)の個人演説会が、昨日・10月19日に開催されました。


 参加者で会場が満員になり、立ち見みの方まで出る、大変に熱気のある大成功の個人演説会になりました。



★ 小泉一郎先生 【(元)神奈川県議会議員、(元)セレサ川崎農業協同組合 組合長】を特別ゲストに迎えての開催。 ★





 私も、吉沢章子候補を支援する議員の1人として、「吉沢章子さんの今回の勇気ある立候補の決断への感謝」と「川崎市初の女性市長誕生への大きな期待」を込めて、少し話をさせていただきました。

                 (平成29年10月20日 記)




<660> 川崎市長選挙への私の対応 ②
★私の過去の川崎市長選挙への対応


 私の過去の川崎市長選挙への対応について、報告いたします。


 私が、平成7年4月に神奈川県議会議員になって以来、今回で6回目の川崎市長選挙が実施されます。



 【  私が過去の川崎市長選挙で支援した候補者と選挙結果は以下の通りです。  】


1、 平成  9年(1997年)   高 橋 清 (現職)  【当選】


2、 平成 13年(2001年)   阿 部 孝 夫 (新人、大学教授・自治省)  【当選】


3、 平成17年(2005年)   阿 部 孝 夫 (現職)  【当選】


4、 平成21年(2009年)   原 修 一 
                    (新人、川崎市議会議員・自民党川崎市連会長。 現、セレサ川崎農業協同組合 組合長。)  【落選】


5、 平成25年(2013年)   秀 嶋 義 雄
                    (新人、川崎市財政局長・自治省)  【落選】


*******************************


6、 平成29年(2017年)  吉 沢 章 子 (新人、川崎市議会議員4期) 

 

   ★ 投票日は、10月22日です。  結果が大変に楽しみです ★ 


*******************************

                (平成29年10月19日 記)




<659> 川崎市長選挙への私の対応 ①
★女性の活躍、川崎市初の女性市長の誕生を大いに期待しています


 衆議院選挙と同じ投票日(10月22日)で、川崎市長選挙が実施されます。


 当初は、<福田さん(現職)と市古さん(共産党系の候補者)>の候補者2人の選挙になるとの話であり、完全に無風選挙になりそうでしたが、吉沢章子さん(多摩区選出の川崎市議会議員、川崎市議会議員4期)が立候補した事により、現実に選択肢のある意義のある選挙になっています。
 活気のある選挙になっています。


 今回の川崎市長選選挙で、市民・有権者の方に、自ら、価値ある選択肢を提示した吉沢章子さんの勇気と決断には、心から感謝をしております。


 私は、吉沢章子さんからの支援要請を受け、「女性の活躍」・「川崎市初の女性市長の誕生」を大いに期待する立場から、吉沢章子さんを応援しているところです。


 私は、選挙対策本部のメンバーではなく、選挙対策会議に出席していませんので、吉沢陣営の選挙戦略や選挙情勢等については全く把握していませんが、「女性の活躍、川崎市初の女性市長」を期待する立場で、吉沢章子さんを全力で応援しています。




                  (平成29年10月18日 記)




<658> 衆議院選挙(小選挙区・神奈川9区)の選挙情勢
★質問を受けた際の私の回答について


 地元の方から、衆議院・神奈川9区(小選挙区)の選挙情勢や見通しについて、しばしば質問をいただきます。

 時間が十分にあれば丁寧に回答するのですが、時間が少ない場合が多いですので、新聞報道を平均した内容で、かつ、断定的に決めつけない様にして、以下の様に回答しております。


1、 笠さんと中山さんの接戦。

 片方が小選挙区で当選して、片方が比例区で復活して当選する可能性が高いと思う。
 結局、顔ぶれとしては、同じになる可能性が高いのではと考える。


2、 但し、希望の党が失速している様子なので、笠さんは小選挙で落選した場合、比例復活も出来ない可能性はゼロではないと思う。


3、 さらに、「相原さんは、小選挙区で、最後は誰が勝つと予想しているの? 相原さんの予想が聴きたい。」と質問されることが多いのです。
 これに対しては、「投票率が高ければ、笠さん。投票率が低ければ、中山さん。」と回答しています。



 いずれにいたしても、神奈川9区の有権者の皆様には、選挙情勢など意識せず、神奈川9区の3人の候補者(共産党の斉藤さん、中山さん、笠さん)を十分に観察していただき、最良の候補者に、ご投票をお願いいたします。 










                (平成29年10月18日 記)




<657> 衆議院選挙(神奈川9区・小選挙区)の私の対応について
★再度、念の為、申し上げます


 私の地元の選挙区である神奈川9区(麻生区・多摩区・宮前区の一部)への対応については、これまで、このホームページやフェイスブックで、あるいは、マスコミからの取材に対して、明確に回答しているところです。

 しかしながら、今日時点でも、問い合わせが来ますので、改めて、私の対応について、明確に表明させていただきます。



  【  私の今回の神奈川9区(小選挙区)の衆議院議員選挙への対応について  】


1、 <どの候補者からも支援要請は無い>ので、特定の候補者を支援することは全く有りません。


2、 個人の価値観としては、支援の要請が無くとも、<恩・義理・仮り等が有る候補者、お世話になった候補者、親しくお付き合いのある候補者>がいれば、相当の対応をすべきと強く考えています。

 しかしながら、今回の神奈川9区の候補者の中で、これに該当する候補者は一人もいませんので、この意味でも、特定の候補者を支援することは一切ありません。


3、 自分との関係が何であろうとも、突出した素晴らしい候補者がいるのならば、国の為・地域の為、その候補者に対して、何らかの応援をすべきと考えています。


 しかしながら、今回は、これに該当する選挙でないと捉えています。


4、 一人の有権者としては、何が有ろうとも、必ず、投票に行く。


                 (平成29年10月16日 記)




<656> 衆議院選挙 公示
★大変に重要な選挙です


 本日・10月10日(火)に、衆議院選挙が公示されました。

 同時に、最高裁判所の裁判官の国民審査も実施されます。(こちらも、大変に重要です。)



 【 私の地元・神奈川9区(麻生区・多摩区・宮前区の一部)の候補者は、公営掲示板にある3人です 】





 私は、今回の神奈川9区の衆議院議員選挙に関しては、<どの候補者からも支援要請が無かった>ので、特定の候補者を支援することは一切ありません。


 また、私の個人として価値観として、支援の要請が無くとも、<恩・義理・仮り等が有る候補者、お世話になった候補者、親しくお付き合いのある候補者>がいれば、党派を超えて、相当の対応をすべきと強く確信していますが、神奈川9区の候補者の中で、これに該当する候補者は一人もいませんので、この意味でも、一切関与することはありません。

 加えて言えば、自分との関係が何であろうとも、突出した素晴らしい候補者に対しては、投票行動で示すべきと考えています。


 私は、今回の衆議院選挙期間は、神奈川県議会の会議が10月13日(金)まで開催され、週末は以前より予定が入っていますので、16日(月)以降で、ご縁のある候補者の所に陣中見舞に行ったり、厳しい選挙情勢になっている親しい友人の所に応援に行く予定にしています。



 尚、有権者の立場から言えば、大変に重要な事は、以下の事だと思います。

 ほとんどの有権者の方は、候補者との直接的な強い関係はない筈です。
  (あるとしても、薄い関係であったり、利害的な関係かと思います。)

 候補者と有権者の関係は、ほんの一部の方を除けば、こういうものであり、これが普通の姿であり常識的な関係だと思います。

 ですので、有権者の方は、結局は、自分自身で考える事が一番重要だと思います。

                  (平成29年10月10日 記)




<655> 川崎市長選挙 告示
★重要な選挙です


 10月8日(日)に、川崎市長選挙が告示されました。



 【 候補者は、公営掲示板のポスターにある3人です】




 川崎市長選挙は以前から決まっていた選挙ですが、後から実施されることになった衆議院選挙(9月28日に解散)により、川崎市長選挙への関心は大変に低くなっています。


 本来であるならば、大変に重要である現職市長の4年間の評価や3人の候補者(吉沢候補、福田候補、古市候補)の政策の比較という事に、関心が全く向いていないのが正直なところです。

 日本で一番重要な選挙である衆議院選挙と重なれば、関心が薄れるのも避けられない現実かと感じます。

 私の耳に入ってくる事は、<川崎市に初の女性市長が誕生するのだろうか?>・<最後は現職候補が強いだろう。>の2つ位です。


 但し、今回の川崎市長選挙は、衆議院選挙と同日選挙になった為、間違いなく、投票率は大変に高くなります。

 いつもの約2倍の投票率が予想されますので、この点については、大いに期待しているところです。




*私は、4年前の前回の川崎市長選挙では、秀島義雄候補(新人)を支援いたしました。 (結果は、大変に残念ながら、落選でした。)


 【 公営掲示板のポスター 】






 【 当時の私の事務所の扉 】



                  (平成29年10月10日 記)




<654> 衆議院選挙と川崎市長選挙が実施されます
★私の選挙への対応について


 私の地元(川崎市・麻生区)では、<衆議院選挙(全国で実施)>と<川崎市長選挙(川崎市内で実施)>が、共に、10月22日(日)投票日で、実施されます。


1、 衆議院選挙   9月28日(木)・解散 ⇒ 公示日・10月10日(火) ⇒ 投票日・10月22日(日) 

   
*同時に、最高裁判所の判事に対する国民審査も行われます。(大変に重要です。)


2、 川崎市長選挙           告示日・10月8日(日) ⇒⇒⇒⇒⇒⇒  投票日・10月22日(日)



 【 既に、麻生区内には、両方の選挙の選挙ポスターの公営掲示板が設置済みです。 】 





 私は、いずれの政党にも所属していない無所属の神奈川県議会議員ですので、選挙が近くなりますと、新聞記者さん達が、「誰を支援するのか?」の確認に来られます。

 私の<地元の選挙への対応>は、いつも同じ対応を取っていますが、明確に、<私の対応基本方針>を下記の通り、明記しておきたいと思います。 



  
★ 私の地元の選挙への基本対応方針 (毎回、同じです) ★


1、 候補者本人から真剣な「推薦願」が提出された場合のみ、選挙への対応を検討します (無ければ、検討する事さえ一切行いません。)


 今般の衆議院選挙では、9月28日(木)に衆議院が解散されていますが、地元の神奈川9区(麻生区と多摩区と宮前区の一部で構成)の候補者からは、推薦願が来ていませんので、どの候補者も一切支援いたしません。

 また、何よりも、政治家としてというより一人の人間として、神奈川9区の候補者の中に、「お世話になった人。義理がある人。借りがある人。」は特に居りませんので、何も気にする事なく、どの候補者も一切支援いたしません。

 マスコミの記者さんに、選挙情勢について質問をすると、「笠さん(希望の党)が圧倒的に強いでしょう。」との話を聞きます。

 記者さんには、「私も同じ様な評判を地元で多く聞きますので、多分、そういう選挙情勢だと思います。しかし、選挙は何が起こるか分からないですよ。」と指摘しているところです。


 尚、当然の事ですが、私は、一人の有権者としては、全ての選挙において、必ず、投票に行きます。


 全国各地で多くの友人・知人が衆議院選挙に挑戦しますので、その中でも親しい友人で、かつ、選挙情勢が厳しい所へ、陣中見舞・応援に行こうと考えています。



2、 神奈川県議会議員としての議員活動を優先します


 神奈川県議会議員としての議会活動・議員活動を最優先に取り組みます。

 10月13日(金)まで神奈川県議会の定例会(第3回定例会の前半部)が開催されますので、それまでの間は、議会活動に専念します。

 また、既に10月14日(土)は相当以前より丸1日予定が入っていますので、物理的にも、10月15日(日)以降しか、時間が空いていない状態です。
  (10月15日以降も、既に、幾つかの予定が入っているところです。)

                       (平成29年9月4日 記)




<653> 神奈川県議会 日程 変更
★衆議院解散に伴う日程変更です


 衆議院が解散され総選挙が実施される事により、神奈川県議会の日程の一部が変更されました。

 日程変更はされますが、審議日数には変更は一切有りません。
 衆議院選挙が実施されるからと言って、審議日数が減少することは全くありません。


 私は、9月27日(水)の「防災警察常任委員会(警察関係)」、9月29日(金)の「防災警察常任委員会(安全防災局関係)」に続き、来週・10月3日(火)に開催される「社会問題対策特別委員会」にて質疑を行う予定です。


 衆議院の総選挙が実施されることになりましたので、私の地元の川崎市・麻生区では、今月・10月には、<衆議院選挙(9月28日解散・10月10日公示・10月22日投票)、選挙区は神奈川9区=麻生区と多摩区と宮前区の一部。>と<川崎市長選挙(10月8日告示・10月22日投票)>の2つの大きな選挙が行われます。

 私は無所属の神奈川県議会議員ですので、政党に所属してはおらず政党活動はしておりませので、神奈川県議会の定例会が一度閉じる10月13日(金)までの間は、神奈川県議会の議会活動のみに完全に専念いたします。

 それまでの間は、両方の選挙に、一切関与いたしません。

                 (平成29年10月1日 記)




<652> 本会議 代表質問 報告 (個別政策課題 ②)
★国民保護法に基づく避難施設の指定について


 【 相原高広の質問内容の概略 】


  < 国民保護法に基づく避難施設の指定について >

 国民保護法に基づく避難施設について、本県では平成28年4月1日現在で1,682か所が指定されている。
 関東地方の都県との比較では、東京都が3,421か所、埼玉県が3,166か所、千葉県が2,360か所、茨城県が1,876か所であり、本県は、単純な人口比だけで言えば、関東地方の他都県と比べて大変に少ない状況にある。
 神奈川県国民保護計画の中で「県は、避難施設の指定に当たっては、できるだけ多くの施設の確保に努める。」と規定しており、今般の北朝鮮ミサイル問題により県民の関心が大変に高まっていることを大きな契機として、本県の国民の保護の為に、避難施設の指定について、より一層の検討を加え、避難施設の可能な限り最大限の確保に努めるべきである。
 そこで、国民保護法に基づく避難施設の指定について、所見を伺いたい。


  < 避難施設の指定に関する情報の公表について >

 内閣官房の国民保護ポータルサイトの中で、都道府県毎に避難施設の一覧が掲載されているが、この情報は平成28年4月1日現在のものである。
 北朝鮮がミサイルを連続して発射している状況の中で、スピード感が欠如した対応に疑問や違和感を覚えている。
 今年度、本県は既に回答済みでありしっかりと対応を行っていることを高く評価するが、国によると、更新・公表は、昨年度の9月21日よりも遅れる可能性があり、現段階では未定とのことである。
 早期に情報を更新・公表すべきと県は国に強く要請すべきである。
 加えて、避難施設の掲載方法に、一部分かりづらいところがある。
 記載方法が国から定められていることから発生している様だが、県民が一番理解しやすい掲載方法にすべきである。
 そこで、避難施設の指定に関する情報の公表について、所見を伺いたい。



★★  参考資料  <知事の答弁【神奈川県の方針】> 『神奈川新聞』(平成29年9月14日) 抜粋  ★★


 < 避難施設指定拡大へ 北ミサイル巡り県、国に先駆け独自公開 >


 北朝鮮の弾道ミサイル発射や核実験実施を踏まえ、黒岩知事は13日の、国民保護法に基づく避難施設の指定数を増やす考えを示した。 
 最新の県内避難施設リストは今週中にも県ホームページで公開する。

 同法は武力攻撃が発生する危機が迫っている事態を想定し、住民の避難や救援のためのセ施設をあらかじめ指定すると定めている。
 県によると、県内の避難施設は昨年4月1日現在で1682か所。
 横浜、川崎、相模原の3政令市を除く県所管域は市町村が施設を選定した上で県が指定している。

 知事は「北朝鮮情勢の先行きが不透明な中、国民保護のための施設を少しでも多く確保していことが円滑な避難のために必要」と強調。
 現状は市町村の選定段階で小規模な町内会館や公園などの空き地が除かれるケースもあるという。
 リストは内閣官房の国民保護ポータルサイトで公開されているが、最新のものを国に先駆けて独自に公開する考えも示した。

 13日の県議会本会議で、相原高広氏(県政会)の代表質問に答えた。


                 (平成29年9月23日 記)




<651> 本会議 代表質問 報告 (個別政策課題 ①)
★津久井やまゆり園の再生について


 【 相原高広の質問内容概略 】


  < 津久井やまゆり園の建替え費用の額と確保方法について >

 費用の額は、再生基本構想案では2か所に施設を建設するため、当初示された約60億円から80億円よりも金額が大きくなる可能性を感じるが、事件の衝撃の大きさから、十分な資金を確保すべきである。
 尚、障害福祉サービスを直接提供する部分には十分な費用をかけるべきだが、事務業務等の部分では費用を節約すべきである。

 費用の確保方法は、起債等による財源確保が一番だが、補助金等国の資金獲得も重要であり、また、政令指定都市との費用面での分担議論も有り得るのか、かながわ共同会が物理的貢献を検討しているのか、と想像する。
 必要ならば、知事や議員等の特別職も含め、職員の人件費抑制・削減も選択肢の一つである。
 そこで、津久井やまゆり園の建替え費用関連について、費用の額と費用の確保方法に関し、どの様に考えているのか、現時点での所見を伺いたい。



★★  参考資料  <知事の答弁【神奈川県の方針】> 『神奈川新聞』(平成29年9月14日) 抜粋  ★★


 
< やまゆり園再生の費用「今後精査」  県議会本会議で知事 >


 県議会第3回定例会は13日、本会議を開き、県政会の相原高広(川崎市麻生区)が代表質問を行った。


 
45人が殺傷された県立障害者施設「津久井やまゆり園」を現在地と横浜市港南区の芹が谷地域に分散整備する費用について、黒岩知事は「それぞれの施設規模や整備手法によって変わるので、現時点で確たるものは示せないが、当初の概算費用(60億~80億円)をベースに今後精査していきたい。」と述べた。

 
財源確保に向けては、国への働き掛けのほか、民間資金を活用した整備手法の検討などを含め対応していく考えを示した。

                 (平成29年9月23日 記)




<650> 本会議 代表質問 報告 (全体報告)
★9月13日、本会議・代表質問を行いました









   << 質問内容の概略 >>  *正確な内容は、後日公表されます、「神奈川県議会の議事録」にて、ご確認下さい。



1 北朝鮮の核・ミサイル問題に関して  【 知事 】


(1)北朝鮮の核・ミサイル問題および本県の対応に関する基本認識について

 我が国を飛び越える北朝鮮のミサイル発射は、これまでにない深刻で重大な脅威である。
 特に、神奈川県として強く意識すべきは、今年3月に北朝鮮国営の朝鮮中央通信が「在日米軍を攻撃する弾道ミサイル4発を同時に発射する訓練が実施され、成功した。」と発表したことである。
 本県内には、日米安全保障体制に基づき合衆国横須賀海軍施設等の在日米軍の施設が多くあるため、神奈川県は、北朝鮮の核・ミサイル問題に対して、全国47都道府県の中でも、特段の危機意識と強い憤りを持つべきである。
 そこで、北朝鮮の核・ミサイル問題および本県の対応に関する基本認識について、合衆国軍施設が多くある神奈川県の知事としての所見を伺いたい。


(2)国民保護法に基づく避難施設の指定について

 国民保護法に基づく避難施設について、本県では平成28年4月1日現在で1,682か所が指定されている。
 関東地方の都県との比較では、東京都が3,421か所、埼玉県が3,166か所、千葉県が2,360か所、茨城県が1,876か所であり、本県は、単純な人口比だけで言えば、関東地方の他都県と比べて大変に少ない状況にある。
 神奈川県国民保護計画の中で「県は、避難施設の指定に当たっては、できるだけ多くの施設の確保に努める。」と規定しており、今般の北朝鮮ミサイル問題により県民の関心が大変に高まっていることを大きな契機として、本県の国民の保護の為に、避難施設の指定について、より一層の検討を加え、避難施設の可能な限り最大限の確保に努めるべきである。
 そこで、国民保護法に基づく避難施設の指定について、所見を伺いたい。


(3)避難施設の指定に関する情報の公表について

 内閣官房の国民保護ポータルサイトの中で、都道府県毎に避難施設の一覧が掲載されているが、この情報は平成28年4月1日現在のものである。
 北朝鮮がミサイルを連続して発射している状況の中で、スピード感が欠如した対応に疑問や違和感を覚えている。
 今年度、本県は既に回答済みでありしっかりと対応を行っていることを高く評価するが、国によると、更新・公表は、昨年度の9月21日よりも遅れる可能性があり、現段階では未定とのことである。早期に情報を更新・公表すべきと県は国に強く要請すべきである。
 加えて、避難施設の掲載方法に、一部分かりづらいところがある。記載方法が国から定められていることから発生している様だが、県民が一番理解しやすい掲載方法にすべきである。
 そこで、避難施設の指定に関する情報の公表について、所見を伺いたい。



2 津久井やまゆり園に関して  【 知事 】


(1)
津久井やまゆり園の建替え費用の額と確保方法について

 費用の額は、再生基本構想案では2か所に施設を建設するため、当初示された約60億円から80億円よりも金額が大きくなる可能性を感じるが、事件の衝撃の大きさから対応する資金を確保すべきである。
 障害福祉サービスを直接提供する部分には十分な費用をかけるべきだが、事務業務等の部分では費用を節約すべきである。
 費用の確保方法は、起債等による財源確保が一番だが、補助金等国の資金獲得も重要であり、また、政令指定都市との費用面での分担議論も有り得るのか、かながわ共同会が物理的貢献を検討しているのか、と想像する。
 必要ならば、知事や議員等の特別職も含め、職員の人件費抑制・削減も選択肢の一つである。
 そこで、津久井やまゆり園の建替え費用関連について、費用の額と費用の確保方法に関し、どの様に考えているのか、現時点での所見を伺いたい。


(2)現在居住している施設での障害福祉サービスの提供について

 津久井やまゆり園の入所者は、現在、2つに分かれ居住しているが、ここで受ける障害福祉サービスの充実が極めて重要と考える。
 事件で大きな被害を受けた分、充実した障害福祉サービスが受けられるべきと確信しており、県とかながわ共同会は、利用者の方が、現在の居住場所で十分な障害福祉サービスを間違いなく受けられるよう、最大限の努力をすべきである。
 新たな施設が建設されるまでの今後数年間という時間は、建物の建替えという意味では暫定的な期間・仮入所先の時間とも言えるが、受ける障害福祉サービスの面では暫定的とか仮であるということは絶対に許されず、万全の対応を強く求めるところである。
 そこで、津久井やまゆり園利用者の方に対する、現在居住されている施設での障害福祉サービスの十分な提供について、所見を伺いたい。



3 高齢者の犯罪被害対策に関して  【 警察本部長 】


(1)高齢者に関わる金銭被害の現状と対策について

 高齢者の犯罪被害の中でも、老後の生活のために高齢者が懸命に貯めた大事なお金を奪い取るもので、許せない卑劣なものである。犯罪の発生件数は減少しているが、超高齢社会に入り、高齢者の人口割合が増えていけば、高齢者をターゲットにした犯罪は必然的に増えていくものと予想でき、特殊詐欺は、手口を巧妙化・悪質化させ、被害額は、昨年より増加したと聞いている。
 県警察では、関係機関等と連携し、抑止と検挙の両面から、工夫を凝らした様々な対策に取り組んでいるが、超高齢社会を想定し、高齢者を狙った全ての犯罪に対し、早め早めの対策が求められる。
 そこで、高齢者に関わる窃盗や特殊詐欺など金銭被害の現状を踏まえた県警察の対策について、所見を伺いたい。


(2)高齢者虐待の現状と対策について

 厚生労働省は本年3月、全国の都道府県知事あてに、高齢者虐待に係る調査の結果と高齢者虐待の状況を踏まえた対応の強化を通知しており、県当局においては様々な対策に取り組んでいると認識している。
 県警察も県担当部局と連携の上、高齢者が暴力を振るわれた等の通報を受けた際、いち早く警察官が現場に駆けつけ、状況に応じて事件化等の適切な対応や行政への確実な通報に尽力していると承知しているが、超高齢社会に突入した今、警察の対応する高齢者虐待事案は、益々増加していくと考える。
 そこで、高齢者虐待の現状を踏まえた県警察の対策について、所見を伺いたい。



4 給与勧告の県民への説明に関して  【 人事委員会 委員長 】

 人事委員会の給与勧告について、民間給与との較差額をそのまま全ての給料額に加えるならば、明確であり誰でも理解できるが、実際は単純な数的処理により給料表は作成されておらず、数的処理の方法は、勧告の中で具体的に明記されていない。
 勧告を一字一句全て読み込んだとしても、勧告される給料表を県民が作成することは不可能である。
 これは、説明の仕方も人事院勧告に倣っているからであり、説明の詳細な記述方法まで人事院勧告と同じにする必要はなく、地方自治体の人事委員会勧告は、国の人事院勧告よりも住民から理解しやすく親しみやすくすべきである。
 そこで、来月10月に勧告されると予想される本年度の給与勧告では、県民が計算可能となる様な説明を付して給料表を提示すべきと考えるが、この点を含め、人事委員会勧告の具体的な内容が県民からより一層理解される為の取組について、所見を伺いたい。

                  (平成29年9月15日 記)




<649> 
平成29年 第3回定例会 スタート
★9月13日、本会議・代表質問を行います


 9月8日(金)より、神奈川県議会の「平成29年 第3回定例会(前半)」が始まりました。


 私は、13日(水)に、本会議で代表質問を行います。

 質問通告期限は、11日(月)の午後5時です。


 私の場合、質問原稿のパソコンへの文書入力が終わった段階で、本会議質問の窓口である<政策局>へ、電子メールにて、原稿を送っています。

 入力の段階では横書きを用い、本番では原稿を縦書きにして質問しています。


 質問通告期限は最終の締め切りの期限であり、その前に、質問内容を当局に伝える事は全く問題ありませんので、入力が終わった時点で電子メールにて送付しています。

 今回も既に送付済みです。



★質問原稿の作成と送付に関しては、最近は大変に便利になり、本当に助かっています。

 私が、神奈川県議会議員になった平成7年の頃は、パソコンではなく、ワープロで、質問原稿を作成していました。

 しかも、私はパナソニックのワープロを使用、神奈川県庁では東芝のワープロ(東芝ルポ)を使っていましたので、私は作成した質問原稿をフロッピーで当時の本会議質問の窓口であった総務部・財政課の担当職員に渡し、担当職員はパソコンを使って拡張処理をしていました。

 この頃に比べると、数十倍、便利になっています。 



★小池さん(東京都知事)が、以前、「今後は、都の職員が、議員の質問作成に関与しない。」という類の話をしていたと記憶しています。

 当然ですが、神奈川県議会では議員が質問を作成しています。









                    (平成29年9月10日 記)




<648> 川崎市医師会 会館落成
★川崎市の都市構造の変化の予感


 本日・9月9日、川崎市医師会の新会館の落成の式典・祝賀会がありました。

 素晴らしい新会館の落成の祝賀会に参加させていただきました。


 同時に、新会館の建設場所から、川崎市の都市構造の大きな変化の予感を感じたところです。

 川崎市の歴史は、行政的には、海側(現在の川崎区や幸区)から合併により内陸部(現在の麻生区や多摩区)に市域を拡大しました。

 川崎市で最北部・最西部に当たる私の地元の<当時の柿生村と岡上村(現在の麻生区の相当部分になります)>が、一番最後に、川崎市に入っています。

 経済的には、臨海部の京浜工業地帯が川崎経済の発展の大きな役割を担いました。


 以上の様な事から、川崎市の中心は南部地域であり、市役所をはじめ主な団体の本部は川崎区・幸区にあります。

 その中で、市内の主要団体の一つである医師会が、市内中央部の中原区内に新会館を建設したことは特筆すべき事だと思っています。

 人口動態では中原区や高津区が市内で大変に勢いがあるところであり、川崎市の重心が市内中央部の中原区や高津区に移っていく予感を感じます。







                   (平成29年9月9日 記)




<647> 防災警察常任委員会 県外調査
★夏の期間の議員活動は終了

 9月4日(月)から6日(水)までの2泊3日で、神奈川県議会「防災警察常任委員会」の県外調査で、福岡県と熊本県へ行ってきました。


  < 調査先 >


1、海上保安庁 第七管区海上保安本部

2、福岡県庁

3、陸上自衛隊 第8師団

4、熊本県庁


★下の写真は、熊本地震の際に、陸上自衛隊・第8師団の自衛隊員が、災害現場で行った作業ついての説明です。(パイプの切断等の作業です。)

 実際に使用した装備品を使って説明していただきました。


 


 


*この県外調査をもって、今年の夏の期間の議員活動は終了になります。



 今後は、9月8日(金)から始まる「神奈川県議会 平成29年・第3回定例会」に、全力投球いたします。

                          (平成29年9月7日 記)




<646> 大学時代のゼミの先生の墓参
★改めて、もっと勉強すればよかったと痛感しました


    【 永安幸正先生の墓参 (平成29年9月2日) 】


 大学時代のゼミの先生である永安幸正先生(
早稲田大学 教授、麗澤大学 教授。社会システム論、社会哲学、経済道徳論。)が、平成19年9月3日に、66歳の若さでお亡くなりになり、没後丁度10年になることから、ゼミのOB有志で、千葉県八千代市の先生の所へ墓参をいたしました。

 一番先輩の島田先輩(学校法人文京学園 理事長、文京学院大学 教授)から一番下の私(昭和63年3月卒)までの有志での墓参でした。


 墓石に表れている通り、大変にユニークな先生で、知的好奇心旺盛な先生でした。
   (ユニーク・変わり者の先生と言われていました・・・。)

 先生が66歳の若さで早くにお亡くなりになられましたので、私としては、「もっと、もっと、教えを賜りたかった。」との後悔の思いで一杯です。

 今更大変に遅すぎますが、大学時代に、ゼミで、もっと勉強すべきでした。










                          (平成29年9月3日 記




<645> 広聴活動
★今後とも<ミニ県政報告会>を開催してまいります


★8月12日(土)の<ミニ県政報告会>で使用した会議室





★建物(新百合21)入口の案内掲示板




 先週・8月12日(土)に、<ミニ県政報告会>を開催しました。


 毎回、上記と同じ位の規模の会議室を使用し、少人数の座談会形式により、神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話をする目的で、開催しています。

 私は、平成7年に神奈川県議会議員になった時から、<広聴活動>を大変に重要と考え、この<ミニ県政報告会>を開催してきております。


 引き続き、麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく広聴活動を、この<ミニ県政報告会>の開催を含めて、様々な方法で実施して参ります。

                         (平成29年8月13日 記)
 


<644> 神奈川県政について話をしませんか?
★<ミニ県政報告会>の開催


 このHPの<イベント・会合のお知らせ>のページで既に案内を掲載中ですが、8月12日(土)に、<ミニ県政報告会>を開催いたします。

 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願い、開催いたします。


 私は、神奈川県議会議員の活動として、<広聴活動>を大変に重要と考えております。

 引き続き、麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく広聴活動を、この<ミニ県政報告会>の開催を含めて、様々な方法で実施して参ります。



 
<ミニ県政報告会>開催日時・場所

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  8月12日(土)  午前11時   新百合21  第1研修室にて
  8月12日(土)  午後12時15分   新百合21  第1研修室にて
  8月12日(土)  午後 1時30分   新百合21  第1研修室にて
  8月12日(土)  午後 2時45分   新百合21  第1研修室にて
  8月12日(土)  午後 4時   新百合21  第1研修室にて
  8月12日(土)  午後 5時15分   新百合21  第1研修室にて
   8月12日(土)  午後 6時30分    新百合21  第1研修室にて
  8月12日(土)  午後 7時45分    新百合21  第1研修室にて


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
    (但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)

 * 途中退出も構いません。

                       (平成29年8月7日 記)




<643> 麻生区の皆様との触れ合い
★麻生区の夏まつりスタート



 昨日・7月22日(土)から、麻生区の夏まつりが、本格的にスタートしました。


 昨日・7月22日(土)は、上麻生東町内会の納涼会に参加しました。

 昨年を遥かに上回る人出に、大変に驚きました。





 麻生区では、盆踊り等の夏まつりを開催するにあたり、音や光の害を考慮する必要が有り、主催者の方達には大変な苦労が有ります。

 上麻生東町内会の夏祭りは、制約条件の中で、最大の豪華さを誇るものでした。

 主催者である上麻生東町内会の皆様と消防団をはじめとする関係者の皆様方に心から感謝申し上げます。



★私達・議員にとって、各種の地域行事は、住民の皆様の様々な声を聴かせていただく絶好の機会となります。

 会議室等において神奈川県政に関するご意見・ご要望・ご質問をいただく事は大変に重要でありますが、少し砕けた雰囲気の中で地域の皆様の声を聴くことも大切な議員活動の一つだと考えております。

 どうぞ、お会いしました時には、是非、率直なお声をいただければと思います。

                    (平成29年7月23日 記)




<642> 夏の時期の議員活動について
★今年の夏の活動(概略)


 A 調査活動


 神奈川県議会では、毎年度、「第2回定例会」の終了から「第3回定例会」の開始までの期間に、各種の調査活動が行われます。

 この時期は、議会の会議(本会議・委員会)の開催が一番少ない時期であり、委員会や議員連盟や会派での調査活動を集中的に行います。


 < 調査活動は大きく2つに分類できます >


1、現地調査

 私で言えば、「議会運営委員会の県外調査」、「防災警察常任委員会の県内調査」、「防災警察常任委員会の県外調査」等です。


2、来年度の予算に対する市町村と各種団体からのヒアリング活動

 会派(「県政会 神奈川県議会議員団」=無所属の神奈川県議会議員が中心になって構成している神奈川県議会内の会派)で、来年度の当初予算に対する県内の市町村と県内の各種団体からの予算要望のヒアリング活動を行います。



 B 地域での各種行事等を通じての広聴活動


 夏の時期は、各種の地域行事を通じて、地域での触れ合いの中から、住民の皆様の様々な声を聴かせていただく時期でもあります。


 夏の時期は、「納涼祭り」・「盆踊り」といった地域行事が多く開催されます。

 各種の地域行事を通じて地域での触れ合いの中から住民の皆様の様々な声を聴かせていただく絶好の機会となります。

 会議室等において神奈川県政に関するご意見・ご要望・ご質問をいただく事は大変に重要と考えています。

 また、少し砕けた雰囲気の中で地域の皆様の声を聴くことも大切な議員活動の一つだと考えております。



 議会の公務が絶対・最優先でありますので、全ての地域行事に参加する事は不可能ですが、出来る限り参加するように心がけています。

 お会いした際には、どうぞ、お気軽に声をおかけ下さい。

 率直なご意見をお待ちしております。

                    (平成29年7月12日 記)




<641> 神奈川県議会 「平成29年 第2回定例会」ー④
★7月6日に閉会しました


 神奈川県議会の平成29年度の最初の定例会(「平成29年 第2回定例会」)は、7月6日(木)に、予定通り、閉会しました。



 【  この定例会での私の主な議員活動は以下の通りです  】


 ① 6月19日(月) 「本会議」での代表質問  *既に報告済み。


 ② 6月27日(火) 「防災警察常任委員会」(安全防災局関係)」での質問。

      < 質問項目 ・・・ Jアラートに関して >


 ③ 6月29日(木) 「社会問題対策特別委員会」での質問

      < 質問項目 ・・・ 県職員・教職員のボランティア休暇に関して >


 ④ 7月3日(月) 「防災警察常任委員会(警察関係)」での質問

      < 質問項目 ・・・ 振り込め詐欺に関して >



 今後とも、神奈川県議会議員として、本会議・委員会にて、質の高い議論を展開して行きます。

                 (平成29年7月8日  記)




<640> 神奈川県議会 「平成29年 第2回定例会」ー③
★本会議にて代表質問を行いました


 6月19日(月)、本会議にて、<知事>と<教育長>と<県民局長拉致問題担当局長>の3人に対して、代表質問を行いました。







 <<  質 問 内 容 (概略)  >> *概略ですので、正確な内容は、議事録にて、ご確認ください。


1 拉致問題および特定失踪者問題への取組に関して 【知事】


 家族会結成から既に20年間も経過しているが、拉致問題および特定失踪者問題は解決の糸口が見出せない。
 そうした中、北朝鮮が国際社会の度重なる警告を無視して、相次ぐ弾道ミサイル発射等の挑発を続けており、この様な事は断じて容認できるものではない。
 本県では、知事の強い意志により平成24年度より理事・局長の拉致問題担当を置いている。
 また、「拉致問題地方議会全国協議会」の会長を本県議会の松田良昭議員が務めている。
 拉致問題と特定失踪者問題の解決に強い意志を持つ本県は、北朝鮮問題そして拉致問題と特定失踪者問題が大変に混迷を深めている今、国民世論の啓発について、取組をより一層強めるべきである。
 そこで、最近の北朝鮮動向を踏まえて、拉致問題と特定失踪者問題に対する本県の取組について、所見を伺いたい。



2 津久井やまゆり園に関して 【知事】


  (1)  津久井やまゆり園の建替え問題について

 入所者御本人の意向を尊重するならば、県にはあらゆる選択肢を物理的に担保する責務があり、入所者全員が再度入所する可能性を実現出来る施設内容にすべきである。
 大規模施設を建設しても、将来的には、部分的に内部の形態を変更する事があって良いと考える。
 建替える施設の規模の大小の問題は、事件の前の状態に拠るべきであり、事件前日の施設規模は、大規模であったと認識している。
 また、事件の大きさから、対応もそれに見合ったものになるべきであり、大神奈川に相応しい立派な施設を建設する選択肢もある。
 そこで、丁寧に行われている入所者御本人の意向の確認が完了する時期と建替える施設の内容を決定する時期の関係が重要と考えるので、この点も含め、津久井やまゆり園の建替え問題についての現時点の所感を伺いたい。


  (2)  指定管理者(かながわ共同会)について

 昨年12月、かながわ共同会から県に指定管理業務の改善計画書の提出があった。県が承認した改善計画書の内容では、職員の採用に関する問題意識が弱いと気になっている。
 犯人である元職員は、採用から数年後に事件を起こしているため、採用段階の選考に問題があったと感じている。応募者数58名の中から21名を採用しており、相当数の応募者の中から犯人の元職員を選考し採用している。
 採用選考に関与したかながわ共同会の役員や職員には、採用選考において自らの判断が完全であったのか十分に顧みるべきである。
 そこで、かながわ共同会の「指定管理業務の改善計画」の進捗状況や過去の職員の採用選考を含め、かながわ共同会の指定管理業務の適切な遂行について、所見を伺いたい。



3 県立近代美術館に関して 【教育長】


  (1)  県教育委員会との関係について

 近代美術館では、棟方志功の版画がカラーコピーと判明した平成26年4月の2か月前に寄託図書資料の紛失事件も発生している。
 版画紛失事件では、近代美術館の県教育委員会への連絡は、カラーコピーと判明し県民ホールへ搬送された後であり、報告がこれ程までに遅れたのか理解出来ない。
 近代美術館は学芸員の集団として県教育委員会からの独立という欲求があると感じるが、どの教育機関も、教育長をトップとする教育委員会に統制されるべきである。
 そこで、県立近代美術館で平成26年2月に発覚した寄託図書資料の紛失事件のその後の状況について、報告願う。
 併せて棟方志功作の版画紛失事件において、県立近代美術館から県教育委員会への報告が遅れたことについて、所見を伺いたい。
 その上で、これまでの県教育委員会と県立近代美術館の関係についておよび県教育委員会の県立近代美術館に対する今後の関係について、所見を伺いたい。


  (2)  県立近代美術館が持つべき自覚と責任について

 問題が発覚した作品展では、開始から少し経ったところで、棟方志功の版画がカラーコピーであったと判明しその展示を止めた。
 近代美術館は、報道機関へ公表せず、判明後に謝罪文をホームページに掲載しているが、カラーコピーを見せられた来場者への謝罪は一切書かれていない。
 来場者に対する不十分な謝罪に対しては、極めて遺憾に思う。
 近代美術館が、事件発覚後直ちに県教育委員会に報告すれば、県教育委員会の指導助言により、誠実な謝罪がなされたと確信している。
 そこで、県立近代美術館が、この問題で取った謝罪対応について、所見を伺いたい。
 その上で、県立近代美術館として兼ね備えるべき自覚と責任について、所見を伺いたい。



4 朝鮮学校に関して 【県民局長拉致問題担当局長】


  (1)  最近の動向について

 2月の産経新聞に「朝鮮学校の教科書記述をめぐる騒動を理由に、朝鮮総連神奈川県本部のトップが解任されたことは、朝鮮総連の学校への強い関与を改めて浮き彫りにした」とある。
 そこで、朝鮮学校を巡る幾つかの状況について、報告願いたい。
 具体的には、教科書改訂の状況についておよび朝鮮学校での授業での拉致問題の取扱い状況について、補助金に関する朝鮮学校からの要望等について、本年2月7日の『産経新聞』の記事の内容に対する認識について、報告願う。
 その上で、朝鮮学校の教科書に拉致問題を明確に記述するという前知事の時代から現在に至るまでの本県の方針は、引き続き堅持すべきと考えるが、朝鮮学校の教科書に拉致問題を明確に記述する本県の方針についておよび教科書の改訂実現のための本県の取組について、所見を伺いたい。


  (2)  行政事務の所轄庁について

 朝鮮学校への補助金の世論は、北朝鮮への評価や認識と切り離すことはできず、「国政の問題」と言える。
 また、朝鮮学校に関する情報を本県が収集し内容を十分に把握することは無理がある。
 さらに、都道府県の朝鮮学校への補助金の議論が大きく巻き起こったのは、文部科学省の高校授業料無償化制度が大きな引き金になっている。
 朝鮮学校に関わる私学行政は、課題の特殊性や困難性を率直に認識した上で、一部法改正が必要となるが、国が全国の朝鮮学校を一括的に対応する方向にすべきであり、県として内部で検討を行い、その上で、国・文部科学省に要望すべきと考える。
 そこで、朝鮮学校に関する行政事務の所轄庁について、私の提案も含めて、今後の本県の対応について、所見を伺いたい。

                    (平成29年6月30日 記)




<639> 神奈川県議会「平成29年 第2回定例会」ー②
★平成29年度の役職・担当が決定


 神奈川県議会の平成29年度の最初の定例会(「平成29年 第2回定例会」)が、5月15日(月)から始まっています。

 7月6日(木)までの予定です。



  この定例会の中で、先日、
各議員の平成29年度の役職・担当等が決まりました。


   <<  私の役職・担当等は以下の通りです。 >>


 1、 【会派】  県政会 神奈川県議会議員団 団長

  無所属の神奈川県議会議員が中心になり構成している神奈川県議会内の会派であります「県政会 神奈川県議会議員団」の団長(=代表)を引き続き務めます。


 2、 【常任委員会】  防災警察常任委員会 委員

  昨年度と同じく、警察と防災局に関して審議する常任委員会に所属します。


 3、 【特別委員会】  社会問題対策特別委員会 委員


 4、 【予算委員会】 予算委員会 委員


 5、 【その他】

   神奈川県都市計画審議会 委員

   議会改革検討委員会 委員



 引き続き、平成29年度も、神奈川県議会議員の立場から、神奈川県政の発展に取り組んで参ります。

                   (平成29年6月1日 記)




<638> 神奈川県議会「平成29年 第2回定例会」ー①
★5月15日から7月6日まで開催予定


 5月15日(月)から7月6日(木)までの予定で、「神奈川県議会 平成29年 第2回定例会」が開催されます。

 新年度・平成29年度の最初の定例会になります。

 どうぞ、神奈川県議会の議論に関心をお寄せ下さい。

                  (平成29年5月14日 記)





<637> 平成29年4月30日
★4年間の任期の後半がスタートしました


 2年前の神奈川県議会議員選挙で、有権者の皆様から与えていただきました神奈川県議会議員としての任期は4年間です。


 正確に言えば、神奈川県議会議員の任期は、平成27年4月30日から平成31年4月29日までの4年間です。

  (選挙で当選した日から、議員としての任期が始まる訳ではありません。) 

 ですので、4月30日(日)から、4年間の任期の後半がスタートしました。


 引き続き、神奈川県政の発展に全力で取り組んで参ります。

 今後とも、ご指導の程を宜しくお願い申し上げます。


                  (平成29年5月1日 記)




<636>
 政務活動費
★平成28年度分の会計関係書類を提出


 政務活動費(平成28年度分)の会計関係書類の提出期限が4月28日(金)午後5時でした。

 無事、期限内に提出を完了したところです。


 地方議員の政務活動費に対しては、批判がこれまで多く出されていますので、会計関係の書類の作成と提出には相当の神経を使っています。

 私の場合は、例年、年末から3月31日までの3か月強の期間は、政務活動費の会計業務に相当のエネルギーを費やします。

 併せて、私は、例年、1年間の広報・広聴活動のまとめとして、年度末に、『神奈川県議会レポート』を発行していますので、これへの労力の投入も重なります。

 勿論、「神奈川県議会の第1回定例会(2月から3月まで開会)」への対応が最優先であることは、言うまでもありません。


 神奈川県議会議員の政務活動費は毎月53万円です。

 会計期間は、1か月毎ではなく、1年間です。

 1年間が終わり、その1か月後に収支報告書等の会計関係書類を提出する事になっています。

  (会計関係書類は相当の分量になり、私の場合は、A4サイズの用紙300枚前後です。)


 私の所属する会派では、毎月53万円の政務活動費のうち5%前後が、議会控室のコピー機等の事務機器の費用、事務用品の購入費用、書籍・雑誌類の購入費用等になります。

 会派分(会派所属議員の共通経費)です。

 それ以外の金額は、各議員が自己責任で支出します。



 【 私の場合の政務活動費の最終的な会計処理の方法は概ね以下の通りです。(毎年、概ね同じ方法で対応しています。) 】


 ①当初の段階では、1年間で政務活動費に該当すると考えられる支出が、700万円前後有ります。

 ②スタッフ(臨時アルバイト)が、「政務活動費の使途基準」の冊子を睨みながら、①の全ての支出を確認します。
  ここで、少しでも疑問が出た支出については、全て除外します。
   (金額的には、20万円~30万円が除外される事になります。)


 ③私とスタッフの二人、および、私一人で、全ての支出について、2度目・3度目のチェックを行う。
  ここで、少しでも疑問が出た支出についても、全て削除します。
   (金額的には、20万円~30万円が除外される事になります。)

 ④最終確認として、議会局の経理課の職員の方に、チェックとアドバイスをいただきます。
  ここで、疑問が指摘された支出についても、全て除外します。
   (金額的には、数万円が除外される事になります。)


 後になって批判を受けるのを避ける為に、3つの段階(数え方によっては4段階)で、少しでも疑問が出た支出について、全て除外の処理をします。

 最後には、1年間で620万円前後の支出になります。

 この金額(620万円前後)が、私の1年間の政務活動費の最終的な支出です。





★地方議員の政務活動費については、厳格な支出基準が、完全に確立されていない状況にあります。

 実態としては、各地で裁判が起こり、裁判所が出した判決の積み重ねが支出基準になっています。

 私としては、政務活動費で私腹を肥やす気など一切有りませんので、落ち着いて、神奈川県政の発展に取り組める環境が生まれる事を強く願っているところです。


 法により、全国一律で、政務活動費の使途基準を詳細かつ厳格に定めるのも、一つの方法だと考えております。



★国会議員に支給される立法調査費や文書通信費については、一つ一つの支出を公開する法的な義務が有りません。

 結果として、個々の支出について批判を受ける可能性は大変に低くなります。

 ここが、地方議員の政務活動費の制度と根本的に違う所です。

 地方議員の政務活動費の場合は、情報公開制度により個別の支出の内容を確認できます。

 また、この内容に疑問を持つ人は、住民監査請求を負担無しで行うことが出来ます。

 さらに、監査委員が出す監査結果に不満が有れば、損害賠償請求の裁判(住民訴訟)を起こす事が出来ます。

                  (平成29年4月28日 記)




<635> 新年度・平成29年度も宜しくお願いいたします
★平成29年4月1日・・・麻生川桜まつりに参加


 本日から新年度・平成29年度が始まりました。

 今後とも、<神奈川県と麻生区の発展>に全力で取り組んで参りますので、ご指導の程を宜しくお願い申し上げます。




 新年度の初日の4月1日は、地元・麻生区の<麻生川桜まつり>に参加しました。

 今年の麻生区の桜は、新入生を祝う様に、(数十年前の満開時期は学校の入学式の頃でした)、4月5日前後が最高かと思います。


                  (平成29年4月1日 記)




<634> 『神奈川県議会レポート』を発行しました
★平成28年度の私の活動報告


 『神奈川県議会レポート 第6-③号』と『神奈川県議会レポート 第6-④号』を発行しました

 先月・2月に『神奈川県議会レポート(第6-③)』を発行したのに続き、今月・3月は『神奈川県議会レポート(第6-④』を発行しました。


 2つのレポートをもって、平成28年度の私の議員活動報告を簡単に報告させていただきました。


 私の持つ資金力や組織力の関係で、頻繁に大量のレポートを発行する事は困難ですが、お手元に届きましたら、是非、お読み下さります様、お願いいたします。


 <活動報告をするのは議員の責務>と考えておりますので、今後とも、1年間に数回の割合で、私の活動報告として『神奈川県議会レート』を発行して参ります。

                  (平成29年3月31日 記)




<633> 神奈川県議会「平成29年 第1回定例会」 ー⑤
★平成28年度内の神奈川県議会の会議は全て終了しました


 定例会最終日の3月24日(金)、知事から提案された議案等の採決が行われました。

 主要な議案であります来年度・平成29年度の当初予算は、賛成多数で予算が成立しました。


 4月1日からは、県民福祉の向上の為に、<成立した予算を執行=個々の事業の実施>をしていくことになります。

 予算が成立しましたので、各事業の資金は確保されましたが、各事業の執行の細部も大変に重要です。

 今後は、予算額の範囲で、最大の効果を上げるように事業を進めて行くことになります。

                  (平成29年3月31日 記)




<632> 神奈川県議会「平成29年 第1回定例会」 ー④
★「県進会」という神奈川県議会内の会派が解散・・・
・・・私が所属しています「県政会」とは全く別の会派です



 3月23日(木)に、神奈川県議会内の「県進会」という5人の議員で構成している会派が解散しました。

 「県進会」という会派は、以前は別の会派名を名乗っていましたが、この会派名になってから約1年間が経過したばかりで解散という事態になりました。

 その後、5人の議員は、5人全員が、別々に、「一人会派」を結成しました。


 この事が、3月24日(金)の新聞各紙で報道されますと、3月24日(金)・25日(土)・26日(日)の3日間、連日、私の所へ、ご心配の連絡が有りました。

 この解散した会派は、現在、私が所属し・私が代表を務めています「県政会 神奈川県議会議員団」(略称は「県政会)とは、全く別の会派です。

 ご心配をいただきました方々には心から感謝を申し上げます。



*「県進会」という会派は、解散になってしまった位ですので、会派としては大きな問題を孕んでいましたが、所属していた議員一人一人(5人全員とまでは言いませんが)は素晴らしいものを持っています。

 会派は解散に至り大変に情けない事態になってしまいましたが、素晴らしいものを持つ個々の議員には、今回の件を糧として、頑張って行ってもらいたいと願っています。飛翔を期待しているところです。


*議員一人一人の活動とは別に、政党を結成する場合・議会内で会派を結成する場合には、改めて、組織の統制等が大変に重要である事を痛感したところです。

                    (平成29年3月27日 記)




<631> 神奈川県議会「平成29年 第1回定例会」 ー③
委員会の質問報告


 神奈川県議会「平成29年第1回定例会」における、私の委員会(常任委員会、特別委員会)での質問報告です。


① 2月27日(月) <防災警察常任委員会(警察関係)>にて、「道路整備に伴う、交番・派出所・駐在所の移転建替え」について質問。

② 3月1日(水)  <防災警察常任委員会(安全防災局関係)>にて、「国土強靭化地域計画」について質問。

③ 3月3日(金)  <防災警察常任委員会(警察関係)>にて、「信号機の老朽化対策」について質問。

④ 3月7日(火)  <健康・社会問題対策特別委員会>にて、「自殺対策、高齢者対策」について質問。


 今後とも、議会の正式な会議の場で活発に発言して参ります。


                 (平成29年3月23日 記)




<630> 神奈川県議会「平成29年 第1回定例会」 -②
来週から委員会審議に入ります


 現在、開会中の神奈川県議会の「平成29年 第1回定例会」(3月24日まで開会予定)は、本会議での代表質問・一般質問が終わり、来週・2月27日からは委員会(常任委員会・特別委員会・予算委員会)での審議が始まります。


 私は、「防災警察常任委員会」と「健康・社会問題特別委員会」で、質問を行う予定です。


 引き続き、神奈川県政の発展のために、議会の正式な会議の場で、発言し続けて参ります。

                 (平成29年2月25日 記)




<629> 神奈川県議会「平成29年 第1回定例会」 ー①
2月13日から3月24日まで


 2月13日(月)から3月24日(金)まで、神奈川県議会の「平成29年 第1回定例会」が開催されます。


 最主要議題は、神奈川県の平成29年度の当初予算です。


 議会の場で、活発な議論を展開して参ります。


                 (平成29年2月12日 記)




<628> インフルエンザに警戒
来週から神奈川県議会の定例会が始まります


 来週の2月13日(月)から、神奈川県議会の「平成29年第1回定例会」が始まります。

 主要議題は、来年度・平成29年度の神奈川県の当初予算です。


 ですので、今週は、私も含め全ての神奈川県議会議員にとって、「平成29年第1回定例会」の本会議・委員会での質問の準備の時間になります。

 早い人は、準備の終盤の時期の人もいると思います。

 私は、ようやく手を付けようという段階です。


 そんな中、あちこちで、インフルエンザにかかり、質問の準備が出来ない・打ち合わせが延期になったとの話しが聞こえてきます。

 インフルエンザにかかると、熱は下ったとしても、医師から数日間の外出禁止を求められますので、寝室内で出来る仕事以外は完全に止まってしまいます。


 体調に留意しながら、第1回定例会での質問の準備を進めて参ります。


 どうぞ、皆様、インフルエンザにご注意下さい。

                   (平成29年2月9日 記)




<627> 私事で恐縮ございますが・・・
1月22日(日)で、53歳になりました


 先週(平成29年1月22日)で、53歳になりました。


 今日まで、お世話になった全ての方に、心から感謝申し上げます。


 何卒、引き続き宜しくお願い申し上げます。


 53歳の今年も頑張って参ります。

                 (平成29年1月26日 記)




<626> 地元行事
どんど焼き(黒川)


   【 どんど焼き(平成29年1月14日) 】

 麻生区を代表する素晴らしい農業地域である黒川のどんど焼き(田圃の中でのどんと焼きです)に伺いました。





 昔と同じ風景のどんど焼きであり、昔ながらの風景に惹かれて地元以外の方も多く来られています。


 政令指定都市・川崎市の中で、かつ、小田急線の駅から徒歩10数分の田圃の中でのどんど焼きです。  

 美しい田園風景を長年に維持されてきた方々に心から感謝です。

                  (平成29年1月16日 記)




<625> 平成29年の神奈川県議会の会議 開始
1月10日から始まりました


 神奈川県議会の平成29年の会議が、一昨日・1月10日(火)の午前10時30分から始まりました。


<< 私が出席した1月10日の会議等 >>  *場所は全て県庁内です。

 ①議会運営委員会

 ②団長会

 ③団会議

 ④県幹部との賀詞交換会

 ⑤県政記者クラブの年頭記者会見
   (議長、副議長、各会派の団長、議会運営委員会の正副が出席)

 ⑥県政記者クラブとの賀詞交換会


 気合を入れて、今年も、神奈川県政の発展の為に、神奈川県議会議員の立場から取り組んで参ります。


                    (平成29年1月12日 記)




<624> 新年賀詞交歓会には可能な限り参加いたします
県政に対する率直なご意見をお聞かせ下さい


 毎年、1月には、各種団体の新年の式典(新年賀詞交歓会、新春の集い等)が多く開催されます。


 地元・麻生区では、昨日(1月6日)、区の賀詞交歓会が開催されました。




 麻生区では、1月6日(金)から、各種団体の新年賀詞交歓会・新春の集いが、本格的に始まりました。

 麻生区の皆様とお話しの出来る貴重な機会と捉え、ご案内をいただきました会には、可能な限り参加する様にいたしております。

 お会いしました際には、是非、神奈川県政に対する率直なご意見をお聞かせ下さい。

                 (平成29年1月7日 記)




<623> 明けましておめでとうございます
★平成29年も宜しくお願いいたします


 新年、明けましておめでとうございます。

 平成29年も、ご指導の程、宜しくお願い申し上げます。



 平成29年の神奈川県議会の最初の会議は、1月10日(火)午前10時30分からの「議会運営委員会」です。


 引き続き、神奈川県政の発展の為に活発に活動して参ります。

                    (平成29年1月4日 記)




<622> 第3回定例会 閉会
★年内の神奈川県議会の会議は全て終了しました


 今週・12月20日(火)をもって、平成28年の神奈川県議会の会議が全て終了しました。


 12月20日(火)に、11月から始まりました「神奈川県議会 平成28年第3回定例会(後半の部)」が閉会しました。


 *神奈川県議会の第3回定例会は、「前半の部」、「決算特別委員会の部」、「後半の部」の3部に大別できます。

  (この言葉は、私が説明用に便宜上つけている呼び名であり、神奈川県議会の正式な用語ではありません。)


 「後半の部」では、私は、12月1日(木)に<本会議>で代表質問、9日(金)に<防災警察常任委員会>にて安全防災局関係の質問、13日(火)に<健康・社会問題特別委員会>にて質問、15日(木)には<防災警察常任委員会>にて警察関係の質問を行ったところです。

*この他に、議会運営委員会にて発言をしました。 


 平成28年内の議会での発言は終了しましたが、引き続き、神奈川県政の発展の為に、議会の正式な会議で発言し続ける決意でございます。


                   (平成28年12月24日 記)




<621> 本会議・代表質問
★本会議にて代表質問を行いました


 12月1日(木)、本会議にて、知事・警察本部長・保健福祉局長に対して、質問を行いました。


 私の「大惨事の起きた津久井やまゆり園の指定管理者(かながわ共同会)」に関する質問、及び、それに対する知事・保健福祉局長の答弁が、12月2日(金)の『神奈川新聞』、『朝日新聞(朝刊)』、『読売新聞(朝刊)』、『毎日新聞(朝刊)』、『東京新聞(朝刊)』に掲載されています。

 お時間がある時に、お読みいただければ幸いでございます。


*尚、『神奈川新聞』の記事には質問者である私の名前が入っていますが、
他の新聞では私の名前は入っておらず質疑と答弁の内容だけが掲載されています。






    【  質 問 要 旨  】


1、津久井やまゆり園での殺傷事件に関して

(1)事件に関わる戦略的広報について

 今回の津久井やまゆり園の事件のような大事件の際には、発生当初は情報が錯綜する中で、いかに正確な情報を把握し伝えるかということが最も重要である。
 そのためには、マスコミに報道してもらうことは勿論の事、ホームページやSNSなど即時性の高い県の広報媒体を活用し、迅速且つ的確に伝えることが重要である。
 さらに、時間とともに広報すべき内容も変わってくるため、その時々に、何を、どのような方法で伝えていくかは、まさに戦略的広報であり、これまで広報に力を入れてきた成果が強く期待されるところである。
 そこで、本事件に対して、具体的にどのように戦略的広報を展開してきたのか伺いたい。併せて、本事件に関して、今後、どのような方向で広報を実施するのか、所見を伺いたい。


(2)津久井やまゆり園事件の対応や教訓等の共有、継承について

 平成13年の9月の定例会で、当時の岡崎知事は、大阪府の池田小学校の事件に触れ、「県としても、児童・生徒を初め、県民の安全を確保する観点から、すべての部局において、これまでの日常の対応を改めて点検し、できるだけ速やかに具体的な措置を講じてきた」と述べ、その際の教訓は、現在も活かされていると期待している。
 当然、津久井やまゆり園や担当部署でもその教訓等が今も継承されていると考える。
 そこで、大阪教育大学付属池田小学校での事件の際の県のとった対応や得られた教訓は、県行政の隅々まで浸透し、現在まで十分に継承されていたのか、所見を伺いたい。
 併せて、今回の津久井やまゆり園の事件を受けての県の対応や得られた教訓等を県行政の隅々までに浸透させ、絶対に忘れさせないで永久に活かしていくことに関して、どのように考えているのか、所見を伺いたい。


(3)かながわ共同会と県の今後の関係について

 現在、神奈川県立の障害者支援施設は6つ、障害児及び障害者支援複合施設が2つあるが、このうち、かながわ共同会は、4つの障害者支援施設の指定管理者であり、さらに、来年度からは秦野精華園が移譲されることからも、神奈川県の障害福祉行政におけるかながわ共同会の存在は一層高まることになる。
 このような中で、かながわ共同会が指定管理者となっている津久井やまゆり園で事件が発生したのであるから、かながわ共同会と県の関係について、県民が強い関心を持つのは当然である。
 そこで、「津久井やまゆり園事件検証報告書」の中のかながわ共同会に関わる部分に関して及び自らの組織変革等について、かながわ共同会から、報告や相談等が来ているのか伺いたい。
 併せて、今後のかながわ共同会に対する本県の関わりについて、所見を伺いたい。


(4)かながわ共同会に対する点検、監督について

 県は、指定管理者であるかながわ共同会に対して、今回の事件の発生に関わらず、社会福祉法や指定管理に関する協定に基づき、十分な点検や監督をする義務があるが、かながわ共同会では、過去にいくつかの事件が発生している。
 問題案件の発生が重なれば、点検や監督の厳格さが高まるのは当然のことであり、今回の津久井やまゆり園での事件を受けて、かながわ共同会に対する今後の県の点検や監督の厳しさは最大限のものとなるべきである。
 そこで、平成19年5月に起きた津久井やまゆり園で利用者が食べ物を喉に詰まらせて死亡した案件、平成25年の指定管理料の巨額の返金事案を受けて、かながわ共同会に対する点検や監督の厳格さはどのように高まったのか伺いたい。併せて、今回の津久井やまゆり園での大惨事を受けて、今後、かながわ共同会に対して県は点検や監督をどのように厳格に行っていくのか、所見を伺いたい。


(5)津久井やまゆり園事件検証報告書及びかながわ共同会からの経過報告書について

 先日、津久井やまゆり園事件検証委員会から「津久井やまゆり園事件検証報告書」が提出され、本県の対応の不十分な部分に関する指摘もあった。
 一方、かながわ共同会から提出された経過報告書は、この「検証報告書」の完全な理解や今回の事件の検証と再発防止の上で重要な資料だが、個人情報と捜査の観点から、県民の代表である議会に対しても一部非公開とされている。
 秘密保持の観点から少人数に限定されているかながわ共同会からの報告書を読むことができる人は、全文を精読し、対応に必ず活かしていただきたい。
そこで、かながわ共同会からの経過報告書を読むことができる人の範囲と人数について具体的に伺いたい。
また、この報告書を読むことができる人の責務について所見を伺いたい。併せて、「津久井やまゆり園事件検証報告書」で指摘された県の対応の不十分な部分に対する所見を伺いたい。


2、 大麻を中心とした県警察の薬物対策について

 津久井やまゆり園の事件では、犯人の身体から大麻成分が検出されたとのことであり、改めて大麻等の薬物対策の必要性を強く認識した。
 大麻事犯の増加の原因としては、国内において所持や栽培は規制されているが、吸引等の使用等については処罰対象となっていないことや、一部の国で大麻の使用等が認められており、国外で大麻を吸引した人間が帰国後も継続することが挙げられる。
 また、かつては特定の人間にしか入手できなかった薬物が、インターネットの普及等により容易に入手できることなどから、大麻等の薬物の拡散が深刻な社会問題となっている。
 そこで、県警察が摘発した大麻等違法薬物事犯の現状について伺いたい。
 併せて、県警察の違法薬物に対する取締り方策と広報啓発活動について所見を伺いたい。


3、 朝鮮学校の教科書改訂について

 平成28年度は教科書改訂問題の重要な年であるが、先月に神奈川朝鮮学園から県に「改訂は困難」との回答があった。
 この回答を受けて、知事が「改訂は学費補助交付の前提であり、前提が崩れている」として、朝鮮学校に通う児童・生徒に対する学費補助の交付決定を留保すると発表したことは高く評価しているが、今後の県の対応については、「県の教科書改訂についての主張は大原則として堅持すべきこと」、「教科書の改訂もしくはそれに匹敵する十分な対応が実行されない限り補助金は支給しないと予め明確にしておくこと」、「朝鮮学校に関する行政事務を国と都道府県のどちらが担うのが最適なのか、文部科学省と十分に議論を行うこと」の三点を提案したい。
 そこで、朝鮮学校への今後の県の対応について、私からの提案も含めて所見を伺いたい。

                   (平成28年12月3日 記)




<620> 神奈川県の来年度の予算編成
★会派として予算要望書を提出しました


 11月22日(火)、黒岩知事に、県政会(5人の無所属の神奈川県議会議員で構成する神奈川県議会内の会派。団長=相原高広。)として、神奈川県の来年度の予算に対する要望書を提出しました。





 今回のこの「予算要望書」は、会派所属議員の選挙区内の市町村ごとの個別要望をまとめたものです。


 この予算要望書に掲載した以外の予算要望については、別の機会(本会議や委員会等)を通じて、行います。


 来年度・平成29年度の当初予算の編成は来年の2月上旬頃に完了し、「平成29年 第1回定例会」に、知事から議会に提案され、審議されます。


 より良い予算が完成する様、努力して参ります。


                   (平成28年11月29日 記)




<619> 特別委員会 県外調査
★年内最後の県外調査となります


 神奈川県議会の<健康・社会問題対策特別委員会>で、県外調査を実施しました。


 11月16日(水)から11月18日(金)までの沖縄での現地調査でした。


   【 調査項目 】

 「ヘルスケア・ニューフロンティアの推進、子育て支援、青少年問題、子どもの貧困対策」をテーマに、特別委員会での調査の参考とするために、沖縄県において次の場所を訪問し、取組について調査を行いました。


 ①琉球大学(ゆい健康プロジェクト)における健康行動実践モデル実施事業の取組

 ②NPO法人エンカレッジにおける就学援助児童支援等の取組

 ③つきしろキリスト教会における子ども食堂の運営に関する取組

 ④浦添市立森の子児童センターにおける子どもの夜の居場所づくりに関する取組




 神奈川県議会の県外調査は、委員会調査・県政調査・政務調査費での調査等がありますが、どの調査も大変に貴重な機会となっていて、何処に行っても大変に勉強になり、感謝しているところです。


*この調査で、年内の県外調査は、最後となります。

                   (平成28年11月27日 記)




<618> 神奈川県議会 議会友好訪問団
★合衆国メリーランド州へ


 神奈川県議会のメリーランド州議会友好訪問団(団長は森正明・議長)の一員として、11月8日(火)出国・13日(日)帰国で、合衆国を訪問してきました。

 神奈川県とメリーランド州との友好提携35周年の一環として、議会の立場での訪問です。


 主たる公務は、<メリーランド州議会の下院議長との意見交換>ならびに<メリーランド州・メリーランド州立大学の幹部を招いての森議長主催の昼食会>です。

 併せて、現地調査(メリーランド州内、ワシントンDC内、ニューヨーク市内にて)も実施しました。


 大変に有意義な時間を過ごすことが出来、友好訪問団の一員になれたことに感謝しているところです。


                     (平成28年11月26日 記)




<617> 相原高広のHP
★ホームページの移転に伴う訪問者数の表示について


 先々月・9月に、相原高広のHPは下記のアドレスに移動しました。

   http://kokoroikigadaiji.world.coocan.jp


 これに伴い、ホームページへの訪問者数(アクセスカウンター)が、一度、ゼロになっています。



 ホームページを開設してから11月10日までで、約45,000件のアクセスが有りました。


 私のホームページをご覧いただきまして、誠に有難うございました。



 本日(11月20日)から、改めて、訪問者数のカウントを開始・表示しております。


 今後とも、相原高広のHPを宜しくお願いいたします。

               (平成28年11月20日 記)




<616> 神奈川県議会「平成28年 第3回定例会」
★決算特別委員会の部が終了


 先週・11月4日(金)に、平成27年度の神奈川県の決算を審議する「決算特別委員会」が終了しました。


 神奈川県議会では、一年間のうちで、第3回定例会(9月から12月まで)が日程の一番長い定例会になります。

 第3回定例会は、9月から10月にかけての「前半の部」、10月から11月にかけての「決算特別委員会」、11月から12月にかけての「後半の部」に大別できます。

  *「前半の部」、「決算特別委員会の部」、「後半の部」という言葉は、私が説明用に便宜上つけている呼び名です。
    (神奈川県議会の正式な用語ではありません。)


 今月・11月下旬からは、「後半の部」が始まります。

 私は、「後半の部」の本会議で、代表質問をする予定です。
  *現時点では、予定の段階であり、最終確定はしていません。


 引き続き、議会の正式な会議で質の高い議論を展開していきたいと考えています。

                  (平成28年11月8日 記)




<615> 神奈川県議会「平成28年 第3回定例会」
★前半の部が終了


 10月14日(金)に、平成28年第3回定例会の「前半の部」が終了しました。

 神奈川県議会では、一年間のうちで、第3回定例会(9月から12月まで)が日程の一番長い定例会になります。


 第3回定例会は、9月から10月にかけての「前半の部」、10月から11月にかけての「決算特別委員会」、11月から12月にかけての「後半の部」に大別できます。

   *「前半の部」、「後半の部」という言葉は、私が説明用に便宜上つけている呼び名です。(神奈川県議会の正式な用語ではありません。)


 10月14日に、「前半の部」が終了したところです。

 私は、「前半の部」の中では、「防災警察常任委員会」と「健康・社会問題対策特別委員会」において、質問を行ったところです。


   【 質問項目】


  <防災警察常任委員会>

   (安全防災局関係)
    1、消防団員の確保対策について(市町村への県の支援について)

   (警察本部関係)
    1、薬物事犯対策について


  <健康・社会問題対策特別委員会>

    1、ライフイノベーションセンターに進出する団体について 

    2、「未病」の普及啓発について


 引き続き、議会の正式な会議で質の高い議論を展開していきたいと考えています。

                (平成28年10月23日 記)




<614> 相原高広のホームページ
★ページ移転のご案内


 相原高広HPのページ移転のお知らせ◆


  相原高広のHPは、
下記のアドレスに移動しました。


   http://kokoroikigadaiji.world.coocan.jp


 ブックマークなどの登録変更をお願いいたします。


 今後とも、相原高広のHPを宜しくお願いいたします。

               (平成28年9月27日 記)




<613> 神奈川県議会「平成28年 第3回定例会」 開催中
★会期は12月20日迄です


 9月8日(木)から12月20日(火)までの予定で、「神奈川県議会 平成28年 第3回定例会」が開催されています。

 神奈川県議会の定例会では、一年間の中で、「第3回定例会」が、一番長い会期となります。



 神奈川県議会の「第3回定例会」は、概ね以下の3つの期間に区分できます。

  (「前半の部」・「中盤の部」・「後半の部」という用語は、私が説明用に便宜上使っているものです。)


  ①前半の部=「本会議(代表質問・一般質問)⇒委員会での審議⇒本会議(討論→採決)」 ・・・9月8日から10月14日まで。


  ②中盤の部=決算特別委員会での審議 


  ③後半の部=「本会議(代表質問・一般質問)⇒委員会での審議⇒本会議(討論→採決)」 ・・・11月28日から12月20日まで。 


 加えて、「特別委員会の県内調査と県外調査、議会運営委員会」等が行われます。



 引き続き、気合を入れて、議会の会議に臨んでいきます。


 私は、今月下旬から来月中旬にかけて開催される「防災警察常任委員会」と「健康・社会問題特別委員会」にて、委員会質問を行う予定です。


 是非、神奈川県議会の議論にご関心をお寄せ下さい。


               (平成28年9月24日 記)




<612> 神奈川県議会「平成28年 第3回定例会」
★9月12日より本会議での質疑が行われます


 「神奈川県議会 平成28年 第3回定例会」は、本日・9月12日(月)から26日(月)までの約2週間、本会議での代表質問と一般質問が行われます。


 どうぞ、「神奈川県議会 平成28年 第3回定例会」の議論に、ご注目下さい。

                  (平成28年9月12日 記)




<611> 民進党 代表選挙
★<蓮舫氏の二重国籍疑惑>問題について ②



 蓮舫氏(今回の民進党の代表選挙の候補者)の二重国籍疑惑に関しては、私は、「日本の首相候補としての覚悟と準備」の観点を最重視しています。


 <蓮舫氏(民進党の代表候補者)の二重国籍疑惑>について、様々な観点での議論が盛んに行われている様です。

 例えば、「国際化時代の国籍問題」、「二重国籍の各国の現状と課題」、「公務員の国籍のあり方」、「政治家の被選挙権と国籍について」、「蓮舫氏の行為の違法性・適法性」等です

 どの議論も大変に重要なものと考えていますが、私が今回の件で最重視しているのは、民進党の代表候補者(首相候補の一人であることを意味する)である政治家に「日本の首相候補としての覚悟と準備」が出来ているかです。 

 「日本を含め全ての国における重国籍(二重国籍)に関する考察」は確かに大切ですが、今回の件の一番の特徴は、「日本の首相候補の二重国籍疑惑問題」なのです。



 日本を含めどの国においても、政権交代は、時々(時期や頻度は別として)、起きるべきだと思います。

 過去においても未来においても全く同じです。


 数年前の自民党から民主党への政権交代の問題は、政権を率いる民主党の首相の準備不足であったと考えています。

 鳩山さんも菅さんも野田さんも、政権を担う十分な準備が整っていたとは思えませんでした。
 <勿論、彼ら個人だけの責任ではありません。>

 準備が十分に整っていない政権交代だったからこそ、現在の民進党の置かれた厳しい状況につながったと思っています。


 「政権交代の必要性」と「実際に政権を担う個々の首相の適格性」は別次元の話です。



 果たして、蓮舫さんに、「日本の首相候補としての覚悟と準備」が整っているのか不安を感じます。


 蓮舫さんは、彼女自身の国籍問題に関して、国会議員に立候補する時、国務大臣に就任する時、今回の民進党の代表選挙に出る時等、確認しようと考える契機が何回も有った筈ですので、大変に残念に感じます。

 首相になる準備は、実際に首相になる直前までに何とか間に合えば「問題なし」、では無い筈です。


 蓮舫さんが、野党第1党の民進党の代表を経て、我が国の首相を本気で目指しているのならば、今回の件は一日も早くスッキリさせるべき重大案件です。

 間違いなく、この問題を明確にする事は、日本国民の為であり、同時に、蓮舫さん個人の為でもあります。



 私が大学生時代(昭和の終わり頃)に首相を務めておられた中曽根康弘氏は、「将来、自分が首相になった時に行う事をノートに書き綴っていた。それも、かなり若い頃から行っていた。」という話を思い出しました。

                     (平成28年9月11日 記)




<610> 民進党 代表選挙
★<蓮舫氏の二重国籍疑惑>問題について ①


 蓮舫氏(民進党の代表候補者)の二重国籍疑惑問題が勃発しました。 

 一体どうなっているのか、私には、全く分かりません。


 異常な状態になっているのは間違いないところです。

 野党第1党の代表選挙の候補者である蓮舫氏が、「私は日本人です。」と記者会見等で叫ぶのは異様です。

 野党第1党の代表を目指すという事は、我が国・日本の最高指導者である首相を目指すのと同じ意味の筈ですので、その人が「私は日本人です。」と強調するのは、間違いなく異常です。



 <誰に問題があるのか?  どこに問題があるのか?>  一日も早くスッキリしてほしいものです。

 <蓮舫氏の側に問題があるのか。 それとも、 「蓮舫氏に問題がある」と主張している側に問題があるのか?>   早急に白黒明確にしてほしいと強く願っています。



 これは、国によっては、政治家の政治生命の危機になる可能性のある話だと思います。

 一国の首相を目指す国会議員が、このままの状態で良い筈がありません。

 蓮舫氏個人にとっても、スッキリさせた方が良いのは間違いありません。


 評価は次の段階として、何よりも先ず、蓮舫氏(民進党も含む)には事実自体を正確に報告して欲しいです。

 それも、民進党の新代表が決まる前に。


 民進党の新代表が決まる前に、この問題の白黒を完全につけて欲しいと強く願います。

 この件の結果が明確になる前に、民進党の新たな代表に、<前原さん・玉木さん・蓮舫さん>のいずれが選ばれても、素晴らしい代表選挙だったとは誰も感じないと思います。

 民進党の党勢回復には全く寄与しない代表選挙になる様にさえ感じるところです。


 一日も早くスッキリしてほしい事件です。



★私は、民進党の党員でも支持者でも全くありません。

 しかしながら、実態として、民進党に対しては、国民(私も含まれます)の多額の税金(政党助成金)が支給されています。

 その民進党の代表選挙ですので、日本国民の誰でもが、この件について発言・批評・批判する権利が十分にあると考えています。

                (平成28年9月9日 記)




<609> 神奈川県議会「平成28年 第3回定例会」
★9月8日(木)より開始します


 「神奈川県議会 平成28年 第3回定例会」が、明日・9月8日(木)から始まります。


 現在の神奈川県行政の重大案件は、「神奈川県立津久井やまゆり園」(指定管理者=かながわ共同会)です。


 どうぞ、「神奈川県議会 平成28年 第3回定例会」の議論に、ご注目下さい。

                 (平成28年9月7日 記)



<608> 防災警察常任委員会の県外調査 中止
★大きな被害が発生しない事を祈るばかりです



 8月22日(月)から24日(水)の3日間、北海道での現地調査を予定していた、「防災警察常任委員会」の県外調査が中止となりました。


 「防災警察常任委員会」は名前の通り「防災」と「警察」について審議をする委員会です。


 今回の県外調査では、北海道の災害対策と北海道警察の活動に関する現地調査を中心に予定が組まれていましたが、台風の影響により、<①交通手段の確保に困難な面がある事。 ②調査先である北海道に台風が上陸し、北海道庁も北海道警も台風対策に全力で取り組んでいる事。 ③関東地方への台風の上陸により、神奈川県においても台風への対応に万全を期す必要がある事。>等の理由から、中止となりました。


 私は、平成7年4月から今日まで神奈川県議会議員を務めていますが、私が所属する委員会の県外調査が中止になることは初めてだと思います。


 今般の台風で影響を受ける地域に大きな被害が出ないことを強く祈るばかりです。

                   (平成28年8月22日 記)




<607> 会派のヒアリング活動 ②(基礎自治体)
★県内の7つの町村から来年度予算への要望を伺いました


 8月18日(木)と19日(金)の2日間、会派(「県政会 神奈川県議会議員団」。無所属の神奈川県議会議員で構成。)で、県内の基礎自治体より来年度の神奈川県の予算への要望ヒアリング活動を実施しました。


 お伺いしたのは(訪問した順番で)、①箱根町、②湯河原町、③真鶴町、④二宮町、⑤大磯町、⑥清川村、⑦愛川町の7自治体です。



  ★写真は、村田・二宮町長をはじめ二宮町幹部との意見交換の一コマです。 (二宮町役場にて)




 私の所属する会派(「県政会 神奈川県議会議員団」)は、伝統的に、基礎自治体である市町村の声に耳を傾ける事を大切にしています。

 町長さん・村長さんをはじめ基礎自治体の幹部の皆さんから県に対する要望を伺う事は、大変に勉強になります。
  (勿論、個々の要望事項に対しては様々な意見がありますが・・・)

 引き続き、夏の議員活動に取り組んで参ります。


                   (平成28年8月21日 記)




<606> 神奈川県立津久井やまゆり園での事件への議会の対応
★急遽、常任委員会を開催します



 神奈川県立津久井やまゆり園の事件への神奈川県議会の対応として、急遽、8月8日(月)に、「厚生常任委員会」と「防災警察常任委員会」の2つの常任委員会を開催することになりました。


 私は、「防災警察常任委員会」の委員をしておりますので、8月8日(月)の委員会に出席いたします。



 神奈川県議会議員として、出来る事は、全力で実行して参ります。

                 (平成28年7月30日 記)




<605> 神奈川県立津久井やまゆり園での事件について
★余りにも酷い殺人事件です



  神奈川県立津久井やまゆり園におきまして、あまりにも酷い凄惨な殺人事件が起こりました。


 亡くなられた方々には心より哀悼の意を表します。

 負傷をされた方々の一日も早いご回復をお祈りいたします。


 この事件に対して、神奈川県議会議員として、しっかりと対応して参ります。



  << 神奈川県立津久井やまゆり園での殺傷事件についての知事のコメント >>


 本日早朝、県立津久井やまゆり園に男が侵入し、利用者の方を多数殺傷するという大変痛ましい事件が発生しました。

 この男は、同園の指定管理者である社会福祉法人かながわ共同会の元職員と見られます。

 被害に遭われた方をはじめ、ご家族・関係者の皆さまには、あまりに突然のことで、お慰めする言葉もありません。

 このような事件が起きたことについて、県は、施設設置者として指導監督する立場から、心からお詫びするとともに、亡くなられた方々には心より哀悼の意を表します。

 また、負傷された方々には、一日も早いご回復をお祈りいたします。

 今後、県として、指定管理者であるかながわ共同会と連携して、被害に遭われた方々への支援をできる限り行うとともに、警察の捜査に全面的に協力し、再発防止に全力を尽くしてまいります。

            平成28年7月26日
    神奈川県知事  黒 岩 祐 治


                  (平成28年7月30日 記)



<604> 会派のヒアリング活動 ①(各種団体)
★県内の各種団体から来年度予算への要望を伺いました


 7月26日(火)と28日(木)の2日間、会派(「県政会 神奈川県議会議員団」=無所属の神奈川県議会議員で構成する神奈川県議会内の会派)として、来年度の神奈川県の予算に対する県内の各種団体からの予算要望のヒアリング活動を行いました。





 各種団体からの切実な要望を真正面から受け止め、同時に、県の財政状況を踏まえて過大な期待を抱かせる発言をしない様に厳しく戒めながら、真剣な質疑応答・意見交換を行っていました。
          
 議員側は全員が自ずと難しい表情になってしまいます。

                  (平成28年7月29日 記)




<603> 夏の時期の議員活動について
★今年の夏の活動予定(概略)


 A 調査活動


 神奈川県議会では、毎年度、「第2回定例会」の終了から「第3回定例会」の開始までの期間に、各種の調査活動が行われています。

 この時期は、議会の会議(本会議・委員会)の開催が一番少ない時期であり、委員会や議員連盟や会派での調査活動を集中的に行います。


 < 調査活動は大きく2つに分類できます。 >


1、現地調査

 私で言えば、「議会運営委員会の県外調査」、「防災警察常任委員会の県内調査」、「防災警察常任委員会の県外調査」等です。


2、来年度の当初予算に対する各種団体からのヒアリング活動

 会派(「県政会 神奈川県議会議員団」=無所属の神奈川県議会議員で構成する神奈川県議会内の会派)で、来年度の当初予算に対する県内の市町村と県内の各種団体からの予算要望のヒアリング活動を行います。



 B 地域での触れ合いの中での広聴活動


 各種の地域行事を通じて地域での触れ合いの中から、住民の皆様の様々な声を聴かせていただく時期でもあります。


 夏の時期は、「納涼祭り」・「盆踊り」といった地域行事が多く開催されます。

 各種の地域行事を通じて地域での触れ合いの中から住民の皆様の様々な声を聴かせていただく絶好の機会となります。

 会議室等において神奈川県政に関するご意見・ご要望・ご質問をいただく事は大変に重要と考えています。

 また、少し砕けた雰囲気の中で地域の皆様の声を聴くことも大切な議員活動の一つだと考えております。


 議会の公務が絶対・最優先でありますので、全ての地域行事に参加する事は不可能ですが、出来る限り参加するように心がけています。

 お会いした際には、どうぞ、お気軽に声をおかけ下さい。

 率直なご意見をお待ちしております。

                  (平成28年7月29日 記)




<602> 東京都知事選挙 ②
★首都・東京都に相応しい都政を


 今回の東京都知事選挙に関して、私の最大の関心は、現在だけでなく過去も含めて、「(首都)東京都知事・東京都政は大丈夫なのか?」という事です。


 首都・東京都の知事には、全国の中の一つの自治体のトップの次元を遥かに超えた崇高さが求められる筈です。

 東京都は、政治・行政での首都であり経済面でも我が国の中で突出した存在の都市です。

 政治・行政・経済・文化、あらゆる側面での日本の首都です。 (世界で同様な都市はパリ位でしょうか・・・。)

 東京都政に携さわる都知事・都議会議員・都職員には首都に相応しい人間であることを強く期待しています。

 一自治体のトップ(知事)・議員・職員の次元では許されません。



 古今東西、<国の首都>は繁栄するものです。


 平成7年(1995年)に青島知事が誕生した時以来、「東京都政に関わる人たちは、首都であることによる東京都の繁栄に甘えているのではないか?」との疑問を持たない訳ではありません。

 新たな東京都知事には、「そんな甘えは一切無い」という事を、素晴らしい都政運営により、しっかりと証明してほしいと願っています。

                     (平成28年7月24日 記)




<601> 東京都知事選挙 ①
★選挙の行方


 最近、多くの方(神奈川県内の方)から、「東京都知事選挙は誰が勝つと思う?」との質問をいただきます。

 改めて、首都・東京都の知事を選ぶ選挙の全国的な関心の高さを感じるところです。



 私は、何の情報を持っていませんし、分析などは一切行っていませんが、以下の通り回答しております。

   ●「直感では、小池さんか・増田さんだと思います。」

   ●「小池さんが先行している、後は、増田さんが自公の組織力により追いつかどうかだ。」

 これは、単なる勝敗の予想であり、どの候補者が都知事に相応しいかではありません。
  (また、私の願望等は一切入っていません。)



 ここにきて、鳥越さんに関する「女性問題」の報道が幾つか出てきています。

 内容が事実かどうかは全く分かりません。

 「前代未聞の全面的な選挙妨害」なのか「大スクープなのか」は、いずれ明確になるとは思いますが、残念ながら、事実が明確になるのは都知事選挙終了後になると思われます。

 一連の報道を受けて、有権者が取る投票行動には強い関心があります。


 いずれにせよ、選挙としては上品な選挙にはなっておらず、というよりは下品な選挙になってきています。

 これにより、当初の選挙の雰囲気から変化が出て来ている様に感じます。  

 今日時点では、私には、鳥越知事誕生の可能性はかなり低いと感じられます。



 全国民が強い関心を持っているに相応しい東京都知事選挙が展開される事を願うばかりです。

                  (平成28年7月24日 記)




<600> 拉致被害者を取り戻すために
★地方議員の立場から全力で取り組みます


 7月17日(日)の午後、JR桜木町駅前で行われた<拉致被害者を取り戻すための署名活動>に参加しました。 


   ★写真が不鮮明ですが、街頭演説中の相原高広です。★


 神奈川県議会の<拉致議連>のメンバーの一人としての参加です。

 神奈川県議会の<拉致議連>の会長の松田良昭議員(横浜市金沢区)、事務局長の小島健一議員(横浜市青葉区)、鈴木秀志議員(前副議長、横浜市鶴見区)、藤間明男議員(茅ヶ崎市)と一緒に参加しました。


 全国の多くの地方議会には拉致問題に関する議員連盟(議連)が設立されていますが、全国の拉致問題に取り組む地方議員の議員連盟のトップを神奈川県議会の松田良昭議員が務めています。

 神奈川県議会では拉致問題に対して松田良昭議員を先頭に積極的に取り組んでいるところです。


 引き続き、この問題が解決するまで、全力で取り組んで参ります。


★参議院選挙から約2週間が経ち、選挙の余韻も無くなり、神奈川県議会議員としての活動に専念しております。
  (但し、東京都知事選挙の行方は大変に気になるところです。)

                  (平成28年7月23日 記)




<599> 参議院選挙の結果を受けて ②
★ 神奈川選挙区編


 神奈川選挙区は、定数4人です。

 定数4の神奈川選挙区の今回の選挙結果に対して、私としては、歓迎をしているところです。


 その理由を幾つか記しますと、


① 微力ながら私が支援をした2人の候補者(五十音順)の方が見事に当選した事です。


  【 
中西けんじ (現職、無所属・自民党推薦) 】さん

  【 
三浦のぶひろ (新人、公明党公認・自民党推薦) 】さん


 お二人とも大変に真面目な政策志向の強い素晴らしい政治家です。

 中西さんには、2期目の参議院議員として、今度の6年間の任期中では、大臣政務官や副大臣に就かれ政府の一員として実力を発揮される事を強く期待しているところです。

 三浦さんには、1期目の参議院議員ですが、まさに「即戦力」として、大活躍される事を強く期待しているところです。 


 支援した候補者が当選する事は、候補者は勿論の事でしょうが、支援した人間にとっても大きな喜びとなります。



② 躍進するとの予想があった日本共産党の候補者が落選した事。


 神奈川選挙区は定数が4人です。

 自分が支援した候補者が当選するだけで十分だとは、全く考えていません。

 4人の定数の全てが良い人になる事を強く望んでいます。 


 日本共産党に対しては、私は政治的立場を完全に異にしますが、多数の大変に真面目な議員・候補者がいると認識しています。
  (特に、農村部では地域に密着した党派を超えて信頼を得ている地方議員が多いと聞いています。)


 しかし、今回の参議院選挙では、選挙期間中に日本共産党の最高幹部の一人である政策委員長(当時)の藤野保史衆議院議員の「人を殺すための予算」という余りにも酷い暴言があり、今回の神奈川選挙区では日本共産党の候補者は落選するべきと強く願っていたところでした。

     
(平成28年7月12日 記)




<598> 参議院選挙の結果を受けて ①
★ 全国編


 選挙結果は、各報道機関の終始一貫した予想の通りとなりましたので、多くを語りようがないのが正直なところでありますが、しかし、その中で、私なりに感じた所を幾つか表すとすると、


① 安定が求められた・・・・・国民が政治の安定・政局の安定を求めた結果と受け止めています。


 <実際は、国民は日本社会の安定を求めているのだと思います。>

 世界中で続発するテロ(日本人も巻き込まれています)・英国のEUからの離脱・北朝鮮のミサイル実験の断行等を踏まえれば、安定を求める心理が強く働くのは当然だと思います。



② 民進党凋落傾向ストップ・・・・・民進党の民主党が政権を獲得した事に始まった著しい凋落傾向は歯止めがかかったと受け止めています。


 多くの人が大変に真面目と感じる岡田代表により、野党第一党としての安定感や存在感は取り戻したと思います。


 民主党の政権交代当時の私の感覚は、民主党の中で総理大臣を務める準備が出来ている人が居るのかという感じでした。

 実際に総理大臣になった鳩山さん・菅さん・野田さんの3人に準備が出来ていた様には感じませんでした。

 好き嫌いを全く別にして、当時、総理大臣になる準備が一応できていたのは、小沢さん・岡田さんの2人だったと感じていました。


 準備が出来ていないにもかかわらず、政権を担った事が、民主党の著しい凋落傾向の始まりになっています。

 ようやく、下げ止まったという感覚です。



③ 日本共産党の躍進ならず・・・・・大きく躍進との予想もあった日本共産党が思ったよりも伸びなかったと受け止めています。


 それなりの躍進が有ると、私も想像していましたが、そうなりませんでした。

 最大の原因は、日本共産党の政策委員長(当時)の藤野保史衆議院議員が「人を殺すための予算」という発言をした事です。

 政治家を含め、誰でも、<失言・言い間違い・真意が伝わらない・勘違い>の発言をする事がありますが、これは、限度を超えた酷過ぎるものでした。

 <失言・言い間違い・真意が伝わらない・勘違い>の発言については、悪意を持ったものでなければ、寛容に対応することも時には大切ですが、この発言は異常過ぎます。

 この暴言により、党員・党支持者以外で今回の選挙では日本共産党に投票しようと考えていた人は、投票行動を変えたと強く推測されます。

                      (平成28年7月12日 記)



<597> 支援した候補者の選挙結果 ②
★神奈川選挙区


     <<  五十音順  >>


 ■
 中西けんじ (現職、無所属・自民党推薦)さん  当選!


 中西健治さんには、引き続き、政策通の国会議員として、ご活躍いただきたいと、心から期待しているところです。



 ■ 
三浦のぶひろ (新人、公明党公認・自民党推薦)さん  当選!


 三浦のぶひろさんには、今日から、国会議員として、国民の為に大活躍していただきたいと、心から期待しているところです。

                  (平成28年7月11日 記)




<596> 支援した候補者の選挙結果 ①
★比例区(全国区)


 ■ 柴田 巧 (しばた たくみ)さん  (民進党公認、元富山県議会議員)

 本当に残念な結果となりました。


 選挙で落選すると、一番ショックを受けるのは間違いなく候補者本人ですが、支援した人間も相当のショックを受けます。

 本当に無念です。


 柴田巧さんには、一日も早く政界復帰していただきたいと、心から期待しているところです。

              (平成28年7月11日 記)




<595> 7月10日が参議院選挙の投票日です
★是非、投票に行かれて下さい・・・私は期日前投票を済ませました


 昨日(7月9日)、地元の麻生区の区役所で、期日前投票を行いました。

 少し大袈裟ではありますが、投票権を正々堂々と行使してまいりました。


 是非、投票に行かれて下さい。

 投票権を行使されて下さい。




 今回の参議院選挙で、私が当選を強く願っている神奈川選挙区・比例区(全国区)の候補者とも、激戦状態にあり当落線上にいます。


 貴重な一票なので、無効票にならないよう、投票用紙への記入ブースに貼ってある「立候補者の一覧表」を十分に確認しながら、候補者名を記入しました。
  (特に、候補者の氏名の中に難しい字がある訳ではありませんが。)


 2枚目の比例区の候補者名の記入の際に、一瞬戸惑いました。

 「立候補者の一覧表」の中に、<
 柴田 巧 >の名前が見当たら無いのです。

 落ち着いて確認すると、<
 しばた 巧 >で掲載されていました。



  ***********************************


 私は、自分の選挙では、戸籍そのままの<相原高広>で届け出をしています。
  (一部を平仮名にしたりせず戸籍名のままです。)

 選挙の度に、候補者名の登録については、それぞれの候補者・陣営で色々な工夫をしている様です。
  (時には、苦慮している様子です。)

 例えば、名前に難しい漢字が使われている場合や読み方が難しい時、旧姓や通称名を使う時などの様です。


 私の場合は、分かりやすい漢字の名前であり、名前を付けた親に感謝しています。
  (時々、政治家っぽい名前だとも言われ事があります。)


 ちなみに、約25年前、英国で英国の第3政党(Liberal Democrats)の党本部でインターンとして研修していた時、自分の名前の意味を説明する場合に、「 High Ambition and Broad Mind 」と言っていましたが、果たして妥当であったのか、心配です・・・。

                    (平成28年7月9日 記)




<594> 参議院選挙の対応について ⑥
★最終盤です ⇒⇒ 投票に行きましょう


 参議院選挙は最終盤です。

 7月10日(日)が投票日です。

 7月10日(日)の投票日に、もしくは、投票日前の期日前投票にて、是非、投票されて下さい。


 改めて、今回の参議院選挙における私の対応について明記いたします。



1、 私の参議院選挙への対応について (2つの基本方針)


① 私は、いずれの政党にも所属していない<無所属の地方議員>ですので、政党に関係なく・政党ではなく、候補者個人を見て、応援する人を決定しています。

 当然の前の事でありますが、政党に所属する地方議員は所属する政党の公認・推薦候補者を支援する事になります。


② 候補者の方から推薦・支援の要請があった場合のみ、支援するかどうかを検討する。

 これも、当然の事ではありますが、支援の要請が無ければ、支援に関して検討する事はありません。

 素晴らしい候補者は沢山いる筈ですが、支援の要請(その候補者との出会い)が無ければ、支援について検討する事はありません。

 誰からも支援の要請が無い場合は、一人の有権者として、最適だと考える候補者に投票します。




2、 神奈川選挙区(定数4人)への私の対応について


 今回は、12人の方が立候補しています。

 私に対しまして、2人の方から支援の要請がありました。


   【支援要請を受けた順に】


 ★ 三浦 のぶひろ さん  (新人、 公明党公認・自民党推薦)

     (元防衛大学校 准教授)

     
< 三浦のぶひろHP  https://miura-nobuhiro.com >

 三浦さんは、金属工学の専門家(工学博士)です。

 理系出身の政治家の多くは、医療系(医師・歯科医師・看護師等)か建設系(土木・建築・都市計画等)出身者ですが、三浦さんは金属工学の専門家です。

 また、自衛隊・防衛庁関係出身の方が立候補する場合は自民党からの場合が多いですが、三浦さんは公明党からの出馬です。

 貴重な経歴の持ち主であり、活躍が大変に楽しみな方です。


  中西 けんじ さん  (現職、 無所属・自民党推薦)

     (元JPモルガン証券 副社長)

     < 中西けんじHP  http://www.nakanishikenji.jp 

 中西さんにお会いしてみると、1期6年間の参議院議員の経験からくる安定感を大いに感じました。

 参議院議員になる前に国際金融の最前線で高度の仕事をされてきただけに、経済(特に金融)政策に強い信念を持たれている政策志向の大変に強い方です。


*三浦さんと中西さんのお二人には是非とも当選していただき、神奈川選挙区選出の参議院議員として、大いに活躍をしていただきたいと心から願っております。



3、 比例区【全国区】 (定数48人)への私の対応について


 今回は、候補者(個人)164人が立候補しています。


 私に対しまして、1人の方から支援の要請がありました。


    柴田 巧 (しばた たくみ) さん  (現職、 民進党公認)

      (元 富山県議会議員)

      < 柴田巧 HP   http://shibatatakumi.com  >

 比例区は、候補者の個人名でも政党名でも投票できますので、投票における選択肢は170以上も有ります。

 170以上の選択肢から一つ(個人名もしくは政党名)のみを選んで、投票するのですから、何とも言えない選挙です。

 世界的に見ても、稀な選挙制度だと認識しています。


*比例区では、柴田巧さん(現職1期、民進党公認、元富山県議会議員)お一人から支援の要請をいただきました。 
 私に対して支援要請のあった唯一の候補者ですので、柴田巧さんには是非とも当選をしていただきたいと強く願っています。
 柴田巧さんには、引き続き、参議院議員(比例区選出)として、ご活躍していただきたいと心から願っております。


                (平成28年7月8日 記)




<593> 藤野衆議院議員(共産党・政策委員長)の暴言
★大変に残念です


 藤野保史衆議院議員(日本共産党・前政策委員長)が信じられない暴言をしました。

    (下記の引用をご参照ください。)


 政治家を含め、誰でも、<失言・言い間違い・真意が伝わらない・勘違い>の発言をする事があります。

 しかし、藤野衆議院議員の今回の発言は限度を超えた酷過ぎるものであり、許容されません。


 その後、藤野衆議院議員本人は、発言を取り消し、謝罪をしました。

 さらに、党の役職(政策委員長)を辞職しました。

 また、藤野衆議院議員が所属している日本共産党は、「党の見解とは違う」としているところです。


 <失言・言い間違い・真意が伝わらない・勘違い>の発言については、悪意を持ったものでなければ、寛容に対応することも時には大切ですが、この発言は異常です。

 この発言は、藤野衆議院議員本人にとっても、所属している政党(日本共産党)にとっても大変に残念な事だと想像しますが、それよりも自衛隊員に対してあまりにも無礼な発言であり、さらに言えば全ての国民にとって大変に不幸な発言です。


 大変に残念です。



  *  livedoor ニュース (2016年6月26日 15時30分) 」より *


 < 共産党の藤野保史議員が防衛費を「人を殺すための予算」と発言 >


  26日放送の「参院選特集 政策を問う」(NHK総合)で、日本共産党・中央委員会政策委員長の藤野保史衆議院議員が、日本の防衛費について「人を殺すための予算」と発言し、各党の出演者から訂正を求められた。

 番組では、7月10日予定の参院議員選挙に向けて、9党の政策責任者が社会保障の在り方や憲法改正などをめぐって議論を交わしていた。

 労働者の賃上げについて話題が移ると、藤野氏は、大企業は3年連続で最高益を記録し、内部留保が300兆円も溜まっている反面、個人消費は2年連続でマイナスとなり戦後最悪の状態に陥っていると指摘した。

 藤野氏は、アベノミクスによるこうした結果に対する対策案として、自党の掲げる政策をプレゼンし始める。
 ここで税金の使い方を改めると主張しながら、防衛費が戦後初めて5兆円を突破したことに触れて、「『人を殺すための予算』ではなくて、『人を支えて、育てる予算』。これを優先していく」と発言したのだ。

 この発言に対して、すぐさま自民党・政務調査会長の稲田朋美衆議院議員を筆頭に、他党の出演者から反論の声が挙がった。

 まず、公明党・政務調査会長の石田祝稔(いしだ・のりとし)衆議院議員が発言を問題視して「まず、さっきの(発言)取り消した方がいいですよ。御党のために言っときますよ」と抗議する。
 続いて、おおさか維新の会・国会議員団政務調査会長の下地幹郎衆議院議員も「防衛予算が『人を殺すための予算』というのは訂正した方がいい」と藤野氏に進言。

 さらに、日本のこころを大切にする党・政策調査会長の和田政宗参議院議員も「『人を殺す予算』というのは、私は政治家の発言としてマズいとおもいます」と、それぞれ藤野氏に発言の撤回を求めたのだ。

 しかし、藤野氏は番組中、この発言を訂正撤回することはなかった。

                   (平成28年7月2日 記)




<592> 参議院選挙の対応について ⑤
★神奈川選挙区の対応について


 神奈川選挙区の定数は4人です。

 今回は12人の方が立候補しています。



*私に対しまして、2人の方から支援の要請がありました。


   【支援要請を受けた順に】


1、 
三浦のぶひろ さん  (新人、公明党公認・自民党推薦)

    (元防衛大学校 准教授)

    
★ 三浦のぶひろHP  https://miura-nobuhiro.com   ★


 三浦さんからは、立候補の表明の直後に、挨拶と支援の要請がありました。

 三浦さんは、金属工学の専門家(工学博士)です。

 理系出身の政治家の多くは、医療系(医師・歯科医師・看護師等)か建設系(土木・建築・都市計画等)出身者ですが、三浦さんは金属工学の専門家です。

 また、自衛隊・防衛庁関係出身の方が立候補する場合は自民党からの場合が多いですが、三浦さんは公明党からの出馬です。

 貴重な経歴の持ち主であり、活躍が大変に楽しみな方です。



2、 
中西けんじ さん  (現職1期、無所属・自民党推薦)
 
    (元JPモルガン証券 副社長)

    ★ 中西けんじHP  http://www.nakanishikenji.jp  ★


 三浦さんからの支援要請から少し経って、中西さんからも支援の要請がありました。

 中西さんにお会いしてみると、1期6年間の参議院議員の経験からか、安定感を大いに感じたところです。

 経済(特に金融)の専門家であり、政策志向の大変に強い方です。



★私に対しまして、三浦さんと中西さんのお二人から支援の要請をいただきましたので、三浦さんと中西さんのお二人には是非とも当選していただき、神奈川選挙区選出の参議院議員として、大いに活躍をしていただきたいと心から願っております。

                 (平成28年6月24日 記)




<591> 参議院選挙の対応について ④
★比例区の対応について


  
柴田 巧 (しばた たくみ) さんから、支援の要請をいただきました。

    柴田巧(略歴)・・・・現職1期、民進党公認。 (元)富山県議会議員。


     ★ 柴田巧 HP   http://shibatatakumi.com  ★


 比例区(全国区)の定数は48人。

 今回の選挙では候補者(個人)164人が立候補しています。

 比例区は、候補者の個人名でも政党名でも投票できますので、選択肢は約170有ります。

 約170の選択肢から一つ(個人名もしくは政党名)だけを選んで、投票するのですから、何とも言えない選挙です。

 世界的に見ても、稀な選挙制度です。


 
★比例区では、柴田巧さん(現職1期、民進党公認、元富山県議会議員)お一人から支援の要請をいただきました。 

 柴田巧さんは、私に対して支援要請のあった唯一の候補者ですので、柴田巧さんには是非とも当選をしていただきたいと強く願っています。

 柴田巧さんには、引き続き、参議院議員(比例区選出)として、ご活躍していただきたいと心から願っております。



                   (平成28年6月24日 記)




<590> 参議院選挙の対応について ③
★私の基本方針


 6月22日(水)に、参議院選挙が公示されました。 (投票日は、平成28年7月10日です。)


  
★ 私の参議院選挙への対応について  (私の2つの基本方針) ★


1、私は、いずれの政党にも所属していない<無所属の地方議員>ですので、政党に関係なく・政党ではなく、候補者個人を見て、応援する人を決定しています。

 当然の前の事でありますが、政党に所属する地方議員は所属する政党の公認・推薦候補者を支援する事になります。



2、候補者の方から推薦・支援の要請があった場合のみ、支援するかどうかを検討する。

 これも、当然の事ではありますが、支援の要請が無ければ、支援に関して検討する事はありません。

 すばらしい候補者は沢山いる筈ですが、支援の要請(その候補者との出会い)が無ければ、支援までには発展しません。

 誰からも支援の要請が無い場合は、一人の有権者として、最適だと考える候補者に投票します。


                (平成28年6月23日 記)




<589> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー⑩
定例会 閉会


 6月21日(火)をもって、神奈川県議会の「平成28年 第2回定例会」が閉会しました。

 私にとりましては、本会議での代表質問および常任委員会・特別委員会で委員会質問を行い、慌ただしくも充実した定例会となりました。


 6月22日(水)から7月10日(日)までの期間は、参議院議員選挙ですので、日本の政治の世界は参議院議員選挙一色になるかと思います。

 但し、東京都知事選挙の候補者選考は大変に気になるところです。


*次回の神奈川県議会の定例会は9月に始まります。

 引き続き、神奈川県議会の議論にご関心を下さい。



                (平成28年6月22日 記)




<588> 参議院議員選挙の対応について ②
公開討論会にて候補者を観察してきました


 日本青年会議所が、6月14日(火)夜に横浜・関内ホールで開催した「立候補予定者(神奈川選挙区)公開討論会」に参加しました。

 全ての立候補予定者が参加しての開催であり、候補者を比較できる大変に良い機会となりました。

 主催された日本青年会議所の皆様には心から感謝しているところです。


 各候補者の評価を詳細に書く訳にはいきませんが、一言でいえば、多くの人が予め予想していた通りの結果だと思います。

 私の感想と会場に来られていた方の感想は概ね一致していた様に感じました。



★★★ 但し、実際の選挙では、頭脳明晰だから・政策通だから・専門知識や知性があるから、当選できる訳ではありません。

 これが、選挙の何とも言えないところです。

 実際の選挙の結果はそんな状況ではありますが、そうであっても、私は、政策を中心に政治活動を貫く政策通の方に大いに期待します。

 そうでなければ、現在、国政に課せられている難解な政策課題は解決不能です。


 ここ数回の東京都知事選挙が「知名度競争」の様相を呈していますが、その結果は惨憺たるものです。

 今回の東京都知事選挙を、現在の日本の選挙の実態を見直す絶好の機会にしなければなりません。

                  (平成28年6月19日 記)




<587> 参議院選挙の対応について ①
候補者本人を見つめて対応しています


 参議院議員選挙が、6月22日(水)公示、7月10日(日)投票で、実施されます。


 最近、地元・麻生区の方やマスコミの方から、「今度の参議院議員選挙で、相原さんは、誰を支援するのですか? どの党を支援するのですか?」等の質問を多くいただきます。


<< 相原高広の回答 >>

 私は、ずっと、いずれの政党にも所属していない無所属の地方議員ですので、政党に関係なく、政党ではなく、候補者個人を見て、応援する人を決めています。

 勿論、大前提は、候補者の方から推薦・支援の要請があった場合です。



*私が応援する人について、私のFB(フェイスブック)もしくHP(ホームページ)にて掲載する様にする予定です。

 それ以外で、「私が誰を応援するのか」等の話が出ていた場合は、私の承知していないところですが、確認の一報をいただければ幸いでございます。

                   (平成28年6月18日 記) 




<586> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー⑨
委員会質問


 神奈川県議会の「平成28年 第2回定例会」が進んでいます。

 私の今週(6月13日・月曜日からの週)の議員活動は、委員会での質疑一色でした。


① 6月13日(月)  防災警察常任委員会(安全防災局関係)

  【質問事項】  東日本大震災時の東京電力福島第一原子力発電所事故の影響により県が要した費用の東京電力への損害賠償請求について。

 東京電力との損害賠償協議の遅れの解消や請求額の全額確保について、担当者の対応を強く求めました。


② 6月15日(水)  健康・社会問題対策特別委員会

  【質問事項】  子どもの貧困対策に係る取り組みについて。・・・特に、子どもを取り巻く現状と課題について。

 担当局が提示した統計資料に関しての質問が中心となりました。

 ある程度長い期間のデータの確認の重要性を指摘しました。


③ 6月17日(金)  防災警察常任委員会(警察関係)

  【質問事項】  国際テロ対策について

先日の本会議で警察本部長に質問した内容の続きとなります。

 年齢の若い(30歳代前半か)外事課長さんが的確に答弁されたのが印象的でした。



 今後とも、神奈川県議会の議論にご関心をお寄せ願います。

                    (平成28年6月17日 記)




<585> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー⑧
<本会議・代表質問>報告・・・質問要旨


1 私立大学の県内立地等に関して   <知事>

 大学の立地は、産業立地と同様の地域振興効果があることから、本県においても大学立地による効果を十二分に検証する意義は大きい。
 一方、最近の大学の都心への移転や、国による大都市圏への学生集中の抑制など、今後の本県への影響を注視すべき動きもある。
 県内私立大学の県外移転は地域の大きな損失である一方、県内への私立大学の進出や大幅な定員増は、地域に大きな恩恵をもたらすものである。
 そのため、全ての私立大学に対する支援は必要ないが、県内に新たに進出を考える私立大学や定員の大幅増を考える県内の既存の私立大学に対しては、積極的な支援を行うべきと考えている。
 そこで、首都圏内の私立大学の立地に関係する動きを見据えた上で、本県地域への将来の影響について知事の所見を伺いたい。
 また、県内への進出や大規模な定員増をする私立大学に対する支援策について、今後早急に検討すべきと考えるが、知事の所見を併せて伺いたい。


2 治安問題について   <警察本部長>

 (1)  国際テロ対策について

 国外では、昨年から、フランスでの同時多発テロやベルギーでの連続テロ事件など、依然として厳しいテロ情勢が続いている。
 国内では、9月まで続く関連閣僚会合に加え、3年後にはラグビーワールドカップ決勝が横浜で、4年後の東京オリンピック・パラリンピック競技大会では、セーリング競技の江ノ島開催が決定しており、大規模な国際イベントを無事に開催するためには、更に国際テロ対策を強化する必要があり、国際テロの未然防止のために、関係機関の連携や体制の強化、装備資器材の充実を計画的に行うことが重要である。
 そこで、県警察における国際テロ対策について、所見を伺いたい。

 (2)  オウム真理教問題について

 オウム真理教が引き起こした地下鉄サリン事件から21年が経過した。
 このような悲惨なテロ事件を2度と起こさせてはならないが、教団が新たな信者を獲得し、保有する資産が9億円を突破したとの
報道に接し、教団の勢力拡大に驚きと憤りを感じている。
 一方、県民の間では時間の経過とともに、教団に対する記憶や警戒心が薄れている感があり、再び地下鉄サリン事件のような凶悪な事件の発生が懸念される。
 教団に対する厳正な取締りと教団が過去に起こした凶悪事件の風化防止対策の継続的な推進を強く要望するところである。
 そこで、オウム真理教の現状と対策について、所見を伺いたい。


3 県立高校の入学者選抜の採点ミスについて  <教育長>

 (1) ミスの実態の県民への公表について

 これまでの教育委員会の発表では、殆どの教職員が採点ミスを犯したとの誤解を与えかねない。
 大多数の教職員は採点ミスなく業務を完遂している実態もあるのだから、県民に採点ミスを行った教職員の状況を詳細に伝えるべきである。
 そこで、平成28年度の入学者選抜において採点ミスを行った教職員の職種(職階)別に、全体の人数・採点に関わった人数・採点ミスを行った人数・採点ミスを行った教員の全体に対する割合を報告願いたい。
 また、平成28年度と27年度の入学者選抜の両方で採点ミスを行った教職員はいたのか報告をお願いしたい。
 その上で、その報告内容の詳細に加えて、県立高校毎の教職員の人数・採点に関わった人数・採点ミスを行った人数・採点ミスを行った教員の割合の実態について、教育委員会は明確に公表すべきと強く考えるが所見を伺いたい。

 (2) 答案用紙を廃棄した3校の問題について
 
 平成27年度入学者選抜では定められた保存期間前に答案用紙を廃棄した県立高校が3校あった。
 この問題は今般の入学者選抜での採点ミス問題のうちで最悪の事態であり、最も強く非難されるべきで
ある。
 この3校は事実自体を明らかにすることも一切不可能にした。採点ミスで合格者とすべき受検生を不合格としたことよりも遥かに重大な問題であり、合格者を不合格にしていた可能性もある。この3校の問題については、教育委員会として最も厳しい対応をすべきである。
 そこで、まず、答案を廃棄した3校では、受検生のうち不合格となった生徒に対して丁寧な説明を含めた十分な対応を既に行っているのか報告をお願いしたい。
 その上で、この3校の答案廃棄に関して、廃棄を実行した教職員と管理職への対処、及び一番大切である不合格とされている受検生への対応について、所見を伺いたい。


4 朝鮮学校について   <県民局長>

 (1) 国(文部科学省)からの通知に関して

 学校に関する国からの通知の前半部分に、「朝鮮学校に関しては、我が国政府としては、北朝鮮と密接な関係を有する団体である朝鮮総聯が、その教育を重要視し、教育内容、人事及び財政に影響を及ぼしているものと認識しております。」との記載があるが、都道府県では内容を詳細に把握することが難しい領域であり、内容を詳細に把握できない対象を、本県が担う行政事務の範囲に入れることは避けるべきと考える。
 朝鮮学校に関する行政事務を、国と県のどちらが担うのが最適か、文部科学省と議論を行うべきである。
 そこで、国からの通知の中の前半部分で指摘されている「北朝鮮と朝鮮総聨との関係、朝鮮総聨と朝鮮学校の関係」に関する所見を伺いたい。
 その上で、朝鮮学校については国と都道府県のどちらが担うのが最適な行政事務なのか、文部科学省と率直な意見交換を行うことについての所見を伺いたい。

 (2) 平成28年度に行われると言われている教科書の改訂問題について

 今年度に朝鮮学校の教科書改訂が予定されているが、前回改訂が行われるとされた平成25年度に改訂が実施されなかった事実を踏まえれば、県民局は、前回に行った対応に加えて新たな取組みを実施する必要がある。
 一つの方法としては、全国の朝鮮学校の教科書を作成しているとされる教科書編纂委員会に対して、県が直接要請を行うことである。
 そこで、まず、ここ半年間位の間に、朝鮮学校からの報告等何らかの動きがあったのか報告をお願いしたい。
 その上で、教科書改訂の実現性や自信について、及び、改訂の実現に向けての今後の取組みについて所見を伺いたい。

                   (平成28年6月3日 記)




<584> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー⑦
<本会議・代表質問>報告・・・質問項目





 6月1日(水)に、本会議にて、知事・警察本部長・教育長・県民局長に対して、質問を行いました。


 <質問項目>は、以下の通りです。   *印は答弁者。


1、私立大学の県内立地等に関して   <*知事>

2、治安問題について   <*警察本部長>
 ①国際テロ対策について
 ②オウム真理教問題について

3、県立高校の入学者選抜の採点ミスについて   <*教育長>
 ①ミスの実態の県民への公表について
 ②保管期限前に答案用紙を廃棄した3校の問題について

4、朝鮮学校について   <*県民局長>
 ①国(文部科学省)からの通知について
 ②今年度・平成28年度に行われると言われている教科書の改訂問題について


 引き続き、神奈川県政の発展の為に、神奈川県議会議員の立場から、取り組んでまります。


                   (平成28年6月2日 記)




<583> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー⑥
本会議・委員会での本格的な議論に入っていきます


 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」は、来週(5月30日から始まる週)から、<本会議での代表質問と一般質問>、その後は、<8つの常任委員会と4つの特別委員会での質疑>を実施します。

 本格的な議論に入ります。

 何卒、神奈川県議会の議論にご関心をお寄せ下さい。

                  (平成28年5月29日 記)




<582> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー⑤
「質問状」等への私の基本的な対応方針について


  <日本共産党・神奈川県議会議員団に関わる問題>に関する質問状への対応は基本的に終了しました。


 全く見ず知らずの方から、質問状等が、電子メール・FAX・電話・郵便等で送られてくる事があります。

 多くは、「氏名・住所が書かれていない物」・「質問状の形式を借りた抗議文や嫌がれせの文書」・「回答期限が理由も示されずに一方的に設定されている物」です。

 最近では、電子メールによる物が圧倒的に多いです。


 これに対する私の基本方針は、過去に偽の氏名や偽の住所で送付されてきた質問状が何回もあった事を踏まえまして、
 第一段階として、以下の様な対応をしています。

  「①氏名・住所を明記して郵便で送付する様に連絡する事。」

  「②回答期限を設定する場合は、その理由を明記する様に連絡する事。」

  「③不正や郵便物の不着を防ぐ為に、出来る限り、書留で送付する様に連絡する事。」等です。


 今般の<日本共産党・神奈川県議会議員団に関わる問題>でも、約10通の物が私へ送られてきました。

 私からの連絡が可能と思われるものについては、上記の私の基本方針を伝えたところです。

 その結果、数通、郵便により、私への質問状が送付されてきました。

 それに対しては、私なりの回答を記して、簡易書留郵便もしくは宅配便にて、送付をいたしました。

 私が回答を送った中で、1人の方からだけでしたが、<御礼>のメッセージが届きました。


 <日本共産党・神奈川県議会議員団に関わる問題>に関しての質問状への対応については、先週位から質問状等が送られてくる事が無くなった事。
 並びに、回答を簡易書留で送ったところ、宛先の氏名と住所の書き間違いがないのにかかわらず、「宛所に尋ねあたりません」との理由で郵便物が戻り大変にがっかりさせられた事から、対応を既に終了といたしました。 


 私は、<議員と有権者による対話>を大変に重要と考えております。

 そして、これを成立するためには、議員と有権者がお互いに基本的で常識的な態度が必要です。

 今後も、全く見ず知らずの方からの質問状への対応につきましては、引き続き、上記の<私の基本方針>通りに、対応して参ります。

 
                    (平成28年5月28日 記)




<581> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー④
「問責決議」が議決(成立)しました


 「日本共産党神奈川県議会議員団の議会運営に対し猛省を求める決議」が、議決されました<成立>。


 「自民党」・「かながわ民進党(旧民主党で構成)」・「公明党」・「県政会(私が所属している無所属の会派)」・「県進会(旧維新の党所属議員が中心となり構成)」・「わが町」・「神奈川絆の会」の7会派の賛成により、5月16日(月)に、「日本共産党神奈川県議会議員団の議会運営に対し猛省を求める決議」が、成立しました。

 なお、「神奈川ネットワーク運動」の所属議員(1人)の方は、採決の際、本会議場を退席されました。



  ★ 決議の内容は以下の通りです。★


   日本共産党神奈川県議会議員団の議会運営に対し猛省を求める決議


 日本共産党神奈川県議会議員団は、本県議会における交渉団体として、議会運営を担う責任ある立場の会派であるにもかかわらず、本会議や委員会での誤った又不適切な発言など議会運営を停滞・混乱させる様々な事態を引き起こしてきた。

 このことに対して、同議員団が自主的に議会運営委員会委員を交替したほか、代表質問の辞退や、個別の事態に対する謝罪の表明を行った。こうした行為を会派としての反省と受け止め、本年3月22日、議会運営委員会委員長が、議会運営を正常に戻し、議会の役割をしっかりと果たすため、それまでの経緯、協議内容を総括することにより、一応の事態の収拾を見たところである。

 しかしながら、その直後の本会議での討論において賛否の表明を誤ったほか、同議員団議員が自身のブログに不適切な内容を掲載するなど、議会運営に携わる交渉団体としては、不適格と言わざるを得ない事態を引き起こした。

 同議員団が原因となり、これ以上議会運営が混乱することは、県政に対するチェック機能、政策提言等、本県議会がその役割を十分に果たすことに支障を来たすものであり、伝統と権威ある本県議会として甚だ遺憾である。

 よって神奈川県議会は、同議員団に対し、交渉団体として重い責任を持つ会派であることを十分自覚し、その責務をしっかりと果たすことを求める。また、同議員団は、議会運営を混乱させてきたことを重く受け止め、再度このような事態を招いたときは、交渉の権利を有する団体の立場を辞する覚悟を持って議会運営に臨むとともに、これまで引き起こしてきた事態について猛省するよう求めるものである。

 以上のとおり決議する。

      平成28年 5 月16日    神 奈 川 県 議 会




  ***  参考資料 (新聞報道の一部)  ***

  この問題に対する理解を深めるための参考資料になればと願い、掲載いたします。

  『神奈川新聞』(平成27年7月15日)、 『神奈川新聞』(平成28年1月13日)、 『神奈川新聞』(平成28年2月9日)、 『朝日新聞』(平成28年2月9日)、 
 『東京新聞』(平成28年2月9日)、 『読売新聞』(平成28年2月9日)、 『神奈川新聞』(平成28年3月23日)、 『神奈川新聞』(平成28年4月16日)、 
 『神奈川新聞』(平成28年5月13日)、 『朝日新聞』(平成28年5月13日)、 『産経新聞』(平成28年5月14日)、 『東京新聞』(平成28年5月14日)、
 『毎日新聞』(平成28年5月17日)、 『東京新聞』(平成28年5月17日)。

 お時間がございます時に、是非、お読み下さい。


                    (平成28年5月20日 記)




<580> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー③
「問責決議(案)」が提案されました


 <日本共産党 神奈川県議会議員団>に対して、猛省を求める「問責決議(案)」が、5月16日(月)提案されました。


 決議案の提出会派は、「自民党」・「かながわ民進党(旧民主党で構成)」・「公明党」・「県政会(私が所属している無所属の会派)」・「県進会(旧維新の党所属議員が中心となり構成)」の5会派です。

 提出された決議案に対して、本会議にて、「提案説明」が自民党からあり、その後、共産党の「反対討論」、さらに、民進党・公明党・県政会・県進会の「賛成討論」が有りました。  

 「県政会」では、私(相原高広)が賛成討論を行いました。





★5月16日の本会議で行った私(相原高広)の賛成討論の内容(正式なものではありません)は、概ね以下の通りです。

 私の正式な発言内容は、唯一、神奈川県議会が発行する会議録に記録されているもののみです。

 ですので、私の正式な発言内容は、神奈川県議会が発行する会議録にてご確認下さい。



   << 相原高広の発言内容 ー概略ー  (公式なものではありません) >>


 議長のお許しをいただきましたので、私は、県政会神奈川県議会議員団を代表して、「日本共産党神奈川県議会議員団の議会運営に対し猛省を求める決議(案)」に対して、賛成の立場から、討論いたします。
 既に、提案会派の全てを代表して自由民主党の長田進治議員から的確な提案説明が有りました。
 ですので、私からは、補足的に幾つかの観点から意見を述べるものであります。

 決議案の冒頭の段落にあります通り、日本共産党神奈川県議会議員団の所属議員から「本会議や委員会での誤った又は不適切な発言」が多数発せられた訳でありますが、その一番初めは「県民企業常任委員会」での「水ビジネスの可能性や海外展開の調査、民間企業の支援策の模索は、県民福祉の向上につながるとは言えません。」旨の問題発言でした。
 私はこの発言に関する報告を受けた時に、大変な衝撃を覚えました。
 「県民福祉の向上にはつながらない」、言い換えれば、「あなたの意見は意味がない。」と、県民から正当な選挙により選出された、まさに県民福祉の向上の為に存在している議員に向かって言ったという事であります。
 議員の発言に対して、強い批判や厳しい指摘を加えるのは全く否定しませんが、県民の代表である議員の発言を全否定する事などは到底許されるものではありません。
 「県民企業常任委員会」の委員である、「自民党の竹内議員、小川議員、国松議員、新井議員、神倉議員、川崎議員。現在の民進党の髙谷議員、早稲田議員、中村議員。公明党の佐々木議員。現在の県進会の藤間議員、そして我が会派の楠議員」の強い憤りが十二分に伝わるところであります。12人の議員の先生方が被った莫大な不快感は永遠に消え去らないとも推測いたします。
 日本共産党神奈川県議会議員団に対して、県民の代表である県議会議員の発言に向き合う際の最低限かつ初歩的な態度を習得する事を強く求めておきたいと思います。
 また、この日本共産党神奈川県議会議員団の所属議員の発言は、勉強不足から来ているとも想像しています。該当の議員には、水ビジネスの過去と現状そして将来の可能性に関して十二分な知識や認識があったとは思えません。十分な理解が無い故に他者の発言の意味を完全に理解出来ない事から生まれた乱暴な発言とさえ感じます。

 県民福祉の向上の為に存在している議員の発言には、必ず、学ぶところ・得るものが有ります。
 私は、平成7年4月に神奈川県議会議員になりましたが、既に勇退された諸先生から、また、今日も議席を有しておられる久保寺議員、中村議員、堀江議員、牧島議員、松田議員、国吉議員の先輩議員の方々から、また、初当選が同じであり同期生とも言えます竹内議員、持田議員、はかりや議員、高谷議員、さらには、後輩議員の先生方の発言から、大いに学ばせていただいており、心から感謝しているところでございます。
 そもそも、県民福祉の向上の為に存在している議員の発言を全否定する様な言動を取れるのは、勉強不足により、一つ一つの議員の発言の意味や価値を完全に理解出来ていないからであります。
 私は、過去に、日本共産党所属の神奈川県議会議員の中に、高度な専門知識を有する優秀な議員がいたと記憶しています。私とは政治的立場が大きく異なり個人的な付き合いは皆無でありましたが、そうであっても、間違いなく学ばせていただいたと記憶しています。
 日本共産党神奈川県議会議員団には、現時点では他会派の議員からとまでは敢えて言いませんが、先ずは、自分達の会派の過去の優秀な先輩に学び、少しでも追い付ける様に研鑽する事を強く求めておきたいと思います。
 自己研鑽が不十分と断定せざるを得ません。

 次に、決議案の第2段落と第3段落にありますが、「同議員団が自主的に議会運営委員会委員を交替したほか、代表質問の辞退や、個別の事態に対する謝罪の表明を行った。こうした行為を会派としての反省」と、私共は受け止めましたが、残念ながら、その後の日本共産党神奈川県議会議員団の言動をみますと、実は反省してはいなかったのではと感じるものであります。
 反省すべき時に、十二分に反省しないと、同じ過ちを繰り返すだけの事であります。
 今後、日本共産党神奈川県議会議員団の所属議員が問題ある発言・行動を更に累積させれば、それに対する批判も益々厳しくなるのは必然であります。

 決議案の終わりに、「再度このような事態を招いたときは、交渉の権利を有する団体の立場を辞する覚悟を持って」と有りますが、「再度このような事態」が発生すれば、これまで以上の厳しい対応がなされるのは当然であります。
 日本共産党神奈川県議会議員団には十分な自己反省を求めるものです。

 さらに、加えて、申し述べたいと思います。
 この1年間に日本共産党神奈川県議会議員団が引き起こした問題を、もし仮に、他会派の議員が行うとすれば、会派自ら、それ以前にその議員が、言い訳などする事なく、厳しい対応を自ら進んで課すのは間違いありません。
 「もし他会派ならば、どの様に対処するのか」について、謙虚に思慮する事が日本共産党神奈川県議会議員団には求められます。
 日本共産党神奈川県議会議員団においては、他者に対して厳しく対峙するのは自由でありますが、自らへも同次元の厳しさを課す事が必要であります。


 最後に、本決議案の提案に至るまで、及び、本日の採決に至るまでの神奈川県議会を取り巻く環境について、さらに、それに対する議員の覚悟について申し述べたいと思います。

 数週間前から、県議会の私共の会派の控室と会派所属議員の事務所へ、電話・FAX・電子メール等が多数来ています。
 形式的には一応は質問書の形を装っているものの、批判の為の文書が大分部でした。
 しかも、その大部分は、最低限の礼儀を満たしていない、差出人の氏名と住所が書かれていないものであり、大変に残念に感じるところです。

 さらに、ここ数日は、形式的にも内容的にも、全く理解不可能な物ばかりが送られてきます。
 他会派の議員も同じ様な状況と伺っております。

 県政会の控室と私の事務所に、一昨日までの時点で、2枚の同じFAXが送り付けられて来ました。

 一つの中には、次の事が書かれています。   (注)FAXの内容の一部をそのまま読み上げる。

 「民主主義を思い出せ 決議は撤回!  賛成した議員の連絡先はネットで公開予定です」

 もう一つの中には、次の事が書かれています。  (注)FAXの内容の一部をそのまま読み上げる。

 「質問封殺を議決  可決されたら ここにあなたの名前を入れて 神奈川県のほか全国で配布します」

 これを受け取った議員の中には、「恫喝」や「脅迫」等と感じた方がおられたと聞いております。
 誠に遺憾であります。


 良識ある神奈川県議会議員の皆様に申し上げます。

 送りつけられて来たFAXによりますと、この決議に賛成すると、「賛成した議員の連絡先はネットで公開予定」だそうです。この決議が可決されたら、「賛成議員の名前を入れて神奈川県のほか全国で配布」するそうです。
 これらの事も踏まえまして、本決議案に対して、良識ある神奈川県議会議員のうち、責任ある議会運営の実現に対して確固たる信念がある議員の皆様が堂々と賛成されますことを心から期待するものであります。

 以上、意見を申し述べまして、「日本共産党神奈川県議会議員団の議会運営に対し猛省を求める決議(案)」に対して、県政会神奈川県議会議員団として、志を持って、賛成するものであります。

 ご清聴、誠に有難うございました。

                 (平成28年5月20日 記)




<579> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー②
「第2回定例会」進行中しています


 「平成28年 第2回定例会」を、現時点で、内容的に3区分するとすれば、以下の様になるかと思います。...
 
①議会運営上の問題(主に、いわゆる「共産党に関する問題」)への対応。
 
②平成28年度の議会内の人事。
 
③<本会議と委員会での当局との議論>と<提出議案に対する議会としての決定>。
 
 
*現在、定例会の最中であり、時間の余裕は十分にありませんが、今後、「平成28年 第2回定例会」の状況について、適時、私のHPやfacebookにて報告をさせていただきます。
                 (平成28年5月18日 記)




<578> 神奈川県議会「平成28年 第2回定例会」ー①
5月11日から6月22日までの予定で開催


 明日・5月11日(水)から6月22(水)までの予定で、「神奈川県議会 平成28年 第2回定例会」が開催されます。

 新年度・平成28年度の最初の定例会になります。

 どうぞ、神奈川県議会の議論に関心をお寄せ下さい。

                  (平成28年5月10日 記)




<577> 「平成28年熊本地震」への神奈川県の対応について
★5月に入り、先ずは、一にも早く落ち着く事を強く願っています


 月が変わり5月となりましたが、余震が続いている状況です。

 余震が続いている中では、地震への対応に大きな困難が伴います。

 熊本市内在住の友人(大学時代の同級生)から入って来る話を聞き、大変に心配になります。


 先ずは、余震が1日でも早くおさまり、落ち着いていく事を強く願っています。


 実際には、熊本県内・大分県内の現地では、考えられる全ての対応が同時進行で行われているのだと思います。

 全ての対応が、何とか、上手く進むことを強く願っているところです。



 「平成28年熊本地震」に対する神奈川県の取り組みは以下の通りです。


 *現時点(5月1日時点)での神奈川県の取り組みにつきましては、<神奈川県のホームページ(下記)>にて、ご確認をお願いいたします。

        http://www.kanagawa.pref.kanagawa.jp/cnt/f534547/

                    (平成28年5月1日 記)




<576> 「平成28年熊本地震」への神奈川県の対応
★黒岩祐治知事を先頭に全力で対応いたします


 「平成28年熊本地震」に対して、神奈川県として、黒岩祐治知事を先頭に全力対応して参ります。


  *現時点(4月24日時点)での神奈川県の対応につきましては、<神奈川県のホームページ(下記)>にて、ご確認をお願いいたします。

        http://www.kanagawa.pref.kanagawa.jp/cnt/f534547/

                   (平成28年4月24日 記)




<575> 広聴活動の充実
★今後とも<ミニ県政報告会>を開催してまいります


 本日、今年度・平成28年度では最初の<ミニ県政報告会>を開催しました。

 私は、神奈川県議会議員の活動として、<広聴活動>を大変に重要と考えております。

 引き続き、麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく広聴活動を、<ミニ県政報告会>の開催を含めて、様々な方法で実施して参ります。


 <ミニ県政報告会>の開催案内につきましては、このHPの「イベント・会合のお知らせ」のページ等で、ご案内をいたします。

 是非、ご参加の程を宜しくお願いいたします。

                  (平成28年4月13日 記)




<574> 神奈川県政について話をしませんか?
★今年度最初の<ミニ県政報告会>開催


 このHPの<イベント・会合のお知らせ>のページで既にご案内をしておりますが、明日・4月13日(水)に、<ミニ県政報告会>を開催いたします。

 今年度・平成28年度の最初の<ミニ県政報告会>の開催です。

 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願い、開催いたします。


 私は、神奈川県議会議員の活動として、<広聴活動>を大変に重要と考えております。

 引き続き、麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく広聴活動を、この<ミニ県政報告会>の開催を含めて、様々な方法で実施して参ります。


 今回は平日の開催となります。

 年度末と年度初めは、各種団体の会合等が多く土曜日・日曜日に会場を確保することが難しく、今月・4月は平日の午後・夜間の開催となります。

 ご理解の程を宜しくお願いいたします。



<ミニ県政報告会>開催日時・場所

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  4月13日(水) 午後1時30分より   新百合21  第1研修室にて
  4月13日(水) 午後2時45分より   新百合21  第1研修室にて
  4月13日(水) 午後4時より   新百合21  第1研修室にて
  4月13日(水) 午後5時15分より   新百合21  第1研修室にて
  4月13日(水) 午後6時30分より   新百合21  第1研修室にて
  4月13日(木) 午後7時45分より   新百合21  第1研修室にて


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。

 *開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。
   (但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)

 * 途中退出も構いません。

                       (平成28年4月12日 記)




<573> 激烈な政治の年度・平成28年度の始まり
4月12日(火) 衆議院議員補欠選挙 告示



 激烈な政治の年度・平成28年度の始まりは、4月12日(火)に告示される衆議院議員補欠選挙です。

 投票日は4月24日(日)。

 実施される選挙区は、北海道第5区と京都府第3区の2つ。


 両選挙区とも、共産党が候補者を擁立しない事が大きな注目点です。

  <いわゆる野党統一候補>の形が出来上がってきています。


 共産党は公認候補者の擁立を取り止めて、北海道第5区では <いわゆる野党統一候補>を支援。

 京都府第3区では、自主投票(自主投票は結果的には<いわゆる野党統一候補>に共産党の票が流れると予測されます)との事です。


 また、現在、7月の参議院議員選挙の地方区のうち1人区の選挙区での野党統一候補の擁立が進んできています。

 野党統一候補成立の行方の最大ポイントは、先日結成された「民進党(民主党+維新の党+その他の国会議員)」と「共産党」との協力度合いです。


 安倍総理がしばしば言及されている「自公VS民共」の構図になってきています。

 一連の流れは、選挙対策のための野党結集の側面は十分にありますが、同時に、国の政治の根幹の課題(憲法問題、安全保障問題等)での対立の構図と合致しています。

 私は、この対立を、自然かつ当然のものと考えています。

 「与党=自公を中心とする勢力」と「野党=民進党を中心とする野党勢力」の対立は、政治理念的に当然のものであり、選挙を通じて国民の前で真正面から政策論争を行い激しくぶつかり合う事を強く期待しています。

 憲法問題や安全保障問題は国の根幹ですので、この問題で激しい熱い論争が生まれなければ、国政は本来の役割を放棄したのと同じであり、国政は私利私欲で動いているのかと疑ってしまいます。


 選挙は議員の任期が来れば自動的に行われます。
 (参議院議員の任期は6年。衆議院議員の任期は4年で、解散がある。)

 ですので、選挙の時期によっては、大きな争点がない場合がありますが、今度の国政選挙は違います。

 今度の<衆議院議員補欠選挙(2選挙区で実施、今月4月実施)>、<参議院議員選挙(今年7月実施)>、<衆議院総選挙(時期は未定、衆参ダブルの可能性も有り)>が激しい選挙にならない様では話になりません。

                
  (平成28年4月10日 記)




<572> 激烈な政治の年に
意義ある激しい政治対立を期待して


 今年度・平成28年度は、「4月に衆議院の補欠選挙(2選挙区)が実施される事、7月には参議院議員選挙が実施される事、衆議院の解散が現実の話になっている事、野党の結集が焦点になっている事、憲法改正が話題に上がっている事」等から、熱い政治の年になるのが必至です。

 神奈川県議会において国政の動向による影響が出ると考えられます。



 国政では激しい政治対立の一年度になると間違いなく予測出来ます。

 神奈川県政にも一定の影響が出る筈です。

 意義のある政治対立には全力で臨むべきであり、意義の無い政治対立は避けるべきです。


 現在の「安保法制」・「立憲主義」・「憲法9条」・「憲法改正」等の議論は、政治の最も根幹ですので、激しい政治対立が生まれて当然です。

 「与党」・「野党」・「全ての政党」が立場を明確にした上で、全力で激しく意義深い政治対立を展開する事を強く願っています。

 国の根幹に関わる重大課題で、「与党」と「野党」が真正面から激しく対決するのは政治のあるべき姿であります。

 そうでなければ、「馴れ合い政治」です。

 対立すべき重要な政治課題で激しく対立しないので、スキャンダル等の追及だけに熱心になるのでは残念な話です。

 スキャンダル等の追及を激しく行うことに意義はありますが、国の根幹にかかわる政治課題で熱く語らない様では国会議員ではありません。


 意義のある烈々な政治対立から、日本の政治が更に発展すると強く確信しています。


                  (平成28年4月9日 記)




<571> 平成28年度も宜しくお願いいたします
4月11日(月)から議会運営委員会等 スタート


 神奈川県議会の平成28年度の公式会議は、4月11日(月)の午前10時からの「団長会」・午前10時30分からの「議会運営委員会」から始まる予定です。
  (勿論、議会内の打ち合わせ・会議は頻繁に実施されています。)

 「団長会」は、国政における「民主党」と「維新の党」と「両党以外の国会議員」により結成された「民進党」の発足に伴い、神奈川県議会における「民主党」系・「維新の党」系の会派の名称変更の件、及び、その他の議題での開催予定です。


 本年度・平成28年度も、神奈川県議会議員の立場から、神奈川県政の発展に全力で取り組んで参ります。


 引き続き、平成28年度もご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

                  (平成28年4月8日 記)




<570> 地元・麻生区の桜 満開
麻生川桜まつり(4月2日) 開催


 ◆  < 麻生川桜まつり (麻生観光協会 主催) >にて ◆







                   (平成28年4月3日 記)




<569> 『神奈川県議会レポート  第6-②号』 発行
現在、配布しております


 『神奈川県議会レポート 第6-②号』の印刷が今月後半に完了しましたので、配布をしております。


 麻生区の皆様には、新聞各紙とタウン紙『マイタウン』への折り込み等の方法で、配布いたします。

 是非、お読みをいただきまして、ご意見・ご感想をお願いいたします。


 今任期(6期目の神奈川県議会議員)に入り発行する第2号のレポートです。


 「活動報告をするのは議員の責務」と考えております。

 資金力の問題等もあり十分とはいきませんが、今後とも、可能な範囲で最大限の活動報告を実施して参ります。
                   (平成28年3月31日 記)



<568> <ミニ県政報告会>のご案内 (再告知)
★開催時間が一部変更となります


 明日・3月31日(木)に開催する、<ミニ県政報告会>の開催時間を、下記の通りに、一部変更させていただきます。


 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願っておりますので、ご参加を心よりお待ちしております。



<ミニ県政報告会>開催日時・場所

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  3月31日(木) 午後1時30分より   新百合21  第2研修室にて
  3月31日(木) 午後2時45分より   新百合21  第2研修室にて
  3月31日(木) 午後4時より   新百合21  第2研修室にて
  3月31日(木) 午後5時15分より   新百合21  第2研修室にて


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。
  開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
  途中退出も構いません。
                       (平成28年3月30日 記)



<567> 神奈川県政について話をしませんか?
★<ミニ県政報告会>開催のご案内


 3月31日(木)に、<ミニ県政報告会>を開催いたします。

 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願い、開催いたします。


 私は、神奈川県議会議員の活動として、<広聴活動>を大変に重要と考えております。

 引き続き、麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく広聴活動を、この<ミニ県政報告会>の開催を含めて、様々な方法で実施して参ります。


 今回は平日の開催となります。

 年度末の3月と年度初めの4月は、各種団体の会合等が多く土曜日・日曜日に会場を確保することが困難なので、今回は平日の午後・夜間の開催となります。

 ご理解の程を宜しくお願いいたします。



<ミニ県政報告会>開催日時・場所

   <開催日>    <開始時間>        <開催場所>
  3月31日(木) 午後1時30分より   新百合21  第2研修室にて
  3月31日(木) 午後2時45分より   新百合21  第2研修室にて
  3月31日(木) 午後4時より   新百合21  第2研修室にて
  3月31日(木) 午後5時15分より   新百合21  第2研修室にて
  3月31日(木) 午後6時30分より   新百合21  第2研修室にて
  3月31日(木) 午後7時45分より   新百合21  第2研修室にて


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。
  開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
  途中退出も構いません。
                       (平成28年3月27日 記)



<566> 『神奈川県議会レポート 第6-①号』 発行
現在、配布中です


 『神奈川県議会レポート 第6-①号』の印刷が今月前半に完了しましたので、現在、配布をしております。


 麻生区の皆様には、新聞各紙とタウン紙『マイタウン』への折り込み等の方法で、配布させていただきます。

 是非、お読みをいただきまして、ご意見・ご感想をお願いいたします。


 今期(6期目の神奈川県議会議員)に発行する最初のレポートとなります。


 「活動報告をするのは議員の責務」です。

 資金力の問題等もあり、十分とはなりませんが、可能な範囲で最大限、活動報告を継続的に実施して参ります。
                   (平成28年3月26日 記)



<565> 「平成28年 第1回定例会」 終了
知事の提案した予算等の議案が成立


 定例会最終日の3月24日(木)、知事から提案された議案等の採決が行われました。

 主要な議案は来年度・平成28年度の当初予算であり、賛成多数で予算が成立しました。

 4月からは、県民福祉の向上の為に、成立した予算を執行=個々の事業を進めていくことになります。

 予算が成立しましたので、各事業の資金は確保されましたが、事業の執行内容の細部も大変に重要です。

 今後は、予算額の範囲で、最大の効果を上げるように事業を進めて行くことになります。
                  (平成28年3月25日 記)



<564> 「平成28年 第1回定例会」 報告(委員会審議)
県立高校ー入学選抜での大量採点ミス


 私は、3月3日(木)・3月7日(月)・3月17日(木)に「文教常任委員会」にて、3月8日(火)に「行財政改革・地方分権特別委員会」にて、質疑を行いました。


 この定例会の主要な議案は来年度の当初予算ですので、どの常任委員会でも予算案に対する質疑が中心になりますが、「文教常任委員会」では予算案に対して以上に、<多くの報道がありましたので、ご承知の方も多いかと思いますが>、神奈川県の県立高校で過日行われた入学選抜での多数の採点ミス問題(本来ならば合格者を不合格にしていた事も含む)が、特に関心が集まったテーマとなりました。

 大変に残念な事態になっています。

 この問題は、3日間の文教常任委員会の質疑だけでは済まず、さらに、3月22日に「文教常任委員会調査会」を開催して議論を行ったところです。

 委員会と調査会では、私の立場から考えたことは一通り指摘をしました。


 ただし、この問題は、未だ未だ、収束という訳にはいきません。

 引き続きの厳しい議論が必要です。
                 (平成28年3月24日 記)



<563> 「平成28年 第1回定例会」
現在、委員会審議を行っています


 現在、神奈川県議会の方は、委員会での審査を行っています。

 私は、3月3日(木)と3月7日(月)に「文教常任委員会」にて、3月8日(火)に「行財政改革・地方分権特別委員会」にて、質問を実施する予定です。

 どうぞ、引き続き、神奈川県議会の議論に強いご関心をお願い申し上げます。
                   
 (平成28年3月2日 記)



<562> 「新春の集い・賀詞交歓会」 終了
今年の新春の集いが全て終了しました


 ご招待をいただいておりました<新春の集い・賀詞交歓会>が、2月28日(日)で全て終了いたしました。

 締めは、同じ会派(「県政会 神奈川県議会議員団」)の高橋延幸議員(足柄下郡=箱根町、湯河原町、真鶴町の3町の選出)の後援会の新春の集いでした。

 大変に盛り上がった素晴らしい新春の集いでした。





                   (平成28年2月29日 記)



<561> 「平成28年 第1回定例会」 進行中
委員会で質疑を行う予定です


 2月15日(月)から始まりました「神奈川県議会 平成28年 第1回定例会」は、今週(本日・2月19日まで)は本会議での代表質問を実施、来週は本会議での一般質問が行われます。


 私は、今定例会では、「文教常任委員会」(開催予定日=3月1日・3日・7日・17日)と「行財政改革・地方分権特別委員会」(開催予定日=3月8日)にて、質疑を予定しています。


 どうぞ、神奈川県議会の議論に強いご関心をお寄せ下さい。
                    (平成28年2月19日 記)



<560> 神奈川県議会 平成28年 第1回定例会
2月15日から3月24日までの予定で開催


 2月15日(月)から3月24日(木)までの予定で、「神奈川県議会 平成28年 第1回定例会」が開催されます。

 今回の定例会の最大の議題は、神奈川県の来年度・平成28年度の当初予算です。

 どうぞ、神奈川県議会の議論に関心をお寄せ下さい。



 *現在、神奈川県庁は、議会の入っている新庁舎を含め、建物の大規模修繕を実施中です。

  議会を傍聴するのには不便をおかけいたしますが、何卒、神奈川県議会の議論にご関心をお寄せ下さい。


    

                  (平成28年2月14日 記)



<559> 神奈川県立近代美術館・鎌倉館 観覧
日本で最初の公立近代美術館ー明日・閉館


  【神奈川県立近代美術館<鎌倉館>】を観覧。

 (今週) 明日・1月31日(日)をもって、長い歴史に終止符を打ち閉館する【神奈川県立近代美術館<鎌倉館>】を観覧しました。

 閉館の決定までには県議会内を含めて様々な議論があり、関心がありましたので、長い歴史を閉じる直前の今週、念願の観覧をしました。


 観覧券(一般、1000円)購入の為の長い列には大変に驚きました。(下記の写真通りです。)

 関心の高さが窺われます。

 明日の日曜日(1月31日)で長い歴史を閉じます。

 週末、お出かけされてはいかがでしょうか。





        【神奈川県立近代美術館<鎌倉館>】

 鎌倉市雪ノ下の鶴岡八幡宮境内に建つ<神奈川県立近代美術館の鎌倉館>は、日本で最初の公立近代美術館として1951年に開館しました。

 建物の設計は、20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエの愛弟子、坂倉準三(1901-1969)によるものです。

 八幡宮の歴史的な環境と見事に調和したその建物は、日本の近現代建築の代表として国際的にも有名なものです。

                    (平成28年1月30日 記)



<558> 私事でございますが・・・
昨日(1月22日)、52歳になりました


 昨日(平成28年1月22日)で、52歳になりました。


 今日まで、お世話になった全ての方に、心から感謝申し上げます。

 これからも、どうぞ、宜しくお願い申し上げます。


 52歳の年も頑張って参ります。

 今後ともご指導の程を宜しくお願い申し上げます。
                    (平成28年1月23日 記)



<557> 平成28年の神奈川県議会の会議が始まります
気を引き締めて、議会活動に臨みます


 平成28年の神奈川県議会の会議が、連休明けの1月12日(火)から始まります。


 初日の1月12日(火)には、団長会・議会運営委員会等が開催されます。


 気を引き締めて、議会活動に臨んで行く決意です。
                  (平成28年1月11日 記)



<556> 新年賀詞交歓会には可能な限り参加いたします
神奈川県政に対する率直なご意見をお聞かせ下さい


 毎年、1月には、各種団体の式典(新年賀詞交歓会・新春の集い等)が多く開催されます。

 今年は、今日・1月4日(月)から、各種団体の式典や新年賀詞交歓会・新春の集いが各地で開催されます。

 多くの皆様とお会いする貴重な機会となりますので、都合がつく限り出来るだけ参加する様にいたしております。

 お会いしました際には、是非、神奈川県政に対する率直なご意見をお聞かせ下さい。
                 (平成28年1月4日 記)



<555> 謹賀新年
★平成28年も宜しくお願いいたします


 新年、あけましておめでとうございます。

 昨年中は大変にお世話になりまして誠に有難うございました。

 何卒、本年もご指導の程を宜しくお願い申し上げます。
                (平成28年1月1日 記)



<554> 平成27年の活動 終了
★一年間本当に有難うございました


 基本的に、12月28日(月)をもって、年内の仕事を終了しました。

 年末・年始は、各種の連絡の確認や対応がある為に完全な休みという訳にはいきませんが、基本的には、昨日・12月28日(月)をもって、平成27年内の活動は終了いたしました。


 今年・平成27年4月には、4年に一度の神奈川県議会議員選挙が実施されました。

 今年は、神奈川県議会議員としての<4年間の任期の終了の年>であり<4年間の任期の開始の年>でもあり、大変忙しい一年となりました。


 今年一年、大変にお世話になりまして、本当に有難うございました

 心から御礼申し上げます。



  ◆◆ 神奈川県庁 仕事納め・御用納め ◆◆

 昨日・12月28日(月)は、神奈川県庁の仕事納めでした。

 神奈川県庁(本庁舎)玄関では、28日までに、<かなテクカレッジ東部(神奈川県立東部総合職業技術校)の造園コース>で作られた素晴らしい門松の飾りつけが完了しています。






 どうぞ、良い年末、そして、お正月をお迎え下さい。

                 (平成27年12月29日 記)



<553> 実質的に年内最後の議員活動
★12月27日に<ミニ県政報告会>を実施します


 私自身が企画して実施する年内最後の議員活動は、12月27日に開催します<ミニ県政報告会>です。

 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願いながら、開催いたします。


 私は、神奈川県議会議員の活動として、<広聴活動>を大変に重要と考えております。

 引き続き、麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく広聴活動を、この<ミニ県政報告会>の開催を含めて、様々な方法で実施して参ります。



 尚、神奈川県庁を含め役所は、12月28日(月)が年内の業務の最終日となります。

 私は、12月28日(月)は、神奈川県議会「県政会」控室にて、数時間、事務処理の仕事をする予定です。




    <ミニ県政報告会>のご案内

  <開催日時>   <開始時間>       <開催場所>
  12月27日(日) 午後1時15分より   新百合21  第2研修室にて
  12月27日(日) 午後2時30分より   新百合21  第2研修室にて
  12月27日(日) 午後3時45分より   新百合21  第2研修室にて


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。
  開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
  途中退出も構いません。
                       (平成27年12月25日 記)



<552> 本会議・代表質問 報告 (その9)
★小冊子「質問と答弁の要旨」を作成しました



 私は、神奈川県議会議員としての最重要職務の一つであります<本会議・質問>を実施した際には、出来限りの方法を用いて、県民の皆様にその内容を報告する事にしております。

 しかしながら、経費の都合で詳細な報告が困難なことから、詳しい内容をご希望される方向けに、小冊子(「質問と答弁の要旨」)=(A4サイズで15ページ前後)を作成しています。
 また、ご希望される方には、「質問原稿」もコピーして公表しております。


 私は、議会での議論を県民の皆様に出来るだけ詳細に報告したいと考えております。
 そうする事により、「神奈川県政に対する関心をより一層持っていただき、神奈川県政に対して厳正で良識ある評価をしていただく事。」と「県民の皆様の衆知を集める事。」が極めて重要と考えております。


 今回・12月4日(金)に本会議で、知事と教育長と警察本部長と人事委員会委員長に対して行った質問と答弁をまとめました小冊子(「質問と答弁の要旨」)を作成しましたので、ご希望の方は、ご遠慮なく、FAXか電子メールにて、ご連絡ください。
 FAX番号と電子メールアドレスは、私のHPの「トップページ」にあります。
 郵便(無料)にて、送付させていただきます。



 引き続き、神奈川県議会での議論を出来る限り詳細に報告してまいりますので、何卒、神奈川県議会に対しましてご関心をお寄せ下さい。

                     (平成27年12月24日 記)



<551> 本会議・代表質問 報告 (その8)
★質問内容⑦ 人事委員会の中立性・公平性


 人事委員会の中立性・公平性について、特に、職員団体に対する中立性・公平性の確保について。

 地方公務員法の規定により、人事委員会が、第三者機関として、人事委員会勧告を行い、勧告の策定にあたっては、職員団体との協議は行わないのは当然であります。
 実態として、職員団体は、人事委員会勧告作業に合わせた時期に面会や文書の方法により、人事委員会に対して要請・要望等を出しています。これは、全国的な傾向でもあります。
 既に述べました通り、人事委員会は中立・公正な立場を確保する必要がありますので、職員団体が人事委員会に対して要請・要望を行うという行為は、「協議」という位置づけではなく、要請・要望については「可能な限り斟酌する」という事であると想像しています。
 一見は、労務当局と職員団体との労使協議・労使交渉と似た感じが有りますが、法的には、根本的に異なります。
 間違っても、人事委員会と職員団体の協議との疑問が出てはなりません。

 私は、人事委員会が職員の給与を初めとする勤務条件が社会一般の情勢に適応するよう、厳格に第三者機関の立場を堅持し、適切な役割を果たしていく事を強く期待しています。

 そこで、人事委員会委員長にお伺いいたします。
 まず、人事委員会勧告にあたって職員団体からの要望・要請について、ここ数年間の状況を詳細に、ご報告をお願いいたします。
 次に、職員団体に対する人事委員会の中立性・公平性の確保のための取り組みについて、人事委員会委員長のご所見をお伺いいたします。
                 (平成27年12月12日 記)



<550> 本会議・代表質問 報告 (その7)
★質問内容⑥ 人事委員会勧告の説明責任


 私は、人事委員会勧告に関する人事委員会の説明責任では、広報と説得性が重要と認識しています。

  広報の点では、県民の皆様への広報自体が極端に不足をしていると感じますし、本県の他の政策の広報と比べても格段に少ないと考えています。
 さらに、人事委員会勧告を積極的に広報しない空気さえあるのではと感じるところであります。
  この事は、公務員給与に関し感情的な議論を生む一要因になっているとも捉えています。

 また、説得性の点では、特に給与実態調査の対象の企業規模に大きな疑問が出ています。
  府県人事委員会は人事院による給与実態調査にあわせ府県内の企業の給与実態調査を行っていますが、人事院の従業員50人以上の事業所から抽出したサンプルに上乗せした調査は行われておらず、当然、より小規模な事業所についての独自の給与実態調査は実施されません。労働基本権の制約に対する代替措置としての人事委員会による調査と勧告でありますが、従業員50人以上の事業所というのは府県内の給与実態を適切に反映しているのかという事です。
  その他にも、「公務員と民間との雇用の安定性の実態の違いが考慮されていない。現実の公務員の雇用の安定性は経済的価値に換算すれば莫大である。」、「その職場で定年まで働いているかの公務員と民間の実態の違いが考慮に入っていない。」等、あげればキリがありません。
 私は、県民の皆様が抱く疑問に対しては、人事委員会が説得力のある説明をすべきと考えています。
 人事委員会は、人事委員会勧告を説明する際に、「地方公務員法の規定に基づき、民間企業の給与実態について、国の人事院と全国の人事委員会が共同で調査を行い、その結果や国や他の自治体の勧告結果等を総合的に勘案して、長および議会に対して必要な措置を講ずるよう勧告する。」等の手続き論に重点を置きがちです。
  手続きに問題が無いのは十分に承知しているつもりです。
 しかしながら、手続きに一切問題が無ければ、勧告に十分な説得力が有るという事にはなりません。
 手続きの正当性と説得性とは全く別の話です。

  本県の性質別歳出では人件費が最大です。それ故に、県民の皆様が職員給与決定の最大の要素である人事委員会勧告を十分に納得しなければ、県政への信頼が揺るぎます。
 人事委員会勧告について、県民の皆様の納得が得られるよう、本県人事委員会の十分な広報と説得性を高める最大限の取り組みを強く求めるところであります。

 そこで、人事委員会委員長にお伺いいたします。
 まず、ここ数年間で人事委員会勧告に対して県民の皆様からの声はどのくらい寄せられているのか、ご報告をお願いいたします。その上で、広報は十分だと考えておられるのか、人事委員会勧告の広報についてのご所見をお伺いいたします。
 次に、人事委員会勧告の説得性を高めるための取り組みについて、人事委員会委員長のご所見をお伺いいたします。
                   (平成27年12月12日 記)



<549> 
本会議・代表質問 報告 (その6)
★質問内容⑤ 外国人犯罪対策の推進


  言うまでもなく、治安問題は県民の大きな関心事であります。
  治安の悪化には様々な要因が有りますが、このうち、国民の規範意識の低下に関係する犯罪については、国民の誰もが何らかの思いを持つべき要素があると認識しています。
  他方、外国人犯罪は、日本社会の規範意識の低下等とは関係性が弱いものでありますが、社会的な影響が大きく、県民の平穏な生活を脅かすなど、体感治安にも大きな影響を及ぼすものであり、対策が大変に重要であります。

 本県は国際都市としての性格が強く、多くの外国人の方が住んでおられ、また、外国から多くの方が訪れる地域です。
  さらに、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の決定により日本が世界から注目されており、今後、日本を訪れる外国人の方が増加すると見込まれます。
  外国人観光客の増加は、神奈川経済の活性化の観点からは、大変に喜ばしい事でありますが、日本を訪れる外国人の中には活性化する日本経済に目をつけ犯罪を企てようとする者も少なからずいる事は否定できません。

  外国人犯罪は、凶悪なものも多く、言語・習慣等の問題や国際情勢が関連するなど、その対応は永遠のテーマであり、それに対する取り組みは大変に難しいところがあります。また、その困難性は年々高まっていると認識しております。

  本年7月に発行された「平成27年度版 警察白書」では、「来日外国人の不法滞在者の検挙人数は大きく減少している。しかしながら、近年、来日外国人の数が増加する中、来日した外国人が不法に就労する事例も少なくなく、さらに、不法に就労するよりも効率的に金銭を得ることができるとして、犯罪に手を染めるようになる者も依然としてみられる。」、「近年の来日外国人犯罪の刑法犯検挙人数を国籍・地域別にみると、過去10年間、中国(台湾及び香港を除く。)が継続して最も高い割合を占めている。」、「来日外国人が組織的に犯罪を敢行している状況がうかがわれる。」等と指摘されています。

  こうした外国人犯罪に対して、県民の皆様は、県警察に大きな期待をしております。

 そこで、警察本部長にお伺いいたします。
 外国人犯罪について、先ず、全国及び本県の状況、犯罪の傾向について、ご所見をお伺いいたします。
  その上で、県警察としてどの様に取り組みを講じて行かれるのか、警察本部長のご所見をお伺いいたします。
                 (平成27年12月12日 記)



<548> 本会議・代表質問 報告 (その5)
★質問内容④ 県立学校の民間人校長登用


 民間人校長の登用を可能にする教育改革は、平成12年の学校教育法施行規則の改正により実現し、制度開始以降、全国的に展開され現在では定着した制度になっています。

  本県でも、これまでに行政職員出身者も含め延べ14人の民間人校長が誕生しています。
 特に前知事が知事選挙の公約に民間人校長の登用人数を掲げたのが要因と思いますが、前知事時代に多く採用されています。

  当初、私は、本県の民間人校長は、大学教授、裁判官、検察官、弁護士、官僚、有名企業の役員等の経験者が登用されると思いましたが、実際は、教員から校長になった方と同じ様な年齢の方、同じ様な経歴の方が登用されています。

  私は民間人校長制度の理念を高く評価をしていますが、しかし、現実の制度運用が制度の理念を完全に実現しているかは十分な検証が必要です。
  私は、昨年・平成26年6月に、この場から、民間人校長に関して外部の有識者を入れた検証の場を設置すべきと提案いたしました。
  その後、教育委員会では、「県立学校における民間人材登用検討会議」を設置し、本年年2月に検討結果を出しました。検討結果は、本県が行った民間人材登用に対する検証として妥当なものと高く評価しています。
  
  そこで、今後の本県の県立学校における民間人校長の登用のあり方について、提案をしたいと思います。
  民間人校長制度は一種の規制緩和政策であり、政策効果を最大限に生かすべきです。
  尚、この政策効果と民間人校長の人数の目標とは別の話と感じています。
  教員以外から校長を登用するのですから、教員出身者の校長とは全く違う経験・実績等を持った人を登用すべきであります。言い換えれば、突出した人材や異色の人材が登用されるべきと考えます。
  加えて、私は、本県の県立高校の大部分の教員は優秀で勤勉と信じていまので、だからこそ、民間からの校長登用は突出した人材や異色の人材でなければならないと確信してします。
 今後は、突出した人材や異色の人材の登用を追求し、該当しない人を登用する必要はないとも考えます。

 突出した人材・異色の人材の登用を実現する為には、先ず、採用時の年齢条件は撤廃すべきです。
  また、給与等の処遇に関しては、極端な厚遇は難しいと想像しますので、県立高校の校長の中の給与最高額に合わせるのが現実かと思います。
  そして、何よりも重要なのは、登用する学校を予め指定する事です。具体的には、現時点では伝統校を選択する事が妥当と考えます。伝統校ゆえに層の厚い卒業生の中から社会の各分野で相当の実績を挙げられた方が応募する事が期待されます。

 そもそも、県立学校の校長の人事については、学校の主人公である生徒本位であるべきであり、出身分野に拘る必要は全くありません。教員や本県の行政職員を含めて広い分野からより素晴らしい人材の登用がされるのが当然であります。

 そこで、教育長にお伺いいたします。
 県立学校における民間人校長の登用については突出した人材・異色の人材を集める様に対応すべきと確信しておりますが、教育長のご所見をお伺いいたします。
                (平成27年12月12日 記)



<547> 本会議・代表質問 報告 (その4)
★質問内容③ 私学行政・・・朝鮮学校の教科書改訂問題


 朝鮮学校は、本県内では(学校法人)神奈川朝鮮学園が運営していますが、平成22年度に、この朝鮮学校の日本でいえば高校生段階にあたる授業で使用されている教科書の記述に対して大きな問題が指摘されました。

  教科書に、「拉致問題に関する事。」、「大韓航空機事件については韓国による捏造とする記述。」等、大きな誤解を与える内容や国際社会における一般認識とは全く異なる記述があるとの指摘であります。
  この記述の問題性については議論を待たないところであり、記述内容が修正された新たな教科書の早期の発行が求められます。

  過去には、朝鮮学校から、平成25年度に教科書改訂が行われるとの説明があった訳ですが、実際には改訂は行われませんでした。
  その後、平成26年2月に、本県に対して、神奈川朝鮮学園から、「現代朝鮮歴史」の教科書改訂が平成28年度中になるとの回答があったとの事であり、今日に至っています。

 本県では、担当の県民局が神奈川朝鮮学園に対して教科書の改訂を要請し、神奈川朝鮮学園では「教科書編纂委員会」に対して教科書の改訂を要請しているとの事です。
 一部には、「朝鮮学校が過去に説明した平成25年度の教科書改訂が実際には実施されなかった事から、朝鮮学校が現在説明している平成28年度の教科書改訂も実現するのか怪しい。」との指摘がありますが、その指摘はそれとして、私としては来年度・平成28年度の教科書改訂こそは実現される様、県の対応を強く求めるところであります。

  本県がこれまで行ってきた神奈川朝鮮学園への教科書改訂の要請を継続する事は当然として、加えて対応すべき事として、幾つか提案をしておきたいと思います。
 第1に、教科書の編纂を行う「教科書編纂委員会」に対して、県として、直接要請を行う事。
  第2に、朝鮮学校で使用される教科書は全国共通との事であり、問題の教科書は神奈川県だけではなく、どの都道府県においても間違いなく問題です。
 よって、全国47都道府県のうち朝鮮学校が設置されている概ね半分の都道府県と連携する事。
  第3に、国民誰もが問題と認識する教科書でありますので、国・文部科学省と連携をすべきであります。

 また、朝鮮学校に対して、国際政治の場面でしばしば使われる言葉である「誤ったメッセージ」を送ってはいけないという事です。
  朝鮮学校から当初説明のあった平成25年度の教科書改訂に対して、当時、私は決算特別委員会で、「もし、平成25年度の教科書の改訂がなされなければ、当然、朝鮮学校への補助金の支給を停止すべき。」との趣旨の質問を行いましたが、それに対する県民局の答弁は、「明確に、支給を停止する」というものではなく、私は、この事が、朝鮮学校に対して、「教科書を改訂しなくても、補助金は打ち切られない。」との「誤ったメッセージ」として伝わったのではないかと疑問を持っています。

 さらに別の観点を言えば、私は、本県の補助金の支給は厳格であると信じていますが、そんな中、朝鮮学校への補助金は毎年の様に継続して問題が指摘され際立っています。このままでは本県の補助金行政全体の信頼性に悪い影響を与えかねません。

 私は、この朝鮮学校の教科書の改訂問題は、前知事の時代に発生しましたが前知事時代には解決されず、2代の知事に渡っての案件になってしまった事を憂いており、黒岩知事の下で早期に解決される事を強く願っています。

 日本と世界の常識に完全に反する記述内容の教科書が、学校に対してであろうと生徒に対してであろうと税金が投入されている朝鮮学校において使用されている事は全く許容できません。

 そこで、知事にお伺いいたします。
 神奈川朝鮮学園の説明によると来年度・平成28年度に実施される事になっている朝鮮学校の教科書の改訂に対して、私の提案に対するご所見を含めまして、本県として、どの様に対応されるのか、知事のご所見をお伺いいたします。
 併せて、来年度に教科書の改訂が実現しなかった場合には、本県として、どの様な対応をされるのか、現時点での、知事のご所見をお伺いいたします。
                (平成27年12月12日 記)



<546> 本会議・代表質問 報告 (その3)
★質問内容② 私学行政・・・私立学校への助成


 私は、私立学校に大いに期待する者の一人として、私学行政に強い関心を持っています。
  私立学校に対する本県の対応では、私立学校の自主性を尊重しながら出来る限り物心両面の支援をする事、かつ、公共性の確保が重要だと認識しています。

 本県では、教育条件の維持向上、学校経営の健全性の向上などを目的として、私立学校の経常的な経費に対して補助を行っています。

 この私立学校経常費補助は、実務的には「私立学校経常費補助金交付要綱」や要領等により行われますが、この要綱には、第5条に補助金の不交付等が定められており、具体的には「交付要綱第5条の取扱要領」が設けられています。法律による要請は当然ながら、本県の要綱・要領などによっても、私立学校の公共性の確保の責務が定められていると承知しています。

  私は、補助金の不交付制度の一方で絶対に必要となるのは、私立学校が神奈川の名誉を高めた時や社会に大きな貢献があった時などを含め私立学校として意義ある取り組みをした場合に、その功績等を称えると共に資金的な対応をする事だと考えています。この様な制度が存在してこそ、懲罰的な意味を含む補助金の不交付の制度と一体になって、私立学校の公共性をより高めると確信しています。

 本県では、本年度より、私立学校の経常費補助において、「各校の魅力向上や生徒の確保に向けた努力の反映が図れるよう、特に、教育条件の維持向上に重点的に補助すること。」として、新たな補正項目・補正係数等の設定をしています。

 この取り組みついては、私は高く評価しており、更なる拡充が重要だと確信しています。

 そこで、知事にお伺いいたします。
 まず、「私立学校経常費補助金交付要綱第5条の取扱要領」に基づき、事件・事故や法令等に違反・抵触して、私立学校経常費補助の一部を不交付とした学校が何件位あり、その金額はどの位になるのか、ここ数年間の概況について、ご所見をお伺いいたします。
 次に、今年度から開始した私立学校の経常費補助の新たな補正項目・補正係数等の設定については今後拡充すべきであり、さらに、神奈川の名誉を高めた場合や社会に大きな貢献があった場合等に対応した経常費補助の仕組みを検討すべきと考えますが、知事のご所見をお伺いいたします。
                    (平成27年12月12日 記)



<545> 本会議・代表質問 報告 (その2)
★質問内容① 未病産業の未来について


 黒岩知事の今日までの大きな実績は、「未病」を、政策過程で考慮すべき問題としての認知を意味する「議題」に昇格させた事です。
  社会運動は、自らの取り組みを「議題」にする事に多くの労力を費やしますが、「未病」が我が国の政治・行政における確固たる「議題」になったのは、黒岩知事の発信力が大いに貢献したと認識しております。

 「未病」を政治・行政の主要な「議題」にする取り組みは、本年10月の「未病サミット神奈川2015in箱根」国際シンポジウムをもって大きな区切りと感じています。
 今後は、「未病」が「未病産業」として我が国の産業分野の一つに発展する事を強く期待するところであります。
  また、確立された産業は相当高いレベルで自律的な経済活動を展開しますので、その意味では、いずれ、未病産業が本県の手から離れても全く支障が無い状態に早期に達する事を願っています。

 我が国の産業育成では、地場産業的な産業分野を除けば、多くの場合は中央省庁が担ってきましたが、本県の未病産業の取り組みは、国全体・世界的規模での展開を見込む産業分野の育成に、地方自治体として真正面から積極的に取り組むということであり、ここに、神奈川県としての志を大いに感じるところであります。


  本年度からの4年間の本県の取り組みについては、本年7月に策定されました、「かながわグランドデザイン 第2期実施計画」の中の「プロジェクト6の産業創出」に、「未病産業の創出・育成」として「神奈川発の未病産業の創出・育成を図るため、未病産業研究会の活動の推進や未病産業の創出に資するモデル事業、未病サミットの開催などの取り組みを推進します。」等の位置付をして、その取り組みは進んでいると承知しています。

  この成果については当然大きな期待をしておりますが、本日は、今後数年間の本県の取り組みを超えて、今後10年・20年という長期的時間を意識した上で、未病産業の発展に関してお尋ねするところです。

 そこで、知事にお伺いいたします。
 未病産業の今後の発展の段階や未病産業の数十年後の未来の姿をどの様に想定されているのか、また、本県がどの様な段階まで関与していく事を想定されているのか、知事のご所見をお伺いいたします。
             (平成27年12月12日 記)



<544> 本会議・代表質問 報告 (その1)
★質問項目


 先週・12月4日(金)、本会議にて、知事と教育長と警察本部長と人事委員会委員長に対して、質問を行いました。





    << 質問項目は以下の通りです。 >>        *印は、答弁者。


1、未病産業の未来について                        *知事

2、私学行政について                             *知事
  (1)私立学校への助成について
  (2)朝鮮学校の教科書問題について

3、県立学校における民間人校長の登用について          *教育長

4、外国人犯罪について                          *警察本部長

5、人事委員会の職員給与等に関する調査と勧告について    *人事委員会委員長
  (1)人事委員会の勧告の説明責任について
  (2)人事委員会の中立性・公平性について
                 
(平成27年12月11日 記)



<543> 「平成27年 第3回定例会(後半の部)」 スタート
★12月4日(金)に本会議・代表質問を行います


 「平成27年第3回定例会(後半の部)」がスタートしました。


 昨日(11月30日)は、知事から提案説明(当面の所信の表明を含む)がありました。


 私は、12月4日(金)午後1時から行う本会議・代表質問の準備を進めているところです。

 質問通告期限は、明日・12月2日(水)の午後5時です。


   <<  質問項目(予定)  >>      
*印は、答弁者です。


1、未病産業の未来について                  *知事

2、私学行政について                       *知事
  (1)私立学校への助成について
  (2)朝鮮学校の教科書問題について

3、県立学校における民間人校長の登用について    *教育長

4、外国人犯罪について                    *警察本部長

5、人事委員会の職員給与等に関する調査と勧告について   *人事委員会委員長
  (1)人事委員会の勧告の説明責任について
  (2)人事委員会の中立性・公平性について


☆質問通行の期限まで、1日有りますので、変更の可能性があります。


 何卒、神奈川県議会の議論に、強いご関心をお寄せ下さります様、お願い申し上げます。

                   (平成27年12月1日 記)



<542> 「平成27年 第3回定例会(後半の部)」に向けて
★本会議・代表質問の準備に入ります


 神奈川県議会では、来週・11月24日(火)に議会運営委員会が開催され、その後、11月30日(月)から12月22日(火)まで、「平成27年第3回定例会(後半の部)」が開催されます。


 私は、12月4日(金)に本会議で代表質問をする予定になっていますので、来週・11月24日(火)からは本会議・代表質問の準備に本格的に入って行きます。

 今月は昨日まで、「決算特別委員会での決算審査」と「現地調査等」で、本会議・代表質問の準備をする時間がとれませんでしたので、12月2日(水)の「質問通告日」に向かって、少し慌ただしくなります。

 実際には、11月30日(月)には質問原稿が概ね出来上がっている必要があります。


 本会議での代表質問が終了しましたら、その後は、「文教常任委員会」と「行財政改革・地方分権特別委員会」の質疑の準備に入ります。


 どうぞ、神奈川県議会の議論に対しまして強いご関心を心よりお願いいたします。

                 (平成27年11月22日 記)



<541> 11月の活動報告 (概略)
★「決算特別委員会」と「現地調査等」が中心


 今月・11月は、「決算特別委員会での決算審査」(現在、神奈川県議会では、一期4年間の任期中に最低一年度は決算特別会委員の委員に就くことになっています。議員によっては2年度以上決算特別委員会委員に就くことがあります。)と「現地調査等」が中心の1か月でありました。


 11月の1か月間が概ね終了しようとしているところです。

 来月・12月は、「平成27年第3回定例会(後半の部)」が開催され、師走でもあり、忙しくなります。



 ■ <神奈川県議会 決算特別委員会> ・・・ 10月19日(月)から11月10日(火)まで開催。


 ■ < 現地調査等 >

 ①政務活動費を活用しての現地調査 (調査先)秋田県庁 ・・・ 11月9日(月)

 ②神奈川県議会「行財政改革・地方分権特別委員会」の県外調査 ・・・ 11月11日(水)~11月13日(金)

 ③「議会友好訪問団」 ・・・ 11月15日(日)~11月20日(金)
 ゴーストコースト市(オースラリア連邦クイーンズランド州)と神奈川県との友好提携25周年を記念しての議会友好訪問団(団長は議長)の一員として参加。



*来週・11月24日(火)に、議会運営委員会が開催され、その後、11月30日(月)から12月22日(火)まで、「神奈川県議会 平成27年第3回定例会(後半の部)」が開催されます。
                      (平成27年11月21日 記)



<540> 来年度の神奈川県の予算に対する要望
★黒岩祐治知事に「予算要望書」を提出しました




<< 黒岩祐治知事に対して、来年度・平成28年度当初予算に関する要望書を提出いたしました。 提出日:平成27年11月10日 >>


 黒岩祐治知事に対して、「県政会 神奈川県議会議員団」(無所属の神奈川県議会議員で構成する神奈川県議会内の会派)の団長として、神奈川県の来年度・平成28年度当初予算への要望書を提出いたしました。


 予算編成に対する議員が行う要望方法には、一般的に、 「①議会の本会議・委員会を通じて行う。 ②要望書等の文書により行う。」 の2つが有るかと思います。

 私が現在所属しています、「県政会 神奈川県議会議員団」(無所属の神奈川県議会議員で構成する神奈川県議会内の会派)では、所属議員の選挙区に関する地域の要望については「予算要望書」により行い、それ以外の県全体に関わる要望等は議会の本会議・委員会等を通じて行う事を基本にしております。


 この「予算要望書」の中で、麻生区に関わる地域の課題としては、 「①横浜市営地下鉄のあざみ野駅から新百合ヶ丘駅までの延伸 ②建築から相当年数の経った麻生区内の交番の早期の建て替え」 の2つを強く要望したところです。


 神奈川県では、既に来年度当初予算の編成作業が始まっています(本格的には今後になります)。

 900万神奈川県民のためになる良い予算が完成する様、神奈川県議会議員の立場から全力で取り組んでまります。
                     (平成27年11月14日 記)



<539> 神奈川県議会「決算特別委員会」 (その3)
★平成26年度決算審議は終了しました


 昨日・11月10日(火)、平成26年度の神奈川県の決算を審議する「決算特別委員会」は、知事から出された決算を認定して終了いたしました。


 私は、11月4日(水)は「商工費」の「本県の海外事務所」に関して質疑を行いました。

 具体的には、平成25年度をもって閉鎖した英国ロンドンの「欧州事務所」の影響と平成26年度から県職員を派遣しています「横浜銀行バンコク駐在員事務所」の活動に関してです。


 11月6日(金)は、朝鮮学校に関して、具体的には朝鮮学校で使用されている教科書についてです。


 昨日・11月10日は、決算を認定する立場から意見発表をしました。


 決算審議は、決算の妥当性を評価するのは当然の事ながら、加えて、次年度の予算編成に反映させることが重要です。

 今回の平成26年度の決算審議での議論を、次年度・平成28年度の当初予算の編成に生かして参ります。
                   (平成27年11月11日 記)



<538> 神奈川県議会「決算特別委員会」 (その2)
★平成26年度決算審議の終盤に向かっています


 現在、平成26年度の神奈川県の決算を審議する「決算特別委員会」は終盤に向かっています。


 私は、10月28日(水)に、「教育費ー私学行政(私学振興費)」の中の「朝鮮学校」に関して質疑を行いました。

 10月30日(金)には、「環境費」の中の「市町村と一部事務組合が運営する一般廃棄物最終処分場への県の指導等」について質疑を行いました。


 今週は、引き続き11月4日(水)には分野を特定しての質疑があり、11月6日(金)には質疑としては最後となります「総括質疑」を実施し、そして、最終日の11月10日(火)に「意見発表と採決」を行います。


 私は、11月4日(水)は「商工費」の「本県の海外事務所」に関して質疑を行う予定です。

 11月6日(金)の今回の決算特別委員会の最後の質疑にとなります「総括質疑」の内容については鋭意検討中です。

 最終日の11月10日は意見発表を行う予定です。


 引き続き、神奈川県議会の議論にご関心をお寄せ願います。

                    (平成27年11月3日 記)



<537> 神奈川県議会「決算特別委員会」 (その1)
★平成26年度決算審議の真っ最中です


 現在、神奈川県議会は、平成26年度の神奈川県の決算を審議する「決算特別委員会」での議論の真っ最中です。


 私は、先週・10月22日(木)は、「企業会計」に関する質問を行いました。
 具体的には、上下水道料金の収納方法(口座振替、クレジットカード払い、納付書による銀行・コンビニでの支払い等)毎の経費についてです。 

 明日・10月26日は、「県が所有する財産から得られる収入」に関して、質問します。


 今年の決算特別委員会は、概ね2日に1回のペースで開催されます。


 今後とも、神奈川県議会の議論にご関心をお寄せ下さい。

                   (平成27年10月25日 記)



<536> 「税金の使われ方」を厳格に審議していきます
★今日から決算特別委員会の審議スタート


 神奈川県議会は、本日・10月19日(月)から11月10日(火)までの間、「決算特別委員会」にて、神奈川県の昨年度・平成26年度の決算の審議を行います。

 私も、決算特別委員会の委員になっています。

 神奈川県の税金の支出(歳出)に関しては、大きなところでは問題は無いと思いますが、細部では900万県民からみて疑問に思われることが有るものと想像しています。


 民間企業では、予算の編成において役員が辞めることは少ないでしょうが、決算結果によっては大変な事態になります。

 「粉飾決算」などという言葉もある位です。

 「決算」が大変に重要です。


 一方、国・地方自治体では、決算よりも予算の方が重要になっているのが現状かと思います。

 これでは、結果として、同じ様な問題を繰り返す事にもなりかねません。


 しっかりと、決算の審議に臨んで参ります。


 どうぞ、神奈川県議会の議論にご関心をお寄せ下さい。
                  (平成27年10月19日 記)



<535> 「平成27年 第3回定例会(前半の部)」 終了
★決算特別委員会での審議へ


 一昨日(10月15日)、9月8日(月)から開催されていました「神奈川県議会 平成27年 第3回定例会(前半の部)」が終了しました。

 この間、私は、「文教常任委員会」と「行財政改革・地方分権特別委員会」で質疑を行ったところです。

 また、「議会運営委員会 委員」として、議会運営に携わってきました。


 来週の10月19日(月)から11月10日(火)までは、「決算特別委員会」が開催されます。

 今年度、私は、決算特別委員会の委員になっておりますので、神奈川県の昨年度(平成26年度)の決算に対する審議に臨みます。


 引き続き、神奈川県議会の議論にご関心をお寄せ願います。

                  (平成27年10月17日 記)



<534> ボーイスカウト活動
★関係者の皆様のご尽力へ感謝、そして、一層の支援


 10月5日(月)に、神奈川県議会の「スカウト神奈川振興議員連盟」と「日本ボーイスカウト神奈川連盟」との合同の勉強会を開催しました。


 神奈川県議会には、ボーイスカウト活動とガールスカウト活動を支援する目的で、「スカウト神奈川振興議員連盟」という60人以上の神奈川県議会議員が参加する超党派の議員連盟があります。
  (現在、私は副会長を務めています。)


 ボースカウト連盟の役員・指導員の方々の日頃のご尽力に感謝し、神奈川県議会としてボーイスカウト活動をより一層支援していく趣旨での勉強会と懇談会の開催です。


 ボーイスカウト活動とガールスカウト活動に対しまして、引き続き、微力ではありますが神奈川県議会議員の立場から支援して参ります。



 *ボーイスカウト活動は、108年前の1907年にイギリスのブラウンシー島で行われた小さなキャンプからスタートし、現在まで活動が継続されています。
 今では155の国と地域が参加し、日本でも小学校就学年のお子様にはじまり、12万7000名以上の加盟員総数を誇る、大変立派な組織となっています。
                     (平成27年10月7日 記)



<533> 神奈川県議会は「委員会審議」の真っ最中です
★常任委員会と特別委員会で質疑を行います


 現在、神奈川県議会は、「平成27年第3回定例会(前半の部」は、委員会での議論の真っ最中です。


 私自身は、10月2日(金)の「文教常任委員会」で質疑を実施しました。

 次は、10月5日(月)の「行財政改革・地方分権特別委員会」で質疑を行う予定になっています。


 どうぞ、引き続き、神奈川県議会の議論に注目下さい。

                (平成27年10月4日 記)



<532> 麻生区の発展に全力で取り組んで参ります
★故尾作均先生(川崎市議会議員)の命日にあたり


 (丁度一年前の今日)平成26年10月1日午前1時8分に、尾作均先生(川崎市議会議員、麻生区選出)が58歳の若さでお亡くなりになりました。


 尾作均先生には本当に暖かいご指導を賜りました。

 とりわけ、麻生区の発展(特に柿生地域の発展)につきましては、大変に多くの事を学ばせていただきました。


 私に対しまして、尾作均先生が麻生区の発展のために絶対に必要と言われておりました事業につきましては、実現に向けて、神奈川県議会議員の立場から今後とも全力で取り組んで行く決意です。
                  (平成27年10月1日 記)



<531> 本日で、「シルバーウィ―ク」 終了
★明日から神奈川県議会の議論が再開されます


 シルバーウィーク期間中には、私の事務所のある高石地区の「高石神社の例大祭」等の地元行事や高校の同級生との懇親会等がありました。
 慌ただしくも充実したシルバーウィークとなりました。


 明日から、神奈川県議会の議論が再開されます。

 明日(9月24日)と明後日(9月25日)には、本会議・一般質問が実施されます。


 私自身は、来週と再来週に開催される「文教常任委員会」と「行財政改革・地方分権特別委員会」での質疑の準備に少しづつ入って行くことになります。


 どうぞ、今後とも、神奈川県議会の議論にご関心をお寄せ下さい。

                    (平成27年9月23日 記)



<530> 「平成27年 第3回定例会」 開催中
★会期は9月8日から12月22日まで


 9月8日(月)から12月22日(火)までの予定で、「神奈川県議会 平成27年 第3回定例会」が開催されています。

 神奈川県議会の定例会では、一年間の中で、「第3回定例会」が、一番長い会期となります。


 神奈川県議会の「第3回定例会」は、概ね以下の3つの期間に区分できます。

①前半の部=「本会議(代表質問・一般質問)⇒委員会での審議⇒本会議(討論→採決)」  ・・・・・今年度は、9月8日から10月15日まで。

②中盤の部=決算特別委員会での審議  ・・・・・今年度は、10月19日から11月10日まで。 

③後半の部=「本会議(代表質問・一般質問)⇒委員会での審議⇒本会議(討論→採決)」  ・・・・・今年度は、11月30日から12月22日まで。

 加えて、「特別委員会の県内調査と県外調査、議会運営員会」等が実施されます。


 引き続き、気合を入れて、議会の会議に臨んでいきます。

 当面は、今月下旬から来月上旬にかけて開催される「文教常任委員会」と「行財政改革・地方分権特別委員会」における審議に集中していきます。


 是非、神奈川県議会の議論にご関心をお寄せ下さい。

               (平成27年9月16日 記)



<529> 墓参
★大学時代のゼミの先生のお墓に参りました


 9月6日(日)、大学時代の演習(3年生・4年生の2年間のゼミ、テーマは「社会システム論」)の先生のお墓に参りました。

 大変な自由人であらゆる事に強い好奇心を持たれていた大学のゼミの先生からは様々な刺激を大いに賜りましたので、(私は大学時代のゼミ活動に決して熱心な方ではありませんでしたが)、ゼミOB有志によるお墓参りに参加させていただきました。
 合計8人。6人の先輩方と1人の後輩とのお墓参りでした。


 < お墓の形には少し驚きましたが・・・ >




 「過去に学んだ事を、今、生かせている。」とは、自信を持っては言えませんが、(私なりには)、大学時代のゼミの先生から学んだことを現在の仕事に少しは生かせていると信じているところです。


 これまでに教えを賜った多くの方々に心から感謝しながら進んでまいります。
                 
(平成27年9月11日 記)



<528> 神奈川県議会「平成27年 第3回定例会」
★9月8日(火)より開始します


 「神奈川県議会 平成27年 第3回定例会」が、来週の9月8日(火)から開始されます。

 どうぞ、「神奈川県議会 平成27年 第3回定例会」の議論に、ご注目下さい。
                   (平成27年8月31日 記)



<527> 8月の<ミニ県政報告会>のご案内
★8月29日に<ミニ県政報告会>を開催します


 8月29日(土)に、<ミニ県政報告会>を開催いたします。

 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願いながら、開催しているところです。 


 私は、神奈川県議会議員の活動として、<広聴活動>を大変に重要と考えております。

 麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく<広聴活動>を、この「ミニ県政報告会」の開催を含めて、様々な方法で今後とも実施して参ります。


    <ミニ県政報告会>のご案内

  <開催日時>   <開始時間>       <開催場所>
  8月29日(土)   午後5時40分   新百合21  第1研修室
  8月29日(土)   午後6時50分   新百合21  第1研修室
  8月29日(土)   午後8時   新百合21  第1研修室

 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。
  開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
  途中退出も構いません。
                       (平成27年8月26日 記)



<526> 残暑御見舞い申し上げます
★夏の時期の議員活動も残り僅かとなってきました


 8月24日(月)からの「文教常任委員会の県外調査(東京都、宮城県、北海道)」より本日帰ってきました。

 来週(9月3日)の「文教常任委員会の県内調査」等がありますが、夏の時期の神奈川県議会議員としての活動(調査活動、広聴活動)が概ね終了に近づいてきました。

 これからは、9月8日から始まる「平成27年 第3回定例会」に向けて、本格的に準備を進めていくことになります。
                 (平成27年8月26日 記)



<525> 平成27年 御盆 (その③)
★お世話になった方の新盆・・・小島一也先生


 昨年お亡くなりになられた故小島一也先生(元川崎市議会議長、柿の実幼稚園理事長)が新盆をお迎えになられました。

 小島一也先生から大変に暖かいご指導を賜ったのみならず、私の子どもが学んだ柿の実幼稚園の理事長先生でもあり、新盆のご挨拶に伺いすることを考えましたが、あまりの大先輩であり恐縮するともに、奥様が高齢ゆえにお手数をおかけしてはいけないと思い、ご自宅にお伺いする事は遠慮する事にしました。


 8月15日(土)に、柿の実幼稚園の正門前から、小島一也先生のご自宅に向かって、合掌しました。

 小島一也先生より賜りましたご指導を忘れずに議員活動に取り組んで参ります。
                  (平成27年8月16日 記)



<524> 平成27年 御盆 (その②)
★お世話になった方の新盆・・・尾作均先生


 8月13日(木)、大変にお世話になりました故・尾作均先生(川崎市議会議員)の新盆に、尾作家へ伺いさせていただきました。

 この日は、その後、我が家・相原家の墓参りをしました。


 昨年他界されました故・尾作均先生(川崎市議会議員)は、柿生地域の代表として川崎市議会にて大活躍された先生です。

 私は、尾作先生には大変にお世話になりました。

 尾作先生が強く抱かれていた柿生地域の発展の願いをしっかりと受け止めて議員活動に取り組んで参る所存です。

                   (平成27年8月16日 記)



<523> 平成27年 御盆 (その①)
★後輩の突然の訃報


 友人から突然の連絡が来る場合というのは、20代・30代の頃は、「結婚をすることになった。子どもが生まれた。家を買った。」等の喜びの連絡がほとんどであり、電話口で盛り上がり長話しをしたものです。

 しかし、40歳頃からは、「親が亡くなった。」、稀には「同級生の〇〇君が亡くなった。友人の〇〇さんが亡くなった。」との連絡が増えてきています。


 8月10日(月)の朝に大学時代に所属していたサークル(「早稲田大学・硬式野球クラブ」、このサークルは現在消滅しています。)の2年後輩が一昨日(8月8日)に亡くなったとの連絡が入り、8月12日にお通夜に伺い、後輩との最後の別れをして来ました。


 人生の時間が確実に過ぎているのを強く感じます。

 貴重な人生の時間を大切に日々過ごさなければと思ったところです。



*私は大学時代に「早稲田大学・雄弁会」というサークルに所属していました。
 当時の「早稲田大学・雄弁会」のサークル活動は激しいところがあり、私は十分に厳しく鍛えていただきました。
 素晴らしい先輩・同期・後輩の皆さんと出会うことが出来たの本当に大きな財産です。
 激しいサークル活動ゆえにか、「早稲田大学・雄弁会」の活動の中心は2年生であり、3年前期をもって引退して、次の学年に譲るのが当時の慣習でした。
 もし4年間フルに活動をしたら、4年間で無事に卒業するのは不可能な感が有るサークルでした。
 私自身、比較的優秀な成績で大学を卒業したと思っていますが、2年生の時の成績は散々であり殆んどの科目が「可」という有様でした。

 私の雄弁会の引退時期(3年前期、昭和61年の前期)に、ある一人の学生(私よりも1学年上の人)が「早稲田大学・硬式野球クラブ」というサークルを立ち上げ、「1年生から3年生まで同時に募集」という事でしたので、親しい同級生の友人と一緒に加入しました。
 当時、各大学には、軟式野球のサークルは多数ありましたが、硬式野球のサークルは非常に珍しい存在でした。
 3年からの加入ですので卒業まで2年間しか居なかった訳ですが、楽しい時間を過ごす事が出来ました。
 特に、4年生の夏に、ベースボールマガジン社からお誘いをいただき、ソ連のハバロフスクにて実施した、「ハバロフスク体育大学・野球部」との「野球交流」は、大変に良い思い出であり貴重な経験になっています。

 私は、当時は4年生の夏がメインの活動時期であった「就職活動」を、英断・蛮勇をもって、途中で終了し、卒業旅行を兼ねて、ソ連に行きました。
 この「野球交流」でソ連に行かなければ、私のその後の人生は少し変わっていたと思います。


 益田正樹君  どうぞ、安らかにお眠り下さい。 本当に有難うございました。

                 (平成27年8月15日 記)



<522> 暑中お見舞い申し上げます
★夏の活動がピークを迎えてきています


 暑中お見舞い申し上げます。

 夏の活動がピークを迎えてきています。


★一昨日・8月1日(土)は、地元・麻生区では「夏祭り・盆踊り大会」が最も多く開催され、私の場合、午後3時から9時までの間で、10か所の夏祭り・盆踊り大会に、伺わせていただきました。

 同じ地元選出の議員(衆議院議員・神奈川県議会議員・川崎市議会議員)でも、議員によって、参加する夏祭り・盆踊り大会の場所や数が異ります。
 地方議員には国会議員と違って公設秘書が一切おりませんので、(国会議員には税金から給料が支給される公設秘書が3人おります。)、私の場合は知人に運転手をお願いし、交通事故を絶対に避け無理をしない様に移動するため、他の議員の方よりも参加箇所が少ない可能性があります。

 地元・麻生区の夏祭り・盆踊り大会は、年を追うごとに、華やかで盛大に開催されています。
 主催されている町内会・自治会の役員をはじめ関係者の皆様のご尽力に心から感謝です。

 ビールを飲みながら、政治の話でどこに行っても一番の話題になるのは、「安保法制」の事です。
 まさに、国政・国会の機能を発揮が求められる案件です。
 国会議員の奮闘を強く期待しています。
 誰でも国政選挙で当選さえすれば能力が有ろうが無かろうが確かに国会議員の地位に就くことが出来ますが、是非、国会議員には能力や質の意味で国会議員としての存在証明をしてほしいと強く願っています。


★来週(8月3日からの週)から、神奈川県議会の「現地調査(視察調査)」が本格化してきます。
 私の場合は、8月4日(火)・5日(水)の2日間、「議会運営委員会」の現地調査に参加します。

 しっかりと調査を行い、今後の神奈川県議会の活動に活用して参ります。



 有意義な夏を過ごして参ります。
                  (平成27年8月3日 記)



<521> 夏の時期の議員活動について ②
★広聴活動・・・地域での触れ合いの中から



 各種の地域行事を通じて地域での触れ合いの中から、住民の皆様の様々な声を聴かせていただく時期でもあります。


 夏の時期は、「納涼祭り」・「盆踊り」といった地域行事が多く開催されます。
 各種の地域行事を通じて地域での触れ合いの中から住民の皆様の様々な声を聴かせていただく絶好の機会となります。

 会議室等において神奈川県政に関するご意見・ご要望・ご質問をいただく事は大変に重要と考えています。
 また、少し砕けた雰囲気の中で地域の皆様の声を聴くことも大切な議員活動の一つだと考えております。


 議会の公務が絶対・最優先でありますので、全ての地域行事に参加する事は不可能ですが、出来る限り参加するように心がけています。

 お会いした際には、どうぞ、お気軽に声をおかけ下さい。

 率直なご意見をお待ちしております。


 有意義な夏を過ごしたいと考えております。
                  (平成27年7月31日 記)



<520> 夏の時期の議員活動について ①
★調査活動



 神奈川県議会では、毎年度、「第2回定例会」の終了から「第3回定例会」の開始までの期間に、各種の調査活動が行われています。

 この時期は、議会の会議(本会議・委員会)の開催が一番少ない時期であり、委員会や議員連盟や会派での調査活動を集中的に行います。

 今年度では、第2回定例会の終了日の翌日の7月14日から第3回定例会の開始日の前日の9月7日までの期間になります。




調査活動は大きく2つに分類できます。


1、現地調査

 私で言えば、「議会運営委員会の調査(調査先=鹿児島県議会、福岡県議会)」、「文教常任委員会の県外調査」、「文教常任委員会の県内調査」、「多摩川会(川崎市内選出の超党派の神奈川県議会議員による議員連盟の調査(川崎市内)」等です。


2、来年度の当初予算に対する各種団体からのヒアリング活動

 会派(「県政会 神奈川県議会議員団」=無所属の神奈川県議会議員で構成する神奈川県議会内の会派)の来年度の当初予算に対する県内の市町村と県内の各種団体からの予算要望のヒアリング活動を行います。


 有意義な夏を過ごしたいと考えております。
                 (平成27年7月30日 記)



<519> 「安保法制」に関して
★<国会議員の奮闘>を強く期待します!


 現在の日本政治の最大の課題は、衆議院で可決され今は議論の場が参議院に移った「安全保障法制」です。

 間違いなく、ここ10年間でも突出した大政治問題です。
  (人によっては、「ここ数十年間で、最大の政治問題」と表現されている様です。)


 現在、私が大変に残念に感じているのは、この案件で国会の論戦・マスメディア等に登場する国会議員が少数の人に限られている事です。

 まさに、今回の「安保法制」は、国会議員が真正面から担うべき案件です。

 この案件に、国会議員が信念を持って積極的に発言できないのならば、その人は国会議員に向いていないとしか思えません。

 国会議員の存在が問われる案件です。

 国会議員が、国によっては国が担う課題ではなく地方自治体が担う課題に対してのみしか、公の場で積極的に発言が出来ないのならば、全く話になりません。


 国会議員は、今回の「安保法制」は当然含まれますが、国家の基本に関わる案件(「外交問題、安全保障問題、憲法問題」等)に対して信念が有るからこそ、国会議員になった筈であります。

 国会議員の皆さんの奮闘を強く期待するところです。
                          (平成27年7月19日 記)



<518> 神奈川県議会 平成27年第2回定例会
★選挙後最初の定例会が終了しました



 一昨日(7月13日)、統一地方選挙後最初の神奈川県議会の定例会(「神奈川県議会 平成27年 第2回定例会」)が終了しました。

 今年4月の選挙で再選された知事(黒岩祐治知事)と県議会議員(105人)による初めての神奈川県議会の定例会です。


 私は、この定例会では、「本会議」と「文教常任委員会」と「行財政改革・地方分権特別委員会」にて、質問を行ったところです。

 今後とも、県議会の正式な会議の場(本会議、委員会)で、「神奈川県政の発展」と「健全な民主政治の実現」のため、発言し続けて参ります。
                     (平成27年7月15日 記)



<517> 本会議質問の報告
★小冊子「質問と答弁の要旨」を作成しました



 神奈川県議会議員としての最重要職務の一つであります<本会議・質問>を実施した際には、私は、「HP」や「神奈川県議会レポートの発行」等の方法で、県民の皆様にその内容を報告する事にしております。

 しかし、分量の都合で詳細な報告が困難なことから、別途、詳しい内容の報告用に、小冊子(「質問と答弁の要旨」)=(A4サイズで15ページ前後)を作成しています。
 また、ご希望される方には、「質問原稿」をコピーして配布しております。

 私といたしましては、議会での議論を県民の皆様に出来るだけ詳細に報告したいと考えております。
 そうする事により、神奈川県政に対する関心を高めてもらい、神奈川県政に対して厳正で良識ある評価をしていただき、加えて、県の皆様の衆知を集めることが極めて重要と考えております。

 過日・6月24日(水)に本会議で知事と教育長に対して行った質問と答弁をまとめた小冊子(「質問と答弁の要旨」)を作成しましたので、ご希望の方は、ご遠慮なくFAXか電子メールにて、ご連絡ください。
 郵便(無料)にて、送付させていただきます。


 引き続き、神奈川県議会での議論を出来る限り詳細に報告してまいりますので、何卒、神奈川県議会に対しましてご関心をお寄せ下さい。

                     (平成27年7月12日 記)



<516> 7月の<ミニ県政報告会>のご案内
★7月5日に<ミニ県政報告会>を開催します


 このHPの<イベント・会合のお知らせ>のページで既にご案内をしておりますが、明日・7月5日(日)に、<ミニ県政報告会>を開催いたします。

 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願いながら開催しているところです。 


 私は、神奈川県議会議員の活動として、<広聴活動>を大変に重要と考えております。

 麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく<広聴活動>を、この「ミニ県政報告会」の開催を含めて、引き続き様々な方法で実施して参ります。


    <ミニ県政報告会>のご案内

  <開催日時>   <開始時間>       <開催場所>
  7月5日(日)   午後5時40分   新百合21  第2研修室
  7月5日(日)   午後6時50分   新百合21  第2研修室
  7月5日(日)   午後8時   新百合21  第2研修室

 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。
  開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
  途中退出も構いません。
                       (平成27年7月4日 記)



<515> 本会議・代表質問(発言内容)の報告 ⑦
県立高校における「高等学校等就学支援金」に関して


 教育長に、本県・県立高校における高等学校等就学支援金に関して、お尋ねいたします。

  高等学校等就学支援金制度は、平成22年度から導入された「授業料に充てるための就学支援金を支給する事により、高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図り、もって教育の実質的な機会均等に寄与する事を目的」として創設された制度であり、いわゆる「高校授業料の無償化制度」の事であります。

 その後、所得制限の導入の制度改正を行い、昨年度・平成26年度からの新制度では、「国公私立問わず、高等学校等に通う一定の収入額未満、具体的には、市町村民税所得割額が30万4200円未満(モデル世帯で年収910万円未満)の世帯の生徒」に対して、授業料に充てるため、国がこの支援金を支給しています。

 私は、制度の詳細に関して議論の余地は多くあると考えますが、国が高等学校等における教育の経済的負担の軽減を図り教育の実質的な機会均等の実現を目指した制度を創設したことは意義のある事だと評価をしています。

 新制度になり1年以上が経ち、既に、昨年度の支給状況が明確になっています。

 新制度における高等学校等就学支援金の全国での支給割合の当初の想定は約78%であったかと思いますが、私は、この支給率は本県県立学校毎では大きな違いがあるものと推測しています。

 この高等学校等就学支援金制度に、昨年度・平成26年度から所得制限が導入された事により、県立高校毎の支給率の情報が完全に出来上がっています。言い換えれば、県立高校毎の生徒の家庭の所得状況が明らかになっているという事であります。

 かねてから、家庭の所得とその家庭の生徒の学力の関係・親の経済力とその子どもの学力の関係が強く指摘されています。

 私は、その傾向は間違いないと考えてはおりますが、あまりにも大雑把な理解や一般論的・普遍論的な処理は、高校の入学偏差値等が明らかになっている現状では、結果として、各高校に対する安易なレッテル貼りや社会に不正確な認識や想像をもたらすものと不安を覚えております。

 勿論、情報を明らかにしていくにあたっては十分な注意が必要でありますが、一定程度の情報は示した上で、事実の確実な把握と分析、それに基づく対応が大変に重要だと考えております。

 そこで、教育長にお伺いいたします。

 まず、昨年度・平成26年度の高等学校等就学支援金の本県県立高校における平均支給率などの支給の状況について、ご報告をいただきたいと存じます。

 また、県立高校の就学支援金の割合と大学等の進学実績や中退率や部活動入部率等の相関関係については一定の関係があると推測いたしますが、県教育委員会として既に十分な確認や分析をされたと存じますので、ご所見をお伺いいたします。

 さらに、私は、県立高校の就学支援金の支給割合が明確になっている状況の中で、支給割合が高い県立高校に対して思いをいたすことは当然だと考えております。とりわけ、中途退学する生徒を少なくするために生徒指導の面での十分な配慮が強く求められると考えておりますが、教育長のご所見をお伺いいたします。


 ★参考資料(新聞報道)・・・『東京新聞』(平成27年6月25日)第24面(地域の情報面)をお読みください。
                (平成27年6月26日 記)



<514> 本会議・代表質問(発言内容)の報告 ⑥
朝鮮学校に関する私学行政について


 朝鮮学校に関しましては、これまでも本会議や委員会の場で多く取り上げられてきたところであります。

 また、今定例会でも、一昨日、自民党のしきだ議員が、今月・6月13日の産経新聞の報道を踏まえて、質問をされています。

 朝鮮学校に関する県民の皆様の関心は極めて高く、これま多くの議論が巻き上がったところです。

 ここ数年間の本県の対応を振り返りますと、平成25年度の当初予算においては朝鮮学校への補助金の計上を見送っています。これは、北朝鮮の核実験を受けての対応でありましたが、その際、知事は「国際社会の平和と安定にとって重大な脅威であり、国際社会の総意を踏みにじる行為。強い憤りを覚える。そして、朝鮮学校への補助継続はどう考えても県民理解が得られない。苦渋の選択で見送ることにした。」と述べられました。私は、知事のこの決定は当然のものと高く評価しております。

 その後、平成26年度からは、児童・生徒へ直接支給する方式での補助金支給を再開しました。

 この方式は、批判が出ていた朝鮮学校自体への補助金の支出ではなく、児童・生徒の教育を受ける機会を保障するための対応として、児童・生徒への補助金の直接支給であり、県当局の苦心が強く感じ取れます。これに関しては県当局の対応を評価しております。

 しかしながら、先日の新聞報道によれば、「この個々の児童・生徒の保護者らの口座に振り込まれる形で児童・生徒へ直接支給される補助金が、朝鮮学校の運営に関わる朝鮮総連教育局の管理の下で学校毎に設置される教育会という組織に納付されている。」との事であります。

 県民の皆様は朝鮮学校に関しては分からない事が大変に多いと受け止められていますが、残念ながら、この新聞報道の内容も含め朝鮮学校に関する情報を本県が収集し内容を十分に把握することには大きな限界があります。

 また、北朝鮮、朝鮮総連、朝鮮学校の関係や一体性については多くの指摘がありますが、これについても本県が状況を把握することは困難であります。

 さらに言えば、朝鮮学校に対する補助金の支出等の私学行政は、北朝鮮に対する国民世論に左右される側面が強く、まさに政治問題という状況です。この様な中で、朝鮮学校に関する行政事務を都道府県が今後も担い続けるのが最善だとは私にはとても思えません。

 私は、朝鮮学校に関わる私学行政については、課題の特殊性や困難性から、国と都道府県の役割分担を見直して、国が全国の朝鮮学校を一括的に対応すべきと確信しております。

 「地方分権」の流れの中で、地方の役割や権限を国に移管する事に躊躇を覚える人がいるのかとは思いますが、役割分担は単純に何でも国から地方に移せば良いいうものではなく、国と地方の最適社会システムの構築の課題であります。

 過去には、都道府県が担当していた金融機関の一つである信用組合の検査・監督事務を今は完全に国に移していますが、これは極めて適切な判断だった評価しています。

 私は、我が国で暮らす全ての児童・生徒に対して、基準や制限等は当然存在すべきでありますが、補助金の支給等により資金面で出来る範囲内で、教育の機会を保証していく事は重要だと考えています。

 本日、私が強く主張したいのは、補助金等のお金の支給の話ではなく、国と都道府県のどちらが担うのが適切な行政事務なのかという事であります。

 そこで、知事に伺います。

 私は、朝鮮学校に関わる私学行政については、課題の特殊性や困難性を率直に認識した上で、国と都道府県の役割分担を見直して、国が全国の朝鮮学校を一括的に対応する方向にすべく、国に対して協議を求めていくべきと強く考えますが、知事のご所見をお伺いいたします。
              (平成27年6月26日 記)



<513> 本会議・代表質問(発言内容)の報告 ⑤
「行政改革大綱(素案)」に関連して、報道官の設置について


 現在策定作業中の「行政改革大綱(素案)」に関連して、報道官の設置についてお尋ねいたします。

 「行政改革大綱」は、議会での議論も踏まえて、最終的に来月にも、策定されると承知しています。

 本県の「行政改革」については、この素案にもありますが、量的削減の対応は相当に進んでおり、私は、本県の行政改革のうち今日までの量的削減を高く評価しているところです。この大幅な量的削減の実現は、平成7年度から8年間知事を務められた岡崎ひろし・元知事の貢献が大変に大きいと認識しております。

 この「行政改革大綱(素案)」において、「基本的な考え方」として、「今後は、削減中心ではなく、質的向上に着目した改革を推進します。」と明記されており、私の認識と全く同じであります。

 本県の行政改革を考える上で価値のある考え方を「行政改革大綱(素案)」として示していただきましたので、本日は、「素案」に示されている「取組分野6 協働連携と情報発信改革」の中の「情報発信改革」に関連して伺いたいと思います。

 広報活動の充実は大変に重要であり、これまで以上に本県行政に求められる責務であると強く認識しています。

 知事は、先月、「箱根大涌谷周辺の地震活動の活性化に伴い、人的被害ゼロ、風評被害ゼロを目指して、きめ細かで正確な情報を丁寧に提供する事を契機として、県の情報を一元的に分かりやすく発信するため」として、知事室長を広報統括官に選任されました。

 私は、適切な対応と評価し、大いに期待しています。

 また、今月に入り、各局の総務室の企画調整担当課長を広報官として位置付けされましたが、こちらも大いに期待をするところです。

 広報統括官および広報官の設置により本県の広報活動が充実することを強く期待しておりますが、さらに、私は、本県の広報活動のより一層の充実のために、広報統括官や広報官とは別に、報道官の設置を検討すべきと強く考えています。

 今日の我が国の状況では、社会に流通する情報の圧倒的多くはメディアによりもたらされるものです。また、その傾向は情報拡散の段階が早ければ早いほど強いものがあります。

 情報の量と迅速性の観点から、本県行政の推進においてマスコミ対応は大変に重要であります。また、米国のほとんどの公的組織に報道官が設置されている事例からは、報道対応には専門性や経験が必要とも推測します。

 知事の1期目のマスコミ対応を含めた広報活動では、知事は県政に関する説明について、知事自身が記者会見・様々な会合を通じての情報発信や県民との対話の広場の設置など積極的に取り組まれ、とりわけ、対話の広場ではキャスターとしての経験を生かし知事自身が進行し対話をされていたと承知しております。また、知事がご自身のメッセージ力を重視していると認識しています。

 言わば、黒岩知事自身が、GOVERNOR・知事であり、同時に、PRESS SECRETARY・報道官の状態にあります。

 これは大変に素晴らしい事ではありますが、黒岩県政は2期目に入り更なる進展をしていく訳でありますので、知事の言動に注目がより集り、より多忙を極めていくのは必至と想定しております。

 また、加えて申し上げさせていただければ、世間には、「人というものは苦手な分野で失敗しがちと思われるが、意外にも自分の得意な分野で足を掬われる事が多い。」という指摘もあるところでございます。

 そこで、知事にお伺いいたします。

 本県に求められるマスコミ対応のさらなる重要性の高まりを踏まえ、現在は県民局に報道担当の課長代理が設置されていますが、これを発展させて報道官を設置すべきと考えますが、知事のご所見をお伺いいたします。
                  (平成27年6月26日 記)



<512> 本会議・代表質問(発言内容)の報告 ④
交通網の整備について・・・(2)「かながわ交通計画」の見直しについて


 本県の交通施策については、「かながわ都市マスタープラン」の部門別計画であります「かながわ交通計画」に基づいて進められているところですが、現在の「かながわ交通計画」は、平成19年10月に改定されたものであり、平成37年を展望し、神奈川における望ましい都市交通を実現するための施策の基本的な方向が示されています。

 改定から8年近くが経過しまして、交通政策を取り巻く状況も変化しているところであります。

 鉄道については、今年度中に国の交通政策審議会から答申が出され、今から15年後となる平成42年を見据えた東京都心部を中心とする概ね50kmの範囲の「今後の都市鉄道のあり方について」が示される予定になっています。

 また、道路については、本県道路網の大動脈となります「さがみ縦貫道路」が平成27年3月に待望の開通をし、「新東名高速道路」の整備も着実に進められています。

 さらに、平成32年の東京オリンピック・パラリンピック開催を踏まえた交通網整備も大いに期待されるところでございます。

 そこで、知事にお伺いいたします。

 
今申し述べました通り本県の交通政策を取り巻く状況が変化している事を踏まえますと、現在の「かながわ交通計画」については、見直しを検討する時期に来ていると考えるところでございますが、知事のご所見をお伺いいたします。
                  (平成27年6月26日 記)



<511> 本会議・代表質問(発言内容)の報告 ③
交通網の整備について・・・(1)鉄道網の整備のための交通政策審議会への対応について


 鉄道網の整備は県民にとって・県土づくりにとって大変に重要な課題でありますが、県の直接的な権限等は小さいのが実情です。
 私は、県民にとって大変に重要な課題にもかかわらず県としての直接的な権限等が小さい課題については、県政のトップである知事の力の発揮に大きな期待をしております。

 丁度1年前に、私は、この場から、「横浜市営地下鉄3号線の新百合ケ丘駅までの延伸」についての質問いたしましたが、本日は、この横浜市高速鉄道3号線の新百合ケ丘駅までの延伸をはじめとする本県内の鉄道網整備の促進のため、現在検討が行われている交通政策審議会への対応について伺います。

 「かながわ都市マスタープラン」の部門別計画である「かながわ交通計画」には、番号①の「横浜市高速鉄道3号線のあざみ野から新百合ケ丘」に始まり、番号⑲の「川崎アプローチ線」までの19路線が、「将来の望ましい鉄道網」として位置付けられています。

 これらの鉄道網の整備の推進については、今月まとめられた「平成28年度 国の施策・制度・予算に関する提案」においても「広域交通ネットワークの整備促進」として鉄道網構想を図示した上で「鉄道網の整備促進」が提案されているところであります。

 本県内の鉄道網整備のうち東京圏に含まれる鉄道の整備については、昨年5月から検討が始まっている交通政策審議会での「東京圏における今後の都市鉄道に関する基本計画(次期答申)」に位置付けられる必要がありますので、私は、交通政策審議会への本県の対応を強く期待しているところであります。

 そこで、知事にお伺いいたします。

 まず、今年度内には答申が出されるとされている交通政策審議会の今後のスケジュール等に関して、ご所見をお伺いいたします。
 その上で、本県の「かながわ交通計画」において「将来の望ましい鉄道網」として位置付けている鉄道路線のうち横浜市高速鉄道3号線の延伸等の東京圏に含まれる鉄道網整備についての交通政策審議会への対応に関して、知事のご所見をお伺いいたします。
                  (平成27年6月26日 記)



<510> 本会議・代表質問(発言内容)の報告 ②
知事が知事選挙の際に掲げた「県立がんセンターを、日本一のがん拠点病院に」という政策について


 黒岩知事は、「いのち」については、黒岩祐治の生涯のテーマであると言われ、4年前の知事選挙では、「命を守る日本一の医療体制の確立を目指します。」との政策を明確に掲げられました。これは県民の皆様が大きな期待を抱く選挙公約でありました。

 それ故に、私は強い期待感を持ち、前回の知事選挙直後の本会議にて、この「命を守る日本一の医療体制の確立」について質問したところであります。知事は、「医療のグランドデザインを描き、命を守る日本一の医療体制を実現する神奈川モデルを目指してまいりたいと考えています。」と明確に答弁されました。

 その後の知事の取り組みに対しましては、大いに評価をしているところでございます。

 今般の2期目の知事選挙の政策においても、「いのち」に関わる政策として、「県立がんセンターを、日本一のがん拠点病院に」との高い目標を掲げられました。言うまでもなく、がんは日本人の死亡原因の第一位であり、がん征圧は国民的悲願であります。

 4年前と同様に大きな期待を込めて、お伺いしたいと思います。

 我が国を代表するがんの高度専門医療機関としては、以前の「国立がんセンター」、現在の「国立研究開発法人国立がん研究センター」が即座に挙げられるところあり、間違いなく、その歴史・実績・設備等は日本一のがんの高度専門医療機関に相応しいものであります。

 しかしながら、国立がんセンターが積み重ねてきた「多くの世界的な実績や圧倒的に高い評価」に対して、「陰りがある」との指摘は医療の専門家でなくとも耳に入って来るところであります。

 国立がんセンターは平成22年に独法化され、現在は「国立研究開発法人国立がん研究センター」になりましたが、独法化前の国立がんセンターの中央病院長であった土屋了介氏は国立がんセンターの運営に関して積極的な発言をされ、関係者の強い関心が集まったと承知をしているところです。

 土屋氏は肺がん等の専門家であり、国立がんセンターの中央病院・病院長を務められた経歴を持たれ、さらには医療に関わる積極的な発言をされ高い目標を追求されておられる医師・研究者・病院運営者であります。

 私は、この土屋氏が、平成25年に本県の顧問に、平成26年4月には地方独立行政法人神奈川県立病院機構の理事長に就任された事を踏まえますと、知事は相当以前より「県立がんセンターを日本一のがん拠点病院」にする事を強く意識されていたのではないかと推測しております。

 その意味では、知事選挙での「県立がんセンターを、日本一のがん拠点病院に」という政策は、まさに満を持してのものと考えているところであります。

 当然、県立がんセンターは地方独立行政法人神奈川県立病院機構の病院でありますので、県行政のトップである黒岩知事と地方独立行政法人神奈川県立病院機構のトップである土屋理事長の言わば「ツートップ」の体制で、「県立がんセンターを、日本一のがん拠点病院に」されていくものと確信しております。

 そこで、知事にお伺いいたします。

 この課題について、知事は「日本一」との高い目標を明確にされておりますので、その戦略等が知事の頭の中では十分に練られていると想像しており、私は大きな期待をしております。勿論、「日本一のがん拠点病院」の確立が今年や来年のうちに簡単に実現するとは全く考えておりません。
 知事の2期目の任期であります4年間という期間を見据えて、「県立がんセンターを日本一のがん拠点病院に」するために、現時点で、知事が4年間の中で描いておられる構想や戦略等について、知事のご所見をお伺いしたいと存じます。


 
★参考資料(新聞報道)・・・『神奈川新聞』(平成27年6月25日)第19面(広域面)をお読みください。
         
 (平成27年6月26日 記)



<509> 本会議・代表質問(発言内容)の報告 ①
★2期目の黒岩県政への対応方針について


 知事選挙と県議会議員選挙後の最初の本会議質問でありますので、2期目の黒岩県政に対する私共・県政会としての基本方針を申し述べておきたいと思います。

 4月の知事選挙において、黒岩知事は神奈川県知事選挙史上、昭和58年の長洲知事3期目・昭和62年の長洲知事4期目の知事選挙に次いで3番目に多い219万票余りを獲得されました。この得票数は、今般の知事選挙が過去最低の投票率であった事を踏まえますと、圧倒的多数の県民の皆様の黒岩知事の1期目に対する高い評価と2期目への強い期待の現れと認識しております。

 本県は、全国47都道府県の中で、間違いなく、豊かで先進的な県であります。黒岩知事におかれましては、知事選挙での圧倒的多数の県民の皆様の支持を受け、より豊かで先進的なかながわの実現に向けて邁進されます事を強く期待いたします。

 我が国では、憲法第93条で、「議事機関として、議会を設置する。」、「長及び議会の議員は、住民が、直接これを選挙する。」と定めており、地方公共団体では、いわゆる「首長制・大統領制」により、議会と長とが相互に均衡と調和を図りながら当該団体を運営する事が求められ、その為の制度的保障が地方自治法で定められています。

 
私共・県政会は、これら法の精神を踏まえ、知事と相互に均衡と調和のある関係を構築するにあたり、「黒岩知事は、もっと高い目標を設定すべきだ。もっと高い目標に到達できる筈だ。」との視座を持って黒岩知事に向き合いたいと思います。

 言い換えれば、黒岩知事が高い目標を掲げ続け、実現に全力で取り組んでいるのならば、全面的に支持をしていく所存でございます。
            (平成27年6月26日 記)



<508> 本会議・代表質問を実施しました
★質問項目


 昨日(6月24日)、本会議にて、知事と教育長に対して、質問をいたしました。






 質問項目は以下の通りです。



    <<  質 問 項 目  >>


1、知事が知事選挙の際に掲げた「県立がんセンターを、日本一のがん拠点病院に」という政策について



2、交通網の整備について

(1)鉄道網の整備のための交通政策審議会への対応について

(2)「かながわ交通計画」の見直しについて


3、「行政改革大綱(素案)」に関連して、報道官の設置について


4、朝鮮学校に関する私学行政について


5、県立高校における「高等学校等就学支援金」に関して

                 (平成27年6月25日 記)



<507> 6月24日(水)の本会議にて代表質問を行います
★選挙後初の知事との本会議での議論になります


 私は、6月24日(水)の午後1時からの予定で、無所属の神奈川県議会議員5人(私を含む)で構成する「県政会 神奈川県議会議員団」を代表して本会議場にて代表質問を行います。


 今回の知事との本会議での議論が、4月に行われた神奈川県知事選挙と神奈川県議会議員選挙後の初めてのものとなりますので、大変に重要です。

 黒岩祐治知事知事に対する各会派の基本的な態度が明確になると思われます。

 私の質問は6月24日(水)の午後1時からですが、質問通告(「質問通告書」という文書の提出をもって行います)の期限は22日(月)の午後5時ですので、現在、最終調整の最中です。

 今のところ、知事に大きく4つの課題について、教育長に大きく1つの課題について、質問をする予定です。


 議会における「質問」というのは、伝統的に日本だけでなく世界的に用いられる表現ですが、「質問」形式により知事(教育長や警察本部長も含む)に対して政策提言や行政の監視や批判・修正を行うものです。


 国会と同様に、神奈川県議会の議論に対しましても大きなご注目をお願いいたします。

                          (平成27年6月21日 記)



<506> 「平成27年 第2回定例会」での本格的な議論がスタート
★4月の選挙後最初の知事と議員による本会場での議論です


 6月22日(月)から、神奈川県議会では、「神奈川県議会 平成27年第2回定例会」での本格的な議論に入ります。


 まずは、6月22日(月)から24日(水)の3日間をかけて、各会派の代表質問が行われます。

 順番は、「自民党(一人目)⇒民主党(一人目)⇒公明党⇒維新の会⇒共産党⇒県政会⇒自民党(二人目)⇒民主党(二人目)」になります。


 無所属の神奈川県議会議員5人(私を含む)で構成する「県政会 神奈川県議会議員団」では、私が、24日(水)の午後1時から代表質問を行います。


 今回の議論が、4月に行われた神奈川県知事選挙と神奈川県議会議員選挙後の初めての本格的な議会での議論となりますので、大変に重要です。

 国会と同様に、神奈川県議会の議論にも是非ご注目をお願いいたします。
                (平成27年6月20日 記)



<505> 「平成27年 第2回定例会 後半の部」開始
★6月11日(木)よりスタートします


 「神奈川県議会 平成27年 第2回定例会 後半の部」が、6月11日(木)から7月13日(月)までの予定で開催されます。


 先々月(平成27年4月)に実施された統一地方選挙後で選出されました<知事(行政)>と<県議会議員(議会)>による最初の本格的な議会での議論になります。

 私は、「本会議」と「文教常任委員会」と「行財政改革・地方分権特別委員会」で質問する予定になっています。


 尚、現在、私が委員になっています「議会運営委員会」と「議会改革検討会議」は、議会の運営と改革について、議員同士で議論する委員会です。



 どうぞ、「神奈川県議会 平成27年 第2回定例会 後半の部」での議論に、ご注目下さい。
                   (平成27年6月8日 記)



<504> 6期目の任期の最初の<ミニ県政報告会>
★5月31日の<ミニ県政報告会>のご案内


 私の6期目の神奈川県議会議員として任期が、先月・4月30日(木)から始まりました。


 今任期中も、平成7年に神奈川県議会議員になって以来開催してきました「ミニ県政報告会」=少人数による座談会を、継続して開催して参ります。

 5月31日(日)に、6期目の任期中の最初の<ミニ県政報告会>を開催いたします。

 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願いながら開催しているところです。 


 私は、神奈川県議会議員の活動として、<広聴活動>を大変に重要と考えております。

 麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく<広聴活動>を、この「ミニ県政報告会」の開催を含めて、様々な方法で実施して参ります。


    <ミニ県政報告会>のご案内

  <開催日時>   <開始時間>       <開催場所>
 5月31日(日)   午後1時15分   新百合21  第2研修室
 5月31日(日)   午後2時30分   新百合21  第2研修室
 5月31日(日)   午後3時45分   新百合21  第2研修室

 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。
  開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
  途中退出も構いません。
                       (平成27年5月27日 記)



<503> 「平成27年 第2回定例会 前半の部」終了
★今年度の議会の役職等を決定


 先月(平成27年4月)に行われました統一地方選挙を受けての最初の神奈川県議会であります「神奈川県議会 平成27年 第2回定例会 前半の部」が、先週・5月22日に終了しました。

 主な議題は、今年度の議会の役職の決定です。


 私は、今年度(正確には来年5月まで)は、

  ・「県政会 神奈川県議会議員団 団長」
     (無所属の神奈川県議会議員5人で構成する会派の代表)、
  ・「議会運営委員会 委員」、
  ・「文教常任委員会 委員」、
  ・「行財政改革・地方分権特別委員会 委員」、
  ・「議会改革検討会議 委員」

    を務めます。


*尚、統一地方選挙後の最初の本格的な議会での議論は、来月・6月から7月まで開催されます「神奈川県議会 平成27年第2回定例会 後半の部」で、行われます。

                   (平成27年5月26日 記)



<502> 黒岩祐治知事 訪問・意見交換
★5月1日より、本格的活動開始


 4月30日(木)の任期の始まりと同時に、私を含め無所属の神奈川県議会議員5人で、「県政会 神奈川県議会議員団」を結成しました。

 「県政会 神奈川県議会議員団」は、無所属の神奈川県議会議員で構成される神奈川県議会内の会派として昭和時代(戦後直後)から今日まで継続して存在しておりますが、議会内の手続上、議会内の全ての会派は毎回の選挙後に結成の届出を行います。


 昨日(平成27年4月30日)から、4年間の任期が始まりましたが、早速、本格的に活動を開始しました。

 本格的な議員活動の第一弾として、5月1日(金)に、黒岩祐治知事を訪問、そして、併せて限られた時間でしたが、黒岩祐治知事と意見交換を行いました。


 「県政会 神奈川県議会議員団」は、黒岩祐治知事に大いに期待をし、黒岩祐治知事を全面的に支持をする立場です。

 しかし当然の事ですが、県行政当局が提案・執行する事業については、「是々非々」の立場で臨み、議会で活発な議論を展開いたします。

 引き続き、活発な議論を展開していく決意です。


 私は、今年度、「県政会 神奈川県議会議員団」の団長を務めます。

 私が「県政会 神奈川県議会議員団」の団長を前回務めましたのは、平成18年度と19年度の2年間でしたので、約10年ぶりとなります。


 決意を新たに、6期目の神奈川県議会議員として、邁進して参ります


 引き続き、ご指導ご鞭撻の程を宜しくお願い申し上げます。









                    (平成27年5月16日 記)



<501> <記章交付式> 実施
★本日(平成27年4月30日)より、4年間の任期が始まります


 先の神奈川県議会議員選挙(4月12日実施)で当選した105人に対しまして、任期の初日の4月30日に、神奈川県庁の本庁舎・玄関で、「記章交付式」が行われました。

 私にとりましては、6期目の神奈川県議会議員としての任期の始まりです。


 <神奈川県政の発展>と<健全な民主政治の実現>の為に、全力で取り組んで参ります。

 引き続き、ご指導の程を宜しくお願い申し上げます。










                    (平成27年5月15日 記)




<500> 選挙の御礼の挨拶について
★法律の規定のご理解をお願いいたします


 法律(公職選挙法)の規定により、選挙終了後、御礼の挨拶行為を行う事に対しましては大幅な制限がかかっています。

 選挙終了後、支持や応援をしていただいた方に対し、直ぐにでも、<感謝>の気持ちを伝えたいのでございますが、公職選挙法により、これらの挨拶行為に対しましては大幅な制限が加えられております。


 「義理、恩義、人情」を重視する私としては、大変に心苦しいところがございますが、法律の規定でございますので、何卒、ご理解の程を宜しくお願いいたします。


 賜りましたご支援に対しましては、神奈川県議会議員として、十分な議員活動をする事で、お応えする決意でございます。

 何卒、ご理解の程を心よりお願い申し上げます。

 引き続き、ご指導ご鞭撻の程を宜しくお願い申し上げます。
                     (平成27年5月2日 記)



<499> 感謝と御礼
★本日(4月29日)、5期目の任期が終了します


 本日(平成27年4月29日)をもって、5期目の神奈川県議会議員としての任期が終了いたします。


 東日本大震災直後の神奈川県議会議員選挙(平成23年4月実施)で5期目の神川県議会議員選挙に当選して以来、4年間の任期を無事に終了する事が出来ます。

 4年間のご指導ご鞭撻に心より感謝申し上げます。


 明日(4月30日)から、6期目の神奈川県議会議員としての任期が始まります。

 引き続き、ご指導の程を心よりお願い申し上げます。

                  (平成27年4月29日 記)



<498> 5期目の任期中の最後の<ミニ県政報告会>
★4月24日の<ミニ県政報告会>のご案内


 私の5期目の神奈川県議会議員として任期が、4月29日(水)で、終了いたします。


 4月24日(金)に、5期目の任期中の最後の<ミニ県政報告会>を開催いたします。


  私は、神奈川県議会議員の活動として、<広聴活動>を大変に重要と考えております。

 麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく<広聴活動>を、様々な方法で実施しています。


 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願いながら開催しているところです。 


    <ミニ県政報告会>のご案内

  <開催日時>   <開始時間>       <開催場所>
 4月24日(金)   午後5時40分   新百合21  第1研修室にて
 4月24日(金)   午後6時50分   新百合21  第1研修室にて
 4月24日(金)   午後8時より   新百合21  第1研修室にて

 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。
  開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
  途中退出も構いません。
                       (平成27年4月18日 記)



<497> 4月18日(土)の午後、事務所におります
★ お会いできます事を心から願っております


 今週の土曜日・4月18日(土)の午後1時から午後6時までの時間、私は、事務所に張り付いております。


 多くの方から、当選祝いのお言葉を賜り、心から感謝いたしております。

 本当に有難うございます。

 慌ただしく(バタバタ)しておりまして、直接、お会いしたり・お話しする事がなかなか出来ず、大変に心苦しく申し訳なく思っております。



  ☆☆☆   4月18日(土)の午後1時から午後6時までの間は、事務所に張り付いております。   ☆☆☆

  ☆☆☆   ご都合がよろしければ、是非、ご来所下さい。   ☆☆☆

  ☆☆☆   ご来所を心よりお待ちしております。   ☆☆☆


*「祝勝会や報告会」等の特別に何かを開催するという訳では全くございません。

 お時間がございましたら、是非、私の顔を見に来ていただき、お話しをしましょうという趣旨でございます。


     <相原高広事務所>

  川崎市 麻生区 百合丘 1の23の7の2階

    (電話) 044-955-0910


小田急線「百合ヶ丘駅」より、世田谷街道(世田谷方面)に向かって徒歩2分。
  「横山自動車」様の向かいです。 

*尚、駐車場はございませんので、予めご承知下さい。
                   (平成27年4月15日 記)





      ◆ 選挙結果報告 ◆


 1、 相 原 高 広 (無所属・現職) 22,995票  当選(当選6回)

 2、 石 川 裕 憲 (民主党・新人) 21,083票  当選(当選1回)

 3、 赤 木 ま い (自民党・新人) 14,789票  落選


 
★<良識の麻生区>の皆様のご支援をいただきまして、当選する事が出来ました。


 選挙自体は大変に厳しいものでしたが、何とか、当選する事が出来ました。

 引き続き、麻生区選出の神奈川県議会議員として、神奈川県政の発展に全力で取り組ん参ります。

 何卒、より一層のご指導ご鞭撻の程を心よりお願い申し上げます。






<496> 選挙活動報告 (その10)
★ 当選を信じて


 先程、投票が終了いたしました。

 これからの数時間は、<当選>することを信じて、開票結果を待つのみです。

 これから数時間の間、何とも表現の難しい緊張する時間を過ごすことになります。


 本日の午後8時をもって、今回の神奈川県議会議員選挙は終了いたしました。

 結果は、早ければ午後10時30分過ぎに、遅い場合は午後11時以降に、判明すると思われます。

 ですので、結果に関するお問い合わせは、午後11時以降にしていただければ、大変に助かります。

   <電話> 044-955-0910


 何卒、ご理解の程を宜しくお願い申し上げます。

                   (平成27年4月12日 午後8時30分 記)



<495> 選挙活動報告 (その9)
★ 新百合ヶ丘に地下鉄を


 新百合ヶ丘に地下鉄を

 当然、私は、選挙公約に対して、<心中>する覚悟で、選挙に立候補しております。


 新百合ヶ丘駅での街頭演説中に、通行人の方から、

  「私は、あなたのレポートをしっかりと読んでいる。

  あなたが横浜市営地下鉄の新百合ヶ丘駅までの延伸について、県議会の本会議で何回か質問していることも知っている。

  あなたが真面目に取り組んでいるのは分るが、本当に実現するのか。

  実現出来なかったら責任を取るのか。

  25年後に実現していなかったら神奈川県議会議員を辞職するのか。」

 と厳しく言われました。


 私からは、「当然です。まさに、今、実現の為に取り組んでいるのです。25年後に実現しなかったら、私は神奈川県議会議員を辞職します。」と、明確に回答いたしました。


 *この方が、何故、「25年後」と言ったのかは理由は伺いませんでした。
  (四半世紀という意味なのかもしれません。)


 
★★★ 当然ですが、私は、選挙公約と<心中>する大前提で、今回の選挙に立候補しております。 ★★★


 この横浜市営地下鉄の新百合ヶ丘駅までの延伸の課題は、結果が、達成度の度合ではなく、「実現するか、実現しないか」のどちらかに明確に出ます。

 私は、選挙公約に対して、結果責任を取る大前提で、選挙に立候補しております。

 結果責任は間違いなく取ります。



 何卒、ご理解とご支援の程を、心よりお願い申し上げます。
                (平成27年4月11日 記)



<494> 選挙活動報告 (その8)
★ 志を高く、邁進して参ります


 大木哲(おおきさとる)・大和市長が、4月5日・10日の2日間、私の応援演説に来て下さりました。


 その中で、大木哲・大和市長は、

  「私は、相原さんを、同じ神奈川県議会議員として12年間観てきた。

  ここ8年間は神奈川県内の市長として相原さんを観ている。

  相原さんほど仕事ができる神奈川県議会議員はいない。

  100人以上いる神奈川県議会議員の中で最も政策通で論客だ。

  相原さんに政策論争で右にでる神奈川県議会議員は誰一人いない。

  このことは県の職員も県議会議員の皆さんもみんな知っている事だ。

  相原さんに対立候補者を擁立した自民党も民主党も十分に分っている事だ。

  だから、神奈川県政の為に相原さんを絶対に落選させてはいけません。

  相原さんが落選する様ならば神奈川県議会に何の魅力も有りません。」

 と応援演説をしていただきました。


(選挙の応援演説ですので、少し表現がオーバーになっているところが有るのかと思います。)


 志を高く持って、今後とも、神奈川県議会議員として、神奈川県政の発展の為に、邁進して参ります。


 何卒、ご指導とご支援の程を心よりお願い申し上げます。

                  (平成27年4月10日 記) 



<493> 選挙活動報告 (その7)
★ 選挙違反に対する警察や選挙管理委員会への通報について


 今回の選挙は最終盤になりました。

 選挙も終盤になりますと、各候補者・各陣営、さらには有権者の皆様も、選挙に関して熱く激しくなってくるものでございます。


 頻繁に、麻生区の皆様から、「候補者の名前が書いてあるノボリは選挙違反だ。」や「選挙カーで宣伝をしながら同時に候補者が駅前で演説をしているのは選挙違反だ。」とのご指摘を、写真や動画と共に、頂戴いたします。

 その上で、「相原さん、警察や選挙管理委員会に通報すべきだ。」との、アドバイスをいただくところでございます。


 確かに、これらの行為は、選挙違反の様に推測されます。

 しかしながら、私は、これまでの選挙でも、今回の選挙でも、警察や選挙管理委員会に通報をするという事を一度もしてございません。

  (動画や写真につきましては、受け取りをお断りさせていただいております。)


 何卒、麻生区の皆様に、私の対応につきまして、ご理解の程を、宜しくお願いいたします。


 私は、麻生区の皆様の良識のご審判を心より信じて、活動をしております。
                   (平成27年4月10日 記)



<492> 選挙活動報告 (その6)
★ 麻生区の川崎市議会議員選挙について


 街頭活動をしていますと、神奈川県議会議員選挙と川崎市議会議員選挙が同時に行われている関係で、主に、①「市議会議員選挙の方は誰に投票したら良いと思う?」、②「○○○候補者をどう評価している?」という2つのご質問をいただきます。


 大変に真面目な質問ではありますが、私の口から語ることは大変に僭越な事ですので、答えに窮するところです。

 しかしながら、ご質問をいただきましたので、私から語ることは大変に僭越な事ではありますが、②につきましては真剣にお答えをさせていただいております。

 私の考えを述べますと、概ね同じ評価の様であり、安堵をいたします。


*以前、私のこのHPの「このページの<483>」で、麻生区の川崎市議会議員候補者の方について少し書かせせていただいております。
 ご参照をいただければ幸いでございます。


★★ また、私の今回の選挙における、<麻生区選出の川崎市議会議員の先生方(現職・元職・新人を含む)との関係>については、以下の通りでございます。 ★★


 私は、「無所属」の神奈川県議会議員として、麻生区選出の全ての川崎市議会議員の先生方(現職、元職、新人を含む)と、これまでのお付き合いを大切にしながら、政党に関係なく超党派で協力して、麻生区の発展に取り組んで参りたいと強く願っております。

 麻生選出の神奈川県議会議員(現在の定数2人)と川崎市議会議員(現在の定数7人)で協力して麻生区の発展に取り組んで参りたいと考えております。

 その為には、選挙後の麻生区選出の議員同士の良好な関係が大事になります。
 ですので、選挙期間中は、(川崎市議会議員候補者の方の中で相原高広と一切協力したくないと思われている方は全く別でございませんが)、出来るだけ多数の候補者の方と、友好的に向き合いたいと考えております。

 私は、麻生区の川崎市議会議員候補者(10人)の中の特定の1人の候補者だけを支援する事は困難ですので、麻生区の川崎市議会議員候補者の方の「選挙公報、選挙ポスター」に推薦者として私の名前が載ることは一切ございません。

 また、「選挙ハガキ」につきましては、候補者本人から依頼が来た場合に限り、枚数は少ないですが無理のない範囲で対応しております。
 (勿論、強い候補者の方からは、「選挙ハガキを書いて欲しい。」という依頼自体が来る事はあり得ません。)


 麻生区の発展の為に、素晴らしい「川崎市議会議員(定数7人)」と「神奈川県議会議員(定数2人)」が、麻生区から選出される事を心から願い強く信じているところでございます。

                  
(平成27年4月9日 記)



<491> 選挙活動報告 (その5)
★ 選挙情勢について


 麻生区の神奈川県議会議員選挙の選挙情勢に関する私の回答。


 「相原さん、選挙情勢はどうですか?」と、しばしば聞かれます。

 この質問に対して、私は以下の様な回答をしております。

 何卒、ご理解の程を宜しくお願いいたします。


 ■詳細に分析をしていません。

 ■自分自身が立候補する選挙に関して予想や分析をする事は、感情が入り込み易く冷静に考えることが困難であり、正直よく分かりません。

 ■自民党と民主党の公認候補者と比べて「無所属」の私は基礎票が無いので、厳しい選挙だと受け止めて選挙運動に取り組んでいます。 
 その分、頑張らなくてはいけないと考えています。

 ■「相原が強い」などと一部の人が言っている様子だが、私には、その根拠が全く分りません。
    (故意に、この情報を流している人達がいる可能性もあります。)

 ■今回の麻生区の神奈川県議会議員選挙では、私だけが現職の候補者ですので、法律や制度を十分に認識し実現可能性もしっかりと視野に入れて、政策を語っています。

 ■選挙的に好印象を受けるかどうかではなく、神奈川県と麻生区の発展だけを念頭に政策を語っています。

                      (平成27年4月8日 記)



<490> 選挙活動報告 (その4)
★ 選挙カーは使いません、電話作戦はしません。


 ★★★ 相原高広の選挙運動について ★★★


 <選挙カー>は、使用いたしません。

 <電話作戦>は、実施いたしません。 


 私は、「麻生区の神奈川県議会議員選挙」に関して、何が「理想の選挙運動」かを考え、その結果を自分自身の選挙で実践しているところでございます。

 ただし、これは、「麻生区の神奈川県議会議員選挙」のみについて考えた「理想の選挙運動」であり、他の種類の選挙(川崎市議会議員選挙、自治体のトップの首長選挙等)や他の地域の選挙につきましては一切考察の対象に入れてございません。
 
 


 <選挙カー(街宣車)>は、前回(平成23年)、前々回(平成19年)の選挙同様、使用いたしません。

 <電話作戦>は、前々々回(平成15年)、前々回(平成19年)、前回(平成23年)の選挙同様、実施いたしません。


 「相原高広の選挙運動の基本」は、(基本であり、これで全てですが)、候補者本人の相原高広が自分自身の声で自分自身の言葉で、有権者の皆様に直接訴える事のみでございます。


*「相原高広の選挙活動の基本方針」につきましては、相原高広のHPの「相原高広の基本理念」のページに記載してございます。

 何卒、お読み下さります様、お願い申し上げます。


 何卒、ご理解とご支援の程を心よりお願い申し上げます。

                  (平成27年4月7日 記)



<489> 選挙活動報告(その3)
★ 応援演説・・・友情に心から感謝


 選挙活動 (2日目、3日目)・・・4月4日(土)、4月5日(日)


 大変に有り難い事に、自治体のトップである<市長>を務めている友人が、応援のために、麻生区に来てくれました。

 心から感謝です。


  ★4月4日(土)  本庄市長  吉 田 信 解(よしだしんげ)  (埼玉県)

  ★4月5日(日)  大和市長  大 木 哲  (おおきさとる)  (神奈川県)


*友人は人生の最大の財産です。

 選挙の時は特に強く感じるところです。

 本当に有難うございます。
                     (平成27年4月7日 記)



<488> 選挙活動報告 (その2)
★ 個人演説会(兼出陣式)


  選挙活動 (2日目)・・・4月4日(土)午後7時15分 「個人演説会(兼出陣式)」を開催。


 「相原高広 個人演説会(兼出陣式)」を開催いたしました。

 これまでの選挙の時よりも盛り上がり、心から感謝です。

 候補者本人・妻・娘を含め、45人が参加。

 組織力・動員力のある候補者からすると少人数の参加者ですが、私のこれまでの選挙では最大の参加人数となりました。

 心から感謝です。


 << 間違いなく >>

 今回の私の選挙に関して、多くの人が心配をして下さっており、過去の選挙の時よりも多くの参加者をいただき、開催することが出来ました。

 ご参加をいただだきました皆様に心から感謝申し上げます。
                   (平成27年4月6日 記)



<487> 選挙活動報告 (その1)
★ 立候補の届出 (4月3日)


 選挙活動 (1日目)・・・4月3日(金)午前8時30分  立候補の届け出 (後援会長と一緒に届けに行きました。)


 「立候補届け出のくじ引き」は、後援会長に全てお任せしました。

 結果は「2番」。
 (この番号が、選挙ポスターの掲示板の番号になります。)


*トップ当選だった前回の選挙の時も「2番」であったので、縁起が良いと強く信じる事にいたしました。

*立候補の届け出というものは、何度行っても、大変に緊張するものです。
                   (平成27年4月6日 記)





  ★★★ いざ、出陣! ★★★


 
本日(4月3日)、神奈川県議会議員選挙が始まりました。


   
<< 相原高広個人演説会のご案内 >>


 
「出陣式」を兼ねまして、個人演説会を開催いたします。

 「相原高広の個人演説会(兼出陣式)」は、毎回、ゆったり・じっくりと話を聞いていただきたいと願っておりますので、部屋の中の会議室を使って、椅子席で開催をしております。

 また、日程は、毎回、慌ただしい告示日を避けて、告示日の次の日に開催しているところでございます。


  
<日 時>  4月4日(土) 午後7時15分

  <場 所>  「新百合21」 地下2階の第1会議室
                   *小田急線「新百合ヶ丘駅」(北口)より数分。



 皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。






<486> 明日、神奈川県議会議員選挙 スタート
★ いかなる妨害にも負けず、前進します。


 明日(4月3日・金)、<神奈川県議会議員選挙>と<川崎市議会議員選挙>が告示されます。

 選挙直前に、大変に残念で、不愉快で、ショックな事件が発生しました。


 <私の事務所のエアコン(冷暖房装置)の室外機>が、盗まれました。

 ご存知の方も多いかもしれませんが、私の事務所は、地元・麻生区の大変に素晴らしい方が所有している建物の中にあります。
 建物の2階部分を事務所として賃貸でお借りしています。


 この度、建物のオーナーの方が、建物の外壁全面の塗装をする事になり、3月の後半から作業が始まりました。
 (作業の方は、本日・4月2日で、全て完了。)

 その塗装作業の過程で、建築業者の方から、「相原さん、このエアコン使ってないですよね。室外機が無いですよね。」とのお話しがありました。

 3月の上旬まではエアコン(暖房)を使用していましたので、最初は何の事か分りませんでしたが、室外機が設置されていた場所を確認すると、確かに、室内機が消えていました。

 気が付いていただいた、建築業者の方には、大変に感謝しております。


 昨日・4月1日(水)に、麻生警察署に通報をいたしました。

 麻生警察署で、「現場の状況確認・不審者情報の確認・私と建築業者の方への事情確認」をしていただきました。


 この事件は、「窃盗犯、私への嫌がらせ、選挙妨害」等の可能性がありますが、私の置かれている今日の状況では、<<極めて悪質な選挙妨害>>以外の何物でもありません。


 4月とはいえ、4月12日の投票日までの間には寒い日もあります。

 エアコンを設置する費用の問題もありますが、業者に設置を依頼したとしても選挙終了日までには間に合わないとの話であり、2台あるうちの1台のエアコン(暖房)が使用できなくなりました。

 事務所内での業務は大変に滞ります。

 また、事務所への来客者の方への対応にも支障が出ます。

 さらには、麻生警察署で現場確認等の捜査をしていただきましたので、「相原さんの事務所を警察が調べていた。 相原さんは何か悪いことをしたのか? この時期だから、選挙違反か?」という話にもなってしまいます。


 
私は、いかなる妨害にも負けず、気合を入れて前進します。


*麻生警察署(担当は刑事課)の皆様のご尽力に、心から感謝しているところです。

 現場の状況確認の後も、数回、内容確認のため、私の携帯電話に連絡がありました。
 その度に、「選挙直前のお忙しいところ済みませんが・・・」と言われ、大変に恐縮したところです。


 私は、豊かな麻生区を守るために、治安対策や交通安全対策等の警察の活動に心から期待をしておりますので、私に関わる事件で警察官の方の時間を取らせてしまった事が、大変に残念でなりません。
                   (平成27年4月2日 記)



<485> 投票率向上運動
★ 日本青年会議所(JC)の活動に大いに期待


 「日本青年会議所(JC)」のメンバーのバイタリティーに、大いに感心いたしました

 現在、「公益社団法人 日本青年会議所 関東地区 神奈川ブロック協議会」の皆様が、<投票率向上運動 「e-みらせん」>の活動に取り組まれています。

 具体的には、投票率を向上させるために、各選挙区の候補者の所信(JCの方で設定した質問への回答)を撮影して、インターネット以上に公開するものです。


 私も、この運動に賛同して、撮影をしましたところ、後日、担当者の方から「大変に申し訳ございません。」という急遽の連絡があり、「間違って、撮影したデータを一部消去してしまいました。
 お忙しいところ誠に申し訳ございませんが、選挙告示前の4月1日か2日のどちらかで、再度、撮影をお願いいたします。」との内容でした。

 私は、主張したい事や報告したい事は山ほどありますので、撮影をすること自体は大歓迎ですが、問題は日程でした。

 私の日程表を確認したところ、4月1日と2日の両日で空いてるのは「4月1日の夜9時以降だけ」でした。

 対応は難しいだろうと想像しながらも、その旨を担当者の方に伝えましたところ、「私の方の時間は必ず調整しますので、4月1日の午後9時でお願いします。」との即答。

 撮影の方は無事に済みました。


 私が大いに感心したのは、「私の希望の日程で、即座に、対応したバイタリティー。」でした。

 日本青年会議所の出身者は、全国各地で活躍をされていますが、その片鱗を感じたところです。


 是非、「公益社団法人 日本青年会議所 関東地区 神奈川ブロック協議会」の<投票率向上運動 「e-みらせん」>にご関心をお寄せ下さい。

 日本青年会議所の皆様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

                   (平成27年4月1日 記)



<484> 本日、<統一地方選挙> スタート
★ 神奈川県知事選挙 告示


 本日(3月26日)は、神奈川県知事選挙の告示日です。

 神奈川県知事選挙の告示に伴い、法律により、神奈川県内全域で、3月26日(木)から、政治活動が大幅に制限されます。

 よって、4月3日(金)の神奈川県議会議員選挙の告示までの間は、麻生区の皆様とお会いする機会が大幅に減少する事になりますので、ご理解の程を宜しくお願い申し上げます。


  ■神奈川県知事選挙・・・・・・・・ 告示日 3月26日(木)、 投票日 4月12日(日)

  ■神奈川県議会議員選挙・・・・ 告示日 4月 3日(金)、 投票日 4月12日(日)

  川崎市議会議員選挙・・・・・・ 告示日 4月 3日(金)、 投票日 4月12日(日)

                
(平成27年3月26日 記)



<483> 明日から<統一地方選挙>が始まります
★ 麻生区の選挙情勢に関する質問に対して


 明日(3月26日)、神奈川県知事選挙が告示され、神奈川県内では統一地方選挙が始まります。


 選挙が近づいてきた関係で、多くの方から、麻生区の選挙情勢に関するご質問をいただきます。

 選挙情勢については、断定的に言い切るのは難しいものですが、質問をいただいた際は、私なりに真剣に回答をしております。


 私は、私に質問をされる全ての方に対して、これまで以下の様な回答をしてきております。

 私の麻生区の選挙情勢に関する回答内容は、明快ではありませんし面白味のある物では無いと思いますが、私の考えも入ってはおりますが、多くの麻生区の皆様が語られている事でもございますので、何卒、ご理解を下さります様お願いいたします。



 < 麻生区の神奈川県議会議員選挙の情勢に関する質問への私の回答 >


・自分自身が立候補する選挙に関して予想や分析をする事は、感情が入り込み易く冷静に考えることが困難であり、正直よく分かりません。

・自民党と民主党の公認候補者と比べて「無所属」の私は基礎票が無いので厳しい選挙だと受け止めています。
 その分、頑張らなくてはならないと考えています。

・今回の麻生区の神奈川県議会議員選挙では私だけが現職の候補者になりますので、実現可能性を十分に意識して、政策を語っていきます。

・選挙的に好印象を受けるかどうかではなく、神奈川県と麻生区の発展だけを念頭に政策を語っていきます。



 < 相原高広の麻生区選出の川崎市議会議員の先生方(現職・元職・新人を含む)との関係について >


 私は、「無所属」の神奈川県議会議員として、麻生区選出の全ての川崎市議会議員の先生方(現職、元職、新人を含む)とは、これまでのお付き合いを大切にしながら、政党に関係なく超党派で協力して、麻生区の発展に取り組んで参りたいと強く願っております。

 麻生選出の神奈川県議会議員(現在の定数2人)と川崎市議会議員(現在の定数7人)で協力して麻生区の発展に取り組んで参りたいと考えております。
 その為には、選挙後の麻生区選出の議員同士の良好な関係が大事になります。
 ですので、選挙期間中は、(川崎市議会議員候補者の方の中で相原高広と一切関わりたくないと思われている方は仕方がございませんが)、出来るだけ多数の候補者の方と、友好的に向き合いたいと考えております。

 私は、麻生区の川崎市議会議員候補者(現在のところ10人と予想されています)の中の特定の1人の候補者だけを支援する事は困難ですので、麻生区の川崎市議会議員候補者の方の「選挙公報、選挙ポスター」に私の名前が載ることは一切ございません。
 また、「選挙ハガキ」の記入につきましては、候補者の方から依頼が来た場合には、少ない枚数になるでしょうが無理のない範囲で協力が出来ればと考えております。
 (現在のところ依頼は特にございません。)

 麻生区の発展の為に、素晴らしい「川崎市議会議員(定数7人)」と「神奈川県議会議員(定数2人)」が、麻生区から選出される事を心から願い強く信じているところでございます。


  <麻生区の川崎市議会議員選挙の情勢に関する質問への私の回答>


・選挙結果は、選挙運動の量と質で決まるのではなく、現職の候補者ならば議員としての活動の質と量、新人候補者ならば良い議員になる可能性と資質があるかどうかで、左右されるべきだと確信しています。

・ほとんどの麻生区の方が、「(五十音順で) 雨笠裕治先生、花輪孝一先生、山崎直史先生の3人の先生が強い。」と話されており、私も全く同じ意見です。
 この3人の先生方は大変に素晴らしい議員活動を展開されてこられています。
 高い評価が集まるのは当然ですし、高い評価が集まるべきだと確信しています。

・また、かねてから、私は、日本の選挙運動は他の先進民主主義国と比べて、「事前ポスターと選挙カー(街宣車)」の2つの点で極端な違いがあり、大きな疑問を持っています。
 この3人の先生方の毎回の選挙運動は良識的であり、強い敬意を払っているところでございます。

・現在、日本では、「格差社会、ブラック企業、ブラックバイト、非正規雇用」等の社会問題についての強い指摘があります。
 これらの社会問題に対する状況認識や評価に関しては様々な議論が有りますが、国民の中に不安を感じている人が相当数おられる事は確実だと思います。
 こういう社会状況下の選挙では、「リベラル」・「革新」・「セーフティネット (safety net)強調派」等と表現される候補者に注目が集まる傾向が有ります。
 ですので、神奈川ネットワーク運動の山口和子さん(元職)や日本共産党の勝又光江さん(現職)に一定の支持が集まるのかと推測されます。

・月本琢也さん(無所属・現職)は、活発な議員活動を展開されておられ、柿生地域を中心に強い月本ファンの方が多くおられると思います。

・木庭理香子さん(民主党・現職)は、女性議員として明るく元気よく議員活動をされていると思います。

・3人の新人の候補者の方(五十音順で)、<伊藤博幸さん(無所属・新人)、老沼純さん(自民党・新人)、大橋信一さん(維新の党・新人)>は、いずれも若い新鮮な候補者であり、どんな選挙運動を展開されるのか、どんな政策を訴えられるのか、大変に注目をしております。

・「維新の党」は、結党以来初めての統一地方選挙であり、有権者からどの様な審判を受けるのか大いに注目をしています。


*尚、投票日が近づいて来れば来るほど、選挙情勢について語る事はより一層の困難が発生しますので、選挙情勢に関する質問につきましては可能な限り避けていただければ、大変に助かるところでございます。

 何卒、ご理解の程を宜しくお願い申し上げます。
                   (平成27年3月25日 記)



<482> 4年間で「ミニ県政報告会」 200回開催
★ 今後も、<広聴活動>を大切にして参ります


 前回の神奈川県議会議員選挙(平成23年4月)から4年間で、200回の「ミニ県政報告会」を開催する事が出来ました。


 平成7年4月に神奈川県議会議員になって以来、継続して開催しております「ミニ県政報告会」の統一地方選挙前の最後の開催分が終了しました。

 前回の神奈川県議会議員選挙(平成23年4月)で5期目の当選をして以来、丁度200回の開催となりました。

 今任期中は、平成25年5月から平成26年5月まで<副議長>を務めましたので時間の制約がありましたが、これまでの任期の時と同様に、4年間の任期で200回の開催をすることが出来ました。


 「ミニ県政報告会」でいただきましたご意見・ご要望は、私の議員活動にとって大変に貴重であり、参加者をして下さった皆様に心から感謝いたしているところでございます。

 今後とも「広聴活動」を大切にして、議員活動に取り組んで参ります。


 引き続き、ご指導ご鞭撻の程を宜しくお願い申し上げます。
                    (平成27年3月25日 記)



<481> 統一地方選挙前の最後の「ミニ県政報告会」
★3月25日の「ミニ県政報告会」のご案内


 統一地方選挙前の最後の「ミニ県政報告会」を開催いたします。

 統一地方選挙が3月26日(木)から始まりますので、3月25日(水)に、統一地方選挙前の最後の「ミニ県政報告会」を開催いたします。


 法律(公職選挙法)により、3月26日(木)に神奈川県知事選挙が告示されますと、神奈川県全域で、政治活動が大幅に制限されます。

 ですので、3月25日(水)が、統一地方選挙前の最後の「ミニ県政報告会」の開催となります。


 私は、神奈川県議会議員の活動として広聴活動を大変に重要と考えており、麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく広聴活動を、様々な方法を用いて実施しています。

 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願いながら開催しているところです。 


 17万人の麻生区の皆様の神奈川県議会における唯一人の代表者とし、その責任の大きさを十分に自覚して、広聴活動に取り組んで参ります。


    <ミニ県政報告会>のご案内

  <開催日時>   <開始時間>       <開催場所>
 3月25日(水)   午後1時30分   新百合21  第1研修室にて
 3月25日(水)   午後2時40分   新百合21  第1研修室にて
 3月25日(水)   午後3時50分より   新百合21  第1研修室にて

 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。
  開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
  途中退出も構いません。
                       (平成27年3月23日 記)



<481> <広聴活動> 聴きます!
★3月22日の「ミニ県政報告会」のご案内


 私は、神奈川県議会議員の活動として、<広聴活動>を大切にしております。

 平成7年4月に、麻生区選出の神奈川県議会議員になってから、麻生区の皆様の声を聴かせていただく「広聴活動」を、様々な方法を用いて実施しています。


 特に、現在、本来は麻生区の神奈川県議会議員は定数2人ですが、私以外の一人が任期途中で議員辞職をしたことにより、平成27年4月29日までの期間、麻生区選出の神奈川県議会議員は、私(相原高広)一人だけになっています。

 17万人の麻生区の皆様の神奈川県議会における唯一人の代表者とし、その責任の大きさを十分に自覚して、広聴活動に取り組んで参ります。



    <ミニ県政報告会>のご案内

  <開催日時>   <開始時間>       <開催場所>
 3月22日(日)   午後3時より   新百合21  第1研修室にて
 3月22日(日)   午後4時10分より   新百合21  第1研修室にて
 3月22日(日)   午後5時20分より   新百合21  第1研修室にて
 3月22日(日)   午後6時30分より   新百合21  第1研修室にて
 3月22日(日)   午後7時40分より   新百合21  第1研修室にて

 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。
  開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
  途中退出も構いません。
                       (平成27年3月20日 記)



<480> 「故小島一也先生を偲ぶ」シンポジウム 開催
★偉大な柿生人を偲ぶ貴重な機会でした


 昨年の12月に死去されました故小島一也先生(元川崎市議会議長、柿の実学園理事長、柿生郷土史料館・元相談役)を偲ぶシンポジウムが、3月15日(日)、柿生資料館で開催されました。

 故小島一也先生は柿生地域で最も尊敬されました地元の偉大な方です。


 私は、この日は既に予定が入っておりましたので、前半部分だけではありましたが、貴重なシンポジウムに参加する事が出来ました。

 シンポジウムは、故小島一也先生の業績や功績や人となりを、関係者の皆様が振り返り在りし日のお姿を偲ぶ内容でした。

 改めて、故小島一也先生の偉大さやご功績を確認させていただきました。


 大変に価値あるシンポジウムを開催して下さりました関係者の方々に心より感謝申し上げます。

                  (平成27年3月16日 記)



<479> 今任期中の神奈川県議会の会議は全て終了しました
★私の今任期中の最後の議会質問


 現在の神奈川県議会議員としての任期(平成23年4月30日から平成27年4月29日まで)の中の、最後の議会質問について、報告いたします。


 3月13日に終了しました「平成27年 第1回定例会」において、私は、3月3日(火)に「文教常任委員会」にて、3月4日(水)に「ヘルスケア・ニューフロンティア政策調査特別委員会」にて、3月10日(火)に「文教常任委員会」にて質問を行いました。

 このうち、今任期中の最後の議会質問となりましたのが、3月10日(火)の「文教常任委員会」での質問です。


 この質問は、麻生区選出の神奈川県議会議員であります私にとって、大変に残念で不愉快な内容です。

 しかし、麻生区選出の神奈川県議会議員だからこそ、厳しく指摘しなくてはならない問題でありました。


*つい先日の新聞報道等でご存知の方もおられると思いますが、麻生区内の川崎市立小学校で、教員免許を持っていない者が、10年近く教員をしていたという事件が発覚しました。


 私は、文教常任委員会にて、怒りの感情を殺抑えながら、質問をしたところです。

  << 主な質問内容 >>

①この人間へ支払った過去の全ての給料や旅費等の額について。
 その返還について。
 具体的な返還方法について。
  (川崎市立の教員であっても給料等は神奈川県で支払っています。)

 ・・・(神奈川県教育委員会の答弁)
 過去の給料・旅費等の総額は、約3,200万円。
 当然、全額を返還させます。
 具体的には、先ず川崎市教育委員会が県に返還する。後に川崎市教育委員会が本人に返還請求をする方法で進めている。


②何故、教員免許を持っていない者を採用してしまったのか。
 (この者は、川崎市教育委員会が行った採用の際には、教員免許状を偽造して提出していた。)
 事務処理に不備はなったのか。
 面接にて人間性・適性等を見抜けなかったのは大変い残念だ。
 神奈川県教育委員会では、同様の事件が起こる可能性があるのか。


③(( これが一番重要な事です )) 
 教員免許を持っていない者から学校教育を受けた児童およびその保護者への対応について。
 教員免許持っている教員から、もっと良い教育を受けることが出来たはずだ。
 この事件には、「教員免許制度」という今日の日本の学校教育制度を根底から否定する要素が有る。
 取り返しのつかない大問題だ。


 麻生区選出の神奈川県議会議員として厳しく追及したところです。

 今任期中の最後の議会質問としては、残念な思いがありましたが、麻生区選出の神奈川県議会議員としての責務は果たせたと自負しております。

                  (平成27年3月15日 記)



<478> 神奈川県議会 平成27年 第1回定例会
★今日まで開催されます


 現在、「神奈川県議会 平成27年 第1回定例会」が開催されています。

 私は、この定例会の中で、3月3日(火)に「文教常任委員会」にて、3月4日(水)は「ヘルスケア・ニューフロンティア政策調査特別委員会」にて、さらには、3月10日(火)には「文教常任委員会」で、質問を実施しました。


 当然の事ではありますが、議員の最大の職務は議会での活動です。

 日々、議会活動に真剣に取り組んでおります。


 選挙の準備活動は大事な事ではありますが、現職の議員にとっては議会活動の方が遥かに重いものです。

 何卒、ご理解の程を宜しくお願い申し上げます。
                    (平成27年3月13日 記)



<477> 「神奈川県議会議員選挙・事前説明会」に出席
★3月26日から統一地方選挙が始まります


 昨日(3月11日)、川崎市役所で開催されました、「神奈川県議会議員選挙(川崎市内)立候補予定者事前説明会」に出席しました。

 私の場合、「事前説明会」には、毎回は出席をしていないのですが、今回は気合を入れるために、最大の理解者であります後援会・会長と、共に、出席しました。

  (事前説明会へ出席は、義務ではなく、各候補者の自由な判断によります。)


 いよいよ、3月26日(木)から、「統一地方選挙」が始まります。

 神奈川県議会議員選挙は、<4月3日(金)告示、4月12日(日)投票>です。
                 (平成27年3月12日 記)



<476> 平成27年の<賀詞交歓会・新春の集い>、終了
★対話と交流の貴重な機会となりました


 先週をもって、ご案内をいただいておりました各種の団体の<賀詞交歓会、新春の集い>が、全て、終了いたしました。

 今年は、麻生区内での賀詞交歓会・新春の集いの主要会場の一つになっている「新百合21」が修繕により2月中に使用できなかった為、3月に入ってから開催された団体も有り、1月上旬から3月上旬までの丁度2か月間となる長い「賀詞交歓会・新春の集い」の期間となりました。

 麻生区の皆様との貴重な交流と対話の機会となりますので、ご案内をいただいた会には、出来る限り日程を調整して、出席させていただきました。

 ご案内をいただいた団体の皆様には心から感謝を申し上げます。



★地元・麻生区選出の川崎市議会議員の雨笠裕治先生、花輪孝一先生、山崎直史先生(以上、五十音順による)の「新春の集い」にも参加させていただき、挨拶の機会を頂戴し、心から感謝いたしているところでございます。

 私は、三人の先生方に対しましては、強い敬意を持って、お付き合いをさせていただいているところでございます。

 麻生区において、三人の先生方の議員活動に対する高い評価は完全に定着しているところであります。

 加えて、三人の先生方が良識的な選挙活動(選挙期間前と選挙期間中の両方とも)を展開されておられ、私は強い敬意を払っております。

 日本の選挙の場合、特に「事前ポスター」、「選挙カー・街宣車」が、他の先進民主主義国と比較して極端な状況になっています。

 「途上国で見かける様な選挙運動・政治運動」とも言える状況です。

 今、麻生区では「街の景観を完全に無視した事前ポスター」や「騒々しく候補者の名前を連呼する街宣車」で溢れています。

 三人の先生方の場合、事前ポスターの貼り方や街宣車の利用方法が、大変に良識的であり、私は尊敬の念を抱いております。


*この三人の先生方(現職以外の方も含めて)の他にも、良識的な活動を展開されている方がおられる事を、明記させていただきます。


*私自身は、「良識的な政治活動・選挙活動」を強く心がけて実践しているつもりではございますが、思いが到らない部分があるかと思いますので、お気付きの点がございましたら、何卒、ご連絡をお願い申し上げます。

 問題点は、直ぐに、改めて参りますので、ご指導の程を宜しくお願いいたします。

                    (平成27年3月11日 記)




***************************************


 東日本大震災で犠牲になられた方々に慎んで哀悼の意を捧げます。

 また、ご家族やご友人を亡くされた方々のお気持ちを考えますと、全く言葉になりません。

 そして、今もなお、避難生活を余儀なくされている22万人を超える方々に、心よりお見舞申し上げます。


 4年前の今日(平成23年3月11日)の事は決して忘れません。

 この事は永遠に決して忘れてはいけないと思っております。


           平成27年 3月11日  相原高広


***************************************




<475>  <広聴活動> 聴きます!
★2月28日の「ミニ県政報告会」のご案内


 私は、神奈川県議会議員の活動として、<広聴活動>を大変に重要と考えております。

 平成7年4月に、麻生区選出の神奈川県議会議員になってから、麻生区の皆様の声を聴かせていただく<広聴活動>を、様々な方法を用いて実施しています。


 特に、現在、本来は麻生区の神奈川県議会議員は定数2人ですが、私以外の一人が任期途中で議員辞職をしたことにより、平成27年4月29日までの期間、麻生区選出の神奈川県議会議員は、私(相原高広)一人だけになっています。

 17万人の麻生区の皆様の神奈川県議会における唯一人の代表者とし、その責任の大きさを十分に自覚して、広聴活動に取り組んで参ります。



    <ミニ県政報告会>のご案内

  <開催日時>   <開始時間>       <開催場所>
 2月28日(土)   午後2時より   新百合21  第1研修室にて
 2月28日(土)   午後3時10分より   新百合21  第1研修室にて
 2月28日(土)   午後4時20分より   新百合21  第1研修室にて
 2月28日(土)   午後5時30分より   新百合21  第1研修室にて
 2月28日(土)   午後6時40分より   新百合21  第1研修室にて
 2月28日(土)   午後7時50分より   新百合21  第1研修室にて

 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。
  開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
  途中退出も構いません。
                       (平成27年2月26日 記)



<474> 駅頭からの「神奈川県議会・報告」
★議会報告をするのは議員の責務です


 先週、駅頭から、神奈川県議会の報告を実施しました。


 年が明けて、1月上旬から始まりました「賀詞交歓会・新春の集い」は、ピークを既に過ぎていますが、現在も続いております。

 ご案内をいただきました<賀詞交歓会・新春の集い>につきましては、「県民の皆様との対話の有意義な機会」と捉えて、出来る限り、参加をするようにしております。


 先週、賀詞交歓会への出席の予定が無い日が3日間続きましたので、新百合ヶ丘駅(南口)にて、拡声器を使って、「神奈川県議会・報告」を実施しました。

 2月11日(水)、12日(木)、13日(金)の3日間、昼間の2~3時間を使っての、駅頭からの「神奈川県議会・報告」です。

 真冬とはいえ、この3日間の昼間は大変に暖かく、少し汗が出てきた程でした。


 昼間の駅頭活動の朝夕の駅頭活動と違う点は、朝夕に比べて時間がゆったりと流れているため、「一定の時間をかけてまとまった話が出来る事」と「知り合いの方や話しかけてこられた方と街頭で様々な対話が出来る事」です。

 街頭からの「神奈川県議会・報告」を引き続き実施していきますので、お会いしました際は、ご遠慮なく、お声をおかけ下さい。


  ★★★ 「議会報告をするのは議員の責務」と考えております。 ★★★

 今後とも、神奈川県議会の報告を、「紙媒体(神奈川県議会レポートの発行)」・「電子媒体(fb、HP)」・「対話集会(ミニ県政報告会の実施)」・「街頭からの報告」等の方法で、しっかりと実施して参ります。
                   (平成27年2月15日 記)



<473>  広聴活動
★明日(2月14日)、「ミニ県政報告会」を実施します

 明日(2月14日)の午後、新百合21にて、<ミニ県政報告会>を開催いたします。


 既に、私のHPや『神奈川県議会レポート』にて、ご案内をしてございますが、広聴活動の一つとして継続的に開催しております<ミニ県政報告会>を開催します。


(世間的には明日はバレンタインデーという事ですが、中学生・高校生の時代とは違い現在の私には特別な日という訳ではありませんので、気合を入れて、<ミニ県政報告会>を開催いたします。)


 私は、神奈川県議会議員の活動として<広聴活動>を大変に重要と考えており、麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく<広聴活動>を、様々な方法を用いて実施しています。

 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんな対話が出来る機会になればと願いながら開催いたします。


 麻生区の神奈川県議会議員は定数2人ですが、私以外の一人が任期途中で議員辞職をしたことにより、平成27年4月29日までの期間、麻生区選出の神奈川県議会議員は、私(相原高広)一人だけになっています。

 17万人の麻生区の皆様の神奈川県議会における唯一人の代表者とし、その責任の大きさを十分に自覚して、引き続き、広聴活動に取り組んで参ります。



    <ミニ県政報告会>のご案内

  <開催日時>   <開始時間>       <開催場所>
 2月14日(土)   午後2時より   新百合21  第1研修室にて
 2月14日(土)   午後3時10分より   新百合21  第1研修室にて
 2月14日(土)   午後4時20分より   新百合21  第1研修室にて
 2月14日(土)   午後5時30分より   新百合21  第1研修室にて
 2月14日(土)   午後6時40分より   新百合21  第1研修室にて
 2月14日(土)   午後7時50分より   新百合21  第1研修室にて


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。
  開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
  途中退出も構いません。
                       (平成27年2月13日 記)



<472> 政治団体の収支報告書を提出しました
ご支援に心から感謝しております


 一昨日、(2月6日)、政治資金規正法に基づき、私の政治団体(資金管理団体に指定)であります「相原高広後援会」の平成26年分(平成26年1月から12月)の収支報告書を神奈川県選挙管理委員会に提出しました。


 法律により提出期限が3月31日と決まっている為、毎年この時期に、政治団体の収支報告書を作成し提出しております。

 その度に、いつも、「個人献金=カンパ」をして下さった方の暖かいご支援に心の底から感謝しております。

 本当に有難うございます。  



 私は、いずれの政党にも所属していない「無所属」の議員ですので、法律(政治資金規正法)により「企業献金」を受け取る事が出来ません。

 また、私も含め全ての国民が負担しています「政党助成金」は、「無所属」ゆえに活用できません。

 加えて、これまで、私は、いわゆる「政治資金パーティ」を一度も開催したことがありません。


 
★★★ よって、相原高広の活動資金は、「自己資金」と「個人献金=カンパ」になります。 ★★★

 「自己資金」につきましては、私自身が自らの決意で政治家を志し、実際に政治家として活動しているのですから、自己努力(倹約する事、贅沢をしない事等)をして、確保する為に出来る限りの対応するのは当然の事であります。

 「相原高広への個人献金=カンパ」につきましては、個人献金をして下さる方が、<個人的な直接利益>を全く別にして、相原高広を支援する事により何らかの「社会的利益、地域の発展」が実現すると期待して下さる純粋な気持ちからのご支援であり、心の底から感謝しております。

 本当に有難うございます。


 ご期待に応えるためにも、議員活動に全力で取り組んで参ります。

                    (平成27年2月8日 記)



<471> 本日、厳しいお叱りを受けました
<政治とカネ>の問題

 今日(2月4日)の昼頃、新百合ヶ丘駅周辺を歩いていた時、突然、見知らぬ方から、厳しいお叱りをいただきました。


*内容的には以下の様なところです。

 「今日の新聞の朝刊に出ていた<政治家のカネの問題>は異常だ。」・「この問題を、あなたはどう考えているのか?」という問であり、

 私が「何の事か分りません。」と応えたところ、「今朝の新聞をよく読んで、回答をHPに載せろ。」という結末でした。


 私には全く何の事か分りませんでしたので、早速、駅の売店に有った朝刊を全て購入して確認しました。

 その方が怒っていたのは、『朝日新聞』(平成27年2月4日朝刊)が一面のトップで扱っていた「政治献金の迂回問題(日歯連の迂回献金)」の事だと、気が付いた次第です。


 新聞記事を一読しただけですので、私は内容を未だ十分に把握できていませんので、いずれ、私の感想や意見は明らかにしたいと思います。

 怒っていた方をはじめ神奈川県民の方には、暫くお待ちをいただきたいと存じます。


 私は住民お皆様からの真面目な内容の質問には、政治家(神奈川県議会議員)として、真剣に全て回答する事を信条としております。

 (但し、神奈川県政と相当かけ離れた質問に関しましては、神奈川県議会議員として回答するのは不可能ですので、ご理解をいただきたいと思います。)
                   (平成27年2月4日 記)



<470> 『神奈川県議会レポート(平成27年 第2号・第3号)』発行
現在、配布中です

 『神奈川県議会レポート(平成27年 第2号)』と『神奈川県議会レポート(平成27年 第3号)』を発行しました。


 麻生区の皆様には、DMと新聞折り込みと地元・麻生区のタウン紙『マイタウン』への折り込み等の方法で、配布させていただきます。

 是非、お読みをいただきまして、ご意見・ご感想をお願いいたします。


 今期(5期目)の神奈川県議会議員として任期の終りが近づいてきましたので、今後、連続して「神奈川県議会レポート」を作成して、神奈川県議会議員としての今期の4年間の活動の報告をしてまります。


★「活動報告をするのは議員の責務」です。

 しっかりと活動報告を実施してまいりますので、ご指導の程を宜しくお願い申し上げます。
                   (平成27年2月3日 記)



<469> 4月29日と4月30日の区切りを大切にしています
「5期目の終わり」と「6期目の始まり」

 今度の(4月12日投票)の神奈川県議会議員選挙で、新しい神奈川県議会議員が選出されます。

 この選挙で選出される神奈川県議会議員の任期は、平成27年4月30日から4年間です。

 4年前の平成23年4月の神奈川県議会議員選挙で当選した現在の神奈川県議会議員(私を含め)の任期は、平成27年4月29日までです。


 4月12日の神奈川県議会議員選挙に現職として出馬して当選する議員にとっては、切れ目なく連続して議員を務めることになりますので、外見上は、4月29日と4月30日の任期の区切りは、ほとんど無いものと同じです。

 しかし、私は、制度の問題として、けじめの問題として、気持ちの問題として、「4月29日まで」と「4月30日から」の区切りを、大切にしております。



 私に当てはめて言うのならば、私は、今度(平成27年4月12日投票)の神奈川県議会議員選挙で当選して、引き続き、神奈川県議会議員を務める決意でおります。

 ですので、「平成27年4月29日は、5期目の神奈川県議会議員としての任期の最終日」であり、「平成27年4月30日は6期目の神奈川県議会議員として任期の初日」になります。

 1日の違いではありますが、その区切りは大変に重要なものと考えております。

 新鮮な気持ちを常に持ち続けながら、今後とも、神奈川県議会議員として日々活動してまいります。

                   (平成27年2月2日 記)



<468> 議員の任期と選挙の関係
★任期の最終日まで、4年間の活動報告をしっかり実施していきます

 「議員の任期と選挙との関係」について考えてみたいと思います。


 衆議院議員の場合、衆議院の解散があると、解散と同時に衆議院議員としての身分が消えます。

 一時的に、衆議院議員が存在しない期間があります。


 一方、神奈川県議会議員の場合は、今年4月の選挙で言えば、4月12日の投票により、新しい神奈川県議会議員が選出されますが、その任期は4月30日から始まります。

 4月29日までは、4年前(平成23年4月)の神奈川県議会議員選挙で当選した議員が、神奈川県議会議員を務めます。


 今度の選挙(投票日4月12日)に、立候補せず引退する人も、現職で出馬して落選する人も、4月29日までは神奈川県議会議員としての大きな責任があります。

 実際、4月29日まで、議員報酬等も支給されますし、議会内の控室も存在します。

 ですので、私を含め4年前の選挙で当選した神奈川県議会議員には、4月29日まで、神奈川県議会議員として全力で職責を果たす責務があります。


 私は、任期の最終日の4月29日まで議員活動に全力投球します。

 4年間の「神奈川県政報告や議員活動報告」をしっかりとしてまいります。
                   (平成27年2月1日 記)



<467> 任期の終了まで丁度3か月
4月29日までが任期です

 神奈川県議会議員としての任期が残り丁度3か月となりました。


 4年前の平成23年4月の神奈川県議会議員選挙で当選した現在の神奈川県議会議員(私を含め)の任期は、平成27年4月29日までです。

 ですので、今日で、任期残り丁度3か月となりました。


 残り3か月間で、神奈川県議会議員としての4年間の議員活動(4年以上前から継続して取り組んでいる活動もありますので、平成7年に神奈川県議会議員になってから20年間の議員活動も含め)の報告をしてまいります。

 「議員活動の報告するのは議員の責務」ですので、しっかりと議員活動報告を行っていきます。

 尚、法律の規定で、残りの任期のほぼ最終の時期に、神奈川県議会議員選挙(4月3日告示、4月12日投票)が入りますが、議員活動報告につきましては4年間の任期の最終日の4月29日までしっかりと行ってまいります。

                   (平成27年1月30日 記)



<466> 私事で誠に恐縮ですが・・・
一昨日(1月22日)、51歳になりました


 一昨日(平成27年1月22日)で、51歳になりました。

 今日まで、お世話になった多くの方々に、心から感謝いたしております。

 これからも、どうぞ、宜しくお願い申し上げます。


 4年に一度の神奈川県議会議員選挙がある年の誕生日は、一年に一度の記念日とはいえ選挙直前で大変にバタバタしていて、誕生日を大いに楽しむという感じではありませんが、無事に51歳の誕生日を迎えることが出来た事に、心から感謝しております。


 51歳の年の今年も頑張っていく決意です。

 今後ともご指導の程を宜しくお願い申し上げます。
                    (平成27年1月24日 記)



<465> 世代の交代と世代の継承
★世代という事を強く意識した2日間でした


 伯母(父方)が亡くなったため、1月16日(金)と17日(土)の2日間は、納棺、通夜、告別式に参列しました。


 1月16日の昼に県庁内で開催した私の所属している神奈川県議会の会派(「県政会 神奈川県議会議員団」=無所属の議員6人により構成)の団会議終了後、一昨日(1月16日)と昨日(1月17日)の2日間は、全ての地元活動を中止して、亡くなった伯母(父方)の納棺、通夜、告別式に参列しました。

 私の相原家は長男(父の兄)が昭和20年にニューギニアで戦死をしているため、次男である私の父が家を継承しましたが、私の父は約6年前に亡くなっていますので、私が相原家の代表として参列したところです。

 私が生まれる前に戦死をしている父の兄を除けば、私の父親の兄弟姉妹が逝去するのは初めての事であり、世代という事を感じました。


 現在50歳の私は、議員の仕事面では、全ての神奈川県議会議員の中で、年齢では、丁度真ん中に位置していて、神奈川県議会の中で世代を強く意識する事は普段は少ないのですが、今回の初めての父の兄弟姉妹の死に直面し、世代の交代や世代の継承という事を痛感しました。

 政治の世界では事情が少し違うとしても、社会的には、50歳という年齢は次の世代の事や世代の継承を強く考えなければならない年齢だということを強く自覚したところです。



*一昨日と昨日の2日間に参加を予定していました地元の<新春の集いやどんと焼き>に、参加できなかったことは、大変に残念でした。
 今日(1月18日)からは、再び、地元活動に勤しんで参ります。

                   (平成27年1月18日 記)



<464> 平成27年の1月の主な活動
★4年間の任期の終了をにらみながら


 平成27年1月は、毎年の1月と同様に、<賀詞交歓会・新春の集い・どんと焼き>等の各種の行事に積極的に参加して、多くの皆様との交流に努めているところです。

 各種行事でお会いしました際に、多くの皆様から貴重なご意見をいただき、大変に感謝しているところです。


 私達・議員には、任期中の活動を報告する重大な責務があります。

 今年の4月には神奈川県議会議員選挙があります。

 私達・神奈川県議会議員の任期は4年間(平成27年4月29日までが任期です)であり、任期の終了が段々と近づいてきています。

 よって、今年の1月はいつもの1月と違い、4年間の活動報告をするための準備をする必要があります。

 現在、議員活動レポートの作成を進めているところです。

 物理的な大きな制約はありますが、今後、4年間の任期中の活動報告を出来るだけ多くしてまいります。
                     (平成27年1月16日 記)



<463> 『神奈川県議会レポート(平成27年・第1号)』発行
★現在、配布中です


 『神奈川県議会レポート(平成27年 第1号)』を発行いたしました。

 麻生区の皆様には、新聞や地元・麻生区のタウン紙『マイタウン』への折り込み等の方法で、配布をさせていただきます。

 是非、お読みをいただきまして、ご意見・ご感想をお寄せ下さい。
                    (平成27年1月11日 記)



<462> 式典や新年賀詞交歓会に参加しています
神奈川県政に対する率直なご意見をお聞かせ下さい


 各種団体の式典や新年賀詞交歓会・新春の集いに、先週から、日々、参加させていただいているところです。

 多くの皆様とお会いできる貴重な機会となりますので、都合がつく限り、参加しております。

 お会いしました際には、是非、神奈川県政に対する率直なご意見をお聞かせ下さい。


 尚、今年は4年に一度の統一地方選挙の年ですので、主催者の方・議員を含む来賓の方の挨拶の中で、選挙がらみの話が必ず出ています。

 私も、選挙の準備をしっかりと進めなければとならない考えながら、お話を伺っているところです。

                    (平成27年1月10日 記)



<461> 無事、平成27年の議員活動スタート
★昨日・1月4日 「ミニ県政報告会」を実施


 昨日(1月4日)、私の今年の議員活動初めとしました「ミニ県政報告会」を実施しました。

 私の日程と予約することが出来た会場の関係で1月4日というお正月休みの最終日となり、かつ、告知はHPとFBだけで行いましたので、はたして参加して下さる方がいるのかと大変に心配しておりましたが、ご参加をいただいた方と大変に有意義な時間を過ごす事が出来ました。

 心から感謝です。


 良い平成27年の議員活動のスタートを切ることが出来ました。


 昨日の午前中には、地元・麻生区で五重塔で大変に有名な香林寺に参拝することも出来ました。

 今まではあまり感じる事が無かったのですが、正月三が日を過ぎてから静寂な雰囲気の中で参拝するのも大変に良いものでした。

                    (平成27年1月5日 記)



<460> 今日から議員活動を開始します
★本日・1月4日 「ミニ県政報告会」を実施します

 今日・1月4日が、平成27年の私の議員活動の開始日です。


 今年の最初の議員活動は、既にお伝えしてあります通り、<ミニ県政報告会>の実施です。

 とりわけ、現在、麻生区選出の神奈川県議会議員は、私(相原高広)一人だけとなっておりますので、麻生区の皆様の声を十分に聴いていく所存です。


 麻生区の神奈川県議会議員は定数2人ですが、私以外の一人が任期途中で議員辞職をしたことにより、平成27年4月29日までの期間、麻生区選出の神奈川県議会議員は、私(相原高広)一人だけになっています。

 17万人の麻生区の皆様の神奈川県議会における唯一人の代表者とし、その責任の大きさを十分に自覚して、引き続き、平成27年も議員活動に取り組んで参ります。



    <ミニ県政報告会>のご案内

  <開催日時>   <開始時間>       <開催場所>
  1月4日(日)   午後2時より   新百合21  第1研修室にて
  1月4日(日)   午後3時10分より   新百合21  第1研修室にて
  1月4日(日)   午後4時20分より   新百合21  第1研修室にて
  1月4日(日)   午後5時30分より   新百合21  第1研修室にて
  1月4日(日)   午後6時40分より   新百合21  第1研修室にて
  1月4日(日)   午後7時50分より   新百合21  第1研修室にて


 *開催時間は1回1時間以内です。

 *開始時間の5分前から入室可能です。
  開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
  途中退出も構いません。
                       (平成27年1月4日 記)



<459> 新年あけましておめでとうございます
★平成27年も宜しくお願いいたします

 新年あけましておめでとうございます。

 昨年中は大変にお世話になりまして誠に有難うございました。

 何卒、本年もご指導の程を宜しくお願い申し上げます。


        平成27年 元旦  相 原 高 広





 ◆ 平成27年の年頭の相原高広の予定 ◆


 <1日目>  元旦・1月1日(木)は、親戚への年始の挨拶。


 <2日目と3日目> 1月2日(金)と1月3日(土)は、初詣。

   地元・麻生区内の神社に初詣いたします。


 <4日目> 1月4日(日)は「ミニ県政報告会」の開催。

   本格的な議員活動は、この日から開始となります。
 
   「ミニ県政報告会」の詳細につきましては、相原高広のHPの「ミニ県政報告会」のページでご確認下さい。


 今年・平成27年も元気に頑張って活動して参ります。

 より一層のご指導ご鞭撻の程を宜しくお願い申し上げます。

                   (平成27年1月1日 記) 




*****************************



<<  重 要 報 告  >>


★ 麻生区選出の神奈川県議会議員(定数2人)は、相原高広一人だけとなりました ★


 先月(平成26年11月)、麻生区選出の神奈川県議会議員の吉田大成君が議員を辞職しました。


 平成23 年4月に行われました前回の麻生区の神奈川県議会議員選挙(定数2名)では、民主党の吉田大成君と私(無所属の相原高広)の二人が当選しました。

  (その後、吉田大成君は民主党を離党。)


 吉田大成君が任期途中で議員を辞職しましたが、法律の規定により、補欠選挙は行われません。

 よって、平成27年4月29日までの期間、麻生区選出の神奈川県議会議員は、私(相原高広)一人だけとなります。


 麻生区選出の神奈川県議会議員(定員2名)に欠員が生じるのは、ここ20年間では全く無かった事です。


 17万人の麻生区の皆様の神奈川県議会における唯一人の代表者とし、その責任の大きさを十分に自覚して、引き続き、議員活動に取り組んで参ります。


  (尚、吉田大成君は、その後、山形県にて、民主党の公認候補者として、衆議院議員選挙に立候補しました。)


 相原高広は、今後とも、麻生区選出の神奈川県議会議員として、いずれの政党にも所属しない無所属の神奈川県議会議員として、神奈川県政の発展に全力で取り組んで参ります。


     平成26年12月    神奈川県議会議員  相 原 高 広



 *****************************



<458>  神奈川県議会 平成26年・第3回定例会 終了
★年内の神奈川県議会の会議は全て終了です


 昨日・12月25日(木)をもって、神奈川県議会の平成26年内の会議は全て終了しました。


 私の今年一年間の議員活動を振り返りますと、

 前半は、副議長の職務でとにかく忙しかった事を覚えています。

 後半は、元のペースに戻り、6月に本会議で代表質問を行い、その後は、予算委員会、常任委員会、特別委員会で質問を行いました。


 無事に、平成26年も、神奈川県議会議員の職務を遂行でき、大変に安堵しております。


 お世話になりました方に、心より御礼を申し上げます。
 「本当に有難うございました。」 
               (平成26年12月26日 記)



<457> 「神奈川県議会レポート(平成26年12月号)」 発行
★配布を開始しました

 『神奈川県議会レポート(平成26年12月発行)』を発行しました。


 
衆議院議員選挙(12月14日投票)が実施されたため、衆議院議員選挙の終了を待ちまして、年末のこの時期の発行になりました。


 レポート自体は2か月前の10月の時点で事実上完成していましたが、発行は衆議院議員選挙終了後のこの時期(12月下旬)になりました。


 麻生区の皆様には、<①DM ②地元紙の『マイタウンあさお』への折り込み ③新聞への折り込み>の3つの方法で、配布をさせていただきます。


 是非、お読みをいただきまして、ご意見・ご感想をお願いいたします。

                   (平成26年12月23日 記)



456> 神奈川県議会 定例会 進行中
★常任委員会と特別委員会で質問を行いました



 神奈川県議会では、定例会(平成26年第3回定例会)での議論が進行しています。


 12月14日(日)に衆議院議員選挙が終了し、15日(月)から定例会最終日の25日(木)まで、神奈川県議会の会議(本会議と委員会)が開催されます。


 私は、12月18日(木)に「文教常任委員会」で、12月19日(金)は「ヘルスケア・ニューフロンティア政策調査特別委員会」で質問を行いました。


 引き続き、神奈川県議会議員の一番重要な任務であります議会での議論に真剣に取り組んでいきます。


 どうぞ、神奈川県議会の議論にご関心をお寄せ下さい。

                   (平成26年12月20日 記) 






**********************************************



故小島一也先生(元川崎市議会議長、柿の実幼稚園理事長、柿の実学園学園長)のお通夜と告別式に参列いたしました。


 第31代川崎市議会議長を務められました小島一也先生のお通夜(12月14日)と告別式(12月15日)に参列させていただきました。


 小島一也先生は生まれ育った郷土の柿生地域を愛し、教育者(柿の実幼稚園理事長)として、川崎市議会議員として多大な功績を残されました。


 小島一也先生のご功績とご人徳から、お通夜ならびに告別式は大変に多くの参列者で溢れました。


 小島一也先生の生前の多大なご功績に心から敬意と感謝を申し上げます。


             平成26年 12月   相 原 高 広



***********************************************





455> 衆議院議員選挙 終了
★選挙結果確定



 第47回の衆議院議員選挙が平成26年12月14日に実施され、12月15日の深夜・朝方に全ての選挙結果が確定しました。


 私が応援しました候補者や親しい友人で立候補者した人の中には、当選した人も落選した人も両方いますが、地元で支援した候補者が落選しており、残念な気分が強いのが正直なところです。


●全国

 大学時代の友人・知人、松下政経塾時代の友人・知人、様々な場面で出会い親しくなった友人・知人、全て会わせると30人位が立候補しました。

 所属政党は、「自民党、民主党、維新の党、次世代の党」と様々な政党に分かれています。

 結果としては、3分の2位の人が当選しました。

 残念ながら落選してしまった人とは、今後、慰労会・激励会を開きたいと考えているところです。

 当選した人は何も問題ない訳ですが、友人としては落選した人を激励するのが大切な事だと思っています。
 (友人と言っても、多くの場合、陣中見舞(カンパ=個人献金)をする事や落選した時に激励する位しか出来ないのが正直なところです。)

 今回の選挙では落選という結果でしたが、大変に優れた人が沢山いますので、捲土重来を強く信じているところです。


●地元=神奈川9区

 私が支援しました<椎名つよし(維新の党、前職、弁護士)>さんは落選となりました。

 椎名つよしさんを支援すると決める前から組織力や資金力の関係で選挙情勢が厳しいのは十分に分かっていましたが、椎名さんが大変に優秀で将来性がある政治家ですので、(大変に僭越ではありますが)、何とか当選させてあげたい、選挙情勢が厳しいからこそ気合を入れて支援したいとの強い思いがありましたが、残念ながら落選という結果となりました。

 椎名つよしさんは、大変に優れた人材ですので、間違いなく、近い将来、日本の為に、彼の力量が発揮できる立場を得るものと強く期待と確信をしているところです。
 
                (平成26年12月15日 記)



454> 明日が投票日
★自分の眼を信じて、明日、投票所にお出かけ下さい



 明日(12月14日)が、衆議院議員選挙の投票日です。

 これが、平成26年12月14日投票の衆議院議員選挙の選挙前の最後の私からのメッセージです。


★選挙の投票では、最後は、自分の眼を信じて、候補者を十分に観察して投票する以外に最良の方法はありません。


 岩渕美克・日本大学教授が、12月12日(金)の『東京新聞』(夕刊)の一面の下の方にあった「紙つぶて」というコラムに書かれた「ネット運動解禁の衆院選」と題した文書を読みました。
 お付き合いが一切ないので岩渕美克教授がどんな方なのか全く存じ上げませんが、「選挙」が専門の政治学者と伺っています。


*岩渕美克教授の文書をそのまま引用しますと、


 「あさってが衆院選の投票日です。
 報道では自民、公明の与党の圧勝かと、言われています。
 予測報道の精度については今まで、政界や学界で議論されてきました。
 結果を見るまでは、正確かどうかはわかりませんが、仮にその時点で正確であったとしても投票時点ではどのようになっているのか、わかりません。
 したがって与党の支持者も野党の支持者も、この予測を見て喜ぶ必要もなければ、がっかりする必要もありません。
 自らの権利を行使すればいいのです。

 今回はネット選挙運動が解禁されて初の衆院選です。
 政権の選択に、大きな意味を持つ衆院選で、ネットを通じた選挙運動が行われています。ただネット選挙は盛り上がっていないように感じます。
 衆院選の選挙運動は十二日間。
 土曜日は二回、日曜日は一回しかありません。
 サラリーマンの人には、地元で候補者の声を聴く機会は、ほとんどないでしょう。
 駅立ちや街頭演説に出会うことも同様です。
 その補完作用を持つのがネット情報です。
 いつでもどこでも候補者の情報が入手できます。
 したがって、今まで以上に候補者や政党の考えがわかる選挙になっているはずです。
 その意味では、豊富な情報を持って、投票先を考えることができるはずです。
 ネットで直接候補者から発信される豊富な情報に触れることができるようになった衆院選にでかけてはどうですか。」


 私は、特に、この文書の前半部分に強い興味と共感を覚えたところです。


 最後は、自分の眼を信じて、候補者を十分に観察して投票する以外に最良の方法はありません。

 有権者の皆様におかれましては、是非、自分の眼を信じて、明日(12月14日)、衆議院議員選挙の投票にお出かけ下さい。

                (平26年12月13日 記)



453> 衆議院議員選挙 最終盤
★神奈川9区(麻生区と多摩区)の選挙情勢



 選挙が最終盤にもなってくると、「選挙情勢はどうなの?」という話が、頻繁に出てきます。

 私も多くの方から質問を受けるところです。

 候補者の政策や候補者の実績の話題以上に、選挙情勢についての関心が高いのが実態だと思います。

 特に、候補者の選挙活動や日頃の政治活動に少しでも携わっている方にとっては、最大の関心事と言えるかもしれません。


 20年以上前ならば、選挙情勢というものは選挙運動に中枢で携わる一部の人だけが語る類の話でしたが、現在はメディアの選挙情勢調査の発達により、マスコミ各社の報道内容で選挙情勢について十分に確認する事ができます。

 今日では、隠す様な類の話ではなくなりました。

 誰もがオープンに話す事が出来る案件であり、マスコミ報道により誰もが十分に情報を把握できます。


 神奈川9区の選挙情勢についても、新聞全紙を読めば、ほぼ把握できます。
  (一紙だけですと見誤る可能性を否定できません。)

 さらに、新聞全紙の「神奈川9区の小選挙区の選挙情勢」と「南関東比例ブロックの選挙情勢」の両方を十分に確認すれば、100%近くを掌握出来ます。



 ★神奈川9区の選挙情勢について具体的に言いますと・・・・・特別な情報ではなく新聞全紙を読んで纏めただけの事ですが。


 「3人の現職(正確には前職)の戦いで注目の選挙区。 前回は笠さん(民主党)が小選挙区で当選。 中山さん(自民党)と椎名さん(維新の党)が比例区で復活当選。 今回は、この3人のうち、民主党の笠さんと自民党の中山さんが大接戦。 椎名さんは苦戦。」という事です。


 これに、比例区の選挙情勢を加えて言えば、「民主党の笠さんと自民党の中山さんは、どちらかが小選挙区で当選し、小選挙区で落選した方も比例区での復活当選が確実。いずれにせよ、この2人は議席を引き続き維持することが確実。 椎名さんは、比例区での復活当選が出来るかどうかギリギリの状況。」


*笠さん(民主党)と中山さん(自民党)は引き続き議席を維持することが確実。
 よって、椎名さん(維新の党)が議席を維持できるかにより、神奈川9区の衆議院議員の顔ぶれが決まります。
 これまでは、3人いた神奈川9区の衆議院議員が3人のままなのか、それとも2人になるのかということです。


*私は、椎名つよしさんは極めて優れた候補者であり、2年間大変に優れた国会議員としての議員活動をしてきたので、絶対に落選させてはならないと確信しています。
 落選させるのには、あまりにも惜しい人材であり、何とか当選させてあげたいとの強い思いを持っています。
 マスコミ各社の選挙情勢分析からは、椎名さんは比例区での復活当選が出来るかどうかの瀬戸際なので、椎名さんにとっては一票でも多く得票する事が極めて重要です。
 まさに、一票一票が大変に重い選挙情勢になっています。


*麻生区と多摩区の有権者の皆様におかれましては、マスコミ各社の選挙情勢分析を十分に踏まえていただきまして、皆様の貴重な一票が最大限に価値を発揮する様、何卒、棄権をすることなく、ご投票を下さりますことを心からお願い申し上げます。


*ただし、マスコミ各社が出す「選挙情勢分析」や「獲得議席予想」とが、そのまま選挙結果になる保証はどこにもありません。
 また、事前の予想が結果と違ったとしても、誰かが責任を取ってくれる訳ではありません。
 よって、最終的には、どうしても、一人の一人の有権者が、どの候補者が一番優れているのか厳しい目で選択をしていただき、良識の投票をしていただく以外に最良の道はありません。

                   (平成26年12月12日 記)



452> 衆議院議員選挙にて地元の皆様から言われる事
★得か損か?



 最近、私が、麻生区の皆様から、多く言われる事があります。

 それは、「選挙では、強い候補者を支援した方が得。弱い候補者を支援すると損。」と言う話です。


 きっと、私の事をご心配下さり、お心遣いをいただき、「相原さん、相原さんの選挙ではなく他人の選挙の時は、強い候補者を支援した方が得だよ。 弱い候補者を力を入れて支援すると損するよ。」と言って下さるのだと思います。


 その様に言って下さる方には、大変に有り難いと感じながら、感謝を申し上げております。

 しかし、同時に、以下の事を、必ずお話しさせていただいております。



 「私が神奈川県議会議員になってから、これまで6回の衆議院議員選挙(今回の選挙を除く)が実施されました。

 この6回のうち、私が支援した神奈川9区の候補者は、実は4回落選しています。

 具体的に言うと、平成12年(2000年)の小川栄一候補、平成15年(2003年)の中港拓候補、平成21年(2009年)の中山のりひろ候補、平成24年(2012年)の中山のりひろ候補です。

 この4回の選挙の中でも、より厳しかった選挙の時ほど、気合を入れて支援活動を行いました。

 夜、最終電車まで候補者と一緒に駅に立って帰宅する有権者に挨拶をした事も何度もありました。

 余裕のある候補者ならば支援する必要性は弱いです。

 しかし、厳しい選挙の時ほど気合を入れて支援する必要があると思っています。

 私は、いわゆる勝ち馬に乗る事や勝った方に便乗するという発想を特に持ち合わせておりません。

 選挙の度に、一番すばらしい候補者が誰かを考えて、全力で支援することが最良の選択だと思っています。

 ですので、今回の衆議院議員選挙でも、国政にとって一番優れていると思う候補者<椎名つよし>さんを全力で支援しています。

 低投票率の予想の中で、<椎名つよし>さんの選挙情勢は厳しいと言われていますので、余計に気合を入れて支援しています。

 私は、その候補者が所属する政党ではなく、優れた資質を兼ね備えた素晴らしい候補者が落選することは、我々・国民にとって大変に不幸な事であり、日本の政治にとって大損失だと考えていますので、絶対に、<椎名つよし>さんに国会議員を続けさせるべきだと確信して支援しています。

 何が損か得かは簡単には分りませんが、長い目で見れば、自分がしていることは、私個人にとっても世の中にとっても絶対に得になることだと信じています。」


★以上の事は、私の政治家としての信条であり、また、一人の人間としての基本的な人生哲学でもありますので、何卒、ご理解を賜れればと存じます。

                (平成26年12月11日 記)



451> 衆議院議員選挙終盤
★全国の選挙情勢



 今回の衆議院議員選挙に関するマスコミ各社の全国の情勢分析を確認しますと、その内容はほぼ一致しています。

 ですので、一つ一つの選挙区の情勢は別として、全国的な情勢分析としては間違いのないところだと思います。


 私からみて、この情勢分析(獲得議席予想)の中で極めて重要と考える点は、「自民党の勝利」と「共産党の躍進=議席倍増」の2点です。

 「自党の総裁である安倍政権を全面的に支える自民党」と「安倍政権を全面否定する(点数をつけると0点と主張している)共産党」が共に躍進するという議席議席予想です。


 国民が安倍政権を評価し大いに期待するのならば安倍総理が総裁を務める自民党が勝利するのは当然です。

 逆に、国民が安倍政権を評価せず何も期待しないのならば安倍政権を全面否定する共産党が躍進をするのは当然の事です。

 しかし、これは、本来、同時に存在できる筈はありません。


 これを成立させてしまっているのが、今回の衆議院議員選挙の今日までの最大の特徴です。

 それは、「低投票率」と「有権者のしらけ」です。

 よって、組織力のある自民党と共産党の躍進という予想になります。


 ①「突然の衆議院の解散」、②「争点や大義がはっきりしない事」」、③「解散から公示日までの期間が異例の短さであり、各政党・各候補者の考えが有権者に浸透する時間が無い。」等からくる低投票率です。

 特に、私は、③が問題だと感じています。

 ①と②については色々な意見があると思います。

 しかし、③については、世界の先進民主主義国では、まずない「解散から告示までの期間の極端な短さ」だと考えます。


 「低投票率ゆえに、組織力のある自民党と共産党が躍進する事」は、健全な民主政治の実現を目指す私の立場からは大変に疑問に感じます。

 「どの政党が良いか悪いか、どの候補者が良いか悪いかではなく、低投票率だったから、結局、この選挙結果になった。」という事は絶対に避けなければならないと考えます。

 議会制民主政治の崩壊にもつながります。


 衆議院議員選挙での大勝利は、低投票率によるものではなく、有権者の熱によってこそ実現されるべきです。
                     (平成26年12月11日 記) 



450> 衆議院議員選挙・・・終盤戦へ
★私の支援する候補者は誰?



 今回の衆議院議員選挙も、残すところあと3日であり、終盤戦に入りました。


 ここへきて、ようやく、私が、今回の衆議院議員選挙(神奈川9区)にて4人の立候補者のうち、誰(椎名つよし、維新の党、前回の選挙では比例復活当選、弁護士出身)を支援しているのか、(神奈川9区全体の有権者数からすると僅かなのでしょうが)、概ねではありますが伝わった模様です。

 これまでですと、多くの麻生区の方から尋ねられる質問が、「相原さんは誰を支援しているのですか?」でありましたが、今週に入ってからは「相原さんが支援している椎名さんはどこが優れているの?  何故、相原さんは椎名さんを応援しているの?」という質問に変わってきました。

 急な衆議院解散であり、解散から選挙の公示日までの期間が異例の短さでしたので、大変に残念ではありますが、私が誰を支援しているのか十分に伝わらないのも仕方のない事だと受け止めています。


★多くの麻生区の方より、「椎名つよしさんを支援している理由」を聞かれた際に、その理由については、簡単ではありますが、以下の様に答えております。


①椎名さんは大変に優秀であり、椎名さんが学んできた事や経験してきた事は、まさに国会議員に相応しい。

 *略歴等につきましては、<椎名つよしHP>でご確認下さい。


②2年前の衆議院議員選挙で当選して、椎名さんの2年間の国会での活動量は大変に豊かで、国会議員としてすばらしい活動をしてきたから。

 *参考資料として、<46期衆議院議員活動統計 | 国会議員白書>  をご覧下さい。 ・・・併せて、是非、他の神奈川9区の議員のデータもご確認下さい。


③こんな素晴らしい候補者(椎名つよし)が、「組織力が無い。資金力が無い。投票率が低い。維新の党に対する逆風。」により、大変に苦戦しているのが実態です。

 優れた資質を兼ね備えた素晴らしい候補者が落選することは、我々・国民にとって大変に不幸な事であり、日本の政治にとって大損失だと考えていますので、絶対に、椎名つよしに国会議員を続けさせなくてはならないとの思いで支援をしています。

  素晴らしい候補者が厳しい選挙情勢に置かれているからこそ、その分余計に、私は気合を入れて応援しています。
                  (平成26年12月10日 記)






***********************************************



 小島一也先生(元川崎市議会議長、柿の実幼稚園理事長)がご逝去されました。



 謹んで小島一也先生のご逝去を悼み、賜りました温かいご指導に対しまして、心より御礼申し上げます。

 小島一也先生のこれまでのお導きに心より感謝申し上げます。

 安らかに永遠の眠りにつかれる事を心よりお祈り申し上げます。




 12月5日(金)の午後6時頃、日頃から大変にお世話になっている柿生ご在住の数人の方から、小島一也先生の訃報のお知らせをいただきました。

 お世話になっている方からのご連絡をいただいた時、私は、新百合ヶ丘駅で衆議院議員選挙の街頭演説をしている最中でした。

 突然の訃報に大変に驚き、呆然と立ち尽くしました。

 その日は一切の選挙応援を取りやめ、私なりに喪に服したところです。



 小島一也先生には議員の大先輩として多大なご指導をいただきました。

 また、私の娘が柿の実幼稚園で学ばせていただきましたので、私の家族も様々なご指導を頂戴いたします。


 私が平成7年に神奈川県議会議員になった時以来、小島一也先生からは、いつも、「自分は自民党に所属しているけれども、本当は<柿生党>なんです。 是非、相原さん、柿生の

発展のために協力して下さい。」と言われ、大変に恐縮しながら、長年にわたり親しくお付き合いをさせていただき、暖かいご指導を賜りました。


 また、来年の4月の麻生区の県議選に自民党が候補者を擁立したことに関して、「相原さんには大変に申し訳ない。迷惑をかける結果になって。均ちゃん(故尾作均先生の事)が元

気だったらこんな事にはならなかった。」と何度も何度も言われ、むしろ、私の方が大変に申し訳ない気持ちで一杯になったところでございました。 



 あらためまして、小島一也先生より賜りましたご指導に心より感謝申し上げる次第でございます。

 小島一也先生、本当に有難うございました。

 どうぞ、安らかにお眠り下さい。




               平成26年 12月   相 原 高 広



**************************************************





<449> 新聞記者の方からの大変に率直な質問
★楽しい瞬間でした


 先日、新聞記者の方から大変に率直な質問を受けました。


 衆議院議員選挙が始まって直ぐの頃、新百合ヶ丘駅(南口)にて街頭演説(応援演説)をしていると、ある新聞社の20歳代前半と思われ若い記者の方が寄ってきて、いきなり、「相原さんは今回の衆議院議員選挙では椎名さんを応援していると伺ったのですが、相原さんが椎名さんを応援する理由はなんですか?」との大変に率直な質問を受けました。


 大変に率直な質問というものは、受けた方は、<ドキッ>と一瞬するものです。


 街頭演説会の最中という事もあり、私からは「候補者の中で、椎名さんが一番優秀だと思うからです。」と一言で応えました。

 すると、その記者の方は、これまた単刀直入に、「椎名さんを応援している方は皆さん、そう言われます。」との言葉。

 さらに加えて、その記者の方は、笠さんや中山さんを応援している方からは、「確かに、椎名さんは大変に優秀だ。でも、椎名さんは組織力が無いから選挙は弱い。落選する。」との話をよく聞きます。
 選挙情勢をバッサリと一言で表現。

 その上で、「選挙に弱い候補者を応援するのは大変でないですか?」との質問。

 私からは、「選挙が強い弱いは関係ないです。一番優れていると思う候補者を支援しています。」、「選挙に強い候補者ならば、黙っていても当選できるのですから、特に応援する必要はないでしょう。」、「勝ち馬に乗るという発想は特に有りませんから。」、「むしろ、優秀な候補者だけれども、選挙に弱いからこそ、全力で支援するべきだと思っています。」と回答しました。


 すると、その記者の方は、「はい、分りました。」と明るく言って、その場を立ち去りました。

 話としては相当厳しい内容でしたが、私としては不快感は一切覚えませんでした。
 それどころか、楽しい一瞬になりました。


 大変に率直な物言いは、<若さの特権>と感じた次第です。 

               (平26年12月5日 記)



<448> 有権者の権利
★約25年前のロンドン時代を思い出す


 先日、約25年前にロンドンで英国政治を学んでいた時の事を鮮明に思い出す機会が有りました。

 私は、約25年前に、英国(ロンドン)で、英国の自由民主党(Liberal Democrats)の党本部・政策部でインターンをしながら、英国政治を学びました。


 先日(11月30日)の夜に開催された「椎名つよし国政報告座談会」に参加した際に、約25年前のその時の事を鮮明に思い出しました。

 「椎名つよし国政報告座談会」にて、参加者の方が、私達の話を真剣に聞いて下さった上で、「私は、今度の衆議院議員選挙で、椎名さんか笠さんに投票をしようと思っている。今日は、どちらに投票するべきなのかを確認するために参加しました。」と言われました。


 この時に、約25年前に英国の国会議員(下院議員)が開催していた「座談会・タウンミーティング」を見学をした際の事を思い出しました。

 明らかに支援者ではないと思われる参加者が執拗に国会議員に質問や意見をしていました。

 私が「嫌がらせや妨害の様に感じられますね。」との感想を漏らすと、国会議員のスタッフが、「あれは全く問題ない。代表者である国会議員の考えを国会議員に直接確認するのは有権者の当然の権利だ。」と明確に言われました。


 言われてみれば全くその通りの話であります。
 国会議員は全体の奉仕者・全体の代表者でありますので。


 国会議員(候補者)の話を十分に聞く機会はあまり多くないの実態だと思います。また、あったとしても、懇親会等の場であり正式な場ではないことが多いと思います。
 選挙期間というのは、候補者が公式的に自らの政策や政治理念等を語る時であります。
 候補者を直接確かめることが出来る絶好の機会です。
 有権者の権利を行使する絶好の機会です。


 そして、何よりも、<投票>が有権者の最大の権利です。
 有権者の最大の権利を放棄する事だけは絶対に避けていただきたいと存じます。
                     (平成26年12月4日 記)



<447> 衆議院議員選挙 スタート
★日本ための投票行動


 本日12月2日(火)から衆議院議員選挙が始まりました。
 投票日は12月14日(日)です。


 有権者の皆様、候補者本人を十分に観察していただきまして、良識のご判断をお願い申し上げます。

 何と言っても、選挙期中というのは、立候補者を直接に比較検討できる最大の機会です。


 いかなる国においても、優れた候補者が落選するのは国民にとって大変に不幸な事です。
 一方、能力のない候補者が組織力や資金力を持って当選するのはその国の破滅への第一歩です。



 何卒、日本の未来につながる、日本のための投票行動を心からお願い申し上げます。
                   (平成26年12月2日 記)



<446> 神奈川9区(麻生区と多摩区)は激戦?
★11月30日(日)の神奈川9区


①11月30日(日)午前中・・・新百合ヶ丘駅(南口)での椎名つよし街頭国政報告会に参加

 11月30日(日)の午前中に、「衆議院議員(正確には衆議院が解散されたので前衆議院議員)の椎名つよし(弁護士)さんの街頭国政報告会」に応援弁士として参加しました。

 たまたま、この時は、江田けんじ(維新の党・代表)さんが応援に駆け付けられました。

 江田けんじさんが来られるとの事前の連絡は一切しなかったという事でしたが、日曜日の午前中にもかかわらず、大勢の人が足を止めて、椎名つよしさん・江田けんじさん・相原高広の話を真剣に聴いて下さりました。


②11月30日(日)夕方・・・椎名つよし国政報告座談会に参加

 11月30(日)の夕方に開催されました「椎名つよし国政報告座談会」にゲストとして参加しました。

 日曜日の夕方、しかも、場所が駅から歩いて10分前後かかる椎名つよし事務所にもかかわらず、10名の方(および新聞記者の方一人の取材もあり)のご参加が有り、真面目な政治対話が行われました。

 ご参加をいただきまして本当に有難うございました。


 改めて、麻生区と多摩区の皆様の政治への関心の高さを実感したところです。


③地元・神奈川9区の選挙情勢

 今回の衆議院議員選挙の選挙情勢(地元の神奈川9区)について、質問をしばしば受けます。

 はっきり言って、私にはよく分りませんが、11月30日(日)の地元紙であります『神奈川新聞』では、神奈川9区は「激戦」と表現されていました。


 激戦ゆえなのか、11月30日(日)の新百合ヶ丘駅(南口)には、午前中に<維新の党の代表の江田けんじさん>が、夕方には<自由民主党の総裁の安倍信三さん>が、来られて街頭演説をされました。

 同じ日に、同じ場所(新百合ヶ丘駅の南口)に、政党の代表者が2人も来られたのは、私の記憶の中では初めの事です。

 本当に、神奈川9区(川崎市麻生区と多摩区)は激戦なのか?


 
麻生区と多摩区の有権者の皆様には、何卒、今回の選挙に強くご関心をお寄せください。
                  (平成26年12月1日 記)



<445> 選挙の最大の争点、真の選挙の争点
★候補者の質


 「今度の選挙の争点は何?」というのは選挙の度に語られることです。

 率直に言って、私は、数年前に、「選挙の最大の争点は候補者の質」だと確信するに至りました。...


  その理由は、

①政党による政策の差が小さくなってきている事。

 それぞれの政党の政策には重複する部分が相当多くあります。


②日本では、ここ20年間位、議員の政党間の移動が頻繁に起こる事。

 公明党と共産党を除けば、議員が政党の間を相当程度しかも簡単に移動しています。
 極端な場合は、敵対関係にある政党間での移動さえもあります。
 また、それを各政党が許容している状況が有ります。
 そうすると、公明党と共産党の候補者の方以外は、中長期的な視点に立つと、政党間の移動を許容している以上、所属政党を判断基準とする意味が実は小さい。
 「政党の渡り歩き」などという品の無い用語もある位です。


③選挙時に、候補者の訴える政策の差が似通っている事。

 候補者が選挙時に訴える内容がマーケティング的手法の影響を少なからず受けています。
 調査に基づき有権者に受けると想定される政策を訴える傾向が強くなってきています。
 候補者自身の考えを抑制してでも有権者に受けると思われる事を訴える傾向さえあります。


 以上の①・②・③等により、政党と候補者が訴える政策には、明確で大きな違いが少ないです。
 さらに、訴えている事は相当程度脚色されたものと観るべきです。

 よって、「候補者の質(見識、教養、政策立案能力、政策実現能力、人間性)」こそが、「選挙の最大の争点」・「真の選挙の争点」だと確信しています。

 結局、「一番大事なのは、候補者自身=人」だという事です。

                 (平成26年11月27日 記)



<444> 今回の衆議院議員選挙の大義
★私にとっての大義と決意


 今回の衆議院議員選挙(投票日=平成26年12月14日)の大義についての賑やかな論争が有りました。

 任期満了での総選挙(衆議院議員選挙)ならば、大論争はまず起こりません。
 内閣不信任の可決による衆議院の解散ではなく、首相からの解散の場合には、解散の理由が求められます。
  (当然、野党が内閣不信任案を出す場合には、野党にその理由が求められます。)

 「衆議院解散・総選挙に大義があるかないか」、「大義は何か」で、ここまでの議論は珍しいのかと思います。

 私には、「今回の衆議院議員選挙の大義」について強い確信を持って語る自信が無いのが、正直なところです。


 また、今回の衆議院議員選挙に付ける「ネーミィング」についても色々な意見が出ています。



★★ 神奈川県議会議員(無所属)の私・相原高広にとっての衆議院議員選挙の大義は明確です。 ★★

       (これは今回だけではなく、いつの衆議院議員選挙の時も全く同じです。)


 
それは、①「日本のための選挙」と②「恩返しのための選挙」です。


 ① 「日本のための選挙」

 私は、いずれの政党にも所属していない無所属の地方議員ですので、神奈川9区(川崎市の麻生区と多摩区で構成)の立候補者のうち、所属政党ではなく候補者個人を観察して、日本の為に最良の候補者を支援することが使命だと考えています。

 毎回、この候補者こそが最良だと信じて可能な限りの支援を行うのですが、残念ながら、支援する候補者が落選することは有りますし、当選したとしても期待を大きく裏切られることも有ります。

 候補者を評価する自分自身の能力を高める必要性を痛感するところです。



 ② 「恩返しのための選挙」

 これまでの私の人生の中でお世話になった方への恩返しをする大事な機会と捉えています。

 これまでにお世話になった方・御恩のある方が、全国の何処であっても立候補する場合には、何らかの形で恩返し(応援)をするのが義務だと考えています。

 私の中では、義理・恩は極めて重要だと考えております。

 それゆえ、私は、「義理を仇で返す」様な人間を許すことが出来ません。



 今回の衆議院議員選挙においても、「①日本のための選挙」と「②恩返しのための選挙」に、全力で取り組んでいく決意です。

                       (平成26年11月24日 記)



<443> 地元・麻生区選出の川崎市議会議員の先生に感謝
★政令指定都市における市議会議員と県議会議員の関係


 麻生区選出の神奈川県議会議員として活動している中で、麻生区選出の川崎市議会議員の方とは親しくお付き合いをさせていただき多くのご指導を賜っております。

 時には、市議会議員の方の後援会で開催する各種の行事(新春の集い、芋掘り大会、バス旅行、さんま祭り等)にも参加させていただき、大変に楽しい貴重な時間をいただいております。


 麻生区選出の川崎市議会議員は定数7人です。

 私のこれまでの活動の中で、特別な理由がある訳ではありませんが結果として、ほとんどお付き合いの無かった方・ご縁の無かった方もおられますが、お付き合いをいただいている方には大変にお世話になっており、心から感謝しているところでございます。

 本当にお世話になりました(大変に残念な事に平成26年10月1日にお亡くなりになられました)尾作均先生をはじめ、(当選回数順で言いますと)あまがさ祐治先生、花輪孝一先生、山崎なおふみ先生、月本たくや先生には親しくお付き合いをいただきご暖かい指導を賜っております。

 また、私にとりまして大変に有難い事に、親しくお付き合いをいただいている全ての先生が川崎市議会の中で実力者、政策通と言われる方ばかりという事です。



*全国的に、政令指定都市の市議会議員と都道府県議会議員の関係には微妙なものがあると言われる事があります。

 私は、これまで、「都道府県と政令指定都市の関係は、制度上の役割分担があり、その役割分担を尊重する。県は広域自治体としての役割を追求するのが最重要。」と考え、実践してきているところです。

 ですので、麻生区内での川崎市政の案件に対しては、求められない限り、市議会議員の方に全てお任せをして、自分は神奈川県政の課題に専念する立場を貫いてきています。

 この立場を貫くことを可能にしているのは、間違いなく、麻生区選出の川崎市議会議員の方が立派な方ばかりだからです。


 引き続き、麻生区選出の川崎市議会議員の先生方と連携を取りながら、神奈川県政の課題に全力で取り組んで参ります。
               
(平成26年11月24日 記)



<442> 山崎なおふみ後援会「さんままつり」に参加
★炭火焼のサンマは絶品


 今日(11月23日)は、麻生区で活躍されている川崎市議会議員の山崎なおふみ先生の後援会の「さんままつり」に参加。

 昨年に続いての開催で、参加者が大変に大勢の賑やかな楽しい会でした。



 今日は、議員としてではなく、地域住民の一人として参加させていただきましたので、大いに飲んで食べての楽しい時間となりました。

 とにかく、炭火で焼いた<サンマ>は絶品でした。


 山崎なおふみ先生はじめ山崎なおふみ後援会の皆様、本当に有難うございました。

 ご馳走様でした。
 有難うございました。



*<案内の看板>・・・美文字・達筆です。(きっと、山崎なおふみ先生の後援会の役員の方の筆と思います。)




                  (平成26年11月23日 記)



<441> (故)尾作均先生の四十九日
★尾作家を訪問させていただきました


 11月18日(火)は、尾作均先生の四十九日でした。


 尾作家に本日(11月22日)お伺いさせていただきました。
 四十九日の法要が済まれ少し落ち着かれかたと思い伺ったところです。


 尾作均先生の奥様、お嬢様、お二人のお孫様とお会いすることが出来ました。

 尾作均先生のご家族の方とお話しをさせていただきながら、この数年間の尾作均先生の出来事を思い出したところです。

 数年前に尾作均先生のお嬢様の結婚披露宴に出席させていただきました。
 お嬢様が結婚され、最初のお孫さんが誕生されました。
 数年間の闘病生活を送られた後に平成26年10月1日にお亡くなりになられました。
 その後、先月(平成26年10月)にお二人目のお孫さんが誕生されました。

 本当に急な歴史の流れです。

 尾作均先生のお二人のお孫様は、尾作均先生と奥様とお嬢様をしっかり継承されておられ、明るくて誰からも愛されるお子様に成長されておられます。

 尾作均先生のみならず尾作均先生の奥様とお嬢様に、本当に長い間、大変に良くしていただきました。

 本当に有難うございました。

                    (平成26年11月22日 記)



<440> 麻生区選出議員と市政を語る会
★川崎市政の勉強のために参加


 川崎市政について勉強するため、昨日(11月20日)、麻生市民館・大会議で開催されました<麻生区選出議員と市政を語る会>に参加しました。


 この会は長年継続して開催されている会です。

 限られた時間でしたが、大変に有意義な会でした。


 主催をされた皆様、本当にお疲れ様でございました。

 有難うございました。



*一つ大変に寂しく感じた事は、この会にいつも出席され、川崎市政や麻生区の課題について熱く語られ議論を常にリードされてこられた尾作均先生がおられない事です。
  寂しい限りです。
  本来いるべき方がおられないというのは本当に寂しいものです。


 (故)尾作均先生(麻生区選出、川崎市議会議員)が取り組まれてきた麻生区の課題について、私の出来る範囲で最大限の取り組みをして参ります。 



 11月18日は尾作均先生の四十九日でございました。





                    (平成26年11月21日 記)



<439> 衆議院解散!
★マスコミの方からの問い合わせに対して (その2)


 今回の衆議院議員選挙は大変に慌ただしい選挙になっている様です。


 昨日の「活動報告&メッセージ」で、「<438> いよいよ衆議院解散! マスコミの方からの問い合わせに対して」を掲載しましたが、これには短い続編がありました。

 私に対して、「相原さんは、今度の衆議院選挙(神奈川9区)で、誰を支援するのですか。常識的に考えて、来年4月の麻生区の県議選で現職の相原さんに対して候補者をぶつける民主党の笠さんや自民党の中山さんを支援するのは不可能ですよね。」と問い合わせをしてきた記者の方の中の一人から、再度、11月14日(金)に連絡がありました。

 問い合わせ内容は、「お忙しいところ、急ぎなので、済みません。」、「先日、お聞きするのを忘れてしまいました。」、「先日の話の続きですが、そうすると、相原さんの選択肢は、次の衆議院選挙では、誰も支援しないか、あるいは、椎名さん(維新の党所属)を支援するか、2つしかありませんよね。」、「どうするのですか?」との問い合わせでした。

 私は、「そうですね。普通に考えて、その2つの選択肢しか思い浮かびませんね。 ただ、幸か不幸か、椎名さんからは今日(11月14日)まで正式な支援の要請は特に有りません。我々・無所属の議員は支援の要請が正式にあって初めて支援するかどうかを決定しますので。」と正直に回答をしたところです。


 急な衆議院解散なので、選挙に挑む候補者の各陣営が大変に慌ただしいのは当然の事ですが、取材するマスコミの方も相当に慌ただしく仕事をしている様子です。


 衆議院議員選挙への対応とは別に、神奈川県議会議員である私の方は、明日・11月20(木)に「議会運営委員会」が開催され、その後、年末まで神奈川県議会の定例会が開催されます。
 この定例会の中で、質問をする事が予想されます「文教常任委員会」と「ヘルスケア・ニューフロンティア政策推進特別委員会」への準備を進めて参ります。
                      (平成26年11月19日 記)



<438> いよいよ衆議院解散!
★マスコミの方からの問い合わせに対して


 先々週あたりから、私の所へ、マスコミの方からの問い合わせが来ているところです。

 毎回の事ではありますが、衆議院の解散時期なりますと、マスコミの方から、「相原さんは、どの候補者を支援するのですか?」という問い合わせが有ります。


 政党に所属している議員の方ですと、その政党の公認候補者を自動的に支援することになりますが、私の様にどの政党にも所属していない無所属の議員は自分自身で判断して支援候補者を決めますので、衆議院選挙のたびに、マスコミの方からの確認の問い合わせが必ず有ります。


 ただし、今回の衆議院選挙に限っては、マスコミの方からの私への問い合わせ内容が極めて明確で簡潔になっています。

 具体的に言いますと、「相原さん、忙しいところ済みません。 神奈川9区(私の地元の麻生区と多摩区が選挙区)の衆議院選挙の事で確認させて下さい。 来年の4月の麻生区の神奈川県議会議員選挙(定数2)では、相原さんに対して、民主党も自民党も公認候補者をぶつけるので、常識的に考えて、今度の衆議院選挙で相原さんが民主党の公認候補者である笠さんと自民党の公認候補者である中山さんを支援することはあり得ませんよね。」という質問であります。

 私からは、「その通りですね。それが常識だと思いますよ。」と回答して、全てが終了となります。

 所要時間2分前後というところです。

 これまでですと、私から、衆議院選挙で私が誰を支援するのかを話しても、さらに質問が続き20分前後のやり取りになりますが、今回は、「それが常識ですよね。当然ですよね。」という記者の方の感想が最後の言葉となって、やり取りの全てが終了となっています。

                    (平成26年11月18日 記)



<437> 「今回の衆議院の解散の大義」論争
★相当厳しい意見も出てきています


 今回の衆議院の解散の話は大変に突然なものですので、様々な意見が噴出している様です。

 実際には未だ解散している訳ではないですが、「今回の衆議院の解散の大義」を巡る論争が活発です。

 過去の衆議院の解散時に比べて相当に活発です。


 様々意見の中でも、<自由民主党・岐阜県連の決議>(下記に掲載)は大変に強烈です。

 解散を行おうとしている自由民主党の正式な地方組織の決議であり極めて異例な事です。 

 同時に、内容的にも、ここまで言い切るのは、極めて異例です。


 今回の衆議院の解散の経緯と意義について、自分自身で十分に勉強したいと思っています。


     
<< 自民党・岐阜県連の決議の全文 >>

 安倍首相が年内にも解散総選挙を実施するとマスコミを通じて報じられているが、国民生活に与える影響を考えると、どう考えても異常である。

 ましてや、現在は景気回復に向けて全てを傾注しなければならない時であり、政治的空白を作るべきではなく、解散する大義は無い。

 現在、国会においては、衆参の「ねじれ」もなく、衆議院は任期を2年残して、与党で3分の2を越える議席を確保、自民党としても294議席という圧倒的な数を握っており、今国民の期待に応えることが出来る状況にある。

 今、自民党に風は吹いていない。2年前の自民党が大勝した状況とは違う。なぜ、今なのか。なぜ、わざわざ数を減らす選挙をするのか。


 以下、その理由を記す。

(1)12月解散総選挙については、県内の業界団体の大半から「仕事はあるが、利益が出ない。いつもの年より厳しい年末になる。選挙をやっている余裕はない。選挙が年末商戦に響く。何のための解散なのか、意味が良く分からない。」と反対や疑問視する声が相次いで出ている。

(2)前回に続いて(地方)県市町村議会が12月議会の開催時期にあたり、景気の回復実感がない地方では、補正予算・新年度予算について慎重に議論を尽くす非常に大事な時期である。

(3)前回の総選挙と違って、地方議員は来年の統一地方選挙に向けての準備を本格的に進めており、衆議院議員総選挙に力を入れる余裕など全くない状況である。

(4)消費税を解散の大義名分とするのは後付けで、民意軽視、国民のことを一切考えない党利党略である。


 よって、我々自民党岐阜県連は「解散は総理の専権事項」ということは十分承知しているが、安倍政権が行おうとしている年内の、統一地方選挙前の衆議院解散総選挙には断固反対するものである。
                   (平成26年11月16日 記)



<436> 明日・11月16日は沖縄県知事選挙
★大変に重要な沖縄県知事選挙です


 明日(11月16日)は、<沖縄県知事選挙>の投票日です。

 ここ数日の主要な政治ニュースは衆議院の解散・総選挙ですが、11月16日(日)は沖縄県知事選挙の投票日です。

 今回の沖縄県の知事選挙は、「日米同盟関係」・「日本の安全保障政策」・「国全体の利益と地域の関係」・「国としての一体感」等の観点から、大変に重要な選挙です。

 我が国で行われる地方選挙のうち、国政への影響が最も大きい地方選挙と言っても過言では無いと思います。

 沖縄県民でない私には投票権がありませんが、是非、投票権のある方には貴重な投票権を行使していただきたいと思います。


 昨晩、なんとなく、ネット上で様々なニュースを見ていたら、「先週あたりから沸騰している衆議院の解散の話は、沖縄県知事選挙に影響を与えるためのもの。沖縄県知事選挙の情勢を逆転するためのもの。」だという話を発見つけました。
 さらに、その話の最後には、沖縄県知事選挙の結果によっては、17日(月)以降になって、「衆議院を解散しない」という可能性もあるかもしれないと付け加えられていました。

 私には理解困難な話でありますが、改めて、世の中には様々なものの見方があるものだと感じたところでした。


 間違いなく、全ての選挙が大切であり、いかなる選挙においても候補者と有権者の真剣な対応が強く求められます。
 最も基本的で重要な事は、投票権の行使です。

 私は、明日(11月16日)投票の沖縄県知事選挙を強い関心を持って見守っている最中です。

                  (平成26年11月15日 記)



<435> 衆議院解散・総選挙は何日?
★来週、衆議院を解散するとの話・・・


 今、直ぐにも、衆議院の解散が行われる様な雰囲気になってきました。


 私自身は、衆議院議員選挙の候補者ではない訳ですが、衆議院が解散され衆議院選挙が実施されますと、選挙期間中は、法律により、私たち地方議員の議員活動・政治活動にも制限がかかってきます。

 私の場合で言いますと、定期的に発行している「神奈川県議会レポート」の配布はできなくなりますし、随時開催しています「ミニ県政報告会」も開催できなくなります。

 衆議院解散の行方が明確になるまでの間、11月・12月そして来年の1月頃までの具体的な日程の最終決定を保留しておく事になります。


 いずれにせよ、衆議院選挙は多額の税金(約700億円)の投入し、候補者だけでなく国民全体の莫大なエネルギーが使われますので、すばらしい候補者だけが当選して、すばらしい衆議院議員が誕生する選挙が実施される事を強く願うところです。

                  (平成26年11月14日 記)



<434> 衆議院解散か?
★ここ数日、解散風が強烈に吹いています


 衆議院解散 ⇒⇒⇒ 総選挙の実施?
 12月の師走選挙?


 麻生区の多くの方から、ここ数日、「衆議院は本当に解散するのですか?」と質問されます。

 衆議院議員でもない私に聞かれても、気の効いた回答や特別な回答をすることは出来ませんが、ここ数日の報道を踏まえれば、多くの方が、「衆議院解散近し」と思うのは当然のことだと思います。

 質問される度に、私は、最初に、「<解散の大義名分・何を国民に問うのか・争点>が明確ならば、今日でも明日でも、解散しても良いと思います。」と言い、次に、「解散の大義名分がないの場合は、解散という選択は避けるべきだと思います。」と言い、さらに、付け加えて、「衆議院選挙を実施すると何百億円の税金を使う事になります。」と答えています。

 「解散の時期の話」よりも「解散の大義の話」の方が遙かに重要だと考えます。


*一人の国民としては、衆議院を解散して衆議院選挙が実施さられのであれば、すばらしい候補者だけが当選する選挙が行われ、そして、すばらしい衆議院議員が誕生する事を願うのみです。
                   (平成26年11月13日 記)



<433> 「神奈川県議会レポート (平成26年 秋発行号)」 発行
★配布を開始しました


 『神奈川県議会レポート(平成26年 秋発行号)』を発行しました。


 議会活動報告として、『神奈川県議会レポート(平成26年秋発行号)』(B4×4ページ)を作成しました。

 内容は「神奈川県議会 副議長としての1年間の活動報告」です。

 神奈川県議会の副議長の仕事内容を知ってもらうことを主眼においたレポートです。

 現在の日本の地方自治制度は、<住民から選挙で直接選ばれる首長と議会による二元代表制>になっていますが、行政のトップである知事や市区町村長の活動は住民の皆様の眼に届きやすいですが、議会のトップであります議長それに続く副議長の仕事は十分に周知されていないところが有りますので、今回は神奈川県議会の副議長の仕事をより知ってもらいたいとの思いで作成したものです。


 麻生区内の皆様に、<地元のタウン誌=マイタウンへの折り込み>と<DM>と<新聞折り込み>等で、配布いたします。

 既に、DMの方は配布を開始しています。


 経費等の物理的条件が許せば、もっと大量に印刷して配布をしたいのですが、そうもいきませんので、可能な限りの方法で配布しているところです。


 是非、麻生区の皆様にはお読みをいただき、ご感想等をお寄せ下さい。
                (平成26年10月24日 記)



<432> 平成26年 第3回定例会(前半の部) 終了
★10月14日に「前半の部」が終了しました


 神奈川県議会では、一年間のうちで、第3回定例会(9月から12月まで)が日程の一番長い定例会になっています。


 第3回定例会は、9月から10月にかけて「前半の部」、10月から11月にかけて「決算特別委員会」、11月から12月にかけて「後半の部」が開催されます。

 今週・10月14日(火)で「前半の部」が終了しました。


 「前半の部」の中で、私は、10月1日(水)に「文教常任委員会」、10月2日(木)に「ヘルスケア・ニューフロンティア政策調査特別委員会」、10月6日(月)に「予算委員会」で質問を行いました。


 ■質問項目(主なもの)は以下の通りです■


  <文教常任委員会>

 1、危険ドラッグ対策に関して

 2、高校の日本史教科書の採択に関して

 3、県立高校の教員の再任用について


 <ヘルスケア・ニューフロンティア政策調査特別委員会>

 1、「未病」への取り組みについて


 <予算委員会>

 1、危険ドラッグ対策に関して


 引き続き、議会の正式な会議で質の高い議論を展開していきたいと考えています。
                 (平成26年10月17日 記)





   ********************************



 尾作均先生(川崎市議会議員、麻生区選出)のご葬儀が執り行われました。







 生前の尾作先均生のお人柄、長年にわたる各種のボランティア活動を通じての地域社会へのご貢献、川崎市議会議員としての大きなご功績を反映した、心に強く響く、大変に立派な葬儀でございました。


 ご親戚を代表しての小島一也先生(元川崎市議会議長)のご挨拶、地元・柿生地域を代表しての高桑光雄様(神奈川県農業協同組合中央会・連合会 会長)のご弔辞、友人を代表しての梶稔様(尾作均後援会 事務局長)のご弔辞を拝聴しながら、あらためて、尾作均先生のご功績を認識し、尾作均先生を偲ばせていただきました。


 尾作均先生、本当に有難うございました。

 心より御礼申し上げます。

 尾作均先生、安らかにお眠り下さい。



         平成26年10月11日  
相 原 高 広




   ***************************************




川崎市議会議員の尾作均先生(川崎市麻生区選出)がご逝去されました。


 尾作均先生は、私にとりまして、これまで神奈川県議会議員(川崎市麻生区選出)として議員活動をしてきた中で、最もお世話になった方のお一人です。


 謹んで尾作均先生のご逝去を悼み、生前の温かいご指導に対し、あらためて、心より御礼申し上げます。


 先月・9月下旬に病院にお見舞いにお伺いした際、尾作先生から病状について直接お話をいただいてはおりましたが、今回の訃報に接し、いまだに信じられない思いでございます。

 尾作先生のこれまでのお導きに心より感謝申し上げます。

 安らかに永遠の眠りにつかれる事を心よりお祈りいたします。


 本当に有難うございました。


        平成26年10月1日   相 原 高 広


   ********************************


         故 尾 作 均 先 生


        
      ご葬儀の日程 >


      お通夜 10月6日(月) 18時から

     告別式 10月7日(火) 12時から


      いずれも、「眞宗寺 川崎霊園」で執り行われます。

      *「眞宗寺 川崎霊園」
・・・・・(住所) 川崎市 麻生区 王禅寺 1241



   ********************************





431> 神奈川県議会は委員会質問に入りました
★来週と再来週に委員会で質問を行います


 神奈川県議会の方は委員会での審議に入っています。

 私自身は、10月1日(水)の「文教常任委員会」、10月2日(木)の「ヘルスケア・ニューフロンティア政策調査特別委員会」、10月6日(月)の「予算委員会」で質問を行う予定になっています。
 先週、委員会で質問を行う日が決まりましたので、準備を進めているところです。


 議会の正式な会議で質の高い議論を展開していきたいと考えています。
                  (平成26年9月28日 記)



430> 奈川県政について話をしませんか
★9月の<ミニ県政報告会>の日程

 私は、神奈川県議会議員の活動として<広聴活動>を大変に重要と考えており、麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく<広聴活動>を、様々な方法を用いて実施しています。

 その一つとして、<ミニ県政報告会>を開催しております。

 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんに対話が出来る機会になればと願いながら開催しているところです。

  <開催日時>   <開始時間>      <開催場所>
 9月27日(土)   午後2時15分より  新百合21 第1研修室にて
 9月27日(土)   午後3時30分より  新百合21 第1研修室にて
 9月27日(土)   午後4時45分より  新百合21 第1研修室にて
 9月27日(土)   午後6時より  新百合21 第1研修室にて
 9月27日(土)   午後7時15分より  新百合21 第1研修室にて


*開催時間は1回1時間以内です。

 開始時間の5分前から入室可能です。
 開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
 途中退出も構いません。

                   (平成26年9月16日 記)



429> 平成26年 第3回定例会 スタート
★9月8日から12月19日までの開催予定


 9月8日(月)に、12月19日(金)までの開催予定で、「神奈川県議会 平成26年第3回定例会」が始まりました。
 
 神奈川県議会では、一年間の中で、「第3回定例会」が期間の一番長い定例会になっています。


 引き続き、気合を入れて、議会の会議に臨んでいきます。
 
 当面は、今月下旬から来月上旬にかけて開催される「文教常任委員会」と「ヘルスケア・ニューフロンティア政策調査特別委員会」における質問の準備をしていきます。 

 是非、神奈川県議会の議論にご関心をお寄せ下さい。



*9月8日(月)に、関東甲信越一都九県議会議長会からの感謝状を、神奈川県議会の議長・副議長から伝達されました。
 大変に有難い事です。
 今年の5月下旬に副議長を退任した後も、これを含めまして神奈川県議会・副議長に関連した会合等が何度かありましたが、これをもって全て終了になるかと思います。

 改めまして、副議長を務めました平成25年5月から平成26年5月までの間に賜りましたご指導とご協力に心から感謝申し上げます。
                    (平成26年9月12日 記)



<428> 夏の時期の議員活動 終了
★来週・9月8日(月)から定例会 開始


 神奈川県議会議員の夏の時期の議員活動の中心になります「調査活動(委員会での県内・県外調査、議員連盟での県内・県外調査、会派での県内・県外調査等)」と「広聴活動(来年度の当初予算編成に向けて会派で行う県内市町村や県内各種団体との意見交換・予算ヒアリング活動等)」がほぼ終了しました。


 私の今年の夏の時期の議員活動の最後は、文教常任委員会での「神奈川県立生田高校(川崎市多摩区)」の調査でした。

 生田高校は、私にとりましては<準地元(私の地元の麻生区は生田高校のある多摩区と以前は一つの区でした。約30年前に多摩区と麻生区に分区されています。)>でありますので、質疑応答の時間では、質問事項とは別に、大きな期待を込めて、校長をはじめとする教職員の皆さんに向かい、「生田高校に対しては地域の皆さんの期待が大きいので、是非、その期待に応えていただきたい。」・「生田高校は進学、部活動、生徒指導とも大きな問題がないと認識しています。その意味では勤務されている教職員の負担は重くないと考えますので、その分のエネルギーを、是非、生田高校のさらなる発展に投入してほしい。」と発言しました。

 生田高校の一層の発展を心から願うところです。


 来週・9月8日(月)からは、「神奈川県議会 平成26年第3回定例会」が始まります。
 夏の時期に行った「調査活動」と「広聴活動」で吸収した事を、議会・定例会の中で最大限に発揮できればと考えています。

                     (平成26年9月7日 記)



427> 
奈川県政について話をしませんか

★8月の<ミニ県政報告会>無事に終了


 広聴活動の重要な柱の一つとして位置づけています<ミニ県政報告会>を本日(8月16日)開催いたしました。

 昨年の5月から今年の5月までの「神奈川県議会・副議長」在任中は思うように開催できませんでした<ミニ県政報告会>ですが、本日、半年以上ぶりに開催いたしました。
 ご参加をいただいた皆様には心より御礼申し上げます。


 私は、神奈川県議会議員の活動として<広聴活動>を大変に重要と考えており、麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく<広聴活動>を、様々な方法を用いて実施しています。
 その一つとして、<ミニ県政報告会>を開催しております。
 神奈川県政を中心に日本の政治について、ざっくばらんに対話が出来る機会になればと願いながら開催しているところです。


*次回は来月・9月の後半の開催を予定しています。
 今後の<ミニ県政報告会>の開催日程につきましては、相原高広のHPでご確認ください。

                  (平成26年8月16日 記)



426> 奈川県政について話をしませんか
★8月の<ミニ県政報告会>の日程


  <ミニ県政報告会>を開催いたします。

  昨年の5月から今年の5月までの神奈川県議会・副議長の在任中の間は、副議長としての日程を最優先しておりましたので、なかなか開催する事ができませんでしたが、今後は、毎月、開催していくつもりでおります。

 神奈川県政を中心に、日本の政治について、ざっくばらんに対話が出来る機会になればと、心から願っております。


 8月の開催日程につきましては、既に、このHPでご案内した通りです。

  <開催日時>   <開始時間>      <開催場所>
 8月16日(土)  午後1時15分より  新百合21 第1研修室にて
 8月16日(土)  午後2時30分より  新百合21 第1研修室にて
 8月16日(土)  午後3時45分より  新百合21 第1研修室にて
 8月16日(土)  午後5時より  新百合21 第1研修室にて
 8月16日(土)  午後6時15分より  新百合21 第1研修室にて


*開催時間は1回1時間以内です。

 開始時間の5分前から入室可能です。
 開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
 途中退出も構いません。

                   (平成26年8月15日 記)



425> 奈川県政について話をしませんか
★<ミニ県政報告会>の開催のお知らせ


 私は、神奈川県議会議員の活動として<広聴活動>を大変に重要と考えております。

 麻生区選出の神奈川県議会議員として、麻生区の皆様の声を聴かせていただく<広聴活動>を、様々な方法を用いて実施しているところです。

 その一つの方法として、<ミニ県政報告会>を開催しております。


★麻生区の皆様の声をお聴かせ下さい

 相原高広は、「神奈川県政の発展」と「健全な民主政治の実現」のためには、「政策中心の対話の政治の推進」が極めて重要と考えております。
 そのための一つの方法として<ミニ県政報告会>を開催しています。

 現在、麻生区の人口は、17万人を越えています。
 時間や経費等の物理的条件が許せば麻生区内の全ての方と神奈川県政についてお話をしたいと心から願っておりますが、現実には困難です。
 特に、麻生区外へ通勤・通学されている方とは、平日はお会いすること自体も難しいのが実状です。
 
 麻生区の社会環境の中で、「どうしたら、より多くの麻生区の方と神奈川県政を中心に政治について率直にじっくりと語り合えるのか」と考えた結果、神奈川県議会議員になり1期目の時から現在まで、この<ミニ県政報告会>を継続して開催しています。
 
 相原高広の<ミニ県政報告会>は、誰でも参加できる会です。
 相原高広と一切面識の無い方でも、神奈川県政を中心に政治に関心のある方ならば、どなたでも参加できます。
 いわゆる動員型の集会とは全く違います。
 一人でも参加者があれば実施いたします。
 予約や参加費等は一切必要ありません。

 相原高広の<ミニ県政報告会>は、相原高広からの一方的な報告でなく、参加者の皆様からのご質問・ご意見・ご要望から始まる少人数による座談会です。
 神奈川県政を中心に日本の政治についてさっくばらんに話をする「少人数のオープンミーティング」とお考え下さい。
 
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

*尚、各種の行事や会合等でお会いできる方には、これまで通り、お会いしました時に、率直なご意見・ご要望を下さります様、お願い申し上げます。


★8月の<ミニ県政報告会>の開催日程

 昨年の5月から今年の5月までの神奈川県議会・副議長の在任中は思うように開催できませんでしたが、久しぶりに、<ミニ県政報告会>を開催いたします。

 神奈川県議会・副議長を退任して2か月半が経ち、ようやく、副議長就任前のペースになってきました。

 神奈川県政を中心に、日本の政治について、ざっくばらんに対話が出来る機会になればと、心から願っております。

  <開催日時>   <開始時間>      <開催場所>
 8月16日(土)  午後1時15分より  新百合21 第1研修室にて
 8月16日(土)  午後2時30分より  新百合21 第1研修室にて
 8月16日(土)  午後3時45分より  新百合21 第1研修室にて
 8月16日(土)  午後5時より  新百合21 第1研修室にて
 8月16日(土)  午後6時15分より  新百合21 第1研修室にて


*開催時間は1回1時間以内です。

 開始時間の5分前から入室可能です。
 開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
 途中退出も構いません。

                   (平成26年8月8日 記)



<424> 夏の時期の議員活動について ②
★広聴活動・・・地域での触れ合いの中から



 この時期は、調査活動と共に、各種の地域行事を通じて地域での触れ合いの中から住民の皆様の様々な声を聴かせていただく時期でもあります。


 夏の時期は、「納涼祭り」・「盆踊り」といった地域行事が多く開催されます。
 各種の地域行事を通じて地域での触れ合いの中から住民の皆様の様々な声を聴かせていただく絶好の機会となります。

 会議室等において神奈川県政に関するご意見・ご要望・ご質問をいただく事は大変に重要と考えています。
 また、少し砕けた雰囲気の中で地域の皆様の声を聴くことも大切な議員活動の一つだと考えております。


 全ての地域行事に参加する事は不可能ですが、出来る限り参加するように心がけています。

 お会いした際には、どうぞ、お気軽に声をおかけ下さい。
 率直なご意見をお待ちしております。


 有意義な夏を過ごしたいと考えております。
                  (平成26年7月28日 記)



<423> 夏の時期の議員活動について ①
★調査活動



 神奈川県議会では、毎年度、「第2回定例会」の終了から「第3回定例会」の開始までの期間に、各種の調査活動が行われています。

 この時期は、議会の会議(本会議・委員会)の開催が一番少ない時期であり、委員会や議員連盟や会派での調査活動を行います。

 今年度では、第2回定例会の終了日の翌日の7月9日から第3回定例会の開始日の前日の9月7日までの期間になります。



調査活動は大きく2つに分類できます。

1、視察調査

 私で言えば、「会派の調査(鹿児島県)」、「文教常任委員会の県外調査(福井県、石川県)」、「ヘルスケア・ニューフロンティア政策調査特別委員会の海外調査(シンガポール)」、「文教常任委員会の県内調査」、「がん撲滅推進議員連盟の調査(愛知県)」、「多摩川会の調査(川崎市内)」等です。

 全ての調査に参加できれば良いのですが、なかなか全てと言う訳にはいきません。
 既に、7月9日に出発を予定していました「会派の調査(鹿児島県)」は、九州地方を襲った猛烈な台風の為に中止となっています。


2、来年度の当初予算に対する各種団体からのヒアリング活動

 来年度の当初予算に対する県内の市町村、県内の各種団体からの予算要望のヒアリング活動を行います。


 有意義な夏を過ごしたいと考えております。
                 (平成26年7月27日 記)



<422> 神奈川県議会議員の逮捕について 
★大変に驚いています



 先日、元神奈川県議会議員(横山・元神奈川県議会議員)が薬物問題(脱法ドラッグ関係)で逮捕されました。

 この問題については多くの人が強い関心を持っている様です。
  (日頃は政治や政治家に関心が全く無い人も含めて関心が極めて強い様子です。)

 多くの方から色々と聞かれますが、正直なところ、私は、報道されている以外の情報を持ちあわせていません。
  (報道により、内容を知り、その度に驚いているというの正直なところです。)

 尚、神奈川県議会議員だからといって、特別に、誰かが(警察関係も含めて)、事件の詳細について教えてくれる訳ではありません。
 また、こちらから、警察等に内容を問い合わせることは一切できません。


 横山氏とは、年齢や当選回数が離れていて、所属会派(横山氏は自民党の所属でした)も違った事から、濃い付き合いをしていた訳ではなく、私には詳細がよく分かりません。
 状況がよく分かりませんので、今は、今後の推移を見守っているところです。


 横山氏が神奈川県議会議員になって最初の頃の彼の本会議・質問を何回か聞き、「なかなか良い。大きく伸びる可能性がある。」と私は率直に感じましたので、その意味では今回の件は大変に残念に感じています。


 現時点では状況が全く分かりませので、今後、県民の皆様に報告すべき事が出ましたら、率直に報告したいと考えております。
                    (平成26年7月24日 記)



<421> 兵庫県議会議員の政務活動費問題  
★さらに問題が拡大 (全国の地方議会の問題へ)



 先月から大きな話題になっている<ある一人の兵庫県議会議員、野々村・元兵庫県議会議員>の政務活動費の問題がさらに拡大している様子です。

 問題は彼自身の不正・違法問題として大きく進展
していますが、同時に、全国の地方議員の政務活動費(以前は「政務調査費」と言われていました)の問題としても注目が集まってきています。

 私の所に入ってくる情報(噂的なものも多く含まれますが)では、「あの兵庫県議会議員以外にも大きな問題のある地方議員がいる」との話が全国で多く出ているとの事。
 さらには、マスコミ各社には様々
な情報が寄せられているとの話です。 
  (私自身の事が含まれていないのか大変に気になるところです・・・・
・。)

 昨日(7月19日)、数紙の新聞を読んでいたら、ある新聞では、山口県議会議員の事を報道していました。


 私自身の政務活動費の使い方については、このHP(7月14日付)にて、お知らせした通りです。
 私自身では全く問題はないと考え、その上に議会局の担当職員と十分に相談して、政務活動費(政務調査費)からの支出を最終的に決定したとても、第三者(=納税者の皆様)から「問題あり」と指摘をされる可能性を全く否定する事は出来ません。
 「問題あり」として「何時、何処から」指摘がされるか分らない状況になっています。

 これは、<公金の支出>の一つの性格を表しているとも言えます。
 当事者は問題がないと確信を持って支出を行ったとしても、納税者の皆様から問題を指摘されたり、問題と判断された場合は、それを十分に受け止める努力が必要です。
 そうする事によって、誰からも疑問が出ない厳格な支出が確立していくものだと思います。

 支出の適法性については、法令の解釈に基づいて判断が当然なされるべきですが、加えて、納税者の評価は重要な観点になります。
 合法的であると判断されたとしても、納税者から強い批判が出れば、強い批判が出た該当の支出の今後のあり方については、該当の地方議会として丁寧な検討を行っていく必要があります。

 公金の支出では、過去には「問題が無い」とされた支出でも、現在では「否定・禁止」されている支出はあります。


 ★当然の事ですが、最初から問題があると認識した上で支出を行ったり、問題を隠蔽する様な行為は、全く論外です。


 今日、私にとっては、(多くの地方議員にとっても同様だと想像していますが)、政務活動活動については「審判を待つ」という様な感があります。
                    (平成26年7月20日 記)



420> 兵庫県議会議員の政務活動費問題 ①
★私の感想、私の政務活動費の支出方法について



 今、一人の兵庫県議会議員(野々村・兵庫県議会議員。本人は辞職願を提出⇒7月11日付で辞職)の政務活動費の支出の問題が大変に話題になっています。


 この事に関連して、これまでに、多くの方から、ご質問をいただきました。


質問をいただいた主な内容は、以下の通りです。

 ①この兵庫県議会議員の政務活動費の支出方法について、相原さんは、どう思いますか?

 ②相原さんは、政務活動費をどの様な方法で使っていますか・正しく使っていますか?


私は、私自身の支出方法の実態も含めて、以下の様に、率直に、回答しているところです。

 ①私は、この兵庫県議会議員の政務活動費の支出方法で最大の問題は、議会局の担当職員から問題を指摘をされたにもかかわらず、その指摘を全く無視して、支出を強行したことにあると考えています。
 その結果として、独善的で異常な判断に陥ったと考えています。

 ②私の場合、先ずは、自ら、適正な支出を強く心がけています。
 その上で、人によって考え方や見解の違いが必ず存在しますので、自分の全ての政務活動費の支出について、政務活動費の経理を担当する議会局・経理課の担当者と十分な相談や確認を行っています。 
   (自分では「正しい」と思っても、他の人からは「問題」と指摘されるのはありえる事ですので。)
 相談や確認をした結果、議会局の担当者から問題を指摘された場合は、政務活動費の支出から除外をしています。
   (実際に、議会局の担当者から指摘を受けて、政務活動費からの支出を除外した事も数件ありました。)
 最終的には、政務活動費の経理事務に最も精通している議会局の担当者の判断に従うのが、一番良い方法だと考えています。
 政策判断については議員自らが責任を持って全て行うべきですが、経理等の事務処理については事務に精通している担当者の判断を尊重する事が肝要だと考えています。

 ★但し、たとえ、議会局の担当者から、私が行った全ての支出に関して「問題は全く無い」との判断を受けていても、最終的な責任は全て私自身にあります。
  議会局の担当職員には、最終責任は一切ありません。
  政務活動費の支出についての最終的な責任は、全て議員自身にあります。


 今後とも、神奈川県政や神奈川県議会について、ご質問・ご意見・ご要望がございましたら、ご遠慮なく、ご連絡ください。
                  (平成26年7月14日 記)



419> 神奈川県議会 平成26年第2回定例会
★定例会 終了



 神奈川県議会の「平成26年・第2回定例会」が終了しました。


 一昨日(7月8日)に、5月8日から始まりました「平成26年・第2回定例会」が終了しました。

 この定例会の中で、私は、5月23日に副議長を退任し、6月19日には本会議で代表質問を行い、7月3日と7月4日に委員会(文教常任委員会とヘルスケア・ニューフロンティア政策調査特別委員会)で質問を行いました。

 いつもの定例会よりは少し慌ただしいところが有りましたが、私には、ちょうど心地よい位の慌ただしさでした。


 定例会の中で、一番気を使ったのは、副議長室を全て片付けて次の副議長(小川久仁子副議長)に明け渡す作業でした。
 (私の退任日と次の副議長の就任日は同じ日であり、形式的にも実質的にも、同日に全ての引き継ぎの処理を完了させます。)

 神奈川県議会では、議長・副議長としては、約四半世紀ぶりの女性の副議長の誕生で、しかも、美的感覚に優れた綺麗好きと評判の副議長ですので、私なりに十分に気を使ったところです。


 神奈川県議会の次の定例会(平成26年第3回定例会)は、9月8日からの開催になります。
 次の定例会も、神奈川県政の発展と健全な民主政治の実現のため、全力で対応して参ります。

                     (平成26年7月10日 記)



418> 神奈川県議会 平成26年第2回定例会
★委員会質問 報告


 今週、常任委員会と特別委員会で質問を行いました。


7月3日(木)  「文教常任委員会」

①県立学校に対する地元住民の皆様の貢献や負担について

  県立学校が開校時(建設工事実施時を含む)から今日まで、地元住民の皆様から受けた貢献や地元に与えた負担や迷惑に関して十分に記録し永久に保存すべきだ

②県教育委員会が作成した日本史の独自教材『近現代と神奈川』について

  独自教材の記述内容の厳密性の確保と記述の必要性について、および、今後の改訂のあり方について


7月4日(金)  「ヘルスケア・ニューフロンティア政策調査特別委員会」

①「未病」への取り組み、特に県が設立をする「未病産業研究会」について

  県の取り組みに大きな期待を寄せる立場から


②国際的医療人材養成機関について

  医学部の新設やメディカルスクール等について


 今後とも、神奈川県政の発展と健全な民主政治の実現のため、神奈川県議会の正式な会議の場(本会議・委員会)で発言し続けてまいります

                   (平成26年7月5日 記)



<417> 神奈川県議会 平成26年第2回定例会 
委員会での審議 実施中


 「神奈川県議会・平成26年第2回定例会」は予定通りに進んでいて、現在は、「委員会(常任委員会、特別委員会)」での審議が行われています。


 私は、7月3日(木)の午前に「文教常任委員会」で、7月4日(金)の午後には「ヘルスケア・ニューフロンティア政策調査特別委員会」で、質問を行う予定です。

 今回の委員会質問は、実質的には平成26年度の最初の委員会質問になりますので、「文教常任委員会」ではマクロ的な観点から課題を取り上げて「問題提起型」の質問を考えています。
 また、今年度になり初めて設置された「ヘルスケア・ニューフロンティア政策調査特別委員会」では、黒岩知事が打ち出す<ヘルスケア・ニューフロンティア>に強く期待し支持する一人として、大きな期待感を込めて質問したいと考えています。

 神奈川県政の発展と健全な民主政治の実現のため、引き続き、議会の正式な会議の場で積極的に発言し続けていきます。
                  (平成26年7月2日 記)




<416> 本会議質問の報告
★小冊子「質問と答弁の要旨」を作成しました



 神奈川県議会議員としての最重要職務の一つになります<本会議・質問>を実施した際には、私は、「HP」や「神奈川県議会レポートの発行」等の方法で県民の皆様にその内容を報告する事にしております。

 しかし、分量の都合で詳細な報告は難しいことから、別途、詳しい内容の報告用に、小冊子(「質問と答弁の要旨」)=(A4サイズで15ページ前後)を作成しています。

 私といたしましては、議会での議論を県民の皆様に出来るだけ詳細に報告したいと考えております。

 そうする事により、神奈川県政に対する関心を高めてもらい、神奈川県政に対して厳正で良識ある評価をしていただき、加えて、県の皆様の衆知を集めることが極めて重要と考えております。

 過日・6月19日に本会議にて知事と教育長に対して行った質問についての小冊子(「質問と答弁の要旨」)を作成しましたので、ご希望の方は、ご遠慮なくFAXか電子メールでご連絡ください。
 直ぐに、郵便(無料)にて、送付させていただきます。


 引き続き、神奈川県議会での議論を出来る限り詳細に報告してまいりますので、是非ご関心をお寄せ下さい。

                     (平成26年7月1日 記)



<415> 6月19日 本会議・代表質問 実施
★質問内容のご報告


    << 本会議での質問風景 >>







 6月19日(木)に、本会議にて、代表質問を行いました。

 議員として、議会での発言内容を報告するのは議員の責務と考えておりますので、少し長くなりますが、質問の内容(質問の要旨)について報告いたします。


 私の場合、質問原稿を自分自身で全文作成し、概ね出来上がった時点(質問通告期限の数日前頃)で、県の本会議質問の取りまとめ担当者(神奈川県では政策局が担当)に、質問原稿の全文を提示しています。 
 この時点での質問原稿は、本番の質問時間よりも若干多い分量になっている場合が多く、質問日までに調整を加えて、所定の質問時間に合わせます。

 議会での発言というものは、議員としての主張・意見・提言・政策です。
 また、私は、原則として、常日頃から何処においても確信を持って発言している内容を、本会議での質問にしています。
 ですので、質問原稿を隠す理由は特に無く、基本的には、質問原稿全文を担当者に質問通告期限前に提示しています。


 ここに掲載する「質問要旨」は、担当者が、県庁内での連絡用として作成したものです。
 もしかすると、私が提示する質問原稿の全文のやり取りでは分量が多く不便なので、県庁内の連絡利便性の向上の為、担当者が「質問の要旨」を作って対応しているのかもしれませんが、以前より、担当者間では「質問の要旨」を基本に本会議質問に対応している様です。

*神奈川県議会の本会議・質問に関するルールでは、<発言者(質問者)>は、定められる通告日までに、「発言通告書」を提出し、併せて「発言の要旨」を提出する必要がありますが、質問原稿を提出する義務は課せられていません。



 
<<  質 問 の 要 旨  >>   *(  )内は、答弁者を示す。


1 現在の神奈川県知事に求められる知事像について

 超高齢社会、少子化、人口減少、経済の停滞という重圧感のある課題が山積している中で、県政においては知事の力量が大きく問われる状況にあると考えるが、知事は知事にしかできない仕事に専念し成果をあげ、それにより評価がなされるべきだと考える。
 知事は県政のトップとして、国や企業さらには諸外国との関係という対外的な領域で大きな成果を出すことを強く期待される一方で、地方自治体の業務の細部については、副知事以下県幹部が備える行政能力によって掌握され推進されるべきものと認識している。
 知事は「県民の生活を向上させ、県民の生命・財産を守る」という最大かつ最終の使命の下、知事の掲げる諸施策を全力で邁進していってもらいたい。
 そこで、現在の神奈川県知事に求められる知事像について、知事としての3年間の経験も踏まえ、率直な所見を伺いたい。  (知事)


2 国の健康・医療の成長戦略や国家戦略特区と本県との関係等について

 「健康・医療戦略推進法」と「独立行政法人日本医療研究開発機構法」が成立したことは、国としての危機感の表れと同時に、成長戦略の柱と期待されている健康・医療分野の研究開発に関して、国をあげて強力に推進していくとの決意であると認識している。
 その実現のためには、国と地方、官と民が一体となった、高度な戦略が必要であると考える。
 国の健康・医療戦略は、全国のなかでも特に本県に大きく関係する重要課題であり、本県のヘルスケア・ニューフロンティア政策と重複しているため、国とのより一層強固な連携が求められる。
 そこで、ヘルスケア・ニューフロンティアの推進に向け、国の健康・医療戦略との連携や国家戦略特区の活用について、どのように取り組もうと考えているのか、また、国の健康・医療戦略について、どのような政策を反映しようと考えているのか、所見を伺いたい。  (知事)


3 教育委員会制度の改革について

 現行の教育委員会制度の問題点は、教育委員会が首長から相対的独立性を有しているため、首長と住民の意思の反映が弱いことや、決定と執行のスピード感が欠如していることと考える。
 「地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律」が成立し、その内容は、教育行政における首長の権限を強める事を柱に、自治体の教育方針を示す「大綱」の策定権を首長に与えることなどとなっている。この教育委員会制度の改革を高く評価するとともに、本県の教育行政の発展につながると期待している。
 そこで、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の改正に対する所見を伺いたい。また、強い関心を持っているところだが、自治体の教育方針である「大綱」の策定を中心に、法改正への対応をどのように考えているのか、所見を伺いたい。  (知事)


4 横浜市営地下鉄3号線の新百合ヶ丘駅までの延伸について

 鉄道網の整備に関しては巨額の費用を伴うことから、整備する沿線地域の発展への貢献は勿論、鉄道ネットワーク化の観点が極めて重要であり、それは、国及び地方の厳しい財政状況や人口減少社会下での鉄道事業者の投資意欲を踏まえれば、ますます重要になると考える。
 横浜市営地下鉄3号線の新百合ヶ丘駅までの延伸については、本県の「かながわ交通計画」に位置づけており、ここにきて、横浜市が事業化に向け必要な基礎的な調査を行うことや、国が今年度から審議会での議論を始めるなど動きが出てきている。こうした動きを踏まえ、改めて、延伸の実現に向けて県の働きに大きな期待をしている。
 そこで、横浜市営地下鉄の新百合ヶ丘駅までの延伸の重要性に関し、現在どのように認識をしているのか、また、横浜市と川崎市の動向をどのように認識しているのか、所見を伺いたい。さらに、国の審議会への対応を中心に今後の対応について、所見を伺いたい。  (知事)


5 県立学校における民間人校長の登用について

 民間人校長制度は、企業等における組織運営に関する経験や能力等に着目し、学校教育を活性化するための制度改革であり、その理念は高く評価している。
この制度は、その趣旨から常に採用の門戸は開いておくべきであるが、実際に採用可能な優れた人材の存在を前提とした登用により採用数は厳選されるべきであり、一定の年限の任期制の導入や降格制度の設定、任期制の導入を前提とした待遇など、民間の視点から採用や処遇のあり方について考えることが必要であると考える。
 そこで、これまでに民間人校長に関して教育委員会内部で行った検証結果について伺いたい。さらに、民間からの視点を持つ外部有識者をいれた検証の場の設定が重要と考えており、外部有識者による検証について、所見を伺いたい。加えて、確認をしたいが、今年度、民間人校長を新たに採用する等の対応を行う予定があるのか伺いたい。  (教育長)

                      (平成26年6月26日 記)



<414> 第2回定例会は本会議質問へ
★6月19日に代表質問を行います


 「神奈川県議会 平成26年第2回定例会」は、明日・6月18日から、本会議での代表質問と一般質問に入ります。

 今週が代表質問で、来週が一般質問になります。


 私は、6月19日(木)の本会議で、知事と教育長に対して質問を行います。

 本日・6月17日、質問の通告(発言通告書の提出)を行いました。
  (提出期限は、本日・6月17日の午後5時。)


 <<  質問項目  >>    *カッコ内は答弁者

1、現在の神奈川県知事に求められる知事像 (知事)

2、国の健康・医療の成長戦略や国家戦略特区と本県との関係等について (知事)

3、教育委員会制度の改革について (知事)

4、横浜市営地下鉄3号線の新百合ヶ丘駅までの延伸について (知事)

5、県立学校における民間人校長の登用について (教育長)


 質問原稿の作成は一応終了しましたが、これから微調整を加えていきます。


 先月・5月23日に副議長の職を終えたばかりで未だ完全には落ち着いてはいませんが、副議長にあった一年間は本会議で質問をする機会が全く無く、1年ぶりに本会議での質問の機会を得ましたので、大変に貴重な機会と捉え組んでいるところです。

 今後とも、議会の本会議・委員会にて、積極的に発言してまいります。



★議会・本会議での質問の原稿を作成をする度に、大変に残念に感じるのは、「自分の文章の下手さ」です。
 思い起こせば、小さい時から文章を書くのは下手でした。
 文章を読むのは決して嫌いではなく、大学受験などでは「現代文・現代国語」でしか点数を稼げなかった事を思い出しますが、文章を書くのが下手なのは大人になっても全く変わらないところです。
 文章の不味さは置いて、引き続き、議会の本会議・委員会にて、積極的に発言してまいります。

                  (平成26年6月17日 記)



<413> 神奈川県議会 副議長 退任 ③
★新・副議長よりのメッセージ


 副議長退任にあたり、新たに副議長に就任されました小川久仁子副議長より、以下の様なメッセージをいただきました。

 実際の私への評価を超える過分でユーモア有るメッセージに、心から感謝しております。


 * * * * * * * * * * * * * * *

 相原前副議長のご活躍を心から尊敬し、在職中のご労苦をおねぎらい申し上げます。
 退任のご挨拶も相原節が炸裂し、さすがと心地よく伺っていましたが、私に対しては過分なお言葉を頂き、ありがたく、涙の出る思いでした。
 感謝申し上げます。
 これからも県議会発展と改革の為に力を尽くして頂くようお願い致します。
 私は、全く及びませんが優秀な相原前副議長を見習って、精一杯努力してまいります。
 今後もご指導を賜りますようにお願い致します。


 * * * * * * * * * * * * * * *


 引き続き、神奈川県政の発展の為に全力で取り組んで参ります。
                   (平成26年6月15日 記)



<412> 神奈川県議会 副議長 退任 ②
★副議長の職務の引き継ぎ 完了


<第107代副議長 相原高広> ⇒ <第108代副議長 小川久仁子議員>





 5月23日は、本会議にて、①「副議長の辞職願の許可」⇒②「新たな副議長の選挙」⇒③「新副議長の就任挨拶」⇒④「前副議長の退任挨拶」を行いました。
 その後、新旧の副議長二人で副議長室にて、知事・警察本部長・副知事・行政当局幹部の皆様からの表敬訪問・挨拶を受けた後、<引き継ぎ書>に署名して、私から小川久仁子(新)副議長への移行が全て完了しました。


 新たに就任されました小川久仁子副議長は大変に聡明な女性議員です。
 小川副議長とは以前から様々な課題について頻繁に議論をし、ご指導をいただいてきましたので、小川副議長の大きな力量を十分に承知しています。
 それどころか、持っている能力を持て余しているのではと、強く感じていた位です。

 私は平成7年に議員になった時から、「女性の議長・副議長の誕生は、神奈川県政・神奈川県議会の発展に大きく貢献する。」と確信していますので、今回の女性副議長・小川副議長の誕生に大きな期待をしています。
 また、県行政の中で、女性職員が幹部職ポストにもっと多く就くことも、神奈川県政の発展に大きく貢献すると確信しています。


 これからは、一議員の立場に戻り、神奈川県政の発展に取り組んでまいります。

 副議長の在任中は、本会議での質問(代表質問、一般質問)が出来ませんでしたが、これからは、副議長就任前に戻り、積極的に本会議で発言してまいります。


 何卒、より一層のご指導の程をお願い申し上げます。
                   (平成26年6月14日 記)



<411> 神奈川県議会 副議長 退任 ①
★昨日・5月23日、副議長を退任しました


 昨日(5月23日)の本会議にて、<神奈川県議会 第107代 副議長>を退任いたしました。

 副議長在任中は、多くの皆様に大変にお世話になりまして、誠に有難うございました。
 心から御礼を申し上げます。
 引き続き、宜しくご指導の程をお願い申し上げます。

 私の後任の副議長には、小川久仁子議員(川崎市高津区選出)が就任されました。
 神奈川県議会の歴史上、3人目の女性副議長です。
 女性副議長の大きなご活躍を心から期待しているところです。


 ★ 本会議にて、以下の様な、「副議長退任の挨拶」(概略)をいたしました。 ★


   **********


 
向笠茂幸・新議長から許可をいただきましたので、副議長退任にあたりまして、御挨拶を述べさせていただきます。

 昨年5月、皆様のご推挙にて、「神奈川県議会 第107代 副議長」に就かせていただきました。
 以来、本日までの1年間、心から尊敬する古沢時衛議長からの大所高所からの暖かいご指導、そして、先輩ならびに同僚議員の皆様からのご協力、さらには、黒岩裕治知事をはじめとする行政当局の皆様からのご厚情を賜り、大過なく職責を果たすことができました
 心から御礼を申し上げる次第でございます。
 本当に有難うございました。

 昨年、私は副議長に就任するにあたり、この議場における皆様への挨拶の中で、「活性化された議会の実現には、議論の質と量の最大限の確保が重要である。」と申し上げました。
 私は、岡崎洋元知事時代の8年間、前知事時代の8年間、さらには黒岩裕治知事誕生から副議長になるまでの平成23年度・平成24年度の2年間、この本会議場で最も多くの回数の代表質問と一般質問を行った議員ですが、岡崎知事時代には岡崎知事の大変に豊かな行政経験から学びたいという謙虚な気持を持って、そして、現在の黒岩裕治知事に対しては今日の日本の閉塞状況を打破し間違いなく神奈川県がさらなる飛躍をするという強い期待を抱きながら質問をしてきたところでございます。
 本日からは、一議員の立場から、引き続き、神奈川県勢の発展と県民福祉の向上のために、専心努力をいたし県民の皆様のご期待に応えてまいる決意でございます。
 どうぞ、皆様におかれましては、倍旧のご指導とご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

 本日、先程、新たにご就任されました、向笠茂幸議長の大いなるご活躍を心からお祈り申し上げます。
 また、小川久仁子副議長におかれましては女性副議長として全国の都道府県議会にこれまでにない新機軸を打ち出していただき神奈川県議会の発展にご貢献をいただきたいと存じます。

 結びになりますが、900万神奈川県民の皆様の生活の向上を心から願いますと共に黒岩県政のさらなる躍進を心から祈念いたしまして、私の退任の挨拶とさせていただきます。 

 本当に有難うございました。


   **********


 大変にお世話になりまして本当に有難うございました。

 今後ともご指導ご鞭撻の程を宜しくお願い申し上げます。

                     (平成26年5月24日 記)



<410> <神奈川県議会 平成26年第2回定例会>スタート
★5月15日から7月8日まで開催予定


 7月8日までの予定で、先週5月15日(木)に<平成26年 第2回定例会>が開始されました。

 神奈川県議会では、毎年の<第2回定例会>は、<年度の最初の定例会>になります。


 年度の最初の定例会ですので、概ね以下の順番で定例会が進んでいきます。

 ①平成26年度の議会の役職の決定。(議長・副議長も含む)

 ②本会議での知事の提案説明、代表質問、一般質問

 ③委員会(常任委員会、特別委員会)での審議・採決

 ④本会議での討論・採決。


 引き続き、平成26年度も、頑張ってまいります。

                   (平成26年5月21日 記)



<409> <神奈川県議会 副議長>就任から約1年
★本日・5月15日から神奈川県議会の定例会が始まります


 昨年・平成25年5月23日に、副議長に就任させていただいてから約1年間が経ちました。

 お陰様をもちまして、無事に、約1年間を過ごすことが出来ました。

 今日までの暖かいご指導ご支援に心から感謝を申し上げます。


 本日・5月15日から7月8日まで、平成26年度になって初めての神奈川県議会の定例会になります「神奈川県議会 平成26年第2回定例会」が開催されます。

 今年度・平成26年度も神奈川県政の発展のために全力で取り組んで参りますので、引き続き、ご指導の程を宜しくお願い申し上げます。



 来年・平成27年4月には統一地方選挙(神奈川県知事選挙、神奈川県議会議員選挙、川崎市議会議員選挙)が実施されますので、これからは選挙に関する様々な話題が出て来るかと思います。

 選挙への対応は大変に重要な事であり十分な対応をしていく必要がありますが、現職の議員として<現職の神奈川県議会議員としての責任>を全力で果たすことが重要です。

 選挙における、現職の候補者への評価の原則は、「現職の議員としての仕事ぶりを良識ある有権者の皆様が観察して評価を下す事です」。



  *副議長の職も約1年間も経ちますと、副議長室には多くの資料等が溜まります。
   現在、副議長室の片づけを少しづつ行っているところです。
                    (平成26年5月15日 記)



<408> 次期・神奈川県議会議員選挙は来年4月に実施
★吉田大成・神奈川県議会議員の県議選への不出馬に関して


 
次回の神奈川県議会議員選挙は、来年・平成27年4月に実施されます。

 麻生区では、神奈川県知事選挙、神奈川県議会議員選挙、川崎市議会議員選挙の3つの選挙が、同じ投票日で実施されることになります。


 現在、麻生区選出の神奈川県議会議員は、定数2人で、私・相原高広と吉田大成氏が務めています。


 
★先日(4月1日)、吉田大成氏が、「私、吉田大成は次期神奈川県議会議員選挙に立候補をしない。」との声明を出しました。


 この事に関して、新聞社より同じ選挙区の議員である私のコメントを求められました。
  (私のコメントは新聞紙上には掲載されなかった様ですが。


 また、吉田大成氏の声明が『神奈川新聞』で一部報道されたこともあり、麻生区の多くの方からもお問い合わせをいただいたところです。


  ◆◆◆  私の出したコメントは以下の通りです  ◆◆◆


① 吉田大成氏の置かれている状況については、一定程度は把握しているつもりだが、100%完全に把握している訳ではないので、詳細なコメントを出すことは控えた方が良いと考えている。


② 吉田大成氏と私は選挙で過去に4回戦っていることもあり、私が発言する事で予期せぬ誤解が生じてもいけないので、私が多くを語らない方が良いとも考えている。


③ 一人の政治家・相原高広としては、吉田大成氏が自らを取り囲む事情を受け止めて自身の考えに基づいて最終的に決定した政治家としての出処進退であるので、その決定内容は尊重したいと考えている。


④ 一人の人間・相原高広としては、吉田大成氏の平成7年11月19日の結婚披露宴(九段会館において)にて、新郎側の主賓としてご招待をいただきその際に挨拶で話した内容と全く同じですが、「吉田大成ご夫妻の今後の人生の幸せを心から願っております。」。


  ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 次の神奈川県議会議員選挙まで丁度1年となりましたので、選挙に関する話が少しずつ出てきています。
 (麻生区では、○○○○氏が出馬するとか、○○○○党が候補者を立てるとかいった具合の話です。) 


 選挙は極めて重要な案件ではありますが、何よりも重要なことは現職の神奈川県議会議員としての責任を十分に果たして行くことだと考えております。

 選挙運動への取り組み方ではなく、現職の神奈川県議会議員としてのしっかりとした仕事こそが、次の選挙での成果に結び付くと確信しています。

                    (平成26年4月11日 記)



<407> 神奈川県議会議員の定数削減
★107人から105人へ (2人削減)


 神奈川県議会では、「議員定数を2人削減して、現行の107人の定数から105人の定数に変更する事」を決定しました。

 個別の選挙区では、「川崎市・川崎区」と「横浜市・青葉区」がそれぞれ1人の減となります。

 来年(平成27年)4月に行われる統一地方選挙での神奈川県議会議員選挙から適用されます。

 私は、この議員定数の条例の改正案に対して、県議会・本会議の採決で、賛成をしました。


 尚、この問題に関連して、これまでに、麻生区在住者と名乗られる方(7人の方)から私の所に、以下の様な激しい苦情の連絡がありました
  (内容には若干の違いがありましたが、概ね似ていました。)

  ・「あなたは、前回の選挙の時に、議員定数を90人に削減すると強く主張した。」
  ・「あなたは、前回の選挙の時に、議員定数を89人に削減すると強く主張した。」
  ・「私はビラを受け取って読んだ。」
  ・「あなたは嘘を言ったのか?」
  ・「ふざけている。」
  ・「インチキだ。」
                   といった内容です。


** これには完全な事実の誤認があります **

 苦情を言われて来た方には、私は以下の様に回答したところです。

 前回(平成23年4月)の神奈川県議会議員選挙の際に、「定数を90人に削減する」と主張されたのは<民主党>さんだったと思いますよ。
 また、「定数を89人に削減する」と主張されたのは<みんなの党>さんだったと思いますよ。
 私も、該当すると思われるビラを今でも保管しています
 前回の神奈川県議会議員選挙の時の事につきましては、新聞の報道等で事実関係をご確認をいただければハッキリするでしょうから、ご確認をお願いいたします。
 事実関係を把握できていないで議論しても、話は全く噛み合わないと思います。



*ちなみに、私が、前回の選挙に時に、政治家の処遇等に関して強く主張した事は、私自身かねてから県議会・本会議で取り上げてきた課題でもあります「知事の退職金」についてです。

 「経済財政状況が厳しい時に、知事の退職金を削減をするのは当然である。」、加えて、「過去のいかなる知事と比べても、前の知事(平成23年4月まで知事の職にあった)の退職のあり方には大きな問題があるので、前の知事に支給する退職金は大幅に削減すべき。」と強く主張しました。



 
私は、政治家として、様々な政治課題について大いに議論をする事を強く希望しますし、時には厳しい批判を受ける事も十分にあると覚悟をしておりますが、<事実に基づかない批判・事実誤認による批判>に対しては、対応することは出来ません。(対応不可能です。


 私は、私への批判につきまして謙虚に受け止める気持ちを十分に持っているつもりです。
 また、いただいた批判については今後の活動にしっかりと生かしたいと考えております。

 ですので、私を批判する際には、事実関係についてだけは十分に確認していただいた上で、ご遠慮なく、厳しい批判をお寄せをいただければと心から願っております。

 何卒、宜しくお願い申し上げます。
                  (平成26年4月9日 記)



<406> 「神奈川県議会レポート (平成26年 春号)」 発行
★今月中に配布予定


 「神奈川
県議会レポート (平成26年 春号)」を作成しました。

 今回は、「新聞折り込み」を中心とした方法で配布いたします。

 麻生区の全ての方に、私の議会活動報告をしたいとの思いで、様々な方法を使ってレポートを配布しておりますが、費用等の物理的理由で、全ての方に届かないのが実態です。

 是非、レポートをご希望の方は、ご遠慮なく、郵便・FAX・電子メール等でご連絡下さい。

 直ぐに、郵送(無料)させていただきます。


 <神奈川県政・神奈川県議会・相原高広の議員活動>に強いご関心をお寄せ下さります様、宜しくお願いいたします。
                
   (平成26年4月8日 記)




<405> 麻生区の交通安全の確保の為に 
★片平(仲町橋東)に信号機設置


 今月・3月7日に、片平地域の方を中心に柿生西地区の皆様から強い要望が出されていました、「片平の仲町橋東交差点(仲町橋の北側)」に、信号機が設置され運用が開始されました。

 3月7日の実際の信号機の運用開始前から、多くの関係者の皆様より、「相原先生のご尽力のお陰です。本当に有難うございます。」との御礼のお言葉を頂戴いたしました。
 麻生区選出の神奈川県議会議員としては大変に名誉なことであり本当に有り難いお言葉と受けとめてはおりますが、実際のところは私の力などではなく、今回の信号機設置の最大の原動力は片平町内会の役員の方を中心とする地域の皆様の情熱です。

 そして、その情熱を十分に踏まえた上で、麻生警察署と神奈川県警察本部が行った良識の判断の結果です。

 今回の信号機の設置に関しては、以前より親しくお付き合いをいただいている片平にお住いの方からお話をよく伺っておりましので私なりに対応を進めておりましたが、あらたまて正式な形で、片平町内会の役員の方が片平にお住いの皆様の声を代弁して、「これまでの経緯・これまでの要望活動の内容」を大変詳細に本当に丁寧に私に対して報告して下さりました。
 片平にお住まいの方を中心とする地域の皆様の強い情熱を心の底から強く感じました。

 
地域を発展させる最大の力は、<自分たちの地域を自分たちの力で良くしていくのだという強い志>であるという事をあらためて認識しました。


 今回の「仲町橋東」の信号機の設置が地域の交通安全の向上に大きく貢献するものと信じております。

 引き続き、麻生区内における交通安全の確保のために、麻生区選出の神奈川県議会議員として全力で取り組んでまいります。
                     (平成26年3月30日 記)



<404> 神奈川県議会 平成26年第1回定例会 (その5) 
★今年度の定例会 全て終了


 一昨日の3月25日をもちまして、平成25年度の神奈川県議会の会議は、全て終了しました。


 本年度・平成25年度は、一年間、副議長の職にありましたので、本会議では議事進行役の一翼を担い、委員会(厚生常任委員会と地方分権・行財政改革特別委員会)では一議員として質疑を行いました。

 様々な事を経験し色々な事を感じ、大いに得るものがあった1年間でした。


 今年度一年間の経験は、来年度・平成26年度の神奈川県議会の議論にしっかりと活かしていく決意です。

 何と言っても、議会で最も重要な事は、議会の正式な会議における議論の充実です。

                    (平成26年3月27日 記)



<403> 神奈川県議会 平成26年第1回定例会 (その4) 
★来週・25日で定例会終了


 「神奈川県議会・平成26年第1回定例会」は、大部分の審議が終了し、一部の議案については採決も終了しています。


 私は、「厚生常任委員会」で2日間、「地方分権・行財政改革特別委員会」で1日間、質問を行いました。

 今定例会で残されている重要議案である「来年度(平成26年度)当初予算」等の採決は、定例会最終日の来週・25日に行われます。


 3月25日をもって、神奈川県議会の今年度・平成25年度の議論は全て終了する事になります。

 今年度の県議会の議論も、来週の月曜日と火曜日の2日間のみとなりました。

 あらためて、気を引き締めて、議会の審議に臨んでいきます。
                     (平成26年3月22日 記)



<402> 川崎市議会 本会議 傍聴 
尾作議員はなわ議員の代表質問を傍聴


 以前より必ず実施したいと強く願っていた事に、神奈川県内の市町村の議会の傍聴が有ります。

 神奈川県内の市町村議会での議論を直に聴きたい、また、議会運営についても参考にしたいとの思いからです。


 地方議会の開催時期は概ね同じであり、神奈川県内の市町議会議会が開会している時期は、神奈川県議会も開会していますので、これまでなかなか実現できなかったのですが、ようやく実現しました。
 過去にも30分程度の短時間の傍聴の機会はありましたが、今回は約2時間の大変貴重な機会となりました。


 ここ数か月、神奈川県内の市町村議会の日程と自分自身の日程を睨みながら、併せて、同じ傍聴に行くのならば政策通の議員の質問の時にと考えていましたところ、ようやく3月3日(月)に、地元の川崎市議会の本会議の傍聴をする事が出来ました。


 この日に傍聴したのは、地元・麻生区選出の尾作ひとし議員(自民党)とはなわ孝一議員(公明党)の代表質問です。

 尾作ひとし議員は、私にとりましては10年以上にわたり暖かいご指導とお付き合いをいただいている大変にお世話になっている先生であり、川崎市議会では財政に大変に精通した議員として高い評価を得ている議員です。

 はなわ孝一議員は、公明党川崎市議会議員団の副団長であり、川崎市役所の職員から川崎市議会議員になられ、市職員の時代から議員になられた今日まで一貫して福祉問題に大変に熱心に取り組まれている先生であり、川崎市議会では福祉のエキスパートとして評判の高い議員です。

 今回は、<尾作ひとし議員の質問の後半部分>と<はなわ孝一議員の質問の前半部分>を傍聴することが出来ました。
 両議員の大変に情熱的ながらも論理的な議論を聴くことが出来、大変に良い勉強の機会となったところです。



   ★尾作ひとし先生の「市政報告会」が開催されます★

   私も参加して県政報告をさせていただく予定になっております。

   <日時> 3月9日(日)午後2時より

   <場所> JAセレサ川崎 柿生支店 3階 大会議にて

   <会費> 3000円
                 (平成26年3月8日 記)



<401> 神奈川県議会 平成26年第1回定例会 (その3) 
委員会審議


 「神奈川県議会・平成26年第1回定例会」は、現在、「委員会(常任委員会、特別委員会、予算委員会)」での審議に入っています。

 委員会審議の順番は、①常任委員会 ②特別委員会 ③予算委員会 ④常任委員会になります。
 最後の「④常任委員会」では、委員会に付議された議案の採決が有り、その結果は本会議に送られます。
 最終的には、本会議で採決が行われ、神奈川県議会の意思が決まります。


 多くの関係者の皆様にご心配とご迷惑をおかけいたしましたが、ようやく、体調が戻ってきました。

 なんとか、(相当に遅れ気味ですが)、委員会(「厚生常任委員会」と「地方分権・行財政改革特別委員会」)での質問の準備に入ることが出来そうです。

 神奈川県議会では「副議長」は委員会に所属しますので、私は、「厚生常任委員会」と「地方分権・行財政改革特別委員会」で質問を行う予定です。

 3月3日(月)からの一週間は、「副議長の仕事」と「一議員としての委員会質問」の両方の仕事の同時進行になります。


 一年度の最後の月(3月)に入りました。
 あらためて、気を引き締めて、議会の審議に臨んでいきます。
                     (平成26年3月3日 記)



<400> 「神奈川県議会レポート (平成25年度 第2号)」 発行
★今月中に配布予定


 「神奈川
県議会レポート (平成25年度 第2号)」を作成しました。

 今回は、「DM」と「新聞折り込み」と「マイタウン(地元タウン誌)への折り込み」の3つの方法で配布いたします。

 麻生区の全ての方に、私の議会活動報告をという思いで、様々な方法を使ってレポートを配布しておりますが、費用面等の理由で、全ての方に届かないのが実態です。

 レポートをご希望の方は、ご遠慮なく、郵便・FAX・電子メール等でご連絡下さい。

 直ぐに、郵送(無料)させていただきます。


 是非、神奈川県政と相原高広の議員活動にご関心をお寄せ下さります様、宜しくお願いいたします。
                
   (平成26年2月23日 記)




<399> 神奈川県議会 平成26年第1回定例会 (その2) 
本会議質問から委員会審議へ

 「神奈川県議会・平成26年第1回定例会」は予定通りに進んでいます。

 これまでに本会議での「代表質問」が終わり、現在は、本会議での「一般質問」が行われています。

 今週末(2月末)からは、「委員会(常任委員会、特別委員会、予算委員会)」での審議に入ります。


 私は、「厚生常任委員会」と「地方分権・行財政改革特別委員会」で、それぞれ1日づつ質問を行います(予定)


 議会の正式な会議の場で価値ある発言を行う事により、神奈川県政の発展と健全な民主政治の実現に貢献して参ります。



*<体調=その後>
 高熱が出る訳でもなく外出できない程の辛さでもないですが、なんとなく怠い風邪の様な症状が続いているところです。
 心配になって、これまでに川崎北部有数の大病院で2回診察をしてもらいましたが、インフルエンザ・肺炎・気管支炎では無いとのことで、「風邪が長引いている」との判断をもらいました。
 私から「これまで、風邪がこんなに長引くことは一度もなかった。」と強調ると、医師からは非常に丁寧な態度で「年齢と共に抵抗力や体力は弱っていくものです。」と言われる。
 今回、自分としては「喉かれ」の状態が大変に気になっていますが、そういう時に限って議会の進行役があり、醜態をさらしている日々です。

                  (平成26年2月22日 記)



<398> 神奈川県議会 平成26年第1回定例会 (その1) 
2月13日から3月25日までの開催予定

 「神奈川県議会 平成26年 第1回定例会」がスタートしました。

 先週の2月13日から、神奈川県議会の今年最初の定例会・「平成26年第1回定例会」始まっています。

 主な議題は、来年度・平成26年度の当初予算です。

 明日・2月17日からは、本会議で代表質問が行われます。
 代表質問の順番は、所属議員数に従い、自由民主党から始まります。
 どうぞ、神奈川県議会の議論にご注目下さい。


 神奈川県議会では「副議長」は委員会に所属しますので、私は、「厚生常任委員会」と「地方分権・行財政改革特別委員会」にて質問を行う予定です。



*先月末のドイツ出張から帰ってきた後、時差が抜けないなんとなく体調が良くない状態が続いていましたが、ここへ来て風邪気味の日が何日も続いたので病院に行く事に。
 インフルエンザ感染を一番心配していましたが、検査の結果は陰性で、「疲労+風邪」という診察結果で大きな心配はないとの事でした。
 議会開催中ゆえ、インフルエンザを周囲の議員や議会局職員等の皆様にうつすことなく一安心したところです。
 不思議なことに、インフルエンザでないと分っただけで、少し元気が出てきました。
                      (平成26年2月16日 記)



<397> 東京都知事選挙 (その4) 
舛添要一東京都知事誕生

 昨日(2月9日)の東京都知事選挙の結果、舛添要一・東京都知事が誕生しました。

 結果自体は「予想通り」ですが、先にも記した様に、有権者の「積極的ではないが、常識的」な判断の結果だと認識しています。


 今回の東京都知事選挙では落選はしましたが、田母神さんと宇都宮さんの評価と存在感は十分に高まったと感じています。
 いずれ、お二人とも政治家として活動される日が近いと想像するところです。
 お二人は、東京都知事よりも国会議員の方が向いているように感じます。

 元総理である細川さんに関しては、「元総理の役割」・「元総理の存在意義」・「元総理の振る舞い」とは何かという事を真剣に考えるところです。


 今回の東京都知事選挙では、神奈川県の黒岩裕治知事が舛添さんの支援をされました。
 舛添知事誕生により、神奈川県(黒岩裕治知事)と東京都(舛添要一知事)の連携が一層強化されることを大いに期待するところです


*私の本日の活動は、昨日からの大雪の為、予定通りに行かず、午前中は自宅の門周辺や屋根の雪掻きと子どもとの雪遊びに専念し、午後から車を運転して外出し活動を実施。
 残念ながら、幾つかの仕事は着手できず先送りになってしまいました。

                  (平成26年2月10日 記)



<396> 東京都知事選挙 (その3) 
2月9日(日) 投票日

 1月31日(金)にドイツから帰国してからの最初の仕事は、日本を不在にしていた約1週間分の新聞や雑誌を全て読むことでした
 ようやく、昨日(2月3日)読み終わりましたが、各紙誌に共通する大きな話題は東京都知事選でした。

 注目の東京都知事選挙は、今度の日曜日(2月9日)が投票日です。


 帰国後にお会いする人から必ずと言っていいほど質問されますのが、「次の東京都知事は誰が当選すると思う?」という事です。

 私は、「舛添さんだと思う。」と回答しています。

 さらに、「その理由は?」と聞かれますが、それに対しては、「それが、大多数の人の積極的ではないが常識的な投票行動だと推測する。」 と応えています。
 加えて、「田母神さんの災
害対策や自衛隊との連携についての政策と宇都宮さんのブラック企業に関する政策には、光るものがあると感じている。」と言っています。


 今回の東京都知事選挙は盛り上がりに大変に欠ける選挙です。
 その最大の理由は、選挙戦術優先の選挙になってしまったからだと思います。
 良識ある有権者は、<選挙戦術の品評会>や<知名度コンテスト>に興味など全く無い筈です。
 特に「後出しジャンケン」などと言われる選挙戦術は最悪と言えます。

 我が国の首都であり国内では比較可能な都市が一切存在しない圧倒的最大都市である東京都のトップである都知事を決める選挙としてはいかがなものかと感じています。

 もし仮に、(大変に強引ではありますが。その可能性は無かったようですが。)、
<舛添+田母神>対<細川+宇都宮>の構図になったのであれば、「ガチンコの横綱相撲選挙」になったと思います。
 この構図ならば、「原子力発電」をどうするのかの論争も明確な対立軸の中で十分に出来たと思います。
 (私自身は「原発の即時ゼロ」という政策には賛成しませんが、首都である東京都の知事選挙ですので「原発論争」は大いにすべきだと思っています。)


 尚、元総理である細川さんには、「真の横綱相撲(=理想の選挙運動)」を展開してもらいたかったと考えています。
 一人の国民としては、全ての元総理大臣に対しては元総理としての「矜持」や「高尚さ」や「遥か高次元の何か」を期待します。
 さらに付け加えれば、多くの人が、細川さんが東京佐川急便からの1億円問題で総理を辞職をしたことから、徳洲会からの5000万円問題で知事を辞職した猪瀬氏の後を受けての今回の東京都知事選挙に立候補する自体に大きな違和感を感じていると思います。
 細川さんが活躍すべき場所は別の場所だと感じます。


 東京都民ではない私には選挙権がありませんので、今回の東京都知事選挙で投票権を持つ有権者の皆様には、是非、我が国の首都・東京都のトップの都知事に相応しい素晴らしい人を選んでいただきたいと思います。



 尚、 各種の報道によれば、主要な立候補者は、以下の4人です。

   <順不同>  政党等の支援につい
ては厳密でない可能性が有ります。

①舛添要一・元厚生労働大臣 (65才)
        *自民党、公明党、連合東京が支援。

②田母神俊雄・元航空自衛隊幕僚長 (65才)
        *石原慎太郎・衆議院議員が支援。

③宇都宮健児・前日本弁護士連合会会長(67才)
        *社民党、共産党が支援。     

④細川護熙・元首相(76才)
        *民主党、生活の党、結いの党が支援。
                   (平成26年2月4日 記)



<395> ドイツ訪問 (1月26日から1月31日) 
バーデンビュルデンベルグ州 友好提携25周年

 神奈川県は、平成元年(1989年)の秋に、ドイツのバーデン・ビュルテンベルグ州と友好提携を公式に締結しました。

  *バーデン・ビュルテンベルグ州は、当時の西ドイツ。 尚、ベルリンの壁崩壊が1989年11月、東西ドイツの統一が1990年10月です。

 ですので、今年の秋は、友好提携25周年になります。

 神奈川県議会議では、現在、議会として、25周年記念の友好訪問団の派遣を検討中であり、(最終的な決定は未だです)、いわば<事前調査>として、今回、副議長の職務としてドイツへ行ってきました。


 全体としては5泊6日で、2泊がハンブルグ市内泊、2泊がシュツットガルト市内泊、1泊が機中泊の旅でした。


 << 日 程 >>

1、 1月26日(日) 日本発 ⇒ ドイツ・ハンブルグ着

 ①国際海洋法裁判所・所長(柳井所長様)ならびに在ドイツ日本大使館ハンブルグ出張駐在事務所・領事と意見交換 (今日の国際情勢とドイツの政治情勢について)

2、 1月27日(月) ハンブルグ

 ①国際海洋法裁判所訪問 (柳井所長様と国際情勢について意見交換ならびに裁判所内の見学)
 ②在ドイツ日本大使館ハンブルグ出張駐在事務所にて所長ならびに領事と意見交換 (主にドイツ経済の今日の情勢と今後の動向について)
 ③国際海洋法裁判所所長(柳井所長様)ならびに在ドイツ日本大使館ハンブルグ出張駐在事務所・専門調査員と意見交換 (主に、今日のドイツ情勢全般について)

3、 1月28日(火) 午前中にハンブルグからバーデン・ビュルデンベル州(州都・シュツットガルト)へ移動

 ①バーデン・ビュルテンベルグ州内の日系企業訪問 (京セラ社訪問。 私からは、特に、バーデン・ビュルテンベルグ州に立地進出した理由について伺いました。)

4、 1月29日(水) バーデン・ビュルデンベル州

 ①バーデン・ビュルデンベルグ州(議会)訪問
    ■州議会・本会議の傍聴
    ■州議会議長と意見交換
 ②バーデン・ビュルデンベルグ州(行政)訪問
    ■州の欧州・国際関係担当大臣と意見交換

5、 1月30日(木)

 ①バーデン・ビュルテンベルグ州内の日系企業訪問 (オムロン社訪問。 私からは、特に、バーデン・ビュルテンベルグ州に立地進出した理由について伺いました。)

  (午後)ドイツ(シュツットガルト空港⇒フランクフルト空港)

6、 1月31日(金) 日本(成田空港)到着


*今回は、視点を「マクロからミクロ」の順に設定し最終的にはバーデン・ビュルデンベルグ州に焦点が結集する様に、具体的には「国際情勢⇒ドイツ情勢⇒バーデン・ビュルデンベルグ州情勢」の順番通りに該当する訪問場所を組むことが出来、秩序だって各所を訪問する事が出来ましたので、非常に整理のついた5日間のドイツ訪問となりました。
 有意義な時間を過ごすことが出来ました。


*大きなトラブルはなく、(小さなトラブルとしては、ミュンヘン空港から搭乗予定だった飛行機の遅れの関係で、経路を当初のシュツットガルト空港⇒ミュンヘン空港⇒成田空港から、シュツットガルト空港⇒フランクフルト空港⇒成田空港に変更することになり、シュツットガルト空港出発の時間が早まった事とフランクフルト空港で4時間も待った事。)、無事に日本に帰ってまいりました。
                    (平成26年2月2日 記)



<394> 私事で誠に恐縮ですが・・・
1月22日で50歳になりました

 平成26年1月22日で、50歳になりました。

 私にとりましては、今回は50歳という大きな区切りの誕生日です。

 自分自身に対して、半世紀の間で、<何をしてきたのか・どれだけの事が達成できたのか>という疑問がない訳ではありませんが、あらためて、50歳の機会に気合を入れ直して、頑張って参りたいと思います。

 多くの皆様から、FBをはじめ色々な方法で誕生日のお祝いのメッセージをいただきました

  本当に有難うございます。  

 どうぞ、引き続き、お付き合いとご指導の程を宜しくお願い申し上げます。

                   (平成26年1月25日 記)



<393> 東京都知事選挙 (その3)
本当に異様な選挙です

 明日・1月23日(木)に告示される東京都知事選挙に関しての私の感想を、<このHP>と<FB>で短く書きましたところ、相当多くの方よりご意見とご感想をいただきました。

 あらためて、東京都知事=日本の首都のトップに多くの皆さんが強い関心を持っていることを感じました。


 私の感想に対しては、「その通りだ。正論だ。共感する。」との評価の声から、「大いに疑問あり。あなたは細川さん個人が嫌いなだけだ。」の厳しい批判の声まで有りました。
 
 評価して下さった方には感謝申し上げます。

 評価を頂けなかった方の声には、謙虚に向き合いたいと思います。


 尚、厳しい批判の声をいただいた細川さんの事に関して、その中でも、「お前は今回の細川さんの立候補をどう考えているのか言ってみろ。」と執拗に批判されてきた方には、以下の事を直接申し述べました。

 < ①個人的に好きかどうかは全く関係ないです。 といよりも、細川さんと個人的な付き合いは一切ないので、個人として好きも嫌いもないのが正直なところです。 私は、個人としての細川さんではなく、政治家として細川さんを観察しています。  ②細川さんが1億円事件については問題がないと主張するのならば、何故、総理を辞職したのか。 問題がないのならば、全ての資料を第三者に公開すれば良かった筈だ。 国会で説明が二転三転したのは何故か。 1億円のお金の受領は細川さんが熊本県知事選挙に出馬する少し前の話だが、この件がその当時に明らかになっていれば細川さんは熊本県知事にもなれなかったのではないか。  ③細川さんが総理大臣の時を含めて国会議員の時代に原子力発電について強い関心を持って積極的に語ったという記憶が全くない。  ④真剣に「原発の即廃止」を訴えるのであれば、もっと早くに立候補を正式に表明し、「原発の即廃止」の政策の詳細を明らかにすべきだ。 告示日の前日の立候補表明では、政策論争を避けている批判されても仕方がない。 それどころか、政策論争から完全に逃げているとしか思えない。 ⑤私は、真正面からの政策論争を大いに期待している。  ⑥立候補表明の時期や討論会に出席しない等、全てが細川陣営の選挙戦術だとの批判が出ている。 私は、選挙戦術に関して候補者が持っている能力には特に関心がない。関心があるのは、東京都知事に相応しい優れた能力を持っているのかどうかだ。 >
 

 私は、今回の東京都知事選挙は、<異様な選挙>になっていると感じています。
 それ故に、<異様な選挙結果>になる可能性も否定できないと思っています。


 東京都民ではない私には選挙権がありませんので、今回の東京都知事選挙で投票権を持つ有権者の皆様には、我が国の首都・東京都のトップである東京都知事に素晴らしい人を選んでいただきたいと思います。
 また、選挙自体も、首都・東京都のトップである知事を決めるに相応しい<選挙戦>になることを強く願っています。
                      (平成26年1月22日」 記)



<392> 東京都知事選挙 (その1) ・・・明後日・1月23日が告示
異様な選挙です

 まさに国民注目の東京都知事選挙が、明後日・1月23日(木)に告示されます。

 今日時点で、私は、<異様な選挙>になっていると、感じています。


 報道によれば、立候補を予定している主な人は、以下の4人です

 ①舛添要一・元厚生労働大臣(65才)
        *自民党と公明党と連合東京が推薦

 ②田母神俊雄・元航空自衛隊幕僚長(65才)

 ③宇都宮健児・前日本弁護士連合会会長(67才) *共産党、社民党推薦

 ④細川護熙・元首相(76才)
        *民主党、結いの党、生活の党が実質的に支援


 このうち、細川氏は、出馬会見予定が度々延期され、告示日前日の明日・22日に、正式に出馬表明するとの事です。

 大変に残念ですが、東京青年会議所や日本記者クラブが開催を予定していた「候補者の討論会」等は開催されないとの事です。
 私には詳しい事情は分りませんが、報道からは、細川氏が参加を表明しないので開催が出来なくなったと推測しています。


 私は、現時点では、これが、首都・東京都のトップである知事を決める選挙なのかという感じて観ています。
 首都・東京都の知事を決める選挙とはとても思えません。


 選挙は、候補者が政治理念や政策を提示して、有権者が誰に投票するか考えるものです。

 今回の東京都知事選挙は、候補者側が政策を未だ固め切れておらず、発表できていない異常事態と受け止めています。


 特に、各種の報道から、私が一番残念に感じているのは、細川氏が総理を辞職した理由であった「東京佐川急便からの1億円の不明瞭なお金の受領」に関して、どの様に説明するか検討中だという話です。
 報道の通りだとすると、当時、細川氏がこの1億円に関して納得できる説明を全く出来ず首相退陣になった事を鮮明に記憶している私としては、<何を、今さら>と感じています。 


 これまでも東京都知事選挙については、「人気や知名度頼りで政策論議が置き去りになっている」との批判が度々ありましたが、どうみても、今回が一番酷いと思います。


 首都・東京都のトップである知事を決めるにふさわしい<選挙戦>になることを強く願っています。

 候補者には、偉大な我が国の首都・東京都のトップである知事候補としての<誇り>や<倫理観>や<力量>をしっかり示してほしいと強く期待しています。
                     (平成26年1月21日 記)



<391> 1月も下旬に
ほぼ通常の生活・活動パターンに

 新年の1月も下旬に入り、各種の行事が一段落して、概ね通常の生活・活動パターンになってきました。
 引き続き、「賀詞交歓会・新春の集い」といった名称の会が多くありますが、段々と、通常の生活・活動パターンに戻ってきています。

 年賀状を沢山いただき有難うございました。
 誠に恐縮ですが、下記の理由で、私からの年賀状は失礼させていただき、申し訳なく思っております。
 来年は、しっかりと、年賀状を出すつもりでおりますので、宜しくお願いいたします。 

*大変にお世話になっているにもかかわらず、平成18年11月に国際選挙監視要員としてカンボジアで一緒に選挙監視業務を実施した堀本崇君が国際NGO活動中に交通事故で、平成18年12月には父・相原英雄が大腸がんで、平成20年11月には母・相原和子が胃がんで、さらに、平成23年11月に親友の八柳祐孝君(秋田県・八郎潟町議会議員、松下政経塾9期生)が肝臓がんで亡くなり私の心のゆとりのない状態が続き、その上に私の怠慢が重なって、平成18年より現在まで、暑中御見舞・年賀状等の時候の挨拶状を出していない状態が続いており、心より深くお詫び申し上げます。
 引き続き、ご指導の程を宜しくお願い申し上げます。


★いただいた年賀状の中で、「副議長就任祝賀会はいつ開催するのですか?」・「必ず出席しますから。」等の暖かいお言葉をいただきました。
 現在のところ、開催すること自体を予定しておりませんので、何卒、ご理解の程を宜しくお願いいたします。
 暖かいご配慮に心から感謝申し上げます。


 いよいよ、平成26年の本格的な仕事が始まります。
 気を引き締めて臨んでいく決意です。
 

                     (平成26年1月20日 記)



<390> 今月・ 1月の日程
★賀詞交歓会等への行事の参加について

 今月・1月は「賀詞交歓会・新春の集い」等の行事が多く開催されており、一年の中で式典や行事が一番多い月です。


 「麻生区選出の神奈川県議会議員」・「神奈川県議会 副議長」として多くのご招待・ご案内をいただき、心から感謝しているところです。

 ご招待・ご案内をいただきました式典や行事につきましては、可能な限り参加する前提で、最大限の日程調整を行っています。

 尚、現在は、「神奈川県議会 副議長」としての日程を最優先しておりますので、ご理解の程をお願いいたします。


 大変に残念ながら、日程の重複等の物理的な理由で参加できない式典や行事も多くありますが、ご招待・ご案内をいただきました式典や行事につきましては、可能な限り参加したいと考えております。


 「賀詞交歓会・新春の集い」等でお会いしました時には、是非、神奈川県政に対する率直なご意見をお聞かせください。
                   (平成26年1月15日 記)



<389> 仕事始め・御用始め
★昨日・1月6日から本格的に活動開始

 昨日・1月6日(月)は、平成26年の「仕事始め・御用始め」でした。

 私は一昨日の4日(土)から仕事を始めてはいますが、本格的には昨日・6日からです。

 一昨日(1月5日)は、午前中と夜は予定が入っていましたが、午後の時間が空きましたので、先祖・両親のお墓まいりをしました。
 これで今年の正月休みは完全に終了しました。


 昨日・6日は、副議長としての予定がありましたので、一日中、県議会(横浜)に張り付いていました。

 今回の年末年始の休みが長かったので、調子が通常モードに今一つ戻っていませんが、いよいよ本格的に仕事の開始です。


 約20年前に英国(ロンドン)で、英国の第三政党である Liberal Democrats(自由民民主党)の党本部・政策部でインターンをしていた時の最初の年末年始の際、12月24日の午後から1月1日までが「年末年始の休み(年末年始の休みというよりはクリスマス休暇でした)」になっていて、2日から通常通りの業務だった事に、大変に驚いたことを覚えています。

 ただし、後に知ったことでしたが、日本以外の多くの国では新年の休日は元日のみで、1月2日には通常業務が開始される様です。

 ちなみに、この年(平成2年=1990年の12月)のロンドンで流行ったクリスマス映画は、
「Gohst」でした。
 私にとっては、英国での初めての映画鑑賞でもありましたので、人生の中でも特に印象に残っている感動の映画でした。


 気合を入れて、平成26年も仕事をしていきます。

 どうぞ、本年・平成26年もご指導の程を宜しくお願いいたします。

                    (平成26年1月7日 記)



<388> 
活動開始
★今日・1月4日から活動を開始します

 本日・1月4日(土)から、神奈川県議会議員としての私の本年の活動を開始いたします。


 今日の午前中は、昨年末から本HPでお知らせしています<ミニ県政報告会>の開催、午後は副議長として賀詞交歓会(横浜市内で開催)に出席します。


 今月1月は、多くの方と賀詞交歓会等の各種行事でお会いする事が多いかと思いますので、お会いしました時に、神奈川県政に対する率直なご意見・ご要望・ご質問をお聞かせ下さります様、お願いいたします。


    << ミニ県政報告会 >> のご案内

 私の今年最初の活動として、<ミニ県政報告会>を開催いたします。

 神奈川県政を中心に、日本の政治について、ざっくばらんに対話が出来る機会になればと、心から願っております。

  <開催日時>   <開始時間>      <開催場所>
  1月4日(土)  午前10時より  新百合21 第1研修室にて
  1月4日(土)  午前11時10分より  新百合21 第1研修室にて


 *実施時間は1回1時間以内です。

 開始時間の5分前から入室可能です。
 開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
 途中退出も構いません。

                   (平成26年1月4日 記)



<387> 新年あけましておめでとうございます
★平成26年も宜しくお願いいたします

 新年あけましておめでとうございます。

 昨年中は大変にお世話になりまして誠に有難うございました。

 何卒、本年もご指導の程を宜しくお願い申し上げます。

        平成26年 元旦  相 原 高 広



   << お世話になっている皆様へ >>

 お世話になっているにもかかわらず、平成18年11月には国際選挙監視要員としてカンボジアで共に選挙監視業務を実施した堀本崇君が国際NGO活動中に

交通事故で、平成18年12月に
は父・相原英雄が大腸がんで、平成20年11月に母・相原和子が胃がんで、さらに、平成23年11月に親友の八柳祐孝君

(秋田県・八郎潟町議会議
員、松下政経塾9期生)が肝臓がんで亡くなり、私に心のゆとりが無い状態が続き、その上に私の怠慢が重なったことにより、

平成18年より現在まで、暑中御見舞・年賀状等の時
候の挨拶状を出していない状態が続いており、心より深くお詫び申し上げます。

 引き続き、ご指導の程を宜しくお願い申し上げます。
                   (平成26年1月1日 記)



<386> 平成25年の活動 終了
★12月27日で年内の活動終了

 基本的に、12月27日(金)をもって、年内の仕事を終了しました。


 今年一年、大変にお世話になりまして、誠に有難うございました
 心から御礼申し上げます。


 12月26日(木)は、大学時代のサークルの2人の先輩と、目黒のライブハウスで、ライブを聴きながらの忘年会。 
  (こういう年末は久しぶりでした。)

 最終日の27日(金)は、県議会にて、残っていた仕事を済ませ、副議長室と会派の控室の自分の机の簡単な片づけをしました。
 
 実際には年内にやるべき仕事はまだまだ残っていますので、残り数日、やれるところまで気合いを入れてやらなければなりません。
  (仕事の能率は、こういう時の方が高いものです。)
 また、幾つかご案内をいただいている大事な会にも、参加します。

 原則として、27日(金)をもって、年内の仕事は終了です。


 一年間本当に有難うございました。
 どうぞ、良い年末、そして、お正月をお迎え下さい。

                 (平成25年12月29日 記)



<385> 「神奈川県議会レポート (平成25年度 第1号)」 発行
★今月中に配布予定

 「神奈川
県議会レポート (平成25年度 第1号)」を作成しました。

 今回は、「新聞折り込み」と「地元タウン誌への折り込み」の2つの方法で、配布する予定です。

 麻生区の全ての方に、私の議会活動報告をしたいという思いで、様々な方法を使ってレポートを配布しておりますが、費用面等の理由で、全ての方に届かないのが実態です。

 レポートをご希望の方は、ご遠慮なく、郵便か電子メールかFAXでご連絡下さい。

 直ぐに、郵送(無料)させていただきます。


 尚、次回の「神奈川県議会レポート」は、来年・1月の発行を予定しているところです。

 是非、神奈川県政と相原高広の議員活動にご関心を、お願いいたします。
                
   (平成25年12月23日 記)




384> 東京都知事の権力の吸引力
★猪瀬東京都知事辞職

 猪瀬直樹東京都知事が辞職しました。


 辞職の原因は、徳洲会側との5000万円の不明朗なお金のやり取りですが、さらにその根本は、知事の権力の大きさによるものと考えています。
 この知事の権力に吸い寄せられたものの一つが、徳洲会の5000万円だったと思っています。
 5000万円のやり取りの時点では、猪瀬氏は未だ候補者の段階でしたので、それだけ知事の権力の大きさを感じます。


 その人個人の力量とは全く別次元の観点です。
 知事という地位から発生する大きな権力により、人も金も情報も集まります。



 私が東京都知事選挙を観ていて、一番最悪と感じる事は、「知事の大きな権力の吸引力」に、知事選挙の候補者本人達が吸い寄せられてしまっている事です。

 東京都知事選挙は、他の知事選挙と比べて、立候補者数が圧倒的に多い知事選挙です。
 
 東京都知事選挙の<相当数の候補者達>が、自らの力量を認識せずに、東京都知事の権力に吸い寄せられて、立候補しているように強く感じます。
 
 <相当数の候補者達>は、それを、「東京都知事のやりがい」・「魅力」などと言い変えるのでしょうが、自らの力量を十分に認識してもらわないと迷惑な話です。
 
 来年早々、出直し東京都知事選挙が実施されますが、本当に力量がある候補者が揃う事を願っています。
 
 首都・東京都の知事は、一つの地方自治体のトップの次元を遥かに超えた地方自治体とのトップです。
 
 東京都知事が優れた人でなければ、神奈川県も含めて全国に悪い影響が出ます。


 大きな権力を持つ地位には、人格者で、高い見識を持ち、私利私欲がない人間を、選び出すことが、有権者の良識であり使命です。

 それが、選挙民主主義の根本です。
                      (平成25年12月22日 記)



383> 神奈川県議会 年内の会議 終了
★年内の会議(本会議・委員会等)は全て終了しました


 年内の神奈川県議会の会議(本会議・委員会)は、12月20日(金)で終了しました。

 年が明けて、2月中旬から3月下旬にかけて、「平成26年 第1回定例会」が、開催されます。


 現実の政治には不思議な側面があります。

 例えば、神奈川県議会議員の仕事の主戦場は議会の本会議や委員会の会議ですが、それ以外の場面に注目が集まることが多いです。 
 「場外乱闘」の方により関心が集まるという感じでしょうか。
 人の興味関心とはそんな感覚が強いのでしょうが、それでは今後の神奈川県政の躍進は困難です。


 地方自治体の運営では、国家(安全保障や外交等に多くの機密を持つ存在)の運営よりも遥か数段、全ての住民の監視のもと、正々堂々と議論を行い、物事を決定していくことが重要です。


 議会の会議そのもののより一層の充実が大切です。

 全力で取り組んでいく決意です。

                    (平成25年12月21日 記)



382> 徳洲会事件
★知事の持つ権力との関係


 「徳洲会事件」から出てきた「猪瀬直樹東京都知事問題」は、当初は、徳洲会事件の中では、付随的事件の感がありました

 しかし、今日にあっては、また、神奈川県議会議員である私にとっては、「猪瀬直樹東京都知事問題」こそが最っとも重大な問題と感じており、極めて強い関心を持っています。


 以前に、このHP(2週間位前、このページの<376>)でも書きましたが、都道府県の知事の権限は絶大です。
 時には、江戸時代の殿様に例えられることもあります。

 全国に病院や福祉施設を展開する日本最大の医療グループと言える徳洲会グループと東京都や神奈川県を含め全国の都道府県との間には関係があります。
 具体的には、都道府県と徳洲会の間には、<許認可>や<補助金>等の関係があります。
 都道府県において、この<許認可>や<補助金>等の最終決定権者は都道府県のトップである知事です。

 その知事が徳洲会と疑問のある関係を持っていたのでは、都道府県行政の信用と信頼に関わる重大問題になります。


 猪瀬東京都知事問題では、ここにきて、「猪瀬知事に対して、徳田虎雄氏が、東電病院=東京電力の病院を取得したいとの意向を示していた。」との報道が出てきています。
 これが事実だとすると、猪瀬知事問題は、猪瀬知事と徳洲会側の間の理解困難なお金のやり取りという次元を遥かに越えて、知事という権力者の最も重大な領域の話になります。
 単なる、理解困難なお金のやり取りという次元を完全に超えてきています。

 「猪瀬直樹東京都知事辞職不可避」と感じます。


 また、東京都以外の話では、「徳洲会」や「自由連合(徳田虎雄氏が代表を務めていた)」が、<現在の鹿児島県知事>や<前の神奈川県知事>に、知事選挙の際に、選挙カーを提供していたという報道がありました。

 徳洲会グループが、鹿児島県や神奈川県で数多くの病院や福祉施設を展開していることは誰もが知っている事実なので、少しでも疑問を持たれるような行為は慎んでおくべきと感じているところです。
 (徳洲会グループは、神奈川県において、相当数の病院と福祉施設を運営しています。)


 「徳洲会と猪瀬直樹東京都知事の問題」と「徳洲会と自治体の首長の関係の問題(特に全国の知事との関係)」に全く目が離せません。

 引き続き、この問題に対して、強い注視をしていきます。

                     (平成25年12月19日 記)



381> 平成25年 年内最後の定例会 進行中
★委員会質問が終了

 神奈川県議会では、「副議長」は委員会に所属していますので、今回の定例会では、私は、12月14日に「地方分権・行財政改革特別委員会」で、17日の「厚生常任委員会」で質問を行いました。

 何故か、遠慮ぎみの質問になってしまい、少し反省しているところです。
 (副議長をしているせいか、委員会の進行等を気にし過ぎて、遠慮ぎみの質問になってしまったのかと感じているところです。)

 次回の定例会=「平成26年第1回定例会」でも、「厚生常任委員会」と「地方分権・行財政改革特別委員会」で質問の機会があると思いますので、しっかりと対応していきたいと思います。


 今後とも、議会の正式な会議の場で価値ある発言を十分に行う事により、神奈川県政の発展と健全な民主政治の実現に貢献して参ります。
                    (平成25年12月18日 記)



380> 年内最後の「定例会=平成25年第3回定例会」進行中

★議長と副議長の委員会質問について

 神奈川県議会の年内最後の「定例会=平成25年第3回定例会」が進行中です

 神奈川県議会では、「副議長」は委員会に所属していますので、委員会の中で質問を行う事もあります。

 私は、先週の金曜日(13日)には、「地方分権・行財政改革特別委員会」にて、<①指定管理者制度 ②現在提案されている本県の顧問や参与等の条例>に関して質問を行いました。

 明日の17日(火)の午前中には、「厚生常任委員会」で質問を行う予定です。


 全国の都道府県議会の状況をみると、「議長」・「副議長」が委員会に所属するかどうかは議会により違います。

 議長・副議長とも委員会に所属する議会もあれば、議長・副議長とも委員会に所属しない議会もあります。

 その議会の伝統という事だと思いますが、所属するかどうかの理由が明確に文書化されていないのが残念です。(その理由の全国的な比較が出来ないのが残念です。)

 神奈川県議会では、「全ての議員はいずれかの常任委員会に所属する。ただし、議長は別とする。」というルールになっています。



 今後とも、議会の正式な会議(委員会)の場で価値ある発言を十分に行う事により、神奈川県政の発展と健全な民主政治の実現に貢献して参ります。
                  (平成25年12月16日 記)



379> 奈川県政について話をしませんか
★12月の<ミニ県政報告会>の日程

 今年の5月に、神奈川県議会の副議長に就任して以来、思うように開催できませんでしたが、久方ぶりに、<ミニ県政報告会>を開催いたします。

 神奈川県政を中心に、日本の政治について、ざっくばらんに対話が出来る機会になればと、心から願っております。


 12月の<ミニ県政報告会>の開催日程は、下記の通りです。

  <開催日時>   <開始時間>      <開催場所>
 12月15日(日)  午後2時30分より  新百合21 第3研修室にて
 12月15日(日)  午後3時45分より  新百合21 第3研修室にて
 12月15日(日)  午後5時より  新百合21 第3研修室にて
 12月15日(日)  午後6時15分より  新百合21 第3研修室にて
 12月15日(日)  午後7時30分より  新百合21 第3研修室にて

*実施時間は1回1時間以内です。

 開始時間の5分前から入室可能です。
 開始時間から5分過ぎまでは途中入室可能です。(但し、5分過ぎ以降の入室は一切出来ません。)
 途中退出も構いません。

                   (平成25年12月10日 記)



378> 国会と東京都議会で激しい議論
★行方を注視しています


 国会で激しく議論されていた「特定秘密保護法案」は、法案成立という一応の結果が出ました。

 国家の運営の困難さを改めて強く感じています。

 また、「目的(法案の目的)」と「過程(法案成立までの過程や手続き=国会での議論)」の両面の妥当性や重要性を強く感じました。

 この法律に関する議論はさらに続くと思われますので、今後の動向を注視しているところです。


 徳洲会事件から出てきた猪瀬東京都知事問題に関する東京都議会での議論もより一層激しくなってきています。

 事実関係が明確になっていませんので断言は難しいですが、猪瀬知事側から新たな反論が出なければ、猪瀬知事は辞職ということになるのかと考えています。

 東京都が、世界の主要国の一つである日本の首都であり、世界有数の巨大都市ゆえに、猪瀬知事問題は一つの地方自治体での大問題という次元を遥かに超えて、国民全体の関心事になっています。

 私なりに先進諸国を見ると、主要国の首都のトップ(東京都知事、大ロンドン市長、パリ市長等)の存在感は、その国の主要閣僚とまではいきませんが主要閣僚以外の閣僚よりは大きいと感じています。


 首都の運営の困難さも強く感じます。

 引き続き、「徳洲会事件」と「猪瀬東京都知事問題」、特に神奈川県議会議員の立場としては「徳洲会と自治体の首長(都道府県知事・市区町村長)の関係」を注視していきます。
                  (平成25年12月9日 記)



377> 第3回定例会 本会議開催中
★代表質問・一般質問を実施中


 神奈川県議会の「平成25年第3回定例会」は、現在、本会議での代表質問と一般質問が行われています。

 昨日(12月4日)で各会派の代表質問が終わり、明日(12月6日)と来週の12月9日には一般質問が行われます。

 現在、国会では、「特定秘密保護法案」に関する極めて激しい議論が続いており、国民の皆さんの関心が大変に強いところだと思います。


 神奈川県議会におきましても活発な議論が行われておりますので、何卒、神奈川県議会の議論に対しましても強いご関心をお寄せください。
                  (平成25年12月5日 記)



376> 「徳洲会」事件 拡大中
★猪瀬東京都知事の問題に強い関心を持っています


 「徳洲会」事件がどんどん拡大しています。
 逮捕者も相当の人数になってきています。


 「徳洲会」事件の拡大の中で大きな注目が集まっているのが猪瀬東京都知事の問題です。

 神奈川県議会議員の私としては、猪瀬直樹東京都知事の問題の方により強い関心を持っています。
 単に猪瀬東京都知事が徳洲会側からお金を借りたとかいう次元を越えて、東京都の徳洲会に対する許認可や補助金に強い関心を持って、この問題を見つめています。
 事実関係が明確になっていませんので断言は難しいですが、このままの状態が続けば、猪瀬知事は辞職する可能性が高いのではないかと感じています。


 この猪瀬東京都知事の問題で最も重大な事は、知事の権限に関してです。

 都道府県の知事の権限は絶大です。
 全国に病院や福祉施設を展開する日本最大とも言える病院グループである徳洲会は、東京都や神奈川県を含め全国の都道府県と何らかの関係があります。
 具体的には、都道府県と徳洲会の間には、<許認可>や<補助金>の関係が有ります。
 都道府県において、この<許認可>や<補助金>の最終決定者は都道府県のトップである知事です。
 その知事が徳洲会と少しでも疑問のある何らかの関係を持っていたのでは、都道府県行政の信用にかかわる重大問題になります。

 今後、<猪瀬東京都知事と徳洲会の関係>および<徳洲会と全国の都道府県(特にトップである知事)の関係>を注視して行くつもりです。
                (平成25年12月4日 記)



375> 第3回定例会 スタート
★11月28日から12月20日までの会期


 神奈川県議会の「平成25年第3回定例会」が始まりました。

 会期は11月28日(木)から12月20日(金)までです。

 今日・12月2日(月)から12月9日(月)までは、本会議での代表質問と一般質問が行われます。

 どうぞ、神奈川県議会に強いご関心をお寄せ下さい。
                (平成25年12月2日 記)



374> 11月の活動報告
★今月・11月の主な活動についての報告


 今月・11月は、一人の神奈川県議会議員としての活動よりも、 ①<神奈川県議会 副議長>としての活動 ②<神奈川県議会議長の代理>としての活動 ③<全国都道府県議長会の副会長を務める神奈川県議会議長の代理>としての活動 ④<多摩川会 代表幹事 (川崎市内選出の神奈川県議会議員の超党派の議員連盟の代表)>としての活動が多かった月でした。

 一議員としての活動ではなく組織の代表としての活動ですので、少し固い雰囲気の中での緊張が伴う活動になりましたが、大変に充実した有意義で貴重な時間でした。



①<神奈川県議会 副議長>としての活動

 「神奈川文化賞・スポーツ賞贈呈式」(横浜市内)、「13都道府県議長会」(兵庫県神戸市内)、「神奈川県議会 議会報告会」(小田原市内)、「神奈川県農業会議より政策提言の受け取りおよび意見交換会」(神奈川県庁内)、「神奈川県殉職警察職員慰霊祭」(横浜市内)、「静岡県・山梨県・神奈川県三県議会覚書調印式および意見交換会」(静岡県静岡市内)に、神奈川県副議長として出席しました。


②<神奈川県議会議長の代理>としての活動

 
神奈川県技能者等表彰式」、「かながわしごと技能体験フェスタ閉会式」に、神奈川県議会議長の代理として出席しました。


③<全国都道府県議長会の副会長を務める神奈川県議会議長の代理>としての活動

 現在、神奈川県議会の古沢議長は全国都道府県議長会の副会長という重責を担われているところです。
 古沢議長が他の公務と重なり時間が取れない場合、代理として、全国都道府県議長会の会長(香川県議会議長)の補佐役で、各種の活動に参加しています。

 今月・11月は、東日本大震災の被災地の現地調査に参加。
 さらに、全国都道府県議長会としての「東日本大震災復興に関する要望」と「来年度の国の予算への要望」の実現のため、政府(首相官邸で世耕内閣官房副長官)と政権与党(自由民主党の浜田幹事長代理、公明党の石井政務調査会長)に面会し要望書の提出を行い、意見交換を実施しました。



④<多摩川会 代表幹事 (川崎市内選出の神奈川県議会議員による超党派の議員連盟の代表)>としての活動

 川崎市の最高幹部(市長、3人の副市長、教育長、関係する局長)と多摩川会の所属議員による、「来年度の県の予算に対する川崎市の要望」に関する説明会および意見交換会を実施しました。初めに川崎市からの県に対する要望に聴き、続いてそれに関する意見交換を行いました。(川崎市役所で実施)

 さらに、川崎市からの要望を踏まえ、神奈川県の最高幹部(黒岩裕治知事と2人の副知事)と多摩川会の役員(私を含め5人)で、県の関係する川崎市内の来年度以降の事業について意見交換を行いました。この意見交換会は、大変に率直で有意義な会合となりました。(神奈川県庁で実施)


 いずれの活動も、責任を持って実行しております。
                  (平成25年11月30日 記)



<373> 秋の日程
★式典・行事への参加

 秋は、春と同様に、式典や行事の多い季節です。

 ご招待・ご案内をいただきました式典や行事につきましては、可能な限り参加する前提で、最大限の日程調整を行っております。


 先週一週間(10月28日・月曜日~11月3日・日曜日)に出席した式典や行事は、「圏央道促進会議」(東京都内)、「県議会議長・副議長と報道各社横浜支局長との意見交換会」(横浜市内)、「県庁稲門会」(横浜市内)、「麻生総合高校10周年記念式典」(川崎市麻生区内)、「麻生総合高校10周年記念祝賀会」(川崎市麻生区内)、「神奈川文化賞・スポーツ賞贈呈式」(横浜市内)でした。


 様々な式典や行事に参加するたびに、改めて、関係された方々の歴史(=努力の積み重ね)を十分に感じることが出来ます。

 尊敬と感謝の気持ちで一杯になります。


 残念ながら、日程が重なり参加できない式典や行事も少なくありませんが、引き続き、ご招待・ご案内をいただきました式典や行事につきましては、可能な限り参加する前提で、最大限の日程調整を行って参ります。
                   (平成25年11月4日 記)



372> 川崎市長選挙 ⑲
★結果のご報告


 昨日実施されました川崎市長選挙では、支援をいたしました秀嶋善雄さん(自民党・公明党・民主党の推薦候補)は、大変に残念ながら勝利することができませんでした。


 秀嶋善雄さんという大変に優れた候補者を擁立したにもかかわらず、勝利する事が出来ず、本当に残念に感じています。

 私は、秀嶋善雄さんという優れた候補者に出会え、優れた候補者を自信と誇りを持って支援をできた事には、心から感謝しているところです。

 それ故に、秀嶋善雄さんには、本当に申し訳ない気持ちで一杯です。


 開票センターにて、結果を待つ間や結果が出た後に、「候補者は優秀だったが支援した方は優秀でなかった。」、「候補者の擁立方法や擁立過程に問題があった。」、「選挙戦略や選挙戦術に問題があった。」、「選挙対策本部に油断があった。」等の声が聞かれました。

 私は、これらの声は、いずれも支援をした人からの真剣な声でありますので、全て正しい指摘と、謙虚に受け止めなくてはいけないと考えています。

 今後、選挙対策本部の幹部の皆様や推薦をした政党の幹部の皆様で、反省や総括が行われることになると思いますが、しっかりと受け止めて今後に生かしていただけるものと確信しております。

 今回の秀嶋善雄候補の川崎市長選挙に関わった者(私も含め)は、教訓として今後に生かしていかなければなりません。


 今回の川崎市長選挙を通じてお世話になりました全ての皆様に心から感謝申し上げます。

 本当に有難うございました。 

                 (平成25年10月28日 記)



371> 川崎市長選挙 ⑱
★今日が投票日です



  << 貴重な投票権の行使を! >>


 今日は、台風一過で、見事な秋晴れになりました。


 さて、昨日で、川崎市長選挙の選挙期間は終わりました。

 本日・10月27日(日)の午後8時までが、投票時間です。


 本日は投票日であり選挙活動を行う事はできませんが、投票の呼びかけはルールに違反していませんので、あらためて、貴重な投票権の行使を心からお願いいたします。

 皆さんの一票が明日の川崎を決める大事な選挙です。

 <良識ある有権者>の方の投票権の行使こそが、川崎市の一層の発展につながります。

                  (平成25年10月27日 記)



370> 川崎市長選挙 ⑰
★明日・10月27日が投票日です



  << 間違いのない選択を! >>


 明日・10月27日が川崎市長選挙の投票日です。

 有権者の皆様におかれましては、間違いのない、悔いの残らない、良識の選択を、お願いいたします。


 今回の川崎市長選挙の有権者は約115万人です。

 川崎市長選挙の様な大きな選挙で強く留意すべき重要点の一つは、<候補者と有権者の間に存在する距離から派生する問題点>です。

 この候補者と有権者の間に発生してしまう<距離>は、誰の責任でもなく、数人の候補者と100万人を超える有権者との組み合わせの関係から発生するものですので避けることは困難です。


 全ての候補者と直接十分に接して、全ての候補者を十分に観察して、全ての候補者を十分に比較することが出来る有権者は、全有権者のうちのほんの僅かの方です。

 それゆえに、候補者と有権者の間には、<選挙戦術>や<広報宣伝>というものが出てきます。

 そして、<選挙戦術>や<広報宣伝>というものは、候補者の実際の姿を、実際のものよりもより良く見せることに力を注ぐ傾向にあります。

 ここに、選挙戦術や広報宣伝によって、実際よりもより良く見えてしまう<候補者>が出現してきます。

 大変に残念な事ですが、実際の政治家としての力量とは関係なく、選挙戦術や広報宣伝だけに長けた候補者が、当選してしまう可能性は十分に存在します。


 何卒、有権者の皆様におかれましては、強いご留意をお願いいたします。

 どうぞ、誰が本物の政治家なのか、本物を見抜いて下さい。


★★★ 今回の川崎市長選挙の候補者は下記の3人です ★★★

 
<< 順番は届け出順 >>


① 秀 嶋 善 雄 (44才)・・・無所属


 元川崎市財政局長。
 
 自由民主党・
公明党・民主党推薦。


② 君 嶋 千 佳 子 (62才)・・・無所属


 元厚生労働省職員。 
 
 日本共産党推薦。



③ 福 田 紀 彦 (41才)・・・無所属

 元神奈川県議会議員。 
 
 前回の市長選挙に立候補して
落選。
 
 前回の市長選挙では民主党の推薦で立候補。


★★★ 今回の川崎市長選挙の候補者は上記の3人です ★★★


 追 記

 選挙期間最終日の今日の夕方は、新百合ヶ丘駅(北口)で、中山のりひろ衆議院議員、尾作ひとし川崎市議会議員、花輪孝一川崎市議会議員、吉沢章子川崎市議会議員をはじめとする議員の方々と一緒に、秀嶋善雄さんを推薦している確認団体の街頭活動に参加しました。
 2週間の川崎市長選挙も本日で終了となりました。
 選挙期間中にご指導ご協力を下さった皆様に心から感謝を申し上げます。

                     (平成25年10月26日 記)



369> 川崎市長選挙 ⑯
★いよいよ最終日



  << 阿部市長の12年間の評価と今回の川崎市長選挙への私の対応 >>


 12年前の川崎市長選挙で、当時の市長に対し、阿部孝夫候補(現在の市長)が挑戦しました。
 その際の阿部孝夫候補の最重点選挙公約
は「行財政改革の断行」でした。

 この時、私は、神奈川県議会議員の2期目で年齢は37才でした。

 私は、当初、立候補の意思を示されていた小川栄一先生(元神奈川県議会議員)の支援を決めていましたが、小川栄一先生が熟慮を重ねた末、自らは立候補を断念して、阿部孝夫候補支援を決断されましたので、私は、小川栄一先生の決断を尊重し、さらに、私自身が神奈川県議会議員として「行財政改革の断行」を最重点に議員活動をしていましたので、阿部孝夫候補の「行財政改革の断行」に全力で取り組む固い意志を確認した上で、阿部孝夫候補支援を決断しました

 具体的な選挙運動は、小川栄一先生や小川久仁子先生(神奈川県議会議員)や榎並寛先生(当時、神奈川県議会議員)と相談しながら行いました。
 当初は、現職有利との声が圧倒的に強かった訳ですが、結果は阿部孝夫候補が勝利しました。

 選挙情勢が厳しいと言われる候補者を支援して勝利を得る事は格別の感動がありますが、それより何十倍も価値のあるのは、今回の阿部市長勇退に当たり、阿部市長が最初の選挙出馬時に公約した「行財政改革の断行」に相当の成果を出して、現在、川崎市が全国の政令指定都市の中でも最良の財政状況にある事です。

 阿部市長を支援した私としては、真の意味で、川崎市民との約束を果たす事が出来たと確信しています。

 阿部市長ご本人も同じ様に思っていると想像しています。

 また、自分自身の候補者を見る目に間違いがなかったと自負しているところでもあります。

 私は、今回の選挙で、阿部市政を継承した上で、正すところは正して発展させると訴えている秀嶋善雄さんを支援していますが、その理由は、12年前の川崎市長選挙から現在も続いています。
 引き続き、行財政改革に十分に取り組みながら、同時に、堅実に川崎市を運営していくことが求められます。

 12年前の川崎市長選挙と同様に、今回の市長選挙についても、将来、「川崎市の発展のために、自分は、平成25年10月の川崎市長選挙において、間違いのない判断をした。」と振り返ることが出来るものと信じています。


 追 記
 昨日(10月25日)は、夕方、登戸駅で行われた秀嶋善雄街頭演説活動に参加しました。
 阿部市長も参加され、気合の入った街頭演説会になりました。


*川崎市長選挙への対応を全力で行っていますが、市長選挙期間中であっても、神奈川県議会議員としての責務はしっかりとはたしてまいります。
                  (平成25年10月26日 記)



369> 川崎市長選挙 ⑮
★終盤戦へ


 川崎市長選挙は10月27日(日)の投票日に向けて、終盤戦を迎えています。


 選挙にはつきものですが、選挙が進んでくると、「情勢は?」という事が大きな話題になります。

 今回の川崎市長選挙で言えば、「秀嶋が強い。」とか、「南部では秀嶋が強くて、中部では秀嶋がやや強く、北部では福田の方が強い。」とか、「共産党推薦の君嶋が市内全域で善戦している。」等の声が入ってきます。

 いずれも、世論調査を詳細に実施した上でその結果を踏まえての話なのか、あるいは、誰かが意図的に流している話なのか全く分かりません。

 ただ、いずれも、過去の各種の結果から、簡単に想定できる話であり、特段の内容になってはいません。


 私は、イギリスに滞在していた時も日本においても、選挙運動論や選挙分析論や選挙期間中の世論の動き等に関してそれなりに研究しました。
 しかし、その内容というものは、有権者の立場を最重視しているものではなく、どちらかというと選挙を論評する立場や政党や候補者の立場からのものが中心でした。


 選挙において、有権者の皆様は、選挙情勢など一切気にせず、一番優れていると思う候補者に投票するのが最善の選択です。
 シンプルな行動が間違いがありません。

 結局、自分の目と耳で候補者を観察・比較して判断するのが一番です。
 そうすれば、周囲に惑わされることや騙されることは全く無くなります。

 
誰が、川崎市長として、一番優れているのか、市民の皆様の良識の選択をお願いいたします。


 *川崎市長選挙への対応を全力で行っていますが、市長選挙期間中であっても、神奈川県議会議員としての責務はしっかりとはたしてまいります。
                 (平成25年10月24日 記)



368> 川崎市長選挙 ⑭
★選挙は後半戦に突入


 10月13日(日)に告示された市長選挙も10月27日(日)の投票日に向けて既に後半選に突入しました。


 今日・10月20日(日)の午後2時30分からは、新百合ヶ丘駅(南口)にて雨の中で開催された秀嶋善雄街頭演説会に参加。

 ゲ
ストには、自由民主党神奈川県連会長の菅よしひで衆議院議員(内閣官房長官)。

 自民党、公明党、民主党の三党の合同による演説会。(当初は自民党単独で開催する予定であったものが、三党合同開催に変更になったとの事。)

 ゲストが大物だけに、もっと多くの人に話を聞いて欲しかったというのが正直なところですが、天候ばかりはどうにもなりません。


 引き続き、気合を入れて、川崎市長選挙に取り組んで行きます。


*当然の事ですが、川崎市長選挙への対応は徹底的にしていきますが、市長選挙期間中であっても、神奈川県議会議員としての責務はしっかりとはたしてまいります。
                   (平成25年10月20日 記)



367> 川崎市長選挙 ⑬
★選挙は中盤戦に


 10月16日(水)で神奈川県議会の第3回定例会<前半の部>が終了しましたので、10月17日(木)からは、今、実施されている川崎市長選挙に徹底的に臨んでおります。

 川崎市長選挙の投票日は10月27日(日)です。

 私自身は、期日前投票を行う予定にしています。

 依頼を受けていた「選挙ハガキ」の対応が完了し、一昨日の10月17日(木)は午後6時から新百合ヶ丘駅(北口)での秀嶋善雄街頭演説会、午後6時30分からは秀嶋善雄個人演説会で応援演説を行いました。

 支援を決めたからには、責任を持って、徹底的に応援してまいります。


*勿論、川崎市長選挙への対応は徹底的に行っていきますが、市長選挙期間中であっても、神奈川県議会議員としての責務はしっかりと果たして参ります。
                   (平成25年10月19日 記)



<366> 平成25年 第3回定例会ー前半の部 終了
★委員会での質問報告


 10月16日に、神奈川県議会の「平成25年 第3回定例会 前半の部」が終了しました。

 現在、神奈川県議会は、平成24年度の決算について審議する「決算特別委員会(10月15日から11月8日まで開催予定)」を開催しています。

 現在、私は副議長を務めていますので、本会議では質問をしませんが(特にルールにより禁止されている訳ではありません)、一人の神奈川県議会議員として、10月4日に「特別委員会(地方分権・行財政特別委員会)」で、10月10日には「常任委員会(厚生常任委員会)」にて質問を行いました。


<< 質問項目 >>

■地方分権・行財政改革特別委員会・・・特別職の専門委員、顧問及び参与の職務、定数等を条例を定める事について

■厚生常任委員会・・・介護保険施設への指導・監査について


 議会の正式な会議(委員会)の場で価値ある発言を十分に行う事により、神奈川県政の発展と健全な民主政治の実現に貢献して参ります。
                (平成25年10月18日 記)



365> 川崎市長選挙 ⑫
★選挙スタート


 昨日から川崎市長選挙が始まりました。

 選挙一日目の昨日の午後は、新百合ヶ丘駅・北口で開催されました <ひでしま善雄=秀嶋善雄> の街頭演説会に参加しました。

 私は、神奈川県と川崎市の発展の為には、< 黒岩祐治・神奈川県知事 + 秀嶋善雄・川崎市長 >の組み合わせが最善と確信している立場から、今回の川崎市長選挙に気合を入れて臨んでいるところです。
 それぞれの候補者を支援している政党や団体や議員の顔触れではなく、候補者本人の力量を観察し判断しています。

 投票日は、10月27日(日)です。


 ★★★ 候補者は以下の3人です ★★★

 この中から、川崎市長に一番良い人を選択する事になります。


 
<< 順番は届け出順 >>

① 秀 嶋 善 雄 (44才)・・・無所属


 元総務省官僚。 元川崎市財政局長。
 自由民主党・
公明党・民主党推薦。


② 君 嶋 千 佳 子 (62才)・・・無所属


 元厚生労働省職員。 婦人団体役員。 
 日本共産党推薦。



③ 福 田 紀 彦 (41才)・・・無所属

 元神奈川県議会議員(宮前区選出)。 
 前回の市長選挙に立候補して
落選。
 前回の市長選挙では民主党の推薦で立候補。


 選挙というものは、立候補している人の中から一番良い人を選ぶものです。
 私は、投票に際しては、候補者自身の力量を一番に考える事にしております。

 また、100点満点の候補者は存在しないという前提で、選挙には向き合うべきだとも考えております。

 優れた候補者が数多く立候補して価値のある選択肢で溢れる様な贅沢な選挙になれば最高かもしれませんが、現実にはそういう状況にはなかなかなりません。
 一人の優れた候補者が出
てくれば、他に優れた候補者が出てくる可能性は大幅に低くなるものです。

 川崎市長は川崎市政のトップであり川崎市でたった一人しかいない存在ですので、それを決める重要な選挙ですので、市民の皆様の強いご関心をお願いいたします。


 << 公営掲示板のポスター  >>




 誰が、川崎市長として、一番優れているのか、市民の皆様の良識の選択をお願いいたします。
                  (平成25年10月14日 記)



365> 川崎市長選挙 ⑪
★いよいよ選挙へ


 今回の川崎市長選挙(10月13日・告示、10月27日・投票)の候補者は以下の3人で確定したかと思います。


  < 順番は五十音順 >

 ① 君 嶋 千 佳 子 (62才)
 元厚生労働省職員。 婦人団体役員。 
 日本共産党の推薦候補。


 ② 秀 嶋 善 雄 (44才)
 元総務省官僚。元川崎市財政局長。
 自由民主党・
公明党・民主党の推薦候補。

 ③ 福 田 紀 彦 (41才)
 元神奈川県議会議員。 
 前回・4年前の市長選挙に立候補し
落選。
 前回は民主党の推薦で立候補。


 私は< 黒岩祐治・神奈川県知事 + 秀嶋善雄さん > に大いに期待しています。

★私の事務所の入り口に掲示してある<黒岩祐治・神奈川県知事+秀嶋善雄さん>のツーショットポスターです★




 川崎市長(川崎市政のトップ・川崎市でたった一人しかいない存在)を決める重要な選挙ですので、市民の皆様の強いご関心をお願いいたします。
                  (平成25年10月9日 記)



364> 川崎市長選挙 ⑩
★いよいよ今度の日曜日が告示日


 << 黒岩祐治・神奈川県知事 + 秀嶋善雄さん >> に大いに期待!

 一昨日の日曜日は雨が降らなかったので、頼まれていた<黒岩裕治・神奈川県知事+秀嶋善雄さん>のツーショットポスターの掲示活動を展開しました。
  (雨の日は実行不可能なので、晴れた日にまとめて実行する事になります。)

 川崎市内には既に相当数が掲示されているので、多くの市民の方が、<黒岩祐治・神奈川県知事+秀嶋善雄さん>のツーショットポスターを見られている事かと思います。

 私は、このショットポスターを大変に良いと感じています。
 (勿論、政治家としての2人のペアとポスターの出来栄えの両方です。)

 私の事務所の入口および壁にも掲示してありますので、是非、ご覧下さい。


 川崎市政のトップを決める大事な川崎市長選挙は、今度の日曜日の10月13日が告示日で、10月27日が投票日です。

 どの候補者が次の川崎市長に一番ふさわしいのかという重大な選択がありますが、先ずはその前に、川崎市長選挙の存在自体にご関心をお寄せください。

 何卒、強いご関心をお寄せ下さい。

                 (平成25年10月8日 記)



<363> 平成25年10月の予定
★議会活動と川崎市長選挙への対応


 10月に入り、過ごしやすくなってきました。

 今月は、県議会の委員会(厚生常任委員会と地方分権・行財政改革特別委員会)で、今週と来週に、質問を行う予定になっています。

 併せて、川崎市長選挙(告示日10月13日、投票日10月27日)への対応をします。
 今月の中旬と下旬は市長選挙の対応が活動の相当部分を占めることになります。

 今年の10月はいつもの10月よりも数倍忙しくなります。


 現在、議会活動と市長選挙への対応とその他の案件が重なり、少々バタバタしているところです。
 前からもらっていた<川崎市長選挙への挑戦を正式に表明をした秀嶋善雄さん(自由民主党・公明党、民主党の推薦候補)>からのFBの友達リクエストに対する承認をうっかり忘れてしまっていて、昨日になってやっと、承認の処理を行ったところでした。
 県議会の委員会での質問も今週と来週で終わりますので、その後は、市長選挙への対応に集中していくことになります。


 今月は相当忙しくなりますが、神奈川県議会議員としての責任はしっかりと果たしてまいりますので、引き続き、宜しくお願いいたします。
                 (平成25年10月3日 記)



<362> 副議長に就任して4か月経過
★より一層、副議長の職務に励みます


 神奈川県議会の副議長になってから4か月が経ちました。

 これまでの4か月間の皆様からの温かいご指導に心から感謝しながら、今後より一層、副議長の職務に励んで参ります。

 引き続き、ご指導の程を宜しくお願いいたします。



 追 記

 副議長に就任以来、試行錯誤を重ねてきた案件に、副議長室の模様替えが有りました。
 副議長室を自分なりに仕事しやすい環境に整えてきましたが、ここへきて概ね整理が終わりました。
 これまでの副議長室は来客への対応を最重点にした部屋の体制になっていましたが、これに加えて、事務処理もこなしやすい部屋の体制に変えました。
 自分としては、副議長室を使い始めた時から、どうも仕事がしにくいと感じており、試行錯誤を続けてきたところです。

 実施した事というのは別に大げさなものではなく、自分でソファー等の家具の配置を大幅に変えた事、県庁職員に依頼して既設のパソコンをネット対応可能にしてもらった事と使用されていなかった議員登庁確認用の卓上パソコンを机上に備えた事位です。
 費用をかけず自分と県庁職員だけの対応で済みました。
 自分としては、機能性が高まったと信じているところです。
 これにあと、コピー機とFAX機が設置されれば言う事なしなのですが、これには費用が発生しますので着手しませんでした。

 4か月かかって、私としては、仕事のしやすい副議長室になったと考えており、より一層、副議長の職務に励んでいく決意です。
                 (平成25年9月28日 記)



<361> 第3回定例会 開催中
★本会議質問(代表質問・一般質問)の実施中


 今、神奈川県議会は「第3回定例会」の開催中です。

 神奈川県議会の「第3回定例会」は、実質的には、「前半部(9月10日から10月16日までの予定)」と「決算特別委員会(10月15日から11月8日まで開催予定)の時期」と「後半部(11月下旬から12月下旬までの予定)」に分けることが出来ます。
 決算特別委員会の委員になっている議員は、9月から12月までの4か月間、平日の大部分、県議会内で仕事をすることになります。

 現在は、「第3回定例会の前半部」の真っ最中で、本会議での質問(代表質問・一般質問)が行われています。


 現在、私は副議長を務めていますので、本会議で質問はしませんが(ルール上は禁止されている訳ではありません)、「常任委員会(厚生常任委員会)・・・10月1日から3日間開催」と「特別委員会(地方分権・行財政特別委員会)・・・10月4日に開催」では質問をする事になると思います。

 議会の正式な会議(委員会)の場で価値ある発言を十分に行う事により、神奈川県政の発展と健全な民主政治の実現に貢献して参ります。


 追 記

 「第3回定例会」中の10月には、神奈川県内の自治体で幾つかの首長選挙(川崎市長、鎌倉市長、愛川町長)が実施されます。
 川崎市長選挙は、10月13日告示ー10月27日投票です。 
 今年の10月は、いつもの10月よりも大分慌ただしくなりそうです。

                (平成25年9月25日 記)



<360> 「北朝鮮拉致問題ー特定失踪者」に対して強いご関心を
★街頭活動を実施

 一昨日、(横浜)桜木町駅・駅頭で開催された「特定失踪者(北朝鮮による拉致の疑いを否定できない失踪者)」についての街頭活動に参加しました。


 ★ 『忘れないで、特定失踪者』 ~知られざる拉致被害者~ 全国一斉活動 神奈川 ★

      日 時  平成25年9月21日(土曜日) 14時開始
      場 所  桜木町駅東口
      内 容  街頭演説、署名活動、チラシ配布
      主 催  北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会



 今月(平成25年8月)現在で、北朝鮮による拉致の疑いを否定できない失踪者は全国で862名います(警察庁発表)。


 昨日は、この問題に関して、「北朝鮮に拉致された日本を救う神奈川の会」主催の「忘れないで、特定失踪者」〜知られざる拉致被害者〜全国一斉活動がありました。

 ここには、特定失踪者御家族4名の方が参加されました。
 また、神奈川県内の多くの地方議員の参加がありました。


 神奈川県議会では松田良昭議員(横浜市戸塚区選出)と小島健一議員(横浜市青葉区選出)が中心となり実施しましたが、両議員はこの問題に早い段階から今日まで継続して取り組まれておられます。
 お二人の取り組みは、特定失踪者に対する国民運動の推進に大きく貢献しており、間違いなく、松田議員と小島議員は、この問題に対する日本全国の地方議員の中心的存在です。
 ご本人以外の方から、両議員に対しては「嫌がらせ」等があったと聞いたことがあり、これまでに色々なご苦労があったことと想像しています。
 両議員のこれまでの取り組みは本当に立派なものであり、日本国民として心から感謝しているところです。


 この特定失踪者の問題の解決で重要な事は、国民的な関心の盛り上りです。
 何卒、強いご関心をお持ちください。

 この特定失踪者の問題は、政治家こそが先頭に立って取り組むべき課題だと考えます。
 大変に微力ですが、私も私の立場から、この問題にしっかり対峙して参ります。


追 記

 昨日の街頭活動は、街頭活動としては7月の参議院議員選挙以来2か月ぶりのものでした。
 街頭活動といっても、選挙運動ではなく、北朝鮮の拉致問題に関連する街頭活動(『忘れないで、特定失踪者』~知られざる拉致被害者~全国一斉活動 神奈川)です。
 この問題にこれまで継続して真剣に取り組んでこられた方々の活動です。
 当日は副議長としての公務として出席した「第49回 神奈川県美術展」の表彰式が終了してから桜木町駅に向かいましたので、少し遅れての参加になりましたが、最後まで参加することが出来き価値ある時間を過ごせました。
                   (平成25年9月23日 記)



<359> 自然災害対策の重要性
★台風の被害

 9月16日と9月18日の2日間、つい先日(神奈川県では15日の日曜日と16日の月曜日)の台風の被害が大変に気になりましたので、数時間、地元・麻生区内の色々な所を、車で走りながら観察しました。


 改めて自然災害の激しさや恐れさを感じ自然災害対策の重要性を認識しました。

 同時に、今日までの多くの方々の努力により社会資本整備がなされ自然災害への相当の備えが出来ている事も感じました。・・・((本当に感謝です。))

 何時の時代でも、いかなる国でも、自然災害対策は政府(国家・地方自治体)の重要な責務です。

 今後とも、神奈川県議会議員の立場から、自然災害対策の充実に取り組んで参ります。



追 記

 本当に久しぶりに、時間を十分にかけて、じっくりと麻生区内を十分に観察する出来ました。
 自分で車を運転しながら、こんなに時間をかけて麻生区内をじっくりと観察をしたのは、麻生区から神奈川県議会議員選挙への挑戦を決意した時(平成6年=1994年、選挙自体は翌年の平成7年4月に実施)以来かと思います。
 これまでも、台風の度に、麻生区内を自分で車を運転しながら巡回観察してきましたが、今回が一番時間をかけた気がします。
 様々な事を感じることが出来、大変に有意義な時間となりました。
                   (平成25年9月19日 記)



<358> 川崎市長選挙 ⑨
★いよいよ選挙モードか

 いよいよ、選挙モード突入かという感じです。


 ここへきて、来月の川崎市長選挙への立候補を表明した3人の方の活動と露出が盛んになってきている印象を受けています。


 今週に入って、現在の市長である阿部市長の政治資金パーティが開催されました。

 私にも案内状が届きましたので、(任期終了の少し前ですが)現職の阿部市長の事実上の退任慰労会という印象を受けましたので、出席について検討をしようとしましたが既にその日には予定が入っていて検討の余地が全く無く、欠席しました。

 そのパティ―の出席者の方から聞いたところでは、席上、既に立候補を表明している秀嶋善雄さん(元総務省官僚、元川崎市財政局長)さんが紹介されて挨拶をされたとのことですので、実質的な阿部市長からの後継指名と受けとめています。


 市長選挙は来月です。(告示日10月13日、投票日10月27日)
 マスメディアの報道も段々と増加してきています。
 どうぞ、川崎市民の皆様には、市長選挙へ強いご関心をお寄せ下さい。

                   (平成25年9月18日 記)



<357> 川崎市長選挙 ⑧
★告示まで1か月を切る

 川崎市長選挙の告示(10月13日)まで、1か月を切りました。


 先日、私の所へ、今回の市長選挙に立候補を予定している方の中から、初めての来訪がありました。

 立候補予定者の中で一番最初に私の所に挨拶に来られたのは、秀嶋善雄さんでした。
 本来ならば、立候補の決意や政治理念や政策を十分にお聞きすべきなのでしたが、お互い時間がありませんでしたので、極めて簡単な挨拶と名刺交換をしただけに終わってしまいました。
 いずれ、じっくりと話をする機会があることを期待しているところです。

 尚、昨日までで、秀嶋善雄さん以外の他の立候補予定者の来訪は一切ありません。


 告示まで1か月を切ったにもかかわらず、残念ながら、川崎市民の盛り上がりがあまり感じられません。

 川崎市のトップである市長を決める選挙ですので、市民の皆様の関心の大きな関心を強く願っているところです。
                (平成25年9月15日 記)



<356> 川崎市長選挙 ⑦
★投票率の向上

 先日(8月27日)の『日本経済新聞』に「投票したくなる選挙にしよう」というタイトルの社説がありました。


****************************************************

◆◆◆ 『日本経済新聞』・・・平成25年8月27日(朝刊)社説 ◆◆◆

   < 投票したくなる選挙にしよう >

 選挙への関心の低下が著しい。25日の横浜市長選の投票率は過去最低の29.05%。
 この10年の政令指定都市の市長選では最低だった2005年の名古屋市長選(27.50%)並みの水準だった。

 民主主義は選挙を通じて民意を束ねる仕組みだ。
 投票は権利であると同時に主権者たる国民が担う役割でもある。
 面倒くさい、暑くて出歩く気がしない、などの理由で棄権するのは無責任だ。

 最近の選挙が選択肢に乏しいのは否めない。
 国政では与野党として対峙する自民・公明と民主が地方選では相乗りすることが多く、有力候補の信任投票になりがちだ。
 今年は山形と秋田の知事選で現職に挑む対抗馬が現れず、無投票で当選が決まった。

 優れた指導者も競い合いがないと惰性に流されるものだ。
 公職に任期があるのは仕事に緊張感を保つための知恵でもある。

 横浜市長選では投票所設置などで約10億円の税金が費やされた。
 無投票でよいではないか、そのカネでもっと保育所をつくれ、という声も耳にした。
 無投票当選ばかりになれば権力への監視の目が行き届かなくなる。
 選挙経費は未来のよい政治への先行投資だ。

 投票率上昇には選挙運動を活発にすることが大事だ。
 ネット選挙は候補者への成りすましなどが心配されたが、参院選をみる限りさほど支障はなかった。
 まだ禁止されている有権者個人のメールによる投票呼びかけは解禁してよい。

 公職選挙法は買収・供応が横行した時代の産物であり、あれも禁止、これも禁止になっている。
 ビラの配布枚数は制限され、戸別訪問は禁じられ、街頭活動は午後8時まで。
 原則自由に転換すれば選挙をもっと身近にできるはずだ。

 深夜に街宣車で住宅地を騒がす候補が出ると懸念する向きもあろう。
 有権者の歓心を買うことが目的の選挙において周囲を不快にする活動は必ず淘汰される。
 今度の選挙はなんか面白そうだ、投票に行くか。
 そう思わせるような選挙を少しずつでも増やしたい。

****************************************************


 日本経済新聞にしては、社説にしては、少し砕けた感じの表現もあり面白く読みましたが、それ以上に的確な内容に共感を覚えました。
  (低投票率の分析や具体的に出ている対応策に関しては若干の疑問も感じましたが)



 現在の日本の法の規定は別として、民主政治としての理想は、間違いなく、川崎市長選挙も含め首長選挙の場合、有権者の過半数の支持を得て当選する事だと思います。
  (投票者の過半数ではなく、有権者の過半数です。)

 その実現のためには、高い投票率が必要になります。
  (最低でも、有権者の過半数が投票に行く事が前提になりますので。)

 勿論、低い投票率の責任は、候補者個人にある訳では全くありません。
 候補者は志を持って立候補しており、候補者は最も主体的に<MAIN PLAYER>として選挙に参加している訳ですから。

 より多くの有権者の支持(理想的には有権者の過半数の支持)を得ることにより当選者の正統性は確固たるものになり、首長としての指導力が強くなります。

 川崎市長選挙(告示10月13日、投票10月27日)に対する川崎市民の関心の今後の高まりを強く期待しているところです。
                  (平成25年9月11日 記)



<355> 川崎市長選挙 ⑥
★市長選挙が実施される事自体をご認識ください

 現時点で、来月・10月の川崎市長選挙の候補者がほぼ最終的に出揃ったのかと感じています。


 川崎市内で活動する一人の政治家として、今日まで市長選挙に真剣に向き合ってきた訳ですが、市民の皆様の関心は全く高まってきていない様に感じています。

 私は、選挙が異様なまでに盛り上がる事は良いとは全く考えませんが、現時点での市民の皆様の今回の市長選挙に対する関心は大変に弱く、残念に感じています。

 関心が弱いどころか、市長選挙の存在自体がほとんど認識されていない様にさえ感じています。

 この状況は、健全な民主政治の実現を願う立場からは、看過できません。


 先ずは、川崎市民の皆様には、川崎市長選挙(告示10月13日、投票10月27日)が実施されること自体をご認識願います。
                (平成25年9月9日 記)



<354> 川崎市長選挙 ⑤
★川崎市の発展の為に全力で取り組みます

 秀嶋義雄氏が正式に出馬表明をしました。
 これで、来月の川崎市長選挙に立候補の意思を示していた3人全てが正式に出馬表明をしたことになります。

 この3人で来月の川崎市長選挙の候補者の顔ぶれが決定した様に感じています。
 (勿論、選挙の告示までは未だ1か月間以上ありますので、4人目の候補者が出てくる可能性はあります。)



 改めて、3人と言うのは、下記の方々です。

  < 順番は五十音順 >

 ①君嶋千佳子 (62才)
 元厚生労働省職員。 婦人団体役員。 
 日本共産党の推薦候補。


 ②秀嶋善雄 (44才)
 元総務省官僚。
 自由民主党川崎市連の擁立候補。

 公明党や連合神奈川や民主党も推薦する方向との報道あり。

 ③福田紀彦 (41才)
 元神奈川県議会議員。 
 前回4年前の市長選挙に立候補し
落選、今回は2度目の挑戦となる。
 前回は民主党の推薦を得たが今回は政党からの推薦を求めない方針との報道あり。


 川崎市長選挙は川崎市のトップを決める重要な選挙ですので、是非、川崎市民の皆様には、来月に行われる川崎市長選挙に強いご関心をお持ちください。

 これまでの川崎市長選挙は投票率が低い傾向に有りますので、先ずは、川崎市長選挙(告示10月13日、投票10月27日)の存在自体にご関心をお持ちください。

 そして、次に、誰が川崎市長として一番ふさわしいのか、候補者に対してご関心をお持ち下さい。
                 (平成25年9月7日 記)



<353> 川崎市長選挙 ④
★川崎市の発展の為に全力で取り組みます

 来月に迫りました川崎市長選挙の候補者の顔ぶれが大体ハッキリしました。


 現在までに明確になっているのは、以下の方々です。
       
    
< 順番は五十音順 >

①君嶋千佳子 (62才)・・・日本共産党が擁立。女性団体役員。元厚生労働省職員。

②秀嶋善雄 (44才)・・・自由民主党川崎市連が擁立。元総務省官僚。

③福田紀彦 (41才)・・・前回の4年前の市長選挙に立候補して落選。今回が2回目の立候補。

  既に、君嶋と福田の両氏は正式に立候補表明済。
  秀嶋氏は正式な立候補表明を近日中に行うとの事です。

 この三者による三つ巴の選挙戦になるのか、あるいは、他に候補者が出てくるのかは不明ですが、川崎市長選挙は川崎市のトップを決める重要な選挙ですので、是非、川崎市民の皆様には、来月に行われる川崎市長選挙の候補者に強いご関心をお持ちください。


 私は、基本的には、川崎市長選挙に関しては市政を直接担っている市議会議員の皆様の意見を最大限に尊重する事が大変に重要と考えております。

 今回・10月の市長選挙でも、選挙までに残された時間が少なく実現は難しいですが、出来れば、川崎市政の現状と今後の展望について親しい川崎市議会議員の皆様から十分に意見を聴かせていただき、その上で、来月・10月の川崎市長選挙の具体的な対応をしたいと思います。

 川崎市内で活動する一人の政治家として川崎市民の一人として、川崎市の発展になる様に、来月・10月の川崎市長選挙に臨んでいきます。
                  (平成25年9月3日 記)



<352> 川崎市長選挙 ③
★川崎市の発展の為に全力で取り組みます

 川崎市長選挙(10月13日告示、10月27日投票)の立候補者(予定者)が段々と明確になってきています。

 既に正式に立候補表明を行った方も複数います。

 いずれの方も川崎市長候補者として相応しい能力や人格を備えた優れた方であることを願っているところです。


 ★川崎市長選挙への私自身の対応は、現時点では、以下の通りに考えています。

  <私はいずれの政党にも所属していない無所属の政治家ですので、当たり前と言えば当たり前の対応方法です。>

  <これは、これまで、全ての種類の選挙に際して私が採用してきた基本方針です。>


   ■候補者本人から支援の要請があった場合、支援に関して真剣に検討を行う。

   ■複数の候補者本人から支援要請があった場合は、その複数の候補者について十分な比較検討を行う。

   ⇒⇒⇒検討の結果、特定の候補者を支援することを決めた場合は、その候補者の当選に向けて全力で選挙応援をする。



 どうぞ、川崎市民の皆様には、再来月・10月に行われる川崎市長選挙に強い関心をお持ちを下さります様お願いいたします。
               (平成25年8月31日 記)



<351> 川崎市長選挙 ②
★川崎市の発展の為に全力で取り組みます

 再来月・10月に実施される川崎市長選挙に関連する報道が増えてきた関係で、その報道内容に関する質問や問い合わせをいただきます。
 特に、報道で立候補が考えられる人として名前があがった方の評価について質問を受けることが多くなっています。

 しかし、私は、今日まで、10月の川崎市長選挙の候補者の擁立に全く関わってきていませんので、そもそも報道自体に関してもよく理解している訳ではありません。


 これまでに具体的な名前が出た5人の方のうち、嶋崎嘉夫さん(川崎市議会議員)、吉澤章子さん(川崎市議会議員)は以前からの知り合いであり大変にすばらしい方だと私個人としては評価をしていますが、その他の方については特段のお付き合いもありませんし、中には一切面識のない方もおられます。


 ですので、現時点で、私が、この5人の方を比較して評価する事は困難です。


 また、立候補を検討している人として名前が出た5人の方全員が再来月・10月の川崎市長選挙に実際に立候補するのかどうかも不明です。

 私自身、ご本人達に確認した事は一度もありませんし、5人の方から私への接触もありません。

 ただ、いずれの方も川崎市長候補者として相応しい能力や人格を備えた優れた方であることを期待しているところです。


 理想の選挙は、複数の優れた候補者が立候補者して、有権者の監視のもとで政策論争という活発な競争が行われ、その結果、すばらしい当選者(今回は川崎市長)が誕生する事です。


 素晴らしい川崎市長選挙が実施されることを心から願っています。
                   (平成25年8月29日 記)



<350> 川崎市長選挙 ①
★川崎市の発展の為に全力で取り組みます

 川崎市長選挙が10月(告示日ー10月13日告示、投票日ー10月27日投票)に実施されます。


 選挙が少しづつ近づくに伴い、市長選挙に関連する報道が増えてきました。

 多くの方から、その報道内容に関して質問や問い合わせをいただきますが、私は神奈川県議会議員であり議員としては川崎市政に直接的には関わっていませんので、正直に言って、内容の詳細をよく知っておりません。

 また、現在のところ、報道の内容に関して、特に確認をした事もありません。


 私が把握している報道からは、立候補を検討している人として、これまでに5人の方の名前が出ているかと思います。
 但し、この5人の方が再来月・10月の川崎市長選挙に実際に立候補するのかどうか、今日時点で明確になっている訳ではありません。
 私自身、ご本人に確認した事は一度もありません。


 私が承知している範囲の報道で名前が出た方=嶋崎嘉夫さん(川崎市議会議員)、吉澤章子さん(川崎市議会議員)をはじめ5人の方については、嶋崎嘉夫さんや吉沢章子さんの様に以前からの知り合いで大変にすばらしい方だと私個人としては評価をしている方もこれまで全く面識のない方もおられます。

 いずれもの方も川崎市長候補者に相応しい大変に優れた人物であってほしいと強く願い期待しているところです。


 理想の選挙は、複数の優れた候補者が立候補者して、活発な政策論争により競い合いを行い、その結果、すばらしい当選者(今回は川崎市長)が誕生する事です。

 川崎市の発展のために、素晴らしい川崎市長が誕生するよう、川崎市内で活動する一人の政治家として、川崎市民の一人として、しっかりと考え行動していくつもりです。

 何卒、川崎市民の皆様には再来月・10月に実施される川崎市長選挙に強い関心をお持ち下さりますようお願いいたします。
                   (平成25年8月26日 記)



<349> 多摩川会 代表幹事 として
★川崎市の発展の為に全力で取り組みます

 私は、現在、<多摩川会>の代表幹事を務めております。

 <多摩川会>は、川崎市の発展に貢献する事を目的とした川崎市内選出の神奈川県議会議員で構成している議員連盟です。

 多摩川会の会員資格は川崎市内選出の神奈川県議会議員であり、強制加入ではなく任意加入の議員連盟でありますが、今日時点では川崎市内選出の神奈川県議会議員全員が加入しているところです。

 主な活動は、 ①川崎市の主要施策に関する川崎市長をはじめとする市最高幹部との意見交換。 ②川崎市からの県への予算要望を踏まえて、県の川崎市に関連する事業に関しての予算要望活動。 ③川崎市内在住・川崎市出身の県幹部との意見交換会の開催。 ④川崎市内での新規重要事業の現地調査の実施。 等になります。

 川崎市内選出の全ての神奈川県議会議員が、川崎市の発展の為に、党派や選挙区の事情を越えて、一致結束して活動をしております。


 私は、神奈川県全体をしっかりと視野に入れて神奈川県議会議員として議員活動をしておりますが、同時に、地元・川崎市の発展を願い議員活動をしています。


 今年の10月には川崎市長選挙が実施されます。

 改めて川崎市の発展について考える絶好の機会です。


 引き続き、川崎市の発展の為に、全力で取り組んでまいります。
               
(平成25年8月19日 記)



<348> 神奈川県議会 ー 秋に向けて
★「第3回定例会」と「来年度の予算編成」に向けて


 お盆もあけ、神奈川県議会は秋に向けての活動に入っていきます。

 神奈川県議会の夏の終わりから秋の初め(8月後半から9月上旬まで)の時期の活動の中心は、「第3回定例会(9月10日から12月20日まで開催予定。ただし、10月18日から11月8日までは決算特別委員会のみを開催する予定。)」に向けての準備と「来年度の県の当初予算への要望」の取りまとめとなります。


 神奈川県議会の「第3回定例会」は、「決算特別委員会(10月15日から11月8日まで開催)」を挟んで、実質的に、「前半部(9月10日から10月16日まで)」と「後半部(11月28日から12月20日まで)」に分けることが出来ますので、現在は「第3回定例会の前半部」の準備がなされているところです。

 第3回定例会の本会議や委員会で質問をする予定の議員で、準備を早目から始める議員は、既に概ねの準備が出来ている頃かと思います。

 現在、私は副議長ではありますが、「常任委員会(厚生常任委員会)ー10月1日から3日間開催」と「特別委員会(地方分権・行財政特別委員会)ー10月4日に開催」では質問をする事になると思いますので、9月下旬に入ったら質問の準備を始めようと考えています。



 「県の来年度の当初予算への要望の取りまとめ」では、既に県内の各種団体や市町村から出されている要望を、各会派・各議員連盟・各議員が検証を行い県への要望書等の形に取りまとめて行きます。
 各会派・各議員連盟・各議員は、10月もしくは11月に、知事に対して、来年度当初予算への提言書・要望書を提出する事なります。


 尚、別途、議長・副議長へは、神奈川県市長会、神奈川県町村長会から、予算要望書が提出されます。
 この要望書の内容は極めて重要なものです。


 本日時点は、今年度の上半期の未だ途中ですが、今年度の案件をしっかりと対応しながら同時に来年度にも対応していく時期になっています。


 10月には、川崎市長選挙(10月13日告示、10月27日投票)が実施されます。
 今年の秋は、いつもの秋より、川崎市内選出の神奈川県議会議員にとっては忙しくなります。

                (平成25年8月18日 記)



<347> 残暑お見舞い申し上げます
★体調管理に万全を


 残暑お見舞い申し上げます。
 連日の猛暑には閉口しております。
 この暑さも当分続きそうですが、くれぐれもご自愛ください。


 「残暑お見舞い」という雰囲気では全くありませんが、「立秋」を既に過ぎておりますので、暑中お見舞いではなく残暑お見舞いになります。
 大変に激しい暑さですので、体調管理に十分にご留意ください。


 先日からの強烈な暑さに加え、お盆を迎えますので、1週間位の夏休み休暇を取りたいところではありますが、既に会議・行事等の予定が入っており、休みを取るのは難しいところです。
 体調を崩さない様にして、決まっている日程を一つ一つ確実に対応していきたいと思います。


< 8月12日(月)からの1週間で出席を既に予定している会議・行事等 >

 8月12日(月)・・・会派=県政会(保守系無所属の神奈川県議会議員による会派)で県央地区の市町村を訪問。
            来年度の県の予算へのヒアリング活動を実施。

 8月15日(木)・・・神奈川県戦没者追悼式への出席。

 8月17日(土)・・・米海軍厚木航空施設盆踊りへの参加。

 8月17日(土)・・・王禅寺町内会納涼祭への参加。
                (平成25年8月11日 記)



<346> 副議長としての職務
★各種の会議・行事等へ参加


 言うまでもなく、議会の議長と副議長の最重要職務は議会の運営そのものですが、その他にも各種の会議・行事等への対応という職務もあります。

 神奈川県議会を代表しての各種の会議・行事等への対応は、議会の代表者である議長が行いますが、時間等の理由で議長が対応するのが難しい場合は、副議長が議長の代わりとして神奈川県議会を代表して対応しています。

 会議への出席は当然の事ですが、神奈川県議会に対し招待があった行事等には最大限の対応をしているところです。

 参考までに、この1週間に、副議長である私が神奈川県議会を代表して参加した会議・会合等は、①「鎌倉警察署落成披露式」、②「高校野球優勝校=甲子園出場校(横浜高校)表敬訪問」、③「全国都道府県議長会会長からの表敬訪問」、④「リニア中央新幹線建設促進同盟会」、⑤「在日米陸軍司令官主催盆踊り(レセプション)」でした。


*完成した鎌倉警察署は一目見た瞬間に驚きを覚えるもので、警察署としての機能は十分に備えているのは勿論でしょうが、古都・鎌倉にふさわし素敵な建築デザインになっています。
 「鎌倉警察署」という案内表示がなければ、ほとんどの人が文化芸術施設と感じるのではないかと思います。
 また、鎌倉ご出身の石川神奈川県警察本部長の式典での熱情のこもったスピーチに感動いたしました。

*高校野球優勝校=甲子園出場校(横浜高校)の表敬訪問への対応は、中学・高校と野球部でした私としては、強く記憶に残るものになりました。
 横浜高校の野球部の皆さんは本当に輝いていました。
 また、優勝旗に触れさせていただいた事には、ただただ感激でした。


 引き続き、副議長に与えられた様々な職務をしっかりとはたしてまいります。
                   (平成25年8月5日 記)



<345> 夏の神奈川県議会議員の活動
★ヒアリング活動と視察活動


 参議院議員選挙が終わり、神奈川県議会を含め政治の世界は落ち着いた雰囲気になってきました。

 多くの神奈川県議会議員にとって、7月中旬から9月中旬までの約2か月間は、県内の各種団体や県内の市町村から来年度の県の予算に対する要望・県の制度に対する要望を聴く「ヒアリング活動」の期間であり、視察(県内・県外調査)の期間になります。
 いわば「仕込みの期間」であり、大変に勉強になる期間です。

 様々な団体や県民の皆様から話をしっかり聴いて現状を把握し、関係者がどの様な思いを抱いているのかを把握する事は極めて重要ですので、「ヒアリング活動」や「視察」は大切な議員活動になっています。

 ただし、各種の団体や県民意見を自動的にそのまま県政に採用すれば神奈川県は上手く運営されるとは全く思っていません。
 先ずは意見を吸収して、次にその意見を検証し、思考する事が求められます。

 また、単に議員として各種団体や個人の意見を聴くだけではなく、時には対立的な議論も行います。

 尚、本や論文等を読む等の自分一人だけで出来る方法で自己の見識を磨くことは議員としての最低限の努力になります。


 この夏の期間を、県民の皆様の意見を十分に吸収する時間にしたいと考えています。
                 (平成25年8月4日 記)



<344> 参議院議員選挙⑩ 結果判明
★与党の勝利 ⇒ 日本の再興へ


 7月21日(日)に参議院議員選挙が行われ、22日(月)の昼前には、全ての詳細な開票結果が判明しました。
 
 結果は与党の大勝利です。
 現在の日本の政治に求められる結果となり、良かったと考えております。


 私は、毎年の様に総理が変わる・政権が代わる日本の政治を大変に憂いています。
 その時の総理や政権を厳しく批判する方が「こんな総理・こんな政権は一日でも早く終わせるべきだ」と主張する事は一定の理解が出来ますが、この様な事を何度も何度も繰り返していたら日本の政治はどんどん劣化していき政治本来の機能を発揮する事は出来ません。
 とても国民にとって良いとは思えません。
 どんな素晴らしい総理でも政権でも、(安倍総理であれ前の野田総理であれ)、1年で大きな成果があがるとは考えられません。
 多くの先進民主主義国の様に、1年間ではなく、最低でも2年間以上は、同じ総理・政権を継続させるべきだと確信しています。


 私は今回の参議院議員選挙を通じて、この様な日本の政治状況を変えたいと強く願っていましたので、今回の選挙では、安倍政権を支える与党の候補者であり、かつ、候補者本人から直接支援の要請がありました4人[神奈川選挙区・・・島村大(自由民主党)、佐々木さやか(公明党)、 比例区・・・赤池まさあき(自由民主党)、山東昭子(自由民主党)]を全力で支援しました。

 4人全員が当選する事ができ、本当に安堵しているところです。

 特に、松下政経塾の2期先輩であり個人的にも大変に親しくさせていただいている<赤池誠章(あかいけまさあき)>さんは、文字通り「政治生命を懸けた選挙」でしたので、当選となり心の底から喜んでいます。


 今後は、今回の参議院議員選挙の与党の勝利により、いわゆる「衆参のねじれ」が解消され政権が安定したことにより、日本が再興する事を強く願うところです。


 「衆参のねじれ」が解消され政権が安定したにもかかわらず、日本の再興の兆候が強く出てこなければ、我が国・日本は本当に危機的な状況です。
                  (平成25年7月26日 記)



<343> 参議院議員選挙⑨ 投票日
★棄権せず必ず投票を

 本日が参議院議員選挙の投票日です。

 一部からは、投票率が低くなるとの指摘が出ています。

 「低い投票率」の問題は、政治的無関心の問題と言ってしまえば一言で終わってしまいますが、もう少し具体的に指摘をすれば、 ①<選ばれる参議院議員の問題>としては、参議院議員としての正統性の問題があります。投票率が低ければ大多数の有権者から信認されたとは言えない事になってしまいます。(勿論、法的には投票率が低くても当選です。) ②<選ぶ有権者の問題>としては、国民としての根本的な政治参加のあり方の問題です。選挙で投票を棄権しながらも政治に不平不満をぶつける行為に問題はないのか、投票は政治参加の最も基本的な行為ではないのかという事です。

 さらに、もっと現実的な言い方をすれば、「多額の税金を投入して選挙を実施しているのだから、投票はすべきだ。」という事だと思います。

 是非、皆様の持つ貴重な「投票権」の行使をお願いいたします。



 参議院議員選挙の間も、当然の事ですが、神奈川県議会議員としての活動をしっかりと行っております。
 ご遠慮なく、神奈川県政に関するご質問・ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

                  (平成25年7月21日 記)



<342> 参議院議員選挙⑧ 最終盤
★ラストスパート


 参議院議員選挙も最終盤になりました。

 私は、「毎年の様に、総理が変わる・政権が代わる」様な現在の日本の政治状況を大変に憂いております。

 よって、今回の参議院議員選挙では、安倍政権を支える与党の候補者のうち、候補者本人から直接支援の要請がありました4人[神奈川選挙区・・・島村大(自由民主党)、佐々木さやか(公明党)、 比例区・・・赤池まさあき(自由民主党)、山東昭子(自由民主党)]を支援してきました。

 支援をしていながらも、その候補者の選挙事務所には一度も行っていませんでしたので、陣中御見舞いに、様々な活動の合間をみて、7月19日(金)に島村大選挙事務所(横浜市中区)、佐々木さやか選挙事務所(横浜市中区)、20日(土)には山東昭子選挙事務所(東京都中央区)、そして最後に、赤池まさあき選挙事務所(山梨県甲府市)を訪問しました。赤池まさあき選挙事務所では選挙の打ち上げ式にも参加しました。

 いずれの選挙事務所も熱気に溢れていて、前向きな大きなエネルギーを受け取って帰ってきました。



 参議院議員選挙期間中は支援する候補者の当選に向けて全力を尽くしますが、当然の事ですが、神奈川県議会議員としての活動もしっかりと行っております。
 ご遠慮なく、神奈川県政に関するご質問・ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

                (平成25年7月20日 記)



<341> 参議院議員選挙⑦ 終盤へ
★ラストスパートへ

 7月4日(木)から始まった参議院議員選挙も終盤に入りました。

 全ての候補者には自らの基本的な政治理念・政策を有権者に全て披露した上で、有権者の審判を受けてもらいたいと思います。


 引き続き、参議院議員選挙の対応をしています。

 本日・7月16日(火)の朝は、小田急線「百合ヶ丘駅」にて、地元選出の中山のりひろ衆議院議員、地元選出の尾作ひとし川崎市議会議員、山崎なおふみ川崎市議会議員とともに駅頭での活動を実施。

 明日・7月17日(水)は、比例区の赤池まさあき(自由民主党公認)の活動の支援を行います。
 朝(午前8時から10時まで)と夕方(午後6時から8時まで)、小田急線「新百合ヶ丘駅(南口)」にて駅頭での遊説活動を実施。


 候補者だけではなく、私を含め支援活動をする人にとっても悔いの残らない参議院議員選挙になればと思います。


 参議院議員選挙期間中は支援をする候補者の当選に向けて全力を尽くしますが、当然の事ですが、神奈川県議会議員としての活動もしっかりと行います。
 ご遠慮なく、神奈川県政に関するご質問・ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

                  (平成25年7月16日 記)



<340> 全国高等学校総合文化祭
★派遣激励会に出席

 昨日、神奈川県議会副議長としてご案内をいただきましたので、全国高等学校総合文化祭・長崎大会」への、本県の「派遣激励会」」に出席しました。
 大変に気持ちの良い素晴らしい激励会でした。

 *会場は、横浜市西公会堂ホール。
 *主催は、神奈川県高等学校文化連盟 神奈川県教育委員会。
 *共催は、横浜市教育委員会 川崎市教育委員会 横須賀市教育委員会。


 今の時期は、高校野球(夏の甲子園)の都道府県予選が開催されており、中学校・高校と野球部に所属していた私としては、母校の試合結果を含め高校野球に関心が高る時期ですが、「全国高等学校総合文化祭・長崎大会 派遣激励会」に出席して、高校の文化部の生徒の皆さんの爽やかで力強いパワーを感じました。

 かねてから、私は、学校の部活動は運動部と文化部の両方のバランスの良い活性化が重要と考えています。

 「全国高等学校総合文化祭・長崎大会」に参加される生徒の皆様のご活躍を心からお祈りしております。
                  (平成25年7月14日 記)



<339> 参議院議員選挙⑥ 中盤の時期
★選挙事務所訪問=陣中御見舞

 今回の参議院議員選挙には、関係の濃淡はありますが、私の知り合いが何人か立候補しています。

 知り合い全員を全力で支援できれば一番いいのですが、実際には物理的にも政治的にも不可能です。
 また、相手側が遠慮して支援を積極的に要請して来ない場合もあります。

 なかなか、政治家が実際の選挙で具体的に誰を支援するかという事は、本人同士の人間関係だけでは割り切れないものがあります。

 義理・恩義を大切にしたいと考えておりますので、せめて、知り合いの事務所には、陣中見舞いだけでもと思い、1~2時間で行ける距離にある幾つかの選挙事務所を訪問しています。

 志に満ち溢れた候補者に会うと、こちらが候補者の激励に行っているにもかかわらず、寧ろ、私がエネルギーを貰って帰ってくる事になります。


 参議院議員選挙期間中は支援をする候補者の当選に向けて全力を尽くしますが、当然の事ですが、神奈川県議会議員としての活動もしっかりと行います。
 ご遠慮なく、神奈川県政に関するご質問・ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

                  (平成25年7月13日 記)



<338> 参議院議員選挙⑤ 中盤の戦い
★世論調査と一人一人の投票

 参議院議員選挙も中盤になりました。

 ここ数日、有権者の方から、「選挙情勢はどうですか?」と、しばしば質問されます。
 それに続いて、「自分の投票が無駄になると嫌なので当選する候補者にしか投票しない。」や「もう少しで当選できそうな当落がギリギリの人に投票する。」等の事を言われます。

 私は、これらの質問に対しては、「最近は報道機関の世論調査が行き届いていますので、選挙情勢は報道にある通りで間違いない思います。ただし、それは、あくまでも世論調査を行った時点での情勢ですので、最終的にどうなるかは誰にも分かりません。ですので、自分が絶対に当選させたい候補者がいれば、その候補者が当選する様に一票を行使する、もしくは、絶対に当選させたくない候補者がいれば、その候補者が落選する様に一票を行使する。どちらかだと思います」と答えています。

 日本の参議院議員選挙での投票制度は、「選挙区で一票、比例区で一票」です。
 貴重な投票権の悔いの残らない行使をお願いいたします。


 連日、参議院議員選挙への対応が入っています。

 昨日・7月11日(木)は、<比例区・・・自由民主党ー赤池まさあき>の選挙ハガキの対応。
 本日・7月12日(金)は、
<神奈川選挙区・・・自由民主党ー島村大>の百合ヶ丘駅と読売ランド前駅での街頭演説会に参加。



 
参議院議員選挙期間中は支援をする候補者の当選に向けて全力を尽くしますが、当然の事ですが、神奈川県議会議員としての活動もしっかりと行います。
 ご遠慮なく、神奈川県政に関するご質問・ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

                     (平成25年7月12日 記)




<337> 参議院議員選挙④ 序盤の戦い
★参議院議員選挙への対応と県議会議員の活動

 昨日・7月5日、本日・7月6日とも参議院議員選挙への対応有り。

< 7月5日(金) >

 ①
<比例区・・・自由民主党ー赤池まさあき>の選挙ハガキの対応 

 ②<神奈川選挙区・・・自由民主党ー島村大>の街頭演説会に応援弁士として参加。

    *新百合ヶ丘駅(南口)に、応援弁士の小泉進次郎代議士の人気で、多数の人が参集。

< 7月6日(土) >

 ①
<比例区・・・自由民主党ー赤池まさあき>の選挙ハガキの対応。 

 ②<比例区・・・自由民主党ー山東昭子>の遊説に参加。


 
参議院議員選挙期間中は支援をする候補者の当選に向けて全力を尽くしますが、当然の事ですが、神奈川県議会議員としての活動もしっかりと行います。
 
ご遠慮なく、神奈川県政に関するご質問・ご意見・ご要望をお寄せ下さい。
                     (平成25年7月6日 記)




<336>
 参議院議員選挙③ 選挙スタート

★参議院議員選挙への対応と県議会議員の活動

 昨日(7月4日)より、参議院議員選挙が始まりました。


 告示日の昨日の昼間は参議院選挙関連の事に時間を割きました。


 ①<神奈川選挙区・・・自由民主党ー島村大>の出陣式に参加 (横浜市内)。

 ②<神奈川選挙区・・・自由民主党ー島村大>の街頭演説(第一声)を聴く (横浜市内)。

 ③<神奈川選挙区・・・安倍政権の与党を自民党と共に構成する公明党ー佐々木さやか>の街頭演説(第一声)を聴く (横浜市内)。 

 ④<比例区・・・自由民主党ー赤池まさあき>の選挙ハガキの対応 (川崎市内)。

 ⑤<比例区・・・自由民主党ー山東昭子>の事務所スタッフとの打ち合わせ (川崎市内)。


 参議院議員選挙期間中は支援をする候補者の当選に向けて全力を尽くしますが、当然の事ですが、神奈川県議会議員としての活動もしっかりと行います。
 ご遠慮なく、神奈川県政に関するご質問・ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

                     (平成25年7月5日 記)



<335>
 参議院議員選挙② 明日スタート

★私の参議院議員選挙への対応について

 明日(7月4日)から参議院員選挙が始まります。

 参議院は、衆議院と違い解散がありませんので、自動的に、3年に1回選挙が行われます。
 ですので、3年毎に自動的に実施される参議院選挙が、日本の政治に極めて大き影響をもたらす場合もあるでしょうし、その影響が比較的小さくなる場合もあるかと思います。
 (勿論、選挙は、いかなる選挙も常に重要な意義を持っています。)

 ここ数回の参議院議員選挙は、完全に「政権選択」の意味合いの強い選挙になっています。
 今回の選挙も、様々な観点は考えられますが、基本的には、「現在の安倍政権を信任するかどうか」が最大の選挙の争点になると考えています。


 さらに加えて、私は、「毎年の様に総理が変わる・政権が代わる」日本の現在の政治状況を変える事を最重点に考えています。

 毎年の様に総理が変わる・政権が代わる日本の政治を大変に憂いております。
 現在の総理や政権を厳しく批判する方が「こんな総理・こんな政権は一日でも早く終わせるべきだ。」と主張する事は一定の理解は出来ますが、この様な事を何年も繰り返していたら日本の政治はどんどん劣化して政治本来の機能を発揮する事は出来ません。
 とても国民にとって良いとは思えません。
 どんな素晴らしい総理でも政権でも、(安倍総理であれ前の野田総理であれ)、1年で大きな成果があがるとは考えられません。
 多くの先進民主主義国の様に、1年間ではなく、最低でも2年間以上は、同じ総理・政権を継続させるべきと確信しています。
 私は、今回の参議院議員選挙を通じて、この様な日本の政治状況を変えたいと、強く願っています。


 今回の参議院議員選挙は、「選挙区(神奈川県選挙区)・・定数4」と「比例区(全国区)・・定数48」の2つがあります。

 参議院選挙は、投票については、1人の有権者、選挙区も比例区とも1票制ですが、私は、政治家としては、選挙区も比例区も定数を十分に意識して選挙に臨むつもりです。

 政治家としては、神奈川選挙区・比例区とも定数分の人数の候補者を支援出来る訳ですが、現実的に困難です。

 神奈川県選挙区(定数4)では安倍政権の与党(自由民主党と公明党)の2人の候補者の必勝、比例区(定数48)では安倍政権の与党(自由民主党)の候補者のうち私に対して正式に支援の要請のあった候補者(2人)の当選を目指して、7月21日の投票日に向けて、活動してまいります。

 具体的に、私が、どの候補者を支援しているかについては、報道等で、安倍政権の与党の候補者の氏名のご確認をお願いいたします。
 また、私が推薦人となって郵送される「選挙ハガキ」や「街頭演説」や「選挙カーの遊説」等で、ご確認をお願いいたします。


 尚、「私達・神奈川県民は、神奈川選挙区では、県民の代表として4人を参議院に送る権利を持っている訳ですが、同時に、神奈川選挙区の参議院議員の地位と権限は神奈川県だけではなく全国に及ぶ訳ですので、全国の国民の皆様に対しては、定数の4人全員とも立派な参議院議員を選び出すという極めて重い責任も負っております。」
 この事も大変に重要だと考えております。


 参議院議員選挙期間中は、街頭演説・遊説等でお会いする機会があるかと思いますので、お気軽にお声をおかけください。



 参議院議員選挙期間中は支援をする候補者の当選に向けて全力を尽くしますが、当然の事ですが、神奈川県議会議員としての活動もしっかりと行います。
 ご遠慮なく、神奈川県政に関するご質問・ご意見・ご要望をお寄せ下さい。

                   (平成25年7月3日 記)



<334> 参議院議員選挙① 選挙が迫ってきました
★<自民党 神奈川県連 決起大会>で挨拶

 参議院選挙が近づいてきています。

 << 参議院選挙の日程 ・・・ 公示 7月4日(木) ・ 投票 7月21日(日) >>


 今月・6月に入り、参議院選挙に関連する各種のイベントが多く開催されています。
 また、立候補予定者の駅頭での活動も大変に目立ってきました。

 昨日(6月17日)の午後4時から横浜駅東口の新都市ホールで開催された「自由民主党 神奈川県支部連合会 決起大会」に参加して、挨拶をしました。

 大変に盛会な会合でしたが、その中で、菅義偉・内閣官房長官のご挨拶は、国家の中枢にある人間の迫力に満ち溢れた圧巻のものでした。


  当日の<式次第>は、以下の通りです。

 1、 開会・司会進行  選対副本部長   牧島かれん (衆議院議員)

 2、 開会挨拶      選対事務局長   竹内英明  (自民党 神奈川県連 幹事長、神奈川県議会議員)

 3、 挨拶         選対本部長代行  小此木八郎 (衆議院議員)

 4、 挨拶         選対副本部長   松本純 (自民党 横浜市連 会長、衆議院議員)

 5、 挨拶         選対副本部長   持田文男 (自民党 川崎市連 会長、神奈川県議会議員)

 6、 来賓挨拶                相原高広 (「県政会 神奈川県議会議員団」を代表して、神奈川県議会議員)

 7、 応援演説      選対女性局長    川口順子 (参議院議員)

 8、 国会議員自己紹介

 9、 比例区公認候補予定者 決意表明

10、 横浜市長挨拶              林文子

11、 挨拶         選対本部長     菅義偉 (自民党 神奈川県連 会長、衆議院議員、内閣官房長官)

12、 選挙区公認候補予定者 決意表明   島村大

13、 勝つぞ!!コール 選対副本部長   三原じゅん子 (参議院議員)

14、 閉会


 私は、この会合では、6番目に挨拶をしたのですが、こういう会合での挨拶は大変に難しいものがあります。

 先に話をされた方と話の内容に重複があってはいけませんし、話の長さも直前に話された方と歩調を合せなければなりません。
 また、自分がメインの存在でない会合では、目立ってはいけませんので控えめに挨拶をしつつも、言うべき事は言わなければなりません。

 私は、大体の場合、挨拶をする前には、原稿を作成することはしませんが、話す内容を頭の中で色々と思い浮かべます。
 昨日の会では私の前に話された全員の方が話を短くされましたので、私もそれに合わせて短めに話を切り上げました。

 結果、私が頭の中で事前に思い浮かべていた事の3分の2もしくは半分位の事しか話せませんでしたが、大変にすばらしい貴重な機会となりました。


 *ちなみに、私が、昨日挨拶の前に、事前に頭の中で思い浮かべた事は以下の様な内容です(
下記の紺色の字の部分)。

 ここに書いた内容は、実際には、会合が終わってから数時間後に、当初に頭に思い浮かんだ事を思いだして敢えて文書化にしたものであり、また、無理やりに文書の体裁へ整えていますので、文書に不自然な箇所・おかしな箇所・不確かな箇所があるかと思います。
 また、記憶そのものが既に不正確になっているところがあります。
 さらには、そもそも、原稿を作成した訳ではなく、頭の中で思い浮かべただけの内容ですので、最初から不確かな部分があった可能性があります。

 こういう会合での話は、会場に漂う雰囲気を受けて、広く社会一般の人に向かって語るのではなく、会場にいる人に対して話しをしますので、決して論理的な話の方が良いと言う訳ではありません。
 話の内容や論理性よりも、態度や感覚や情熱や勢いによって、会場にいる人にメッセージを伝える要素の方が強いと思われます。
 ですので、話の内容を文書にしたみたら今一つであっても、その会場では優れている時があります。(勿論、その逆もあります。)


 政治家の挨拶は退屈だと感じている方もおられると思いますが、私の場合は、実際には、こんなプロセスを経て挨拶をしています。 
 この様な事を知った上で、政治家の挨拶を聞いていただければ、僅かであっても興味が出るかと思います。

 *今回は、一つの試みとして、私が昨日の挨拶の前に、頭に浮かんでいた事を敢えて文書にしてみました。
 *実際の昨日の挨拶では、事前に頭に思い浮かんだことの量的には以下の3分の2もしくは半分位の話になっていますた。内容的には大きく変化をしている部分があります。


 「自由民主党 神奈川県支部連合会 決起大会」のご盛会、誠におめでとうございます。

 ご紹介をいただきました神奈川県議会副議長の相原高広でございます。
 本日は、副議長としてではなく、「県政会 神奈川県議会議員団」に所属する議員6人を代表して、一言、ご挨拶を申し述べさせていただきます。

 私共、県政会は、保守系無所属の神奈川県議会議員の会派でございますが、日頃より、自由民主党の皆様には、親しくお付き合いをいただいており、心から感謝をしているところでございます。
 自民党の皆様からのご厚情に対しましては、来る参議院選挙で、神奈川選挙区の「島村大」さん、並びに、比例区の自民党の候補者を全力で応援する事で、しっかりとお返しをしていきたいと考えております。


 さて、いよいよ、参議院選挙が近づいてきました。

 神奈川選挙区の定数は4人です。

  私達・神奈川県民は、県民の代表として4人の方を参議院に送る権利を持っている訳ですが、同時に、神奈川選挙区の参議院議員の地位と権限は神奈川県だけではなく全国に及ぶ訳ですので、全国の国民の皆様に対しては、定数の4人全員とも立派な参議院議員を選び出すという極めて重い責任も負っております。

 マスコミ報道等によりますと神奈川選挙区の候補者は出揃った様でありますが、出揃った顔ぶれを観まして、私は大変に呆れております。
 それは、前神奈川県知事で、県知事の在任中にいきなり東京都知事選挙出馬を正式に表明し、何故か直後に出馬を取りやめ、その後に前回の東京都知事選挙に立候補して惨敗をした人間が、今度は、神奈川県に戻ってきて、来月の参議院議員選挙に立候補するとの事であります。
 私には理解不能であり、不快感さえ覚えます。

 「所属する政党を頻繁に変える事。幾つもの政党を渡り歩く事。」、「出馬する選挙の種類が、神奈川県議会議員選挙、衆議院議員選挙、神奈川県知事選挙、東京都知事選挙、そして参議院議員選挙と頻繁に変わる事。」、さらには、「出馬する地域が、神奈川県から東京都、そして再び神奈川県に変わる事。」
 これらは、健全な民主政治の実現を願う立場からは、全く理解する事が出来ません。

 政治学の教科書でありませんが、「選挙は、政治教育の最高の機会」であります。
 実際の選挙運動には、素晴らしい候補者を当選させる「当選運動」の側面と問題のある候補者を落選させる「落選運動」の側面の両方があります。
 選挙運動を通じて、「何が良いのか、何が良識なのか、何が悪いのか、何が問題なのか」を明確に主張する事、問題のある事に対して正々堂々と厳しく批判を加える事は、間違いなく、「責任政党・自由民主党」に期待される重要な使命であると考えます。

 私に資金力や組織力があるのならば私自身が立候補したい位の強い憤りを覚えておりますが、私にはそれだけの力がありませんので、この憤りを島村大さんへの支援という形に変換して、今回の参議院選挙に臨みたいと考えております。
 島村大さんのご奮闘と大勝利を心から期待しております。


 また、比例区でございますが、現在の我が国の国政選挙では、衆議院選挙でも参議院選挙でも比例区が大変に重要になっている現実があります。
 神奈川選挙区で、島村大さんが100万票取っても150万票取っても、確かに価値の極めて重い一議席でありますが、獲得議席数としては1つだけであります。
 一方、比例区は定数が48人であり、自民党が擁立する30人前後の候補者全員に当選の可能性がありますので、獲得議席を一挙に増大させる事が出来ます。
 比例区での議席の大量獲得なくして大勝利はありえません。
 上品な表現ではありませんが、「この候補者は誰?こんな候補者いた?」と言われたとしても、「たとえ、今は無名であり知名度がなくとも、志のある候補者」が続々と当選しなければ、自民党の大勝利は不可能であります。
 比例区の候補者の方々のご奮闘と必勝を心よりお祈り申し上げます。


 結びになりますが、日本の発展の為には、毎年の様に総理大臣がころころと変わるのではなく、安倍政権が他の主要先進国と同様に、3年間から5年間位は続く事が絶対に必要でると考えます。
 参議院選挙での自由民主党の大勝利と安倍政権のより一層の力強い前進を心からお祈り申し上げまして、「県政会 神奈川県議会議員団」を代表いたしましてのご挨拶とさせていただきます。
 
 本日は、ご盛会、本当におめでとうございます。


*** 注 ***

 「県政会 神奈川県議会議員団」は、いずれの政党にも所属しない無所属の神奈川県議会議員によって構成されている神奈川県議会内の会派です。
 県政会は神奈川県議会内の会派であ